2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ひざ小僧の角質があらわに

 リンクさせてもらっている『ココロの陽だまり』のcranberryさんのところで
旦那様がピアノを弾き、お子様二人がその演奏に合わせて歌を歌って
誕生日を祝ってくれたという日記を以前に読みました。
奥様がいない間に旦那様が子ども達と練習をして誕生日の日を迎えたのだなぁと
想像するととても微笑ましくて、 cranberryさん嬉しかっただろうなと思いました。
私の夫にもその話を教えて素敵だよね~と言ったところ
じゃキミの誕生日には俺がいい声で歌ってやるよ、と夫が言ってくれたのです!!!
私が素敵だと思うこと≠夫がいい声で私のために歌ってくれること
だったので、本当に愛の歌でも歌われたらどう反応しようかと思案していましたが
誕生日の今日、歌ではなく花をもらいました。
_4967962b2cfc3.jpg 
お礼を言ったけれど、今年はブログには書かないねと言ったら
夫が目に寂しい色を浮かべたので、すみません載せます。
_4967962cf1b76.jpg 
中に入っていた花ではこの花が形も手触りも面白かったです。
かかとのガサガサのような手触り。なんという花なのでしょう。角質花?

さて、誕生日といっても花をもらったことのほかは特にいつもと変わらない朝。
新聞を広げると竜と小梅がやってきて
1175331478.jpg 
1175331569.jpg   
いつも新聞を読もうとすると紙面の上に乗られます。

ソファーに移動して読もうとすると
thumb_1175331809.jpg 
座椅子にされます。
いつも夫に小梅と私の写真撮って~とお願いしても撮ってくれないのですが
今日は面倒くさがらずに撮ってくれました。
誕生日の嬉しい2ショットなのにひざ小僧があらわに…。
外に履いていけるパンツの資金もプラスしてもらおうかと思っているところです。

| 犬関連 | 17:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬のいる空間

昨日、ショマと同じクラスのSさん一家が遊びに来てくれました。
Sさん宅のご子息N君はショマと同じく自閉症なのですが
ここのところ不安定な様子が続いているようです。
春休みで家にいると子どもは外に出かけたがる、でも出かけられる場所が少ない。
うちなんかでよければ、いらっさい、いらっさい。

ショマは今でこそ大きな声、いわゆる奇声はあげなくなりましたが
養護学校入学前の1~2年間はいつも大きな声をあげていました。
N君も今、声が出たりという様子が見られるようです。
ショマの時のことを考えると、何かを伝えたいという気持ち、
わかってもらいたいけれど私にはなかなか通じなかったりというもどかしさや、
関心を引きたいという気持ちから大きな声が出ていたように思います。
ショマの事例が全ての子に当てはまるわけではないとわかっているけれど
言えるのは、この大きな声を家という空間で延々と聞かされる側は
疲れる、体の芯から疲れるということではないかと。
伝えたいことがあるんだね、わかってあげられなくてごめん、ごめんね。
…という優しき気持ちは正直湧いてこないです。

も~勘弁してくれ ! 黙ってて ! 

が本音のところでした。この言葉の後ろに『後生です。』と
お願いの言葉を何度でもつけたいくらいのものでした。(あくまで私の場合)
外に連れていこうにも、大きな声が出ていると連れて歩きにくい。
Sさんも先日訪ねたお店にて子どもがうるさいと叱られたとか。
ありゃ。私も何度か叱られたことあるけど、
一番衝撃的だったのはショマがパニくっていたとき
通りすがりのおば様にうるさいってショマの頭を叩かれたこと、あははははー
その時はもちろん、あははは、ではない。
お茶でも飲んでゆっくりしていってください。

というわけでお昼は菜の花とタコのスパゲッティ。
パスタということに若干の抵抗をいまだに感じる。タコパスタタコパスタ。慣れない。
デザートはゼラチンで固めるタイプのレアチーズケーキ。
Mちゃんからまたいただいたリンゴの赤ワイン煮をのせてゼリーで固めました。
そんなMちゃんは家の中で子ども三人に囲まれるのは大変だと青森に帰ってしまった。
早く戻ってきて。
_4967962f9b778.jpg 


_4967963172677.jpg 
デザートと対峙するとき、それは男の真剣勝負。
上のリンゴは先にはがして食べてしまう。はがした部分はマグロの赤身そっくりであった。

子どもたちはそれぞれ好きに過ごしているという感じでしたが
N君も安定していて、途中で何度か車に乗って帰りたいという様子が見られたものの
Sさんのもう少しまったりしていたいという要望のもとで
好きなビデオを自分で選び、そのビデオを観て時間を過ごしていました。
選んだビデオの中に、ショマ母ビデオライブラリーの中の一本
金城武主演映画『不夜城』が入っていました。
Sさんに、Nは『不夜城』は観ないでしょっと言われていましたが…
あの、、私としては一緒に観てもOKでした。

私たちがまったりしていた間、
竜と小梅は子どもたちが怖がっていたのでハウスで寝ていました。
Sさんは動物がとても好きで、今は飼うことができないけれど
ご実家の猫に逢いに行ったりすることで心の安らぎを得ているとのことでした。
N君の妹さんがこの春幼稚園に入るので一人で動ける時間が増えたら
竜と小梅と一緒に大きな公園を散歩したいと言い、
ハウスの中の小梅と竜の様子をお茶の間中じっと見て、
さらにハウスから飛び出した耳を撫で、耳気持ちいい~癒される~とうっとり。
うちの竜と小梅で日常の疲れが癒されるのならなんぼでも触ってあげてください。
竜と小梅も喜ぶことでしょう。
_496796330eff6.jpg 
小梅、なぜか偉そう。

| 自閉症関連 | 18:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先生ありがとう。

先日も春のお別れの日記を書いてしまって
内容がかぶってしまうのですが、また別離日記です。
スズのクラスは二人の先生が担当しているのですが、
その中でスズを含め統合保育枠の子どもを二年間に渡って
サポートしてくれたY先生が転勤になりました。
Y先生はショマが保育所にお世話になっていた時代からいらっしゃった先生で
途中出産と産休を経て保育所に復帰し、復帰と同時にスズを担当してくださいました。
ショマが保育所にいた頃からと考えると、途中お休みをはさんだとはいえ
かなりの長きに渡って同じ保育所にいたということで
転勤は先生とともに予想していたことでした。が、寂しい。寂しいよっっ。

はじめて会う人にもいきすぎるほどにフレンドリーなショマと違い
新しく出会う人にはなかなか心を開かないスズが
保育所でどのような生活を送るのか母は不安でしたが、Y先生にはすぐ慣れてくれました。
保育所での遠足のとき、やってはいけないこと(バスの中では立ちません等)、
遠足に行った先でやること(バスの出発前にトイレに行く等)、
絵カードを作って何日も前からスズと一緒に事前に確認していました。
今年度の遠足にスズは発熱で行けなかったのですが
先生との事前確認によってずいぶんと遠足を楽しみにしていたものでした。
行事の時や、クラス替わりなどスズの中で区切りが必要な時-
次の行動に移らなければいけないという時は
先生もスズに合った方法を模索しながら根気よく教えてくれていました。

集団でのゲームに参加することがスズは不得手なのですが
とりあえず誘ってみて、やりたくないときは無理じいせず
スズが興味を持ったときにはルールを少しずつ教えながら進めていってくれたようです。
私などは皆がやっているんだから一緒にやってよ的な
気持ちを持ってしまうことがあるのですが
皆がやっているから参加しなければならないという強制ではなく
無理なく参加ができて、その結果楽しい時間を過ごせたらいいねという
ゆったりとした気持ちで見守ってくれていたのかなと思います。

私は朝にスズとショマの連絡帳を書くのですが
朝はバタバタしていてミミズが這い回ったような
判読も難しいような文字で提出してしまうこともしばしばです。
先生も時間がないだろうにいつも丁寧な返事が戻ってきました。
嬉しかったのは連絡帳で一日の出来事を記してくれる他に
スズが言った言葉をメモに書きとめておいて連絡帳にはさんでおいてくれることでした。

 ○月○日スズ君 お母さんが大好きだよ。

等のメモがはらりと連絡帳から落ちてきて、それを読むときの嬉しいことといったら。
このような心遣いのなんとありがたいことかと。
ショマとスズは先生との出会いに本当に恵まれていると思うのですが
私自身が彼らの先生との出会いで素晴らしいものをもらっているのでしょう。

Y先生とスズはいよいよ明日でお別れ。
先生との別れがわかっていないようなので区切りをつけるという意味で
今日の帰りに、明日で先生とはお別れだから楽しく過ごそうねと先生と私とで教えました。
保育所から先生がいなくなってしまうということはやはりまだわからず、
先生がお休みするものだと思ったようです。

 「月曜日は会える?」
 
 「月曜日からはもう会えないの。」
 
 「火曜日は会える?」

 「ごめんね。火曜日も会えないの。」

スズの表情が曇ってきます。
水曜、木曜と繰り返しているうちに先生も泣き声で応じています。
最後にスズが小さな声で…やだもん。とつぶやいたのが印象的でした。母涙。
今まで慣れてきた保育所という環境で、来年度からクラスの友達や先生が変わっても
その変化を受け入れて適応することがスズはきっと出来ると思うと先生も言われました。
私もそう思います。小さな心にたくさんのことを先生から与えてもらったから。
寂しいけれど乗り越えなければいけないこともある。
お母さんはスズより少し長く生きているから知っているんだ。
出逢ったことで宝物は残るということを。
明日がスズにとって楽しい一日でありますように。

スズ作品 先生と頑張った縄跳び。
04b21ff1.jpg

スズ作品 スズの手で蟹。私はこの手蟹がお気に入りです。
5d4fb406.jpg

| 自閉症関連 | 20:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大好きだから…見つめているよ。

犬の話題が続きますが、昨日は竜のことについて書いたので
今日は小梅日記でいってみようと思います。
_496796387b41c.jpg 
小梅が我が家にやってきて、この夏で三年目を迎えます。
亡くなったウサギのマモちゃんも含めて男だらけだった家に咲いた一輪の花。
小梅の明るい性格で家の中の雰囲気もずいぶん変わりました。
いかん、これでは竜が陰気な犬のように受け取られてしまう。
竜は多少陰気な部分もある犬ですが、とても優しいです。よしフォロー。

02be58d8.jpg
謎の表情をして私を喜ばせてくれて、

_4967963b5612f.jpg 
末っ子どうし仲がよく、

_4967963cddc6d.jpg 
心配していた竜との仲もまずまず良好。
_4967963e82aba.jpg 
時に野獣のような一面もみせることがありますが、
牙を抜かれたようにして生きなければならない社会において、
家でこれくらいのことはやってもみたくなるのでしょう。

bd296613.jpg
散らかったキッチンで失礼、、
家でこれくらいのことはやってみたくもなるのでしょう。

_49679641adcd5.jpg 
ゴミ箱から尻を出すくらいのことは
私が見ていないと勝手に思っているときはやってみたくもなるのでしょう。
お母さん、小梅が大好きだからいつでも見てるよ。
見ていないと思うほうが大間違いじゃ、こら。

| 犬関連 | 17:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥さんの我慢

_496796462a955.jpg 
そんなこんなで、竜はなかなか独り遊びの写真を撮らせてくれないのですが
近頃、この黄色い輪っかのおもちゃが気になっているようです。

_49679647ced8d.jpg 
見つめて

_49679649a25dd.jpg 
見つめて見つめて…奥さん…。
いやこれは奥さんじゃなく輪っかですから、
えろえろしい顔はせずとも大丈夫です。

_4967964b84c71.jpg 
噛む、もきゅもきゅと音を立ててひたすら噛むべし噛むべし。

_4967964d22d60.jpg 
落としたようだ。
ここで私が動いてはまた奥さんモードに竜を誘導してしまう。
私も我慢。自分で拾うべし。

_4967964ea912e.jpg 
小梅や、若いキミにしてみたらただ噛みしめるだけの遊びは地味に思えるかもしれない。
破壊を伴わない遊び、これこそいぶし銀の魅力漂う遊びなのだ。
取り返してほしいとキミが目で訴えてもここはじっと耐えて私はノンと言う。

_496796503aed4.jpg 
ああっ、なんかものすごく可愛いかも。チッスしたくなる顔だ。
というわけで奥さんの方が我慢できなくなってきました、という次第です。

| 犬関連 | 18:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥さん、寂しいのかい。

_49679652937d3.jpg
竜と小梅はいつもこのように犬布団を引っ張りこしたりして遊んでいます。
小梅、君は地引網にかかった大物のようだ。
2頭で遊んでいる写真は大量に撮れるのですが
竜が独りきりで遊んでいる写真はなかなか撮れません。
なぜなら、私がカメラを構えると竜は集中力が途切れてしまうようで
すぐに私のもとに来てしまうからです。

_4967965425576.jpg  
いつも、えろえろしい顔をして私のそばに。写真でかっ。

_49679655c5362.jpg 
思った以上に奥さん写真が大きかったので別に続きを書きます。

| 犬関連 | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日常は変わりなく流れていくけれど

先週の金曜日でショマの養護学校三年目の生活が終わりました。
三年目を迎えた学校生活では、学校で毎日やること、
定期的に行われる学校行事への見通しがついたことで
気持ちが安定してきたなという印象があります。
規則正しいリズムで生活を送ることの安心がショマの中に根付いてきたようです。
また突発的事態にも、言葉の理解力が増したことで
自分の中で折り合いをつけて対応できる力がついてきたなぁと感じています。

学校生活での成果はこのくらいに留めておいてと…、
春は別れの季節でもあります。
ショマが入学してからの三年間一緒に過ごしてきたお友達が
転勤に伴って別の県へと引越ししてしまいました。
ダウン症という障がいを持って生まれてきたS君。
パパとママの面影を受け継いでいてとても可愛かったS君。
S君のお母さんと先日送別会もしてお別れの挨拶もしたけれど
今は通信の手段も発達していて音信不通になることはないとわかっていても
親しくなった人が、すくそばに―
声をかけられる場所にいないと思うのはやはり寂しいものです。

実際にS君と三年間を学校で過ごしてきたショマはどうかというと
あれ? S君いないなーという違和感を感じつつも
その日常は特に寂しいといった様子は感じさせず流れていくのだと思います。
でも私は確信しています。
ショマはS君のことを忘れることは決してないと。
今まで関わった人たちのことをショマは本当によく覚えています。
言葉が全くなかった時代、親の私がショマは感情もなく人形のような子どもだと
思っていた頃に関わっていた人、動物の記憶を今教えてくれることがあります。

物事が順序通りに進んでいくのならショマより私が先にいなくなるでしょう。
ショマは悲しい雰囲気にのまれやすいので私がいなくなった後数日は
なんとなく悲しい気分で過ごすかもしれませんが、
その後の毎日は何事もなかったように続いていくのだろうなーと思います。
それでも口うるさい人がそういえばいたなと覚えていてもらえて
時に思い出してもらえれば、それだけで私が生きてきた意味はあるような気がするです。
春の別れからそんなことをふと思いました。

この春、ブログを通じて知り合った方にも、新しい土地で新年度をスタートする方、
自分の夢のために新しい一歩を踏み出す方がいます。
この日記を読んでくださっている方の中にもそのような方がいるかもしれません。
あれ、何を書きたいのかわからなくなってきました。
日常は変わりなく動いて流れていても、私も忘れないよと言いたかった。
あれ??? そうかしら。
いや、新天地に移られて新たなスタートをきる人を応援しますと言いたかったような。
じんましんが出てきてカユカユになってきたので
よくわからなくなってきてしまいましたが、春からの一年も頑張りましょう。 

| 自閉症関連 | 03:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飲み比べ勝負


_496796591ab78.jpg 
子ども達も寝静まり、夫もいない夜ウォッカを呷る。
冷凍庫で冷やしておいたウォッカ、舌で転がしてはいけない。
一気に喉まで持っていく。

_4967965ac68c3.jpg 
お嬢さん、どちらが強いか飲み比べしようというのかい。

_4967965c59dd7.jpg 
いつまで余裕の微笑みを浮かべていられるかな。

_4967965e2ddfb.jpg 
君達には無理っていうか、もう寝てください。

_496796601eee6.jpg 
飲み比べは私ではなくこちらのお嬢さん達がお相手だ。

友人のFさんの旦那様のロシア出張のお土産にウォッカと
マトリョーシカちゃんをいただきました。
右側のマトちゃん達は以前にいただいたもの、
左の青いマトちゃんは今回いただいたものです。
_49679661e6976.jpg 

今回の第一マトリョーシカちゃん顔が濃い~~。
さすが本場のロシア人のお嬢様。
_496796637dd0a.jpg 
第五マトリョーシカちゃんに至っては濃さもないけれど顔もない~。
ということを数日前にFさんとお話ししたのでどうしても日記に残したくなりました。

_496796658072e.jpg 
ショットでウォッカを呷るのは私には二杯が限界。
後は可愛らしくソルティドッグで。
ソルティドッグを作るのは居酒屋ジ●ン万次郎でバイトしていた時以来。懐かしい。
さて寝ます。今日でショマの学校も終わり。起きられるかしら。

| 料理・食べ物 | 02:21 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅の花

お付き合いさせていただいている方のブログを読むと
桜の便りの記述も見られるようになってきました。
仙台では梅の花がそろそろ散ってしまうかなというところまで
季節は進んできましたが、桜の花のつぼみはまだ固く閉じたままです。
桜が咲くのは四月に入ってからかな。

梅の花も終わりということで今日は散歩コースにある梅の木を愛でながら
竜と小梅の写真を撮りました。
_49679667e47c1.jpg 
桜の花の華やかさ、華やかなだけに散りぎわの儚さに情緒を感じますが
掌の上にのせて眺めたいような梅の花の可憐さも捨てがたいものがあります。
枝ぶりも地味な感じだけれど、
上へ上へと向かって伸びている姿に強い生命力を感じます。
好きな花だから、私の娘のような犬の女の子にもこの花の名前を戴きました。
_4967966997c80.jpg 
梅の花のように可憐で

_4967966b731cc.jpg 
お腹まわりも優しい白梅の色。

_4967966d7e0be.jpg 
梅の花の香りを楽しむ小梅を見てこんな歌を思い出しました。
 
 梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしぞ思ふ

梅の花の香りのかぐわしさに、遠く離れてはいますけれど心はいつでもあなたを想い、
というところでしょうか。万葉集からです。訳間違っていましたらすみません。
_4967966f6650e.jpg 
実際は少し離れてほしい場所でもぴったりんこ密着だったりします。

_49679671913a8.jpg 
さらに万葉集にはこんな可愛い歌があります。
 
 梅の花咲けるが中にふふめるは恋か隠れる雪を待つとか

梅の花が咲いている中にも、つぼみのままでいる花はYOU恋しているからなの?
それとも雪を待っているからかしらん? 

つぼみのままでいる、知られてはいけない秘めた恋なのでしょうか。
恋が成就したとき花は開くのかしらと考えると少々大人な感じが溢れてしまうので
地面から動くことのない梅の花の恋のお相手は鶯かもと
ファンタジックに捉えていきましょう。
春を告げる鶯がやってきて梅の花の精は恋を知り、
花開き甘い恋の香りを漂わせながらやがて散っていく。んん~浪漫浪漫。
_49679673ab8ab.jpg 
その際、犬に食べられないように注意。

| 植物 | 16:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い出のペットボトル

3月17日の夜、SOUL'd OUT のライブに行ってまいりました。
SOUL'd OUT の公式ホームページはこちらです。
→ ttp://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/SouldOut/
かねてから何を着ていこうか迷っていたライブでしたが
結局当日までどうしたらいいかわからず
ピーコさんがお洒落な人は季節の先取りをして服を着ると言っていたのを思い出し
春物をまとって行ったらば凍え死ぬかと思いました。

開場は18時、開演19時でしたが
会場のZeppSendaiの外に並んでいる時間が
結構長くてプルプル可愛く震えていました。
会場に入って間もなく開演という流れでしたがMちゃんと会場内にいる人をチェックし
私達が最年長ではないようだと安心しました。
お客さんの年齢層は意外に幅広く、親子連れの方もちらほら。
ショマも歌が好きなのでもう少し大きくなったら連れてきてあげたいなぁと思いました。
外での待ち時間さえ耐え切れればショマでもなんとか、うん。
調子はずれだけど SOUL'd OUT の歌も歌ってるし、うん。

ライブですがとても楽しい夜になりました。
快くMちゃんを夜に出してくれたMちゃんの旦那様にありがとうと言いたいです。
完全に私の趣味に付き合わせた形になってしまい、
彼らのCDを聴いて予習してくれたMちゃん。
SOUL'd OUT が出てくる前に FAR EAST RHYMERS というグループの方達が
オープニングアクトで演奏したのですが

「あれ? CDで聴いたのと曲調違う。」
と戸惑っていたMちゃん。
「Mちゃん、あの方達 SOUL'd OUT じゃないから」
とヒソヒソやりとりしつつ、Mちゃん予習ばっちりだと思いました。
Mちゃんも終演後、楽しかった~と言ってくれ、
また私達が行けるようなライブがあったら行こうと合意しました。
ついでに私の夫も、私が夜に戻ったらそのまま釣りに行く予定で
その釣りが悪天候で中止になったにもかかわらず
快く送り出してくれてありがとうございました。

生で演奏を聴くというのはいいものですね。
SOUL'd OUT がすごくすごく好きというわけでも実はなかったりしたのですが
とても好きになりました。
メインMCのDiggy-MO’さんの好きな映画『恋する惑星』と
どこかで読んで、うは~一緒と思ったり
DJ OZUMAがDiggy-MO’のファンと知れば、
うは~微妙に姉ちゃんとつながったと思ったり、私の心なんと単純なことか。

ライブの余韻に浸りつつ、
_49679675e170a.jpg 
そうそう、竜ちゃんこんな感じでDiggy-MO’さんもキャップかぶってたよ~。
今度ライブに行けたらツアーキャップまで買えたらいいよね。買うの大変みたいだけど。

_496796777a9dc.jpg 
竜ちゃん、あんまり笑うと日曜大工が大好きなお父さんみたいだ。
渋くキメるように。

_496796791929e.jpg 
小梅ちゃん、ワンドリンク制なんだよ~。
500円でペットボトルホルダーとドリンク貰うんだよ。いいでしょ~。
_4967967ae631a.jpg 
あっあっ。そんな予定通りに動かれると…。
_4967967cbc27a.jpg 
さよなら、17日夜のペットボトル。予想通りなのでホルダーはしっかり確保。

| 犬関連 | 16:54 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先週に引き続きお茶会

先週の金曜日の高等部の卒業式に続いて
今週の金曜日は小学部の卒業式がありショマは学校が休みでした。
学校が楽しくて仕方がないショマは学校が休みになると
気持ちが落ち着かないことが多く、バス停に行こうと一日誘われていたものですが
最近は予定を受け入れることができるようになってきました。

そこで今日もお茶会です。
_49679682da83d.jpg 
今日はチーズケーキを作りました。
お茶は桜のフレーバーティー。
紅茶と桜の葉のブレンドで、日本で一番早咲きの沖縄の桜の香りを再現、だそうです。
_49679684b3295.jpg 
クリームチーズが少し余ったので竜と小梅にもフードをトッピングしてプレゼント。
糸を引いてきらりと光るヨダレがまぶしい。

ショマ、今日も男の買い物について思いを馳せてもいいでしょうか。
a45b2270.jpg
あなたの父からホワイトデーのお返しにチロルチョコ8個もらいました。
母は2月あたりは忙しくて材料だけを買ってチョコは作らなかった。
生クリームも腐らせてしまった。
だから一個20円、計160円のお返しでもありがたいと思えってことなんだよね。

誤解があってはいけないので付け加えるけれど母はチロルチョコだーい好きです♪
20円という値段でここまでの完成度、
この小さな立方体の中にチョコレートの小宇宙が広がっていると思うね。
特に季節ごとに出る特別バージョン最高よ。
夏のカキ氷チロルチョコ、シャリシャリ感がちゃんとあってね、素晴らしいの一言。
抹茶ときなこは中に餅入り!!

さらに言うならお母さんの小さいときはチロルチョコってもっと小さくて10円だったのね。
それがなんでサイズが大きくなって20円になったかわかる?
2e38bf22.jpg
時代の流れに応じて、商品にバーコードをつけなければならなくなり
10円の時のサイズではバーコードの表記ができないからなんだよ、
と週刊誌で読みました。ショマが大人になってからも20円だといいね。

_4967968972964.jpg 
それにさ、金目鯛もらったさ。
きっとこれもホワイトデーのプレゼントなんさ。
という話はショマにとってはどうでもよいことのようで
今日は女優の菊地凛子さんの話題が気になっていたようです。
ショマのブームは世間より遅れて訪れるのですが
今回は思ったより早かったなぁと思いました。

菊地凛子、菊地凛子と呼び捨てで連呼しながらチーズケーキ完食。
_4967968b59a2e.jpg 
このティーセット おNEW なんだけど…
_4967968d19a05.jpg 
持ちにくいよね…ジャッキーチェンにもなれないし…。

| 自閉症関連 | 17:51 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いずい

なかなか抜けない訛りというものがあります。
イントネーションはなんちゃって標準語かもしれないけれど
標準語に近い誰にでも通ずる発音を使えているのではないかと考えています。

ではイントネーションではなく、
言葉の形自体が標準語の形態とは全く異なるものになるとどうか、というと
つい口をついて出てきてしまうものです。
標準語ではニュアンスを表現しきれず方言を使ってしまう、
地方で長く暮らしてきた人には
誰にでもある現象ではないかと思うのですがどうでしょう。

私の場合は『かちゃくちゃねぇ』 『どへばや』 等の言葉を
つい家の中で使ってしまうことがあります。
言葉の意味の詳細は長くなってしまうので省略しますが
短い中にもいろいろなニュアンスが含まれていて、私にとってはとても便利な言葉。
いずい という言葉も便利言葉リストの一つに入っている言葉です。
いずい、は仙台でも使う言葉なので外でも普通に使っている言葉なのですが
どういうときに使うのかというと

7f0b537d.jpg
 「頭のところ、いずいなぁ。」

13c47ca8.jpg
「お股のところ、いずいなぁ。」

という用法が考えられます。
仙台では一昨日、昨日と雪が降ったので
子どもたちにもスキーウェアに帽子と完全防備の服装をさせて送り出してやりました。
しかし着る機会が少ない服だけのことはあって
スキーウェアや帽子がぴったりとフィットしないようです。
このように、ある状態が自分にとってピタッとこない・しっくりこないときに
使うのが「いずい」という言葉になります。

_4967969252dd6.jpg  
一昨日の雪では小梅もレインコートを着ました。
竜太のはじめてのレインコート。
レインコートを着るくらいなら一歩も動かない状態に竜太がなって以来
物置に入れられていたレインコート。
少しサイズは合わないけれど小梅に着せればいいのです。

_4967969424ad1.jpg 
竜太はもう帽子だけでいいや。

_49679695efc11.jpg 
小梅も洋服嫌いなので着せるのは大変でしたが
予想に反して暴れずに歩いてくれました。
ただサイズが大きすぎるのか足が洋服から抜けてしまう。
(※右足が抜けています。)

_49679697d6508.jpg 

_49679699af347.jpg 
強風にも煽られて、ゆらゆら揺れるしっぽが足を入れるところに入っていました。
小梅は気にしていなかったけれど
いずい、見ている方がいずい ! 
雪の日にいろいろな いずさ を見ることができました。
レインコートはやっぱり物置行きかな。

| 犬関連 | 10:41 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

服に悩む

春のおしゃれは足元から
_4967969beaf61.jpg 
昨日から仙台は雪が降っています。
暖冬で履く機会の少なかった長ブーツ、スパイク付き!
あまり人には見られたくない長靴姿ではありますが、
雪の散歩時はこれが機能的&最高。

雪中での散歩姿はまたの機会に譲るとして 今日は自分の買い物日記。
昨日本当に春の靴を買いました。
272e21a0.jpg
近所のお友達Mちゃんと‘ライブ’というものに行くことになりました。
OL時代に会社の先輩に外国人のラッパーさんのライブに連れていってもらって以来です。
そのときは周りの方に合わせて、音楽に体を預けてノッていこうと頑張りました。
先輩が私のノリ方が面白すぎて音楽が耳に入らなかったと言うのです。
アーティスト殺しなのかな、ふっ。

もうすぐ誕生日がやってきてthirty-fourになるけれど
そのライブには若い人がたくさんいそうだけど
ノリ方がわからなくて若い方に混ざって
タコ踊りになってしまうかもしれないけどたまには…。
でも何を着ていけばいいのさ、裸みたいな格好の方がたくさんなのかしら、どうしようと
Mちゃんと相談しあった結果、二人で買い物をすることになりました。

ショップを歩くこと半日。
靴の写真からわかるかもしれませんが
私は足がでっかく幅広甲高でパンプスはサイズを捜すだけでひと苦労。
『EEE』と刻印があれば幅広足でも安心ですがデザイン的にいまひとつだったり、
春だから白っぽいブーツも可愛いかなと思っても、誰がこんなの入るんだという幅だったり。
青緑色っぽいパンプスが欲しかったのに、きつくてきつくて
パンプスの内側のカーブから足指の付け根が男らしくのぞいていたり。
写真の白の靴はなんとかぎゅうぎゅうにならずに履くことができました。

買い物を終えて、昨夜一人で手持ちの服も合わせて着替えてみましたが
一体何を着て行ったらいいのかますますわからなくなってきました。
キャップをかぶってしまえば色々な点でごまかしが利くのではないかと考え
竜と小梅の前でキャップをかぶってみました。
f898b5a8.jpg

キャップの横からスズを泣かせたモジャ毛をのぞかせて。春の私も油絵風。
_496796a0251a9.jpg 
冷たい顔をされると、多少若向けファッションかもしれないけれど
これはライブのためにだなと言い訳したくなるものです。

c93e9119.jpg

こんな風に着ていく服がおおよそ決まっているライブはいいなとちょっぴりだけ思います。
d096fe1b.jpg

写真送ってねといったらすぐに姉から送信されてきました。
使用する機会がライブだけに限られる服だから姉も喜んでいることでしょう。

| 未分類 | 17:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島のびりびりを見つめるコメコメ ! と男の嫉妬

小梅と竜には近所にお友達がいません。
お互いがお互いを見つめるだけの生活。
が、近所に気になる男性が小梅にはいるようです。
もうかなりの高齢のワンちゃんらしく、
目が全く見えていないようですが匂いを頼りにして小梅との逢瀬を楽しんでいます。
陽気のいい日は、庭の中で日向ぼっこを楽しんでいる彼。
彼の家は土台が高くなっていて、小梅は伸び上がって彼とフレンチチッス。
その姿を後ろから見るとロミオとジュリエットの男女逆バージョンのようでもあり
全身が伸び切った小梅の姿は吊るされた干物のようでもあります。

そのとき竜はといえば完全に横でふてくされているのですが
先日、彼の方が竜という男の存在に気付いたようで
一段高くなった庭の上から竜を目がけておしっこをチーとかけてきました。
年老いていても高潔なプライドがあるんだなーと感心してしまいましたが
おしっこがかかったのは竜ではなく至近距離にいた小梅でした。
そういう日もあるよ。今度逢うときは竜の存在がばれないようにするからね。

お友達がいないせいか
テレビというバーチャルな世界にいるお友達を捜したりする小梅ですが
昨日はいつも私が楽しく読んでいるブログ
『石垣島の海を潜るラブラドールレトリバーのびりびり!』さんのところで
びりびり君の動画が公開されていたので竜と小梅とともに見てみました。
びりびり君の声に反応する小梅。
それではゆっくり皆で動画を楽しみましょう。

_496796a63973c.jpg 
竜も最初は反応。小梅はすでにびりびり君の捜索を開始しています。

_496796a7e48d1.jpg 
右から捜し、

_496796a982da9.jpg 
左から捜し、

_496796ab1b4c3.jpg  
正面から捜し、

_496796ad10814.jpg 
『こみみ』と肉球で感想まで打たれた。
これがびりびり君だよ~かっこいいよね。仕事に燃える男だよ。

_496796aee846f.jpg 
そのとき、竜はといえばまたもや完全にふてくされていて

_496796b084a08.jpg 
ハウスに戻って

_496796b211d99.jpg 
俺は俺の仕事(雑誌破り)をするのみ、見ておけ小梅!
ハウスの中で黙々と雑誌を破るっていうのがなんか暗いな~と思う私でしたが

_496796b390ffc.jpg 
その仕事まで小梅に持っていかれてしまいました。
竜には高潔なプライドを持って
まだまだ小梅を夢中にさせてほしいと願いました。

| 犬関連 | 06:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きなのだ。

今日はお客様を招いてお茶会をしました。
_496796b63793a.jpg 
今日は中国茶で、おやつは簡単にホットケーキ。
中国茶セットは一人で使うとなんとなく寂しい気がするので
相手がいて、その人のためにコポコポとお茶を注げるのが嬉しいです。

_496796b806b3d.jpg 
ホットケーキに対してプレッシャーをかけてくる輩がいますが
気にせずくつろいでくださいネ☆
私はドッグカフェ未体験ですが、きっと犬の目にいかに耐えて食事をするかという
修行をする場所なのかもしれませんね。えっ違いますか?

393a69df.jpg

0b4e0018.jpg
少し愚痴らせてもらっていいですか。ええ、男の買い物についてなのですが…。
夫がね私に内緒で精米機を買ってきたのですよ。
この前たまたま玄米でお米を買ったからという理由でね。
精米機20台分我慢して冷蔵庫をまず買うべきじゃないのっ??って言ってやりました。
確かに昨日精米したご飯炊いたら美味しかったから、
あまりグチグチ言うのは見苦しいけれど。
じゃ、もうひとつ。『必釣 ヒラメ』のビデオ。
一緒に観ようって言われて観ましたよ。なぜ一緒に??? みたいな。
私が冷たいのかな。千葉では一年中ヒラメ釣りが出来るらしいことはわかりましたけど。

509877c4.jpg
あとね、次男坊のことなのですが。
緑色でしょ、ヤク●トじゃないよって言っても確かめないと気が済まないんですよね。
今日の宅配牛乳のおまけでついてきた青汁入り乳酸菌飲料なのですが
開けるまで保育所行かないと騒いで、開けてみたらやっぱり飲まない。
私が飲み残しを飲んで健康になればいいことですよね。あなた好きそうですね。差し上げます。

d7af2242.jpg
あとね、昨日の夜、ストーブの灯油を入れたの。
そしたら灯油がこぼれたわけ。よーく洗ったつもりなのにかぶれた。
水疱いっぱい、気持ち悪い。そして痛い。
腱鞘炎予防でリストバンドつけているんだけど、そこに灯油がついていたんだね。
衣服に残った灯油は火傷に似た症状を引き起こすそうですよ、くれぐれも気をつけて。
そして絨毯の上で写真を撮るときは犬に踏まれないように注意。
薄く肉を踏まれて痛かったわい。

という愚痴は口に出さず楽しくお茶会をしました。
お茶会の相手はショマです。
今日は高等部の卒業式で学校が休みだっので、二人でのんびり過ごしました。
途中で小梅にホットケーキが食べられちゃいそうと涙がこぼれましたが
幸い盗み食いはされることなく、ホットケーキ完食。

_496796bf1e33e.jpg 
お茶を飲む姿がジャッキーチェンの映画に出てくる食堂シーンのようで
_496796c0c3329.jpg 
可愛いので、もう一回もう一回というと何度もやってくれて
_496796c2a7ce2.jpg 
最後は茶器が口に入ってた。
素直なショマが大好きだと思いました。

| 自閉症関連 | 18:14 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イモ子・パイ子・アボ子・ユズ子

かつてイモを水栽培していました。
栽培の過程は拙ブログの植物カテゴリーに記録されていますが
いちサツモイモとして天ぷらにされるわけでもなく、スイートポテトになるわけでもなく
イモ子と名付けられた彼女は
コスプレをさせられたり、私の母K子に菜箸を突き刺されたり
最後にはイモ武という名の婿も迎えて激動のイモ生を終えました。
彼女の本体であるイモは腐り、跡形もなく儚くなってしまいましたが
こっそりもぎとっておいた葉の部分がいまだ生き続けています。
_496796c4dc3d2.jpg 
イモ子が儚くなったのが昨年の6月、
執念の忘れ形見の名はある理由から幸(さち)といいます。
葉を水に挿しておくだけで発根して、根の長さは30cm強。
イモという母艦がなくてもイモ葉は生きていくことができます。ためにならない豆知識です!!

さて、そんな幸に新しい仲間が加わりました。
_496796c6b1f4a.jpg 
パイナップルのパイ子とパイ太郎です。
だいぶ前に、母の沖縄旅行のお土産で手の平に乗るほどのパイナポーをもらいました。
パイナップルといっても観賞用なので食べることはできません。
パイナポー本体がしわしわになったら上部の葉を切り取って鹿沼土に埋めると
また大きく生き生きと育つのだそうです。
が、すっかり忘れられて私の家の飾り棚でしわしわになって彼らはうなだれていました。
が、仙台にやってきた母K子によって鉢にちょこんと植えられ
第二のパイ生スタートの運びとなりました。サボテンみたいでかわゆい。
養分母体を失って葉のみというところは、幸・パイ子に共通する境遇なので
きっと仲良く暮らしていくことでしょう。

さらに私はアボカドも栽培しています。
これは私が自主的に栽培をスタートさせたのではなく
母K子が鉢に植えていったアボカドの種が発芽したものです。
大きくなってきたので、これも可愛いなーと育ててきたのですが
冬になるとともに葉が落ちはじめました。
夜の寒さが堪えたのかなと心配していたのですが
暖かさが戻るとともに、また小さな葉が顔を出しました。
ほっと安心したのも束の間、
_496796c8c474f.jpg 
朝起きたら芽をK子にぱっつり切り取られていました。
イモ子が菜箸を刺された時とおんなじだー。
実家でもアボカドを育てており、すでに2メートルを超えるまでの背丈になったとのこと。
上部をばさっと切ればそこからどんどん葉が伸びると
母が言うのを聞いて、この姿になる予感はしていたのですが…
もっと暖かくなって葉が育ってからの処置だと思っていたのに…

さらにアボ子の鉢の上につぶつぶーー。
_496796cada21d.jpg 
聞いてみたら、柚子の種だそうです。
今回の来仙で、母は自宅で栽培した柚子を持参していました。
紅茶に柚子の果汁を絞ってショマとティータイムを満喫していたのです。
その種が。アボ子の上にアバウトに散らされ。
柑橘類の種はすぐに発芽するとは母の弁なのですが、
パラッとのせているだけで発芽するものなのかしらん。
さらに聞いたら、パイ子の中にも柚子の種を埋め込んできたと言います。
母の言うとおりになるなら、再来年辺りは果樹天国でーす。

| 植物 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出不精の原因を考えてみる

我が家の前の道路は抜け道として活用されているようで
表通りを避けてきたと思われる車が多く通り過ぎます。
友達のSさんも、ショマ君の家の前の道を最近よく使っているのと教えてくれたので
車があるときは家にいるからお暇な時は寄ってよねんと答えたところ
「っていうか、車ないときがないかも。」とおっしゃられる。

近頃Sさん、またはMちゃんと出かける以外は外出していなかったかも。
先日はSさんとショマの学校行事を終えた後、久方ぶりにドトールに行き
プチ感激して帰ってきました。ドトール、楽しいわ! !
最後に行ったのは学生の時ではあるまいか。これでは久方久方ぶりくらいですね。
ここ数日は母が来ていたので
せっかく来てもらったのだから喜んでもらいたいという気持ちもあり
ちょこちょこ外出していたのですが
普段は竜と小梅と遊んでいると出かけるのが億劫になってしまいます。

~私の一日~
子どもたちを学校、保育所に送りだしてから洗濯物を干す。
竜と小梅を連れて散歩。
家に戻り、部屋に竜と小梅を放して
私はパソコンの前で仕事、時に麻雀パイを崩すゲーム。時に仕事という表現が相応しいのか?
_496796cd63e76.jpg 
竜と小梅は引っ張りっこ。
毎日飽きないのだろうか。勝利の先に見えるものは何?
この遊びを始めるとストーブの耐震装置がききます、寒い。
多頭飼いの家は皆寒い思いをしているのでしょうか。

_496796cf31521.jpg 
引っ張りっこで疲労がたまると竜はソファでひと休み。
俳句の季語でも考えていそうな風情に心が和みます。
 
 <梅の香に 心騒げど もう十歳> 竜太

小梅は疲れてくると私のそばで休むことが多いです。
_496796d0c8a56.jpg 
以前に撮った写真ですが休憩中。上からカメラを下ろして撮りました。

_496796d25cf0a.jpg 
母の脚の間にて直立不動で休憩中。
おい、小梅クン資料の整理でもしてくれないか。
資料の整理はできないけれど~~小梅ちゃんと椅子の上から一声かければ
_496796d428677.jpg 
このサービス。よーし俄然やる気が! ! ではなく撫でなくてはいけないので仕事中断。

いくらなんでも夕飯の買い出しも必要で、
銀行や郵便局で用事を足さなければならないこともあり
出かけざるをえないこともあります。
が、
_496796d5db50a.jpg 
寝ているかと思いきや、監視されてるぅ~~! !
というのが出不精の原因ではないかと思います。

| 犬関連 | 17:19 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お雛祭り の夜

母が青森から遊びにきました。
この時期遊びに来る予定はなかったはずなのですが
私の家の近所に母の叔母が住んでいて、
寂しいので遊びに来て! と誘われたようです。
母の叔母は80歳を越えていますが、とにかく元気。
外にも積極的に出かけて、自分が楽しいと思うものを
どんどん取り入れているのが若さの秘訣なのかなと思います。

母を大叔母の家まで送っていった際にちらし寿司をいただきました。
毎年、雛祭りには大叔母がちらし寿司を作ってくれるので
私も期待を込めてちらし寿司を作りませんでした。
以前にちらし寿司を作っていたら、大叔母が自作のちらし寿司を持って現れて
「ムーコちゃんが作ったものより絶対美味しいからショマ君に食べさせて ! ! 」
と置いていかれました。
北●サブちゃん宣伝のちらし寿司も捨てたものではないのですが
干瓢から椎茸まで煮付けて作った具を混ぜ込んだお寿司は確かに美味しいので、
私もこの日はすっかり甘えてしまっています。

母を大叔母のお宅に置いてきて
お昼は家にちらし寿司を持ち帰って夫と子どもたちとで食べました。
あっという間に食べてしまい写真を撮り忘れてしまいました。
夕方、大叔母と話し疲れて帰ってきた母を連れて買い物へ。

名取市というところに東北最大級のショッピングセンターがオープンし
『三越』もあるということで母を連れて行ってあげたかったのですが
時間が遅いこともあって断念。
仙台市泉区にある『セルバ』というお買い物処もリニューアルオープンだったので
そちらに出かけてきました。
せっかくのお雛様の日だから
夜もそれらしきことをしようかとケーキを買いました。

_496796db5cf3f.jpg 
『36 STICKS』というスティックケーキのお店がビルの中に新しくオープンしていました。
すごい行列だ~そんなにうまいものなのかと並んで12本買いました。
おいしい、おいしいけれど一番高いもので280円。
スティックでなく、少々お金を足して通常の三角型や丸型のケーキを買った方が
得した気分がするのではないかと考えてしまうのはケチの証拠なのでしょうか。

母と夕食の支度をしながらもう一品。
_496796dcf408c.jpg 
ヤンキー雛です。
卵に海苔ってくっつかないものですね。
女雛の髪を おすべらかし のように作ろうとしてもくっつかないのです。難しい。
着物もはだけてしまって、風紀が乱れています。

_496796deb30c7.jpg 
女雛になるはずだったウズラ卵は男雛に変更しましたが
海苔がくっつかないからリーゼントも難しいね、と母と語り合いました。
そんな楽しいお雛祭りの夜でした。

| 料理・食べ物 | 08:08 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二人で 半分こ

子どもの頃、見たいテレビが制限されていたということがあります。
ドリフはなかなか見られない番組でした。
たまに見てもいいという機会が与えられても
志村けんがとんでもないことをはじめると
父が怒り出すのではないかと思い、「志村、そこまでしないで !」
とハラハラして見ていたので、心から楽しめてはいなかったのでしょう。
子どもの心を蝕む教育上好ましくない番組として、
親としては子を思う気持ちがあったのではと推測しますが
厳しい家で育ったとは思えないと言われる大人になった現在、
テレビの番組内容と子どもの成長には深い関係はないのではないかとも思えます。

アニメもあまり見たことのないジャンルでしたが
世界名作劇場とNHKで放映されるアニメは楽しみにしていました。
世界名作劇場では「ふしぎな島のフローネ」が好きでした。
…今「ふしぎなシマのフローネ」と片仮名変換されて色々と想像してしまいましたが
それはさておき、このアニメは無人島に流された一家の物語です。
そこで家族が協力しあいながら生活を豊かにしていく過程にわくわくしたものです。
木の上に建てられたツリーハウス、ヤギからお乳をしぼったり、
砂糖や塩を作ったりするのを見て、へぇーっっほぅーっっと感心したものです。

NHKでは「名犬ジョリィ」が大好きでした。
白い魔犬と周囲の人間から恐れられてきたジョリィと、少年セバスチャンの友情の物語。
当時見かけることの少なかったピレネー犬がほしくてほしくて。
ピレネー犬の背中には乗ることが出来るんだ ! と本当に憧れました。

このアニメでは主題歌の『走れ ! ジョリィ』が
走れジョリィ~~♪ テュルルルルルル~♪という
印象的なフレーズで有名かと思いますが、
エンディング曲の『二人で 半分こ』も名曲でした。
_496796e1046e0.jpg  
ビスケットが一枚あったら、ジョリィと僕とで半分こ
チーズが一切れあったら、ジョリィと僕とで半分こ

_496796e28ae96.jpg 
冷たい粉雪が降ったら毛布も二人で半分こ
ちょっぴり悲しくなったら涙も二人で半分こ

_496796e42b2ac.jpg 
何か良いこと明日は起こるかも…ワクワクするのも 半分こ
優しい春風が吹いたら希望も半分こ

ところどころ歌詞を忘れていたので、ネットで調べて改めて読んでみたら
本当によい内容の歌詞だなぁと思いました。
大切な人や大切な存在と気持ちを分かち合えるって本当にいいなと思います。
_496796e5bba83.jpg 
長い時間がかかりましたが、小梅と竜も楽しみを分かち合うことができました。

| 犬関連 | 09:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |