2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オトッツァーマ弁当


ショマは今日、学校の遠足で母の手作り弁当を持って出かけていきました。
母の手作り弁当、とってもおいしくなさそうです。
おいしくなさそうといっておきつつ、豪華キャラ弁を画像でお届け、
できたらかっこいいのですが、とても画像など載せられない代物です。
日本人の美徳、謙遜する心から発しているのではなく本当にまずそうなのです。

昨日も少し言及したのですが、ショマは肉類が苦手なので、
ウィンナーや唐揚げなどは弁当に入れられない。和食系統ばかり好むので、
きんぴら、ナスの揚げ煮、わらびの油炒めなどのおかずに、カリカリ梅を入れた
混ぜご飯を入れた、60代以降のおとっつぁまが食べるような弁当を持っていきました。
オトッツァーマ弁当って片仮名表記すると、少しイタリアンランチっぽいぞ。

いくら表記でごまかせても実物は彩りが足りないわけです。
もともと母が弁当を作るのが苦手で、遊び心をスパイスにした
心オドル弁当を作れないのも、まずそう弁当になる原因でしょう。
私がこの弁当を持たされたらなら、蓋を開けた瞬間にがっくりうなだれてしまいます。

肉類が苦手というのも困ったものです。
食事を作る母を思ってのことか、ショマは肉嫌いにもかかわらず
耳をふさいで「お肉サイコー!!」と涙目で食べていることがあります。
ここで可哀想に思って「無理しなくていい」と声がけするとパニックを誘発することを
母は学習しました。ショマにしてみれば、お肉も食べないと大きくなれないと言われた、
だから耳をふさいでおいしいと言って食べている、それなのに今度は無理して食べずとも
よいと母は言ふ、母ちゃんお前何なんだと混乱してしまうようです。

もういっそそれならば最初から食べずともよい。
キミの強い体を作るタンパク質は魚類で補えばよいという結論に母は達しました。
そもそも嫌いな物を食べようとするとき、耳ではなく鼻をつまむのが正しい方法と私は思います。

今ごろ、おとっつぁま弁当食べているでしょうか。
先生が、どんなお弁当かな♪とウチの地味弁を覗かないことを祈るばかりです。

| 自閉症関連 | 11:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿我慢


昨日は竜の怪我でションボリモード、心配で心配で夜も眠れないわと思っていたのが
夕方になったらしっかりお腹が空いてきました。いいの、私は所詮身勝手な女という生き物。

でも予定していた夕食の食材が『鹿』だったのが、なんとも食欲をそそりません。
そうです、ムーコ家はハンター一族、だから犬を飼っているのです。
小梅は風船を割らずに持ち運びできる、つまり獲物を傷つけず回収することのできる犬です。

ではなくて、家人が上司から頂いてきたものです。

上司の友人ハンター「鹿あげるネ」→上司「もらったけど、僕は食べたくないなぁ」
→後輩の皆さん鹿ドーゾ という経緯でウチにやってきた模様です。
そういうの日本語でなんていうか知ってる?  お・し・つ・け・ら・れ・た、って言うんだじょ。
新婚夫婦のように夫を優しくつついてみます。もうすぐ結婚10年です。

まぁこのサラリーマン社会、鹿をもらって人間関係が円滑に進むならいいのでは。
でも料理法がわかりましぇん。ネットで調べてみると、濃い味付けが合うとのこと。
メニューは『鹿シチュー』&『ロースト鹿』で決定です。
本当に美味しいのでしょうか。でもシカシチューシカシチュー∞とつぶやいていると
シチューに入っている肉は鹿しかありえないという気持ちになってくるのが不思議です。
『ロースト鹿』は塩、胡椒、ローズマリー、オリーブオイルなどを塗りたくってから
フライパンで焦げ目をつけてから、オーブンで焼くようです。
レシピには300万年前の塩、と指定がありましたが、そんな昔の塩ウチにはありません。
えぇい、料理は心だ、神田川先生宣伝の塩で代用です。

はぁ、私も結婚10年にしてジビエ料理を作るようになったか。感慨深いものがありますが、
昨日ばかりはどうにもこうにも料理をしていて申し訳ない気持ちになりました。
_49679b79f20ae.jpg 

写真は昼間に撮ったものですが、この状態でずっと竜がクタッとなっているので、
鹿に関する連想が進みます。火を通す前の肉は赤身で柔らかく、山野を駆け巡り
このしなやかな筋肉が作られた。なんで捕まったのじゃお前は・・・。

鹿料理、頑張って二品作りましたが、もらってきた夫は朝家を出るとき僕食べないと
宣言していたし、ショマはもともと肉類が好きではない子ども。
食べ物に関してはチャレンジャーの私も、シチューを少し食べただけに終わりました。
味自体は、うーん、牛肉の赤身にレバー風味付加というか、貧血予防によさそうなお味です。
普段なら好きな味だと思います。スズは気にいったようで、たくさん食べていました。
滋養がありそうなので、病み上がりのスズの体に沁みたのでしょうか。

竜は、私の鹿食我慢が効いたのか少し痛みが和らいできたようです。関係ないか。

| 料理・食べ物 | 16:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ちが晴れない日です。

スズの風邪もやっとよくなり、今日から保育所へ。
これでひと安心と思っていたら竜が股関節を痛めてしまいました。
先日頭に小鳥をのせられていた犬にこんなことが起こるとは・・・。
事の経過を説明すると恨み節が入ってしまうので、読んで気分を害される方が
いらっしゃるかもしれません。ごめんなさい。

近、散歩コースの途中にある公園で小さなワンちゃんを放している方に
逢うようになりました。公園までは歩かせず、飼い主さんが抱っこして連れてきて
公園に着いてからノーリードで放しているようです。

今日も放しているなぁと通り過ぎようとしたときです。
小熊のように可愛らしいワンちゃんが笑顔で竜と小梅に公園から飛び出して
駆け寄ってきました。
こちらはそのまま「待て」をさせていたのですが、相手方の飼い主さんが血相を変えて

「だめ、だめっだめっだめっ○○ちゃん、だめよぉぉぉぉぉ~」

とダメ何回言った? という位ダメ連呼で追いかけてきました。
こちらが危害を加えると思ったようです。聞いてないのでわかりませんが。
内心、ワンちゃんは食べたりしませんと思ったのですが、大きな犬は恐怖感を
与えることもあるでしょう。飼い主さんの気持ちもわからずではありません。

この可愛いワンちゃん、呼び戻しが効きません。笑顔でむかってきます。
その瞬間、飼い主さんが犬を制止しようと持っていたリードを振り上げました。
さらにその瞬間、びっくりした竜がその場に座りこみ、腰が立たなくなりました・・・。
向こうのワンちゃんまだ笑顔、竜ちゃんなんでお前がぎっくり腰?
小熊ワンコを抱き上げてそそくさとその場を離れるおばちゃん。
家まで後100mばかり、抱えることも出来ず、頑張れ頑張れと励ましつつ歩かせ
帰ってきました。

人形にとって顔が命なら、四足動物の犬にとっては脚が命。
病院で診てもらったところ、背中から股関節にかけて痛めている可能性とのこと。
脚に負担になるということで今日はレントゲンなし、触診、歩かせて様子を見ての
診察だけでした。痛み止めの注射を打ってもらい帰宅しました。
年が年だけにこの一週間が予後を左右するとのこと。絶対安静です。
帰宅してからもいつもはケージ大好きっ子が、痛みで泣き、甘えて私を呼びます。

1148871641.jpg 
責任が持てないならつないでくださいとおばちゃんに言えなかった自分が心底嫌です。
ごめんなさい、ブルーな日記で。

| 犬関連 | 11:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

拾い食いは本当にいけません。


昨晩、NHKで放送されるワンコドラマを楽しみにしていたのですが・・・。
NHKって野球が延長になるとドラマでも放送しないんですね。
いつドラマが始まるのかしらんと待ちぼうけをくらっていました。
その流れで天気予報を見ていたら、今日の仙台は大雨になるとのこと。

見える、見えます。後数時間後にはずぶ濡れで犬と散歩をしている自分の姿が。
ついでに大きなガマガエルが道路を散歩している姿も見えてきました。いやーん。

私って生き物が大好きなの、と心優しい女性であることを日々アピールすることに
余念がない自分ですが、カエルだけは見るのも駄目なのです。
仙台はどうしてでっかいカエルばかり歩いてるんですか。
どうして庭を掘るとガマガエルがお昼寝中なのですか。助けてください。
仙台に来てから友人になった女性は、ガマガエルが道路を横切っているのを見たら、
「危ないよ~。」と声がけをして安全な場所に移動させるとこともなげに言っていました。
その話を聞いたとき心底彼女を尊敬するとともに、カエルを掴めない女は生き物好き
を自称してはいけないのだと敗北感を覚えました。

雨の中散歩をすることは嫌いじゃないのです。
ただし、ドアを開けた瞬間に生臭いにおいが漂う日は注意が必要です。
雨にあたりたいと土中から這い出てきた彼らが交通事故死していることが予想されるからです。
そして大抵その悲しい予感は当たっており、私は彼らの非業の死を弔うことは無論出来ず、
ヒッと声をあげてこれ以上速く走れないというくらいの速さでその場を立ち去ります。

早く立ち去らなければ、竜が食べてしまうかもしれないからです。
そんなことになったらもう竜を愛せません。
基本的に彼は小動物に優しい男です。ウサギにも優しかった。鳥にも優しい。
しかし、死んでしまったものは彼にとってはお肉でしかないようです。

道端で亡くなっていた小鳥さんを飲み込んで、お腹を壊したこともあります。
病院に連れていき、事の顛末を先生に告げたとき、それまで待合室で竜を
ヨシヨシしてくれていたカップルさんの顔が凍りつきました。当然でしょう。
それもその時1回限りのことではないので、こんな写真や
_49679b7cf3aca.jpg 

さらには、はっきりと小鳥が写り込むこんな写真が撮れたっておかしくない男なのです。
_49679b7e47473.jpg 

自分で作ったのに怖くなってきました。何より、竜の顔が長すぎて怖いです。
カエルさんが雨を楽しんだあと無事に家に戻っていますように・・・。

| 犬関連 | 02:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬の品格


昨日のコメントで、竜と小梅は前足を組むのかどうかという質問をいただきました。
ありがとうございます。今日は日記の中で犬の品格について考察したいと思います。

竜は前足を組みます。30kgと体が大きく手足が長いことも関係しているのでしょう。
しかし、昨日のボルゾイもしくはアフガンハウンド、サルーキといった犬種にみられる
貴族的雰囲気には欠けているのです。ポージングとしては大差ないはずなのに。
貴族のような凛とした雰囲気というより、組んだ手足に顎を載せている姿は、
「人間は考える葦である」「人は生まれる時も一人、死ぬときも一人」
「生まれ出づる悩み」的思考を繰り広げているような印象を受けます。犬だけど。

いや、実際には食べ物のことばかり考えているのかもしれません。
が、暴君のようでありながら寂しがりや、子どもたちのことは絶対に踏まないという
繊細な心配りを見るにつけ、前足を組んで寂しげな表情を浮かべる竜がいとおしい今日この頃。
現在私の夫となっている人には申し訳ないのですが、アタシ達生まれ変わったら
同じ種族になって一緒になろうねと話しかけずにはいられません。
愛を来世でも確認するために、アメーバのような原生動物、ミトコンドリアのような細胞レベルでの転生は避けたいところです。

小梅はあまり足を組むことはないようです。
小梅は警戒心が強いのですが、家ではいたって能天気、リラックスしすぎです。
子ども?  アタシの通り道にいるのが悪いんじゃなくて? 踏みつけて歩きます。
気温もあがってきた今日この頃、腹は天井にむけて、地鳴りのようなイビキで
ブースカブースカ寝ていることが多くなりました。
竜は寝姿においても自分を気高く保つ努力を多少しているようなのに、このレィディは。
_49679b814d8c3.jpg 

非常に見づらい写真ですが、挑発的ポーズで白目を剥いて寝ているのが小梅です。

この子はさらに、お品のないことにオナラを何食わぬ顔で放出します。
さらに、ここから重要。すかします。
音として認識できるならまだ可愛げもあるでしょう。
すかすのはいけません。女としてだけではなく、犬の品格としてどうなのかと。
人前で放出する女性には100年の恋も冷めると教育されなかったようです。
前足を組んで座るのが似合う女性に早く成長を遂げてほしいものです。

| 犬関連 | 17:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のおススメ本


先日、書店に行ってきました。
いちいち書店に行ったくらいでなんだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私が出向いた日は渡辺淳一の『愛の流刑地』上下巻の発売日でした。

淳一先生は不倫ほど美しい愛はないという。本当か。
渡辺作品を高校生当時は胸を高鳴らせて読んでいたのが、
今読むと少し笑いがこみあげてしまう。なぜなのか。
一介の主婦にはリアリティーに欠けるのだから当然といえば当然、というわけ。
それでも『愛ルケ』『愛ルケ』と話題になっていると読みたくなってしまうけど。
『愛ルケ』を読めば、男女の情愛の機微がわかるかも。

・・無理やり、渡辺淳一エッセイ文体になるほど、『愛の流刑地』を読んで
ツッコミを入れたい衝動に駆られましたが、上下巻ともなると結構なお値段。
文庫化してからでも遅くはない。この日は今さらリリーフランキーの『東京タワー』を買って帰宅。
手に入れてしまうと読んだ気になる悪い癖があるので、1年後にまだ日記を続けていたら、
「東京タワーを読みました。」とやっと記述があるかもしれません。

実際、読書量が減っていて必ず読むのは週刊誌ばかりになってきました。
週刊ポストの『×イチ』という漫画、週刊現代の小説『女薫の旅』は欠かせません。
病院での支払いの待ち時間の折、前に座っていたお爺ちゃんがこの2つを真っ先に
読んでいるのを見たとき、爺ちゃんアタシと趣味一緒、と思わず肩を叩きたくなりました。

家では『犬種大図鑑』もよく見ます。動物行動学者ブルース・フォーグル先生の著作です。
小さい頃の夢が獣医になることだった私は、犬の種類を覚えれば獣医になれる、と
とんでもない勘違いを犯していたので、いまだにマルチーズの原産国はマルタ島! !
というような知識を披露することができます。誰も聞いてくれないけれど。
現在は犬の種類も当時より増え、この本を見るとまだ見たことのない犬との出逢いに心が躍ります。
0a30a992.jpg

優雅に手を組み座るボルゾイに、貴族かよ! ! とツッコミを入れるのも一興。
カーリーコーテッド・レトリーバーは、カーリーというよりパンチパーマです。
性格はシャイという記述の横に、歯を剥いている写真が添えられているのはウルフハウンド。
値段は張りますが犬好きの方にお勧めの一冊です。

その他、最近読んでいるのは100円ショップで買った四字熟語辞典。
ブログをはじめたので、四字熟語の正しい使い方を覚えて、
気のきいた文章を書きたいなぁと願ってのことです。
正しい用例、間違った用例ともに記載されているのですが、この用例の説明が。

 ★勇気凛凛・・・物事に対して恐れることのない気持ちが次から次へと湧いて
         くるさま。
  ×例 「君のような美しい人に励まされたら、勇気ビンビン、力がわいてきたよ」
     「ビンビン」ではなく「凛凛」。力の入れる場所を間違えないように。

など余計ともいえるウイットを随所に効かせていて、×例ばかりが頭に残ります。
もう四字熟語は覚えきっているという方にはお勧めです。100円ですし。 

| 未分類 | 16:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピクニックに行きました。


1年365日もあると様々な行事がありますね。
今日はスズの保育所での親子遠足、天気は曇天で気持ちまで晴れわたるとは
いかなかったのですが、手作り弁当を一緒に食べリフレッシュ☆できました

   ・
   ・
   ・
ここまでは当初予定されていた、日記の内容です。
1年365日もある中で、スズよ、なぜ自分にとって一番楽しい日に発熱するのか。
恋に堕ちる時と子どもの発熱はいつも突然、こればかりはいたしかたありません。

今日行こうとしていた遠足の場所は、自然の急斜面を利用したスロープで
そりすべりができるので、スズは今日の日に備えて先生とイメージトレーニングを重ね、
たいそう楽しみにしていたようでした。
雪国で生まれたにもかかわらずスキーがド下手な私は、芝生をすべったらいいのではと
プラスチック製のミニスキーを装着して近所の土手を滑降した過去があります。
雪が駄目なら、芝生という自分の発想がよくわかりません。
あのとき近くを通りかかった見知らぬおじさんの、この子どうしたのかしら?という
心配の眼差しを生涯忘れることはないでしょう。
見知らぬ人の目を気にすることなく、芝生の上を堂々と滑り降りることのできる場所に
行けるはずだったのに、かわいそうなスズ。

昨日から高熱が続いていて、今日は少し持ち直したものの、熱で二重になった目はうるみ、

「具合が悪いから、遠足は行かないよね。」

と自分で自分を納得させています。発熱時にしか目にすることができないつぶらな
オメメをパチクリさせて、自分の欲望を制している姿はなんともいじらしいものです。
ここはひとつ、食事だけでも、遠足気分で・・・。
今日持っていくはずだったサンドイッチや空揚げを昼食に用意してみます。
これを食べて気分だけでもお母さんと盛り上がろうね。

「お母さん、無理して食べなくてもいいよね?」

うるる目で訴えられてしまいました。熱でまだ食欲のないスズには余計な気配りだったようです。動物園に行ったつもりで、犬たちと向かいあい私一人家庭内ピクニックを敢行しました。
いつもの昼食と変わりないじゃん。 

| 自閉症関連 | 13:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今、封印を解く


昨夜のことです。子どもたちも早く寝たことだし、夫よウフフ

猫型タイプカプセル一緒に割るべし!

20年以上もの長い歳月の封印が今解かれると思うと万感胸に迫ります。
トンカチを振り下ろすと、頭だけゴロンと落ちました。
せっかくなので、下に敷いていた新聞紙の中のお相撲さんと記念撮影。
97890b13.jpg


気をとりなおして、手伝ってもらいながら胴体を割っていきます。
すると臭いっ、なんだっ、くさいぞっ。
後で割るということをまったく頭に入れてなかったのか、瓶の中に香水が入っていて
衝撃で一緒に割れたようです。香水の匂いにむせかえりつつ中を確認。
あんまり面白いもの入ってないねぇと言われました。なにをっっ。

何を入れたか丁寧にメモが入っていたので、記しておきます。
まずタイムカプセルを作った日が、昭和60年2月28日、11才と書いてあります。

いれたもの
 ペンダントのぞう・・・今の私にこれをつけろと言うか、11才の私。
            小梅にあげちゃおう。
            53cf74bf.jpg
b2cee033.jpg

            毛色と同化しているけれど、よく似合っているよ。
            遠慮せずもらってくれ。私の生きた証が次世代に
            受け継がれました。

 香水・・・・・・・・・・匂いのもと。ニナ・リッチの香水でした。
            母K子のドレッサーからかすめとったのでしょう。
            匂いきつすぎます。
 
 スイスのお金・・・・・行ったこともないのになぜ? ハイジに憧れていたのか。

 ずっと昔のやじり・・・これは確かに大事にしていた。近所から発掘したもの。
            私の家の周りの山では掘り返すとけっこう土器っぽいもの
            が出てきました。ヘンプと組み合わせて、ネックレスに
            出来そうです。・・・作っても多分装着しないけど。

 幸せの小びん・・・・・ただのちっさい瓶に何を根拠に幸せと名づけたのか。
            これで明日からナンパーズ当たりまくりでしょう。

 中国あめの包み紙・・ベタベタしてました。入れるなら洗ってからネ!!

 テスト・・・・・・・・・・100点の国語のテストが・・・。開けた時に、
            頭良かったのねと言われたいという想いが透けてみえます。
            意外に計算高い子どもです。小学生時の100点は、
            その後の学業にたいして影響は与えていません。

そのほか、奇妙なタヌキの人形や、ポケットテイッシュ入れ、貝殻、造花、
BB弾などが詰め込まれていました。
_49679b92794be.jpg 


そして、出ました。メモに記された“J・Cの写真”の文字。         
ジャッキー・チェンと表記せずに、J・Cと書いてしまうところがウーン通っぽいぞ。
あなたは私の特別な人。
_49679b942f85b.jpg 

だから、特別に外のお花畑で撮影したわ。ローラースケートでス~イスイ、素敵。

期待していた、20歳の私への手紙は入っていなかったけど、
ジャッキーの写真も確認できたし、満足、満足。
入れたもののメモの最後に、「バネ」の文字がありました。
割れたカプセルの胴体は、新聞紙をクルクルして捨ててしまいました。
その中にバネはまぎれてしまい捨てられたようです。バネって一体。

| 未分類 | 17:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩みなき者


ショマの個人面談に行ってきました。
今年度の学習目標を先生と私とで、お互いに確認するという内容でした。
場面に応じた態度(式典や公共の場などで)をとるということが改善されてきたので、
この目標を削除して、場面に応じた話し方をするに変更したいとのこと。

なんでも、朝の活動で出席をとるとき、
「アテンションプリ~ズ」だの「銭形金太郎」など突然口走るそうな。
・・・上戸彩ちゃんがCAになろうがなるまいが、全国の貧乏さんの生活に
共感しようがしまいが、出席には何の関係もないことでございます。
場に応じた話し方ができることを目標にと先生が提示してくるのも当然のこと。
お母さんが好きな番組ですか? とあらぬ疑いまでかけられたではないか。

そのほか、不安定になっているときのショマのサインをお互いに確認。
ショマは不安定になってくると言葉の語尾がのびてくるのです、と伝えると
先生はそうっ、そうですと深く共感。学校でなにほど語尾をのばしているのやら。
心が不安定になっているときは、AかBかCかどれにする? など選択肢が増えると
ますます混乱してくるので、先生のよきように物事を決定して導いて下さいとお願いしました。
そこは先生もプロなので、心が不安定になる前に、先回りで物事を決定してくれている模様。
というか、母以上にショマの状態を把握しているのが凄いぞ。

面談も終わりというときに、お母さんもあまり悩まず、悩んでも相談できる友達を
お作りになってくださいね♪と言われました。
今日は少し人見知りしてしまったので、ひどく悩んでいるように見えたのかしらん。
友達もいますっ、いますっとムキになって言うと、本当はいなくて悩んでいる人の
ように思われそうなので、あまり悩まない性質なのですとだけ言い残して帰宅しました。

悩まない性質。いや、私だってショマが自閉症だと知ったときは泣いてばかりいたさ。
恋や愛にも美しく苦悩し、親子関係の歪みにも悩み、犬との師弟関係にだって悩んできた。
なんだ、私、悩みあるじゃん。
つなげ方が強引極まりないけど、悩みがないのはウチのお姉ちゃんだ。
悩んだことある?、ウーン、ないっと即答できる人はそうはいないはずだ。
19dcdf6c.jpg

子どものスキー帽のリフォームどうしたら可愛くなると思う? なんてそんなの
夜中に画像送ってくるほどの悩みじゃない。
目出し帽にいくらボンボリつけたって、子どもが可哀想なのは間違いない。
こんなのかぶせられた姉ちゃんの子どもは、母に似ず悩み多き人間になると思う。

| 自閉症関連 | 17:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

角切りビーフ薬


今年も犬たちのフィラリア症予防シーズンがやってまいりました。
4月には、お薬取りにいらっしゃいと動物病院から召喚状が届きました。

召喚状には、ブルドックちゃん達がフィラリア薬についてひそひそ話し合っている写真が。

「今年も角切りビーフみたいなお薬かな。」
 
「うん、そうだとうれしいな。」

などと書かれていますが、ブルちゃん達、キミ達何にも知らないのな。
フィラリア薬は白い錠剤だぞえ。・・・と思っていたら、『角切りビーフタイプ予防薬』の広告が
今日の新聞に載っているではありませんか。そうか、無知は私のほうか。
1c7393de.jpg

写真左下が角切りビーフタイプ予防薬。

もう5月も中旬だ、急いで行かなくちゃ。
今日は仙台も気温があがって、病院に到着する頃には竜と小梅の舌は
人間ではありえない方向にベロンと飛び出していました。
_49679b99d65e6.jpg 

_49679b9b6c603.jpg 

ブサイコちゃんになってるフフと笑いがこみ上げてきましたが、病院の鏡に
写った私の顔が、油浮きでペカペカして最もブサイコだった気もします。夏ってやーね。

2頭ともに血液検査の結果異常なしで、薬を処方してもらいました。
ついでに竜は狂犬病のワクチンを打ってもらいました。
えーと、5月から11月までまとめて払うとお幾らでしょうか。

・・・・What? パードゥン?

やっぱりそんなにかかりますか。想定していたより1枚諭吉っつぁん少ないけど、
でもやっぱり、そんなにかかるのですね。今日も睡眠時間削って働きます。
蚊よ、犬の血じゃなくアタシの血を思う存分吸ってくれ・・・。

でも、角切りビーフ薬だもんねー楽しみだねー。
家に帰って早速確認。アレっ? ビーフ薬はどこ?
1f889179.jpg

白でも喜んで食べることを、先生は完全に見切っているようです。

| 犬関連 | 12:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休写真日記2 禁止事項確認


今さらながら連休にやったことの記録です。
バラの苗が増えたので大きな鉢に植え替えました。
a809d4ee.jpg

ハート型のトピアリーもバラの苗で作ってみました。
トピアリーの型は去年の冬に買いました。
室内緑化計画として、室内の壁にワイヤープランツを植えて壁にかけていたのですが、
水をあげるたびにシャーと壁伝いに水が流出してきます。
普通考えればわかることだよね、と壁掛けをあきらめ、
鳥かご用のスタンドを買って立てて置くことにしました。
しかし、全速力で室内を暴れまわる犬たちが幾度となく倒してくれました。
全く、この暴れはっちゃくどもめ。室内で全速力走禁止! !

ワイヤープランツというのはとても水を欲しがる植物で、2日も水やりを忘れると
チリチリワイヤープランツになることも判明しました。
ズボラな人間にワイヤープランツ禁止! !
春になったら、バラに植え替えんべーと思っていたのが、連休にやっと実現。

庭の草採りと掃除もしました。
昭和天皇は「雑草という草はない。全ての草に名がある。」と名言を残されました。
私だって全ての野草を愛したい。でもね、でもねっ、んもーーーーーっっ、
なんでスギナは短期間にこんなに繁殖するのですか! !
スギナの根は地獄まで続いている、最初にそう表現したのは誰なのか。これも名言です。
818db9e6.jpg

スギナの繁茂禁止! ! ついでにスズメノカタビラとヤブガラシも繁茂禁止。

私の家は四方を坂で囲まれていて、私の家がある場所はちょうど坂を上りきった所。
家の隣にはジュースの自販機があり、私の家の駐車場の端で人々がジュースを飲みながら休息を取っていることがよくあります。
caddb852.jpg

このコンクリートにいつも腰掛けている男性がいて、近所の奥様にムーコさんのカレシ?
と聞かれますが、違います。30分ほどトークしたことがありますが違います。
休息を取ってもらうことに何の問題もありません。

14b7ad90.jpg

But,空き缶を投げ捨てていくのはやめちくれ~~。
いつも座っている彼は、缶を持ち帰っていてマナーを守っているので犯人は別の輩です。
り●ルゴールドというビタミンCやローヤルゼリー配合のドリンクをチョイスしていることから、
犯人はお疲れ気味と考えられます。仕事での疲労のうえに、坂を上って
帰宅しなければならないという事情、犯人はバス通勤のサラリーマン?
わざわざ人の家に投げ込んでいくという犯行、もしや私に恨みを抱いている?
ザ・ワイドでロバート・K・レスラーを見すぎの主婦のプロファイリングです。

り●ルゴールドを飲む権利は国民全てに保障されているものですから、
せめて投げ捨て禁止でお願いしたいものです。
以上が連休中に確認した禁止事項でした。

| 未分類 | 16:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運動会


土曜日に中止になったショマの運動会が今日開催になりました。
朝9時40分からの開始ということで、スズをさっさと保育所に置いてきて、
洗濯もせず、犬たちの遊んで光線を振り切って駆けつけたというのに、
ショマはだらーんだらーんとしていて動きに精彩がありません。

おのれ、母ちゃんがこっそり見ていることを知らないな。
なんだその動きは、しゃきっとせんかい。
ズボンに手を入れるなと、口パクで指示するも見えていないようです。

クラスの男の子と熱い抱擁を交わしたりもしています。
クラスに女の子がいないせいか、いつも同じ男の子とラブラブです。
担任の先生はどうしても、この行動をやめさせたいと願っているようです。
当の親2人が、「あっ薔○族www」などと言っているのは内緒です。

フライングディスクを飛ばしてゴールに入れるという競技がありました。
このディスクを飛ばす装置が素晴らしい。多分、手作り。
手でレバーを引くとシュパーンとディスクが舞い上がります。
ぜひ、作り方を教えてほしいものです。うちのワンコ達のディスクキャッチの特訓に。
竜は華麗な空中キャッチが出来ない犬、小梅は股関節が悪く激しい運動禁止犬なので
家にあってもディスクが空中に虚しく舞い上がるだけですが。

もうひとつ、ミッフィー綱引き装置も可愛らしかったです。
_49679ba4be683.jpg 

ミッフィーと綱引きをして勝つと、ミッフィーは前にパタンと倒れ、
筒の中から勝利の証、ボールがポーンと飛び出します。
塩ビニ製のミッフィーちゃんは、初めから勝つことなど頭にないようです。
子どもたちに花をもたせるミッフィー、えらいぞ。

競技は徒競走で終わりました。
母の事前予想、ショマは絶対コースアウト。
期待を裏切りません。同級生のお母さん目指して駆け抜けていきました。
知らない人が見たら、母を目指してゴールの微笑ましい光景に見えるでしょう。
お母さんはこっちだよー、こっちだよー、真・母は校庭の片隅で訴えてみます。

終始のーんびりしたムードで競技をこなしていましたが、一年生の時は
パニックを起こしてほとんど参加できなかったので、行事にも慣れてきたということなのでしょう。
先生からの連絡帳にも徒競走が残念だった旨が記してありましたが、
最初から最後まで楽しく参加できたことを褒めてあげたいと思います。
それより、頑張ったご褒美にショマに自分の給食を分けてあげたという先生の体力が心配です。

| 自閉症関連 | 14:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でっかいどう大好き


仙台市内のデパートで開催されていた北海道物産展に行ってきました。
家人の仕事がらみのお付き合いで行ったのですが物産展は楽しいですね。

到着すると人、人、人・・・・。
みんな、そんなにでっかいどう北海道が好きか! ? 私も好きだ。
私は中学生になるまで花のお江戸には行ったことがなく、旅行といえば北海道でした。
家族旅行も北海道、修学旅行も北海道、社員旅行も北海道。
社員旅行では、小樽の石原裕次郎記念館において、裕次郎とブランデーグラスをかたむける、
という合成写真を作ってまいりました。
同じく社員旅行で裕次郎記念館に行った姉は、裕次郎と(恐らく)銀恋デュエットの合成写真。
津軽の美人姉妹と写真を撮ることができて裕次郎も喜んでいることでしょう。

そんなわけで、北海道という土地に勝手に親近感を抱いている私。
青森県民と北海道民は田中義剛を押し付けあっている、そんな噂も聞こえてきますが、
うそっぽい津軽弁を話す義剛も今や北海道の牧場主、青森県民もほっとしています。
そんな県民事情はおいといて、

昨日は『水曜どうでしょう』関連グッズなども売り出され、特に混雑していました。
8階催事場から6階まで行列ができていました。
みんな、そんなに大泉洋が好きか!? 私もけっこう好き。
大泉さんのでっかい写真パネルと記念撮影している人がけっこういました。
そうか・・時代は裕次郎と写真撮影ではないのだなぁ。

スープカレーのイートインコーナーもありました。
イートインとはいえ、ブースに仕切られておらず、人がひしめきあう中で、
若いお姉さんがチキンのもも肉にかぶりついていました。仕切ってやってよ。

物産展では、松尾ジンギスカンのお肉パック、六花亭バターサンドなどを購入。
0ea8d6c9.jpg

子ども達が抽選でキャラメルを当てました。
数種類の中から、北海道らしくラベンダーキャラメルを選ぶ。(ジンギスカンキャラメルはくじの商品の中になかった、残念。。。)
お口にぱぁぁぁっと広がる、さわやかサ●デーっぽい香り。
これを食べたスズがチュッとしてくれた時、とてもよい香りがしました。
大切な人と口づけを交わす予定がある方に、お勧めの一品です。

| 料理・食べ物 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チリの海の香ご飯


私は家で仕事をしているのですが、新年度に入ってからプチバブル状態に
なっていて、朝パソコンに向かっても、次の日の朝まで仕事終わらんということが
多くなってきました。

昨日はショマの運動会もあったのですが、雨で中止になってしまいました。
ギリギリまで仕事が終われず、見に行けるかどうか微妙なところだったので、
朝に中止の電話をもらった時、ちょっとほっとしてしまいました。

夕食も一昨日はピザを注文。
ごめんね、ピザで我慢してねという申し訳なさいっぱいなのに、大喜びの子ども達。
そんなに、母ちゃんの作る料理はまずいか・・・。そんなに外注の料理が好きか・・。
スズに至っては、ピザが来るっておばあちゃんに電話するっと満面の笑みです。

電話を受けた母は、このままでは体壊してしまうよと心配して、ダンボールに2箱、
おかずをたっぷり詰めて送ってくれました。ありがたや~母の愛。今日は母の日。
しかし今年は何にも用意してない。電話でお礼を言うときに、

「明日の母の日なんだけどさー、ちょっと忙しくて手がまわらなくてさ。
 何も届かないから、安心して出かけてちょーだいな。」

と正直に申告。電話で気まずい沈黙が流れます。いや、一日待ってもらうのも悪いと思って・・・。

このままご飯も作れなくては、家庭も崩壊してしまう、というわけで昨日の夕食に
スーパーで買ってきた味付けあわびを使って『あわびご飯』を炊きました。
あわび、生でコリコリの食感を味わうのもよいですが、私はバター焼きが好きです。
お吸い物もいいですね~。

あわびといえば、裸の金髪美女が海藻をまとって現れ、画面がぐるぐる廻るあわびにパンという、南三陸ホテル観洋のサブリミナルなえっちぃCMも思いだされるところです。
そんなことは、どうだっていい、とにかくあわびご飯。
f7303321.jpg

箱にでっかく味付あわびと表示してありながら、その片隅にはラパス貝とちっちゃく表示、
そんなこともどうだっていい。全て納得済みで購入したんだから・・。
チリ産ラパス貝、ラパスご飯、アニータだって味わったかもしれないじゃないか。

結果、最近私の顔色が悪いと心配してくれた夫だけが、夕食を作った私を
気遣ってラパスご飯を食べてくれました。ありがとうパパちゃん。
今月頑張って給料が出たら、本物のあわびご飯を炊きたいなと思います。


| 料理・食べ物 | 03:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20歳の私へ


悩みといえるほどのものでもないけれど、今少し迷っていることがあります。
今月に入ってから少し忙しくて、悩んでなんかいられない状況なのに。

先日、父母が仙台にやってきたときに
小学生の時分に作った猫型タイムカプセルも一緒に車に乗って、
製作者の私の元へやってきました。青森在住の姉がなんの気を利かせたのか、
荷物の一部に入れておいてくれたようです。

小学6年生のときに作って、20歳の時に学年全員で開けることになっていたタイムカプセル。
残念なことに、20歳の自分の記憶も薄れるほどの年齢になってまいりました。

一人、当時の友達で確実に連絡が取れる男子がいるのですが、奥様が出産を控えているか、
もう生まれたかどちらかなので、タイムカプセルどころじゃないでしょう。
お祝い金も出さねーで、そんなことの相談か・・・・・
と長年築いてきた信頼関係の方が先に崩れるかもしれません。
私一人で、この猫ちゃんをかち割るかどうか決断しなければなりません。

この猫ちゃん、ニスの塗り方が雑です。首輪がわりのリボンはきれいにリボン結びするほどの
長さがなかったらしく、パチンコ玉が埋め込まれて適当に留められています。
思春期目前の自分よ、パチンコ玉、どこで拾ってきた? 

ジャッキーの写真は絶対入っていると思うのですが、あとは何を入れたか思いだせんのです。
タイムカプセルに入れる品の定番、20歳の私へレターも入ってるかもしれん。
「20歳の●●ちゃん、今何してますか?」って呼びかけてるのかしらん。
かーーーっっっ、はずかし。でもアホな手紙が入っていたら読みたい。
それとも思い出は美しい宝石のままで、死んだらこのままお棺に入れてもらうか。
割らずにとっておいたら、形見わけの時、ゴミに捨てられちゃうかな。

悩んでいる私の前で、小梅姐さんが私の思い出をくわえていって崩壊させはじめました。
_49679bab12dbd.jpg  
耳と前脚はあっというまになくなりました。このままほうっておけば
今日中にも全容解明しそうですが、小梅姐さんのお腹に紙粘土が詰まってしまうので、
後日自分の手で思い出という名の宝石箱をトンカチで叩き割りたいと思います。

| 未分類 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旬果搾り

連休中の5月3日と5日、ショマはヘルパーさんとお出かけをしました。

3日の日は女性2人の両手に花、うち1人が新人の方で、5日の日は女性と男性の
2人のヘルパーさん、うち男性が新人の方でした。

もう、新人の方がキラキラして、まぶしくって

両日とも、午前10時から午後2時までと昼食をはさんでのお出かけだったので
出発の前に食べ物の好みを大まかに伝えておきました。

「アレルギーなどはありませんか ? 」

この気配り、この目の輝き、搾りたてのグレープフルーツ果汁のような瑞々しさ、素晴らしいです。
おばちゃん100円あげるからね、これでアイスでも買いなさいなと、偉い人には
黙ってなさいよと手に小銭を握らせてあげたくなります。

以前、ショマがヘルパーさんとの外出後、ポイポイッと靴を脱いで玄関にあがったのを
諌められ、靴を揃えるところからやり直したことがあり、母は感心してしまいました。
だ、だって私もポイポイッと脱ぐ人なんですもの。
私ったら、「チェキナッ! !」という言葉を覚えたショマに、学校のカラオケ大会で言えば盛り上がるぞ、言ってみぃと何度も練習させたりすることにばかり心血を注いで、本当に恥ずかしい。

こういう毎日の生活習慣の着実な積み重ねこそ大事なんですよね。
ショマのような子どもは修正がききにくいので、最初に正しい行動を覚えさせることが
大事です。でも日々暮らしているとなかなか細かいところまで行き届かなかったり・・
と日々の雑事のせいにしてみたりして・・・。
たくさんの人にサポートしてもらうお陰で自分のしつけ方を見つめなおすこともでき、
母も勉強になります。

ショマは3日、5日ともバスや地下鉄に乗って、公園に行ったり、宇宙科学館にも連れて
いってもらったようで満足した様子でした。
3日の日はお姉さん2人組にコーヒーを渡すことができました。ちっさいお礼だけど。

5日の日は、残されたスズがご飯を食べに行きたいというので私と2人で
ラーメンを食べに行きました。私、オーダーにんにくたっぷりラーメン。
お腹一杯になったら眠くなったよとスズと昼寝、爆睡している時にショマが戻ってきたので、
思いきり寝ぼけていてコーヒーを渡すどころでなく、ボーとしていました。
ヘルパーさんが目をキラキラさせて活動内容を報告してくれていたのが、
寝ぼけマナコにまぶしかったです。
新人故の輝きではなく、私との人間の質の違いからまぶしく感じるのか。
歯磨きもしないで昼寝しちゃったから、私臭かっただろうな。

| 自閉症関連 | 12:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休写真日記


連休がやっと終わりましたね。遠出は出来なかったものの、人気のない近所の公園で
遊んだり、それなりにまったり過ごせました。
d4893f2e.jpg

近所の公園ではこんなキノコを発見しました。
おいしそうね~とショマは持って帰りたそうにしていました。
味噌汁の具や、黒胡椒をきかせてバター炒めに・・。
いえいえどう見ても“毒入りキケン 食べたら死ぬで”のような気がします。

ウサギのマモル兄さんのお墓参りにも行ってきました。
共同墓地なので、たくさんの花が供えてあります。
_49679baf99c08.jpg 


お墓の近くには八重桜も咲き、
_49679bb174985.jpg 


オオイヌノフグリも満開です。
_49679bb2f343e.jpg 

イヌノフグリ、犬の陰嚢、わかりやすく言えばオス犬の黄金球ですね。
花後の果実が犬の陰嚢に似ているというのですが、この可憐な姿にこの名前。
植物の名前にはとんでもないものがありますよね。
『ヘクソカズラ』とか。屁と糞のように臭い、どれほど臭いのかお姉さんに嗅がせて
ごらんと去年の秋に鼻を近づけてみたところ、なるほどヘクソカズラでした。
さっき調べたところ、万葉の頃はクソカズラと呼ばれていたのが、後に「屁」も加えられたとか。
ダメ押し、ひどいです。でも花姿はヘクソカズラも可憐です。
秋にはこのお墓で写真が撮れるかもしれません。

さて、お墓参りにはラビットフードも持参して行きました。
袋の中身を半分以上残して、マモちゃんは逝ってしまったのですが、これを捨てたら
寂しくなってしまいそうでなかなか捨てることができません。
多分しけっているので、天国のマモル兄さんは新しいの持ってきてよと訴えていたかも。
2b17ee20.jpg

フードの絵のウサちゃんは楽しそうに、ピアノを弾き語っていますが、
実際のウサギはとても前脚が短いので、椅子に座ってもピアノの鍵盤に手は届かないでしょう。
マモちゃんは小さなおててで顔を洗ったり、耳のお手入れをしたりしていました。
本当にお洒落で可愛い男でした。
マモちゃん、天国で前脚が少し長くなってピアノを楽しく弾けていたらいいね。

| ウサギのマモちゃん | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情熱キッスをあげる☆

異論のある方もいるとは思いますが、犬はフードというご褒美を出してしつけるのが
一般的かと思います。人間のコマンドに従うようになったら、ご褒美フードの量は
減らしていき、人間から褒めてもらうこと自体を喜ぶ犬に変貌させなくてはいけません。

竜は食べ物の誘惑に非常に弱い犬なので、フードを見せて「握手」を求めると
大変フレンドリーな様子で手を差し出してきます。
日本人はそんなに握手の習慣に慣れてないのよと戸惑うくらいグイグイと手を伸べてきます。
これがひとたびフードなしとなると、俺様の大事な肉球傷つけんなよと
けだるい雰囲気で手を出してきます。自分を安売りしないという精神が染み付いています。

訓練所でも当然、フードを使って条件付けてしつけるものと思っていました。
このことは書くべきかどうか迷ったのですが、竜の師であるおじいちゃん訓練士は
自らのお口から唾を出して、褒美として与えていました。

こんな方法見たことありません、聞いたことありません。
でも、ひとつ言えることは自分の体から生産できるので安上がりだということです。

訓練所から戻ってきた竜は、私がフードを持っていないときは、
じゃあ唾で手を打ちますかという犬に変貌していました。
竜とチッスをしたら、おじいちゃんと間接チッス仲間です。

竜は私がDVDでも観ようかしら、とくつろぎモードに入ると顔の前に現れ、
テレビの画面を全く見せてくれません。唾、いまこれ唾タイム?と
目をキラキラさせて待っているので、こちらも全く落ち着きません。 
_49679bb687438.jpg 

ディープなチッスを求めて、私のお口めがけ鼻面を押し付けようとしているところです。

おじいちゃん訓練士は、竜が通っていたときかなり高齢でしたので、
まだ存命でおられるかどうか分かりません。竜は今でも高齢の男の方が大好きです。
昔懐かしい感じがするのでしょうか。高齢の方とすれ違うと熱視線☆を注いでいます。
唾を執拗に求める竜におじいちゃんの訓練法は根付いています。
私と家人は、きっと魔法の唾なんだよねーアハハと訓練所で目撃したことを
自分たちの心に納得させています。

| 犬関連 | 11:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シェパード In みかん箱

住み込みとしての生活といえど、週末にはどのように竜が変わったのか
よく見学をさせてもらいました。

おじいちゃん先生は竜に徹底したハウストレーニングを施していました。
狭い場所でこそ犬は落ち着く、広い場所犬には与えるべからず主義でした。
竜を飼ってから車をセダンタイプから、移動を考えてワンボックスに乗り換えたのですが、

    「犬はトランクでいいんだ
             無駄な買い物してっっ 」

と先生からきつーく叱られました。しかし、高速道路のSAで犬がトランクからビョーンと
飛び出してきては周囲を驚かせてしまうことでしょう。
ワンボックスカーの選択は決して間違いではなかったと思います。
徹底したハウストレーニングの成果か、訓練所入隊後、お陰様で竜はハウス以外では
全くくつろげない犬になりました。高ーい屋根のある室内では、落ちつかねーよオレと
ずっとウロウロウロウロ・・もういいわっていう位のウロウロ犬です。
竜がその辺でスヤスヤ眠っている写真は、体が丈夫なうちは撮影することが出来ないでしょう。

先生が訓練した別の犬を見せてくれると言ったので、ワクワクして待っていたら、
その辺に置いてある「みかん箱」からシェパードが飛び出してきました。
私は今、とんでもないものを見てしまったのではなかろうか・・・。
りんご箱ならまだ理解の範疇でしょう。みかん箱からシェパードってよぅ。
シェパードはコマンドを入れると、シュタッシュタッとすぐに従うカッコいい犬だったものの、
コマンドの入っていない時は竜と同じく広い世界に我が身を持て余すウロウロ犬でした。

その後、竜は「匂い追跡!!」「高い所ジャァーンプッッ」「吠えろっっワンワンワン」
などのワザを着々と身につけていきました。先生は「犯人攻撃!!」も教えようと
していましたが、住み込みの期間の関係上そこまでは習得出来なかったようです。
覚えておくにこしたことはないけれど、私が理想とする家庭犬とは少し違うような。
あのー横に付いて歩けとか教えてほしいんですけど・・・とおずおずお願いしたところ
「んー長い時間横に付けて歩くのはこの犬はムリ!」とあっさり却下されてしまいました。

当時学んだことで家庭犬らしい雰囲気のワザは

 「1+1=ワンワン 2+2=ワンワンワンワン」

くらいでしょうか。竜でこれをやるとものすごく近所迷惑です。 
_49679bb8bd296.jpg 

とってもブサイコちゃんになっていますが、一粒のフードのために私が出した
計算式に必死に答えているところであります。訓練所話、あと少し続きます。

| 犬関連 | 02:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竜、修行に出る


今日の朝、竜&小梅を引き連れて歩いていたら、竜が小さな土手を突然飛び降りて
下を流れる川を飛び越えました。びっくらこきました。
犬日記が減っているのを憂慮して、自ら体を張ってネタ投下してくれたようです。
が、本当に体を張ったのはリードごとドブ川に引きずり込まれそうになった私と小梅です。

竜の気持ちをおもんぱかって、今日は竜が訓練所に住み込みさんとして生活していた
頃のことを思い出してみます。

あれは・・・竜がまだ子犬だった頃。
組長は夫、No.2は私、舎弟は竜、と私が丁寧に家庭内ヒエラルキーを教え込んでやりました。
石原軍団でたとえるなら、夫が渡哲也、私がバースディも一緒ということで舘ひろし、
竜はぐっと順位が下がって21世紀の裕次郎・徳重聡ってなもんです。
えーと更にVシネマでたとえるなら、夫が竹内力もしくは哀川翔・・・この方面には詳しくないので
ここでやめておきます。

どうにもこうにも舎弟はこの順位付けに納得できなかったようで、No.2の座を巡って、
私と竜は血で血を洗う抗争を毎日繰り広げました。
舎弟は時に優しい心を見せることもあり、組長と私が夫婦喧嘩という名の抗争を
おっぱじめると、私をかばって鉄砲玉として組長にかかっていくこともありました。
こんな優しさをたまにでも見せられると、“差し上げます、ラブラドール生後半年”と
青森の地元紙『東奥日報』に告知を出すわけにもいきません。

舎弟の教育に失敗したのは、全てNo.2の力不足ということで、竜は訓練所という名の
別の組へと修行に出されることになりました。
そこで出逢ったのが、警察犬訓練士のおじいちゃんでした。
わすがばかりの時間、竜を確かめた先生からは

「この犬は盲導犬のようにおとなしくはならない、ムリ
     警察犬か麻薬捜査犬になら、なんとか仕立てられる。」

とのお言葉を頂戴しました。
犯人を探してほしいわけじゃ コロンビアから輸入された麻薬を探してほしいわけじゃ
ただ私は普通の家庭犬を望んでいるのです。
私の願いが聞こえたかどうか、竜の訓練所住み込み生活が始まりました。 つづく              

| 犬関連 | 17:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ祭り


障がい者通所授産施設「仙台ローズガーデン」で開催されたバラ祭りに行ってきました。

養護学校に通う中で、参観日での個人面談、家庭訪問と先生と話す機会が多く
設けられていますが、必ず話の最後の方で聞かれるのが進路はどのように考えて
いるのか、ということ。

し、、進路と申されましても、私、ショマと今を生きるのが精一杯でございます、
と頓珍漢な受け答えで乗り切ってきましたが、先生たちは明確な将来へのビジョンを
求めている様子、いつまでも明日は明日の風が吹く的な考えでもいられないようです。

ここはひとつ、施設見学もかねてということで、子どもを2人引きずっていきました。
市価より安い価格で切花が購入できるとあって、かなりの盛況ぶりでした。
昨日の午前ワインゼリーを食べ過ぎたショマは酔いがまわったようでした。
顔の赤味がひけるのを待って出かけたので、300円の安いバラ鉢はかなり数が少なく
なっていました。酔っ払うまで食べるなショマ、いや食べさせるな母。

施設内にはでっかい温室が並び、9万株ものバラが栽培されているそうです。
67460470.jpg

カメラを忘れたので携帯の画像ですが、このような温室が何棟か並んでいます。
これだけのバラがあれば、咲いた時には天国のような場所になるでしょう。
好きなバラをここで沢山買って名前を告げずに誰かに贈れば、○○のバラのひとに
なることだって可能です。

昨日はハッピートレイルズというクリーピングタイプのバラの苗と、品種不明の
バラ苗をひとつ、デージーのような花の苗をひとつ買って帰りました。
つぼみをつけているので咲くまでが楽しみです。
作業所で働いている方が、お金の受け渡しもしっかりやってくれました。
やはり働くためにはここまで出来るようにしないと、と実感して帰ってきました。

バラの切花が販売の主流のようでしたが、鉢苗もどんどん売り出してほしいものです。
キャシー中島は夫・勝野洋から毎年誕生日にバラの苗をプレゼントしてもらうとか。
年に一度でも、自分の好きなバラの苗が届くシステムがあればファイト一発頑張れそうです。

こんな場所で将来働いてくれたらなぁぁ。
私が働きたいくらいだよ。母ちゃんが頑張って稼いでくるから、ショマは留守番
しっかり出来るようになるんだぞ、では進路相談で話すことはできないし、うーん。

| 自閉症関連 | 15:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |