≫ EDIT

どうぶつフェスタ開催のお知らせ

去年とまったく同じタイトル

今年も動物愛護週間に合わせて、
勾当台公園市民広場で「どうぶつフェスタ in Miyagi」が開催されます。

私たちボランティアは
昨年に引き続き、フリーマーケットと募金活動を実施いたします。

フリーマーケットでは市民の皆様からの提供品や、
ボランティアが手作りした猫グッズなどを販売します。

灰白ちゃん 
うわぁ、どこのモデルさんかしら。美しいハァハァ
このような犬用…猫用でもいけるのかな…の洋服など犬猫グッズが
フリーマーケット品として多数寄せられております。

我が家からは竜太と小梅が使っていたバリケンを提供しました。
思い出の品ではありますが、ゴンちゃんには大きすぎるし、
どこかで活用してもらったほうが…と。
でも、フリーマーケット前にアニパルにいらした方が買い取ってくれたみたいで
バリケン、今まで本当にありがとう。

******
ブログのタイトルは去年と同じでも
フリーマーケットの内容が今年は少し異なります。

仙台市が誇る「八木山動物公園」と「アニパル仙台」のコラボ企画として、
八木山動物公園で飼育されている鳥類の羽根で
猫じゃらしを作って販売いたします

猫じゃらし5 
動物園の職員さんが回収してくれた羽根をじゃぶじゃぶ洗う夏の日。
今日の日のために写真を撮っておいたのだ

猫じゃらし6 
猫じゃらし3 
小さめでふわふわした羽根は長い柄つきの猫じゃらしに。

猫じゃらし4 
こういう大きめの羽根は動きがないのでどう活用しようか悩みどころで。
それでもせっかくの羽根を使わないのはもったいないので
太いストローに挿して、猫じゃらしに作れるだけ作ってみようと。

太いストローじゃらしは私の担当になりまして、
この一週間あまり、ショマの陸上の練習を見ながらグラウンドの片隅でちくちく、
今週、蜂窩織炎にかかって苦しんでいた夫の横でちくちく。

猫じゃらし7 
猫じゃらし1 
ピンクバージョンとブルーバージョン完成!

この後からちょっと画像が怖いかも…






猫じゃらし8 
黒羽根がね…。

ええ、決してカラスではないのです。
最初は白羽根も黒羽根も一緒に束ねて…って感じでやっておったのですが
黒が入ると一気にカラス感倍増。
決してカラスではないのに。怖い。
いや、動物園の職員さんが苦労して集めた羽根を怖いなどと言ってはならぬ!
恐怖と職員さんの苦労を思えば、、の板挟み。揺れる思い。怖い。


もうね、黒は黒で独自路線でいったほうがいいだろうと。
猫じゃらし11 
ハロウィンバージョンで…。
あんまり売れる気がしないのだけど(つい正直者になってしまう)
オラこれが精いっぱい
8本あるうち何本売れるのか、当日はそちらに個人的な関心が向いてしまいそう

猫ネックレス 
今日、明日でネックレスもいくつか仕上げて当日に臨みたいと思います。

どうぶつフェスタは 9月18日(日)10:00~15:00
勾当台公園市民広場での開催です。

フリーマーケットの収益、お寄せいただいた募金は
猫のTNR活動に活用させていただきます。

お天気も心配なところですが、
たくさんの方にご来場いただきたく思ってます。
どうぞよろしくお願いいたします。

| ミルクボランティア | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年度預かりちびちゃんず⑯

8月27日に行われた譲渡会、
例年夏場の譲渡会は来場者数が減る傾向にあるのですが、
多くの方に足をお運びいただき、たくさんの猫ちゃんのご縁がつながりました。

IMG_20160827_104926.jpg 
灰白ちゃんも参加。

IMG_20160827_105642.jpg 
飽きてきちゃった様子なので

IMG_20160831_122723.jpg 
すぐにフリースタイル参加で^^

IMG_20160827_114225.jpg 
ほかのボランティアさんから朝採りのゴーヤをいただいたので
IMG_20160827_114629.jpg 
記念撮影をするゴーヤプリンスハイシロ。

今回も残念ながら灰白ちゃんのご縁はつながらず。

体も大きくなってきているので、
まず関心を持っていただくまでにいくのも難しいと感じています。

病気のこともあって、おすすめしていいものか
(もちろん性格はイチオシイチオシ! 私の自慢の猫!)
私に迷いがあるのもよくないのかなぁ。
ゴーヤと写真撮ったりしているからか…

*******
ちびちゃんず4 
お預かりしているちびちゃんずはスクスクと大きくなっています。

ちびちゃんず2 
ちびちゃんず1 
こちら男子組。
少し臆病なところもありますが、ほわわーんとしたおっとりした子たちです。

ちびちゃんず3 
白猫と見せかけて水玉模様。
白猫偽装…、いえ一匹で二匹の猫を楽しめる仕様になっております。
水玉ちゃん1 
私の仕事の資料の上で寝ているところをパチリ。
どんなところでも寝ちゃうのが子猫の可愛らしさのひとつだなぁ。

かつらちゃん1 
かつらちゃん。
ちびちゃんず① 
私、このかつらちゃん、とっても好み^^
きょうだいの中では一番の甘えん坊さんで、夜も私のお腹の上で寝ています。
夜に小さな頭が見えるとほっこり。

けれど私がえこひいきする子は里親様が決まるのが遅れる傾向があると
夫が言うのでえこひいき控えます、はい。
かつらちゃん2 
お仕事のお邪魔も頑張ってるよ~♪

灰白ちゃん3 
こちらは女の子のチビ灰白ちゃん。
この子は男子組は赤ちゃんすぎるのよね!とばかりに
大人猫と積極的に関わっています。

灰白ちゃんず1 
灰白ちゃんず2 
灰白コラボ(笑)
大きさは違うのに、サーッと駆け抜けていくと
どっちの灰白ちゃんかわからなくなるときがあります。
まさに毛色はそっくり!

ちび灰白ちゃん 
茶トラおじさんと。
苦しくはないのでしょうか。
ちび灰白ちゃん3 
あくびしているので多分大丈夫、たぶん…
茶トラおじさん、太っちゃって太っちゃって

ちび灰白ちゃん2 
3匹ちゃん、今週の金曜日の譲渡会に参加できるかまだ微妙なところですが、
来週にはもう譲渡できる大きさになっているのではと思います。 
このまま順調に大きくなりますように。

******
あちらこちらでお祭りがあるこの季節、
猫ボランティア有志も
9月18日(日)に開催される動物フェスタに参加いたします。

今は金曜譲渡会の合間などに
動物フェスタに出すバザー品をみんなでコツコツ作っているところです。

バザー品 
バザー作品2 
猫ネックレスを作ってみたのですが、ヘッドを作ったところで燃え尽きた私。
いやいや、これから頑張ります!

動物フェスタの詳細はまたお伝えしますね。

| ミルクボランティア | 19:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年度預かりちびちゃんず⑮

火曜日から3匹ちびちゃんをお預かりしてます

IMG_20160823_150748.jpg 
白猫ちゃんと見せかけて、体は白黒水玉模様。
おっとり~とした男の子です。

IMG_20160823_150807.jpg 
白黒ちゃん。かつらのような前髪がいとおしい。男の子です。

IMG_20160823_165326.jpg 
なんと灰白ちゃん。呼び名どうしよう
一番積極的な感じの子、女の子です。

IMG_20160824_084102.jpg 
暑いなか、ダンボールに入れられたまま放置されていたようで
保護されたときは熱中症でぐったりとしていたそうです。
特に白黒のかつらちゃんは危ない状態だったようですが、補液などの処置で復活!!

体重は500gを超えていてけっこう大きな子たちですが、
幼さがあるので、預かり宅で見たほうがよいということで
こちらに移動してきました。

こんな小さい子たちを真夏にダンボールに入れて放置とか!
どうなるか考えただけでわかるべな!
どこの鬼畜だべな!!

赤ちゃんたちに直接罵ってもらいたい!

きちくを叫ぶちびちゃんたち 
けれども、何を言っても愛らしくなってしまうので
人間への恨み節は預かりがすべて引き受けて
これからは人間を信頼してもらえるように大事に育てていきたいと思います。

環境にはまだ慣れていないところではありますが、ご飯もしっかり食べてくれて
灰白ちゃんと仲良くなっています。
自分が薄荷にしてもらったのと同じように
灰白ちゃんが赤ちゃんたちのお世話をしていて、おばさん感動。

IMG_20160826_103847.jpg 
その灰白ちゃん、今日は金曜譲渡会に参加。
参加というよりすっかりくつろいで座っておりました

明日はアニパル仙台での「しっぽゆらゆら譲渡会」、10時~14時までです。
灰白ちゃんは体調を考えてお昼までの参加です。
たくさんの可愛い猫が参加予定です。よろしくお願いいたします

| ミルクボランティア | 19:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年度預かりちびちゃんず⑭

IMG_20160807_172045.jpg 
青森に行く際、家の鍵を沢さんに預けて大人猫たちはお留守番。
薬を飲む必要がある灰白ちゃんだけが一緒に青森へ。
IMG_20160807_172009.jpg 
キャリーも持っていったけれど、
車中でもリラックスできる子ではと思ったので、
試してみたらずっとこんな様子で、子どもたちにぺったりくっついての車中となりました。

青森でも意外なことに母K子が灰白ちゃんを気に入って
この子ならほしいわ可愛いわ…なんて言っておりましたが、
置いてくるわけにはいかないので(笑)、一緒に仙台に戻ってきました。

******
8月12日(金)は金曜譲渡会の日でしたが、
前日にショマのことがあって、金曜日の朝には施設に行くことにしたので
アニパルには譲渡会欠席の連絡をしておりました。

ただ、朝早く施設に行って話し合いをしたので
話し合いを終え、家に戻ると譲渡会にも十分間に合いそうな時間。

やはり譲渡会に出るとたくさんの方に見ていただくことができます。
アニパルを訪れる方に灰白ちゃんを見ていだたく機会は逃してはならぬと
急遽灰白ちゃんを連れて金曜譲渡会に参加しました。

残念ながら12日もご縁はつながらず、家に戻ってきました。

******
12日の夕方は、夫の仕事のお付き合いで
劇団四季のミュージカルを夫と二人で観に行く予定になっていました。
夕方までゴロゴロしているかと、
猫たちを眺めながら大人二人がごろごろと居間に転がっていました。

ふと、転がっている大人の一人の夫が
「灰白ちゃん、足が動いてなくない?」と。

え? え?

確かめてみると、お尻はついて座っているものの
床に付いているお尻を起点にしながらくるくると回りながら動いているだけで
足は力なく後方に投げ出されている状態。

朝まではゴンちゃんのサークルに入ったりして異常なかったはずなのに。
もしかして血栓が詰まった?

急いでアニパルに連絡すると
アニパルの獣医さんからも血栓の可能性を指摘され、
すぐに診ていただける病院を探してくれました。

幸い、灰白ちゃんの心臓の状態を最初に診ていただいた病院で
すぐに診ていただけることになり、急いで駆けつけました。
ミュージカル鑑賞はもうスズにお願いよ。

診察の結果、やはり血栓が足の付け根あたりにできている可能性が高いと。
血栓ができてから数日の治療が勝負ということで、
すぐに注射と点滴の処置をしていただきました。

血栓が溶けずにもし脳にとんでしまったら
全身状態がとても悪くなるし、ここからは灰白ちゃんの運命次第のようなお話でしたが、
灰白ちゃん、よくがんばってくれました。

IMG_20160812_190718.jpg 
IMG_20160812_192815.jpg 
がんばれ、がんばれ、真生もご飯を狙いつつ応援しているよ !

IMG_20160813_110137.jpg 
3日間、点滴と注射、血栓を溶かす薬を服用して
少しずつ少しずつ歩けるようになりました。

IMG_20160814_114834.jpg 
IMG_20160814_114957.jpg
歩けるようになってから、
ソファの背もたれで作った階段をのぼって、ぱっちゃんのもとへ。

昨日くらいからジャンプもできるようになり、
今日は三段ケージにものぼっていました。
血栓ができると一気に状態が悪くなってしまうこともあるようで、
ここまで回復するのはすごいことと
アニパルの獣医さん褒めてもらった灰白ちゃんです。

*******
IMG_20160822_141927.jpg 
昨日は毎月22日に開催している
猫ボランティア会議に参加した灰白ちゃん。

IMG_20160822_145033.jpg 
飼い主のいない猫さんの避妊・去勢手術について考えているうちに
IMG_20160822_165154.jpg 
眠くなってしまいました

灰白ちゃんの具合が悪くなって
お世話になった獣医さんから、灰白ちゃんの状態についていろいろうかがってきました。
はっきり言ってしまえば、
灰白ちゃんの余命はどれくらいなのかも含めてです。
この小さなうちに血栓ができてしまうというのは決してよい状況ではなく、
予後は厳しいかもしれないというものでした。

けれども、新たに血栓を予防する薬や強心剤も飲みはじめたので
薬がどれくらい効いてくれるかでも変わってくるでしょうし、
厳しいかもしれないけれど、望みはきっとあると思います。

獣医さんのお話も踏まえて
このお休み中、どうするのがよいのか考えてきました。

早く自分だけの名前をつけて呼んであげたいという気持ちもある。
穏やかに過ごせるようにしてあげたい。
この素晴らしい子、一緒にと望んでくださる方がいらっしゃるかもしれない。
もう悩んでしまって。

昨日、ボランティア会議でアニパルに行く前に
夫から「家の子にしようよ^^」と連絡がありました。
では手続きしようかしら…と昨日アニパルに連れていったのです。

けれども、アニパルの獣医さんからは
まだ急ぐ必要はない、
家の子にと悩むのはもう少し可能性を探ってからにしましょうと言っていただき
預かりという形式のままで
譲渡会に参加しながら、一緒に暮らしていくことになりました。

もう気持ち的には家の子というもので
名前もひそかに決めていたりもするのですが、まだ呼ばないでおこう。
でも気持ちは家の子ですから、べったべたに可愛がってやるのだ!

| ミルクボランティア | 13:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

予定がすり替わり、のち…

久しぶりの更新になってしまいました。
夏休みももう終わり。
楽しい出来事もあり夏が過ぎていくのが寂しい気持ちと
今年の夏は少し疲れたという気持ちと…。

 1470564519680.jpg
子猫の新規のお預かりを少しお休みさせていただくことにして、
久しぶりに青森へ。
  
1470564425130_201608211359443cf.jpg
MOLDIV_5_convert_20160821140509.jpg 
MOLDIV_3_convert_20160821140348.jpg 
子どもたちも祭りの全行程に参加する体力がつき、
母の方は翌日から足をひきずって歩くような事態となり
若者とこれから老いさらばえていくものとの違いをしみじみと感じました。

*********
こうして、お盆休みより少し早めに家族旅行を済ませて 
ああ~やっぱりねぶたはいいなぁ、次は何年後に参加できるかしらん…と
まだ余韻に浸っていた8月11日のこと、ショマが行方不明になりました。

山の日で祝日だった11日、ショマは施設で仕事があり出かけていきました。
お菓子作りをしたり、販売に出かける普段の日とは仕事内容が異なり
午前中は事業所の掃除をして、
その後は施設のみんなで昼食をともにすると本人が伝えてきたので
昼食を食べる分のお金を渡して送り出しました。

夫も11日からお盆休みだったので、
ショマが帰ってきたらみんなで買い物に出かけようかと待っていたのですが
15時頃になってもショマは戻ってきません。

遅い気がするので、スマホのGPS機能を使って居場所を検索してみました。
その時は仙台市の太白区周辺におり、
施設のみんなとバスででも移動しているのかしら…とのん気にかまえていて…。

夕方になっても戻ってこず、
居場所の検索をすると、岩沼市あたりにいることがわかりました。
いくらなんでもおかしいよね…と
施設のほかの利用者さんのお母さんに連絡をとってみると
今日は昼食の予定はなく、仕事は午前中に終わっていると!! なんですと!!

しかも、ショマはほかの利用者の女の子に
10日の日に水族館の年間パスポートを見せていて
11日はお母さんと水族館に行くとニコニコと話していたと。
水族館!! お母さんと!!?

水族館の年間パスポートを入れてあった小箱を見ると
ショマの分だけが小箱からなくなっていました。

そして、確かに11日の前に「11日は水族館に行きますか?」とショマに聞かれていたのです。
11日は仕事があるのに、なんで水族館??と思いつつ、
「11日はお仕事です。水族館には行きません」とざっくり答えて終わりにしていたのです。

なんとなくどうしてこうなったのかわかったような気がしつつ、
とにかく身柄を確保しなければどうしようもないので
施設にも連絡し、
警察にも連絡してGPSでの居場所を伝えながら
19時ごろでしょうか、亘理町というところで警察の方に保護していただきました。

*******
家で待機しているように言われていたので、
亘理町まで行ってショマに会えたのは20時を過ぎていました。

行方がわからなくなっている間、
電話にも出ず、電話もかけてこず、
行方知れずとなって、みんなに心配をかけているという意識は本人にはなかっただろうし、
何より自分が今とても困っているという状況にあるという〝困り感〟も
たぶんまったくなかったのだろうと予想していましたが、

施設の職員の方、保護者の方、警察の方に迷惑をかけたにもかかわらず
やはり「お昼を食べられなかったこと」、「水族館に行けなかったこと」
「水族館に行って施設のみんなへのお土産を買えなかったこと」に対しての
悔しさばかりが本人から伝わってきました。

保護していただいた警察官の方に大変親切にしていただいたようで
朝食後から何も食べていないということでロールケーキをご馳走になったとか。
後で知りました。ちょっとそこは先に教えて
よくよくお礼を言って警察署を後にしました。

どうしてこうなったのか、本人に聞き取れる範囲で聞いて
今後の対応策を練りましょうと施設の方にも言われていたので
帰り道、途中でご飯を食べさせながら、
どんな道を歩いてここまで来たのか、何をしたかったのか聞いてみました。

仕事が終わって一人で仙台駅まで出向き、昼食か甘いものを食べようとしていたようです。
けれども、たぶんどこでどうご飯を食べていいのかわからなかったのか昼食は断念して、
その後、地下鉄東西線に乗って「荒井駅」というところで降り、
歩いて水族館を目指したとのこと。

「荒井駅」からバスを乗り継げば水族館に行けないことはないのですが、
今まで公共交通機関で水族館に行ったことはなく、
ただ「荒井駅」から行くという情報のみでトボトボと
全く関係ない方向に歩いたのだと思います。

地元の方ならわかるかと思いますが
荒井駅から亘理町まで歩くという発想には普通であれば到底至らないし、
迷っているという意識もなく、水族館へという一念で歩き続けたのだと思います。
GPSの動きもとにかく目まぐるしく変わっていたため
夫は車に乗せられたのではと疑っていたくらいで、
たぶん30㎞以上歩いて移動していたのではと思います。

*****
いつも休日出勤のときは昼食が出ることが多く、
本人もそのつもりだったのだと思います。
8月に入ったあたりから、11日はみんなで昼食と楽しみにしていました。

実際は「昼食はなし」という予定なわけです。

「実際の予定」と「自分が希望している予定」とが違っていると混乱してくるというか、
「自分が希望している予定」がショマの中で「実際の予定」にすり替わって
それを実現させようとする傾向が強くなっている気がします。

私には「みんなで昼食を食べる」という予定を伝え、
昼食がないと知っている施設のみんなには「水族館に行く」という予定を伝え、
結果としてそれは「嘘」「虚言」になっているわけですが、
「伝えた予定」を両方実現させてしまおうとした…というのが
今回の事態に至った経緯なのではと推測しています。

******
翌日の朝、ショマを施設に送っていきながら
こうした推測を施設の方に伝えて、今後の対応を考えました。

ショマの通う施設はあえて連絡帳はなくして、
職員さんが伝えてきたことは、
自分でメモ帳に残したり、口頭で保護者に伝えるという形を採っています。

ショマの場合、いつもと違う予定になると
「自分で考えた予定」が入ってきて予定がすり替わってしまい
本人の口頭での伝達はあいまいなものになってしまうので
休日出勤などいつもと違う形態の勤務のときは、
しばらくは本人、職員さん、私とで予定を確認しあうことになりました。

働き出してから、覚える仕事はすべて楽しいと生き生きしていて、
「働いてお金を得ている」という自覚もあって
街にお出かけしたり、おいしいものを食べたいという願望もとても強くなっています。

ショマの施設の利用者さんには
仕事帰りに少し寄り道をして、余暇を楽しんでいる方も多く、
そういった行動への憧れもあるのでしょう。

「自分で働いているんだぞ」という自信や、
「やってみたいこと」への挑戦の気持ちも大切にしてあげたいけれど
いかんせん「やってみたいこと」と「本人のできること」にまだまだ隔たりがある状態です。

今回のことは私の油断です。
たくさんの方に心配と迷惑をかけてしまいました。
まだまだ「本人のできること」を見極めて導くという役割は終わらないようです。

MOLDIV_2_convert_20160821140432.jpg 
MOLDIV_1_convert_20160822122504.jpg 
水族館に行きたかったんだよね…というわけで
20日の土曜日は昼に水族館、夜は動物園のダブルヘッダーですよ
少しは満足してくれたかしら。

| 自閉症関連 | 12:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT