2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

喧嘩の花

よし、勢いにのって今日の分の日記も書いてしまいましょう。
さっきの日記でショマとスズの関係に感謝と書いたので
兄弟の関係について記しておこうと思います。

ショマとスズはあまり喧嘩をすることはありません。
喧嘩をすることがないのはショマの穏やかな性質に助けられている部分が
大きいのではないかと私は思っていました。
パニックを起こしたときは別人のような一面を見せ、テンションも高めのショマですが
気質的にはおっとりした方だと思います。
スズはショマが遊んでいる物を断りもなく取ってしまうことがありますが
物を取られたことでキーッとなったりすることがショマはほとんどないです。
不安でどうしようもなくなって混乱することはあるけれど、
怒っているのをあまり見たことがありません。

ショマが楽しみにしているヘルパーさんとのお出かけですが
帰りにスーパーに寄って、おやつやらアイスやらを買い込んできます。
帰宅後、留守番をしていたスズにスプーンでせっせとアイスを口に運んであげるショマ。
その時の様子を写した写真もあるのですが、さっき改めて写真を見てみたら
顔周りがアイスだらけで汚いのなんの。ちゃんと拭いてあげないといけませんね。
ショマや、アイスは2つ買ってくればいいのではないかい?
と言うことも出来るのですが、せっせと小さな子どもに美味しいものを運んであげる様子は
私の母性までもくすぐるので言わずに我慢しています。

そして食事後も、牛乳命のスズのために牛乳をコップに注いで持ってきて
自分は水で我慢しているのですー。くーっ親ばかですがショマいじらしいっ。
スズはそれを当然と思っている節があるので、もうちょいショマに感謝したら~と思い
うれしいなと思ったら、お礼はきちんと言おうねとスズには話しているところです。
そんなこんなで2人の関係はショマの気質に支えられて良好になっていると思っていたのですが
さっきのパニックに陥ったショマのことを書いていて
スズの存在はショマにとって安心できるものなんだろうなと気付きました。
スズは末っ子っぽく、我が家ではもっとも甘えん坊で寂しがりなのですが
ショマもスズのそういう部分を、言葉にはできなくても
なんとなくではあっても感じて、守るという意識が働いているのかもしれません。

それでも喧嘩はたまにあります。
_496795a184421.jpg 
兄弟喧嘩の定番、チャンネル争い。
この2人の場合、
 
 スズ→時々テレビに怖いものが出てくる。
     それはなぜかBSフジにて時々挟まれるビッグカメラの宣伝。
     またある化粧品のCMに出てくる、
     その化粧品を監修したという女性が怖い(かなり失礼な話である)。
     だからこれらのCMが入る時間は、前もってチャンネルを替えておきたい。
 
 ショマ→機関車トーマス命。テレビ消されてなるものか。


こういうこだわりがぶつかる時ってどうすればいいかなーと頭を悩ませるところですが
チャンネル主導争いはいつものことなので譲り合って妥協してね♪ということになります。
スズは母にショマの所業をチクるという高度な技を持っていますが
チクるときには自分の正当性を主張してくるので
喧嘩の状態が二人にとっての臨界点に達したら母が平等に判断するというところでしょうか。
結局は順番に譲り合わせるだけなのですがこの兄弟の喧嘩は可愛らしいものです。

_496795a36e3cb.jpg 
こっちに介入することに比べたら…。

_496795a55d577.jpg 
喧嘩に燃える小梅はちょっと可愛い。

| 自閉症関連 | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パニック番長

自閉症の特徴のひとつに
『パニックを起こすことがある』ということが挙げられると思います。
起こすことがある、と限定しているのは、
自閉症の人皆がパニックを起こすとは限らないからです。
我が家の場合、ショマは混乱するとパニックを起こすことがあります。
一方のスズは混乱してしまうことはありますが、
パニックといえるほどの状態までは達していないように思います。
もしかしてショマのパニックに慣れてしまって、
スズの混乱くらいではパニックとは言えないわ~という認識をしているのかも…。

ショマの他に、近所のお友達Kさんのお子さんも
ときにパニックを起こしてしまうことがあったので
私とKさんとでパニック時の衝撃秘話をともに披露しあったものです。

「うちのショマ、今日は大暴れで神輿のように皆にかつがれて帰ってきたの。」
「うちの○ちゃんはパニクってガラス割ったよ~。」
「うちのショマの方が○ちゃんより年上だからパニック番長だな。」
「店の中でパニクったから、引きずって帰ってきて店内掃除したみたいになったよー。」

などなど懐かしい思い出です。
パニックを起こして保育所から飛び出したショマをとっ捕まえてくれたのもKさんでした。 
完全に懐かしい思い出になってしまえばよいのですが
今でも時々ショマはパニックを起こしてしまうことがあります。
それが今日の夕方でした。
いくつかの情報が入ってきてショマの情報処理能力の限界を越えてしまったこと、
やりたいことがあるのに、それを叶えることができるだろうかという
見通しが立たないことへの不安が重なってしまったのでしょう。
ショマの不安要素は

 ①どうやら学校が休みに入るらしい。が、5月1日と2日は学校に行っても
  いいらしい。僕は火曜日にスクールバスに乗ることができるだろうか。

 ②5月2日のお給食の献立が気になっている。<こいのぼり会>と献立にある。
  竹の子ごはん、すまし汁、かつおの立田揚げ、三色おひたし、そして柏餅。
  甘党の僕にとっては特に2日の日に柏餅が食べられるかどうかは大問題である。

 ③今日は金曜日であるのだが、ヘルパーさんが来てスーパーで買い物することは
  できるのだろうか。(母注・今月は事業所さんの都合で木曜日に一回だけしか
  ヘルパーさんとの外出予定が取れませんでした。)


①・③に関しては混乱しないように事前に伝えてあったのですが②が予想外。
2日という日を<こいのぼり定食を食べる日>としてそんなに楽しみにしていたなんて。
これがひとつの情報だけならなんとかショマも納得することが出来たと思うのですが
今日スクールバスを降りて、
バスを見送ったところで一気に不安が増大してきたようです。

帰宅後は涙が次々と頬を伝って、したたり落ちた小さな滴はやがて合わさり大河になり、
というところまではいきませんが、かなり涙を流していました。
それでも昔に比べたらショマのパニックもパワーが落ちたな~と思います。
幼児の頃は大河ができてもおかしくないくらい大声で何時間も泣き続け
ドアに体当たりを繰り返して、床を転げ回って…。
パニックの状態を誘発させてしまったら
後は落ち着くのをじっと待つのが一番良い方法だということを私は学びました。
落ち着かせようとして、いろいろと働きかけることで混乱状態に拍車をかけてしまうからです。
下手なことをすると、火に油を注ぐというのはこういうことねっ!という状態になります。

_496795a80f645.jpg 
そしてショマの場合は落ち着くのを待っているとやがて眠ります。
パニックを起こす要因として、ショマの場合は ④眠いのに眠れない があります。
普段はとてもありがたいことに、眠いなー疲れているなーとショマが自分で思うときには、
自ら寝室に行き睡眠の調整をしてくれるのです。
今日は情報が混乱したうえに、眠れなかったことでパニックにつながったのでしょう。
しかもスズがいなかった。
スズがいると多少混乱していても、二人できゃっきゃっ遊んでいるうちに
気にかかっていることを忘れてしまうようなのです。
今さらながら2人の関係に感謝しなければと思います。

_496795a99b3e7.jpg 
そして起きました。さっきまでの混乱は何だったのかしらというくらい落ち着きます。
母よりも睡眠の力はもっと偉大です。

| 自閉症関連 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セクシーマテ

数日の間、頭に物を載せる訓練を続けてきて小梅ですが
この芸の道を究めることは難しいようでした。
小梅という存在をより輝かせる芸はないものか…。

小梅は過去にシャラポワ風に変身したことがあります
いまだにシャラポワに変身する小道具を大切に保管しているほど思い出深い日記です。
小梅はやはり爽やかなお色気を狙うとよいのではないだろうか。
だって私も楽しいし、というわけで
現在できている【伏せ】と【待て】にアレンジを加えてみることにしました。

_496795ac1c85f.jpg 
まず通常の「伏せ」をご覧ください。
小梅は左の股関節の入りが浅く、後ろ脚をキュッとお尻の下にしまいこむ
スフィンクス型の「伏せ」が出来ません。
日常生活に支障はなく、獣医さんからは「座れ」と「伏せ」を脚を崩さない形にして
そのまま私がしばらく手でホールドする矯正もした方がよいと指導を受けました。
でもとても嫌そう。
別の獣医さんが辛そうならマッサージだけにしていいよと言ってくださったので
今は「座れ」も「伏せ」ものびやかに脚を投げ出す形で行っています。

「伏せ」で脚を伸ばして座るのは機能上の理由からもわかるのですが
小梅はついでに「伏せ」の指示で脚をパカンと開いて桃色のお腹まで見せてくれます。
そこまでやってくれるのならば、座れ、伏せの型のホールドよりも
この艶かしい桃色の腹見せ状態を「待て」の指示で維持してほしい。
秘戯・セクシーマテの訓練を開始しました。
_496795ae0e42d.jpg 
これはさっき訓練したときの様子です。

_496795afc496f.jpg 
ひっくり返るまでは意外とすんなりいくのですが
この状態で待たせるというのが難しい。

_496795b18e583.jpg 
記録約3秒。

この秘戯の名称を【セクシーマテ】としたわけですが
昼間で竜と小梅と私だけの空間とはいえ、連呼するのは恥ずかしい気もします。
いえ、しました。
また冷静に考えてみれば、この寝技は「ごろーん」などの名称のもとで
全国津々浦々に渡って軽々と出来るお友達が大勢いるのではないかと気付きます。
独自色のある芸の道は発見するのが難しく、道を究めるのも険しいものですね。

≫ Read More

| 犬関連 | 13:55 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芸道

ブログを続けていると、そろそろこのブログならではの
独自色というものが欲しくなってきます。
このブログでは○○が見られるわ! と読んでくれる方が楽しみにしてくださるような特色。
いろいろと考えてはいるのですが
竜は年齢的にいっても新しいことを仕込むのも可哀想、ゆっくり過ごしてほしい。
脳みそのしわがまだ増える可能性のある若い小梅に何か新しい芸をやってもらおう!
と思い、試行錯誤を繰り返しているところです。最近、暇なのです。

小梅が今のところ出来るのは、座れ、伏せ、握手くらい。
本当にこれだけです。しかもすぐにはやってくれない。
あなたが座るまで私はいつまで待てばいいのかしら~というくらい時間がかかります。
かつて、ローカルの情報番組において、
床に置いたローズマリーの小枝に体を擦り付けてうっとりする犬という映像を見まして
ローズマリーなら腐るほど庭に生えてるがーとトライしてみたのですが
くせーっくせーっという様子で逃げまわられてしまいました。うまくいかないものです。
しつこいようですが、現在できるのは座れ、伏せ、握手のみ。
_496795b427bd7.jpg 
本当にうちの小梅は

 可愛いだけが取り柄

なのです、ごめんなさいね。

さて、犬を飼っている方のブログでよく見かけるのが【秘技・頭に物載せ】であります。
犬は頭上に人間の手を持ってこられるのを嫌う動物ですから
この技を出来るワンちゃんというのは飼い主さんとの
信頼関係が相当樹立されているのかな~と思うわけです。
林檎を載せて微笑む、今から矢で射られちゃうのかしらと思うような超絶秘技を持つ
ワンちゃんもいるわけで、これはかなりのバランス感覚と
食べ物の誘惑に負けない強靭な精神力が要求されることと考えます。
いきなりアップルという立体そして食べ物は難しいでしょうから、
平たいもので練習することにしました。

_496795bb54f71.jpg 
まずはお手本から。この方もここが限界です。食べ物はやらなくてもわかる、無理です。

_496795bd68afe.jpg 
では、小梅さん。うーん早くも嫌がっとります。信頼関係無しか…。

_496795bfa9151.jpg 
いや、んでねくってさ。母さん、思わず津軽弁で声がけしたくなるほどよ。

_496795c1d95d7.jpg 
頭に何かを載せられたなら~~

_496795c41449a.jpg 
落としてやればいいのよ~これが小梅の芸なのです。

_496795c63b0d0.jpg 
そしてガン見してやればいいのだわ。
ということだそうです。写真もぼんやりで可愛くすらないぞ、小梅。
続けるほどの話でもありませんが、次回も小梅の芸特訓の模様をお伝えする予定です。

| 犬関連 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーダー不在

犬という動物は群れて社会を形成するといいます。
群れにリーダーを置き、リーダーに従って生きる動物。
リーダーは常にストレスに晒され、リーダーの下で生きる方が犬にとっては楽だと言います。
ではリーダー不在の犬はどのような状態になるのでしょうか。
_496795c87fd6e.jpg 
リーダーがいなくなると、NO.2は座ったまま寝ます。
シャッター音がすると薄目を開いてしまうのがなんとも残念です。

竜にとっての群れは、夫・私・ショマスズブラザーズ・小梅で構成されています。
竜のリーダーは夫。NO.2はオレと考えているようです。
明日帰ってくるのですが、竜のリーダーは現在出張に行っていて
この群れ社会の秩序が崩れていることを竜は勝手に案じているようです。
楽なこともあるのにな。

夫が出張に出かける日から、神経質な竜はいつもと違う空気を察知していました。
それからずっとリーダーの帰還を待ち続けています。
これは! と思った車が通る度に吼えるのやめろーー!!
夜寝てくれーー!!
_496795ca14220.jpg 
午前中からたそがれるなーー!!

_496795cbb47de.jpg 
これは姉とくだらない話を電話でしていた時の顔です。
盗聴しています。
私が(竜にとっての)リーダー様と話をしているのではないかと疑っています。
たとえ相手がリーダーでもそんなに電話で話すことはなーい!!

_496795cd87860.jpg 
いつもと何ひとつ変わらないテンションの子もいるのに。
ショマの参観日で今日一日不在にしていたら、竜はおしっこを漏らしていました。
手下までいなくなって寂しかったようです。
リーダーがいることはやっぱり安心なのでしょう。
いや、リーダーがいるからこそ時に苦しみが生まれてしまうのかもしれません。
私にはその辺りの心理がわからないわ。
夫がいないラストナイト、
今朝届いたばかりの金城武映画のDVDを存分に楽しもうとしている私には…。

※今日は竜とべったりとしながら映画を楽しむ予定です。
先日検査した竜のしこりは良性の脂肪腫でした。
これからも私たちが分けてあげられる安心できる時間を一緒に過ごしていきたいと思いました。

| 犬関連 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

姉と私と息子たちと

私は青森市出身なのですが
父の転勤の都合で小学校一年生から三年生までの間、
青森県は八戸市という所に住んでいたことがあります。
八戸という所は積雪はほとんどないのですが
太平洋から容赦なく寒風が吹きつけ、冬ともなると道路がペカペカに
凍るほどの寒さが厳しい場所でした。
冬の体育の時間はプールを凍らせたリンクでスケートをしました。
授業で使うものですからスケート靴も購入します。
大抵の生徒は、刃の厚い、氷上に安定して立つことのできるフィギュア用または
ホッケー用の靴を購入するのですが、うちの姉はスピードスケート用の靴でした。
スピードスケート用の靴は刃が薄くてペラッペラなのです。
スケート上級者にふさわしい、少なくとも氷に初めて立つ子どもには無理だったと思える靴。
母K子がスポーツ用品店のおじさんに勧められるがままに買った靴。
足をハの字にして膝をガクガクさせて滑ることもままならず、
恐らく女子ではたった一人スピードスケート用の靴を履く姉の姿を懐かしく思い出します。
しかも、ものすごく質の良いテカテカと光る黒革を使用した靴。
まだ所有しているならフリマで売れと先日も話をしました。

長くなりそうですがもう一つ思い出話にお付き合いください。
八戸という土地では、現在はどうかわかりませんが、
私が住んでいた地区では子どもが自転車に乗る条件がありました。
免許取得です。

学校において、自転車を上手く乗れる技量があるかテストをして
テストに合格した者は免許が交付され、
ヘルメット着用のもとはじめて自転車に乗れるのです。
テストの内容は、まっすぐに走れるか、ジグザグ運転は出来るかなどの他に
手旗信号のテストもありました。手の動きで車にとってのウィンカーを出す技術ですね。
私は小学校一年生当時、自転車に乗ることが出来ませんでした。
チャリにも乗れんのに、手放しで信号なんぞ出せるかーー!
と思ったかどうか忘れてしまいましたが、早々に自転車の運転はあきらめてしまいました。
小学校四年生になり、青森市に戻ってきて
自転車に乗れないのはどうやらクラスで自分だけらしいことを悟り、必死に練習しました。
一日で乗れるようになったのですよー。
四年生なのに補助輪付き自転車から練習する私、カッコイイ!

自転車に乗れなかった当時の私と同じくらいの年齢に到達しようとしているスズですが、
先日の誕生日のプレゼントに自転車が欲しいと言い出しました。
三輪車にも保育所で乗っているのを見たことがないのに、そこを飛び越えてチャリンコ。
前にも書いたのですが、我が家の前は裏道になっていて、車通りも激しく
坂だらけで見通しの悪い道が多いので、
交通ルールすらよくわからないスズが自転車を乗り回すのはかなり不安です。
_496795cfe43c4.jpg 
先日はついに、こんな落とし物が塀の上に置かれていました。
誰かぶつかったのでしょうか。
そして私が粗大ゴミにいずれ出さなきゃいけないのでしょうね。

家族で遊べるWiiなんかもよいでないの?と提案したのですがスズは自転車がいいと主張します。
Wiiはショマの誕生日にしたら? と代替案まで出されて、自転車を要求するので
しばらくは家の前や公園で練習してからと約束をして自転車をプレゼントしました。
それでは自転車猛特訓の様子を見てあげてください。
_496795d6b9560.jpg 
_496795d8c9657.jpg 
実は下の車輪は動かないように固定してあります。
自転車を進めるために、ペダルを踏んで動かすということがやはり出来ないのです。
三輪車にかたくななまでに乗らない秘密がわかったような。
まずは自転車を固定して、ペダルをまわすために足を交互に動かしてあげるのですが
その感覚が掴めないようで、どうしても後ろにペダルを回してしまいます。
それでも本人は 頑張って練習する! とやる気マンマンなのが
以前は出来ないことはもうやらないとあきらめてしまうところがあったので
出来なくてもやってみようという前向きな気持ちが母としては嬉しかったです。
しばらくは家の前での練習を頑張ってもらおうと思います。

スズに自転車を買ったけれど、やっぱりまだ難しかったみたいという話を
先日姉に電話で話したのですが、姉の家のスズより2歳上の息子も
まだ自転車には乗れず、ペダルを後ろに回してしまうと言っていました。
そんなもんだべーと姉は笑っていましたが、
氷上にうまく乗れなかった姉、自転車に乗れなかった私、ペダルをまだ漕げない子ども達、
血の系譜も感じます。

| 自閉症関連 | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は語りーマンです。

今日はスズの六歳の誕生日でした。
今日の午後から夫に出張の予定が入っていたので
昨日のうちにお誕生会を済ませました。
スズの一番食べたいものは肉肉しいもの、ショマは肉がいまいちということで
いろいろなものが食べられる居酒屋に行こう! と急遽居酒屋へと行くことになりました。

【はじめてのつぼ八 オーダー初恋の味カルピス】
35545103.jpg
夫は車の運転があるので、私だけ少し飲んでしまいました。
ショマは「お母さん、ぐいっと飲んでるね♪」と大きな声で実況してくれます。
多少子どもが騒いでも周囲の声にかき消され、個室だったこともあり
安心して食事をすることができました。
帰りの車の中で夫が、個室とはいえ皆で楽しく落ち着いて食事が出来る日が来るなんて
昔は思いもしなかった、感慨深いな~と何度も言っていたのが印象的でした。

ショマに続いて二人目を産んでもいいものかどうかとかなり悩みました。
上に障害のある子がいるということは、下の子にも障害のある確率が高くなる。
仮に健常の子が生まれたとして成長したときにお兄ちゃんのことをどう思うだろうか?
もう一人子どもが欲しいという私たち夫婦の願望が、
思いもよらない現実に結び付いたら?
じくじくじくじく悩んでいたのですが
友人に聾唖者のお姉さんがいる友人が背中を押してくれました。
時に兄弟の絆は親子の絆より強いことがあるよと。

スズが生まれて、ショマが赤ちゃんのときとは違って
人の真似ができる、指差しができるなど安心できる部分もかなりあったのですが
それでもどうしても拭えない違和感がありました。
この子も発達の目安としていわゆる「通常の発達」と言われる
領域とは違うところにいる部分がある、薄々気が付いてきて
それが確信に変わり、発達の診断を勧められました。
そのときショックがなかったといえば嘘になるけれど、ショマの時とは違って
ズトンと地の底に叩き付けられるほどの落ち込みはありませんでした。
二人目を産もうと決めたとき、ある程度腹を括ることができていたのだと思います。

スズが生まれて家に戻ってきたとき
初めて見る「赤ちゃん」という生き物に戸惑っていたショマ。
三日間、近くで見ることができなくて、そっと襖を開けて覗いていました。
今はスズの着替えを手伝って、ファスナーを閉めてあげたり
ボタンをかけてあげたり、おやつも分けてあげて優しいお兄ちゃんになりました。
ショマとスズが私のいないところで、二人だけでわかる話題で笑い合っている。

私が落ち込んでいたときに
【みんなそれぞれ思いを抱え向き合っている、それが家族なんだということです。】
別の大切な友人からは、こう言葉をかけてもらいました。
この言葉を思い出すと元気が出ます。
今、夫がいて私がいて、ショマとスズがいて竜や小梅がいる、
この形としての家族は永遠のものではないけれど
全てが今の私にとって大切な存在だから、
いろんなことがあったって負けねーぞと思います。

あらいやだ、また語ってしまいました。
飲み会にこんな人がいたらウザがられてしまいますね。
さて、夫はいなかったのですが今晩はケーキでお祝いしました。
スズはクリームのこってりついたケーキは食べないので
パイにブルーベリーのフィリングだけを詰めた超シンプルパイを焼きました。
_496795dcb6408.jpg 
スズえもん、六歳おめでとー!! ろうそく二本しかないけれど六歳おめでとー!!
いえ、細ーいろうそく六本用意していたのですがブルーベリーのフィリングが
焼いたことでジャム状になって細ろうそくが刺さらないわけです。
なんとか突き刺して火をつけたのですが、
倒れてきて敷き紙に火が燃え移ろうとしていました。
夫が出張中に火事を出すところでした。
大切な存在を守りたいどころか危険な目に遭わせるところだったので
二本だけあった太めのろうそくでやり直し。
お母さん、ろうそく二本しかないねぇとスズがつぶやいていましたが聞こえないふり。
いくつか、皆でお願いごとをしてからスズに火を吹き消してもらいました。

甘党のショマ用にパイの上にかける生クリームもゆるく泡立てて用意しておきました。
さらにコーヒーを淹れて、その生クリームを入れてウィンナコーヒーにしてあげました。
_496795de9b97b.jpg 
固く泡立てた生クリームは嫌いだけれど、ゆるく泡立てた生クリームを
スズは好んで食べることを知りました。クリームかけろ入れろと強く要求してくるのです。
なんで???  固いのとゆるいのと何が違うの。
来年はだらーりとした生クリームがかかったケーキがいいってこと??
まだまだスズに関しては謎の部分が残されています。精進せねば。

| 自閉症関連 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

13日の金曜日に降りかかる災難

土曜日は子どもたちの学校や保育所が休みということもあり
金曜日の夜はまったりと過ごしてしまいます。
昨夜は夫も飲みに行ってしまったので、いつもに増してダラダラと過ごしました。
長男、次男、三男、末の妹ともに過ごす楽しい夜。

そのうち次男がソファの上で眠りに落ちてしまいました。
通常、外部に提出する書類などではショマは長男という位置づけになっていますが
この家の中では本当は次男ということになっています。
_496795e127510.jpg 
右に大きく写っている方が長兄。

我が家の子どもたちにソファは大人気。
主人との順位づけを明確にするために犬族という種類の子どもは
ソファの上にあげてはいけないという躾け方法があるようですが、うちはもう無理です。
ソファは無法地帯です。
_496795e3039ff.jpg 
末の妹もやってきました。

_496795e4c85b1.jpg 
三男もやってきました。すぐ上の兄にしきりに話しかけています。返答はありません。

_496795e6950a5.jpg 
それぞれの時間が流れるフライデーナイト。

_496795e86850e.jpg 
兄弟で一番上に立つものという自覚からか、長男は反応の薄い次男を気にかけています。

_496795ea4d2b0.jpg 
それもしかし、ひとときのこと。
そのうち次男のことは忘れ、妹との遊びに没頭しはじめました。
次男は無意識か、迫り来るモサ毛隊を素手で防御。

_496795ec2320f.jpg 
そしてついに
_496795edf0676.jpg 
安眠妨害という災難を振り切って二階へと駆け上っていってしまいました。おしまい。
面白くて寝室に運んであげなかった母さんを許してください。

| 自閉症関連 | 11:51 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心乱れて


_496795f01cade.jpg 
昨夜、竜と小梅を風呂に入れました。
本文とは特に関係がないのですが、犬を風呂に入れた後は誰かに教えたくなります。
きれいになったよ ! ! それでもって仕上げるまで大変だったよ ! !
それでもって2頭風呂に入れると若干お風呂場が生臭くなるよ ! !と。

体をきれいにしたところで竜と小梅を今日病院に連れていきました。
狂犬病の予防接種、フィラリアの血液検査、
竜にアレルギーが出ているようなので皮膚を診てもらい、
さらに竜の胸に出来たしこりの組織検査。
さらに竜の心臓・腎臓・肝臓機能チェックもしてもらいました。

フィラリアは大丈夫のようです。
最も心配なしこりについては、数が増えていて
ある程度の大きさになったので 今回針を刺しての検査となりました。
ぷよぷよとしていて柔らかいこと、内臓のチェックでも今のところ異常はなかったということで
脂肪腫だろうとのことですが、こればかりは結果が出てみないことには安心できません。
結果は一週間後位にわかります。

小梅はアレルギー反応の予防のために抗ヒスタミン剤の注射を打ってから
狂犬病予防ワクチンを打ちました。
ワクチンによる急性のアレルギー反応が出る場合もあるということで、
30分ほど様子見で病院内の敷地で待機していました。
_496795f1e12a9.jpg 
いい陽気だねぇ。陽射しが眩しくてぶさいくになっちゃうねぇ。
仙台に私たちが越してきたのも春でした。
竜は今の小梅より若い一歳半のとき。ショマは生後四ヶ月。
いろんなことがあったなぁ。いろんなことがあったよねぇ。
ずっと竜と一緒に歩いてきたと思っていたのに、
最近は竜の時間だけが早く過ぎていってるみたいで寂しくなることがあるよ。
_496795f425da4.jpg 
・・・・・。小梅の前だと元気そう。

小梅に急激なアレルギー反応は出なかったので病院を後にしました。
よし寄り道をしていこう。桜を見にいって春の思い出を作ろうよ。
今日病院の看護士さんと話をしていて、ラブを2頭飼うって大変ですか?と尋ねられました。
大変な部分はあるけれど、やっぱり楽しいことの方が多いですねと答えましたが
しいて大変なことを挙げるとすれば
_496795f64be22.jpg 
初めて行った場所では
必ず三ツ矢サイダーのマークような隊形になってしまうことでしょうか。
桜を愛でる心より若草についた匂い。

_496795f828adf.jpg 
帰宅後はクッションを引っ張り出してきて、

_496795f9eab9a.jpg 
_496795fbc4d60.jpg 
普段あまりふざけないのに…。
桜を見て心を乱されたのかしら。

_496795fe0deac.jpg 
ほとんど咲いてなかったのですが…。若草の匂いの方ですね、きっと。

| 犬関連 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウルトラマン


_4967960077544.jpg 

今日からショマの学校が始まりました。
ショマたちの学校では一クラスにだいたい二人の担任の先生がつきます。
今年度は昨年までの先生が二人とも替わってしまいました。
毎年一人の先生が残り、一人の先生が替わるという
変化の少ない形で推移してきたので
昨年度新しく受け持ちになった女性の先生は残ると思っていたので驚きました。
転校生も二人入り、五人編成のクラスになるとのこと。
ショマはお出かけの予定が変わるなど急な予定変更に対応する力が弱いのですが
大きな環境の変化には強くなってきたので、まぁなんとかなるかなという感じがします。
しばらくは不安定になることはないか見守る必要はありそうですが
今日も特に変わった様子もなく、元気に放課後ケア施設へと出かけていきました。

ひと足先に新しいクラスと先生へと替わったスズのことが気になっています。
今年度は統合保育枠のお子さんが多く、サポートの先生が二人つくことになりました。
全体のクラスの統括をする先生が一人、
統合枠の子どもをサポートする先生が二人で三担任でのスタートです。
_49679602188e4.jpg 
もともと何でも口に入れる癖がスズにはあって
ストレスがかかると洋服の袖口を噛んだりすることが多くなります。
袖口をしっとり濡らして帰ってくるようになってきました。
また私が愛用しているグレーの素敵なスウェットを握ると安心できるようで
ここ数ヶ月は執着しなくなっていたのですが
新年度になってからスウェット依存が出てきて、着ていると脱がされてしまいます。
OH!

周りにいるお友達も替わったことで、まだどう遊んでよいかわからないのか
身の置き所もないような様子を見ると心が締め付けられる思いがしますが
先生も頑張ってくれているなかで、
こればかりは次第に慣れてくれるのを待つしかないようです。
連絡帳を見るかぎりでは、先生の席はこっちですよ~と促してくれたなど
新しい先生にも少しずつ慣れてきているような記述もあるので
私が不安に思うよりは柔軟に対応できているのかもしれません。

保育所ではクラスごとに帽子の色が変わります。
どのクラスに所属しているのかひと目でわかるようになっています。
スズは保育所入所当時 緑色の帽子 でした。
昨年はひとつ飛び級して
上の年齢のクラスに入ったので 黄色の帽子 になりました。

今年度、本来の年齢のクラスに戻り、また 緑色の帽子 をかぶることになりました。
一年黄色の帽子をかぶって過ごしたら、緑色の帽子はかぶらなくなってしまいました。
かたくななまでにかぶってくれません。緑色はかっこ悪いといってききません。
2007は緑色らしいよ ? とスズの好きな数字を使って促してみました。
一瞬かぶってくれました。
しかし、先生に格好いいと褒められた直後にまたかぶるのをやめてしまいました。
なんでなんで ??  褒められているのに。この辺りの心理が母にはわからないよ~。
帽子のことは先生と相談して、そのうち抵抗なくかぶれるようになったらということで
落ち着いたのですが、炎天下のもとで帽子なしは不安すぎるので
夏までに緑色の帽子を受け入れてくれたらいいなーと思っています。

一昨年度までかぶっていた帽子がまたなぜか緑と黄色のリバーシブル。
なんで黄色があるのに緑をわざわざかぶるのかという疑問があるのかな。
一度こうと決めたら貫くところがあるので緑帽子をかぶることは今後難しいのかなぁ
などと、帽子をくるくるひっくり返しながら母もスズの心理をいろいろと考えていたのですが
同時に紅白帽でウルトラマンってやる男子っていたなーと懐かしく思い出しました。
_49679603bd8d4.jpg 
女子は冷ややかだったりするのですよね。

| 自閉症関連 | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの朝

来週の月曜からショマの学校が始まります。
子どもが長期休暇に入るとそれなりに大変なところはあるけれど
朝にだらだらできるのは本当に魅力的。
普段は要領が悪く写真を撮る暇がないのですが、
今朝はそれぞれの朝の姿を追ってみました。

竜と小梅は朝の散歩を終えてご飯の時間です。
_49679605f3b19.jpg 
竜はご飯が待ち遠しくて、そわそわしてしまって全ての写真がブレブレです。いつも?

_496796078fcca.jpg 
飼い主とのアイコンタクトなどとってられるかー。ご飯しか見えないのだ。

_496796092ddb9.jpg 
小梅は私が写真ばかり撮ってご飯をなかなか出さないので
大事な宝物を持ってきてポトリと私の前に落としてくれました。
物々交換を要求しているようです。

_4967960ab5127.jpg 
小梅の気持ちが嬉しい。
小梅の大切な宝物を私が欲しいかどうかはともかくとして、嬉しいよ。

スズは普段と変わらず保育所へ行きました。
新年度になり、いろいろとスズなりに思うところがあるようですが
それは後日にゆずるとしましょう。
スズの写真を撮るのを忘れました。
スズはこのブログをチェックしているのですが、
ショマ・竜・小梅に比べて自分の写真が少ないと抗議してきます。
先日、『魚バッグを持つ人間』 のモデルをお願いしたのですが
後ろ姿だったことに不満があるようでした。
ああ、今日も抗議されるのだろうな。怖いです。

ショマはというと今日は午後3時からヘルパーさんとのお出かけの予定が入っていて
朝から楽しみにしすぎていて落ち着きません。
そこで少し集中してもらうために

【男の朝の余暇活動ビーズ通し】
_4967960cc4667.jpg 


【一本仕上げたので二本目突入】
_4967960ea8468.jpg 
ああ、この日記は絶対にスズに怒られそう。
という三者だけ写真ありの朝の風景でした。

| 自閉症関連 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TPO

公園を後にして地下鉄に乗ります。
ヘルパーさんとのお出かけのときに公共交通機関を使う練習をしていました。
地下鉄で使うカードの出し入れもとてもうまくなったということで
私はショマと一緒に地下鉄を使うことがないので
どんな感じになったのかしらとわくわくしていました。

どんな感じに……、簡単にいえばショマ大興奮。
地下は音が反響するので、その反響音も面白いようで自分で出した声を
自分で聞き興奮しているようでした。
車内に乗り込んでからも、大きな声でのおしゃべりが止まりません。
発車のベルにて、『おなら』を連想したのか
「お母さん、おならってくさいよね~。」
と同意を求められました。もう苦笑いして、うんそうだねと言うしかありません。
おならはくさい、大多数の人にとって真実。
今言わなくてもとも思いますが、頭に浮かんだことを自由に言葉で発すると
こうなるんだな~とショマを見て思いました。
私なんか頭に浮かんだことをそのまま口に出したらもっとまずいことになるので
おならがくさいくらいはまぁいいのかと思いました。よくないのかな。どうなのでしょう。
とりあえず「お母さんおならって~」と限定されずによかったよかった。

電車のドアの前には
指をはさまないように! という注意喚起のシールが貼ってあります。
指に包帯を巻いた子どもが泣いている絵が描かれているようなシール、
またはドアの前に蟹と指の絵が書いてあるようなシールとお考えください。
この絵について情感たっぷりに
「あぁっ痛い、痛いよ~~。」と何度も泣き真似をして説明してくれるのです。
ショマが見るもの、聞くもの、触るもの全てが喜びや驚きに満ちていて
その気持ちを大切にするんだよと思っても
やはり度を超しすぎた興奮というのも困るな~と母の心は揺れ動きます。
母の葛藤はもちろん知らず、ショマは痛い痛いよ~とずっと絵を再現しているのでした。
今はとりあえず無邪気なままでいてもよい…のかな。
多分今発達が3~4歳くらいのところにきている? 成長も待ってみよう。

地下鉄五橋駅で下車して三陸おさかな倶楽部まで少し歩きます。
三陸おさかな倶楽部の店長さんは、リンクをいただいている
『ココロの陽だまり』のcranberryさんの弟さんです。
最初、お店が混雑していたのでご挨拶するタイミングを失ってしまったのですが
その間、店長さんがショマ相手に「うちのタコはおいしいよ~。」と笑顔で
接客してくださったのがとても嬉しかったです。
その後店長さんにご挨拶をして、お姉さんのcranberryさんに
ショマとの買い物学習で三陸おさかな倶楽部を利用させてもらった旨を書いた
手紙をお渡しくださいなとお願いしました。
今回は大人気だという自家製のさんまの昆布巻きとタコのお刺身、
真ダラのアラを買って帰ってきました。

【買い物学習にて念願の昆布巻きを買うの巻】
_49679611441c7.jpg 
評判通りのさんまの柔らかさ。
圧力鍋を使わずに骨まで簡単に食べられるほど
柔らかく仕上げるってどんな製法なのでしょう。
タコにはわさび菜も巻いて食べてみました。タコもいい!!
歯ごたえはしっかりあるけれど、子どもでも無理なく食べられるかたさでした。
真ダラはジャッパ汁にして昨日食べました。
次回は絶対に自家製塩辛なのだ。

おさかな倶楽部店長さんが笑顔で接客してくれたのはもちろん
_49679611441c7.jpg 
私が魚バッグを持って買い物に来たことに気付いてもらえたことも嬉しかったです。
おさかな倶楽部に行くから魚バッグで!
という私の中のささやかなTPOを察してくださるなんて。
ショマと出かけて楽しかったこともあり、月曜の夜はホクホクして過ごしたのですが
cranberryさんに宛てた手紙の中で
『cranberry』ではなくどうやら『cranberyy』と
綴り間違いを犯していたらしいことに自ら気付いてしまいました。
クランバーィィ?  クランベルィィ?
英語の綴り間違い、しかもハンドルネーム。
その失礼さに小梅ばりに穴を掘って入りたくなりました。

| 自閉症関連 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公園にて

先週の金曜日から今週の月曜日まで仕事が休みでした。
内職なので好きな時間に仕事をしていいとはいえ完全休業はこの期間だけ。
自由っていい。火曜日なんかしばらく来なければいい。
普段やれないことたくさんするのだと思っていたのに
寝てばかりいたら火曜日どころかもうウェンズデー…。
自由はこの手からすぐにすり抜けていくのに
この期間に作ろうと思っていたショマのエプロンはこの手の中にない。一体何してたんだ…。

お休みの間、だらだらばかりしているのもあまりに寂しいので
月曜日はショマと二人で出かけました。
車で街中にある勾当台(こうとうだい)公園まで行って、そこから地下鉄に乗って
三陸おさかな倶楽部に行き買い物をして帰るというコースを設定しました。

公園近くの駐車場に着いたのはちょうどお昼休みが終わる頃の時間で
近隣のオフィス街に勤めていると思われるたくさんの人が歩いていました。
自閉症という漢字からはおとなしい、自分の世界にこもりがちという
イメージを持たれることが多いのですが本当に様々な姿があります。
ショマの場合は積極的に人に関わろうとします。
ショマなりの、相手との距離を縮めようというコミュニケーションの方法ではあるけれど、
度を超してしまうと相手を驚かせてしまったり不快な思いをさせてしまうということがあります。
この日も横断歩道ですれちがう人に大きな声で話しかけていました。
ポンポンとすれちがいざまに人をタッチしてしまうこともあるので、
それはしないように気をつけて一緒に歩きました。

駐車場から歩いて公園へ。
自由に遊んでいいよ~。母は写真撮るよ~と思ったらデジカメ忘れた…_| ̄|○
鳩にお菓子あげていいよ~と言ったら、
この公園はいつの間にか鳩に餌付け禁止になっていました。
私のかばんの中のサッポロポテトは…_| ̄|○
餌付けはできないけれど、鳩の群れの中にまぎれてショマはとても嬉しそうでした。
写真も携帯で撮ってみました。
a79358db.jpg
この方のことが気に入ったようで、おじさんこんにちは♪と話かけていました。
この方はたくさん触ってもいいよ。
ショマと遊んでくれてありがとう、銅像になるくらいの偉い人。

d2303f0d.jpg 

f1d24e61.jpg
写真撮るよというとどこでも横になります。なんで??
二人でベンチに座ってジュースを飲んでしばし休憩。
鳩と一緒の写真を撮りたかったのですが
ショマが大胆に追いかけすぎて逃げていってしまいます。
お菓子を差し出していた時代は
頭に乗ってくるかというほどのフレンドリー鳩達だったのに残念。
糞などの面で問題があるのでしょうね。
長くなってしまったので2回に分けます。  

| 自閉症関連 | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うず潮

犬を飼っているといろいろな部分に可愛いところ、気持ちよいところが発見できます。
_4967961a9d39f.jpg 
口元の黒いブルブルは私が一押しの癒しポイント。
ブルブルを平らにのばしたものがこの世にあったなら、手に貼りつけておきたい。
それほどの気持ちよさ。

_4967961cbc6bf.jpg 
鼻水でしっとり潤った鼻の頭もいいけれど~~
眠っているときの乾いた鼻の触感も捨てがたい~。

_4967961e65b5a.jpg 
思わず口づけしたくなる耳の柔らかさ。
お稲荷さんが作りたくなる色、形。

_496796207c1de.jpg 
一本、一本ていねいに指でなぞってあげたいマズルの肉じわ。

_496796229d43e.jpg 
おっぱい。
おっぱいのところって意外に汚れますね。
皆さんどうしていらっしゃるのでしょう。へそのゴマ的な汚れなので放っておくべき?

_49679624bcb45.jpg 
きました、きました肉球~~。
これは小梅の肉球ですが少しガサガサしています。
触り心地ではふっくらとした弾力のある竜の方が上です。

_49679626b5d17.jpg 
最後にうず潮。
指でくるくると流れに沿って巻いてあげたい小梅の女の子らしい巻き髪。

_496796287e1bc.jpg 
なのですが、巻き髪のある場所が微妙なポイントなので見るだけにとどめています。
うず潮はお股のところを挟んで左右対称に存在しているチャームポイントです。

| 犬関連 | 17:48 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |