| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

特別な時間を意識して

あっという間に年度末。
昨年と違って新入学生がいないので気持ち的にはのんびり。
けれど、あと1か月もすれば子猫がくるかなと、
それを想像して緊張したりという日々であります。

ぱっか&たまさぶろう2 
子猫がいないので家の中が静かではありますが、
若いふたりは元気いっぱい。
いつも一緒で、薄荷大好きな私は玉ちゃんにちょっと嫉妬。
玉ちゃんも可愛くて可愛くてしかたないので薄荷にも嫉妬。

ベタベタ仲間に入れてほしい気持ちですが、
薄荷のおかげてまだ幼い玉ちゃんの気持ちも満たされるようで
手がかからずありがたいなと思います。

というのも、ゴンちゃんに続いて愛姫が体調不良となってしまいました。

ぱっか&たまさぶろう 
私にとっていつまでも少女のようにスイートな存在のめーちゃんも10歳となり、
最近毛艶やがよくないな…目やにが増えたなと感じることも多くなりました。

先週、胃液を吐いてご飯が食べられなくなり病院を受診。
昨年より体重も減ってきていて、口内炎もできていたので様々検査をしました。
口内炎も歯の疾患からきているものではないような…という先生の診断。

生まれが生まれなもので
白血病ウイルスに対するワクチンは毎年接種しているのですが、
白血病感染も疑いのひとつということで再度検査しました。
感染の可能性を指摘されて血の気がひいちゃったけれど、
幸い白血病ウイルスの感染はありませんでした。
ほんとにほんとにほっっとしたよ~~。

もうひとつ疑われた膵炎も大丈夫で、腎臓の数値もクリア。
結局一時的に胃腸が荒れたと考えてよさそうなのですが、
口内炎があるので、減退している食欲が増してきて体調が落ち着いたら
もう少し口内炎の様子を病院で見ていただくことになりそうです。

めーなちゃん 
ダサい毛布に横たわる今日のめーちゃん。
やせたこともあり、具合が悪そうに見えますが
お薬を飲み、id缶を食べていて食欲は戻りつつあります。

ほかの猫と距離を置きたい愛姫はふだんから誰もいないところで
ひとりだけで抱っこしてもらったりするのが大好き。
つまり特別が好きな子なので(笑)
子猫がいる時期にも「めーちゃんだけの時間」をとるように心がけてきたつもり。
今回もid缶をひとりだけ別室で
おさじで食べさせてもらうというのが具合がわるい中でも嬉しそうで
ご飯を用意すると走って別室に向かっていました。

真生や左馬介は季節の変わり目に体調不良に陥ることが多くて
病院のお世話になることが多いのですが、
めーちゃんは今まで大きく体調を崩したことがなく
病院の先生も珍しいと驚いていらっしゃいました。

体調を崩すのはどんな動物でもあることだけれど
ゴンちゃんのこともあり、めーちゃんと続いて寂しくなってしまって。

高齢化が進みつつある我が家、
特にご高齢と思われるゴンちゃん・キジトラーズの体調や、気持ちの変化、
見落とさないようにしなければいけないと気を引き締めているところです。
それぞれの特別な時間をとるように意識してやっていこう

| 猫関連 | 17:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラー越しの優しさ

まおちゃん 
                雪の朝なのに雪だるまが黒っぽい

まおちゃん2 

********
ゴンちゃん① 
ゴンちゃん② 

ゴンちゃん③ 
ご近所の女の子たちの香りを満喫できたかしらん。
ゴンちゃんがまだまだ男子としての本能を炸裂させているとき…

玉ちゃん⑦ 
我が家の玉三郎は昨日可愛いプリ玉に別れを告げました。

玉ちゃん① 
「適切な時期に去勢手術を」は猫の適正飼養には必須といえども、
玉三郎のタマタマはフエルトで作ったように愛らしく、
タマタマの写真ばかり撮るなと夫に言われようとも

玉ちゃん② 
写真フォルダがフエルト玉写真で溢れていた近頃。

玉ちゃん⑨ 
アニパルからお預かりしたときはどこか弱々しげでもあったのですが、
大きく元気に心優しい男子に成長してくれたことが嬉しく
「頑張っておいで~」と病院へ送り出した昨日。

玉ちゃん⑧ 
術後着用のカラーには可愛らしい
「玉三郎頑張ったね」シールが貼ってありました

先日参加した動物行動学のセミナーで、
去勢手術などの手術後はカラーを着けたりと見た目に変化があり、
何より病院の匂いがついていることで、
先住猫が警戒し、関係が悪化することもあると教わりました。

帰宅後のご対面は慎重にするのがよいとのことで、
玉三郎にはしばらくキャリーに入っていてもらい、
左馬介や愛姫、薄荷と対面させました。
真生は何事にもたいして動じないので別に何もせずでしたが

ゴンちゃん④ 
先住猫とのご対面はスムーズに終わったものの
ゴン先生にはひと晩、不審侵入者扱いをされた玉三郎である。

帰宅後は麻酔の影響もあってか元気がなくて、
昨日まで学校が休みだったスズにも
「おタマだけでなく魂まで抜かれたみたい…」と心配されていました。
今日には食欲も戻ってきて少しずつ活発さが増してきました。

昨夜、元気がないなかでも
小さな黒ちゃんずに甘えられて、
カラー越しになんとか毛づくろいしてあげていた玉三郎。
その様子がいじらしくて…玉三郎の優しさが溢れているなぁと
たくさん写真を撮ってしまいました。

玉ちゃん④ 
玉ちゃん③ 

玉ちゃん⑥ 
玉ちゃん⑤ 
実際に見ていたときにはかなり心温まる場面だったのに
写真見てびっくりみたいな…

| 猫関連 | 16:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きを全身で表現する

 【少しでも近づきたくて】
 さーくん1

 【ぎゅっとしてほしくて】
 さーくん2

 【でも最近いつも訪れる別離のとき…左馬介の心境代弁】
 さーくん3

久しぶりの我が家猫。

上の写真は夏休み中のものですが、
週末だけ家に戻る生活が始まったスズに対して
左馬介は会うたびにこんな感じ

しかもこの全身で好きを表現するを
スズ在宅中の間、何度も何度も何度も繰り返しております。
私といるときは寝てばかり…足の先だけでも好きを表現してほしいわ

でもいいの。

 まお3 
 真生がいるから。 

 まお2
この写真、真生が家にやってきて10年目に入る今年6月に撮ったもの。

猫に対してはコワモテアウトレイジなところがある真生ですが、
抱っこ大好きべったべたな一面が愛らしいんですよ
というところをお伝えしたいと撮った一枚。

けれども私の肩から肌着がちらりしておりまして出しあぐねておりました。
数か月経て、おばちゃんの肌着は誰も気にしないのではないかと気づき、
今日公開に至る。

真生ちゃん、健康状態も安定して、充実の熟女時代を過ごしていると思われます。
少し遅くなりましたが10年目の真生もよろしくお願いいたします。

*******
茶色君の近況を少し。
兄弟のシャー太郎・シャー次郎は1㎏を超え、
シャー次郎は先日ひと足先に我が家を巣立っていきました。
そのことはまた後日^^

茶色君 
茶色君はいまだ400g台です。

茶色君2 
けれどもうんちの状態は安定してきて、毎日少しずつですが体重は増えています。
補助的に流動食のカロリーエースを飲ませていますが、
ふやかしたカリカリも自力でずいぶん食べられるようになってきました。

情緒、猫の場合も情緒というのか定かではないけれど、、
少し情緒面でも遅れがあるかなと感じていますが
まず体力をつけることを目標に育てていきたいと思います。

| 猫関連 | 17:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気がかりの解決

梅ちゃん 
我が家の玄関を可愛らしく彩ってくれた梅の花の見ごろもそろそろ終わり、
桜ほころぶ季節がまもなくやってきます。

今年の春は珍しくあれやこれや予定が入り、
例年よりずっと忙しく感じました。

ショマの入所の契約に、施設内で使うものの準備、
公共交通機関を使ってもう一度通所方法の確認。
ショマ名義の通帳も作りにいきました。

春からは私服になるのでやっぱりどうしても足りないや…と
私服やバッグに通所用の靴、卒業祝いの時計も買ってなかったと買い物。

免許の書き換えに、
細々と続けている在宅ワークの内容が春から少し変わるのでその研修と。

ああん、体がふたつ欲しいわぁなんて思ってみるものの、
私がもう一人増えても特に戦力にならず、
ありえないくらい部屋が散らかるだけのような気もするのです。結論、体はひとつでいい。

春休み 
忙しいと言いつつ、Sさん家族と我が家と総勢8名で卒業祝い焼肉会を開催したり、
ショマの同級生のお宅に招待いただき、美味しいお昼ご飯をご馳走になったり
楽しいこともたくさんありました^^

27日の日曜日が施設の入所式。
今日は気分一新で、ショマの髪の毛も短く整えたし、
あとは書類の最終確認をしたりすれば、
なんとか当日を迎えられそうです。

*******
そして、今冬ずっと気がかりだったことがあったのですが、
なんとか解決できたかなというところに今日たどり着きました。
前置き長く、ここからが本題(笑)

茶白君2 
庭のウッドデッキに使わなくなった犬用のキャリーを置いているのですが
そこで2月頃からお昼寝をするようになった茶白君。

覗いてびっくり。
陽射しのある昼間は少しは寒さがしのげるだろうけれど
冷え込みの厳しい夜間や早朝は寒かろうと
ダンボールで中を囲い、毛布を入れておきました。

丸々としていて餌場がどこか別にあるだろうこともだいたいの予想がつくのですが
安定的にご飯がもらえているかといえば
そうでもないこともなんとなく予想がつき…

我が家で冬の寒さをしのげればそれでいいというわけでもなく、
やはり保護しなきゃならんよなぁ…と。

兄さん&ミルク 
風貌や声の感じからいっておそらく兄さん一族の血を引いているのではないかと。
チャム 
Sさんに写真を見てもらったところ、
Sさんのご実家に里子にいった成長後のチャムにもそっくりだと。

幸い、夫が保護するなら早いほうがいいでしょうと言ってくれたので
(夫のものわかりが年々早くなってきて怖いくらい 笑)
3月からキャリーの中で餌付けをして馴らしてきました。

最初はシャーと言っていたのが
指を出すと匂いをクンクンと嗅いで、撫でさせてくれるように。
体を持ち上げることも可能ではあったのですが
持ち上げて歩く(つまりこれまでやってきた素手で保護)というのはどうしても怖い様子。

手術の段取りもつけておかねばと
今月30日に手術の仮予約も病院にお願いしました。

30日にはなんとか手術に連れていけるように、
アニパルに手術の旨を伝え、捕獲器を貸し出していただきました。

捕獲器の使い方はボランティアの勉強会で習っているものの
私はまだ捕獲器を使ったことがなく緊張緊張。
29日の夕方に庭に捕獲器を置くよう段取りを考えていたのですが、
失敗したらどうしようと。

さらに捕獲器というのは扉が閉まるときにものすんごい音がするんですね。
これがトラウマになっちゃう子もいるので…とアニパルの職員さんから聞き、
別の方法も提示していただきました。

【紐式ケージトラップ】
紐式トラップ 
ケージの扉に紐をつけて、
ご飯を食べに対象の猫がケージに入ったら、紐を引いて扉を閉じるという方法です。
これならそんなに驚かせることなく保護ができ、
その後この中で食事やトイレの世話もできますよ~とのこと。

この方法を試してみて駄目なら、捕獲器を仕掛けることに決めました。

残念ながら昨日の夜は警戒されて失敗。

今日の早朝再び現れたのを確認して
ご飯をケージの奥に置いて、
私は茶白君からの死角になるウッドデッキ正面にまわり、紐を持って潜んでおりました。

最初はキョロキョロと警戒していた茶白君でしたが、
かけてあるタオルの隙間から、ケージ内に入ってご飯を食べ出しているのが見えました。

ここで物音を立てたら逃げられると思ったときに新聞の配達員さんが次々と。
河●新報さんに、日●新聞さんお世話様です!
今朝は冷え込んだのでフードをすっぽりかぶっていた私。
新聞の配達にきたら、すっぽりフードをかぶったおばさんが
紐を握って庭に這いつくばっているのですから不審者通報されてもおかしくないわ
見逃してくれてありがとうございます。

配達員さんがきても夢中でご飯を食べている様子だったので
そのまま紐を引いて扉を閉じて保護しました。
扉が閉まった瞬間はやはり暴れたので
なんとか捕獲器を使わずに済んだのはよかったかなと思います。

茶白君1 
私のことはもう信じられないという様子でございます。グスン

夕方の今も、まだご飯も食べておらずトイレも使っていません。
しばらくは視界を布で遮って静かに過ごせるようにしておきたいと思います。

猫のことは好きみたいなんですね。
デッキに遊びに来ているときには真生がお気に入りで
真生を見てはお腹を見せてゴロンゴロンとアピールしていました。好みが渋いにゃ(笑)

茶白君3 
突然にお外で楽しむ自由を奪われて
怖い思いをさせてしまって本当に申し訳ないけれど
この子はきっと人馴れするし、事故の心配もない、雨風もしのげる、
家の中の生活も悪くないかなって感じてもらえるのではないかと。

ここまで大きくなっていれば
今後のことは焦らず考えていいと思うので
まずは手術を終えて、室内で暮らすという環境に慣れさせていきたいと思います。
茶白君(仮名)をよろしくお願いいたします

| 猫関連 | 17:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご飯食べにいきたい(おごりで)


まおスタンプ4 

まおスタンプ3 
真生撮影会。

まおスタンプ6 
できれば右手を突き出して顔も右上を向けたポーズをしてほしい! 

しかしそこは猫のうえに、真生なので思うようにはいかないのである。

最近ずっと真生撮影会をひとりでがんばっている。
まおスタンプ1 
というのも、このスタンプの猫が真生に似ていて
なんとかリアルスタンプを作りたいという願いのためである。

まおスタンプ5 
作ったところで
「ご飯食べにいきたい(おごりで)」という
図々しい文言なので夫にしか使えないという。
しかも家計一緒なので夫におごられても特には嬉しくないっていう。

| 猫関連 | 07:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT