| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ビューティアップセミナー

ブログも長らく続けていますが、
一向に記事が増える気配がないカテゴリー、それは美容カテゴリー。
今までの記事数、1って。燦然と輝くその「1」の話はムダ毛の話でした。

今回、数年ぶりに美容カテゴリーを使います

先月下旬、ショマの学校の小中学部PTA企画の
「ビューティアップセミナー」に参加してまいりました。

PTA企画というと、支援学校ということもあり
成年後見人制度の勉強会であったり、施設見学会であったり
子どもたちの将来に役立つ企画が中心となることが多いです。
が、今回は 【保護者にもリフレッシュの機会を!】 の
趣旨で開催されたビューティアップセミナー。
学部長さんたちのなんという企画力。ウットリ。

会場はショマの学校の視聴覚室。
資生堂の美容部員さんたちをお招きしてのセミナーです。
DPP_0097_20130218150003.jpg 
DPP_0102.jpg 
会場に到着すると、すでに参加者分のメイク道具が用意されていて
見ているだけでウキウキしてきます。まだ乙女だわ~。

当日はノーメイクか、薄いメイクで来てほしいという指示がありました。
集まったお母さんどうしで、「○○さんだよね?」 と本人確認。大事なことです。

今回は、きれいなベース作りの勉強と、
おてもやんにならないように、今風にチークを入れる勉強です。
時間がきて、大きめの鏡を自分の前に立ててセミナースタート!
この日はお天気がよくて、光が燦燦と降り注いで
鏡を前にすると、あっ○○がこんなことになってる! みたいな
乙女が口にできないような事態が曝け出されまして、
鏡を前にしているだけで気持ちが萎えてきてしまいます

けれども、美容部員さんの目を背けたくなる気持ちに負けず
まず鏡で自分の顔を見つめること! の言葉に励まされてがんばります。
それにしても、○○が○○なことになっていて…
明るい場所で見るというのは大切なことなんですね。はぁ…。

コットンに染み込ませた化粧水をゆっくり肌に馴染ませ、
続けて美容液、乳液も馴染ませていきます。
最初はみんなで遠慮がちに化粧品を使っていたのですが
美容部員さんたちの、今日はタダですから惜しまず使って! の言葉に後押しされ
だんだんと遠慮がなくなってまいります。タダ、なんという魔法の言葉。

最後にコットンでできる簡易パックを施し、
みんなで、いつもより肌がやわらかーい を実感しました。
普段、ショマをバス停に送るために化粧はするのですが
間に合わない、うぉぉぉぉぉぉーってな勢いでの化粧ですし、
化粧水が馴染んでいるのかどうかもわからない状態で
とりあえず眉を描くとこまで持ちこめれば人間らしくなる、くらいの気持ちなもので…
みんな私と同じ…ではないかもしれないけれど、
朝慌ただしく出かけるのはきっと同じ、
自分のためにはなかなか時間がとれないよね~とおっしゃる方もいて、
時間をかけてケアするというのは大事だよねウンウンとうなずきあいました。

肌の調子を整え、続けて下地を塗り塗り。
これがスグレものの下地らしく、このころには遠慮なくたっぷり使っていたもので
下地だけで白い、小梅太夫だ!の声も聞こえてきました。
笑ってはいられない、私も小梅太夫。チックショーー。
ちょっとつけすぎてしまった下地を無理やり馴染ませて小梅太夫解消に努めます。
タダでも適量を保つ。勉強になりました。

さらに、この時点でまだ未発売だったマキアージュのファンデーションを塗り、
新商品のチークを上手に今風に入れる勉強を。
チークを入れるとなんだかな…になることが今まで多かったのですが
適量が簡単に出るというチークで、顔色がよくなった! 気がしました。

これいいな~と思って、セミナーが終わった後にすぐに購入したのが
資生堂のファンデーションブラシ。
柔らかな質感のブラシで、きれいに伸びるぅ。
DPP_0163.jpg 
DPP_0160_20130218150134.jpg 
頬の上にファンデーションをおいて均等に伸ばせるし、
小鼻周りもきれいにカバーできるぅ。
気になるクマ・シミは最初にコンシーラーでカバーしておいて
さらに上からブラシでトントンと叩きながらファンデーションと馴染ませると。
卒業式前にはチークも買っちゃおうかなぁなんて考えています。

ですが、奥さん。
DPP_0169.jpg 
シミ?
DPP_0169_20130218145946.jpg 
と気になっても、
DPP_0172.jpg 
DPP_0177.jpg 
このブラシはフサフサして、猫の気を引く仕様にもなっており
猫にあてようとするとパンチをくらいますので、人間のみにしてください。

| 美容 | 15:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムダ毛って、ほんとムダだ。


昨日の「毛」についての話に引き続いて、ムダ毛について考えてみようかと
思います。美容カテゴリーを作ってみましたが、美容情報としては全く
役に立たないと思います。

「ゆほびか」という雑誌をご存知でしょうか?「安心」「壮快」などとジャンルは同じく健康雑誌。
「安心」を購入するのはまだ恥ずかしいわという若年層のターゲットを、
パステル調のイラストで飾った表紙で呼び寄せていると思われる雑誌です。

健康にはなんら気を配ることのない私も、「肌ピカのスッピン美人即効ケア」など
の美容系キャッチコピーには心惹かれるものがあり、コソコソ購入してしまいます。
ムダ毛ケアの特集が組まれることも多く、ムダ毛撲滅に効果があるという
「豆乳ローション」「パイナップル豆乳ローション」、両方私は作りました。
豆乳を煮立て、パイナップルを絞り、作りましたとも!  塗りましたとも!

このブツ、豆乳から作られるだけあって、あまり日持ちがいたしません。
そこで「ゆほびか」が次なる一手として繰り出してきたのが、
高野豆腐を水で湿らせスポンジにし、直接肌をゴーシゴシするという力技でした。

高野豆腐ゴシゴシによって、大豆に含まれるイソフラボンが肌に直接作用して、
ムダ毛にグッバイということらしく、えぇ、すぐやってみましたとも!
しかし、こすった後にカスが出る。そこで、私なりの工夫ですよ。
ゴミ箱に脚をのっけてゴシゴーシすることにしました。

会社から戻ってきた家の者を、ゴミ箱の上に脚を載せたまま明るく出迎える妻。
あぁ、気を遣うことのない家族って素晴らしい!!
そう思っていたのに、数日後、私のもとに家人がネットで注文した
家庭用レーザー脱毛器なるものが届きました。

ゴミ箱の上で、高野豆腐を持って優しく微笑む妻をいとおしく思ったのか、
情けなく思ったのか定かではありませんが、
そんなことするならこれを使ってくれという思いは確かに感じ取りました。

レーザーっていうのは黒い色に反応するらしく、その性質を利用した商品のようです。
そして脱毛だけでなく、顔のシミにも使えるという夢のような文明の利器なのです。

早速、使い方ビデオを見る。数人の女性が座談会形式でいかにレーザー脱毛器が
素晴らしいかを説いています。

「このレーザーを顔にも当てていたら、ある日洗顔していた時、目の横のシミが
 ポロッと落ちたんですよぅぅ。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・う、嘘くさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

脱毛前には、剃刀できれいにムダ毛を剃らなければならないらしく、
きれいにそりそりしてやってみました。
レーザーが黒い色素に反応するとチクッとくるというのですが、あまり痛みもない。
効果があるんだかないんだか分からないうちに、
2~3日前に剃った毛がすでに、こんにちわしているね!! のくり返しで1ヶ月あまりが過ぎました。
毛がないのは、レーザーの効果によるものか、剃刀によるものか全くわからない。
けれど私は断言いたしましょう。

『絶対に剃刀でそりそりしている結果です。』

後で調べたら、家庭で使用できるようなレーザーは弱いレベルで、あんまり
効果は望めないのだそうです。根気よく続ければ違うのかもしれませんけど、
元来飽きっぽいので、もう飽きてしまいました。
この脱毛器、テレビにつないで画面でお肌を見ることができ、ショマが嬉しそうに
母の肌を鑑賞していたので、意味不明のコミュニケーションの時間にはなりました。

| 美容 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |