≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず④

久しぶりの投稿になってしまいましたが、
前回に続いて残念な報告があります。

ハチズレちゃんが亡くなってしまいました。

先週の月曜日15日の朝から呼吸の状態に異変があり、
病院で処置もしてもらったのですが、
日付変わって16日の午前1時ごろに亡くなりました。

立て続けに力及ばす2匹も亡くしてしまい、預かりとして情けなくもあり、
さすがに落ち込んでしまいました。
報告が遅れて申し訳ありませんでした。

ハチズレちゃん2 

ハチズレちゃん1 

ハチズレちゃん 
下2枚は亡くなる日の早朝に写したものだったと思います。
月曜日、スズは朝の6時少し前に学校に行くために家を出るのですが、
ちょうどスズが学校に行くころに具合が悪くなり、
スズも心配しながら家を出ていきました。

なんとなく気のかかる子だったハチズレちゃんですが、
前週の12~13日ごろには食欲もあり、よいウンチも出て
少し安心できるかなぁと思っていたところでの急変でした。
でも急変と思っているのは私だけで、
もっと注意深くしていれば死を防ぐことはできたのではと思っています。

残るハチワレ2号ちゃんと、女の子のサビちゃん、
こちらもずっとくすぶっていた風邪症状が顕著になってきて、
この子たちはお母さんからのお乳をどれくらい飲めていたのか不明ですが、
お母さんからもらう免疫がうまくあがっていない可能性があるということで、
ハチズレちゃんが亡くなった日の火曜日の午後から、
免疫をあげるためのインターフェロン投与の治療を始めました。

病院にて

全3回の治療で、今週月曜日に治療を終えました。
2回目の治療後から、ハチワレ2号ちゃんは劇的に調子があがり、
離乳食もよく食べて元気にしています。

サビちゃんはやはり目に風邪症状が出てしまい、
女の子だけあってなかなか気も強く、
目薬を点すのも難儀しているところではありますが、
シミシミの点眼に耐えてがんばっています。

体重を増やして体力をつけねば一気に悪化しそうでもあり、
鼻が苦しくて自分で食べることが今は難しいので、
ミルクに離乳食をといたものをシリンジでがんばって飲んでいます。
お腹はちゃんと減って、体重も大幅増量ではないもののしっかり増えているので
このまま風邪に打ち勝ってくれればと。今少しがんばりどころだと思います。

おめめちゃん 
こちらは「おめめちゃん」。
ミルクが大好きで、ずっとミルクを飲んでいて
もう「ミルク5段」の段位をあげてもいいなと
愛称「五段」と呼ばれることも多く^^;

なんとか離乳食に移行してくれて、体重も660gまで増えました。
今はハチワレ2号ちゃんと転がって遊んで楽しく過ごしています。

2匹続けて悲しいことになってしまって
少し預かり休んだら…とも夫に提案されました。

けれど預かりを続けて元気な子を少しでも多く送り出したい。
預かりやってみようと決意したんだから、
それが私の責任の取り方というと大げさすぎるけれど、
後悔を振り払う術なのかなとも思うのです。

| ミルクボランティア | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず③

今日は残念な報告があります。

前回、「ハチワレ1号ちゃん」と紹介させていただいた白黒のちびちゃんが
昨日10日の朝に亡くなりました。

前日9日には遊びに来た友人の沢さんに元気な姿を見せ、
夜もゴクゴクとミルクを飲んでから眠りにつき、
突然死という形になってしまい、
悲しみが湧きあがるというより、どうしてと呆然とした気持ちでおります。

********
9日の夜10時ごろ、5匹のちびちゃんたちはミルクを飲み眠りました。
その後まもなく私も寝て、起きたのが3時半、
4時ごろにミルクをあげようとお湯を沸かし、シリンジを揃え準備をしていました。

ちびちゃんたちは、もう我が家の生活リズムも覚えて
朝に部屋の電気がつくと、お腹が空いた~と起き出してきて、
ケージから出して出してと大騒ぎになります。

10日の日も、そんないつもと変わらない朝のはずだったのに、
4匹だけがケージの扉の前に張り付いていて、
ちびちゃん1匹だけがケージの奥で眠ったままでした。

前回「ハチズレちゃん」と紹介した男の子、
私はこの子に違和感があるというか、
もしかしたら先天的に少し弱さがあるのかな?と感じていました。

ミルクの飲み方もあまりうまくなく、
与えた後に胸がゼロゼロする感覚が手に伝わるというか…。
なんとなく不安で、夫や沢さんには
「ハチズレちゃんになんとなく弱さを感じる」と話していましたが、
女の子のサビちゃんがとても丈夫な感じでもあり、
男の子はやっぱり弱いと感じるな、取り越し苦労かなとも思いました。

緩やかではあるものの体重は増え続けてもいて
不安といっても今の小ささでは漠然としたものでしかなく、
昨年の灰白ちゃんのこともありましたし、少し神経質になっているかなと。

そんな「ハチズレちゃん」、ミルクを飲む時間になっても
みんなよりワンテンポ遅れてケージから出てくることが多く、
ミルクを飲み終わったら、みんなが遊んでいても
一人早めによちよちとケージに戻るという子でしたので、
10日の朝もケージから出てこないのはハチズレちゃんだと思い込んでいました。

また遅れたねぇ^^と、起こすために体に触れてみると
体はすでに冷たく、一瞬にしてまずいと思いました。
そして、顔をしっかり確認すると「ハチズレちゃん」ではなく、
黒毛の多い「ハチワレちゃん」でした。

何が起こったのか頭が混乱しながら、
低体温状態になっているので、まずいまずいと。
真生の出産のとき、子猫が仮死状態であったら
熱いお湯につけると獣医さんから教わったことがあり、
それが正しい方法かどうかもわからないけれど、
熱めのお湯につけたところ、目があき、意識が戻りました。

低体温にならないようにドライヤーを当てながら
タオルで体をこすりましたが、
何時ごろだろう、5時半~6時くらいの間だったかと思います、体が波打ちました。
心停止だ!と思った瞬間にみるみるハチワレちゃんの体が硬直したように感じました。
あの死の瞬間に漂うに独特のにおい。あのにおいも感じました。

でも、人工呼吸と心臓マッサージで、戻ってきてくれたのです。
人工呼吸と心臓マッサージを繰り返して
7時くらいにはなんとかいけるかもしれないと思ったけれど
力強い自発呼吸はすでに厳しく9時少し前に静かに亡くなりました。

白黒ちびちゃん1 
写真もほとんど残ってなくて…立ち上がっているのがハチワレちゃんです。

白黒ちびちゃん2 
これは一番右にいる子ですね。

白黒ちびちゃん6 
みんなでお風呂に入って
白黒ちびちゃん7 
お風呂あがりはぐっすり眠って

白黒ちびちゃん8 
白黒ちびちゃん9 
最近はみんなでゴンちゃんに突撃するのが楽しくなっていたのです。

小さな箱にお花を入れたら
ハチワレちゃんの小さな体は花に埋もれてしまいました。
庭のモッコウバラがわずかに咲きだしたので、モッコウバラも切って入れました。
ほんのわずかしか暮らすことのできなかった家だけれど、
優しい優しい灰白ちゃんが道に迷っても導いてくれると思っています。  

白黒ちびちゃん5 
夜には、「おめめちゃん」の保護に携わったアイさんが
おめめちゃんの様子を見に家を訪ねてくれ、
ハチワレちゃんにお花とおやつをあげてくれました。

白黒ちびちゃん4 
おめめちゃんは昨日の夕方、状態を確認しに病院へ。
目の癒着の危険はなくなったものの、
一生、このヘルペスの後遺症は出るかもしれないとのこと。
この子の体には負担があるかもしれないけれど、
生きて命あらばたくさんの楽しみに出会えることだろうと思います。

命あるものが持つ力強さ、隣り合わせにある儚さ。
このボランティアをはじめてよく感じるのです。
そして、命をつなぐということへ自分の力が及ばないことへの怖さ。

自分の力や判断なんて絶対に絶対に間違っても過信しない。怖さがあって然るべき。
でも怖さなんかに押しつぶされてたまるかと。
残った子たちとしっかり向き合っていきます。

| ミルクボランティア | 18:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず②

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

めーにょ1 
きっと、めーちゃんはそう思っているはずだ ! ということにしよう、うん。

********
お預かりしている白黒ちびちゃんずの様子です

【ハチワレ1号・尻尾先☆白】
黒白ちびちゃん9 
黒い尻尾なんだけど、先だけがちょっぴり白くて可愛い のです。

【ハチワレ2号・尻尾先★黒】
黒白ちびちゃん10 

【ハチ(ワレ)ズレちゃん】
黒白ちびちゃん8 
この子はハチワレが少しずれているので、ハチズレちゃん♪

【紅一点・サビちゃん】
サビちゃん 
順調にすくすくときていたのですが、
昨日あたりからお腹の調子が下降線気味。

やっぱりミルクの消化不良が原因の不調のように思います。
4匹とも飲みたい気持ちはあって元気なので
急降下急降下にならないようにしていかなければ。

ちびちゃんず 
まだトイレがしっかり使えないもので、
たとえば、1匹がうんちをすると、その上を踏みつぶして歩いた
ほかの子たちの体もうんちまみれに…。

うんち連帯責任というか、うんち一蓮托生というか、
毎日4匹でお風呂に浸かっているちびちゃんずです

********
先週末からまた心配な状態になったのが、もう一匹の白黒ちゃん。

風邪のウイルスが悪さをして、目に影響が及ぶと
一気に目の状態が悪化すると聞いてはいたものの、
みるみる目が腫れて、目を開けることができなくなり、
土偶ちゃんのようになったのでびっくりしてしまいました。

内服薬と目軟膏も追加で投与となりました。
まぶたの癒着が起きる寸前という状態のように思いましたが、
目軟膏で癒着をかなり防ぐことができたのではと思います。

昨日あたりから少しずつ目が開いている時間が長くなってきました。
黒白ちびちゃん11 
↑ これが昨日。眼球が見えている時間が長くなってホッ。

白黒ちゃん1 
これが今日。暗くてわかりにくいですが、まぶたの腫れがひいてきました。
お腹の不調を乗り越え、発育自体はとてもよい状態になってきたので
目もきっとよくなるさ~

| ミルクボランティア | 18:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず①

先週の土曜日、スズの学校で参観日がありました。
そのため月曜日は振替休日。
今朝、再び寄宿舎へと戻りました。

黒白ちびちゃん6 
スズの帰宅により、心に潤いをチャージした左馬介。
明日あたりには潤いが枯渇して、干し椎茸状態になるものと思われます

***********
さて、今日の日記のタイトルにもありますように、
2017年度の初ちびちゃんずを先ほどお預かりしました。

今年はなかなか子猫がアニパルに入ってこない状態が続いていたようで
それはよいことに違いないはずなのに、
入ってこなければこないで何か異変があったのかなぁ…と気になるわけです。

「今年は預かりのスタート遅いねぇ。」と、
人間のおじさんとも今朝話していたところでのお預かりとなりました。

黒白ちびちゃん7 
よくわからない状態になっておりますが、
白黒ちゃん3匹(♂)、サビちゃん(♀)の4匹ちゃんずです。

黒白ちびちゃん5 

黒白ちびちゃん2 
みんな220gほどの大きさです。

小さいので不安もありますが、大きく元気に育つようがんばります

*******
そしてお知らせです。

「杜ねこ会」のHPができました。
私が名前付け終わらない…とぐだぐだしている間に、代表が立派に作りあげてくれました

     杜ねこ会HP 

ご覧になっていただけると嬉しいです。そして早く検索にひっかかるようにと(笑)
どうぞよろしくお願いいたします。

*******
と、ここで終わらず…もうひとつ !

黒白ちびちゃん4 

黒白ちびちゃん3 
アニパルとは別件で、白黒の男の子ちゃんを育猫中です。

スズの同級生のお母さん、仮に「アイさん」としましょう、
アイさんのご友人の庭でお母さんとはぐれて大きな声で鳴いていたとか。

アイさん親子とはスズともども大変親しくさせていただいていて、
お互いに猫好きということで
会うと猫の話ばかりしているという間柄であります。

白黒ちゃんが保護されたのが、18日の夜も更けてからのこと。
うちにはミルクもあるので、その日の夜にお預かりすることにしました。

誰が飼うかとかは後で考えればいいんだもん♪←年々保護のハードルが下がる

ただミルクに切り替えてすぐに消化不良を起こしまして
体重がまったく増えない。保護時220gから増えない
ミルクの脂肪が消化されず、水様便として出てきてしまう。

このままだと命が危ういかも…と危惧したのですが、

チューブダイエット 
通常のミルクから、消化吸収に優れているという「チュープダイエット」に切り替え。

私の悪い癖というか、焦りが自分のよくないところと思うのですが、
体重が増えないと、とにかくミルクを入れたくなってしまう。
自分が安心したくて目に見える結果(体重増)を求めてしまう。

けれど、健康な腸なくして体重増加なし! 
焦らず焦らず…今増えなくても低血糖を起こさない程度に注入して腸の回復を待つ!
という心持ちでやってみました。

土曜日は参観日で一日不在だったので、アイさんが預かってくれ、
丁寧に面倒を見てくれました。

赤ちゃん、日曜日の夜からお腹の調子がよくなって体重も増加
あっ、体調が上向いてるとミルクを飲ませても実感があります。
ほんと、何匹お預かりしてもその都度勉強だなぁと思います。

風邪で目が腫れていて、すぐに瞼がくっついてしまうので、
「点眼・点鼻をガンガンしてください。」という病院の先生の指示により、
今はシミシミの目薬にもがんばって耐えている白黒ちゃんです。

アニパルっ子ではありませんが、
こちらの白黒ちゃんの成長も見守っていただけたらと思います

| ミルクボランティア | 17:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入学式を終えて

昨日、入学式を終え、スズも晴れて高校生になりました。

冷たい雨が降る一日。式典の間も屋根を強く打ちつける雨の音が響いていました。

午前中に式の練習をして、式は午後から。
うまくできるかしら…と心配そうでしたが、
みんなと一緒に姿勢を正し、前を向いて式に臨んでいました。

制服の採寸をしたのが2月。春休みの間に3㎝くらい身長が伸びたような…。
新入生なのに制服のズボンの裾が短いと母さんは厳粛な式典の間気になる。

入学式を終えて、教室でHRをして、そのまま寄宿舎へ。
担任の先生、寄宿舎の指導員の方たちとの顔合わせも終わりほっとした様子でした。

これから三年間の高校生活が始まります。

スズについてあれこれ思うところを残しておきたいと思います。
親ばか目線があるかと思いますが、大目に見ていただければと

********
スズは母親である私自身の幼い頃、年若い頃に似ているところがあって
人と人との関わりあいでどのように振る舞うのか
自分自身の身の置きどころに困難を感じたり、心が揺れる様子、
すべてがわかるとはもちろん言えないけれど、
彼の心の動きが伝わってくることが多々ありました。

小学校・中学校と支援学級で過ごし、
信頼できる仲間と少人数で過ごす時間を持ちながら、
より大きな集団である通級学級で適応できるよう段階も踏み、
同世代の仲間との関わりあいに恐怖感を覚えるという心に変化がみえました。
部活動に参加できたことが大きかったのかな。

いろいろなことを積極的にやってみようという気持ちも芽生え、
心の保ち方、切り替え方が中学校生活で大きく変わったように思っています。

*******
家での生活ではやっぱり動物との関わりあいが中心の生活で、
猫はもちろん、ゴンちゃんのこともとても可愛がっていました。
残念ながらコメシティのことは覚えていないそうです

ミルクボランティアをはじめ、
数匹ではありますがお外の猫を保護するという猫の活動に関しては
スズの存在は息子というよりは、志を同じくする仲間という感覚でおりました。

スズにとって可愛がってきた子猫との別れは非常に寂しいものであるようですが、
幸せになってほしいという思いをしっかり持ってくれているのがありがたいことでした。
手が足りないと思うときも、事故がないよう上手に面倒をみてくれました。

そして募金活動への協力。
ねこフェスタ 
3月の「ねこふぇすた」での募金活動です。
募金をなぜ必要しているのか伝えること、
人様のお金をお寄せいただくということへの感謝の気持ちを忘れずに
大きな声でお礼を伝えること、がんばってくれたと思います。

*******
寄宿舎への荷物の搬入を終えた日曜日、
夕食をともにした青森の祖父母に激励の言葉をかけられ、
高校で勉強をがんばって
将来ショマと二人で暮らせるだけのお金を稼ぎたいとスズは答えました。

青森の父も母もその言葉を聞いて涙ぐみ…。
そんな意思を持ってくれているのは本当に本当にありがたいことだけれど、
私たち親としてはそんなつもりはないんだよ、
ショマが生きていく環境を整えるのは
元気なうちに私たちが考えるべきことであって。
あなたはあなたのことを考えてほしいと私たちから伝えました。

ショマも夏からグループホームに入る予定で、
でもスズはたぶん反対しているのです。
はっきりとは言わないけれど、言葉の端々から感じるものがあり…
自分がかんばればと思っているのかな。

私たち親にも入り込めない兄弟二人の絆があり、
二人が仲良く育ったことを嬉しく思いながらも、
まだ幼さが残る子どもにここまで考えさせてしまうというのが、
うーん…複雑でもあり。うまく言えないけれど。

入学式に向かう車の中では
「僕がいなくても、ショマの面倒をちゃんと見てあげてね。」と言われた
そもそも私への信用がないのかしらん

*******
昨日の入学式では、町の教育長から来賓として挨拶がありました。
教育長はショマの支援学校小学部在籍時に校長先生をしていらした方です。
ショマの小学部の修学旅行に同行してくださり、
たくさんのお土産話を教えてくださいました。

子どもたちの登校・下校時には一人一人に丁寧に元気に声をかけてくださり、
保護者の尊敬と信頼を集めていた校長先生。退任のときはみんな泣いていました。

定年後に教育長となり、
スズが通うことになった高校の開設に尽力していると聞いていました。
スズの高校はまだ開校2年目。
まだできたばかりの学校ですが、
あの校長先生が熱意を傾けて開校の準備をしたのならよい学校なのではと思っている私。
昨日は子どもたちに声をかけてくれたあの頃と変わらず
ハリのある声を聞くことができて感激してしまいました。

さらに、入学した高校の現・校長先生も
ショマが支援学校で大変お世話になった先生で、
スズのことも小さいころから知っている先生です。

小さな縁が集まって道になる。

最近聞いた言葉を思い出していました。

私が出会った人、ショマが紡いできた縁も少しずつ集まり
そしてスズがこれから出会う人たちと紡ぐ縁もまた
彼が歩く足元を踏み固めてくれ、道になっていくのだと思います。

介護の勉強、食品製造の勉強、サービス業の勉強、学校で多くのことを学ぶことになります。
寄宿舎では自分で自分の身の周りを整える力が求められることと思います。
難しくて嫌だな、面倒だなと思うこともあるだろうけれど、
人との出会いと学びを大切にして、
振り返ったときによい3年間だったと思える日々にしてほしいと願っています。

| 自閉症関連 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT