FC2ブログ

≫ EDIT

のぼる女子

あみっこ7 
スズにいってらっしゃ~いと見送られ、

 あみっこ3 
最後になるかもしれないから…とおじさんにダサイ毛布の中に引きずりこまれ

 あみっこ4 
がんばってくるんだよ~と前回と同じように見送られ
第2回目のトライアルに行ったあみっこ。

しっぽゆらゆら杜猫会主催の1月譲渡会、
あみはその時点でトライアルが決まっていたので
1月の譲渡会は欠席でした。

今回の里親希望者様は1月の譲渡会にご来場くださった方。
あみが初回トライアルから戻ってきたこともあり、
杜猫会の先輩が「あみはどうかな?」とご縁をつないでくれました。

最近、すこーし人見知りもするようになったものの、
先方さんのお宅を探検・探検に忙しい様子のあみ。

【会ってすぐに優しいお姉さんがいっぱい抱っこしてくれたの♪】
あみっこ8 
 人にはすぐに慣れた感じでしたが、
あみについて説明している間に、当のあみ様、
換気扇にのぼったり探検がすごすぎておばさん焦ったわ

*******
とんでもないことしていないかしら と不安になったり、
先方さんが送ってくれる動画を見ては、
いやいやいや、あみならきっと可愛がってもらえる ! と言い聞かせたり
ドキドキでお返事を待っていた1週間でしたが、
嬉しい嬉しい正式譲渡でお願いしますのお言葉

正式譲渡の契約を結ぶため、再び里親様宅へ。

あみっこ 

あみっこ5 
わたくし、一応客の立場できているのに、
警戒することなく熟睡してしまったあみっこ。
すっかり里親様のお宅に、そして里親様に心を許して
安心して暮らしているのがわかりました。

里親様の思いのこもった素敵な名前も付けていただきました。
名前の由来を聞いて、本当に明るく可愛いあみ(旧名)にピッタリと思って

友人宅の網戸にのぼって全力で助けを求めていた小さな女の子。
あみには幸せになってもらいたくて、
1回目のトライアルから戻ってきた後、
またまた我が家でこのまま一緒に暮らそうか…と家族会議の議題となっていました。
でも果たして頭数が多く、老齢の子も増えている我が家にいるのが
幸せなことなのかしら…と葛藤葛藤で。
近しい知人にもあみの里親にならない?と打診しているところで
いただいた素敵なご縁でした。

昨日は杜猫会の譲渡会があり、
里親様があみを猫用のリュックに入れて会場に連れてきてくださったそうです。
ええ、わたくし、昨日の譲渡会はサボッてしまって申し訳なくも
杜猫会の仲間からリュックに入ったあみの写真を頂戴してニマニマしてしまいました。

あみちゃん、新しい名前があるのに旧名で呼んでごめんね。
たくさんの思い出をありがとう、楽しい楽しい毎日でした。
換気扇にはあまりのぼらないでね !

| ミルクボランティア | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎週末を楽しみにがんばろう !

2月3日の夜くらいから左馬介が体調を崩しまして
スズがいない間に川を渡ってしまうのではないかと不安になるほどでした。

検査の結果、「膵炎」と診断が下り、
幸い急性的な症状は注射や薬で緩和され、食欲も戻ってきて
先週末スズと再会が叶いました。

具合が悪い間、スズがいないこともあって
ずっと私のそばから離れませんでした。

病院の先生に、膵炎は痛みを伴うもので
普段行かないような変な場所に行くことが多くなりますと教えられ…
左馬介にとって「変な場所」がおばさんのそばなのね

こうして冗談っぽく言えるのも元気が戻ってくれたから。
年齢的にも若いころのように溢れる元気いっぱいといかないまでも
口に合う脂肪分の少ない療法食も見つかり、少し安心しました。


さーくん 
これは今日の左馬介、
2月3日~4日にかけてげっそり、毛艶も失われてしまったのですが、
お薬がきいて顔の表情もよくなりました。

左馬介にとって何より心安らぐのがスズといるときだと思うので
療法食を食べてもらって、お薬を飲んで
毎週末スズとの時間を楽しく過ごしてもらいたいと思っています。

*******
左馬介のことで心配な一週間でしたが、この週末とてもとても嬉しいことがありました。
我が家で保護していた「あみ」の里親様が決まり、昨日正式譲渡になりました
しばらくは家で休ませて、あみの今後を考えようと思っていた矢先に
大変よいお話をいただき、あみに素敵な家族ができました。

新しい素敵な名前も付けてもらって幸せいっぱいの様子です。
後日写真をまじえて報告しますね。

*******
さらにお知らせです。

譲渡会縮小 

2月17日(日)、しっぽゆらゆら杜猫会の譲渡会を開催いたします。

 日時 : 2月17日(日)10:00~15:00

 場所 : ニャンワンクラブ
    (仙台市青葉区八幡2-1-21)


譲渡会縮小    

参加予定猫は写真の子達のほかに、少し増えるかもしれません。
逆に猫の体調によっては参加を見合わせる場合もあることご了承願います。

我が家お預かりのさんちゃんも参加予定です♪

さんちゃん、我が家の環境にはずいぶん慣れてきて
あちこち移動しながら遊んでいて、それをこっそり見守っています。
一日一日慣れていく様子を見るのが本当に楽しく、今の楽しみでもあります。

DSC_0265.jpg 
まだまだ人間を見ると固まっちゃうことも多いですが
写真は玉ちゃんと楽しく遊んでいるときに
突如現れたおばさんを見て固まるさんちゃんです

2月17日の譲渡会、紹介しておいて
わたくし、真央ちゃんのサンクスツアーの公演日にあたってしまいまして
さんちゃんだけの参加でございます。
さんちゃん、ごめん~許してけろ

| 猫関連 | 18:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カッチンコッチンのさんちゃん

あみっこ2 
スズに「がんばるんだよ~」と見送られ、

あみっこ 
人間のおじさんにも「いってらっしゃい」と見送られ、
あみっこはトライアルに行きました。

*********
さぁ、お友達のあみがいなくなったさんちゃん、がんばろう。
あみがいなくても頑張ろうと自分にも言い聞かせる私

さんちゃん、ケージに入っている状態で撫でることはできるのですが、
単に「触れることができる猫」で終わってしまいそう…。

DPP_0047_20190128171144b9c.jpg 
とにかくたくさんの人間に馴れさせたいからと
スズにも積極的に関わるようお願いしていて(右の黒い棒はスズです)
スズもがんばってくれていて、触ることは問題なくできるのですが
さんちゃんのお耳はペタンと折りたたまれ、
黒いドラえもん状態になってしまうのでした。

先週、リビングでフリーにするにはまだ不安だったので、
午後の数時間を使って、2階のひと部屋でフリーにすることにしてみました。

さんちゃん2 
カッチンコッチンに固まって
おばさんの韓国ドラマ視聴に付き合うさんちゃん。
お布団にも一緒に入ってくれるのです。カッチンコッチンに固まりながら

人馴れはしていないけれど、もともとの性質が非常に穏やかな子なのだと思います。
ひどくおびえていても一度も攻撃されたりしたことがありません。
おばさんは抱いてくるし、
青バージョンのダサい毛布をかけられるわで我慢我慢のいじらしさ。
いじらしくていじらしくて可愛い子です

さんちゃん5 
玉はもう受け入れ態勢OKの模様です。

さんちゃん3 
猫じゃらしには反応してくれて
ぱっちゃんや玉に混じって視線で追いながら少し遊ぶさんちゃんです。
ぱっちゃんはまださんちゃんに慣れていなくて、今少し時間がかかりそう。

この部屋を区切ってのフリー生活も続けていけば慣れてくれそうと思うのですが
1階のケージから2階に移動するまでの、
キャリーに入れて放して…という手順に恐怖を感じてしまうよう。
また、私も毎日長時間は2階には居られないので
どうしたものかなぁ…もう少し工夫が必要だろうなぁと考えていたところです。

いろいろな工夫をしながら
少しずつ人にも環境にも慣れてもらおうと考えていたところ…


あみっこ5 
あみちゃん、ちょっとばかり元気が良すぎたかなぁ
トライアル先のお宅の先住猫さんが体調を崩してしまったようで、
今回の譲渡は見送りということで戻ってきました。
やはり先住さんの生活を考慮してあげることが第一ですので、これは仕方のないこと。

あみっこ6 
ああ、もう食え食え。箱で買ってあるから(笑)

あみっこ4 
さすがのあみっこもトライアルの疲れがあるようで
続けざまにトライアルに出すのは酷だなぁと思うので
少し休ませてから、あみの今後について考えていきたいと思っています。

  あみっこ3  
帰ってきたあみ、少し戸惑いながらも
玉やさんちゃん、そして、自分が買ってもらったと思っているでだろう
赤いおもちゃを覚えていたようで一緒に遊ぶ。

さんちゃんのトイレ掃除をしていたら、あみがケージに入ってきて
さんちゃんを外に誘って出してしまったので
もう今日はそのままさんちゃんもリビングでフリーにしています。

朝のうちは、私の目を気にしながらリビングを少し探検していたさんちゃん。

 さんちゃん6
実はゴンちゃん、さんちゃんの存在に気づいていない模様。
気づいていないのか、もうどうとでもなれ…という境地に達したのか。

それにしても着地が難しいところにいるわ…と思ったら

 さんちゃん7
あみに押し出されておりました。
この後はあみがさんちゃんを追い越して
「こっちこっち !」とゴンちゃんのサークル内にさんちゃんを誘導していましたが、
さすがにさんちゃんは行かなかった

再びのあみちゃんと、玉に協力してもらって
さんちゃんが慣れるようにがんばっていきまーす

| ミルクボランティア | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒猫のさんちゃんです♪

前回の終わりにチラッと登場した黒猫君、
名前は「さんちゃん」、推定生後6ヵ月の男の子です。

さんちゃんは、しっぽゆらゆら杜猫会が関わったTNR現場にいた猫です。

TNRとは、飼い主のいない猫を

【Trap(捕獲) Neuter(不妊手術) Return(元の場所に戻す)】

それぞれの頭文字をとってTNR!
ただいま「U.S.A!」の曲が頭を駆け巡っております。

仙台市内のある場所で猫が増えているというか
増やしてしまった場所があり、
これ以上増やさないためのTNRを杜猫会会員が実施しました。

TNR現場にはつきものというか、私たちの悩みの種でもあるのですが
手術ができない月齢の子猫がいる、
なんとか手術できたとしても元の場所に戻すには幼すぎる猫がいるケースがとても多い。

さんちゃんもこのようなケースで杜猫会の会員に保護された猫です。

それでは、「さんちゃん」を紹介いたします !

さんちゃん 

さんちゃん2 
…さんちゃんはまだ人間がコワイコワイのであります !

4兄弟縮小 

さんちゃんは4きょうだいで保護されました。
杜猫会の会員さんの一人が預かりとお世話を続けてきて
杜猫会主催の譲渡会にも参加していました。

私も譲渡会のときにこの4きょうだいを見たことがあるのですが
「さんちゃん」は恐怖のあまり
他のきょうだいの下に隠れていることが多く全容を見たことがなかったくらい。

人慣れしていない子たちが兄弟一緒にいると
兄弟で頼りあってしまうことが多く、人馴れが進まないことがあります。
可哀想だけれど離して預かったほうがいいだろうということで、
2頭、1頭、1頭で会員で預かりを分散することになりました。
我が家にやってきたのが、三男の位置付けの「さんちゃん」です。

一番上の耳ぺたんこの写真は我が家に来て2日目に撮った写真だったかな?
ものすごく怖がっていて、
近づくとシャーッと言ってしまうこともあるのだけど
攻撃してきたり、威嚇し続けるということは全くなく撫でることができます。
ただただビビりっちょ(笑)

 あみっこ2
あみっこは志願して家に来たからでしょ

さんちゃんが来て即、さんちゃんのケージに入りこんだあみっこ。
さんちゃんも猫は全然怖くない様子です。

DPP_0023_20190117200627ba3.jpg 
今後さんちゃんと仲良くしてほしいなぁと私が期待している玉ですが、
温和であるとともに、とても気の弱い玉は
気になりつつもさんちゃんを見てまだ緊張しまくっています。

めーなちゃん 
挨拶をするめーちゃん。

この1週間見ていて気付いたのですが
さんちゃんは我が家のキジトラーズに強い関心を示していて
特にめーちゃんがケージのそばを通りかかると
体をケージにこすりつけて鳴いて呼びます。

さんちゃん、仲良くなるのが難しそうな子を選びおって…(笑)

*************
我が家はリビングから2階に上がれる構造になっていて
まだ慣れていないうちにフリーにすると、
さんちゃんが2階に隠れてしまう可能性があるので
しばらくはケージ生活だろうなぁと思います。

少しでも暇つぶしになるようにとケージに小さなおもちゃを入れてみる。

あみっこ 
あみっこはワインのコルク栓やペットボトルの蓋で30分遊べる子じゃないの。

 さんちゃん3 
おもちゃを買ってもらえたのが嬉しくて
ポンポンの綿を出し、破壊しまくるあみっこ。 

さんちゃん5 
あみっこの喜びに巻き込まれて一緒に遊ぶさんちゃん。

預かり始めのこの一週間、明るいあみに助けられました。
人間はまだまだ怖い様子だけれど、
嬉しいことに今日は差し出した手を舐めてくれたさんちゃんです。
どうぞさんちゃんをよろしくお願いいたします。

さんちゃんを含む黒猫男子兄弟の里親様募集ページ、よかったらご覧ください

| ミルクボランティア | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あみっこのお正月

昨年の12月中にアニパルからお預かりしている子猫は里親様が決まり、

あみちゃん3 
子猫国はあみちゃんの一人天下となった。

女の子で比較的落ち着いている猫というものの
そこは子猫なので、大人猫のなかに交わればはじけっぷりは際立ち、
まさに一人天下、やりたい放題と言ってもよろしいでしょう。

人間には「あみっこ」と呼ばれるようになり
「こら、あみっこ 」と時に叱られ、
「あみっこ、ちょー可愛い」と時に人間のでれでれを誘発するという
日々を過ごしております。

あみちゃん4 
お正月はテレビに目覚め、テレビ三昧。

  あみちゃん2  

  あみちゃん5
「さわやか自然百景」のような自然を感じさせる番組がお気に入りのようです。
お正月は九州の山を歩く時任三郎さんを叩いていました。叩いちゃだめよぅ。

あみちゃん6 
玉ちゃんやパッカといることが多く

  あみちゃん3 
女の子なので開いたあんよをおばさんにそっと閉じられることもあります。

あみっこは水を怖がらない。
成長過程で変わってくるのかもしれないけれど
水がジャージャー流れているところにもぐいぐい入ってきて
一度お風呂も一緒に入り、お風呂のふたの上に座って見学していました。

我が家では水が怖い子ばかりなので、
水大丈夫 の子もけっこういるのかもしれないけれど
濡れてもまったく気にしない子を見るとびっくりしてしまいます

体調も安定して元気に過ごすあみっこ、
今月中にあるお宅にトライアルに行くことが決まっています。

先住の猫さんもいるお宅なので
トライアルをしてみなければわからないところもありますが
うまくいくことを願って送り出すのみです

あみっこ縮小 
トライアルの前にひと仕事してくれているあみっこ。
暗くて見えにくいですが、奥は先週金曜日から預かっている黒猫君です。
黒猫君の紹介や、お友達先生としてがんばるあみっこの様子は次回にします

| ミルクボランティア | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT