| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年度預かりちびちゃんず③

アニパルから3匹の子猫ちゃんをお預かりして2週間。

【黒サビちゃん ♀】 
黒サビちゃん③ 

【黒ちゃん ♂】
アニパル黒ちゃん 

【サビちびちゃん ♀】
ちびちゃん
環境にも人にも慣れて、元気に可愛らしく成長中です♪

この3匹に加えまして、先週の月曜日からもう3頭子猫をお預かりしています。

新たにお預かりした3匹ちゃんはアニパルからの依頼ではなく、
しっぽゆらゆら杜猫会に対してお預かりの依頼があった子たちです。

【キジ白ちゃん ♂】
キジ白ちゃん2 

【キジちゃん ♀】
キジちゃん 

【黒ちゃん ♂】
首輪黒ちゃん 
こちらの3匹ちゃん、本当は5月末にお預かりする予定でした。

依頼者さんのお宅にお母さん猫が子猫を連れて現れるようになった。
依頼者さんは子猫は里親募集をしてもいいようにと人慣れを進めてくださっていて、
子猫は容易に捕まりそうだと。

では子猫3匹捕まり次第我が家でお預かりしまーす♪という計画だったのですが、
お母さん猫と子猫は同時に捕獲して、お母さん猫を手術したほうがよいという
杜猫会の捕獲先輩からのアドバイス。

お母さん猫は子猫と離されると、気が立って捕獲が難しくなる場合が多いと。
なるほどそうなのか…と納得し、ひとまず子猫だけの捕獲・預かりは延期。
その後ほどなくして、杜猫会の捕獲先輩が
さっさとお母さん猫と子猫を同時に捕獲して
お母さん猫は避妊手術&リリース、子猫たちの健康チェックも終えてくれました。

我が家に移動してきたのは6月4日の夜。
捕獲先輩と私の予定をすり合わせて、お迎えが夜10時頃になってしまいました。
3匹を連れて帰宅すると、いつもと違う様子にゴンちゃんが大騒ぎだったわけですが
子猫3匹ちゃんは思ったより落ち着いていて、
白キジちゃんにいたっては着いてすぐにぐっすり寝るという…。
ゴンちゃんもとりあえず忘れて早く寝ろ寝ろ~と就寝。

*******
アニパルの3匹ちゃんと合流させてよいか翌日はケージに入れて様子見。
様子見とはいうものの、あっという間に子猫どうしは
ケージの外と内でちょっかいを出しあって遊んでいるわけです。
合流させても大丈夫そうだなぁと3日目から合流となりました。

6匹ちゃん 
久しぶりにいっぱい子猫がいる。
ここ数日、トイレの砂をさらって、飛び散った砂をほうきで掃いてばかりのような

みんな健康状態がよくて元気いっぱいに遊んでいます。
元気でいてくれるならうんこくらい何度でもしてくださいませ。

後からやってきた3匹ちゃんはお母さんのお乳で育ってきているので
体がむっちりもっちりしていて、パーンとかた太りしています。
依頼者さんのおかげで人慣れもばっちりですし、
健康状態が安定するまでお母さんのもとにいられた後の捕獲、
理想的に事が進んだのではないかなぁと思います。

里親様の目途もある程度ついているので、
これからもっと大きくしてお見合いという風になると思います。

黒ちゃんず 
黒ちゃんずは見分けがつけにくい
かつての大映ドラマのように取り違えがあったら大変なことなので、
杜猫・黒ちゃんは首輪をつけました。

白キジちゃん 

キジちゃん・白キジちゃん

キジちゃん&黒ちゃん 

DPP_0154_20180611191724723.jpg 
杜猫3匹ちゃん、白キジちゃん・黒ちゃんがオス、キジちゃんはメスだと思うのですが
最初性別がわかりにくくてですね、
お股の写真を撮って、杜猫メンバーの皆さんに判定を協力してもらったという。

アニパル3匹ちゃんは性別が確定しているので
性別判定のために、6匹それぞれのお股を見比べているうちになんだかわけわからなくなる状態。
お股の形状の夢を見そうだった。
ずっとそこだけ見てるとロールシャッハテストみたいだった。
たぶん性別間違いなしだと思うけれど、途中で性別が変わったらすみません

| ミルクボランティア | 19:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年度預かりちびちゃんず②

今年度最初の預かりちびちゃんがやってきて明日で1週間。

ほんとにほんとに何よりもありがたいことに
3匹ちゃんの健康状態が大変安定しています

きょうだい複数頭でお預かりすると、
きょうだいのうち何匹かは体調がよくでも、1匹~2匹は体調が悪かったり
また、最初は安定していても次々と体調が悪化する場合があったりします。

あの伝染するように体調が悪化していくときは
時間が経過してさらに状態が悪くなるのではと不安ばかり強くなりますし
排便の様子を見るのも、体重を計るのも怖いものです。

それが今回は3匹ともに体調安定で、便の状態が素晴らしいのです。
素晴らしくとも「うんち」は「うんち」なわけでありまして、
素晴らしいと連呼するのもどうかと思いますが
排出のあとをじーっと見ては「なんてよい状態なんだ」ってうっとり。

そんなわけで体重も安定して増え続けています。
子猫の腸の健康は健やかな成長に通ずる。
栄養をしっかり摂って体力をつけねばならない小さな子たちにとっては
お腹の調子がよいというのは大切なことだと実感しています。

ちびちゃん⑪ 
ケージから出てちょこちょこと探索するのも楽しくなってきたようです。

ちびちゃん⑬ 

ちびちゃん⑫  
ファッシャッとがんばってきた黒サビちゃんも
環境に慣れてきて探索を楽しんでいます。

ちびちゃん⑯ 
そして玉お兄さんにつかまる。

ちびちゃん⑮ 
そしてお世話するふりの玉お兄さんにご飯を食べられている

私が最も信頼する子育て支援員・薄荷は
まだ子猫たちとの距離は近くないけれど、まったく嫌がってはいないので
今年も子猫たちの心優しきお姉さんとして接してくれるものと思います。

きょうだいすべての子の健康状態が安定して
順調に推移していくことがあまりないので
ちょっと信じられないような気持ちでもあり…。
このまま順調にいって~と強く祈願しているところであります。

| ミルクボランティア | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年度預かりちびちゃんず①

先週5月26日、アニパル仙台で今年度初の譲渡会があり、
お手伝いにいってまいりました。

子猫は一匹の参加、成猫が4匹の参加で、成猫さん1匹のご縁がつながりました。
里親様が決まりにくいと言われる成猫のご縁がつながるのは
見ていてうれしいものです。

今年度もアニパル仙台では
月一回、多数の猫が参加しての譲渡会が開催されます。

譲渡会以外の日もアニパルにお問い合わせいただければ猫との面会が可能です。
猫との暮らしをお考えであれば
ぜひ譲渡会に足を運んでいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

********
例年であれば4月には子猫をお預かりしているのですが、
今年はアニパルに収容される子猫が少なく、お預かりの依頼がない状況でした。

それでもいつか依頼の電話がくると気持ちは緊張が続いていました。
ある日、アニパルから電話がきて急いで出ると
なぜかアニパルの職員さんから
子猫の預かりではなくカルカンの発注を依頼された…という夢を見るほどに。

28日月曜日、アニパルから電話があり、
カルカン発注ではなく、子猫お預かりの依頼でございました。

ちびちゃんず① 
黒猫1匹(♂)、サビ猫2匹(♀)の計3匹です。

 ちびちゃんず②  

ちびちゃんず④ 
我が家に到着してからの様子。
ちょっと顔が緊張していますね^^

ちびちゃんず⑩ 
黒ちゃんは男の子。
まだ自分に何が起きたかわからずぼーっとしている感じです。

ちびちゃんず⑤ 
黒が強めのサビちゃん。
この子はなかなか気が強く、きょうだいの先頭にたって
ファッ ! とか シャッ ! など声を出して空気砲を飛ばしています。
でもちゃんと抱っこされるので、
トイレ掃除のときなどお膝にのせておくと
空間にむかってファッシャッとがんばっていて、なんともいじらしいのであります。

ちびちゃんず⑨ 
この子はサビ猫らしいサビの女の子。
黒サビちゃんと区別するために、ちびちゃんと呼ぼうかな。
とても甘えん坊さんで、お世話のためにケージに近づくと
出してちょうだい、抱っこしてちょうだいと可愛い声で呼ばれます。
今はこの子が最も人にも環境にも慣れているかな。

ちびちゃんず⑧ 
  ちびちゃんず⑦ 
さいわいにして体調が安定していて
お預かりを始めた月曜日から今日までに少し大きくなりました。
それでもお母さんと離れて数日してから
お腹の調子がどーんと悪くなることがあるのでまだまだ安心できない状態ではあります。
久しぶりのお預かりなので、かなり緊張している私

お掃除のために毛布を取り除くと
特にちびちゃんは嫌がって鳴くんですよね。
お母さんが恋しいだろう幼い子たちです。

毎年毎年、同じことを言っている気がしますが、、、
お預かりする期間は長いものではないけれど
慈しみの気持ちをたくさん注いで、人間との信頼関係を作り、
心身ともによい状態で里親様のもとへ送り出したいと思っています。

社会化のための大切な時期にお預かりすることは責任も重いものですが、
子猫の成長とご縁のつながる瞬間にたくさんの喜びを受け取ることが多い
このボランティア活動にこうして携われることをありがたく思い、
今年もがんばろうと気持ちも新たにしているところです。

今年度もちびちゃんたちの健やかな成長を応援いただき、
見守っていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします

| ミルクボランティア | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽゆらゆら杜猫会

新年度になりましたので、このブログの登場人物紹介など更新しました。
プロフィールでスズの年が12歳くらいのままになっていました。
どんだけ時間が止まっていたのか

********
さて、新年度になり、
私が活動している「杜ねこ会」も少し体制が変わり、
名前も「しっぽゆらゆら杜猫会」として新たに活動をすることになりました。

人と猫の共生を目指して、
猫の適正飼養の推進・啓発、TNR活動の推進という活動目標は変わっていません。
今までは「杜ねこ会」として独自に活動を進めることが多かったのですが、
行政であるアニパル仙台と協力体制を構築しながら活動を進めていきます。

行政とボランティア団体だけが奮闘しても
増えていく猫の問題はなかなか解決につながりません。
行政・市民・ボランティア団体との三者協働を目指しているところです。

たとえば猫を捕まえてほしいと市民から行政に依頼がくる、
ボランティア団体も捕獲や手術に協力する。
初回はこのようにお手伝いをしながら、
捕獲や手術の手続きのノウハウを依頼者である市民にお伝えし、
次に同じようなことがあったときには市民主導で動いていただく。
このような形を作っていけたらなと。

これが理想的ではあってもなかなか大変なことではあるのですが^^; 
私個人の意見としては町内会主導で猫問題を考えていただけたらなぁと。
まだまだ理想の段階ですが、
人と猫が心地よく暮らしていけるよう、猫たちが施設に収容される数を少しでも減らせるよう
活動していきたいと思っています。

この場を借りて、「しっぽゆらゆら杜猫会」会員の募集も

捕獲ボランティアの数が足りないというのも私たちの悩みであります。
捕獲のための現場に行く、病院に行く、TNRの場合現場に猫を戻す。
これを捕獲ボランティア1名で行うとすごく時間がかかるんですね。
捕獲を中心として行っているボランティアさんは
自身の時間や生活を犠牲にして活動を行っていることが非常に多くて…。

「捕獲器の設置だけならできるよ」「病院搬送、近くの病院なら協力できるよ」
というように数名のボランティアで分担をして
仕事ができる仕組みの構築も目指しています。

もちろん捕獲は無理だけれど、イベント時に少し募金の手伝いができる、
チラシ配りなど広報活動ならできるなど、
ご自身でできる範囲でお手伝いいただけるだけでも助かります。

新規に一緒に活動できる会員を募集しておりますので
興味がおありのときは「しっぽゆらゆら杜猫会」まで
お問い合わせいただければと思います。
問い合わせをしていただいたから、もう~離さない、絶対会員! ということは
ありませんのでお気軽に(笑)

morinekokai☆gmail.com

しっぽゆらゆら杜猫会事務局 ☆→@ に代えてお問い合わせください。

まだまだ未熟な会ではありますが、応援のほどよろしくお願いいたします!

*******
先日、「しっぽゆらゆら杜猫会」に
猫の捕獲依頼があり、少しお手伝いをしました。

マンションに現れるようになった猫さんを捕獲して
できれば里親募集をしたいというマンション住民の方からの依頼です。

捕獲後に搬送する病院などの手続き
(↑杜猫の捕獲先輩がやってくれた)をして捕獲決行。
朝に現れることが多いという猫さんなので、
4月8日の朝5時過ぎに依頼者様と、捕獲器持参の捕獲先輩と待ち合わせをして
対象猫さんの通り道に捕獲器を設置しました。

1時間ちょっと待っていたのですが、待っている間には対象猫さん現れず。
捕獲器だけを置いて、一旦家に戻りました。

母K子が突然仙台にやってきたため、(←予定があるんだから突然やめろ !)
10時半ごろには出かけなければならず、その前に捕獲できたらいいなぁと思っていたら
9時ごろに依頼者さんから捕獲できました!と連絡が

現場に戻り、捕獲器からケージに移し替えて
翌日の手術まで我が家でお預かりです。

捕獲後、猫さんのお顔を見て…
ノルウェージャンフォレストキャットのような風貌とうかがっていたのですが
長毛の可愛い可愛い猫さんでした。
性別が毛がふさふさすぎてわからず…

ラフィ君3 
これは我が家に移動してきてすぐの写真です。
捕獲器に入るとどうしても興奮するので気が立っていたとは思うのですが、
それでもかなり穏やかな方。車で移動中もかなり落ち着いていたので驚きました。
ご飯とおトイレを置いて、ケージ周りを毛布で覆ってから私もちょっと外出。

ババスタグラム 
スズを寄宿舎に送っていきながら、母K子を伴い海の街でお昼ご飯。
本文と全然関係ない話題で、この写真いるのか ! という感じですが、
孫とインスタグラムの枠に収まる幸せそうなK子をご覧ください。
ババスタグラムと言ったら、K子は怒っておりました。

夜7時頃帰宅し、そっと猫ちゃんの様子を覗いてみるとご飯は全て食べていました。
翌日の手術に備えて夜8時には絶食に入りたいので、すぐにご飯にしました。
そのご飯もあっという間に全部食べました
威嚇することもなく、穏やかですぐに人馴れしそうと感じました。

夜は冷えるので湯たんぽを入れておきました。
寝る前にもう一度そっと様子を見ると湯たんぽの上にのっかって
静かに眠っていました。

検査が終わっていないので
我が家の猫と接触させるわけにはいかなかったのですが、
玉三郎や薄荷はちょっとおかしいなと思っていて、ドアの前に張り付いているわけです。

扉の奥にいる我が家のねこーずを見ると
何かがひとつ違っていて、タイミングがずれていたら
一生過酷な外の環境で過ごさなければいけなかったかもしれない、
愛姫や左馬介に至っては生まれていなかったかもしれないと思うわけです。
今日捕獲したこの猫ちゃんにも安心して暮らせる扉の奥の世界があってほしいと
湯たんぽに体を横たえている姿を見て切に思いました。

*****
翌日、依頼者様と待ち合わせて病院へ。
去勢手術と、里親募集をするために必要な処置を病院で終えました。

性別は雄、年齢は推定2~3歳。
体重は3㎏台ですが、本当なら5㎏はあってもよいとのこと。
外での暮らしにより栄養不良状態ではありますが、
幸い血液検査で重篤な疾患は認められなかったので、
これからしっかり食べて太ってくれるものと思います。

白血病ウイルス感染と猫エイズ感染もなしです
ノミ・ダニもついていなかったのですが、
お腹の駆虫を含めフロントラインを実施。ワクチンも接種済みです。

 ラフィ君6

これは手術前に我が家で撮った写真。
いや~ちょっと左馬介に似ているんですよね。可愛くてねぇ。
性格も穏やかで、1泊のお預かりですっかり魅了されてしまいました。
胸のところの毛が大きく抜け落ちているのですが、
皮膚疾患ではなく、毛玉になったところがボロッと剥がれたような感じです。
しっかり触れるようになってお手入れができるようになったら
もっと美しい子になると予想しています。

今回は依頼者さんが積極的に動いてくださって
手術後は依頼者さんがお預かりしています。
お預かり中の名前は「ラフィ君」に決まったそうです。
依頼者さんが立ち寄るようになったこの子を見て胸を痛めて
幸せになってほしいと願っての捕獲です。
捕獲~病院とご一緒させていただき、その想いを強く感じました。

ラフィ君4 
これは依頼者様宅に移動してからのラフィ君です。

ラフィ君の里親募集いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
里親募集には他のボランティア団体さんもかかわっており、
お申込みいただいた時点で、里親様決定の場合もあることご了承願います。

https://www.neko-jirushi.com/foster/100507/

詳細、申し込みについては上記のページでご確認願います。

以上長くなりましたが、よろしくお願いいたします<(_ _)>

| ミルクボランティア | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽゆらゆら写真展

今年も開催された「しっぽゆらゆら写真展」に行ってきました !

写真展5 

写真展1 
今年は2016年度に譲渡された猫たちの近況が中心となった展示です

~2016年度我が家でお預かりした可愛い子たち~
灰白ちゃんきょうだい1 
灰白ちゃんきょうだい2 
灰白ちゃんきょうだい3 

たぬちゃん1 

シャムちゃん 

かつらちゃん 

デコ白ちゃんず 
一部ですが掲載してみました。
2016年度はお預かりした子はそんなに多くない年でした。
けれど灰白ちゃんがいて、腫瘍の摘出をした子もいたりと
経験したことのない事態が多々あった年でした。

「1歳8か月になりました」「体重が●●㎏になりました」
「優しい男の子組に囲まれて女王様のように…」←たぬちゃんたら

ご家族でのお祝い事なのかな、パーティに混ざっている猫ちゃんの写真。
きょうだい一緒に譲渡となって、2匹で外を眺めている猫ちゃんの写真。
安心しきって眠っている写真。

本当の家族が見つかって、日常の一コマに馴染んでいて、
この子たちはかけがえのない存在になっているに違いなく
この写真展は私にとっても幸せを感じるもので胸がいっぱいになります。

 写真展2
我が家からアニパルに提供した写真。
職員さんがまとめてくれました。

灰白ちゃんの写真も何枚か提供させていだき、
よく目立つところに掲載していただきました。
何も言っていないのに、気遣いしてくれた職員さんありがとう。
私が気に入っている薄荷との一枚です。

写真展3 
写真展は夫の会社のそばで開催されているので
夫もちょこっと抜けてきて一緒に見ることができました。
灰白ちゃんの写真だけでもぐぐっとくるのに、
灰白ちゃんのきょうだいみんなの近況を知ることができ、涙ぐむおじさんとおばさん。
写真を見て今もちょっと泣いている(笑)

きょうだいのみんなが元気で愛されていて、
なんかね、感傷的になってしまいますが、
灰白ちゃんも喜んでくれているような気がするのですよ。

写真をお寄せいただいた皆様に感謝です。
写真展は現在アニパル仙台に場所をかえて開催中です。
お時間がありましたらぜひご覧ください♪

| ミルクボランティア | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT