| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京満喫の旅

まずはお知らせです。

先日から里親募集をしていたラフィ君、
トライアルが決まり、一旦募集停止になりました。

成猫なので人・環境に馴れるには少しばかり時間がかかるかもしれませんが、
トライアル、うまく運ぶといいなぁと願っています。

サイトを見てくださった皆様、ありがとうございました

*******
ショマは今日から施設の旅行に出かけました。

旅行前日の昨夜は、ショマも我が家に戻ってきました。
お土産リストなどを一緒に作成♪

昨日の夕方、仙台ではケーブル火災の影響で地下鉄が6時間ストップ。
時間的にショマが乗る地下鉄の1本か2本ほど後の地下鉄が止まったのだと予測。
交通機関の停止はいつでも起こりうるものだけれど
ショマが乗っている地下鉄がストップしていたら、
GPSを頼りに仙台市内をさまよって探して
旅行どころではなかったかも…とぞっとしたのであります。
円滑な交通機関の運行にどれだけ助けられているのかと実感した夜です。

話がそれました。
今回の旅行はその名も「東京ディズニーリゾート・浅草満喫3日間の旅」
旅行初日は東京ディズニーシー、2日目は東京ディズニーランド、
最終日3日目は浅草を楽しむという旅行日程です。

ディズニーリゾートは先日35周年を迎えたとニュースでも放送されていて
ディズニーリゾートの誕生日がスズの誕生日と一緒という
たぶん来年には忘れていそうな豆知識を得ました。

ショマが施設に入所して3回目の旅行、年1回数日の旅行てすが、
この旅行が「がんばって働くぞ」というショマの労働への
モチベーションのひとつになっています。
35周年に合わせてのイベントもあるでしょうし、
楽しい旅行になるのではと思っています。

ショーマ旅行 
今朝は朝7時に仙台駅集合。
朝早かったけれど、旅行に行く嬉しさで起きてからずっとご機嫌で
ご機嫌のまま出発していきました。

東京に住んでいるみゆこさんやべるこさんに会えるかな?と期待もしていましたが、
人が無数にいる東京砂漠で偶然会うことはたぶんなかろうと思うものです。
仙台だとたま~に偶然友達に会ったりすることもあるので
会えるだろうと思っちゃうのかしらん。
みゆこさん、べるこさん、偶然会ったらよろしくお願いします。

******
ディズニーランド20年以上行ってないし、ディズニーシーなど見たこともない。
ディズニーシーって存在するのかまだ信じられずにいる。
↑これを言うと周囲の人にけっこうびっくりされる。
今回の旅行も一瞬だけ同行しようかしら…と思ったけれど、
2泊3日となると、ゴンちゃんが寂しさで倒れてしまいそうなので断念。

朝の4時に散歩など、いつもと朝の様子が違っていたこともあり、
仙台駅に送ってきて帰宅という数時間のお留守番で
ゴンちゃんがおかしくなっておりました

ゴンちゃん1 
帰り道に桜の写真を撮り、
ゴンちゃんと再会の喜びをかわし、
仙台駅で買ってきた駅弁を朝ごはんにいただき、
ダサい毛布で猫たちとゴロゴロ。至福のとき。
ねずみちゃんに会えなくても犬猫がいるだけで結局満足だわ(笑)

| 自閉症関連 | 20:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショマ、20歳の夜

12月4日、ショマが誕生日を迎え、20歳・成人となりました。

20歳の誕生日には居酒屋でお酒で乾杯したいと
もう1年前、いやもっと早くから? の本人の強い希望がありましたので、
4日の夜はグループホームの利用をお休みして、
ショマ・父・母の3人でお祝いをしました。……スズよ、ごめん。

ショーマ20歳1 
20歳、大人になりました。ビールでかんぱーい

本当に生まれてはじめて口にするアルコールですので
ショマがどれくらい飲めるのかわからず…
アルコールに弱くて倒れられても困るし、
まずジョッキは無理だろと、瓶ビールにしました。

ショマはコップ一杯のビールに、
お店の方からのプレゼントのレゲエパンチを一杯に、
母の頼んだどぶろくのソーダ割りをすこーし飲んだくらい。
それだけ飲んだら顔が赤くなってきたので、あとはソフトドリンクに切り替え。

本人は全てお酒を飲んでいると思い込んでいて
後日グループホームのみんなに6杯飲んだと自慢していたそうな。いやいやいや

ショーマ20歳 
美味しいお料理に、お店の方も温かくお祝いしてくださって
私、ここまでを思い出して泣いちゃうかな~と思ったけれど、
20歳になったぞ ! と嬉しそうなショマを見たり、
ほぼソフトドリンクしか飲んでいないのに「お酒を飲んだ」という事実だけで
酔っ払いのような仕草をしてみせるショマが面白くて笑ってばかりでした。

夫は早くに父親を亡くしていて、父子で乾杯するのが夢だったけれど
自分のお父さんと叶えられなかった夢をショマが叶えてくれたと涙ぐんでました。

******
20歳になると障害年金の申請手続きや国民年金の免除申請もしなければならず
これが噂には聞いていたけれど、いやぁ大変なものですな…。

障害年金の申請に、ここまでの生育歴を添付するのですが
学生のときに学校が作ってくれた「個別の支援ファイル」を見ながら
時間があるときに作成。

好きなだけ詳しく書いてと言われれば、数十枚にもなりそう 

でも読む側の労力もありますし、あんまり長く書いてもどうだろう?と思い、
支援ファイルを見ながら、幼児期・小学部在籍時~中等部在籍時など
時期を区切って、当時できるようになったこと、できなかったこと、
今でも継続して支援が必要なところなどの記述を中心に作成していきました。

個別の支援ファイルを見ながらでしたので、
母子通園施設や保育所、特別支援学校在籍時のあの頃、あの時代と、
先生とその時期に必要な支援を話し合ったこと、
様々な困難もあったけれど、学校の先生たちが支えてくださったことなどを思い出して…
一人でショマを育ててきたのではないのだと改めて感じました。
それは支援ファイルに名前の出ていない人とのつながりにも言えることです。

夫、スズ、茨城のショマの祖母、青森の祖父母。
人間ではないけれど、私たちの生活に彩りと笑いを運んでくれた
竜太に小梅、真生をはじめとする動物たち。家族にも深い感謝を。

私がお相手の名前も存じあげない方との関わりの中でも
ショマが影響を受けている出会いというものが必ずやあるだろうと思います。
人は一人では生きられないとは言うものの、
障害のある人を育てているというわが身においては、
よりそのことを実感する出来事が多く、
またここまで育てることができたとことへの周囲への感謝を
忘れずにいなければと思っています。

 ゴンちゃん  
まあ…20歳になったからと言って劇的に変わったことはなく
お酒を飲めるようになったくらいなので、
ここからまた一歩一歩でございます

| 自閉症関連 | 19:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グループホーム入居

前回の更新が7月27日で、今日が8月6日。

その間およそ1週ちょっとで、巣立っていった猫ちゃんがいて、
新規でお預かりさせていただいた猫ちゃんがいて、
ちびちゃんず7 
我が家のキジトラーズ&薄荷も合わせて13匹もいるという状態なのですが、
今日は猫ちゃんの話題ではなく
ショマのグループホーム入居についてです。

*******
7月29日に用意した荷物をホームに運び込み、
8月1日の夜からショマのグループホームでの生活が始まりました。
ショマ1 
6畳ほどの部屋にクローゼット、エアコンがついた一人部屋です。
必要最低限の荷物を持っての入居。洋服も夏物だけ。
大量の荷物はまだ自分で整理できないと思うので
生活に慣れてきたら足していくつもりです。

果たして入居させるタイミングなのかどうかとても迷いました。
まだ20歳前ですし…。
では、30歳ならいいのか、40歳なら…60歳なら…?
ショマ60歳なら、母さん84歳  はタイミングとして遅いのがわかるくらいで
適期がいつなのかはもう全くわかんない状態(笑)

わかんない状態のなか、入所を決めるきっかけのひとつになったのは
勉強会などで聞いた「年齢を重ねるごとに変化を受け入れにくくなる」という話。

グループホームは現在通っている施設に近くて
通所までの時間が短くなるということも入所決定のポイント。
我が家から施設までは遠く、ショマはがんばって通っているのですが、
通勤時間が長くなればなるほど事故への不安も高くなります。
そして早朝に出かけ、夕方6時ごろに戻る現在の生活は
ショマは疲れたとは言わないけれど、
どうにも疲れがたまっているなぁと私たちにもわかるものでした。

ショマ本人はグループホーム入居の話が出た時点で、
入りたいな~行きたいな~という気持ちでいましたので、
チャレンジさせてみてもいいかな…くらいの心持ちで決めてしまいました
チャレンジしてみて難しかったら、
まだ時間があるんだもん、また考えればいいかと。
うちって何か決めるときいつもこんな感じだ

ショマ3 
朝食・夕食はホームで用意してくれるけれど
洗濯(洗う~干す~畳む~タンスにしまうまで)は
自分でできるようにしておいたほうがいいよね ということで
ホームで使う洗濯かごや物干しハンガーを使って
ショマの分だけの洗濯を自分で練習練習。

グループホームでしっかり暮らすんだとやる気に満ちていましたので
がんばって練習していました。

*******
そして、いよいよ入居の日である8月1日。
がんばるんだよ~と朝に告げると
「一人で生きていきますね」とにっこり。

グループホームについての説明会などで耳にするのか、
入居が決まってから、「お母さんはいなくなるんですよね~」みたいなことを
笑顔で言うことが多くなったのであります。
いずれはいなくなるけれど、まだこの世にいさせて

元気な独立宣言がありましたが
いやいやまだそこまでは望んでいないので、まず慣れてくれと(笑)

当面は、週末はこちらで過ごし、
月曜の夜から金曜の朝まではグループホームにいるというスタイルになります。

ホームに着いたかなという1日の夕方は
父も母もスズもみんなでやきもき。

けれども、今はラインという素晴らしい通信手段があり、
口頭でのやりとりではまだ 「???」 というところがあって
私たちに混乱をもたらすショマですが、
言葉が目に見えるラインでのやりとりはかなりスムーズ。
ホーム初日の様子を知ることができました。
ラインを考えてくれた方に賞賛を送りたい。賞賛だけで申し訳ないけれど。

ショマ2 

トンカツをいただいたことは絶対に伝えたい様子でした(笑) 
洗濯もなんとかできたんだ~とホッ

1日~4日までホームで過ごし、4日の夜こちらに戻ってきました。
朝起きる時間も、夕方ホームに戻る時間も
こちらにいるよりはずっと時間的に余裕があるようで
お風呂の掃除や、洗い物のお手伝いをしながら
余暇の時間はテレビを見ながらのんびり過ごしているようです。

ただ話をすることも好きな子で、
その日何があったか、明日は何をがんばるかを家族に言いたい子なので
すぐに伝えられない寂しさがあるのか、
こちらにかけてくる電話の回数が増えました。

パパが飲みに行っている間にも電話がかなりかかってきたようなので
電話はお母さんにと限定したほうがよさそうです。

すぐに話せる相手がいないのは彼には寂しいかも。
それでも向こうでスタッフさんとも仲良くしているとのことなので
週末にはたくさんの話を聞いてあげられればと思っています。

明日からはまたホームに戻っての生活。
始まったばかりでうまくいくのかどうかもこれからですが、
ショマの言うとおり、いつかくるその日を迎えるまでに
たくさんのことを経験し、学んでほしいと思います。

| 自閉症関連 | 11:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入学式を終えて

昨日、入学式を終え、スズも晴れて高校生になりました。

冷たい雨が降る一日。式典の間も屋根を強く打ちつける雨の音が響いていました。

午前中に式の練習をして、式は午後から。
うまくできるかしら…と心配そうでしたが、
みんなと一緒に姿勢を正し、前を向いて式に臨んでいました。

制服の採寸をしたのが2月。春休みの間に3㎝くらい身長が伸びたような…。
新入生なのに制服のズボンの裾が短いと母さんは厳粛な式典の間気になる。

入学式を終えて、教室でHRをして、そのまま寄宿舎へ。
担任の先生、寄宿舎の指導員の方たちとの顔合わせも終わりほっとした様子でした。

これから三年間の高校生活が始まります。

スズについてあれこれ思うところを残しておきたいと思います。
親ばか目線があるかと思いますが、大目に見ていただければと

********
スズは母親である私自身の幼い頃、年若い頃に似ているところがあって
人と人との関わりあいでどのように振る舞うのか
自分自身の身の置きどころに困難を感じたり、心が揺れる様子、
すべてがわかるとはもちろん言えないけれど、
彼の心の動きが伝わってくることが多々ありました。

小学校・中学校と支援学級で過ごし、
信頼できる仲間と少人数で過ごす時間を持ちながら、
より大きな集団である通級学級で適応できるよう段階も踏み、
同世代の仲間との関わりあいに恐怖感を覚えるという心に変化がみえました。
部活動に参加できたことが大きかったのかな。

いろいろなことを積極的にやってみようという気持ちも芽生え、
心の保ち方、切り替え方が中学校生活で大きく変わったように思っています。

*******
家での生活ではやっぱり動物との関わりあいが中心の生活で、
猫はもちろん、ゴンちゃんのこともとても可愛がっていました。
残念ながらコメシティのことは覚えていないそうです

ミルクボランティアをはじめ、
数匹ではありますがお外の猫を保護するという猫の活動に関しては
スズの存在は息子というよりは、志を同じくする仲間という感覚でおりました。

スズにとって可愛がってきた子猫との別れは非常に寂しいものであるようですが、
幸せになってほしいという思いをしっかり持ってくれているのがありがたいことでした。
手が足りないと思うときも、事故がないよう上手に面倒をみてくれました。

そして募金活動への協力。
ねこフェスタ 
3月の「ねこふぇすた」での募金活動です。
募金をなぜ必要しているのか伝えること、
人様のお金をお寄せいただくということへの感謝の気持ちを忘れずに
大きな声でお礼を伝えること、がんばってくれたと思います。

*******
寄宿舎への荷物の搬入を終えた日曜日、
夕食をともにした青森の祖父母に激励の言葉をかけられ、
高校で勉強をがんばって
将来ショマと二人で暮らせるだけのお金を稼ぎたいとスズは答えました。

青森の父も母もその言葉を聞いて涙ぐみ…。
そんな意思を持ってくれているのは本当に本当にありがたいことだけれど、
私たち親としてはそんなつもりはないんだよ、
ショマが生きていく環境を整えるのは
元気なうちに私たちが考えるべきことであって。
あなたはあなたのことを考えてほしいと私たちから伝えました。

ショマも夏からグループホームに入る予定で、
でもスズはたぶん反対しているのです。
はっきりとは言わないけれど、言葉の端々から感じるものがあり…
自分がかんばればと思っているのかな。

私たち親にも入り込めない兄弟二人の絆があり、
二人が仲良く育ったことを嬉しく思いながらも、
まだ幼さが残る子どもにここまで考えさせてしまうというのが、
うーん…複雑でもあり。うまく言えないけれど。

入学式に向かう車の中では
「僕がいなくても、ショマの面倒をちゃんと見てあげてね。」と言われた
そもそも私への信用がないのかしらん

*******
昨日の入学式では、町の教育長から来賓として挨拶がありました。
教育長はショマの支援学校小学部在籍時に校長先生をしていらした方です。
ショマの小学部の修学旅行に同行してくださり、
たくさんのお土産話を教えてくださいました。

子どもたちの登校・下校時には一人一人に丁寧に元気に声をかけてくださり、
保護者の尊敬と信頼を集めていた校長先生。退任のときはみんな泣いていました。

定年後に教育長となり、
スズが通うことになった高校の開設に尽力していると聞いていました。
スズの高校はまだ開校2年目。
まだできたばかりの学校ですが、
あの校長先生が熱意を傾けて開校の準備をしたのならよい学校なのではと思っている私。
昨日は子どもたちに声をかけてくれたあの頃と変わらず
ハリのある声を聞くことができて感激してしまいました。

さらに、入学した高校の現・校長先生も
ショマが支援学校で大変お世話になった先生で、
スズのことも小さいころから知っている先生です。

小さな縁が集まって道になる。

最近聞いた言葉を思い出していました。

私が出会った人、ショマが紡いできた縁も少しずつ集まり
そしてスズがこれから出会う人たちと紡ぐ縁もまた
彼が歩く足元を踏み固めてくれ、道になっていくのだと思います。

介護の勉強、食品製造の勉強、サービス業の勉強、学校で多くのことを学ぶことになります。
寄宿舎では自分で自分の身の周りを整える力が求められることと思います。
難しくて嫌だな、面倒だなと思うこともあるだろうけれど、
人との出会いと学びを大切にして、
振り返ったときによい3年間だったと思える日々にしてほしいと願っています。

| 自閉症関連 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入舎前の夜

仙台でも桜が少しずつ咲き始めました。

明日はスズの入学式

その前に、昨日寄宿舎に荷物を搬入しました。名前付けは終わったのだ

【名前付けを一歩二歩遅らせてくれる薄荷さん】
ぱっか 

日曜日の荷物搬入に合わせて、
先週土曜日に青森からおばあちゃん・おじいちゃんがやってきました。
入学式には出席できないけれど、スズが入る寄宿舎を見たかったものと思います。

定義山1 
土曜日の昼間はみんなで定義如来へ。新生活がうまくいくようお参り。

定義山 
おばあちゃんっ子のスズというか、スズ命のばあちゃんというか。

ビール園 
土曜の夜はサッポロビール園でジンギスカン♪
仙台在住の甥っ子も連れていき、大人数で盛り上がりました。
桜が咲いていればもっと気分華やか♪なところでしたが、
まだ一輪二輪がほころんでいただけ、残念。

日曜日、荷物搬入は午後からの予定だったので、
スズの学校のある町で荷物搬入の前にみんなでお昼ご飯。

スズの学校のある町は海の町で、とにかく食べ物が美味しい。
女川 
今まで、学校公開・オープンスクール・教育相談と出かけては
この町で食べてきたものの写真です。何を目的に行っているのか。
知らなかったこの町にも慣れてきて、
最後の方はスズとタオルを持って出かけて町の温泉に入るまでになったどん

日曜日も美味しい昼食をいだいて、荷物の搬入も完了 !
いざ入ってみたら足りないもの・余分なものもあるでしょうが、
まず暮らしてもらって、ですね

青森の父も母も寄宿舎の内部を見て、これからのスズの生活がイメージできたのか
安心して今日青森に戻りました。

今日は家での壮行会♪
スズの大好物のから揚げで夕食にします。

さーくん1 
搬入する荷物の中に入り込む左馬介さん。
荷物表の中に「ねこ」はもちろんないので、
左馬介の写真を入れた写真立てを持たせました。

さーくん 
「何もわかってないんだよね、ごめんね」とスズに謝られている左馬介さん。

昨日の夜、3時頃かな? 地震があり、
左馬介は2階で寝ているスズのところに走っていきました。

スズの手をゆるく噛んで起こしたようです。
自分も怖がりなのに、知らせに行ったのかな?
助けに来てくれても、さーくんはあまり役には立たないとスズは笑っていましたが

地震のときはほとんど役に立たないかも…ですが
いつもスズの心の支えで、一番の友達である左馬介。今晩は一緒に寝てほしいなぁ。

| 自閉症関連 | 18:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT