≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず㉗

2017年度最後のお預かりになるだろう黒ねこちびちゃんず2匹の
おうちがバレンタインデーのよき日に決まりました。

お見合い場所はアニパル仙台。

男の子ちゃん 
会議室を閉めきっての自由すぎるお見合い。

女の子ちゃん4 
女の子ちゃん6
里親希望者様は以前にも黒猫を飼っていらした方。
19歳でその猫ちゃんが亡くなり、寂しくなってしまったので、
また黒猫をご希望とのことでした。

私は黒猫の預かりの経験は少ないのですが、
譲渡会でも大変人気のある毛色のひとつと感じています^^

女の子ちゃんと男の子ちゃん、どちらにするか迷われているご様子。
けれど2匹が一緒に楽しく遊ぶ様子を見て、
2匹一緒に迎えていただけることになりました。自由すぎるお見合い万歳!

女の子ちゃん、男の子ちゃんともに知恵が働く子たちで、
またその知恵ゆえに「ピコーン ひらめいた!」と思うことを
上手に実現できる素晴らしい運動神経の持ち主。
たとえば食卓のぼりとか、人間にのっかって移動するとか

預かり家族みんな、生傷が絶えない元気っぷりでしたので
人間が1匹にかかりっきりになるより
この子たちは2匹でお迎えいただいたほうが楽だろうと思っていました。
やんちゃすぎると里親様が心配になってしまって(笑)

人間にぐいぐいとのぼるのが好きな子たちなので
お渡しの前にアニパルの職員さんに爪切りをお願いしました。

女の子ちゃん5 
男の子ちゃん2 
職員さんの一人に爪切りのプロがいらっしゃるのです

たぶん最初は見分けがつかないということで
譲渡記念にアニパルから贈られるビーズの首輪を早速つけてお別れ。
女の子ちゃんはピンク、男の子ちゃんはブルーとよく似合ってました

********
  女の子ちゃん2 

女の子ちゃん 
女の子ちゃん2 

  男の子ちゃん1 

女の子ちゃん3 
もう今年度はシーズン終わったなぁと思ったところにやってきた黒ちびちゃん。
小さくて小さくて、完全な乳飲み子でしたし、
春からのお預かりした子猫ちゃんのなかでも最も小さかったかな?という2匹。
優しいお母さんのもとに送り出すことができて心からほっとしています。

いやいや長いシーズンでした。肩の荷がちょっと下りた~
次回は「しっぽゆらゆら写真展」についてお伝えしたいと思います。

| ミルクボランティア | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再会③

夢のように楽しかった夜が明けて、
みゆこさん・Belleちゃん来仙2日目。

どこにお連れしたらいいかなぁと考えて
朝ドラ「マッサン」でも有名になった
「ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所」に行くことに決めました。

宮城峡蒸溜所は美しい川のそばにある自然を満喫できる場所。
夏から秋にかけては「トンボ」なども無数に飛び交っております。
今のシーズンは寒々しいかな?とも思ったけれど、
「トンボ」が苦手なみゆこさん←いつもトンボ嫌いをからかわれてる
みゆこさんにとっては冬こそがニッカベストシーズン !

夫が運転手は任せて~と言ってくれたのでみんなで飲めるし

ショマが仕事だったのでスズを伴って行くことにしました。
スズもお年頃で人前ではほとんど喋らないし、
スマホばっかり見ていて
スマホからレーザービームが出て前髪がちりちりパーマになってしまえ
思うほどなのですが、
今、学校で食品製造を勉強しているので工場見学はためになるだろうと。

ロクスケの訓練が入っていた沢ハーコさんは後程合流の予定。

*****
ホテルにみゆこさん、Belleちゃんをお迎えにあがり、
車内で楽しかった前夜のことを話して盛り上がっていたら
あっっという間に宮城峡蒸溜所。

ニッカ2 
ニッカ11 
およそ80分のウイスキー試飲付き無料見学を申し込み。

ニッカ3 
この大きなポットスチルで蒸溜するのね! 
理解できたのかどうかはちょっと怪しいわ
いくつかの工程まではビールと同じで、途中で製法が変わるのは理解できたぞ

ニッカ4  
ニッカ6 
未成年者は香りの違いを楽しむのみ。
でもこれが面白かったようで、成人したら違いがわかるか飲んでみたいとのこと。

  ニッカ1
 こ、これは、ニッカ太鼓 !

ニッカ12 
かつて完全に太鼓と間違えていた子どもたちを思い出します。

DPP_0039_20180209174250141.jpg 
蒸溜から貯蔵までの工程を見学して
いよいよ試飲、待ってました !

量としてはわずかなのに、雪がちらつく外を歩いてきゅーっと飲んだのでしみるしみる。
胸がカッカッとなって酔ってしまいました
ウイスキー「宮城峡」はドライフルーツを思わせる香りだそうです。
うむ、飲みやすい、少しクセがあるくらいしかわからないのが残念だけれど
長い時間貯蔵されたウイスキー原酒をブレンダーの方が苦労して作り出したのであろう味。
美味しくいただきました。

ニッカ10 
みゆこさんとBelleちゃんから
うちの夫にとウイスキーとアップルワインのお土産までいただきました。
「よいところに連れてきてくださりありがとうございます。」と言ってくれて。
それだけでうちの夫は嬉しいのに~ウイスキーは私がたくさん飲ませていただきます。

******
宮城峡蒸溜所を後にして次に向かったのは「定義山」。
「定義如来」の参拝もさることながら、
なんといっても宮城のご当地グルメ「三角揚げ」を召し上がっていただきたい。
凍りついた大倉ダムを見ながら、いざ三角揚げ、いや定義山 !
定義山 
写真下左が三角揚げで有名な「定義とうふ店」。

写真右下が定義とうふ店の「三角揚げ」。
七味唐辛子が大変なことになっております。
私は辛いのが好きなので大丈夫ですが、手が滑るとこのようなことになるので
辛いのが苦手な方は唐辛子の容器がツルッと滑らないようご注意ください。
寒さが厳しくなってきて、雪もかなり降ってきたけれど
ここにいらしている皆さん、黙々と三角揚げを食べていらっしゃる。

定義山に向かう道、けっこうな混雑で
「みんなお揚げを目指して走っているの」とお二人に説明しました。
その説明に納得いただける光景だったのではないかと思います。

ニッカ8 

  DPP_0050_20180209181510bee.jpg
お寺で鐘をつくBelleちゃん。
足ながっっと驚きながら下から撮影。長身でうらやましい。
こちらでも参拝を済ませて、
次に沢ハーコさんとの合流場所「秋保」に向かいます。

13時半に秋保で沢ハーコさんと合流。
ここで夫と別れて運転手はハーコさんにバトンタッチ。
皆さん、夫にまで様々お気遣いくださり本当にありがとうございました。

 木の家 
少し遅めのランチで、
秋保の「木の家」で「はっと汁」をいただきました。
冷えた体が温まるぅ。美味しかったなぁ。 

我々の世代では気になる親のこと、
子育ての相談、趣味のこと、美容のこと、
話は尽きることがないのに夕方の新幹線の時間まであとわずか。
お別れの時間も迫っているけれど話し足りない~という時間でした。
今度は秋保でゆっくり温泉もいいねと。

新幹線の出発まで見届けたかったのですが、
みゆこさんもBelleちゃんも
「見送られたら泣いちゃう…」と、仙台駅構内でお別れ。
見送ったら私も泣いてたかも
ずっと無口であったスズも、Belleちゃんとハグハグ、
みゆこさんと握手をしてお別れしました。
以前もスズはハグハグしてお別れしたなぁ。

みゆこさんは毎日のようにご自身のお母様のもとに通われていて
Belleちゃんは旦那様のお仕事の都合で居住地が世界各地にわたる方、
お二人とも時間が自由になるときばかりではないのに
仙台に会いに来てくれました。

いつもいつも会えるわけではないけれど
久しぶりに会ってもお互いに笑ったり、時にしんみりしたり、
くだらない冗談を言い合ったり…
楽しい時間を胸いっぱいに詰め込むと
新たにやってくる毎日も楽しく生きられる気がする。
友という存在の素晴らしさよ。

ショマはいつかみんなと「台湾」に行きたいと。
約束していなかったかもしれないけれど
私とみゆこさんの間の

「スマスマに出演したときの金城武は目を見張る美しさだった。
 そんな武が生まれた街にいきたいわん」

というような会話を耳に挟んでいたものと推測されます。
そして、「みんなで台湾=約束」 になったかと。
ショマにねちっこく(勝手な)約束を覚えていてもらい、
年老いてからでもいいので心の友とその約束を実現したいものと思います

| 未分類 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再会②

お琴のミニミニ演奏会を終えて沢さん宅を後にして
今度は夜の会合に向けて、みんなで我が家へ。

例年2月まで子猫がいるということはないのてすが
今年は珍しく黒ちびちゃんたちがいて、
皆さんに会っていただくことができました。

黒ちびちゃん 
みゆこさんたちが持ってきてくれた猫じゃらしで
猛烈に遊ぶ黒ちびちゃんたち。
体重も増えてきてとっても活発、
自分たちも楽しみながらお客様を接待しているのです(笑)

前回Belleちゃんが我が家に来てくれたときには、
接待部長として小さかった薄荷が奮闘してくれました。

けれども「お客様がきたら隠れる」を覚えてしまった大人になった薄荷。
残念ながら今回は会えないと思うと事前に伝えておりました。

ぱっちゃん 
こっそり陰からお客様の様子を見ていることもあるのですが
今回はそれもなく薄荷は現れず。
胸のスイッチを見ていただきたかったんだけど残念。

たまちゃん 
代わりに玉がいっぱいみんなと遊んだねぇ。よかったねぇ。
可愛い可愛いって言ってもらえたねぇ。
可愛いものねぇ。おばさんの自慢入ったねぇ。

ゴンちゃんはもちろんのこと、
そのほかにここ1年ほどで、宗旨替えをしたのか
お客様がいらっしゃるとのしのしと登場するようになった真生や、
町内会イチの可愛さを見せにきた愛姫と一緒に遊んでいただきました。

我が家の動物メンバーと遊んでいただいたら、
夜の会合にもほどよい時間となりました。

メンバーはスズとショマが入れ替わり
夜会合のお店近くの青葉神社に立ち寄ってみんなで参拝をいたしまして、
いざ大人の夜の会合へ ! !

みんなで韓国料理を食べたいねぇといつも話していたので、
夜の会合は韓国料理店へ。屋台風の風情が楽しいお店です

りーさん 
右上から、サムゲタン、チーズタッカルビ、
蟹の醤油漬けカンジャンケジャン。
りーさん2 
ケジャンはコチュジャン漬けのほうもいただきました♪
ああ、もうケジャンが美味しすぎる
韓国焼酎、マッコリ、ショマは甘いサワーで再会を祝してカンパーイ

前回Belleちゃんにお会いした時の
ショマが20歳になったら一緒にお酒を飲もうねという約束を
彼はねちっこく(笑)覚えておりまして、
「20歳になったらべるこさんとお酒を飲むの」と
ことあるごとに口にしていました。

うっかり約束できないなと母は思うものの、
何がありがたいって、みゆこさんとBelleちゃんが
「ショマが20歳になったら一緒に乾杯をする」を実現しに
わざわざ仙台まで来てくださったということ。

ニコニコニコとただただ嬉しそうなショマを見て母の頬も緩みます

りーさん4  
母撮影。
モザイクが入っておりますが、みんなの笑顔

 りーさん5  
お二人が仙台にいらっしゃる前に
青森の母K子に「東京の友人がショマとお酒を飲みに来てくれる」と
伝えていまして、K子も「本当にありがたい」と述べておりました。

そこで、ショマはお店からその喜びを伝えるべく
母K子に「みんなでお酒を飲んでるの」と電話までしていました。

さらにK子にラインで
「べるこさんへ 僕の作ったジャンボクッキーとルシアンクッキーを
 ぜひとも食べてください。」と送っておりました。
それはK子に送らず、べるこさんに直接お話して

ショマがお酒を飲めるようになって2ヵ月ほど。
少しお酒強くなってるかも…と感じました。
次に会うときは大人っぽいお酒も飲めるようになっているかしらん。

翌日日曜日はショマが仕事ということで
皆さんにお気遣いいただき、そんなに長居はできなかったのだけれど、
美味しい韓国料理に、料理に合うお酒、盛り上がる会話と
今思い出しても楽しかったなぁ…としみじみ思う夜になりました。

あと一回続きます

| 未分類 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再会①

   まおちゃん

3日、4日と本当にうれしい出来事がありました。
ブログを通して知り合いずっと友達でいてくれる
みゆこさんとBelleちゃん、お二人が東京から仙台に遊びに来てくれました !

みゆこさんと前回お会いしたのは2012年
Belleちゃんと再会するのは2015年以来となります。

便利な時代になって、ほぼ毎日のようにラインでお話しているのですが、
やっぱり実際に会ってあれやこれやとお話したい ! と。
今回、来仙していただくことになって、
全員で体調を崩すことなく当日を迎えたい !と願っていました。

3日の日の新幹線仙台到着はちょうど正午ごろ。

すぐにでも迎えに行ってお会いしたいところでしたが、
もうひとりのお友達・仙台の沢ハーコさんが
おふたりを仙台にお迎えする企画を考えてくれ、
ハーコ邸でその準備を整えてから2時半ごろお迎えにあがりました。

わーきゃー久しぶり~ 少女のように再会を喜びつつ
みゆこさん・Belleちゃんとともに一路、ハーコ邸へ。

*******
今回、沢ハーコさんが考えてくれたのが、
ハーコ邸でのハーコとスズによるミニミニお琴演奏会。

私、スズは恥ずかしがって弾かないと言うと思ったんですよね
それがスズは大好きなハーコに依頼を受けてすんなり
なんで母の言うことはきかないのだ(笑)

DPP_0007_20180205165811bcf.jpg
お昼ごろハーコ邸でお琴の調弦をして
ハーコ&スズで「古今の調べ」の合奏練習をしました。
「古今の調べ」はずいぶん前に習った曲で、
わたくし、依頼を受けたもののスズはもう弾けないと思っておりました。
それが覚えているものなのですね。

私もお琴を習っていたときに弾いたことがある曲なのに、
どんなメロディーなのかもすっっかりかり忘れていたもので、スズも同じかと
スズが上手とは思わないけれど、私のレベルと一緒にしてはいけなかったかも

ハーコとスズ、2人で曲を合わせてみて
さっとした練習ではあったけれども、これはいけるんじゃない? と。

ミニミニ演奏会の前にまずは
ロクスケ 
沢ハーコさん宅の新メンバー・ロクスケとみんなで遊ぶ
竜太や小梅と大の仲良しだったゴゴ君やクーコも残念ながら、
竜太たちを追いかけて空へといってしまいました。

ロクスケはまだ1歳になったばかり。
ラブラドル成分が足りないとき、ロクには本当にお世話になっております。
肉球の匂いかがせてくれるんだもの。
ゴンちゃんは残念ながら肉球の匂いをかがせてくれないもので…

ひとしきりみんなでお話をしてロクと遊んで、
いよいよ今回はお琴の演奏を聴いていただきたいと思いますキリッと。

お琴3 
みゆこさんとBelleちゃんにお椅子に腰かけていただきミニミニ演奏会スタート

これがね、親から言うのはどうかとも思うのですが(笑)素敵な演奏会になりました。
スズとハーコ、仲良しなだけあってお互いに呼吸を合わせて、
お琴の調べっていいなぁと思わせてくれる演奏でした。
こんな機会を与えてくれて、皆さんありがとうです。

みゆこさん、Belleちゃんに喜んでいただき、スズも気分が乗ってきたのか、
もう1曲「六段の調べ」の二段までをハーコと弾いてくれました。

みゆこさん 
お琴の演奏会を終えて、みゆこさんがピアノ曲を何曲か披露してくれました。
楽譜を見てすぐに滑らかに曲を奏でられるみゆこさん。
プロってすごい ! ! いつもえろえろしいことを一緒にお話するみゆちゃんなのに !

金城武さんのドラマ「二千年の恋」の曲を弾きたいとのことだったのですが、
私はもちろんのこと、みゆこさんも曲が出てこないと。
これはきっと、タケスが仕事をあまりしないせいで
「倶楽部・武」の自称名誉会員である私とみゆこさんも忘れてしまったということに…

初日だけでも楽しすぎてまだまだ書きたいことがあるのですが今日はこのあたりで。
続きはまた

| 未分類 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず㉖

男の子ちゃん1号 
のびのびになっていましたが、キジちゃんずの譲渡報告です。
↑こちらは男の子ちゃん1号。
1月5日、今年度最後の金曜譲渡会でご縁をつかみました。

キジちゃんず、昨年末の譲渡会にも参加させていただき、
多くの方にご希望をいただいていたのですが、
昨年末はまだ小さくて、
「留守番が少ないご家庭のみ」など譲渡条件が厳しくなってしまいました。

小さいと急に体調を崩すこともあるので、
条件が厳しくなってしまうのもいたしかたないとはいえ、
多くの方にご希望いただいたにもかかわらず、
お断りせざるをえず申し訳ない気持ちに…。

年が明けてしっかり体重も増えたところで
譲渡条件もゆるみ、3匹ともに譲渡の運びとなりました。

ちびちゃんず1 
お鼻の黒い女の子ちゃんと、男の子2号ちゃんは、
姉弟一緒に譲渡が決まりました。

はじめて猫を飼うご家庭ということで、最初は女の子1匹と決めているご様子でした。
ご事情が許すならぜひ2匹で…とおすすめしたところ、
男の子2号ちゃんも一緒にと^^

ちびちゃんず1
いや~~思いっきり私情を挟んでしまいますが
わたくし、↑男の子2号ちゃんが超おすすめの子でして、
情が入りまくりの、別れるのたぶん辛いわで、もう家の子に…なんて思ってしまいまして。
そのようなこと言いだしたらキリがないのですが

女の子ちゃんは独りきりの時間も大切にしたいのという子で、
一方の男の子2号ちゃんは、人間べったりでどこにでもついてくるタイプ。
このキジちゃんずはお預かりしたときから、人間大好きの子たち。

特に男の子2号ちゃんは「そっけなさ」というものがまるでなく、
はじめて猫を飼うご家庭なら、
女の子ちゃんと男の子2号ちゃん、
それぞれの性格の違いを楽しみながら、猫を知っていただけるのではないかと思います。

1月5日に譲渡が決まり、その後しっかり準備を整えていただき、
実際に譲渡されたのは1月9日。
三段ケージに、キャットタワー、子猫が好みそうな毛布などなど
ご家族みなさんで、新しい家族の快適な暮らしを考えて
用意していただいたのがわかりました。ありがたいことです

女の子ちゃん1 
ちびちゃんず2 
里親様に抱かれて。あ~ん、可愛いな
3匹ちゃん、楽しく幸せな時間をありがとう。幸せになってね !

********
黒ちゃんず1 
今お預かりしているのはこちらの黒ちゃんず。
220gでお預かりして大きくなっているものの、
成長のペースがゆっくりちゃんで、1月27日の譲渡会には参加できませんでした。

4匹きょうだいのうち、別のボラさん宅にお預かりされた2匹のうち、
1匹は残念ながら突然の体調不良で亡くなってしまったそうです。
私の友達・女子高生さんのいるボラさん家庭、
あたたかに愛情をたくさんかけて育てられるご家庭ですので
お預かりされている時間は、幸せに生きられた時間だったと思います。

もう1匹の子はすくすく成長を遂げ、1月27日の譲渡会で譲渡が決まったとのこと。
譲渡会で再会できなかったのは残念だけれど、
女子高生ちゃんと写真の見せあいっこなどを続けてきたので、
譲渡が決まって自分のことのように嬉しい

黒ちゃんず4 
黒ちゃんずは薄荷が大好き。
私も薄荷大好きだから(笑)一緒にいたい気持ちがわかる~うんうん。

黒ちゃんず1 
人間のおじさんにも抱っこされるどん。
我が家では黒猫を単独でお預かりしたことはあるものの、複数頭でお預かりするのは初めて。
忘れているだけかな、たぶん初めて
おじさんがいつまで経っても区別をつけられないので、
女の子ちゃんには赤い首輪をつけました。

この2匹は人間の肩にのぼるのが好きで、
私がこうしてパソコンに向かっている間にも肩にのぼって
パーカーのフードの中で眠っちゃったりします。
こういうのって大人になっても変わらないんじゃないかなぁ。
肩乗りする猫として里親様にもアピールだ

 DPP_0019_20180131111958c27.jpg 
 
黒ちゃんず2 
無理やりめーちゃんの元に割り込んで、
めーちゃんの厳しい表情を引き出したり、

黒ちゃんず3 
こっそりさーくんと一緒にいたりと、みんなとの交流を楽しんでいます。
でもゴンちゃんのことは嫌いみたい(笑) 
ゴンちゃん、ビビリだから空気砲撃たないで。

体重も毎日増えてはいるものの、ゆっくり増えている状況なので
譲渡可能な大きさになるのは少なくとも再来週くらいになりそうです。
まずは譲渡可能な体重になることを目指していきたいと思います。

 写真展
最後に「しっぽゆらゆら写真展」のお知らせです

昨年アニパル仙台から譲渡された猫たちが、
幸せに暮らしている様子を撮影した写真の展示会です。

2月2日(金)~2月16日(金)までは仙台市役所1階ギャラリホール、
2月22日(木)~3月9日(金)からはアニパル仙台での開催となります。
土・日・祝日の展示はお休みとなります。

仙台市の職員、獣医師、お寄せいただくご寄付、市民ボランティア、
たくさんの人間が猫の幸せを思い、猫たちに関わっています。

人間の事情により過酷な状況に置かれていることも多い猫が
同じ人間の手により縁がつながり、自身も幸せになり、
なによりご家庭に幸せを運んでいる様子を今年も見ていただけたらと思います。

預かりボランティアとして、私も新たに預かり中の写真を提供しました。
アニパルの職員さんに「大人猫が面倒を見ている写真なんていいですね !」と言われ
写真を選定したのですが、どれがいいのか選ぶのが難しくて。
最終的に職員さんが選んで !とお願いして大量に写真を送りました。

42.jpg 
ひとつ言えるのは、
「大人猫が子猫をお世話している写真」を集めたら
「太志」の写真ばかりになっていたということ。
太志写真展、ぜひご覧ください。違

| ミルクボランティア | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT