≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず㉑

アニパルからお預かりしているキジ白ふわもこちゃんず、
当初、飢餓状態から一気に食べ過ぎたのかお腹の調子がいまひとつだったものの
お腹も安定して大きくなってきました。

ふわふわちゃん1 
ふわふわちゃん2 

ふわふわちゃん4 
お腹がゆるかったとき、沐浴後の3匹ちゃん。
濡れてふわふわ感が消失していますが、今はこの写真よりもかなり大きくなりました。

区別もつくようになりました^^
左が女の子、一匹だけお鼻が黒いです。
右のピンク鼻ちゃん2匹は男の子。
写真ではわかりにくいけれど、男の子組は右腕の模様に少し違いがあり、
真ん中の子は身体に縞模様がなく、全体に黒っぽいです。

ふわふわちゃん3 
鼻が黒い女の子ちゃんです。

トイレの位置感覚もつかみ粗相が減ったので、
一日の大半をフリーで過ごし、夜はおばさんと寝ています。
顔の横にこちゃっと固まって寝るので、
朝に目覚めを迎えたおばさんは「ここは極楽だろうか」状態です。

ふわふわちゃん5 
ふわふわちゃん6 
我が家の育児支援員と。
育児支援員さんの助けが本当にありがたいです。
心身の健やかな成長は猫の先輩からの学びがあってこそ。
このまま、むくむくもこもこ大きくなってほしいものです。

*********
ちびちゃんず1 
少し前のことになりますが、
こちらのちびちゃんずもダンボールハウスを出てお引越し。

ちびちゃんず5 

ちびちゃんず6 

ちびちゃんず7 
狭いケージ内でおトイレも使えるようになりました。

ちびちゃんず2 
またまた育児支援員さんと。
年若い玉三郎支援員、小さい子にも大変優しくみんな興味津々です。

順調だなぁと思っていても、そうはいかないのが離乳期の難しさで、
キジ白ちゃんは体調を崩して、3匹ちゃんとは結局隔離しました。

ちびちゃんず3 
上のケージがキジ白ちゃん。
下が白黒ちゃん、キジちゃん、三毛ちゃんのお部屋です。

キジ白ちゃんのお腹がゆるくなり、
また三毛ちゃんに対するお尻吸いがどんどんひどくなり、
便から何らかの感染が広がる可能性があるためです。

ちびちゃんず10 
子猫のトイレの砂はごく少量にしてすぐに捨てることが
感染症予防になるとアニパルで習っています。

アニパルではティッシュペーパーの箱に砂を入れ、
子猫が便をしたら、すぐに箱ごと捨てるという処置をしています。
が、たくさんのティッシュペーパーの空箱を取っておくのも
収納場所の少ない住宅では容易ではないので、
我が家ではコストコのお肉が入っていたプラケースにシーツを敷き、
砂を入れる、トイレを使ったらシーツごと捨てるという方法にしています。

隔離は済んだものの、キジ白ちゃんの便の状態が悪化してきたので
先週の金曜日に病院へ。

コクシジウム原虫による腸炎と診断されました。
お尻吸いが激しくなってきたのも、
コクシジウムによりお腹の調子が悪くなってきて、食欲が落ちてきたけれど、
それでも喉は渇く→お尻を吸うという状態になってきたのではという先生の見立てでした。

今までお預かりをしてきて、
「お尻吸い」をする子って、どうにも調子を崩す、
そしてみるみるうちに悪化するという実感があり、
先生のお話を聞き、なるほどと合点がいきました。

お尻吸いはお母さんがいなくて満たされていないからと
私は思い込んでいたところがありました。
それもひとつの原因かと思いますが
体の不調からのサインという観点が抜けていました。

ちびちゃんず8 

ちびちゃんず9 
きょうだい全員コクシジウムがいるだろうということで
全員駆虫をして、キジ白ちゃんには抗生剤に整腸剤を処方していただきました。

しばらくブドウ糖と少量のミルクでしのいできたため、
体重はぐっと落ちましたが、
お腹の調子は戻りつつあり、昨日から離乳食も食べています。

まだ体重が戻るまで油断できない状況ですが、
元気が戻った! とよい報告ができるようにお世話していきます。

| ミルクボランティア | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

独奏で琴を弾く

子猫ちゃんの話題は一回お休みをいただいて、うちの小僧っ子の話を。

和楽器カテゴリーを見たら、最後の更新が
「スズがお琴を続けるかどうかはまだわからない」となっておりました。

お琴の先生が土曜や日曜にお稽古の時間を作ってくださり、
高校生になり、寄宿舎生活になった今もお琴を続けています。

[広告] VPS

3月に参加を予定していた「子どもの邦楽コンサート」に
高校の予備登校日が重なり、
中学生として最後の演奏は社中のお弾き初め会になりました。

この頃には高校生になってもお琴を続けると自ら宣言していて
母はとても嬉しかったのです。
スズは努力家ではなく、楽な方へ楽な方へ流れがちで、
一体誰に似たんだ ! 私か ! と突っ込みながら育てているようなもの。
変に冷めているところもあって、物事に夢中になる側面に乏しく、
そこが性格なのか、障害特性なのかつかみづらいところあります。

お琴に夢中というわけではなく(…先生に申し訳ない
腕前に優れているわけでもないけれど
ひとつのことをがんばって続けて、
「できることがあった」という事実はスズのなかに残るはず。
そんな思いからの嬉しさです。

[広告] VPS

今年の夏もゆかた会に参加することができました。


そして、先日、赤ちゃん猫たちが旅先でミルクを堪能した日ですね(笑)、
スズの学校のある町の「町民文化祭」でお琴を弾く機会がありました。

町民文化祭の学校紹介で、「校歌」と「春の海」を演奏しました。

学校の先生から依頼をいただき、自分の意思で参加を決めました。
参加すると決めてすぐにお琴の先生に相談して曲を決め、練習に臨む週末になりました。
先生も予定があるだろう土曜や日曜にお稽古、
時間を分けて1日に2回もお稽古をつけてくださるときもあり、
先生には本当にお世話になってしまいました。

自分で参加すると決めたので文句を言わず(言うことができず…?)
独奏なのでごまかしもきかないことを悟ったか、家でも練習していました。

[広告] VPS

練習すればするほど、
ミスをするところがくせになってまたミスを重ねるとなってきたようです。
そこの壁を破ればまた演奏も違ったものになるのかもしれませんが、
時間が少なく、スズにとっては不安を抱えたままの演奏だったようです。
前日の練習後は弾ける気がしない…と顔がこわばっていました。

当日、リハーサルがとてもよい演奏で、ああ、本番もこのように演奏できればなと
リハーサルを見ていて思いました。
本番は本当に緊張したようで、指が動かなかった…と本番後は残念そうでした。
滑らかな演奏とはいかなかったけれど、
町の方から温かな拍手をいただき、学校の先生からも労っていただき、
また機会があったらやってみようかなという気持ちになったようです。

積極性があまりない子なので、
また…と前向きな気持ちになれただけでも参加できてよかったと思っています。

お琴の先生も演奏当日までのことをブログに残してくれました

先生も喜んでくださって、それも本当に嬉しいのですが
独奏を横でただただ固唾をのんで見守る親の緊張感といったら
来週11月23日はこちらの地域のお祭りで演奏します。合奏なのでちょっと気が楽(笑)

| 和楽器 | 15:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず⑳

4匹の赤ちゃん子猫について、「杜ねこ会」のブログを更新しました。
左リンクからご覧いただけます。

杜ねこ会のブログを更新するのがはじめてで
勝手がわからず、いたって簡単な更新です
新しいものに対応できないって嫌だわ~

そして、こちらの更新をする時間がなくなってしまったので
こちらも写真で簡単に。
アニパルの3匹ちゃん、赤ちゃん4匹ちゃん皆元気です

 キジ白ず5 
3匹ちゃん、離乳食を食べ

キジ白ず6 
この汚れっぷりであります。

キジ白ず3 
キジ白ず2 
これらはまだお腹が安定していないときに撮った写真。
整腸剤入りのご飯を食べて

キジ白ず7 
キジ白ず9 
かなりふっくらとしてきました。このままふっくらもこもこになって~
人に甘えるのが好きで、今この瞬間も膝の上に3匹で固まって座っています。
とっても可愛い子たちです  

**********
ちびちゃんず2 
可愛い! のですが、この毛布はいかんですね。保護色すぎる(笑)

ちびちゃんず3 
ちびちゃんず4
毛布を取り換えて撮り直し。

ちびちゃんず5 
ちびちゃんず6 
ちびちゃんず7 
みんな元気に成長していますが、白キジちゃんが少し小さいです。
白キジちゃん、ほかのきょうだいのお尻を吸うくせがあるようです。
お尻を吸う子は、結局ほかの子の尿が体内に入る状態になるので
ミルクの時間にミルクがあまり入っていかないことが多いように思います。

お尻吸いをさせないようにするには他の子と離すしかないのですが、
精神的な安定のためにはそれも避けたいところ。
哺乳回数を増やすなどして対応できればと考えています。

最後に動画を。
ミルク~ミルク~と大騒ぎのところから、
ミルクを飲んで満足満足の赤ちゃんの様子です。鳴き声大きいです。
[広告] VPS

| ミルクボランティア | 18:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず⑲

茶色ちゃん1 
10月30日、茶色ちゃんとお別れの朝。

茶色ちゃん2 
なかなか大きくなることができず、
すべてのことが兄弟たちより一歩遅れた感のあった茶色ちゃん。

お別れの日の朝は、これまでなかなか上ることのできなかった高所にある
子猫たちお気に入りの場所へと、ひとりで上り休んでいました。
小さくても、少し遅れていても少しずついろいろなことができるようになりました。

茶色ちゃん 

  茶色ちゃん2

補液の必要があり、譲渡会の日もいつも連れていっていたので、
ボランティア仲間の皆さんがその成長を応援してくれました。
いつか応援してくれた皆さんにいっそう元気になった姿を見せてほしいな。

******
……今回は「茶色くん」ではなく、「茶色ちゃん」呼びにしました。

えーと…「茶色くん」ではなく「茶色ちゃん」、女の子でした

引き渡しのため、アニパルに連れていったとき、
担当の獣医さんがアニパル管理の子猫の譲渡の手続きを行っていました。

獣医さんの手が空くまで「茶色くん」と遊んでいたとき、
「茶色くん」にタマタマがないことに気づく。

いやないように見えてあるのかも ! あるのかも ! 
でも確認してもやっぱりないように思える…。

仕事を終えた獣医さんに確認。女の子でした。
「私が最初に間違えてた」って獣医さんが言った ! 
間違いの責任をなすりつけてみる(笑)
もうすっかり男の子と思い込んでて、お股見ているのに気づかなかった。

茶色ちゃん3 
女の子とわかってから一枚。レディに見えてきた

茶色ちゃん4 
性別を間違えていて申し訳なかったのですが、
間違いの件がおかしくて、獣医さんや職員さんと茶色ちゃんを囲んで
しんみりとならずお別れできました。

元気に譲渡会で会えること、ただそれを願っています。

******
茶色ちゃんを託して、久しぶりにアニパルからお預かりした子猫がいない状態。
もう11月だからそろそろシーズンも終わりかな? と思っていたら
いなかったのは一日だけで、11月1日に3匹やってまいりました。

キジ白ず1 
キジ白ず3 
キジ白ず2 
キジ白ちゃん3匹です。

性別は雄2、雌1なのですが、毛がもこもこしていて判別しづらく、
また間違っていそうで(笑)もっとはっきりしてからご紹介にしよう、うん。
顔もそっくりちゃんたちで、まだ私もパッとは区別がつきません。

ふわふわもこもこっとしているので大きく見えますがかなり痩せています。
飢えていたのか、アニパルに収容されてご飯をガツガツ食べたと。
私が預かりに出向いたときは収容されてまもなくで、
体温も非常に低く、大丈夫かな? という様子でした。

お預かりしてから体重は増えていますが、
飢えた状態から一気に食べているからかお腹がゆるく、
注意していかなければと思います。

人と触れ合った経験がある子たちなのか人慣れはOKです。
抱っこ抱っこと甘えてきて、そりゃもう可愛いのですが
まだトイレを使うことがきちんとできていないので
長時間フリーで過ごすにはあと少し時間がかかりそうです。

まずは毛のもこもこに見合うだけの体重増加を目指してがんばります!

*******
長くなりますが、もうひとつ^^

 ちびちゃんず2
こちらは当ブログを通して哺乳の依頼がありました4匹の赤ちゃんです。
用水路に捨てられていたとのこと。キーッッ 捨てるな !

10月26日からお預かりしています。

たぶん捨てられてすぐに保護主さんが助けてくださったのか、
外気に触れる時間が少なかったのだと思います。
風邪症状もなく、ミルクをごくごく飲んで大変元気に成長しています。

三毛が女の子、キジ白・キジトラ・白黒が男の子と思います。たぶん
性別判定にすっかり自信をなくす私…。

アニパル仙台以外での依頼ということで
「杜ねこ会」としてお手伝いさせていだくことになりました。

ある程度大きくなったら、保護主さんの元に戻す予定でおりますが、
里親探しは大変なこと、出会いの機会はたくさんあったほうがよいと思っています。

子猫と暮らしたいなぁとお考えのときは
お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

ちびちゃんず1 

ちびちゃんず4 

ちびちゃんず5 
我が家でお預かりする前に、
保護主さんが丁寧に育ててくださったのか、健康状態がよくて助かっています。

昨日はスズの学校行事で遠出しなければならず、
赤ちゃんたちも同行しました。アニパルの3匹ちゃんはお留守番。
ちびちゃんず6 
「海沿いの町に出かけたので海の幸を堪能 !」という旅ではなく
場所を代えてただただミルクをごくごく飲んで帰ってくるプチ旅(笑)

4匹のちびちゃんず、どうぞよろしくお願いいたします。

| ミルクボランティア | 21:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず⑱

 譲渡会 
白シャー兄弟、はじめての譲渡会参加が10月13日。
その際、 白兄弟を見初めてくださる方がいらっしゃいました。

正直、この時点でシャー太郎・シャー次郎ともに顔もそっくり、
性格的にも大きな違いはないという時期で
太郎と次郎どちらにするか迷われていた里親希望者様。

ご家族と相談されたのち、改めてお見合いをしました。
少し茶色の強いほうがいいということで、シャー次郎の家族になってくださいました。

シャー次郎 
里親様に抱っこされて^^
今年はなかなか里親様が決まらない子も多いなか、
最初の参加でご縁を感じてくださる方がいたというのは本当に幸運なことでした。

*******
シャー太郎2 
シャー太郎先生。
キリッとしたクールな顔立ちながら寄り目気味なのがチャームポイント。

シャー太郎 
シャー太郎とはほんの少し昔のこと、すっかり人間大好きになって
「お前はデレ太郎だな (o`・ω・)σ))Д`;) 」とおばさんに突っ込まれながら
大きくなりました。

ふわふわちゃん3 
そして、衝撃のベッドシーン。ふわふわちゃん。
いやぁ、ふわふわちゃん、もうやんちゃでやんちゃで。

月齢的にやんちゃ盛りを迎えているので、やんちゃなのは当たり前。
けれど、何頭かお預かりしてみると
「やんちゃ」「おてんば」を超えた「無鉄砲」な子猫というのが存在すると
確かに感じるのであります。

いつまでも名前を出して申し訳ないのですが、
以前にお預かりした「はんちょうちゃん」、今年お預かりした「おサビ」。
二大無鉄砲の名前に、さらにふわふわちゃんも加えて三大無鉄砲としたい。
そんな思いが強まっていた近頃でしたが、
ふわふわちゃん、先週の金曜日の譲渡会で里親様が決定いたしました。

それも、シャー太郎と一緒に !

ふわふわちゃん4 

【27日の譲渡会の様子です】
IMG_20171027_103744_456.jpg 

IMG_20171027_113346_420.jpg 

IMG_20171027_114234_543.jpg 
茶色君はまだ譲渡対象ではないので付き添い参加です。

ここのところ金曜譲渡会の来場者も減少していて、
「まぁ今日も決まらないかな~」てな気持ちで参加してしまいまして、
カメラを持っていくのも忘れた…オラのバカバカ !

最初は一匹でということでふわふわちゃんのみを希望していらしたのですが、
一緒にいらしていたお嬢さんがシャー太郎も一緒がいいと言ってくださって、
二匹一緒での譲渡となりました。

ふわふわちゃんとシャー太郎、兄弟ではないけれど
同じアルミ食器で飯を食った同期の桜、とっても仲良しです。

もうね、心配なのがふわふわちゃんがとんでもないことやらかすのでは…と。
玄米の袋に入って掘り起こしてみたり、お風呂に入ってみたり、
譲渡会参加の朝は洗面台でぷりぷりっと粗相をば…
いろんなことを好奇心いっぱいでやってくれたふわふわちゃんでしたが、
いるだけで家の中が楽しくなる、そんな子です。

心配もあるけれど、甘えん坊になったシャー太郎のお兄さんとして
このまま天真爛漫、元気いっぱいに大きくなっていってほしいと思います。

無鉄砲さんがいなくなると家の中が途端に寂しくなります。
おめでたいことなんだけれど、本当に寂しいなぁと

*******
茶色君 
そして可愛い可愛い茶色君。

茶色君2 
茶色君も我が家から明日移動になります。

茶色君1 
これは今日の様子。710gになりました。

茶色君3 
大きくなってきたものの、
大きくなったからそれで譲渡とはいかない子だろうということで
少し安定したら病院を受診する方向でアニパルと調整を進めてきました。

今回はアニパル所属の獣医さんのお宅に移動して
そこからアニパルに委託された病院を受診することになりました。

離れがたい。成長を見守りたい。
けれども、医療的処置が必要かどうか判断いただくのが
茶色君にとって最も大切なことだと思います。

兄弟のシャー太郎や、ふわふわちゃんがいなくなって寂しくなったのか、
おばさんやおじさんにかなりべったりになって
元気になってきた茶色君を見ては涙ぐむおじさんは特に寂しいかもしれません。

明日、アニパルに茶色君を送り届けるので
今晩はうんと別れを惜しみたいと思っています。

| ミルクボランティア | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT