2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

毛だらけ夜遊び

母K子がいるときにパソコンをいじくっていると叱られてしまうので、
さくさく夜中に更新してしまいましょう。
パソコンを触るのを制限されるくらいならいいのですが、
母がいる間は竜と小梅も部屋に毛が散らばるという理由で自由に遊ぶことができません。
木曜日までの辛抱よ。
大きな犬が家に居ることをブツブツ言いながら、徹底的に家を磨いている人の前で
お前達を解き放つ勇気がない私の非力を許してね。

という訳で夜中に遊びましょう。
深夜散歩も時間延長。
_4967995b564af.jpg 
誰かいる! と竜は警戒を強めていますが、大丈夫です。
仕事帰りのオフィスレディのお姉さんだと思います。
怪しさでいったら、お姉さん0.1、夜中に公園で写真を撮っている私達9.9位の比率だと思うわ。

_4967995d6e68b.jpg 
竜、小梅にマウント失敗。軽く曲がった腰が悲しい。

さぁさぁ、家でも盛り上がっていきまっしょい。
239e9b96.jpg

_4967996095255.jpg 

_496799623cf81.jpg 
あら、小梅の目が怖いわ。遊べないとこうなっちゃうのか。

ガブリエルさんのブログで『犬と暮らすと家がキレイになります』という衝撃の本が
紹介されていたのですが、あっという間に毛だらけです。
今、母は今日の掃除の疲れでぐっすり寝ているので私達の夜遊びを知りません。
明日の朝カンカンに怒ることでしょう。

| 犬関連 | 00:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家ってあったかいネ。

今日はこんなところに行ってきました。

_496799653785a.jpg 
日本庭園ではなく、福祉プラザというところです。
写真は福祉プラザ内にある庭園です。
仕事の研修で午前中早い時間から行かなければならなかったので、
ショマを学校に送って、スズは保育所を休ませ、
実家から遊びに来ている母に子守りをお願いしました。

研修が終わり、福祉プラザ近くにある三陸おさかな倶楽部へ。
前回行ったときよりcranberryさんの弟さんが接客上手になっている! !
これなら、おば様たちのハートをズキュンと射止め繁盛間違いなしでしょう。
さんまの昆布巻きが大変美味しいと評判なので
狙っていたのですが、今日はなかったようです。
弟さんおすすめの小女子(こうなご)のくるみ入り佃煮と自家製のいちぢく煮を買いました。
(この佃煮、滋味あふれるとはこういう味をいうのかと感動。
こういう日本のお母さんらしい味を上手に出せるようになりたいなぁと思わせられました。)

その後、仙台のアーケード街をぶらぶら散策しつつ帰りました。
一人なので色々なお店を見て帰ろうかしらと思うものの
家で丸顔のチビが待っていると思うと、丸顔にすぐ会いたくなってきました。
チビは甘いものは食べないから、私のお昼ご飯と一緒に餃子を買ってあげることにします。
三越を出るとケヤキ並木が広がり、勾当台公園の樹木は紅葉がはじまり、
落ち葉が風に吹かれて舞っています。
こんなに美しい街はそうはないなー、さすが杜の都だわと仙台に住んでいるものの
いまだ異郷の地にいる気分が抜けない私はしみじみ思います。
写真を撮りたいと思いつつ、チビの顔がちらつき家路を急ぎます。

ただいま~。すでに午後2時をまわっています。
チビちゃん、寂しかったかい。
おかあしゃん、お仕事だったの、ボクも行きたかったよ。ああん、めんこい。
お母さん今からお昼だから一緒に食べたら、と言うと小さな椅子を持ってきました。
そしてほぼ全て食べられてしまいました。
確かに餃子はお土産なんだけど、あんかけ焼きそばはおかあしゃんの…うぁぁ。

その頃、鬼の形相でわが家の掃除をしていた母K子は
スズちゃん、大人になったらこんな掃除をしない女を絶対嫁にもらってはいけませんと
きつく言い聞かせていました。さんざんです。買い物してくればよかったかしら。

| 自閉症関連 | 23:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キミはボクの女神

 近隣の知り合いの方でプロのカメラマンの方がいらっしゃいます。
そのカメラマンの方が先日スズの写真を撮ってくれました。
地元発売の雑誌だと思うのですが、子ども500人の写真を撮って掲載するとのことです。
500人であれば豆粒のような写真になるかもしれませんが、
スズはこの地域にあるヤマザワというスーパーのマークに似て、複雑な作りがまるでない子、
プロのカメラマンの方が撮るとどうなったのかと楽しみであります。

【参考資料 スーパーヤマザワのマーク】
4117a480.jpg
母がのし袋の裏にさらさらと書いてみました。実際のマークは三つ、この顔が並んでいます。

撮影はあっという間に終わってしまいましたが、
レフ板というのでしょうか、そんな機材も使っていてOH ! プロチック。
母は背後からそっと見守っていたので、スズがどんな表情をしていたのかわかりませんでした。
本が出るまでのお楽しみです。頼むから目だけは開いていてほしい。

何がなんだかわからないうちに写真を撮られたスズも、
帰宅してから「ボクも写真を撮ってみる!」とカメラマンに変身しました。
モデルはスズの永遠のミューズなのかどうかわかりませんが、小梅。
ハウスで寝ているところを起こされて撮影しました。

_496799687ff25.jpg 
ハウスの上に梨の箱が載せられていることで、閉塞感を感じているのでしょうか。
小梅の感じている息苦しさを撮ることができているのではないかと親バカは思います。

_4967996a14f91.jpg 
モデルさんは撮影が長時間におよび不機嫌になってきたようです。
ハウスから出してもらいたいのか、もっと寝ていたいのか ?

_4967996b98867.jpg 
カメラマンがまだ幼い故、指が写っているのはご愛嬌。
犬って寄り目になるものなのか、スズよ、キミの捉えた小梅の一瞬の輝きにお母さん感動。

というわけで、今日の日記は自閉症とは全く関係のない話ではありますが、
犬と子どもが一緒に暮らしているとどちらのカテゴリーに分類してよいか
わからなくなるという例を示してみた今日の日記でした。

| 自閉症関連 | 03:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無用の長物

昨日、スズを保育所に迎えに行くときに、数少ない犬友達のお父さんにお逢いしました。
ゴールデンレトリバーが黒ラブにかわっていると思ったら、
よく竜と遊んでくれたゴールデンレトリバーの男の子は亡くなってしまったとのこと。
ガーン。ずい分年をとったなぁとは思っていたものの訃報を聞くとショックでした。
保健所に連れ込まれた黒ラブを新たに引き取ったのだそうです。
ひとつの命は消えてしまったけれど、新しい命が救われたんだと思うと、
天国に行った男の子も喜んでいるのかなと思いました。
黒ラブの方はしつけが大変でと言っていましたが、竜よりずっと落ち着いている ! !
「竜よりずっと落ち着いてますよ。」
と言ったら、竜の実態を知るお父さんは
「お若いままでなによりです。」と笑っていらっしゃいました。
若いままといえば聞こえはいいけれど、すでに若作り。

さて、秋晴れが続くと聞いたような気がするのですが今日は朝から冷たい雨が降っています。
さぁ、竜ちゃんレインコートの出番かな?
今朝はこれまで同様に素っ裸のまま散歩に行きました。

今週は月曜と火曜も冷たい雨が絶え間なく降っていました。
_4967996db6be8.jpg 
よく似合っているわ! と小梅もうっとりの月曜日の姿。

_4967996f456c6.jpg 
かなり冷えるけれど、冷たい雨もガードする
レインコートを羽織って行ってみまひょか、三体で。

_49679970df30c.jpg 
ええい、えい歩かぬか、この水をもはじくいい男。

……というわけで、レインコートをすんなり着ることはすでにわかったのですが、
レインコートを着用すると家の前から全く動かないことが月・火曜日に判明しました。
ですから今日も雨でも素っ裸。恐らく永遠に雨の日素っ裸。
スカジャンといい、レインコートといい無駄だったことがわかり、私が泣きたいです。

| 犬関連 | 11:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名言・写真は動かない

今日、同じ宮城県内に住む『5人と一匹~お気楽家族』のれんママ★りこさんと
お逢いしました。
仙台市泉区にあるお洒落ビル内のスタバで待ち合わせ。
ドキドキドキドキしてしまいます。
りこさんは黒ラブのれおん君と小梅を逢わせてみたいとも
おっしゃってくださっていたので
まず小梅の母である私がきちんとしなければ…。

メールで連絡を取りあい、無事に逢うことができました。
スタバで子育ての話などをしていたらあっという間にお昼です。
私の知っているお店でご飯でもと言われていましたので、
『仙台食道楽百科』という本を買って今日にそなえていました。初めてのデートのようです。
店を知らないってデートでは辛いな~。
沖縄料理のお店を考えていたのですが、場所が移転し地図を見てもはっきりした場所が
わかりません。地図を読めない人間もデートでは辛い。
店を知らずあたふたするのも初めてのデートでは格好悪いものです。
もしよかったら、うちで犬鑑賞も兼ねてお弁当でも食べませんかとお誘いしてみました。

快く了解してくださったので、お弁当を買って我が家へ向かうことに。
ひとつ心配が…りこさんは竜も小梅もおとなしい犬だと思ってくださっていたようです。
小梅も竜もかなり落ち着きのない犬であることはお伝えしたのですが、
予想を上回ること必至。
りこさんのお宅のれおん君はとても穏やかに見えますねと言ったところ、
「そんなことはないですよ、写真は動かないから。」と名言を頂きました。

そうよね、写真とイメージが違うのは当たり前。
竜がおとなしそうに見えるのも写真が動かないからよね。勇気をもらいました。
私に勇気をわけてくれた方が我が家に到着して早々、
竜は興奮しておしっこをもらしました。食べ物を探して台所に突撃しました。
小梅は喜びでただただ大暴れ。
今までの♀犬に対する認識が変わったと言われるほどのはじけっぷり。

【認識が変わる前のしとやかな小梅像】
_4967997323638.jpg 
デジカメが壊れたので、今日の様子は残念ながら写真に収めることは出来ませんでしたが、
今日の喧騒の中では写真撮影は無理だったことでしょう。

その後私はショマのお迎えがあり、いっとき席を外したのですが、
私がいないすきに小梅がトイレの枠からはみ出しそうなところにウ●コをしそうになり、
それをりこさんがちり紙でキャッチしてくれたそうです。
初対面の方にキャッチさせてしまった…。

おまけに竜が使わないヘッドカラーをれおん君にお渡ししますと約束したにもかかわらず、
渡すのを忘れてしまいました。
_49679974e8da4.jpg 
決して見合いの話が駄目になりそうだから、
わざと忘れて再度会う機会を作ったわけではなく、本当に忘れてしまいました。
りこさん、ごめんなさい。
でもまた逢う機会ができましたね。郵送で送ってって言われちゃうかしらん。

| 犬関連 | 17:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おしゃれ賞

ずいぶん前に、我が家の愛犬の写真をペットフォトコンテストに応募してみよう!
と宣言しました。
そしてずいぶん前に結果が出ていました。
実は優勝してデジカメゲットなんてことはなく、審査員の森泉ちゃんに我が家の
小梅の魅力は伝わらなかったようです。

結果はこちら。
http://house.aol.co.jp/petcontest2006/index.html

みんなに賞をあげたい!!と泉ちゃんはおっしゃっているので、
じゃ、くれよと思わず言い返したくもなりますが、落選は落選。
往生際が悪いのも醜いものです。
応募作品スライドショーを気が遠くなるまでクリックすると小梅の写真が出てきました。
飼い主でもくじけそうになるくらいのクリック連打だったので、
小梅をぜひ見たいという奇特な方、または動物が毛穴が開いちゃうくらい好きという方は
ご覧になってみてください。

小梅が勝負をかけた写真は再度の掲載になりますが、コレ。
_496799773171f.jpg 
かわゆ~い。泉ちゃんにはどうしてこの魅力が伝わらなかったのかなぁ。
締め切り前夜にどうでもよくなって、
この写真をメールで送りつけたのがお見通しなのかしら。
題名も【今夜のアタイ、ブルーな気分で】とかなんとか急いでつけて送りました。

来年もフォトコンが開催されたなら、また勝負をかけることもあるかもしれません。
他の飼い主さんを一歩でもリードするために、今のうちから対策を練ることにします。
策は我にあり、来年こそは天下を手中におさめましょう。
今回の優勝作品は躍動感たっぷりの写真。これは私には無理っぽいなぁ。
アイデア賞も無理だなぁ。アイデアがあったらブログももっと楽しくなってるっちゅーの。
おしゃれ賞でいきましょう。今回のポメラニアン、キュートキュート。
この帽子は人間でも守ってあげたい系の女の子がチョコンとかぶる感じでないの~。

というわけで小梅もかぶってみました。
_49679978b731e.jpg 
あっ、いいんでないの。少し帽子がずれてバカ殿かつらのようだけど(・∀・)イイ!

1329054b.jpg
やっぱり、自らデザイン、リフォームした帽子は違うね! !
フォトコンに再度出るからにはお仕着せは嫌だという強い意志を感じるね。
お気に入りの帽子を台無しにされたショマも本望だわね! !

| 犬関連 | 12:11 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛を感じるお洒落☆ティータイム♪

今日は夫が夜中から釣りに出かけたので、朝からなんとなくのんびり。
いつも使っている車に乗っていってしまうので、外出もままなりません。
こんな日は家でのんびりしましょうね。

新聞をゆっくり読んでいるとテーブルをはさんで向かい側に必ず竜が座りこみます。
何かをされるわけではないのですが、じっと見られていてとてもプレッシャーを感じます。
遊んでほしいようです。
ハンサムさん、今だけ小梅と遊んでいてくれないかな。

うちの子どもたちは外出好きなので、外出をしない日は特別なことをしてあげないと
間が持ちません。今日はお母さん主催でお茶会をいたしましょう。
いつもはコーヒーですが、今日は紅茶なんかどう?
いただきもののフォションの紅茶を開けてみることにします。

df37bf87.jpg
マタン・ド・フランスというブレンドのようです。

 【力強くブレンドされたアッサム茶と中国の有名な茶の産地であるユンナン茶の
  ブレンドです。さわやかな朝のひとときをすっきりした紅茶でスタート。
  たちのぼるブーケに品格が感じられる、味・香りはきっと素晴らしい朝をお届け
  することでしょう。】

こんな説明書きがなされています。
なんだか大仰しいですが、これを飲めば一日のスタートもすっきり爽やかってことみたい。
マタン・ド・フランス、マタン・ド・フランスと口で唱えるだけでも楽しい気分になれそう。
さて、蓋が開きません。固い。どうやって開けるものなのですか。

2e623821.jpg
ホタテの貝をこじ開ける器具を使って、てこの原理を利用しこのように開けることにしました。
紅茶の缶とホタテの貝の開け方が同じとはなんともムードがありません。

お洒落お茶会の出鼻をくじかれましたが、子どもたちもウキウキしているようです。
今日はお客様用のカップを使ってあげるからね~~。
白いカップでいいですかとスズに聞くとニコニコしています。
318ad119.jpg
子どもでも大人扱いしてもらえると嬉しいんだよね~わかるよ~。

お母さんのカップはスズが選んであげるよと言ってくれました。
ありがとう。自ら言うのもなんですが、スズから愛されているのを感じます。
どんなカップを選んでくれるのかな???

9c800087.jpg
近所の『すき家』の開店記念のカップを選んでくれました。
お洒落ティータイムのBGMとしてすき家ソングが頭から離れませんでした。
お母さんがすき家がすぅきです~♪だからね、気持ちを汲んでくれたんだね。
スズの愛を感じました。

| 自閉症関連 | 14:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お買い物学習

日付がかわって日曜日、夫は釣りに行くそうです。
ママは午前二時まで起きていられるかな? って、ええっー。
携帯の目覚まし鳴らないことあるんだよなぁとつぶやいていましたが、
お教えいたしましょう、聞こえていないだけだと思われます。

話題変わりまして、昨日の夕方ショマはヘルパーさんと出かけました。
いつもは公園で思いきり遊んでいらっしゃーいと送り出すだけなのですが、
昨日は夕食のための買い物を頼んでみることにしました。

まずは夕食のメニューを決めましょう。
簡単なものにしましょう。マーボー豆腐はいかがかな。
簡単といっても真面目に作るといろいろと細かい手順があるのよ。
先に豆腐だけ茹でたりね。私は茹でないけど。
ヘルパーさんが来る前に、お買い物メモを作ってみます。

「トウフ トウバンジャン ひき肉 おやつ」

ひき肉とおやつはわかるようですが、トウフとトウバンジャンがいまいち読めていないようです。
ではこれではどうでしょう。

「豆腐 豆板醤 ひき肉 おやつ」

読めました!
ショマの字の読み方には特徴があって、私たちが理解しているように
平仮名五十音のひとつひとつの文字で言葉が構成されているという理解が難しいようです。
言葉はひとつの意味のまとまりとして、
物と照らし合わせて絵を見るように覚えているようです。
「りんご」と読めても、「り」「ん」「ご」とひとつひとつの文字は読めないのですね。
平仮名一音一音はショマにとっては意味を持たない符号のようなもので、
物体があり、目で確認してはじめて物の名前の認知ができているようです。

自分の知らない物の名前に出会うと、
自分の知っている名前に適当に当てはめようとします。
以前に九州の大宰府の「天神様」がニュースの話題になったことがありました。
さぁ、どう読むかなと思っていたら期待通り「ヨン様」と読んでくれました。
このブログ、ヨン様の話題多いな。
「様」は読めるけれど他は読めないから、知っているものに当てはめよう! という努力は
涙ぐましいものですが、これからの生活に使えそうな言葉は正しく教えるようにしています。
天神様は使用頻度が高くないのでヨン様のままにしておきました。

再度、お買い物メモに戻りまして、
ショマはチラシで物の名前を覚えてきたので、トウフというより豆腐、
トウバンジャンというよりは豆板醤と漢字表記の方がわかりやすかったようです。
お買い物メモを持たせて、買ってくるものを再度確認してもらって
あとはヘルパーさんにお任せしました。

二時間ほどで帰宅。上手にお買い物が出来たようです。
自分で選んで買うことも出来たようです。えらいよ~。チュチュチュ
文字の読み方にしても、買い物にしても私が簡単に当たり前のようにこなすことも、
それが出来るようになるまではいろいろな過程を越えてきたんだろうなと
ショマを見ていると気付かされます。
ショマの過程は私とは少し異なっているけれど、どんな風に物を見ているのか
感じているのか少しでも心を近づけあえたらと改めて思いました。
あん、しんみり。

買い物後は今日何を買ってきたのかと尋ねました。
「今日は何を買ってきましたか。」
と聞くと、問いかけに答えることが難しいショマはオウム返しで答えてしまうことが多いので、
オウム返しになる前に「とう…」とヒントを出してやります。
「豆腐と豆板醤とひき肉とおやつを買いました。」
と答えることができました。素晴らしい、やっぱりチュチュチュ

| 自閉症関連 | 23:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

抗議行動に対する釈明

ちょっぴり続き。

月・火・水とショマの学校に出入りし、学校の帰りに秋のファッションについて
店頭で見るだけ学習をしてきたり、一人外出活動を満喫した3日間。

小梅と竜はお留守番を頑張りました。
毎日、短時間でスーパーに行ったりはするけれど長時間置いていかれることには
あまり慣れていないようです。こんな時もあるんだよ、わかってね。

小梅は再会の喜びでトイレから思いきりはみ出して、おしっこをしてくれました。
一見我慢強く留守番している竜は、私の外出が続くとハウスの中に
ちょっぴりおしっこを漏らして抗議の意を示します。
尿で喜びや抗議を示すのをやめてほしいのですが、精一杯伝えているつもりなのでしょう。

_496799815ce2c.jpg 
昨日はこんなバラの花を作ってきたんだよ。
バラの花が作れるようになるとバリエーションが広がるんだって。
ブーケも作れるし、写真立てに飾ってみたりも出来るそうだよ。

_496799831166f.jpg 
ほら、こんな風に髪に飾ったりもできる。
寂しかったかもしれないけど、有意義な外出だよ。おしっこを漏らすのはどうかと思う。

_496799849c471.jpg 
有意義な…。おい、聞いてるのか!!
…めんこいなー しばらく家にいよう。

| 犬関連 | 16:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱く燃える芸術の秋

もう大分前の話なのですが、コメントを頂いているびりははさんのブログ
『石垣島人入門』においてシーサー作りの様子を読みました。
シーサーのあまりの可愛さに、私も作るわと
紙粘土を購入したものの夏中放置していました。
また、当ブログ開設間もない頃から親しくさせていただいている
『おぼっちゃま犬の生活』のおぼっちゃま君のママさんからは、
おぼっちゃま君の肉球サインを頂き、
この肉球サインで何か作ってみたいと思いつつ、ひと夏が過ぎていきました。
このままでは私はやってみたいと口に出すだけの口だけ番長になってしまうので、
昨日は芸術作品に親しむため、アートクレイ講座に出かけました。

講座といってもショマの学校に講師さんを招いて教えてもらうというものなのですが、
芸術に親しむ良き機会なので張りきって行ってまいりました。
昨日はショマの所属する小学部の保護者対象の講座でした。
ショマの学校では年に1~2回、このような講座が開催されます。
私は今回が初めての参加。
以前、デューク更家さんのお弟子さんを招いてのウォーキング講座もあったのですが、
シュッシュッと息を吐きながらの大胆ウォークが自分には出来そうもなくやめたのでした。
シュッシュッシュッ、やっぱり私には無理だ。自分に必要なのは理解してるけど。

昨日の講座では好みの色を粘土で作り、バラのフラワーポットを作りました。
52fe465f.jpg
見えづらいのですが奥に白色の粘土があります。ピンクのバラが先生の作品です。
この日、黒は持ってこなかったとのことでしたが、大体この6色を混ぜることで
どんな色も出すことができるのだそうです。

バラの花を作るために、花びらを12枚先に作ります。
丸めた粘土を手のひらの上でつぶして、花びらっぽく薄く伸ばします。
9d7393f5.jpg
最初に4枚の花びらをつぼみのように重ねていきます。
次に3枚を着物を着せるように重ねて、最後に5枚の花びらを花が開くように重ねます。
この数が4・3・5。先生は年配の方に教えることも多く、
「ヨンさまへGO」と教えると大変喜ばれるのだとか。
せんせーい、私はその語呂合わせでは忘れてしまいます。
誠に勝手ながら「金城さまへGO」にします。
か・ね・4・6・3・ま・へ・5。駄目だ、6が入ってる。ヨン様ってすごいなー。

好みの色を自分で決めて、先生が配合を教えて(というかやって)くれました。
私は薄いグリーンとアイボリーのバラと、差し色としてひとつ濃いグリーンのバラを作りました。
この濃いグリーンが花びらを重ねていくうちにキャベツに見えてしょうがなかったです。

ちょこちょこ苦戦しながらも出来上がりました。
_49679988e5e5d.jpg 
一緒に参加したお母さんの作品も一緒に写してみました。
キャベツが入っているのが私が作ったものです。
いつも遊んでくれるSさんはレンガ色のようなバラを作りました。
このほかにも薄いピンク、赤、ブルーなど配合次第でどんな色も作れると言っていた
先生の言葉を証明するかのように、様々な色のバラを見ることができました。
北島マヤも感激の紫のバラを作った方もいました。
俺の中で紫のバラは枯れることがない、とおっしゃる真澄さんも大喜び。
これなら枯れませんよ~粘土だから。

この粘土があればバラ作り放題だわと思ったのですが、この講座で使用した粘土は
非買品なのだそうです。あら残念。
が、発泡系の紙粘土であれば似たような雰囲気で作ることは可能だそうです。
お土産で少し粘土も頂いて帰ってきたので、あんなものやこんなものを作ってみたいな
と久々に創作意欲が湧いてきました。
せめてひと冬越さないくらいには、何かを作ってみたいと燃えているところです。
                             ちょっぴり続く。

| 未分類 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘れないよ。

近頃、ショマに関係することでお出かけが続いています。

先週の土曜日は二人の友人と、以前保育所でショマを
担当していただいたレニー先生と飲みに行くことができました。
スズの運動会当日、古巣の保育所の運動会を見にやってきたレニー先生と
再会を果たし、強引に約束を取りつけてしまいました。
教育者と保護者の関係から解き放たれたら
いつか飲みに行きましょう、と約束してから幾霜星。
というほど長い年月は経ていません。思いのほか早く実現できました。

先生っていうのはすごいものですね。
昔のことでも細かいエピソードをよく覚えていらっしゃる。

 「お母さん、ショマちゃんの 『店長寝てます』 が懐かしいです。」

なんて言われたのですが全然覚えていません。なんですか、店長寝てますって。
聞くところによると、昔のドラマ『マンハッタンラブストーリー』での、
TOKIOの松岡君扮する店長の物真似がショマは上手だったんですって。
覚えてない。覚えているのは忍クンが実は女の子だったというとんでもない展開や、
尾美としのりが出ていたことや、コスモピンクがキョンキョンだったりしたことだけ。
ドラマの内容はわりと覚えてるのに、息子のことが記憶から抜けているよ。

ショマと先生は頭と頭をくっつけるようにして、
いつもチラシを見ながら物の名前を当てっこしていました。
チラシは写真を見て、物の名前が確認できるので、
いつも先生が活用してくれていたのでした。
今、ある程度物に対する認知力があって、つたないながらも会話ができるのは
この時の経験が役立っているのでしょう。
自閉症の子の記憶力は驚かされることが度々で、ショマも先生のことをよく覚えています。
記憶が鈍っているのは母だけのようです。
レニー先生とはお酒の好みも似ていて、また飲みましょうと約束して別れました。
こういう約束は絶対に絶対に私は忘れません。

昨日はショマの学校の避難訓練がありました。
保護者は子どもを学校まで引き取りに行きます。
実際に大災害が起きたら、訓練のようにスムーズにはいかないのかもしれませんが、
スクールバスの運行を停止するなどいくつかの約束事があるので、
この手順はしっかり覚えておかなければなりません。
子どもの引き渡しを忘れたらエライことになります。

今日はショマの学校のお掃除ボランティアに出かけました。
雑巾2枚を持参して細かいところも念入りに。
今日は知人がいなかったので、黙々と防火扉を磨いて帰ってきました。
防火扉に、一匹の蚊がペンキとともに塗りこめられていました。
ペンキで青くなった蚊。誰にも今まで気付かれなかったのかな。
扉でひと休みのつもりが一緒に塗られちゃったんだねぇ。
私はあなたのこと忘れないよ。体育館そばの防火扉。学校に行く度に確認するから。
こういうこと覚えてるから大事なこと忘れちゃうんだよねぇ。

| 自閉症関連 | 17:36 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これっきりですか。

竜の誕生日プレゼントに便乗して、
2年目にしてはじめて、小梅にも洋服を着せてみることに挑戦しました。
犬の洋服といえども、女の子用の洋服は装飾が華やかでワクワクしてしまいますね。
はまってしまいそうです。

それにしてもサイズ選びは難しい。
ラブラドールはこのサイズと書かれていても、小梅は小さめなので
ダルメシアン程のサイズで考えて購入しました。

一昨日の昼間に試着。
はじめてだから嫌がるかなと思ってはいましたが、ものすごく抵抗されました。
なんだ、洋服を着せるってこんなに嫌がるものなの。
買わなきゃよかったよ。うなられてお母さんショックだよ。
それでは外で撮影してみましょう。
_4967998c160dc.jpg 
横須賀ジャンパー、略してスカジャン。
背中に鷲のマークの刺繍が施されています。うーん、製薬会社風味。
サイズを考えたつもりがピッチピチ。うーん、さすがボディだけ美香さん。
竜に良さそうな黒もあったからお揃いにしたかったんだけど、予算が許さなくてねぇ。
2頭で着たらとっぽいカップルの誕生だったのに、ちぇ。

_4967998dbeb60.jpg 
♪一緒にいても心だけ一人勝手に旅立つひと~あなたに今日は聞きたいのぉでぇすぅ♪
横須賀ストーリーはお母さんの十八番だよ。味噌に蓋をしてから聞いてね。

_4967998f566c4.jpg 
正面から見るとビクトリア王朝風でなかなか品が良いわよ。
生地が別珍ですからね。高級感があるわ。

それなのにあなたったら。
_49679990e0140.jpg 
_496799926ccdd.jpg 
_49679993ecb1f.jpg 
あっという間に丸裸。
山口小梅は、もう横須賀はいいと、これっきりにしたいとのことです。
残されたスカジャンは竜が業界人風に肩にかけて使用してくれるそうです。

| 犬関連 | 16:24 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帽子はいらないかな。

竜の誕生日のプレゼントとして
10年目にしてはじめて洋服を買い、着せることに挑戦してみました。
何軒かお店をまわり、あれこれ迷ってしまいます。
犬の服といえども洋服選びとは楽しいものですね。
はまってしまいそうです。
夫にもすでにレインコート買うんだろと考えは読まれていましたが、
はじめての洋服は雨の日も快適のレインコートにしました。

それにしてもサイズ選びは難しい。
ラブラドールはこのサイズと書かれていても、竜は大きめなので
ゴールデンレトリーバーのサイズで考えて購入してみました。

昨日の昼間に試着。
はじめてだから嫌がるかなと思いましたが、手を差し出してすんなり着てくれました。
なんだ、こんなにスムーズに着るものなのか。
もっと早くに買ってあげたらよかったね、ごめんね。
お外は気持ちのよいほどの秋晴れで、またあそこの奥さんは奇妙なことを始めたと
思われるかもしれませんが、外で撮影してみましょう。
_4967999665610.jpg 
あ~、似合う、似合う。少しきつめの気もするけれど、サイズもいいでしょう。
でもなんだか大事なところが目立っちゃうね。
いつもは毛と同化しているところが、洋服を着せることでコントラストが出て
強調されて目立つんだね。これも洋服効果かな。
写真をパソコンに取りこんだ時、お母さんはややっと恥ずかしくなりましたよ。

アームカバーのようにくぐらせるだけのフードもついていました。
よしかぶってみよう。
_49679997f2f06.jpg 
小梅ちゃんも大注目。素敵。素敵。

よし正面からも撮ってみよう。
_49679999cf7db.jpg 
………あ、ブサ ううん、私ったら。竜は男らしいねぇ。
迷彩柄の着物を着た武蔵坊弁慶のようだよ。

はじめての洋服、大成功。帽子はかぶせない方がもっとよろしいでしょう。
竜の誕生日に便乗して、洋服を買ってもらった小梅についても
明日か明後日紹介しますので、お付き合いいただければ幸いです。

| 犬関連 | 11:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

十年愛

昨日の育児日記の記述から抜粋していきたいと思います。
ショマには申し訳ないけど今日の日記が本題でした。

 1/4  今日はいよいよ竜太が訓練所から戻ってきた。久しぶりに見る竜太はやせて
    大人の顔になっていた。引っ張られて腰痛になる。自信がなくなる。
    涙を流すとペロリとなめてくれる。

 1/7  竜太はすごい引っ張り。私はいつか車にはねられるのではないだろうか。

 1/14  竜太が遠吠えを夜中の3時にする。都合が悪い。
     でもずっと家の中で飼っていたから竜太も寂しいんだ。ごめん。

 1/19  竜太が車庫の一部を壊す。なんだかとても疲れた。

 1/24  竜太がハウスから大脱走して車庫の中をメチャクチャにした。
     悪魔のようなオス。  


私の出産後、実家の車庫で暮らしていたときの様子です。
実家の家族と竜との関係で板挟みになり完全に育犬ノイローゼになっています。
竜太というのは略なしの本名です。
ブログを書くとき一文字でも少ない方が簡単であろうと略してしまいました。

このあと、ショマを連れて自分の家へと戻りましたが、
当時住んでいた家の周りは大きな公園が多く、思い切り走ったり水場に飛び込んでみたりと
竜の人生の中で最も楽しい場所だったのではないかと思います。
お腹のゆるい可愛い女の子の友達もいました。今頃どうしているでしょうか。

その後、仙台にうつってきてからショマが自閉症であることがわかり、
私もそのことについて考えてボンヤリすることが度々で、竜には淋しい思いをさせました。
自分のことを省みてもらいたいとじっと待っていたと思います。
ただ、子どもが寝静まってから竜と夜遅くに散歩に行く時間は自分に戻れる時間でもありました。
星を見ながら、竜と私、一人と一匹。
このままどこかへ逃げてしまいたい、でも逃げられない。
悩んで悩んで葛藤していたときもいつも側にいてくれたんだよね。

そして小梅が現れて、竜にとっては妹なのか彼女なのか、はたまた孫娘なのか、
どう捉えているかわからないけれど、雨の日の散歩の後は優しく毛づくろいしてあげているよね。
_4967999c146c6.jpg 
いつも仲良く寄り添って

_4967999da372a.jpg 
俺とお前の二人旅。いや、私も入れて。

今日は竜の10歳の誕生日。
自分の結婚記念日より感慨深いとはこれいかに。一緒にいる時間が長いからいいよね。
昨日宣言した煮えたぎる想いを今ここで。
竜太、愛してる。

| 犬関連 | 15:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしの育児日記に吹き荒れる情熱の嵐

先日、子どもたちが書棚をいたずらして遊んでいました。
なぜかショマの赤ちゃんの頃の育児日記を読んでいたようです。
うわー、懐かしい。しばらく読みふけってしまいました。

自分よりも大切なものができました、なんて今読み返すと鼻から牛乳が出そうな文言が
書いてあったりして、母としての気合が感じられてちょっぴり恥ずかしい。
ええ、その気持ちに変わりはありませんとも ! 
熱くほとばしっている子育てへの情熱の炎は燃料切れを起こすこともありますが。

「とてもおとなしい赤ちゃん。泣かない。」
と1年後ほどの将来を予見させるような記述も。

ショマの出産のときは夫は青森市外に単身赴任しており、私も実家に帰っていたのですが、
何度か私一人で自分の家の様子を見に戻っていたようです。
そして見にいくたびに水道管凍結という事態になっている。恐るべし北国。

そしてなぜか生後間もない赤子がいるのに、通信教育にはまっている私。
  
 
「ママは通信教育で勉強をはじめる。将来、在宅で仕事ができれば、
  ショマに私のお金で洋服を買ってあげるんだ。」


情熱の炎がもーえろよ♪もえろーよ♪と燃え盛っている。
現在、在宅で仕事をしていますが、稼いだお金はほぼ自分のために使っている私。
日記っていうのは過去と現在の言動の矛盾を確かめるものなのでしょうか。
その通信教育で学んだことは今となっては忘却の彼方。

抱っこして眠りにつかせてから、布団に置くとすぐ目を開けて泣くのが悩みだったようです。
途中で、寝ながらの授乳『寝パイ』の技を編み出しています。
この技を習得してからとても楽になったんだよなぁ。
スズなど生まれて数時間後には寝パイだったので、本当に楽だった。
おっぱいの形は確実に横に流れてしまいますけれど、赤ちゃんも沿い寝で安心、良い方法です。
でも胸の大きな方は注意しないと、赤ちゃんに窒息の恐れがあると聞いたことがあります。
私にはその心配はひとしずくほどもありませんでした。

 「ショマは夜寝るときパイコにしゃぶりついて寝るようになる。
  本当にパイコ星人だ。
  パイコ星人、……こんなことを書かれて大人になったら
  ショマもいい迷惑に違いない。」


ふーむ、今も昔も内容は大差ないなぁ、と思うとすぐに
母は頑張る、私は負けないという熱い記述があったりして日記って本当に面白いと思いました。
私は何に対して負けるまいと思っていたのかな。睡眠不足かしら。
後で読み返すと面白いので、これからは煮えたぎる思いも書いていこうかなと思います。

| 自閉症関連 | 15:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハッピーバースデー丼

私は他の方が書いている自閉症のブログを読むと、自分に自信がなくなってくるので
あまり読まないのですが、今日はいくつかのブログを読みにいきました。
昨日始まった自閉症者のドラマ『僕の歩く道』の感想について
触れている日記が多かったです。
さて今日はドラマの話ではなく魚卵の話です。前置きと全然関係なくてすみません。

宮城の秋の名物料理に『はらこ飯』というものがあります。
秋鮭を入れたご飯にイクラがどどんとのっかっているというものです。
イクラのことをこちらでは『はらこ』と呼ぶようです。
この季節は秋鮭とともに、この『はらこ』が店頭に並ぶので買ってきました。
_496799a09efa4.jpg 
これで1,051円。適正なはらこ相場が分からないので高いのか安いのか不明ですが、
四人家族なら充分な量といえるでしょう。
膜の中にちいさい粒粒粒粒が無数に貼りついています。
言葉にするとホラーですが、イクラは大好物です。

イクラちゃんたちは膜の中でそれぞれがくっつき合い、助け合いながら連結していますので、
ばらばらに独立させてやらなければなりません。
_496799a26b6ad.jpg 
こんな風に連なっていますので、40~50℃位のお湯につけて膜を取り去ってやるわけです。
私は小さい頃からイクラが好きで、そんなに食いたいならお前がほぐせと母に言われて
いたのでこの作業は得意です。大得意です。

…だーっっ、めんどくさいっ。

お前がやれと言った母の気持ちがよくわかりますが、ここを丁寧にしなければ
口当たりが悪くなってしまいます。
口に膜がからみつく、言葉で気持ち悪さを促してやりながら頑張りましょう。

小さい頃、お正月は母の実家に行くのが常でした。
母の弟、私の叔父が祖母と暮らしていたのですが、私がイクラ好きということで
いつもイクラの塩漬けと醤油漬けの二種類を用意して待っていてくれました。
叔父はいつも優しく、父に言葉をあまりかけてもらえなかった私は
どうして叔父さんがお父さんじゃないのと言っては母を困らせたものです。グスン。
魚卵にまつわる切ない思い出を胸にほぐしていきましょう。

膜を取り去ったら、酒・味醂・醤油で味付けして一昼夜置いておきます。
私はだしが出るように昆布も少し入れておきます。
イクラちゃんたちのお母さんである鮭子さんのご飯にのせても美味しいのですが、
私はイクラは白米派なので、白米でイクラ丼にしました。
_496799a4087fc.jpg 
イクラ丼の完成です。
今日の夕飯の予定だったので、夫に
「今日はイクラ丼ですよ♪」と朝に優しく告げたところ、
今日は飲みだからご飯いらないという素敵すぎる言葉がかえってきました。
しかも木曜から出張だからイクラは食べる機会ないよと付け足しまでくらいました。

ふっ、お陰様で朝・昼とイクラ丼ですよ。そして恐らく夜もですよ。もういいよ。
今日は金城武さんの誕生日、彼に捧げたいくらいです。

| | 12:57 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女狐

 土曜日の仙台は嵐でした。
台風が上陸した日でも散歩は休んだことがなかったのに、土曜日の朝は断念。
日曜は天気が回復したものの、依然として風が強い状況でした。
_496799a68f719.jpg 
小梅の大好きなハイテンションになる草はなぎ倒され、

_496799a8646d9.jpg 
竜のおアゲのような耳は風でめくりあがりました。

公園には風で揺らされた木の葉がたくさん落ちていたので、小梅に悪戯。
_496799aa56765.jpg 
実は犬に化けた狐でした、なんてー。どっちでも似たようなものか。

_496799ac2b33e.jpg 
正面から吹きつける風にひるむな。
たとえ耳がめくれても一歩一歩着実に歩を進めよう。
散歩がなかった土曜の朝を思えば、外で排泄できることのありがたみも身に沁みるでしょう。

_496799adf4156.jpg 
_496799af8860a.jpg 
この日、小梅は竜を風よけに使っていました。
やはり犬に化けた狡猾な女狐であるのかもしれません。

| 犬関連 | 17:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モナちゃんとゴウシ

昨日はスズの保育所で運動会がありました。
といっても、外は台風の影響で嵐。気温も低く寒い、寒い。
外での開催は無理な状況だったので、ホールでの開催となりました。

木曜日、金曜日と体調を崩してスズは保育所を休んでいたこともあり、
昨日の朝も具合が悪いと訴えてきました。
いーや、具合が悪いといってドリアやらハンバーグやら好きな食べ物をリクエストして
お腹いっぱい食べていたのをお母さんは知っている。運動会は行ってもらいます。

運動会のオープニングでは『ムシキングサンバ』を踊ることになっていました。
スズは踊ったり、手遊びしたりが大の苦手。
保育所入所前、少しでも集団生活に慣れることができるように音楽教室に通っていた
ことがあるのですが、そこでも簡単な手遊びでもやることはありませんでした。
去年の運動会でも皆が踊っている中、砂に絵を描いていただけでした。
スズは自分が周りと同じようにできないことが分かっていることは避ける傾向があります。
出来ないことは恥ずかしいことじゃない、と言っても頑なです。

今年は、、、踊ることが出来ました。う、嬉しい。
ポンポンを持って踊るので、細かい指先の動きがなかったこともスズにとって
幸いしたようです。そして優しい彼女の適切な指導が大きかった。
先生は全体の動きも見なければならず、スズにとって難しい隊形変化も
彼女が促して正しい場所まで導いてくれるのでした。
ペアを組んでポンポンを振り合う二人。なんて微笑ましい、と母は思いました。

私は若い頃、自分の人生つまらないなぁと思っていました。
何かを成し遂げるわけでもなく、死んだ時にはポツリとお悔やみ欄に名が載るくらいの
いわゆる普通の人生を送って朽ち果てていくのだわ、つまらんと思っていました。
今こうして二人も発達障害の子を育て、周囲に溶け込んで協調して生きていくことの難しさと、
普通と思われることでもそれを実践して生きることが幸せでもあることを知りました。
昨日は上手に踊れているということより、スズが周囲の子と楽しく行事に参加できていることに
本当にこの上ない喜びを感じました。ちょっぴり泣き笑い。

昨日はホールでの開催ということもあり、スズが恐れていたリレーは中止でした。
運動会を終え、優しい彼女のお父様にご挨拶を済ませ、いよいよもうひとりの彼女の登場です。
_496799b1dad64.jpg 
OH ! KOUME !
ブログに載せると知っているかのようなポーズをスズが決めてくれました。
小梅好き好きのスズは喜んでくれました。

夫は家でショマを見ていなければならず、残念ながらいつもスズの行事は少ししか
見ることができません。加えて数日前からスズに胃腸風邪をうつされていました。
優しい彼女のお陰で運動会を楽しめたこと、小梅メダルを喜んでいたことを
写真をまじえて伝えます。

夫はスズの彼女の名を『モナちゃん』と覚えていました。
はて、モナちゃん???? 
スズの彼女の名は二文字ではありますが、モナちゃんではありません。
今話題の人が、夫の頭の中でスズの彼女にすりかわっていたようです。
確かにスズと彼女はとっても仲が良いけれど、スズの本名もゴウシではありません。

| 自閉症関連 | 07:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イエロー戦隊

今日の仙台は朝から大雨です。
レインコートお下がり作戦が失敗した竜は今朝も裸で雨の中を歩きました。
なかなかンコが出ません。
はーやく早くしてほしいな~♪
“そんなこと言ったって、あなたはシャワーを浴びながらンコできる?”
竜の心の叫びが聞こえるようです。
まぁ確かに出来ませんが、そもそも野外で私は出来ません。

こんな雨の日はやはりストレスがたまるようです。
竜は小梅にマウントばかりしています。
今週の月曜と今日とでマウント写真がたくさん撮れました。
娯楽がないからチョメチョメというのはよくない傾向です。
もっと世間様に顔向けできるような娯楽を提供いたしましょう。

0c396d3f.jpg
じゃじゃーん、イエロードッグ。君たちのために立ち上がってくれました。

1d5212cd.jpg
見よ、この斬新なデザイン。顔の後ろの胴体はデンタルコットンだぞ。
新しいタイプだべ。イエロードッグの顔が可愛くないことは触れてやるな。

それではどうぞ。
_496799b63e3b2.jpg 

_496799b7bf191.jpg

_496799b9526a6.jpg 

_496799bad7308.jpg 

d498d1c2.jpg
明日も戦え、イエロードッグ! !

雨の日の平和を守るため ! !

でも、明日はきっと君にはもう無理。

| 犬関連 | 16:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖 ! 人面おにぎり !

宮城・山形方面では秋になると河原などで『いも煮』を楽しむことが多くなるようです。
野外で汁ものを作って皆で楽しむということらしいのですが、
青森でさほど盛んな行事ではないので、私はいまだ未体験。
もう少しショマが落ち着いたらぜひやってみたいと考えています。
山形では牛肉を入れた醤油味のいも煮、宮城では豚肉入りの味噌味のいも煮と聞きました。
宮城はいわゆるトン汁というやつですね。豚汁ってトン汁という読み方でいいのですよね。
母の田舎では、ブタ汁と呼ぶので長いことブタ汁だと思っていました。
人間の食欲剥き出しの名前でなかなかよいと思いますが、
ブタ汁をトン汁と呼ぶ時、自分という人間が都会にフィットしてきたのを感じます。

昨日、スズの通う保育所では近所にある老人ホームへ出かけ、
おじいちゃん、おばあちゃんといも煮を楽しむという企画がありました。
私たちはいも煮実現の場をなかなか得られないので、宮城出身宮城育ちのスズには
存分にいも煮を楽しんできてもらいたいと思いました。うん、よい企画です。

いも煮は出かけるホームの方で用意してくださるとのことですが、
主食のおにぎりは持っていかなければなりません。

さあ、困ったどん。
通常の保育でも、おかずは保育所で出してくれるのですが、
主食だけは家から持参というスタイルになっております。
スズは保育所において白ご飯を全く口にしません。
家では食べるのですよ、おかずぶっかけスタイルで。
冷たいご飯は食べるべきではない、と思っているようだったので
保育所の先生も電子レンジで温めてくださったりと工夫しているのに食べやがらない。
家から持ってきたご飯は食べるべきではない、とこだわりを変更したようです。

そんなわけで、カレーの日以外はスズはパンを持って保育所に行っています。
たとえば、
 
 さんまの揚げ煮 切り干し大根炒め 柿

という非常に美味しそうな和食メニューの時でもパン。食パンマンは合わないだろうよ。
昨日のいも煮では、おにぎり持参が決められていましたが、
先生たちはスズが嫌だと言ったら無理せずにと言ってくださいました。

いいえ、私、おにぎりを持たせます。
本当は四の五の言わず食べんかいとすごんでやりたくもなりますが、
母自らそんなことは言ってはいけません。こだわりは少しずつ克服していきましょう。

当日、スズと約束しました。
お母さん、一生懸命おにぎり作ったからね。食べてほしいなぁ。うふん。
ベリーソフト口調。スズも頑張って食べると答えてくれました、よし、いいことありそう。

結果。
いも煮は頑張りすぎるほど食べてきたようです。
クラスでね、おかわりしたの二人だけだったんですよ、お母さん。
でもね、おにぎりは無理でした。そう言う先生の申し訳なさそうなことといったら。
ええ、いいのです。予想していたことですから。
こだわり克服まで七転び八起きですわ。七転八倒しつつ七転八起。あっなんか私ウマイ。

というわけで、さよならする前のおにぎり。
ab644198.jpg

今まで、視覚効果に訴えて食欲を増進させるということがなかったなとハッと思い、
所要時間2分で海苔を貼り付け。かーわいい。
今日、スズは体調を崩して保育所を休みました。
母の念のこもった人面おにぎりに見つめられたからかもしれません。

| 自閉症関連 | 17:21 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レイニーディ

今日の仙台は秋晴れ

午後になって雲が広がってきましたが、朝は気持ちよく散歩のできる青空でした。
いつものように近所のお豆腐屋さん寄ります。
竜はおじさんになでてもらいたくて、おじさんが出てくるのをじっと待っています。
忙しい時間なのにいつも遊んでくれてありがとう。
ひとしきり遊んでもらった後、竜が小梅にマウントしてしまいました。

「形だけでも竜ちゃんだってしてみたいよね。おじさんも一緒。」
わはははー。おじさんと笑いあいます。
しかし朝から思わぬおじさんの秘密まで告げられてしまいました。

今日は晴れていましたが、月曜日は朝からどしゃ降りの雨。
排泄だけの散歩を軽くしてから、雨足が弱くなった昼間にもう一度散歩に行くことにしました。
小梅は雨が降ってもなんら変わった様子はないのですが、

小梅より繊細な竜はドアを開けて雨を見ると 衝撃  という表情をします。
歩く速度ものろのろのろとしてきて、なかなかおしっこもしてくれません。
雨の時こそ早足、駆け足、迅速な排泄、がなぜ身に付かないのが不思議なところですが、
空から水が落ちてくる現象についてゆっくり思考し、体が付いてこないのかもしれません。

月曜日、昼からのお散歩を決行するにあたって心優しい私はとても良い考えを思い付きました。
_496799bfead59.jpg 
ショマスズブラザーズのお下がりのレインコートです。

_496799c18a1cc.jpg 
蔑むような目をするな、小梅。竜ちゃんのセンスではないのだ。

_496799c31f238.jpg 
小梅は心を入れかえ、褒めることにしたようです。

_496799c4a61be.jpg 
よく似合っていると思ったのですが、ケープ型ということで足さばきが悪くなるようです。
やはり人間と犬とでは体形が異なり、洋服の使いまわしは難しいようです。
でも着用する前はとてもよい考えだと思ったのです。
本気と書いてマジ、または真剣と書いてマジと読ませるほどに本気だったのです。
レインコート買ってあげるからねと言いつつ、10年あまりが経過。
良い考えを思い付くより、買ってあげた方が早いということに気が付きました。

| 犬関連 | 14:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

予定先取りの男

今日はショマの校外学習の日で朝から弁当作りでした。
養護学校は校外学習がとても多い ! ! 気がします。
校外学習で楽しんできてくれるのは喜ばしいかぎりですが、
弁当作りは苦手です。今日も全く可愛げのないジミ弁を持って出かけていきました。

晴れだったら森林公園、雨天ならば科学館の予定。
今日は天気が良くなったので森林公園に行ったかなと思います。
自閉症の子どもは何をやろうとしているのか事前に見通しをつけて
やることで安心すると言われます。
昨日は連絡帳に 「『明日は科学館です。』と教えました。」 と書いてありました。

ええぇぇぇ、科学館。

昨日の仙台はどしゃ降りの雨だったので、校外学習もどこに行くか予定が立たず、
とりあえず「科学館」と教えたのかもしれません。
今日になって科学館に行くとパニックになっていなければいいのですが、
学校での方が親といる時よりずっと聞き分けがよいようなのできっとその点は大丈夫でしょう。

事前に予定を教えておくことで安心する、とは言われていますが、
うちのショマの場合、『お出かけ』に関してはあまり早く教えてしまうと
そのことで頭がいっぱいになって落ち着かなくなってしまうので、
家庭においては、確実に行けると決まってから予定を教えるようにしています。

昨日は放課後ケアの日だったのですが、
迎えに行った途端、「おにぎりを作って下さい。」と言われました。
早いよ。前日の夕方から握ったのでは腹を壊してしまいます。

最初は「明日は校外学習に行く。」と言っていたショマが
夜7時位になった頃でしょうか。違う語句を言い始めました。
何か勘違いしておるなー、でも下手に「○○じゃないよ、明日は校外学習だよ。」
と指摘して不安定になっても困るしと思い、私は聞こえないフリをしていました。

しかし、、、夜も更け、夫が帰宅したのですが、
夫のもとにショマは駆け寄り、

「パパちゃん、明日修学旅行に行くの。」  

とニコニコして言うではありませぬか。
この時期、高学年の生徒さんは修学旅行に行くので、
どこかで話を聞きつけてきたようです。
あぁぁ。どうして出かけることに関してそんなに耳がよいのか。

修学旅行は3年も先です。

今日校外学習を楽しんできてくれて、修学旅行のことはきれいさっぱり
忘却の彼方へ追いやっていればよいのですが・・・。
これから3年間、修学旅行へ行こうと言われるのでは母さんおかしくなります。

| 自閉症関連 | 14:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレビっ娘なのだ。

小梅はただいま彼氏募集中。
プログを通して知り合った男性は魅力的な♂ばかり。
繊細で優しい男性、仕事を頑張る男性、やんちゃな男性、
ビロードのような黒い被毛が美しい男性、おっとりした風情の男性など。
小梅は誰が自分にもっともふさわしいのか迷っているようです。

小梅に聞いてみました。
たとえばさ~、人間でいうとどんな男性がいいわけ? 
_496799c770921.jpg 
上川隆也だそうです。
写真は大河ドラマ出演中の上川隆也さんに熱い視線を注ぐ小梅です。

金城君の方が犬顔でよくないか ?  
私と趣味がかぶってもかまわないよ。
上川さんは仲間由紀恵ちゃんとも先日噂になっていたし、小梅には無理なのでは? 
_496799c913447.jpg 
ワンダモーニングショットを噛み、由紀恵ちゃんに対抗する小梅。

本当に上川さんが好みかどうか定かではありませんが、
大河ドラマの時間帯、小梅はハウスでお休み時間中。
退屈なのかじっとテレビを見ていることが多いのです。
昨日はそのまま『世界ウルルン滞在記』を視聴した小梅。
昨夜の『世界ウルルン滞在記』にはカンガル犬という大きな犬が出ていたので
いつもに増してテレビに夢中。 

_496799cac7278.jpg 
むむ、カンガル犬。今までに見たことのないほど男らしい犬。
小梅なんか小さいから、子羊と間違われて食べられちゃうかも、きゃっ。 

_496799ccda24e.jpg 
むむ、これはカンガル犬と再会を果たした照英さんの腕ね。
たくましいかも。人も良さそうだし、彼もいいわね。 

_496799cec16ff.jpg 
これがトルコの草原か。行ってみたいな、よその国~♪ 

_496799d08edaa.jpg 
トルコの男性は皆野性的ね。年齢がいくと髪が薄くなるのが気にかかるけれど素敵。 

_496799d274b02.jpg 
小梅、うしろ、うしろ~。
あなたにとってもっとも身近な男性は9時過ぎると眠くなるようですよ。
少しは振り返って気にかけてあげてください。

| 犬関連 | 14:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グリコーゲンで元気いっぱい

昨日、夫はまたしてもヒラメ釣りへと出かけていきました。
昨日の釣果は、ヒラメ・1、サバ・3、黒ソイ・1、イナダ・1でした。
さあ、さくっとさばいてしまいましょう。

サバは一匹は塩焼き、身がしまっているものはしめ鯖に。
黒ソイはトゲがあるので私の要注意リストに入っている魚です。
このトゲにやられると指が膨れ上がってかなり痛みます。
昨日の黒ソイちゃんは15cmほどのチビちゃん。
リリースしようとしたもののすでに息絶えていたとのこと。合掌。
潮汁にすると美味しいのですが、あまりのチビちゃんなので子どもたち用に塩焼き。

待ってましたのイナダちゃん。捨てるところがないです。
身はお刺身に、頭はカマ焼きにできます。
つるんとしたボディは簡単にさばけます。イナダ万歳。
イナダは出世魚なのであやかりたいものです。
でもブリになったらなったで、イナダにもしがらみが発生して色々と大変なのでは ?
中間管理職のまま、イナダが生を終えたことをどう感じているのかは想像もつきません。
合掌。

次に難関、ヒラメにいってみましょう。
私はヒラメをさばくのが苦手です。
裏表ともに中骨にそって包丁を入れて、中心から身を開くようにして五枚におろすのですが、
満足のいく仕上がりになったためしがありません。
釣り人にとってはでかいヒラメを釣るというのがステイタスなのでしょうか。
去年、夫は78cmのヒラメを釣ったのですが、
いつでも心からそっと取り出してみたい宝物のような思い出のようです。
私にとっても長座布団のようなヒラメをさばいたことは良き思い出。
昨日は40cm程のヒラメだったので、そんなに苦労せずさばけました。
4分の1は刺身に、残りは昆布じめでいただきます。

昨日はこの後にさらに難関が待っていました。
73cabf5b.jpg
ホヤ25個。

釣り船の船頭さんがお土産に渡してくれました。
ホヤは好き嫌いの分かれる食べ物なので近隣に配らず、
自分たちだけで消費しなければならないでしょう。そんなに食べられるものなのか、ホヤ。
殻を取って、身を取り出し、肝臓などを取り去らなければなりませぬ。
腰が痛くなります。
ホヤのオレンジ色が暖かい色味のためか、見ているうちに立ったまま眠くなってもきました。

青森にいた頃は生でしか食べたことがなかったのですが、
こちらでは火も通して食べます。天ぷらにしてもおいしい。
昨日はホヤご飯、酢の物、ホヤの身で卵をくるんでの煮付けを作りました。
でもまだまだまだあります。ホヤ食べ放題。

  _496799d64dc3c.jpg _496799d54d0ee.jpg
ホヤにはグリコーゲンがたくさん含まれているそうです。
江崎グリコの語源にもなったグリコーゲン。
きっと今日の私は昨日の私より元気ハツラツ。
そのせいか、今朝は早くから夫の釣り道具の片付けのお手伝いができました。
昨日、夫は疲れて寝てしまい片付けが今朝になったのです。
釣り道具の片付けは細かくて大変で、おおざっぱな私はちょっぴりイラっときましたが、
グリコーゲンのお陰で夫婦仲良く仕事ができました。

| | 07:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |