2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

濡れ衣

近ごろ育児に手詰まり感を覚えています、こんばんは。

ショマはそんなに大変ではないというか、大変な気もするのですが、
頭が混乱してパニックを起こさないかぎりは穏やかな子ども。
やることがなくなるとゲップを連発して楽しんだりと
確かに行動面では気になることは多々あります。
クラスに一人はいるゲップを自在に出せる子に自分の子どもがなるとは・・。
さらに自分が『おなら』をすると、その事実を私に伝えたいのでしょうが、
言葉の使い方がおかしいです。

 「あ~! ! お母さん、ブーしたなぁ。」

これは違いますね。正しくは「お母さん、僕、ブーしちゃった。」でしょ。
まぁ、このくらいは家の中では我慢しなきゃいけないでしょう。
私だって聖女ではありませんもの、
筋肉がゆるんで空気が漏れることがなかったとはいえない。
言葉の使い方が間違っていることで、結果的に私のせいにされたからといって
いちいち目くじらを立てているのでは、
それこそ尻の穴がゆる、いや小さい人間ってものです。

今困っているのはショマよりスズのこと。
汚い言葉を好んで使ったり、大きい声を出してみたり。
家にいる時が最もリラックスできる状態のスズは、
家にいる時ほど、してほしくないなという言動が多いようです。
そして「ごめんなさい」という言葉。
スズは叱られるととりあえず「ごめんなさい」と言うことで全て終わりにしようとする。
悪いことをしたらごめんなさいと素直に謝る、大事なことです。
しかし、自分の子ども時代のことを振り返って考えると
親だから、親が言っていることが全てだからと問答無用で叱られるのがとてもとても嫌だった。
だから、今私が叱っている理由をスズには聞いてほしい。
反論があるなら聞こう。話し合おうではないか。つたない言葉でも伝えてほしい。
と思っているのに「ごめんなさい」でスズの中では一件落着。
あとはさっぱり聞いてないとくる。

月曜日、スズの病院の日だったので上記のこと諸々先生に吐き出してきました。
先生が言うことには、やはり「ごめんなさい」と言うことを区切りにして
叱られるのはもう嫌と情報をシャットアウトしているとのことでした。
誰だって自分にとって耳の痛いことを言われたり、痛いところを突かれるのは嫌でしょう。
お母さんだって嫌なこと言われるときは耳をパタンと閉じて餃子の形にしたいよ。
でもそれでは本当に理解したことにはならないよね。
理解は難しくても聞く姿勢は持ってほしいと思っている。
で、先生、解決策はあるのでしょうか?

 お母さん、根気よく教え続けていくしかありません。

出た、根気。
ああ先生、私どれほど根気強くなればいいのでしょうか。
先生、時々私汚い言葉で叫びそうになります。

 ブーしたのはアタシじゃねぇっっ って。

これは長男の問題の方ですね。
とにもかくにも根気が途切れそうになることが度々です。
でもブーしているのは私じゃないと書いただけでスッキリした。爽快感。

| 自閉症関連 | 02:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

老いは誰にも等しく訪れる

先週末から夫の不在が続き、今日からは青森へ出張へ行ってしまいました。
いいな~~青森。私も行きたいけど会議は嫌なので留守番です。
男手がいないということで戸締りなど防犯対策はしっかりしないといけませんね。
人間の成人男性はいないけれど、こんなときでも安心、
ムーコのホームセキュリティー竜がいるもの ! ! ! !

_496798d0c4c84.jpg 
キリリとした眼差し。一点を見つめ、その先にあるのは家族の暖かい団欒。
この幸せをあなたに守ってほしい。こんな男性がいてくれると私も安心です。
深夜の散歩でも、竜さえ側に居てくれれば安心だと思っていました。

あっ、家族の安心を守る男が睡魔に負けている。
_496798d254705.jpg 

じっちゃん、起きてけんろ。起きてけんろ~~。
_496798d433acf.jpg 
自分のハウス以外では寝姿を見せることが少なかった竜ですが、
最近はウトウトするようになってきました。
先日、睡魔に襲われて舟を漕いでいる様子を見て驚いてしまいました。
今までなら、目をつぶったままの姿勢でじっと我慢をしていて、
バタンと眠りに堕ちていくことはあったのですが・・・。
いや、そこまでして眠りを我慢することはないんですけど、
竜自身が自分を我慢の中に置き、
何かあったときにはすぐ動けるように気を張り詰めていたように私は思えるのです。
事実、訓練所の先生にも 「寝ない犬だ !」 と呆れられていました。

最近は寝ていることが多くなって、散歩でも始めは私と小梅に歩調を合わせていても
後半は一人後ろにつくことが多くなってきました。
いつまでも竜がいてくれて安心だと私が甘えるのはもう辞めなければ。
今度は竜が家族といて安心していられるように見守っていかなければなと思い、
涙が出ちゃうこの頃。

そんな私に追い討ちをかけるジャフメイト12月号。
_496798d6a561b.jpg 
スズはこの表紙を見て、竜が一人で勝手に外へ出ていこうとしていると思ったようです。
スズには勝手に一人で離れるなといつも言って聞かせているので、

 「お母さん、竜ちゃん一人でいっちゃいけないよね。」

としきりに話しかけてきます。やめて~~そういうこと言うの ! 
「いっちゃ」を悲しい漢字に当てはめてしまって涙出ちゃうから。
一人ではいかせたくないけど、一日を過ごす毎に私より確実に竜の方へと老いは早く訪れる。
私が心をしっかり持っていなくちゃいけないんだよね。
それが動物を飼う責任なんだよね。としばらく考えさせられました。
竜ちゃんもジャフメイト見てみる? 表紙の写真可愛いよ。

_496798dc64c7f.jpg 
紙類をめちゃくちゃにするのが好きな竜。やる気まんまん。ひとまず安心。

| 犬関連 | 15:52 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬支度

今日の仙台は風が冷たくて、今年はまずまず暖かいと思っていたけれど
いよいよ冬が来たと感じさせられる一日でした。
昨日タイヤ交換しておいてよかった。
昨日は夫がタイヤ交換してくれました。
仙台の積雪量は多くないけれど、
湿った雪なので運転時は滑りやすく危ない気がします。
青森のように水気の少ない雪が積もった圧雪路面の方が走りやすいです。

私は過去に3度車と接触したことがあります。
いずれもたいしたことはなかったのですが、
そのうちの一度は足の上にバスが乗りあげました。
雪で道幅の狭くなった道路でバスを待っていたところ、バスが私の足の上に乗りあげ、

私の足轢いとりますが !
 

と思った瞬間にはバスは走り去っていったのでした。
(冬はバスが混雑を極め、混雑していると乗客を見捨てバスは走り去っていきます。)
意外に足って丈夫なものですね。
翌日ふたまわりサイズが大きくなったくらいで済みました。
中学生当時の私はゴム長で通学していたので、
ゴム長が私を守ってくれたのかもしれません。
今はお洒落長靴もブームのようですし、雪深い国に行くときはゴム長お勧めです。

話は脱線しましたが、冬タイヤも私たちの安全を守る大切なアイテム、
頑張って履き替えをしてくれる夫にも感謝して、竜と小梅とともに応援することにします。
_496798df4fb63.jpg 
パパ、頑張れ~。
おや、竜ちゃんは実家の車庫で過ごした冬を回想中でしょうか。

_496798e174853.jpg 
小梅はアレルギーの顔の腫れもひき、薬も中止になりました。
可愛くなった顔で応援しましょうね。

_496798e3b2b82.jpg 
夏タイヤが転がってくるどー、逃げろ。
竜と小梅が『トム&ジェリー』の世界の住人なら、轢かれたらペラッペラになるところですが
実体験から言わせてもらえば足はパンパンに腫れるどー、逃げろ。

私と竜と小梅の応援を受けて、夫も無事にタイヤ交換を終えることができました。
応援頑張ったね、と竜と小梅を褒めていたら、
なんっっにもしてないよと夫に言われました。
ひどい。邪魔だったって言いたいの ! ?
竜なんか頭のトンガリの上がタイヤで黒くなったんだよ。
_496798e60939c.jpg 
全然わかりませんね。矢印をつけてみました。
_496798e7b6c40.jpg 
小梅も竜の仕事ぶりを疑っているようです。
小梅こそ可愛い顔で座っていただけで何もしていなかったくせに! !
それでもって毎年私もタイヤ交換を手伝うのですが、
竜と小梅を連れ出すことで何もやらずに済みました。来年もこの手を使おう。

| 犬関連 | 17:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボージョレ解禁

昨夜、先日映画を一緒に観に行ったMちゃんから鍋パーティのお誘いを受けました。
Mちゃんの旦那様が出張に出かけて不在にしているというので、
子ども達も一緒に、親はお酒を飲みながら鍋をつつくという、夫のいぬ間に企画。
うちの夫も昨夜はいなかったので、行く行くっと50m先のMちゃん宅へ。

11月の第三木曜はボージョレ・ヌーボーの解禁日でしたね。
私もMちゃん宅にボージョレを持参しました。
3e935984.jpg
2005 ボージョレ・ヌーボー、去年のヤツ。
夫が持って帰ってきたものなのですが、すっぱくて飲むまでに勇気がいるのですね。
酸っぱいおちょぼ口になるのを避けてきて一年、
ムーコワイナリー(冷蔵庫)で熟成が進み、コルクにカビが生えていたりなんかして。
コルクにカビが生えていたらそっとぬぐって飲むのも通っぽくていいですね。
Mちゃんに飲みたい酒はないかと聞かれ、私は焼酎をお願いしておいたので
通のふるまいはできず残念です。

鍋パーティ、大人4人、子ども8人でした。
子ども達に先にご飯を食べさせ、それぞれ仲良く遊んでもらいながら
大人は後でお酒を飲みながら鍋をつつきました。
楽しい。酔っ払っても家が近いから安心だし、子どもも楽しく遊んでいるし !
全員の家庭に発達障害を抱えた子がいるので、話は子育ての方に。
ほかの皆さんのお子さんは小学校の普通学級や特別学級に通っているので、
目下の一番の不安ごとであるスズの進路についていろいろ教えてもらいます。
私は通常の小学校事情に疎く、非常に参考になります。

私の一番の不安はスズが歩いて学校に通えるかどうか。
ショマの送り迎えもあるのでなんとか一人で通えるようになってくれればと思うのですが
家を出た途端に車にはねられるかもと考えただけで心臓がパクパクしてきます。
ほかの皆もそうやって不安を抱えながら、学校に通わせているようです。
学校に送りだしてから家のチャイムが鳴ったり、電話の音が響くとドキドキするとか。
それでも子は、親が後ろについて陰から見守っているのをとても嫌がるのだそうです。
小さい時から知っている子どもたちがそんなに成長しているのかと驚いたり、嬉しくなったり。
発達障害があるからと、つい過保護になりがちになってしまうのですが、
スズについては勇気を出して私が手を放すことも必要なのでしょう。
羽ばたけ、スズ。あ、今は無理。交通ルールを頭に叩きこんでから羽ばたけ。

ドラマ『僕の歩く道』の感想でも盛り上がりました。
私は三回連続で見逃してしまって、もう何がどうなっているのやらなのですが、
長山藍子さんのような優しい母ではいられないと全ての母の感想が一致していました。
私たちいっつも声荒げているよね~んだんだんだ。共感の嵐が巻き起こる。

子どもたちが眠くなった頃、楽しい鍋パーティもお開きに。
一人のお母さんは車で来ているので当然飲まず、
一人のお母さんはずっとビール、私は焼酎、Mちゃんもそんなにお酒が強くないので
ボージョレを開けるところまで行きませんでした。
ぜひMちゃんの旦那様が出張から帰ってきたら、夫婦二人でグラスを傾けてほしいと思います。
が、Mちゃんの旦那様もそんなにお酒を飲まない方だったような。
Mワイナリーという新たな場所でさらに来年まで熟成されるかもしれません。
子どもたちが成人した暁に鍋パーティで開けるというのもいいかも。カビ発生確実。

| 自閉症関連 | 23:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまには雑貨屋へ。

先週のことですが、ショマと同じクラスのSさんのお宅に招かれ行ってきました。
遊びに行くのは2度目なのですが、とにかくセンスのよいお宅です。
_496798ecbbc38.jpg 
木のブラインドなんていうものが今はあるのですねぇ。
こっそり外を覗くお遊びはできませんがナチュラル~。
午前10時半位からこんなに片付いているなんて、我が家ではありえなす。
絵の中の男の子のお股も水玉で隠されていて、もうよくわからないけど隠し方もお洒落!
よそ様のキッチンを激写するのは控えましたが、白タイル基調で爽やか~!
おいしいコーヒーをいただき、ムーコたん、もうここから帰らないもん♪
旦那様も素敵なんだもーん♪とめんこく駄々をこねたくなるというものです。

しかし時間というのは無情にも過ぎゆくものでありまして、
お昼を食べに近所の店へお出かけ。
その後にSさんがよく行くという雑貨屋さんのflanerさんに連れていってもらいました。
_496798ef1e3b8.jpg 
Sさんの小さな娘さんはオサレな雑貨屋さんよりジ●スコに行きたいようでした。
そうだよね、あそこに行ったらアンパンマンがポップコーン作ってくれたりするもんね。
200円コイン入れないといけないがね。行きたいよね、ごめんね。
Sさんと私で、おばちゃんの家の大きいワンちゃんにここでお土産買うんだよ、と
かなり苦しい言い訳をしてお付き合いしてもらいました。

_496798f0f2194.jpg 
まばゆい。まばゆいよ。小梅に与えられそうなものはここにはないよ。
私にも買えるものってあるかしらと思ったら、
意外に手軽な値段で可愛い雑貨が揃っています。
一輪挿しとワイヤーの小鳥、切り絵細工のオーナメントを買いました。
鉄製のモビールが欲しかったのでまた行こうかなと思っています。
どうもモビールに弱いです。吊るす喜び。ちょっぴり怪しい響きです。

帰宅してPCに写真を取りこんでいたのですが、すかさずスズのチェックが入りました。
自分が保育所に行っている間に、
私が楽しいことをしているのではと目を光らせているのです。
スズが保育所に行きたくないというのは、この辺りにも理由があるのではと思います。
母一人にだけ楽しい思いをさせはしない、良い方に考えれば
一緒に楽しみを分かち合いたいということなのでしょう。
今回は写真の雰囲気から私がカフェに行ったと考えたようです。
スズはコーヒー好きということもあり、ひどく悔しがって気持ちを伝えてきます。

  「僕もカペ行きたかったぁ。

    カペに行きたかったぁぁぁ。」


カペ。カペ。どこにあるんだろう。ジ●スコ?

| 自閉症関連 | 14:01 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教育の成果

先日の文化祭で演劇発表を終えたショマは
教室で豪華サンマ蒲焼弁当を食べていたわけなのですが、
その時間を利用して、私とスズは高等部の製品販売会場へと足を向けました。

毎年この製品販売は大盛況でもみくちゃにされて製品の購入になるのですが、
今年も販売開始の11時30分前、すでに会場前は長蛇の列でした。
何が売られるのかは見本が展示してあり、欲しいものの目星をつけておきました。
和紙で作られたクリスマス用のモビール、フェルト玉のアクセサリーも素朴でいいわん。
来年の干支、イノシシの組み木細工も欲しい。

大行列に並び、小さいスズを連れて競争を勝ち抜くのは到底無理に思えたので
並ばずにのんびり行ってみることにしてみます。
のんびりのつもりで行ったのですが、中は大混雑。
すでに欲しいと思っていた商品には『完売』の札が…。

スズは混雑していることに腹を立てていたようです。
言葉が発達してきているのは嬉しいことですが、人の気持ちを考えずに

 「混んでるんだよぉぉ。」


と一生懸命呼び込みをしている高等部のお兄さんたちに怒りをぶつける様子には
お母さんのお腹の中の腸がぐつぐつきてしまいました。

 「あのね、混んでいるのはお兄さんたちのせいではありません!」


と言っても、なんていうかなんていうかうまく言えませんが、つまり通じてないんですね。
吐いた言葉は丸めてゴミに捨ててなかったことにするわけにはいかないし、
これからはどんどん覚えた言葉は無遠慮に使うことになるだろうし、
言葉で気持ちを伝えることは大事なことだけれど、
言われて人が不快な気持ちになる言葉もあるということを
人の気持ちの読み取りが苦手なスズにはこんこんと教えていかなければならないでしょう。

混雑の中で、これからスズに教えていく課題を見つけつつ買い物を続けます。

【今回買った商品】
_496798f3a7911.jpg 
スズが選びました、サツマイモ。2本で50円也。
高等部の先輩が作っただけのことはあり、ショマが収穫してきたイモよりずっと大きい。
これではもったいなくてイモ水栽培はできません。
子どもたちのためにスイートポテトでも作ることにしましょう。
その他、マグネット、ストラップ。
そしてイノシシは売り切れだったのですが、お雛様の組み木細工と犬の組み木細工。
組み木細工はそれぞれたったの200円、安い! !

スズも犬の組み木細工が可愛い可愛いと大喜びです。
ほんとに可愛いよね。家に帰ってからも熱心に見ています。と思ったら…
なんと買ったばかりの犬ちゃんに落書きをしているではありませんか。
お母さんは今まで壁紙が奇妙な壁画風になっていても現行犯ではないので
叱りつけずに我慢してきたつもりである。
ウィンターソングのサントラの歌詞カードに落書きされても、
私が我慢すればと目をつぶってきた。しかし、今日こそは言わせてもらう。
書いていいと言った紙の上だけでお絵描きはしなさいよ、と。
私も鬼ではないので言い訳は聞きましょう。

_496798f55213a.jpg 
 「お母さん、小梅にはおっぱいがついてる。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
もっと幼い頃、スズは自分の性別がよくわかっておらず、
私の性別もわかっていないようでした。
小梅のことも男と言うので、
おっぱいのある小梅は女、チンチンの竜は男と教えてきたのでした。
_496798f713495.jpg 
見なさい、これがおっぱい。これが女の子の証拠と。
自分の言った言葉はゴミに捨てるわけにはいかない。
私の教育が思わぬ形で実を結び、眼前に現れたのです。
裏は無事だったし、もう叱れません。
おっぱいまで書き入れるとはなかなかの写実主義。

| 自閉症関連 | 15:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魚が好きだ。

トリミングにトリミングを重ねて何をしているのかよくわかりませんが、
劇中ではリンゴ狩りもしました。真剣です。
青森に行ったら、おばあちゃんに観光リンゴ園に連れて行ってもらうといいね。
割高なので私は行きません。リンゴは1個でお腹一杯になるのでイチゴ狩りを推奨します。
62381510.jpg


私のいる場所はあっという間にショマに見つかったので、かなり意識しています。
ほとんど全ての写真が怖いくらいにカメラ目線です。
_496798facb457.jpg _496798fc21527.jpg
家に帰り、写真を確認すると特にタンバリンを叩いている様子が
明らかに私に向かって何かを問いかけているかのごとくせつなさいっぱいの表情です。
何か私の育児に不満があるのでしょうか。あると思います。

途中でセリフもありました。

ネコー!

はネコ役ですから理解できるとして、マイクを通して大きな声で響いた

弁当ーーー ! !

は絶対にセリフではないと思います。
森の中で犬さん・ネコさん・羊さんで弁当を食べるという流れでは全くなかったもの。
発表自体は短い時間なのですが、
この短い発表を見せるために普段の生活と離れて練習を重ねるのは、
この子どもたちにとって負担のかかることでもあり、緊張を強いられることだと思います。
うまくできなくても、舞台から降りてしまうことがあっても
頑張ってきたことは観ているみんながわかっているよと伝えてあげたいです。

発表の後、私とスズは高等部の製品販売で製品を購入し、
二人でお昼を食べてから、教室で弁当を食べ終えたショマを迎えに行きました。
担任の先生に今日の感想を伝えます。

 「すごくよかったです。年を追うごとに発表にも慣れてきて劇らしくなっている
  なぁと思いましたけど、途中の弁当はセリフじゃないですよね。」


 「ええ、あそこは…(笑)
  実は朝、話したことがショマちゃん気になっていたようで
  つい喋ってしまったんですね。」


いつもと違う弁当持参ということで、朝から気になっていたにきっと違いないでしょう。
弁当食べたいというショマに対して、先生は発表を頑張ってからねと言い聞かせ
落ち着かせたという流れに間違いない。絶対に間違いない。
帰宅後、ショマに

「うなぎおいしかったの。」

と言われました。
給料日前なものでサンマの蒲焼をババンとご飯にのせてごまかしていたのですが、
サンマと知っていてもうなぎと言ってくれたのか、
本当にうなぎと間違えるほどおいしく食べてくれたのかわかりませんが、
その純な心が嬉しく、私は小さい声で「ごめん、サンマだよ。」というしかありませんでした。

| 自閉症関連 | 07:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネコになりました。

昨日はショマの学校の学習発表会でした。
朝は通常通りスクールバスに乗せて、学校へ送り出してやらなければなりません。
給食はお休みなので弁当を持たせてやるという仕事付きです。

ああっ忙しい。
困ったことに土曜の朝納品の仕事が全く終わっていません。
どうすべどうすべ。
竜と小梅も頑張れ頑張れそして散歩散歩と応援というより
明らかに要求の目でプレッシャーをかけてきます。
大変申し訳ないのですが、散歩くらいしか時間を短縮できるものはないので
帰ってきたらゆっくりということで一方的に手を打ちます。

弁当作りは本当に苦手です。
肉が好きでないショマの弁当には、ご飯の上に『うなぎ』をのせてごまかすという
手をよく使うのですが、給料日前のやり繰りが苦しい時期その手も使えません。
どうにかこうにか今そこにあるおかずたちで地味弁を作りショマを送り出しました。

一旦家に戻り、諸々の仕事を片付けます。
昨日は夫が出社当番の日だったので、一人でスズを連れ出さなければなりません。
急いでいるというに、新聞の折込みチラシを床一杯に広げるスズえもん。
お母さんは何がほしいですか。今この瞬間欲しいものは何もないっ。とにかく行くどーー。

プログラム最初の中学部の演劇発表の途中から観ることができました。
ショマたち小学部中学年の演技は、訪問部さんと小学部低学年さんたちの後になります。
よかった、間に合って。超短い散歩で我慢させられた竜と小梅のお陰です。

ショマは犬からネコへ配役が変更になりました。
母はネコが黄色の衣装ということで黄色探しの旅に出て、
再度ユニクロで黄色のフリースに巡り会うことができました。
犬用の茶色のベロアパーカーはショマと役が変更になった友達のSさんのお子さんに
貸すことができ、犬衣装も無駄にならずに済みました。
さあ、ネコはどんな風に仕上がったのでしょうか。
0ae1471b.jpg
シマリスっぽいと母は心の中でつぶやきました。
お尻についた長ーい尻尾が可愛らしかったです。
私が衣装部なら黒にしたかな。セクシーキャットぽくね。
しかし小学生にセクシャルな要素は不要か。

821b97e5.jpg
後ろの絵も自分たちで作りました。
この絵で森の中という雰囲気がかなり出ていたと思います。みんな頑張ったねぇ。
また話が長くなったので2回に分けます。

| 自閉症関連 | 06:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乳兄弟

高校生になった姉はペチャンコにした学生鞄を持つようになりました。
姉は父母に対しては無口で、強く反抗することはほとんどなかったのですが、
そのことに関してはいつも母と揉めていたように思います。
私にはツッパリに憧れるDNAが組み込まれていなかったのか、
カバンがペチャンコだろうが、ブタバッグだろうがどうでもよくな~い ?
と冷ややかに争いを傍観していたのですが、カバンペチャンコだけは姉にとって
譲れない部分だったのでしょう…でも今思い返してもホントどうでもよくな~い ?

しかし所詮姉はカラツッパリ(文注※1)。
高校生になってからの成績の下降っぷりに焦りが生まれてきたようです。
中学生の私が特に姉が苦手としていた地理をバリバリ教えました。
それなのに睡魔に負けてしまう生徒。
生徒は立ったまま勉強することにしました。
人生が終わるときに、人生が走馬灯のように駆け巡るということが本当にあるのなら
カラーボックスに体を預けて、立ったまま寝ていた姉の姿も一瞬蘇ると思います。

父母に看護婦になれと言われて育った姉も途中で脱落、
高校を卒業してOLさんになりました。
OLさんになり車の免許を取得してからは、冬場は私の高校へと迎えに来てくれました。
このことには本当に感謝、感謝。登下校で凍らずに済みました。

私も高校を卒業して、青森からはるか遠い東京へ。
特急はつかりの前で、二人で大泣きしての別れ。お姉ちゃんの鼻水にまみれた顔。
最初はもらい泣きしていた母も、私が盛岡を過ぎても泣いているので、
いいかげんに恥ずかしいからやめてちょうだいと言うのでした。
姉とはしばらくの間離れていましたが、電話のやりとりは欠かしたことがありませんでした。

姉とは結婚の時期もほぼ同じ、第一子の出産は3日違いでした。
実は「自閉症関連~昔のこと」で必要なのはこの前行の一文だけです。
長い前置きですが、今まで登場することのなかった姉も喜ぶことと思います。
姉の子どもと、私の生んだショマがたった3日違いで生まれたことで、
ショマの発達がほかの子とは明らかに異なっていることが
比較的早い時期にわかったのだと思います。

姉の子どもも長男は8歳に。
ショマがもし通常の発達の過程を遂げていたなら、同じような姿を見せてくれたでしょうか。
_4967990252f63.jpg 
……左の子がショマと3日違いで生まれた男の子です。
ショマは姉のお乳も飲んだことがあるので乳兄弟です。
姉は現在『氣志團』にはまっており、これは氣志團のギグに行ったときの衣装だそうです。
別にショマは今のショマのままでもいいのではないかとも思えます。
私がジャッキーチェン好きから再び中華芸能方面にはまったように、
嶋大輔を好きだったという姉の記憶は新たなツッパリを呼び寄せたようです。
人格形成が未熟な頃に夢中になって打ち込んだことでも、
記憶の底にしっかり根をおろしているものなんですね。

文注※1 当時の青森では気合の入っていないツッパリはカラツッパリと言われ
      嘲笑された。

| 自閉症関連~以前のこと | 17:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

姉妹

この日記の登場人物はショマ・スズ・竜・小梅・私、時々夫となっています。
夫の登場回数はさほど多いとはいえませんが、少し日記で触れると
「今日は僕のことが書いてあった」と伝えてくることがあるので
取り上げられるのは嬉しいことのかなと思います。
日記に登場するのは当たり前ではないですか、家族の一員ですからね。

もう一人、私の今の家族ではないにもかかわらず自分のことを
書いてもらいたいな~~と思っている人がいます。
青森にいる私の姉です。日記の存在は、姉には早くから教えていました。
昔のことを書くときに使えるかなと思い、
姉の子の写真も早い段階で送付してもらっていました。
一向に登場する気配のない姉と姉の家族たち。
しびれをきらして、もうあまり読んでいないようです。
かわりに姉の友人が読んでくれているとか。いつもありがとうございます。

私たち姉妹は父・母の厳しいしつけのもと育ちました。
昔は現在と違ってどこの家もそうだったのかもしれませんが、
楽しいおもちゃを買ってもらえることもほとんどありませんでした。
小学校三年生位のときにゲームが欲しいと懇願して買ってもらったボードゲーム。
里中満知子の星占いゲーム。姉と二人、わくわくして遊びました。
最高につまらないボードゲームでした。
私が人生ゲームという世にも楽しいゲームがあることを知ったのは大人になってからです。

やっとのことで買ってもらえたリカちゃんとリカちゃんの応接セット。
まだ覚えているよ、応接セット。白い椅子に赤のタータンチェックのクッション。
憧れのガラステーブル。いつも空想の中でお茶をしたね、リカ。
リカちゃんと応接セットは忽然と私の前から姿を消しました。
母と母の友人の近所の奥様が超能力で消したそうです。
私がリカを愛しすぎて、のめりこんだので母は危険と判断して超能力を使ったのでしょう。
そういうことにしておきましょう。できるなら超能力でもう一度リカを返してほしいけれど。

そのような感じだったので姉ちゃんと私は常にお喋りをしながら育ち、
夜寝る前は布団の中で「夜の会」という催しを開催していました。
夜の会はその日にあった出来事を報告しあうだけなのですが、開会の挨拶に始まり、
布団の中で起立、礼までしていたので会としての体裁は整っていたと思います。

大きな喧嘩をした事は一度だけ。
これをとてもとても書きたいのですが、
AOLの字数制限に引っかかること必至なので今日はやめておきます。

厳しい家で育った反動か姉ちゃんは中学に入った頃から
悪の道へと憧れを強めていきます。
聴く音楽は尾崎豊、部屋からは『First Love Last Love 』という本が母の掃除により
発掘され、母は心を痛めていたものです。
あの本の内容で落ち込んでいたら、心が幾つあっても足りないぜという代物でしたが
姉の思春期は母にとって悩み深き時期だったようです。
高校に入る頃には、部屋に嶋大輔のポスターが貼られました。
銀蝿ファミリー嶋大輔。
当時はツッパリ全盛期、男の勲章がもてはやされる、そういう時代だったんですね。 
姉の部屋の砂壁の上で私を見つめる嶋大輔。私は今でもそんなに嫌いな人ではありません。
アタイも知らずに魅せられちゃってたみたい、夜露死苦 ! というわけで続きます。

| 自閉症関連~以前のこと | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズ日記

昔のことを書くと高らかに宣言しましたが、今日は今日現在の日記です。
またスズが体調を崩して保育所を休みました。
明け方の嘔吐。
時期が時期だけに恐怖の嘔吐下痢症を疑いましたが、昨夜食べすぎただけのようです。
保育所に行く時間にはすっかり元気でしたが、
「吐いた」という既成事実が存在するため
本人は保育所に行く気持ちはすでに消失してしまったようです。

_49679905c947e.jpg 
さあっ具合悪いからPCで遊んでゆっくり過ごすか。僕は絶対に着替えません。
リンク先のガブリエルさんのところに行きました。犬も痔になるんだ、お大事に。
竜よ、牛乳はやらない。牛乳は僕の命の水だから。牛万歳。

_49679907b72a4.jpg 
今度はみゆこさんの所に行こうかな。
まだみゆこさんの大人の世界は早かったかな、けせらせら~♪
僕の人生もなんとかなればいいのに~♪

一部の人に好評だった、犬との触れ合い写真再び。
_49679909883e5.jpg 

_4967990be4f4d.jpg 

_4967990d8a17f.jpg 
小梅が好きだ~! 
溢れる想いは抱きしめることでしかもう表現できない。
嫌だといっても抱いてやるぜ。

_4967990faac10.jpg 
でもわりとすぐに飽きてしまう。小梅を捨て去ってしまった。傷つけたかな。

元気になってきたから明日のために、よし竜と小梅とお部屋の中で運動しよう。
寒さに負けるな、走れ走れ。
_496799120cfa8.jpg 

みんなで鉢にぶつかってしまったよ。お母さんはとっても怒っていた。

| 自閉症関連 | 16:33 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔にかえって

土曜日に映画を観たことで、いまだ興奮がおさまりません。
午前中は洗濯物を干しながら愛について考え、お昼はチャーハンを食べながら
男女3人の愛の在り様について考えました。
このブログをうっかり読んだ方で、ウィンターソングを観に行く予定の方も
もしかしているかもしれませんので、詳しく感想は書けませんが…
金城武演じる林のヒロインに対する仕打ちは今思うと生ぬるいのではないかと思ったり。
でも裏切りに対して何かするといったら、
私は相手へのイタ電くらいしか思い浮かばないのでありました。
(※裏切られても現実の私はイタ電は一応しないつもりです。)
のしあがろうとする女、結局は自分が大事って、んだんだんだ。
都合の悪いことは寝技に持ち込んでウヤムヤっぽくという女の猥雑さも嫌いじゃないなぁ。

少ない恋愛経験を参考に思うところはありましたが、
考えたことは次回観るときに確認ということで
今日は愛のエネルギーで子どものことも考えました。ちょっと。ちょっとかよー。

土曜日に一緒に映画を観に行ったMちゃんとはショマが小さい頃に知りあいました。
Mちゃんのお子さんとショマは同じ通園施設に通った幼馴染。
Mちゃんと私は同郷ということもあり、さらに超ご近所でもあり
辛い時も腹が立った時も嬉しい時も語り合い、飲み仲間として成長してきました。

土曜日も二人、サシ飲みで語り合い。

 「でもさっ、ウチらもう障がいのことで泣くとかしんみりするとか
  そういうところ越えてきちゃってねぇっ?」


ということでお互い納得しあいました。以前は泣きそうになって語り合うこともあったのに。
昔のことも少しずつ記憶から薄れつつあるこの頃。

そろそろ忘れないように当時のことも書いておこうかなと今日思い立ちました。
ブログを書き出した当初は順番に小さい頃のことから書いていこうと思っていたのですが、
どうもあの頃のことを思い出すと心が重くなり逃げてきました。
でも、子どもに障がいがあって今辛いと思っている人の何かの参考になれば…
何の参考にもならない可能性の方が大きくとも、志は立派に持って書いてみよう!

察しの良い方はネタ切れと気付いておられるでしょうか。ええ、そうです。
今現在、自閉症の子と暮らすのが当たり前になってきて
自閉症関連がとってもとってもネタ切れ。
しんみり激重の内容でしばらく持たせる。でも今日は疲れたので寝ます。
昔のことは書くのに時間がかかりそうなので時間があるときにボチボチと。
そんなこと言ってるうちにウヤムヤになったりして。女だから。

| 自閉症関連 | 22:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラブストーリーホルモン

昨日から金城武主演ウィンターソングがいよいよ公開になりました。
日本での公開のこの日をどんなに待ちわびたことか。
普段そんなに熱心なファンではない私も、
動員数に少しでも協力したいと昨日観にいくことに決めました。
そして自己満足ではありますが、朝9時30分から初回に観ることでファンとしての
愛と気合を再確認しようと決意したのであります。

でもこういう気合は空回りすると決まっているものなのか、
朝から素っ裸で私のもとに駆け寄ってくるチビスズ。おねしょをしたようです。
ぐるんぐるん洗濯機を何度もまわすママちゃん。
もう初回には間に合いません。天気も悪くなってきて気合が薄れてきます。

こんなときは誰かを誘ってしまおう。
頭に浮かぶ近所のお友達Mちゃん。
Mちゃんは金城君のファンでもなんでもないので、映画の後にご飯でもご一緒しましょうと
誘い水をばらまいてみます。すぐに乗ってくれたMちゃんありがとう!!
かくして18時45分からの回に出かけました。

仙台市内では『仙台フォーラム』というミニシアターだけでの公開。
映画の感想はというと、金城君演じる林見東は嫌な男だったということでしょうか。
なんか嫌な男だったねというのがMちゃんと語り合った最初の感想でした。
こんな風に嫌な人間を演じ、冷たい目ができるようになったのかと感慨深いものがありました。
ンーンームー♪と鼻歌にのせて水中でヒロインに近づく林に恐怖、
そして私ったら、そのシーンで笑いそうになってしまった。笑ったらいけませんね。

そして出演者のジャッキー・チュンさん(注・チェンではありません)が時計台に登る
シーンでは、ジャッキーチェンの『プロジェクトA』の時計台シーンを思い出してしまいました。
チュンもチェンと同じように飛び降りるのかと思ったら…。
違う意味で衝撃のシーンが待ち受けていました。直視できなかった。駄目だなぁ私。

ラブ・ストーリーなのでホロッと泣きそうになってしまったシーンもあり、
私にも愛に酔ったり、愛の裏切りに腹が立ったりする一面がまだ残っているようです。
しかしMちゃんに、私泣きそうになったところがあったよ~と報告したらば
どこっどこで??  と言われてしまった。あれ?

ちょっぴり直視できないシーンもありつつ、
私はまつ毛も鼻毛もバリバリに凍る地方で育ったので、
冬の極寒シーンは感覚から感情移入できるものがあり、
恥ずかしく感じるかしらと思った劇中劇のミュージカルシーンに意外にもすんなり入り込めて
かなり楽しめました。また観にいこう。次はカッと目を見開いて観よう。

映画のあとは、映画館近くのホルモン焼きのお店『かど屋』へ。
このお店はおっちゃん達が一杯ひっかけるようなたたずまいなもので、
私とMちゃん清楚な女の子二人でおっちゃんと仲良くなってしまったらどうしようと
不安に思ったりしたのですが、特に何の問題もなく時間は過ぎていくのでした。

【七輪で焼かれ、私たちに食べられるホルモン】
a8b9ef02.jpg
あーうまかった。「かど屋塩ホルモン」「はちのす」「こめかみ」などを
焼き焼きして食べてきました。次はギアラにも挑戦したいなぁ。
ラブストーリーの後にホルモン、ロマンティックな組み合わせではありませんが
愛に必要な精力はついた気がします。精力つけてまた観に行くのだ。

| 趣味・嗜好・TKC | 15:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

些細な知恵ですが・・よかったら。

今日はアレルギーの経過観察で小梅と動物病院へと出かけました。
少しずつ元気も戻ってきたようです。
女医さんにも「また美人になったね。」と言われました。
すごかったもんね、すごかったもんねと繰り返す女医さん。
病院に駆け込んだあの日にいなかったスタッフさんにも
小梅ちゃんの顔すごかったんだよと何度も教えていました。
美人だと言われたことを忘れてしまうくらいに。
確かにすごい顔だったもんねぇ。

今日は待合室に5~6人の方がいらしたのですが
「○○小梅ちゃ~ん♪」
と先生からお呼びがかかると同時に待合室にいた方から笑いがもれました。
なんで。どうして。小梅太夫の影響? 
詳しく小梅太夫を存知あげないのですが、名前だけで笑いがとれるって凄いぞ。
小梅よ、お前がちょっぴりうらやましい。でも可哀想な気もする。

まだ顔に腫れが残っているので、弱い薬を飲みながら少しずつ腫れをとっていくようです。
_496799183d675.jpg 

_4967991a9c11a.jpg 
早くこんな風に元通りになるといいね。使う機会のない写真をこの機に乗じて放出。
それにしても竜の頭の位置は…。

そしてハウスダストに関連して唐突にダイソン掃除機の登場です。
272e0be2.jpg
大切な一人娘小梅のために購入したというわけではなく、
以前から母に宝の持ち腐れと言われつつも、家で5年間使い続けてきたものです。
昨日の日記の後では、ダイソンの評判をおとしかねません。
そんなことはありません。
【吸引力の変わらないただひとつの掃除機ダイソンクリーナー】
で掃除すると、白い謎の粉状の物質がたくさん吸い取れます。素晴らしい吸引力。

ただ、ダイソンクリーナーは重いのですね。特に昔の型は重いようです。
プラスチック製なものでそこいらにぶつけると破損したりします。
お姑さんが一生懸命掃除してくれたときもテーブルにぶつかりヘッドが破損。
ヘッドを無償交換してくれたダイソン、ありがとう。
値が張るので購入は迷ったけど、アレルギーは発症しちゃったけど、
アフターケア万全のキミと出会えたことに感謝してるよ。

しかし、ついに先月、プラグの手前のコードが擦り切れて火を噴きました。
怖いです。私は一度、洗濯機のコードでびりびり感電したことがあるので
このようなコードを取り扱うことは本当に恐怖です。
洗濯機で感電って姫川亜弓かよ~。ヘレン・ケラーの役はまわってきたことないのに。
漫画ネタでごめんなさい。

コードを噛み噛みした犬(♀)がいるのではないかと疑っていましたが、
修理から戻ってきたダイソンを前に家人から忠告を受けました。
プラグはコンセントと平行に挿せとのことです。

つまり
a809ae1f.jpg

こうではなく
f8dbf96c.jpg

こう。

掃除機をかけるとき縦に挿すことが多いから、縦横無尽に動き回る掃除機では
コードが擦りきれてしまうんだとのことです。
噛み犬のせいではなく、一生懸命掃除していた私自身が
コード噴火の危機を招いていたようです。これで火は噴きません。
どうでもよい知恵と言わず、よかったら参考になさってみてください。

| 犬関連 | 15:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Good-bye Futon

スズの風邪により、小梅は布団初体験になりました。
_49679920ab4b6.jpg 
気持ちよかよか、にっこり笑顔です。

子どもにとっても犬にとっても布団でゴロゴロするのは至福の喜びのようですが、
いつまでもリビングに布団を敷いているわけにはいけません。
なぜなら私も布団が好きで、出られなくなってしまう可能性があるからです。
さて、撤去。
_4967992283355.jpg 
小梅、動きません。
これが火曜日の夕方の姿。
今日は夫の帰りも遅いし、もう少し布団で眠らせておこうかな、と思いブログを書きました。
さすがにそろそろ起こそうと思ったのが夕方6時半過ぎごろでしょうか。
起きてきた小梅、顔が、顔が、

とても変でした。

さすがにこの姿を写真におさめるのはどうかという状態でした。
両目が左右に向いてしまいどこを見ているのか焦点がはっきりしません。
人間でいえば涙袋にあたる目の下が盛り上がり、眼球が押し上げられているようです。
結膜炎なのかしら。何よりいつも小鹿のように駆け回っているのに元気がありません。
急いで病院だ。午後7時まで開いているので、先に電話をしておきます。
今からですかと言われましたが、今からです。今あいにゆきます。

診察の結果、眼球に傷はついていないようなのでアレルギー反応ではないかとのこと。
お尻にプリと体温計を挿されて、測定したところ9度9分もありました。
何か変わったものを食べたりしませんでしたかと言われても心当たりがありません。
変わったこと、初体験といえば布団・・。

布団・・。勇気を出して小声で「初めて布団に寝ました。」と告げてみました。
それかもしれません、ハウスダストですと明確に女医さんに告げられました。
アレルギー、竜は若い頃ひどいアレルギーでした。
あの戦いの日々がもう一度。竜は食物アレルギーなので体に合うフードだけを食べることで
症状は軽減されましたが、ハウスダストは私にとって難敵です。

そのほか、
「小梅ちゃん、カエルが口に触れたりとか、そんなことはなかったですか。」
と尋ねられました。カエルの皮膚に触れることで似た症状が出る場合もあるようです。
カエルなら触れさせないようにすればこれからは防げるもの。
しかし、カエルは私の天敵でもあるのでカエルを見たら即逃げを実践しています。
女医さんも季節的にカエルはなさそうと言います。

ハウスダスト決定か。このそこはかとなくこみ上げる恥ずかしさはどうしたらいいの。
一生懸命掃除しているのにハウスダストなら胸を張っていられますが、
なにかと心当たりのある暮らしぶり。
でもでも、使っていたキルトカバーは
母K子ちゃんから送られてきたもので初めて使ったのです。
朝・昼・晩・晩と掃除機をかけるK子宅からやってきたエリートダストに
うちのダストに馴染んだ小梅の体が合わなかったということは考えられないでしょうか。
思わず言いそうになりますが、アホだと思われそうなのでさすがに口にはできませんでした。

とりあえず小梅ちゃんはもう布団に寝かせないでください、と忠告され
注射を2本ずぶりと打たれ、薬をいただいて帰宅しました。
_496799245544e.jpg 
まだ少しむくんでますが顔も元に戻りました。
あの時の顔すごかったなぁ。…すごかったなぁ。
そんなこんなでこの2日、心を入れ替えてほうきを使い掃除機をかけています。
布団はもちろん日干しです。もう寝かせることはないけれども。Bye-bye布団。

| 犬関連 | 13:36 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皆がいると寂しくない、らしい。

月曜日の朝、スズが保育所に行きたくないと言い出しました。
スズにとって保育所は行けば楽しく帰りたくない場所のようですが、行くまでが大変。
朝に熱を計っても熱はなかったので、もったりと洋服を着せて連れていこうとしても
表情が曇ったまま。
連休明けはいつも行きたくないって言うよな、と思いつつ再度熱を計ったら発熱。
なにこれ、気合?

熱があるなら行かせるわけにも行きません。
2階で寝ましょうと言っても寂しいから嫌だと言う。本当の目的はテレビの天気予報でしょっ、
母は知っていますが、嘘つき呼ばわりは可哀想なので意見を尊重します。
でもね、1階に布団敷いたって眠れないよ!

_49679927f1aa0.jpg 
ほら。踏まれて騒がれて眠れたもんじゃないよ。

_4967992a15269.jpg 

_4967992c2e7cb.jpg 
寝相が乱れるほど熟睡しているようだ。

_4967992e079f6.jpg 
起きました。周りが騒がしかったのは気付いていたようで竜がうるさかったと訴えてきました。
犯犬はどちらかというと、そちらの白いお嬢様ではないかと一部始終を見ていた母は思います。

一日で熱はすっかりさがり、昨日は朝の4時前から天気予報チャンネルを見ていたスズ。
睡眠のリズムが崩れたので、昨日はお休みし今日から登所しました。
特別に敷かれた布団も撤去。
竜は以前は私と布団で寝ていました。しかし子どもたちが大きくなるにつれ、
私の寝場所がどんどんどんどんなくなり、今は遠慮してもらっています。
小梅は布団初体験。
_4967993023e4e.jpg 
気持ちいいよね。ゆっくり眠りなさいな。
あなた、この後……。 続く。

| 自閉症関連 | 15:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柔軟性に富んだ母

土曜日の深夜から日曜にかけて夫は釣りに出かけました。
今回の釣果。
_496799330aaad.jpg 
ヒラメが 2、アイナメが 1 でした。
夫は85cmのヒラメを釣る夢を見たそうなのですが、今回のヒラメは40cmほどが2枚。
海の神様はさばく私を考慮して85cmを2分割で渡してくれたようです。
でも手間も2分割されたわけなので、どっちだって同じか。

お魚たちはこのようになりました。
_4967993550ebc.jpg 
配膳の途中で失礼します。
アイナメは味噌とネギとともにタタいて『なめろう』に。
残った分はくず粉をまぶして湯引きをして食べました。
ヒラメは刺身と昆布締めに、刺身で残った分はお茶漬けにします。
そして奥様、今回の目玉料理はアイナメとヒラメの皮の塩焼きです。
ここの家は皮まで食べるのかとお思いになられるでしょうか。
ええ、食べます。恥ずかしいのでこっそり囁きますね。

刺身用に皮を引くとけっこうな量になります。
この皮を竹串にくるくる巻いて塩を多めにふってカリカリになるように焼きます。
と、さも自分オリジナルのように書いていますがネットで調べたレシピです。
ネットというのは便利なものですね。
私がインターネットというものの存在を初めて知ったのは、高校生のときか大学生のときか、
いずれにせよずいぶん前に見た『トゥナイト2』によってでありました。
司会の石川次郎と山本晋也監督が将来は全世界の人がネットワークでつながるという
話をしていました。今よりとんがっていた私は次郎はでかい風呂敷を広げたもんだと
思いました。次郎さんは知ったかぶりで嫌だな、わかめパーマだしとも。。
けれど私、とんがりすぎてた。現在は柔軟性を少しは持つようになりました。
人の意見を取り入れながら、自分なりに噛み砕いていく、そういうことって大事ですね。
今やネットでヒラメの皮焼きレシピですもんね~
皮焼き、ヒットでした。香ばしくてうんまいっ。

そしてさらに奥様、ヒラメは頭でっかちさんなので頭を捨てるのはもったいないですね。
頭と中骨は鍋でぐつぐつ煮込んで、コラーゲンを抽出して『煮こごり』を作りましょう。
煮込んだら味付けをして濾す、濾して根気よく小骨を取って身を汁に戻して冷やし固める。
お肌プリプリのためにはコラーゲンを多く含む食品を取りたいものですね。
私は豚足も好き、手羽先を煮込んだスープを定期的に飲むとコラーゲン摂取に抜かり
ありませんが、もっともっとお湯を玉のようにしてはじくお肌になりたいと
ゼラチンをドリンクに入れて飲むという健康雑誌『ゆほびか』直伝の美容法も試しました。
そしたらば、顔がてかリンコになりニキビが数多く出ました。摂取のしずぎに注意。
食品から取るくらいで丁度良いのではと、てかりすぎた女は思います。

_496799377405a.jpg 
これが煮こごりです。テーブルと同じ色で美味しくなさそうですが、
熱々のご飯にのせるとジュワッと溶けて美味しいのですよ~。
大きな四角い型に入れて作ったのですが、ショマは

 「これはお魚のデザートですか? お魚のゼリーですか?」


と大喜びでした。夫はショマうまいこと言うなぁと褒めたたえていましたが、
私は煮こごりに生クリームがのっているところを想像して無言になってしまいました。
子どもが一生懸命想像して話かけてきたのに、駄目な私。
子どもの想像力のさらに上をいってしまった。柔軟性がありすぎるのかしら。

| | 17:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

失ってからでは遅い。

小梅はまだ遊びたい盛りなので、新しいおもちゃをもらうと全力を傾けて遊びます。
そんなときは竜のことも忘れてしまうので、やることのない竜はどうしているのかというと
_49679939b758b.jpg 
笑顔で若いものの遊びを眺めていたり、

_4967993b7ea91.jpg 
気がつくとこんな顔で私を見つめていて、私のハートをズキュンと撃ち抜いたりします。

_4967993d8a151.jpg 
小梅は竜という存在を時にはっと思い出して遊びに誘ってみたりします。

_4967993f5f8e3.jpg 
最初はうるさがっていても、

_49679940e54df.jpg 
すぐに燃え上がってしまう犬の悲しい性。

_49679942b1033.jpg 
もう止まれない、後戻りはできません。だって楽しいから。
突起が上顎を刺激して気持ちよいから。

_496799445f6d5.jpg 
と言ってももう遅いのです。
大切なものはしっかりつかまえていないと、突然手いや口の中から飛び立ってしまうものです。

564d13d5.jpg

そして失われた突起ももう戻ってくることはないのです。
ここまで小さくなると飲み込んでしまう危険があるので、私により没収されました。

| 犬関連 | 15:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魅惑の突起

いつもと違うホームセンターに行くと、見たことのない犬用おもちゃがあったりします。
硬いゴムボールにたくさんの突起がついたおもちゃを見つけました。
どうやって遊ぶのかいまいち掴めない部分もありましたが、
硬くてカミカミにはちょうどよさそうなのでお土産に買ってきました。

_49679947b1dc6.jpg 
小梅はどうやって遊ぶのかなと思って見ていたら、突起を全て噛んで取ることにしたようです。
突起に犬夢中。次々と取れていきます。

夢中になっている間に取れた突起で悪戯をしてみました。
_496799494721a.jpg 
シャラポワ風の小梅。

犬だからひとつの突起では足りないでしょう。数を増やしていきましょう。
_4967994d2bb01.jpg 

_4967994ee956f.jpg 
三個まで撮影することができました。

自前の乳首をつまむとせつない顔をする小梅ですが、つけ乳首ではどうでしょうか。

_4967995097ff5.jpg 
ごめん、小梅とれちゃった。
じっと見つめています。返してもらいたいようです。自前の乳首も立派なのに…。
あまりに突起が魅惑的だったので、お下劣な内容で失礼しました。
今日はこれにて。

| 犬関連 | 08:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノロケ話ではありません。

先日、夫は深夜12時をまわる頃に帰宅したのですが、
こんなものをお土産として持って帰ってきてくれました。
_4967995353919.jpg 
「街を歩いてたらさ~あったから。」と。
おお、金城君。ちょぴっと老けたかな。いやいやいやいやいや渋みが出たんだわ。
私と同年代なのにシミひとつないし。きっとメラニンが生成されない体質なのね。

とても嬉しいお土産だったのですが、この時私は寝ぼけておりまして
表紙だけをざっと見ただけでした。
しかし夫は中を開いて「ママ! 中にもたくさん載っている! 」と嬉しそうに教えてくれました。

金城君のファンになって長い年月が流れました。
時には熱く燃えることもあれば、忘れがちになってしまうこともありました。
夫はそんな私を見ていい歳をして…と常に苦々しく思ってきたように感じます。

それなのに私の誕生日に突然夫から『金城武 写真集』や映画のDVDが届くことがあり、
昨日はそろそろウィンターソングの前売り券買いに行こうかと誘われました。
今日はショマにヘルパーさんとお出かけの予定があったので
買いには行けませんでしたが、
この夫の心境はどういったところによるものでしょうか。

夫以外の人間に夢中になる妻を苦々しく思いつつ、
育児に育犬に掃除に頑張る妻の言うことだから仕方がない
というあきらめの気持ちでしょうか。
いえ、もしかして嫌だ嫌だといっているうちに夫も金城君が好きになってしまったのでは…?

それとも土曜日の夜に釣りに行くからかしら。
釣りに行くからといって私は怒ったことなどないわ。いやマテ、あるかも。
いずれにしても土曜日はいつもに増してにこやかに送りださなければならんでしょう。
そこによこしまな気持ちはないと思いますが、
結果として夫はなかなかの策略家だと思います。

| 趣味・嗜好・TKC | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実際のラブは茶色に近いが呼ぶときはイエローとこだわりたい

母は私の家をピカピカにして昨日青森へと帰りました。
そして今日は養護学校のお母さん友達が4人遊びに来てくれました。
母がいつも以上に家を磨いてくれたのは、2日にお客様が来ると事前に伝えていたから。
何度か家に来てくれたことのある同じクラスのSさんもピカピカと褒めてくれました。
夫も母に別れを告げるとき、「お母さん家中キレイにしてくれてありがとうございます。」
と言葉を添えていました。家はピカピカ、みんなニコニコ。
多分母はぐったりと思うので、娘に恥をかかすまいと頑張ってくれた母に
今晩電話でお礼を言いたいと思います。

今日の集まりではいろいろな話ができて、とても楽しい一日になりました。
ショマの学校ではそろそろ文化祭の季節です。
小学部や中等部の子どもたちは演劇発表をすることになります。
私は学校行事の中で文化祭が一番楽しみです。
子どもたちがいつもと違う衣装を身に付けているのを見る楽しさ。
障がいのある子ども達でも取り組めて、なおかつ観客である私たちも飽きさせないようにと
先生たちが工夫をこらしたお話や舞台装置、みどころ満載です。
この演劇の発表を観るとたくさんの方に観ていただきたいなぁと思うのです。

ショマの所属する小学部中学年では、動物をテーマにした演劇発表を行うことになりました。
先日キャストが発表になりショマの役どころは、

元気なイヌ

先生よーくわかっていらっしゃる。うちは役作りに必要すぎるほどの要素が揃っておりますYO !

【参考資料 元気すぎる犬】
_496799567ef1c.jpg 
衣装は上下ともに茶系とのこと。
母と先週末、いろいろと探しました。ジ●スコはサイズもないし、色もねイマイチ。
私がイメージするところは茶っていうかイエロー? みたいなね、ラブ飼いとしては。
結局たどり着いたのはユニクロの女性用Sサイズ、ビロードっぽい生地のパーカー。

今日もお母さんたちで衣装はどうした?などと盛り上がり、
私はサッと取り出しました。犬役にはこんな良い色があったわよ~と。
_49679958a3ff7.jpg 
あまり元気のない犬ですみません。携帯で文字打ち遊び中のイエロードッグ。
実際は茶色なんですけどね、私の中ではラブラドールのイエローです。

午後になりお客様もお帰りになり、ショマの迎えに行き、今日の楽しい一日の余韻に浸りつつ
学校からの連絡帳を読みました。今日はどんなことが書かれているのかな。

 集中練習の結果、リトミック場面の動きを生かして配役を変更したいと考えて
 います。ショマ君は犬から猫にと考えています。猫は演技スタート時点でジャンプ
 するという大切な動きがあります。上手に元気にジャンプするショマ君を猫に
 コンパートしたいと考えています。


…………えぇっと、猫の衣装は何色だったかな。プリントで確認するかな。
猫役の人は色がなくて選ぶのが大変と言っているのを今日聞いたような。

ネコ 黄系

うぅん、まあそのドッグとキャットの違いではないか。念願のイエローじゃないか。
お母さん、黄色探しの旅に出るよ。
頑張って高く高くジャンプするがいい。

| 自閉症関連 | 18:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |