2006年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

掃除&ひげエステ


昨夜、家の者が犬猫用の「水なしお手入れセット」なるものを
会社の後輩の方から頂いて帰ってきました。
454ad8b8.jpg

『水を使わずにブラッシングするだけで、簡単にペットのからだを清潔にできる
お手入れ用品です。』と箱に書いてあります。

後輩の方は何かの景品でもらったと言ったらしいのですが、
景品=パチンコしか発想のない私。
後輩の方はペットを飼っていない、わざわざパチンコの景品として
この商品をゲットするとは考えにくい。
これが1個というならホームセンターなどのくじで当たった可能性も考慮できるでしょう。


なぜに、なぜに、8個も(((( ;゚Д゚)))!!!


も、もしかして家の者は、スーツが毛だらけだと噂になっているのではあるまいか?
そこで後輩の方が、有志をつのって「犬の毛撲滅キャンペーン」を銘打って、
私たちに「水なしお手入れセット」を提供してくれたのでは・・・!?
様々な疑念の渦巻く夜。私ったら疑心暗鬼になってしまって良くないわ。
でも、とりあえず部屋は掃除しとけというわけで、
今日は朝から「犬の毛撲滅デー」として頑張ってみました。

1時まで部屋の掃除。その後、竜と小梅を連れて散歩。
散歩後にお手入れセットを使ってみました。
突起のついたブラッシングシートにスプレーをかけて、
被毛が濡れるようにブラッシングするようです。

ブラッシングの時の静電気が抑えられるというのはいいかも~。
小梅は空気が乾燥しきっていると静電気を恐れて、あまり近寄ってきません。
竜は静電気何するものぞでボディアタックをぶちかましてきますが、
私としてもバチバチくるのは怖いので、奴の愛を受け止めきれず困っていたところです。

ブラッシングの後は、口元のヒゲをきれいに切って完了。
いつもシャンプーの時しかヒゲは切らないのだけど、やっぱりヒゲを切ると顔周り
がすっきりするなぁ。これからはお風呂の時以外でも切ってあげよう。。

特に小梅は女の子だからね。母さんもね、実は外出前は鏡を明るいところに持って
いっておヒゲチェックしているよ。
気取ってカフェオレ飲んで、ヒゲについていたらもう生きていかれないもの。

7fa78e35.jpg
81d67c43.jpg

エステ後、左が竜で、右が小梅です。

| 犬関連 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石頭をコツコツしてみる

つづき

気功というと、気を当てられた途端にふっ飛ばされるのかしらというイメージが
出来上がっていたのですが、ショマの体の上で手をチョイチョイとやるだけのもので、
こちらとしては拍子抜け。
2歳児がふっ飛ばされるのを望んでいたわけではないのですが、
東京までやってきたので多少の派手な動きを願っていたのもまた事実。

ただ、帰るときに、靴を履くということを嫌がって、いつでも裸足で歩きだしていたショマが
自分から靴を履いたことには驚かされました。
ホテルまでの道すがら、母と私は気功を信じるかどうかで、
たったふたりで話題騒然、話題沸騰でした。

その中でも、一番盛り上がったのは

「ちょ、ちょ、おかやん、先生、宮史郎さ、ふとじでねがったぁ?」
(*ちょっとお母さん、先生ったら宮史郎に似ていたと思いませんか?)

「んだっきゃねぇ。私も宮史郎さ、にでると思ったっきゃ、もうおがぁしぃくて、
 おがぁしぃくて。」
(*そうよね。私も宮史郎に似ていると思ったらおかしくておかしくて。)

という部分でした。さすが親子。
あまたいる人類の中で、お互いに宮史郎という一番星を見つけだすとは!!
しかも、そこは信じる信じないとは関係ないし!! 

その後、2日間医院に通い、私たちは仙台に戻ることに。
その際先生は、気を飛ばすので、これからは仙台にいながらでも治療が出来ると
驚くべきことをいうではあーりませんか。これにはさすがに・・・どうしたものかと。
仙台から先生に電話一本、受付完了、気を届けてもらいますということらしく。
そんなピザじゃないんですから。

仙台に戻り、夫にも相談したところ、そんな話が信じられるかいなという反応。
そうだよね、そうなんだけど、気功に詳しい知人が言うことには、
気と距離は関係ないのだそうです。もともと紹介してくれた方も、
お子さんが自閉症ではないのですが、脳の病気を患い、病院の先生からは、
もうここで治療してくれという形で気功の先生を紹介されたとか。
さんざん迷った挙句、気の済むまで続けてみることにしました。

そして2年ほどでやめてしまいました。
なぜなら、気が済む前にお金が続かなくなったからです。
治療の間、おおっと思うことはたくさんありました。
そのうち、お母さんのことを振り返って見て歩くようになるよと宣言されて
間もなくその通りになったり、今日鼻血が出るよと言われると、本当にブーしたりなどなど。
気を続けているうちは確かに体調面がとても良かったと思います。

ただ、自閉症ということになると
<気功を受けているショマ>と<気功を受けていないショマ>の比較が出来ないわけです。
たとえは悪いですけど、待合で出会った方のように、今日は脚が少しあがるようになったなど
明らかに目に見える形での効果がもっとあれば、
金銭面で無理があっても続けていたかもしれません。
その頃には、保育所の先生たちが熱心にかかわってくれたこともあり、
もういいかな、お金ないし、、、ということになりました。

今、自閉症を治す!という視点で、詳細な説明は割愛しますがキレーション療法や
三角頭蓋の手術などが行われているようです。
それこそ、やってみたいなぁという気持ちが全くないとはいえませんが、
行った結果の比較が出来ないという点では気功と一緒なのかなぁと。

気功を受けたのはずいぶん前ですが、ショマの相変わらずかったーい石頭を
時々コツコツしてみては、この頭に数十万かかってんだよなぁと感慨にふける母なのでした。

| 自閉症関連 | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮気功師


こんな夢を見た。
藤岡琢也は「渡る世間は鬼ばかり」をそろそろ交替するのではなかろうか、と。

昨日のニュースで本当に藤岡さんが病気で「渡鬼」を降板すると知って、
予知夢を見てしまったとひとり慌ててしまいました。
でも、この夢、世界を救うという内容ではないようです。
私が藤岡さんに近い人間、たとえば石井ふく子であったなら、体には気をつけた方が・・と
忠告もできるでしょうが。
「渡鬼」のHPに、やっぱりね!!とメールを送ったところで、
こんな後出しジャンケンの話を誰が信じてくれましょうや。預言者になるのも難しいんですね。
藤岡さんの回復を願いたいと思います。

なぜ、こんなスピリチュアルな話をしているのかというと、「気功パワーの正体」
という番組を昨夜見たからであります。

ショマは幼い頃、気功を受けたことがあります。
知人の紹介で断りきれず、と怪しい奴と思われないための理由はいろいろ用意がありますが、
当時はすがれるものにはすがらせてもらいやす、という気持ちが強かったのでしょう。

場所は東京、私の母にも付きあってもらい上京しました。
待合室では、脚の悪い方がいらっしゃって、いかに気功が素晴らしいかという
説明をしてくれました。その方が治療後にシャキシャキ歩いて帰ったのには
度肝を抜かれました。一瞬、医院のサクラではなかろうかとも思いました。

そして先生に面会。に、似ている。ピンカラ兄弟の宮史郎に!
まず、先生はショマの頭の固さに注目したようです。
こういう子どもは本当に頭が固いんですよ、と。
確かにショマは下手に手を出したらこちらが骨折するであろうというほどの石頭、ムムム。
治療を続けることで頭を柔らかくしていきましょうということになりました。

                                  つづく
8579cbb7.jpg

気功のイメージ。気を当てている方は、「少年よ、大志を抱け」の
クラーク博士であります。

| 自閉症関連 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーレクインロマンス


3468026c.jpg

朝、庭を見に行ったらメキシコ万年草が小さな芽を出していました。
スズの保育所ではヒヤシンスが咲き、春はもうすぐそこだと感じる朝になりました。

犬たちの世界ではとっくに春が来ているのか、換毛期に突入し、
掃除機かけているハズなのに、いつなんどきでも部屋の隅には抜け毛が渦巻き、
洋服にもくっついてきます。
犬の毛が洋服にびっしりついていると、途端に貧乏くささ倍増になるのは、
セーターに毛玉がつくとみすぼらしくなるのと同じ原理でしょうか。

小梅も恋の季節、発情が春風にのって訪れました。
大型犬を飼っている知人から、ヒートの時期は家中汚されるぞ、覚悟せい!と
脅しをかけられていたのですが、小梅は出血量がさほどでもなく、って生々しいですね。
そのかわり初日、2日目とイライラがすごくって、なんで私がこんなに
ビクビクしなきゃならんのというくらいイライラしていて、もう怖くて怖くて・・。

うろ覚えなんですが、ヒートの時期の最初は攻撃的になり、
次の段階で男子を誘い、コトが済むとまた攻撃的になると何かで読んだような。
今日でだいたい、5日目。そういえば今日の小梅様はどことなく艶っぽい。
しどけないポーズをとってみたり。小梅もコムスメから艶女になったということか。
そんな恋の駆け引きをどこで学習したんだい?

今日は片付けなければならない仕事があり、終日PCに張り付いていた私。
その背後で竜と小梅が、擬音で表現するならば、
ドッタンバッタン、ハァハァ、カクカクカクカク・・・という感じで騒いでいて全く集中できない。
気の強い女主人公が時に弱さを見せ、今まで反発していた
たくましい男に体を預け、そしてまた大喧嘩になりというハーレクインロマンスな展開を
背後でずっと繰り広げていた模様。

来週まで続くのか。昼間っから。しかも竜は去勢しているのに、
当事者たちは何の疑問も抱くことなくラブアフェアーを繰り広げているのが、
母さんには不思議でならねぇっす。

| 犬関連 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Make a positive


ショマの病院に行ってきました。
夏休みなどの長期休暇中はショマも伴って行くのですが、
普段は私一人だけが赴いてアドバイスを受ける形になっています。
とにかく混みあっているので予約時間に診療がはじまることはまずない。
本を読みながらのんびり待つことに。

今日は「走れ、ヒョンジン!」という本。韓国映画「マラソン」の原作で、
訳者が蓮池薫さんということでも話題になりました。
自閉症の息子ヒョンジンをマラソンランナー、
さらにトライアスロン選手にまで育て上げた母の手記です。

 >子どものために、わが身を激しく燃焼させる母の 強さと弱さ、喜びと悲しみ、
  愛と憎しみ、執念とその裏に隠された涙は、この世の親たちの胸を打つこと
  でしょう。

本の帯には、このような蓮池さんからの推薦のお言葉が!  
いや、胸を打つのはわかっているのですがね、
同時にアタシってこんなことでいいのかしらと胸が苦しくなることもわかっていたので、
買っておきながら今まで放置していた本です。
この間、たまたま「マラソン」のDVDの宣伝を見て不覚にも号泣してしまったので
やっと読もうという気になりました。

・・・ヒョンジンのお母様すごすぎる。私にはない情熱、息子に勝る母の鉄人っぷりに驚愕。
ブルブル。はぁぁぁ、と落ち込みかけていたとき、
私の前列の椅子にかわいい男の子がお母さんと座りました。
年の頃はショマより少し小さいくらい、
写真カードを使ってお母さんが次の予定を伝えていたので自閉症の子のようです。

とても落ち着いて座っていたのですが、その後ちょっとしたことで
(その子にとっては些細なことではないと思います)パニックになってしまいました。
ど、どうしよう。お母さんは周りの人の迷惑になっていないか気にしている様子。
ここでパタンと本を閉じたらお母さんを傷つけてしまうかもしれないし。
私たちにもよくあることですと声がけするわけにもいかないし。
結局、本に目を落としたまま石のように固まっていました。
自閉症者に理解が足りない社会などと言われているけれど、
こうして自分もパニック状態に陥っている母子を目前にしても何もできないんだもんなー。
また落ち込む。

結局11時の予約だったのが、名前を呼ばれたのは1時近くになってから。
診察室に入ると、先生が椅子にだらーんとなって、
岩に張り付いたワカメみたいになって座っていました。
もともと、やる気! 元気! などを感じない先生なのですが
いつもにましてお疲れの様子。もう今日のお昼ご飯のことしか考えてないな。。

さくさく要件を伝える。よくできていたお手伝いが最近できなくなっていること。
先生からはできていたことが崩れてきているなら、
正しい行動をした時にはとにかく褒めよ、とのアドバイス。
そういえば、お手伝いはもう当然やってくれるものとして褒めていなかったかも。
肥料不足だったか。
先生と話したのは5分くらいだったけれど、
褒め褒めアドバイスをもらっただけでもよしとしよう。

帰り際、先生から「褒めるのは難しいと思うけど、Make a positive でね。」
とのお言葉が。うん、先生も次逢うときは Make a positive でね。
予約時間がまたお昼どきだから無理かもしれないけど、2ヶ月後にお逢いいたしましょう。

| 自閉症関連 | 16:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

徹の呪い


雲間草というお花を買いました。
25260323.jpg

以前庭にも植えていたのですが、這性ローズマリーに生育場所を奪われ、
順調に増えていたのに駆逐されてしまったようです。新たに398円で購入してきました。
安価で入手できますが、その名のとおり雲のようにこんもりとした葉の中から
花がピョコピョコ飛び出している姿は本当に愛らしいです。

可愛いお花を紹介するなんて、私が当初目指していたお洒落ブログみたいです。
ですが、今日の本題は植物つながりで1月の日記に書いた、いもインテリアの続きです。

前回は1ヶ月位たったら、オシャレになるかもと締めくくったわけなのですが、
オシャレうんぬんというより最近の彼は元気がなくなってきてしまいました。
06e59ea4.jpg

これが先週の姿。古い映画ですが、「ねらわれた学園」の峰岸徹風にしてみました。
先週の段階ではまだ葉にも勢いがあり、色ツヤもよく元気でした。

a991675f.jpg

これが今日。南国のダンサー風に飾ってみました。
最初に出ていた葉が黄変して落ちてしまうんですよね。
それは新旧交代かと思っていたんですが、新芽もポロリと落ちてしまうようになって。
おイモ自体に力がなくなってきたのかな。
それともメネデールの入れすぎで、肥料過多に陥ったのかしらん。

もう少し頑張って育てようと思いますが、来月はもう日記には登場しないかも。
徹の格好なんかさせたのが、そもそもいけないのかしら。呪いかしら。

| 植物 | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペコリナイト de ダンシング


昨日はショマの養護学校で行われた授業参観に出かけてきました。
保護者が参加しやすいようにと、木・金の二日間にわけてやってくれるのは
ありがたいのですが、午前参観→全体会、昼食を挟み個人面談と一日がかりなので
朝小ジワに叩きこんだファンデが、帰る頃にははがれて別人風味になってしまいます。

木曜の夜に「お母さん、明日もがんばるからね!!」
とショマが高らかに宣言してくれたので、楽しみにして出かけました。
先生から明日もがんばろうと言われての発言だったとは思うのですが、
頑張ると言われて悪い気はいたしません。

学校に到着すると、「おかあさん来たっ!」って感じで目をキラキラさせてくれ、
普段母のことをそこまで愛してくれている様子はないのに、これはどうしたことか。
これまた嬉しいもので、参観日は母子愛確認の場でもあるわけだなと思ったり。

昨日は、低学年のお友達みんなで、ペコリナイトを踊って見せてくれました。
ちょっとした衣装もつけるので、コスプレ好きのショマは楽しそうです。
お母さんもポンポンを持って踊ってくださいと言われ、簡単にダンスの内容を先生から教えてもらう。
これなら、アタシにもノリノリで踊れそう。
清楚な格好をしたお母さんがいらっしゃって、ちょっと恥ずかしそうに
踊っているのも可愛らしく、子どもよりそちらを凝視してしまいました。

全体会ではぐっすり眠ってしまい、大人としてどうなんでしょう。
絶対にすぐ横にいた教頭先生にばれていたに違いない。仕事が立てこんでいて
疲れていたものですから、、、目力で訴えておく。

午後は個人面談。一年のまとめとして、できるようになったこと、
これからの課題を先生と話し合う。1、2年と受け持ってくれた担任の先生が、おおらかな方で、
ショマも安心して過ごすことができるようで、この2年でずいぶん伸びたように思う。
先生からは、「オウム返し」がかなり減り、積極的に会話ができるようになったことを
褒めていただき、近頃母も感じていたことだったので、

「先生、そうなんですっっ、会話ができるんですっ。」

と思わず力が入ってしまいました。
一生しゃべることはないのだろうかと不安に思っていた幼児期、
「ママ」と呼んでくれることもないべな~と想像していたのが、
簡単に会話(ポンポンとは続きませんが)ができるようになるとは!!
保育所、養護学校、放課後ケアと指導者や周囲の方に恵まれた故の変化だと思います。
これまで、ショマのために熱心にかかわってくれた方に心から感謝しつつ帰宅の途につきました。
「面談が終わったらミニストップに母と行く」と
なぜか先生と約束したらしく、ミニストップを探しながら・・・。
先生、ミニストッブ数少ないよ、約束するならサンクスにしてください。

17631a1d.jpg

冬季オリンピックにちなんだコスプレを、とショマと2人でやってみました。
あらあら、スピードスケーターというよりはぁ、エミネム? エネミム? 
みたいではありませんか。グラサンはスズが保育所でもらったものです。

| 自閉症関連 | 18:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

涙雨


昨日までの暖かさはどこへやら、
仙台は朝からみぞれのような雪の降る朝となりました。
雪は好きな犬たちも、冷たい雨はイヤンイヤンでどんよりムード。

これは日本での唯一のCMが契約終了になったというニュースを知らされた金城ファンの涙雨? 
このJAAのCMは仙台では放映されておらず、私はテレビ画面上で見たことはないのですが、
ボルヴィックCM契約終了、鬼武者キャラ変更と
こんなニュースが多くって、ファンとしては寂しいかぎりじゃござんせんか(´;ω;`)ウゥゥ

思えば、横撮りケータイ501のCMが放映されたとき、仙台の地下鉄通路が
金城ポスターで埋め尽くされると聞いて見にいったっけなぁ。
もうねぇ、でっかい柱に武、武、また武。ナニココハ、天国?
一緒に行ってくれたファンでもなんでもない友が、内気な私に代わって駅員さんに

「掲示が終わったら、このポスターいただけませんか?」

と尋ねてくれました。友よ、あなたが内気でない猛者であることを心から誇りに思う。
んだども、駅員さんは駄目っ×と、つれなく、、、。

「問い合わせ多いんだけどねぇ、あなただけ特別扱いはできないからっ」

GO、Go猛者っ、そこでもっとプッシュだっと頼むのも申し訳なく、
ヘタレな私はパラダイスを携帯カメラで写真を撮って帰ることに。
その携帯は後に私が寝ている間に竜に破壊されてしまいましたとさ。

大学時代の友人に、流行に敏感な子がいて、まだ私が金城迷ではなかった頃に
「今注目の若手スター☆日台ハーフの金城武君」
みたいなメッセージを添えて、武ポストカードを送ってきたことがあります。
たぶん、『恋する惑星』が香港で公開された頃かと思われ・・。
恋惑がスタイリッシュとか言われてたので、送付してきたのでしょうが、
本人はそんなことすっかり忘れてるっぺなぁ。忘れられないよう送り返したろか。

ぐちぐち書いてまいりましたが、新作映画『如果愛』の公開を東北の地で
ひっそり待ちたいと思います。えぇ、えぇ、私はそうやって生きてきたのですもの。
なにが起こるかわからない明日、鬼武者3までは生きていたい、LOVERS公開まで
は生きていたいと願って日々を過ごしてきたのですもの。
いやぁ、仕事から仕事までのスパンが長くって、ついついその頃生きてるかなって
想像しちゃうんです。どこも悪くないんですけど。

13a7726e.jpg

あっ、金城さん、こんなところに!! しばらく見ないうちに髪の毛が!!という事態
にならぬよう祈っています。VAIOのスクリーンセーパーに合わせて撮って
いるので体部分は金城武本人です。

| 趣味・嗜好・TKC | 18:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バレンタインな味


a50d0b61.jpg

なに、このまっくろくろすけは!? 
母がやっつけ仕事で作ったチョコレートケーキでございます。
どこがやっつけかと申しますと、中のクリームがガナッシュじゃなかったり、
シロップをスポンジに塗っていなかったりと、いろいろな面でやっつけております。

昨日はバレンタインというめんどクサーな行事があり、
節分直後から楽しみにしていたショマえもんのためにスーパーへ。
何にもナイナイ16ティーン、チョコがない。
板チョコだけが、88円でずらりと並んでいました。あと、湯のみのついたチョコとか。
当日の午後に買い付けに行く女に、売るものなぞないってわけか・・。
カレンダー上の行事を楽しみにしているショマの気持ちを裏切るワケにもいかず、
急いで作りました。次はひな祭りか、菱形のケーキか、面倒だな。

このバレンタインという行事、昨日のニュースによると
多くの女性がめんどクサと思っているらしいではないですか。だよなー。
家人もいくつかチョコをもらって帰ってきましたが、
若いお嬢さんの少ないお給金からチョコ代を捻出させてるのかと思うと申し訳なくってねぇ。
大事なお金は本命に使いなよぅ。気持ちだけで充分なのになぁ。
それに、返しが、えーと、1人当たり少なく見積もって1500円位?
最近のお嬢さんたちには安すぎるかしら? あぁ、ウチのお給金も減るじゃんか!!
それにワタクシ、チョコレートあまり得意じゃないのよね。
できれば、1枚でいいからスルメとか乾きモノを頂ければうれしいなぁ。
お嬢さんたちに物申してこようかしら。

さてさて、ショマえもん、チョコレートケーキのご感想は?

「うん、バレンタインな味がする!!」

バレンタインな味? えーとえーと言い切る形に直すと「バレンタインです。」
「バレンタインだ。」だから、そのショマ言葉の品詞は形容動詞かな?
うーん、違う気がするなぁ。なんだろか。

| 料理・食べ物 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

靴下ダイスキ


日曜日、小梅のお腹の調子が悪く、なんだか嫌な予感がするなぁと思っていたら、
お恥ずかしい話なのですが、夜になって成人用男性靴下&スズ靴下の計2足を吐き出しました。
しかも、最近靴下を飲み込んだ形跡は思い当たらず、かなり前に飲み込んだものが出てきた様子。

小梅は布製品、特に靴下に執着を見せる傾向があり、去年のお盆にも飲み込み、
病院で処置を受けました。バリウムらしきものを飲み、レントゲンを12回撮り、
点滴を受け、それでも靴下は出てきませんでした。その日は帰宅。
出てこなかったら、開腹手術!!と先生から宣告されたのですが、
帰宅後、お尻から、にゅるりと成人男性用靴下が出てきました。

翌日にはすっかり元気になり、先生から
「よかったねぇ。奥さんの下着が出てこなくって。」
と言われました。お盆休みでかかりつけの病院が休みだったために、
はじめての病院に駆け込んだのですが、感謝のあまり、
私の色気のない下着でよろしければ・・という気持ちにすらなりました。

日曜は取りあえず元気になったので、昨日は朝から療養食でお腹を休ませることに。
昨日はショマの学校で、広報委員の活動があり私も外出。
帰宅後、お尻をぷりぷりさせて喜ぶ小梅にひと安心。

喜んだことで腸が動いたのか小梅はトイレに・・。
そこで私が見たものは、中尾彬のネジネジばりに、小梅の腸でねじられたショマ
の靴下でした・・。3足飲み込んでたのか・・・_| ̄|○

洗濯物の管理くらいしっかりできる主婦になろうと誓いました。
2a224f8a.jpg

左から、足のサイズにして、28.5、20、17センチの靴下。
至らない飼い主を許してください。

| 犬関連 | 09:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の想い出

昨日、宮城県柴田郡川崎町にあるみちのく杜の湖畔公園で開催された、
かまくら祭りに行ってきました。

みちのく公園は、かなり広く、ちょっとやそっとの距離を走っても
ショマ脱走の事態までは至らない!! ということで、私たち親子も安心して遊べる貴重な場所。
時々、ショマが見知らぬ親子の一員に紛れ込んでいることはあるのですが・・。

そりも出来るとのことで、そりを持参し、いざ出陣!!
でも、思ったよりそりをすべるためのスロープはちっちゃくて、少し期待はずれ。
豪雪地帯に生まれた母はジャンボスロープを期待していたのですが、
数日暖かい日もあり雪が足りなくなったのかしらん。。。
それでも、スロープにはけっこうな行列ができていたため、その辺の適当な坂でそりをすべることに。
これまた低い坂で、常に強い刺激を求めるショマには
物足りないかしらと不安になりましたが、かなり楽しんでくれた様子。
母は寒くって可愛い耳がちぎれそうだったけれど、喜んでくれて連れてきた甲斐があったよ。

その後、かまくら祭りの会場へ移動。
かまくら祭りの会場まで、わらのポール(?)にぶら下がった雪だるまがあり、
その下にはシュールあり、可愛いのあり、恐ろしいのありの雪だるまが置いて
あり、冬らしいムードが漂っていました。
a2133087.jpg
232c59f5.jpg


かまくらってマシュマロのお化けのようですね。
かまくらは6基ほどありましたが、それぞれ親子連れが中に入って楽しんでいました。
かまくらといえど、不思議なもので他のご家族が入っていると、
「ちょっとお邪魔しますよ。。」と踏み込んではいけないですね。
こうして、家族という小さな共同体が家を造り、縄張り意識が生まれ、
やがては村社会に発展するのねと思わされました。 
_49679c69f2796.jpg 

誰も入っていないかまくらを発見し、我々も侵入に成功。
入り口付近に「アンジュ」と大きく名前らしきものが書いてありました。
アンジュのひと冬の想い出、私達が受け止めましたよ。

体もすっかり冷え、おソバでも食べたいねぇとコソコソ話していたのをショマに聞かれてしまう。
こういう会話を聞かれてしまうと、すっかりショマの頭の中はソバ一色になってしまうので、
ソバ屋を探すことに。
しかし、ことごとくソバ屋は見つからず、最後にあたりをつけたところはつぶれていた。
もうラーメンでもいいっしょと無理に納得させ、帰り道にあったラーメン屋へ。

最近料理に対するコメントを自分で言うのに凝っているショマ様、

「うん、スープ  おいしい!!」

あっ、ぁっっ、そんな大きな声で。そういうときは、

「スープ  おいしい!!」   

でしょうよ。でも母が思うに、
 
「麺はまだマシ。スープ  マズい」

お店でありました。

| 自閉症関連 | 22:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金曜日の妻たちへ

cc471487.jpg
20d0d348.jpg

結婚したばかりの頃、キッスばかりしていたね。

217e963e.jpg

嫁いだ家は貧しくて、いつも乾いたご飯ばかり。あなたは言った。
「この家だって、病気をしたときは療養食の生タイプご飯が出ることがあるのだよ。」
希望を捨てた私を優しく励ましてくれたね。

おもちゃも二人で分け合って。 
_49679c70b1d93.jpg 



それなのに・・・・ 
_49679c72661f0.jpg 

いつからだろう、私の心に冷たい風が吹き始めたのは。 
_49679c749c439.jpg 

その場かぎりの衝動で、愛を取り繕うのはもうやめて!!
それに、あなたがマウントしているのは頭よ!!
これ以上、私をガッカリさせないで・・・・・・・

こんな虚しい金曜の夜は・・
f0640d5b.jpg

「チャングムの誓い」を見て、サングン様の真似をしてから

_49679c77d8ba2.jpg  

あこがれの人に想いをはせて寝るとしよう。


・・・・・実際の竜と小梅はまぁまぁ仲良しです。

| 犬関連 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コメ女


小梅は1年半ほど前に我が家にやってきました。
家では「コメちゃん」と呼ばれ可愛がられています。
自分で命名しておいて言うのもなんだけど、コウメって呼びづらいんだもの。
発音の便宜上、音が変化するのは仕方がないということで。

また一目ぼれ。
一目ぼれするたびに動物を飼っていたらキリがないことは頭では理解しているのんですが・・・。

当初は夫にも、これ以上増やしてどうする!!と反対され、あきらめたものの、
竜の年齢を考えても、新しい犬を増やす最後の機会と強引に家族に迎え入れました。

全部私が世話するからぁ~と子どもが動物を飼うときに必ず言うであろう言葉で説得。
好都合なことに、小梅と夫は誕生日が同じ。これは使える!!
迎え入れてからも、夫はいまひとつ納得していなかったようなので
だって誕生日も一緒だよ、素敵じゃない? 何かの縁だよ!!と言葉攻めですよ。

金城武だって言ってたよ。縁を大切にしたいって。。彼の場合は縁、縁って言って
仕事取りに行っていないようだけどね。お願いだから仕事してください。

うちで飼っていた動物は、故ハムスター・吾郎、去年死去ウサギ・守、現役犬・竜と
♂ばかりだったので、初の女の子を迎えることに少し緊張。
私にとってのハーレム状態が崩れることに一抹の寂しさもあり・・。
今まで、動物を自分の子どもととらえる感覚は薄かったのだけど、
小梅は小さなうちに親から離れてやってきたので、
私に娘ができた!!という気持ちがムクムクと湧いてきました。

「女の子なんだから、もう少しおしとやかに、、」
「伊藤美咲にそっくりだよ。美人だねぇ。」
「女の子なんだから、お股パカンで寝たら駄目よ。大事なところは隠しなさい。」

等々、自分に娘がいたら、同性同士だから口うるさい母さんになるのかなと
想像しつつ、楽しんで育てることができました。竜が子犬のときは権力争いに疲れ果て、
育犬ノイローゼに近いものがあったので、女の子はやっぱり違うなぁぁと実感。

でも、こずるいところがあるんですよね。これも女故か、、、

私って可愛いでしょう?みんなの人気者!!という振る舞いをしつつ、
陰でスズをいじめていたり、自分が得たおもちゃをさんざん見せつけておいて、
あなたには絶対貸しませんから!!と走って逃げたり・・・。
竜を誘っておいて逃げるとか、これはヒドイ。
盛り上がっている竜の気持ちの鉾をどこに納めろっていうのさ。
竜は去勢してるから、男としての機能は確かにないけど不憫だよ。

あっ、オチがない、今日の話。私何が書きたかったんだ?  
ba5a3c74.jpg

お股パカンショットです。手前にお股向けてる写真もあるのですが
さすがにワンコとはいえ・・・。

| 犬関連 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のお散歩☆セレブスタイル


タミフルの威力はすごいですね。スズは今日になったら元気いっぱい。
朝から、民放→NHK→天気予報専門チャンネルと天気予報をエンドレスで見せられ
母さんお腹いっぱいだよ。
しかしインフルエンザウィルスがこのまま引き下がるとは考えにくい。
一瞬元気になって、人間ウィルス爆弾として闊歩しているだけなのでは?
・・あな、恐ろしや。

スズは座薬が気に入ったらしく、
朝から「お尻に入れて!!」とおねだりするようになってしまいました。
座薬を入れたら、楽になるって認識したからだよね?
そうだよね? そう思わせて・・・。

話は変わって、、、
「今いちばんのステータスは『バーキン犬』!」
なんだそーな。先週号の週刊新潮の山田美保子のコラムに書いてあった。
 
>“バーキン犬”とは、エルメスのバーキンをキャリーバッグ代わりにしている
  子犬のこと。   

らしいです。( ´_ゝ`)フーン  なんかなぁ、なんだかなぁ。
いつも、パジャマの上にジャージ、ガサガサパンツ、フィールドコート&長靴、
頭ボッサボサでお散歩に出掛けるワタクシとは無縁の世界だわ。
83c16939.jpg

竜ちゃん、小梅ちゃん、母さんは、雪の降る日はこんな北の国からな帽子だって
かぶりたいくらいなの。さすがにアンタたちだって恥ずかしいだろうからやらないけど。

動物の飼い方にも人それぞれに楽しみ方があるわけだから、まぁいいんですけどね。

> (母と子揃ってきれいな場合は人間の場合少ないという話を受けて)
 ~その点、犬はいい。自分好みのカワイイ顔の子を選んで、カワイイ服を着せ、
  バーキンに入れれば、ママも子もカリスマだ。

やっぱりなぁ、なんだかなぁ、動物は自分を輝かせるための道具なのか?
私の散歩スタイルの怪しさだって、ある意味近所では有名だと思うぞ。カリスマだぞ。
早起きの年配の人限定だけど。。

edf27577.jpg

と、批判的なことを書いてまいりましたが、私も竜さんが自分で持つ(?)バッグ
を数年前に購入しました。自分のウ●コくらいは自分で持とうよ! ということで。
しかし、でかい。重い。中に入れる荷物より圧倒的に本体が重い。
1回だけドキドキしながら外に出たことがあるのですが、怪しすぎてすぐに引っ込む。
数年ぶりに装着してもらいました。アウトドアなんかではいいかもしれないですね。

| 犬関連 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

重くってすみません。

朝起きたら、スズが隣で下半身丸出しで寝ていた。びっくりした。
発熱していた。あつくなって脱いじゃったんだね。
病院に行って検査したらインフルエンザA型でした。
急な発熱でイケメンに変身する暇もなかったらしく、
お顔はいつものまま。土曜の発熱からはすっかり立ち直ったと思っていたのに
インフルエンザは怖いですね。

昨日の続き、、、
なぜ、カウンセリングを受けたかったのかというと、
自分がを抱えていると思っている内面的な問題を深く知りたかったから。
日常生活は普通に送ることができているけれど、
自分の頭でしっかり考えて意見を持つという部分が自分には欠けている、
そして意見をなかなか人に言うことができないという悩みがありました。

先生のカウンセリングは、私の親が、私に対してどのように接してきたのかを
探るというものでした。自分が抱える問題が、少なからず親からの影響であることは
なんとなく分かっていたので、願ったり叶ったりというところでした。
私の父は会話というものをしてくれず、父と遠慮せずに話をしたという記憶が
私には全くありません。それでいてむやみと厳しかった。
おもちゃを手に取って見ているだけで、
お前万引きする気だろうということを平気で言う人でした。
子どもらしい遊びをすることも嫌がる人でした。
子どもは自分の言うことだけを聞いていればいいという考えです。
母は悪い人ではないのですが、父の言うことを聞いていればいいよという追従型の人でした。
私には姉が一人いますが、姉がいていろいろ話すことがなかったら
壊れてしまっていたかもしれない。
父はああいう人なんだからいいんじゃないのという感じで
姉はわりと達観していたけれど、優しい言葉ひとつでもかけてほしいなぁと私はもがいていた。

なんか重い、重い話しだ。書いてる本人がキッツイ。

先生が言うには、私の親と私との関係が、
ショマやスズにまで持ち越される場合があるとのこと。
知らず知らずのうちに、私も、私の親と同じような態度で
チビっ子たちに接している可能性があるということですね。
負のスパイラルとでもいうのでしょうか。

最初は週1ペースで先生のもとに通っていて、
このカウンセリングだけで2ヶ月ほど要しました。父に関することも聞かれるのですが、
あまり思い出がない、どういう人か問われてもサッパリ分からないという状態でした。
それでも、先生に私こんなことがつらかったよ、
あの時こんな風に言ってもらいたかったよと 話すだけで、気持ちがスッキリしました。

親が日常の子育てで子どもに対して取る態度の問題点を、
円グラフで表したものもカウセリングの結果から作ってもらい見せてもらいました。
私の父の場合は、グラフで示すほどの具体的エピソードがなかったようで、
数値には問題点が反映されず、母の数値ばかりが突出していました。特に「干渉」と「心配」。

干渉は子どもを年齢以下に扱い、失敗させないよう困らないように細々と世話を焼く態度。
心配は、子どもの健康、安全、成績、交友などでいらぬ心配をし、
むやみに世話や保護する態度。・・・思いあたる節がありすぎました。
いまだに長い時間外出すると、どこに行っていたの!!と電話を受ける有様ですから。
父に関しては、やはり子どもを自分の思うようにコントロールしようという
気持ちが強いとのことでした。

私が自分の考えを持っていない人間だということに気が付いたのは、結婚してからです。
夫に「お母さんが言っていたとか、○○さんが言っていたとかは聞きたく
ない。自分の考えを持ちなさい。もうあなたは大人なんですよ。」
と辛辣に指摘されるまで気づかなんだ!! 
それからは努めて、自分の考えを持とうと自分なりには頑張ってきたつもりです。
人にはっきり意見を言うというところまでは進化していませんが・・。

自分の欠点を親のせいばかりにしていても仕方がない。
親から離れて、一人で考える時間はあった筈だし、
そういう努力を怠ってきたのはまぎれもなく自分自身であるわけだから。
それでもカウンセリングを受けてよかったのは、
改めて親としての自分を振り返ることができたこと。
自閉症の子どもは思い通りにならないことばかり。
もうイライライライラして、ついつい自分の意のままにコントロールしたくなる。
そういう自分に出会うときに、そういえばこんなこと言われたっけな、子どもたちに
強制的な態度をとっていないか、必要以上に手を貸しすぎていないかと
確認するようになりました。
実際、そういう態度が改まっているかは自分では判断が難しいのですが・・。

ちなみに、私が大学生になり東京へ出てから、父から手紙が届きました。
お前がいなくなって、お父さんが一番寂しいよというもので、
もうこの手紙だけで今までのことはチャラにして、一生生きていけると思いました。
いまだに会話はそんなにしませんが^^;
だから、実際にはカウンセリングを受けた時点では、
父許すまじ!という気持ちはなかったのです。
が、自分の中に澱のように溜まっていたものを吐き出すことができて、
さらにサッパリしました。

<インフルエンザウィルス、退散!!>
thumb_1139310072.jpg 
しつこく、節分ネタで引っ張りますが、海苔業界が作った鬼面。
私はピーナツ業界の可愛い鬼面が欲しかったのに、すでにスーパーにはなく
この鬼面を頂きました。しかも2枚。ただ角と牙があるってだけで、
ただのパンチパーマのおっさんですよ、これは。

| 自閉症関連 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷える子羊


今日はスズ担当の病院の先生に逢ってきました。
元気いっぱいなのに、具合が悪いと言い張るスズも保育所を休み、
久しぶりに一緒に病院へ。

スズの先生は自閉症専門医ではなく、母子関係コミュニケーションが専門分野の先生です。
なぜ自閉症専門医ではないのかというのは、説明すると長いのですが・・。
スズの発達にも母が不安を持ち始めた頃、兄ショマの担当医に相談しました。
「これは、お兄ちゃんの影響、間違いナッシング!」と先生は自信満々に言われました。
曰く、母である私は自閉症の子どもとの接し方しか知らず、
スズはそこから親子関係を学んでいる可能性が強いと。
ここで母子関係というものを一から学んでらっしゃいと紹介されたのがスズ担当の先生でした。

「じゃあ、じゃあ、私が正しく接し方を学べば、スズは普通の子どもらしく振舞うの
かしら?」と当初は母も期待で胸を膨らませていたのですが
3歳半で広汎性発達障害の診断。母のかすかな希望は見事に打ち砕かれました。

それでも、現在も先生のもとに通い続けているのは、
私がやはり子育てに迷える子羊の如き有様だからです。
先生はペーターか、オーストラリアの牧場のボーダーコリーかというほど、
私を導いてくださいます。
何かあったら先生に相談しーようっっと日々、スズの観察だけは怠らない私です。

初めての先生の診察は、私の生育歴のカウンセリングからスタートしました。
ハリウッドスターなんかは、よくカウンセリング受けてますよね。スターに
限らず外国の人は気軽にカウンセリングを受けるとか。インタビューなどで、
「カウンセリングを受けたの、OHhh! 刺激的な体験だったわ!」
という話を読むにつけ、私も受けてみたい!と思っていたのですが、
これが思わぬ形で実現しました。
それこそ、OHhh!エキサイティングな体験だったわ!としか言いようのないものでした。

ショマを迎えに行く時間になってしまいました。続きはまた。。
9b14dd7a.jpg

スズが保育所で作った鬼のお面を竜さんがかぶってくれました。
写真では見えづらいですが、鬼面のハズなのに、天気予報のマークをびっしり
描いてくれたようです。

| 自閉症関連 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャーミー二重


昨日の朝起きたら、スズがイケメンになっていました。
目がパッチリンコ二重になっておりました。発熱していました。
スズは発熱すると二重になって、まぁまぁイケメンになります。

スズは繊細な性格とは裏腹に、ふてぶてしい、およそナイーブとは程遠い面構えをしています。
それも親にしてみれば、ブサカワイイというところなのですが、
ほかの人が客観的に見て、うわぁぁかーわいいという顔でないことは確かです。

目が一重か二重かで、人間の印象って変わるものですねぇ。
私も小さい頃から一重で、今のスズとそっくりでした。
スズを見ていると幼い頃、家族で一人だけ一重で、お前は橋の下だ、
父の浮気相手との間にできた子だと言われ、
幼いながらに本当だろうかと葛藤していたことが思い出されます。
ちなみに20代半ばで母は二重になりました。加齢によるシワだと思われます。
途中で二重になったと大騒ぎして、そんなこと言ってお直ししたんじゃねーの? と
思われるのは嫌なので、おおっぴらには言いません。

今日になって、スズの熱も下がってきて、顔も戻りつつあります。
その前に写真をいっぱい撮っておきました、アデューイケメン。次回の発熱まで。

d21b8655.jpg

二重後のオメメ。スズ、可愛いよ。萌え~。

| 自閉症関連 | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元歌 東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる


<宮城野の小高い丘の白雪に われ狂喜して 蟹とたはむる> 

啄木からパクってみました。我が家にオホーツク海から冬の使者として
毛蟹がやってきたので、蟹の歌を詠んでみました。パクリだけど!!

家人がネットから知らぬ間に注文していたようで、朝から私は彼らの来訪を待って
いました。黒いネコのクール便に乗っかって、7ハイの蟹侍はやってきました。
生きてるよ~!! 泡吹いてるよ~!! 集団で泡吹くからチィチィ音してるよ~!!
bccc1d2e.jpg

まな板に載せたら、ファイティングポーズ取ってるよ~!!
小梅と戦わせたい!! 小梅の鼻が蟹にはさまれて大騒ぎ!!
そんなトムとジェリー的な絵ヅラを見たい!! いやいや、大人なので我慢しましたよ。
「永久保存板 蟹の美味しい食べ方」という冊子までついてきました。
永久に保存するほど、蟹を食べる機会に恵まれるとも思えないのですが。

しかし、頼んだ本人は今日は飲みに出かけいない・・・・・馬鹿だなぁ。
スズは無理だろうけど、私とショマで食べちまえ!
今日は節分なので太巻きも作りました。この習慣はもう当然のようにやるものなの?
ショマは1月中旬から「恵方巻き食べると元気になるよぉ」と騒いでいます。
商業主義に乗せられちゃって、まぁ。半月も楽しみにしているのは可愛いけど。

結果・・・あんまり蟹って数多く食べられるものでもないですね。
なんだか胸焼けが・・オエップ。茹でて食べるまで、あんなにワクワクしていたのに。
1パイをショマと分け合ったらもう充分でした。
あと3バイは生きたまま廊下にいます。蟹レースでもやろうかな。

a3fc59fa.jpg

今日作った太巻き。具はアボカド、マグロ、卵など。カリフォルニアロールという
ものも作ってみました。要は裏巻き。卵を焼いたり、太巻きも結構作るの大変ですね。
節分には鰯も食べるらしいので、いっそ具はメザシで良いのではないでしょうか?

| 料理・食べ物 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横田や


絵本と木のおもちゃのお店「横田や」に行ってきました。
この「横田や」、仙台では有名なお店だと思われます。
古い日本家屋を利用した店舗になっていて、
お味噌屋さんとして営業していたこともあるようです。この古い建物の中に、
色とりどり輸入もののおもちゃとたくさんの絵本が所狭しとディスプレイされていて、
そのミスマッチ感が面白く、そこにいるだけで
生き馬の目を抜く現代社会を泳ぐ母のすさんだ心も、
遠い子ども時代に戻って清涼になる気がするのです。

先日少し触れたスズ用のモビールもここで買いました。
その際、ドイツの玩具メーカー、ヘラー社の壁掛けを注文したのですが、
それが入荷したとのことで今日は取りにうかがいました。
今日は絵本もゆっくり見てショマに買ってあげたいなー。
ブログ用に写真も撮らなくてはと、心弾ませ入店。

し、しかし・・入店して間もなく、お腹がキュルーキュルーッとですね、
非常事態宣言を発令しだしたわけですよ。どうも私は本屋だのビデオ屋に行くと
お腹が痛みだすんですよね。もうこれは絵本選びどころの状況ではない。
店内にトイレはあるけれど、たんさんの蔵書の中の一角にあり、
絵本選びをしている奥様たちの邪魔になってはいけない。
何より、この素敵な空間がぶち壊しになるではないか!
受け取るものだけ受け取って、家に直帰しなければ・・。

結局、壁掛け2枚のところ、お店のお姉さんの発注ミスで1枚しか手に入らず。
そのことを丁寧に謝ってくれていたのですが、普段愛想のよいワタクシももう体が
プルプルして、顔は蒼白・能面状態だったと思われます。

入店時間、わずか10分ほど。
しかも家に着いたら、お腹の痛みの大波は過ぎ去って、奥さん大変だったけど持ち
こたえましたねと祝福の声が大脳から聞こえてくるようでした。

いかに「横田や」が素敵かということをお伝えしたかったのに、今日は写真の1枚も
撮ることが出来ず不本意でした。「横田や」について詳しく紹介している
素敵なブログを見つけたので興味のある方は参照してくださいね。


e828e397.jpg

これがヘラー社の壁掛け。右は「月と子どもたち」だったかな。
以前に購入したものです。左は今日買った「ガチョウと女の子」。
童話がモチーフになっているようです。

| 未分類 | 15:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アフロディーテ


少し日にちは遡りますが、母は日曜日に美容院に行ってきました。
パーマをあてる?、今あてるって言わないか。
パーマをかけてヘアカラーをしてきました。いつも同じ感じになっちゃうんだよね。
意図するところはHIPHOP系のブラックなお姉ちゃんなのに、
欧陽菲菲の出来そこないみたいな。今は長さがないから、 欧陽菲菲への進化途中。

私は髪の量の多い家系らしく、美容師さんが髪をすいてすいてすきまくる。
実姉がウルフレイヤーという髪型にしたところ、やはりすかれまくって、ただの
ムッシュかまやつになっていた。絶対にウルフレイヤーはやらないと誓った。

いつも同じだなーと美容師さんに愚痴ったところ、ソフトドレッドなる髪型を
勧められました。あっ、いいかもと思ったのだけど、とても時間がかかるんだって。
一日目はアフロで帰宅。二日目にアフロをドレッドに編んでいくらしい。
アフロで飯支度をする母、アフロで犬の散歩に行く母、アフロでショマをスクールバス
に乗せる母。想像するだに面白いけど、面白すぎるな。

前置きやたら長いんですが、要はショマも私の血を受け継いで、髪の量がハンパなく多いと
いうことを書きたかったのです。
少し髪が伸びると、髪が硬いこともあって
頭の上にタワシが乗っかっているようにしか見えなくなってしまう。
でも、美容室にショマを連れていくのはチト厳しい。
美容室の楽しそうな道具を容赦なくかきまわすのは目に見えている。。
そこで母の華麗なるバリカンテクで散髪をするわけですが、
なにをどうしても板さんになってしまう。しかも変な段差入り!

今、オシャレな坊主ってあるではないですか。イメージだけでいうならEXILEみたいな。
坊主に少し模様が入っているような。母なりにあのイメージで挑戦してみたところ、
「あれっっ? ショマ怪我したのかい?」という模様にしかならなかった(´;ω;`)ウゥゥ
もう少しなぁ、髪型がなんとかなればショマの男前度も上がるのになぁ。
出張美容師いないかなぁ。

<あなた、ご飯よ>
037aaf0b.jpg

家庭にあるものでアフロを表現するのは難しいですね。素材はスチールウールです。
持っている料理は、ビールのおまけについていた石狩鍋のフィギュア。
海洋堂制作のフィギュアなので、やたら精巧に作られています。

| 自閉症関連 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |