2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

冗談の通じる子どもに

続きです。
ケーキを食べ、コーヒーを飲み終わると、
子どもたちはそれぞれの遊び場へ散っていきました。
その後、先生が持ってきてくれた個人別指導計画に沿って話を進めました。
ざーっと目を通すと、すご。すごいです、私の目標とほぼぴったり合致。
重点目標は、学校生活の決まりと学習習慣の定着、国語算数の基礎基本の定着、
交流学習のスタート、学年の友達と友好推進。
なのですが、その下に※印で配慮事項が書いてあるのです。

 ※「失敗や間違いは何回してもいい! 自分に自信を持つ!」

すごい、すごい。かっこいい。そして何度でもスズに心の中から語りかけてあげたい。
ではもう一度、

 ※「失敗や間違いは何回してもいい! 自分に自信を持つ!」

算数、国語などの学習を進めて、出来るようになることも
スズの自信につながることと思います。
でも、入学したばかりのスズにはまず精神面の安定、
長く時間を過ごす学校がスズにとって楽しく安心できる場所であってほしい。
失敗や間違いがあってもいいという前提の存在っていいな~。

スズはできないこと、苦手なことはやらない
―失敗は恥ずかしいと思っているからです。
やりたくないとことを無理に、急いで頑張る必要はないけれど
何かをやろうとしているときに失敗は付き物なんだよとつかんでほしいのです。
やってみて成功したら喜べばいいじゃん。
失敗したらしたで、まぁいっか、またやればいいじゃん、と。
といっても、スズにとってはここが障害の軸になっているようなところもあるので
いいじゃん、いいじゃんと軽く言われては済ませられない、
乗り越えることが困難なことなのでしょう。
だからこそ、先生がこのように目標を据えて、その目標に沿った
対応や指導をしてくださる意図があるのがありがたいです。

また、私が最も心揺さぶられたのは、書面にはなっていなかったのですが
「冗談の通じる子に育てたい」という先生の言葉。もうね、ぶるぶる震えがきました。
書面にしたら、なんてふざけたクラスだってなっちゃうからとおっしゃっていましたが
すごく大事なことだと思うのです。
先生曰く、社会に出たときに必要なのは人間関係を円滑に進めること、
人間関係においては冗談が通じるって大切なことだから、
そのためには笑いの絶えないクラスにしたいと。
そういえば、スズのクラスのみんなは笑っていることが多く、
スズもいつも先生といるとケタケタ笑っているのです。
家庭訪問の前日、心電図の検査がありました。
スズにとってははじめての検査。器具を体に装着しますよね。
その器具が怖かったようですが、タコの吸盤だぞ~といって先生が近づいていったら
ゲラゲラ笑って器具をつけることも抵抗なく受け入れたそうです。

同じ発達障害でなぜと思われるかもしれませんが
ショマとスズでは抱えている難しさがまったく違います。
ショマは不思議なことに冗談が通じるんです。
知的障害があるので、ショマは出来ないことはたくさんある。
箸を持つことだって難しい。はさみを使うことも難しい。
それでも、みんな今面白いこと言ってるみたいと
場の雰囲気がたまには、なんとな~く読めて、
じゃ、今笑っちゃおうかなと笑って、場を和ませることもあります。
だから周囲の人には可愛がられるタイプだと思います。

スズはショマよりは一見出来ることがたくさんある。
やる気まんまんではないけれど身辺自立も早かった。
多少使い方は人と違うけれど、意志の疎通もなんとか言葉を使ってできる。
でも、言葉を言葉の通りに受け取ってしまう難しさがあります。
あっ、冗談のつもりが怒ったか…というようなことがあるのです。
わかりやすい具体例がすぐに浮かんでこない自分が憎い。
もちろん、話す側のこちらがスズの特徴をわかっているので、
いい味出してるな~ってこともたくさんあるのですよ。
ただ、スズが付き合う全ての人に
スズの特徴を踏まえて付き合って、
スズの世界を味わってくださいねというのもなかなか難しく。
親戚のところに行っても、スズはあまりね、受けがよいとは言えないのです。
言葉があるからといって、簡単にはいかないな~というのが私の実感。
強がりをして生意気なことを口にしてはみるけれど、誤解も受けやすいであろう、
そして、そのことで心を痛めるであろうスズが私は心配なのです。
今、ショマがやってきて、スズが私は心配なのです~と読みながら近づいてきました。
もちろん、君のことも心配は心配なのだぞ。

皆で楽しく笑いながら過ごしたい。
この先、スズが大きくなるにつれ、
どんどんその機会は少なくなってくるのかもしれません。
情けないことに私たち親ですら、その心の深部までは覗くことはできず、
スズの、そのつたない言葉や表現によって彼を誤解してしまうこともあるのですから。
せめて幼い今のうちは、笑って楽しく過ごせる空間や時間を提供してあげたい
というのが私の願いです。
先生の立てた目標ひとつひとつに心震わせながら
スズの小さいころの話や、犬の話をしたりと雑談。
わずか一時間の間でしたが、私の中で、私もスズをこう育てたいという
展望が見えたような気がしました。

明けて翌日。
ちょっと騒がしい家で落ち着いて話できなかったかしら
(小梅が途中でウンコしました…。)と思ったので
丁寧にお礼をしなきゃいけないわと考えながら歩いていました。
帰りお会いしたときにでも…と計画していたのに、
朝にバッタリ先生と会ってしまったのです。
まだお礼の言葉まとめてなかったのに…。
ご馳走になってしまって、ありがとうございました、と先生に先に言われてしまいました。
あっ、出遅れた。

 いいえ~こちらこそ、騒がしい中で、お話いただきありがとうございました。

母さん、言葉の使い方に痛恨のミス。ただの間違いで冗談にもなってないんですよ。ぐすん。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズはじめての家庭訪問


さて、昨日書く予定だったスズの家庭訪問の話です。
掃除が、掃除が…ふんがー!という話は毎年のことなので詳細は割愛します♪
でも頑張りましたよ~。
掃除のポイントは水周りを綺麗にすること、らしいので
金魚の水槽も掃除しました。苔取りバッチリ。
他の水周りはたいしてやりませんでした…。

先生の来訪時間の予定は午後4時。
スズはもちろん、ショマも在宅の時間です。
ショマには、4時になったら○○先生が来て、素敵なことが起こるよ~
なんとなんとケーキを先生と食べるのですよ~と事前に伝えました。
甘味を食べる、ショマにとってはこんな素敵なことはないはず。
先生の来訪(というか、ごめんなさいケーキの予定)を
スズよりもショマの方が楽しみにしていたくらいです。

先生が心配していたのはスズが家の中に入れてくれるかということ。
区別をしっかりつけたがるので、「先生=学校にいる人」という認識で
入れてもらえないこともあるかもしれないなと。
実際、「家の人」の私が学校の敷地に入るのもスズは快く思ってはいないようです。
離れて歩いて…など冷たいことを言ったりします。
離れて歩いてならまだいいですよ。あっち行ってよと突き離されたときには涙モンです。
もういっそ家の人なんかじゃなくて、ハムの人にでもなってしまいたい。
失礼、でも、今日は先生が家に来るよと事前に教えたときには
スズはこれは面白いことになりそうだと思ったのでしょう。
ぷっくりとした唇の端がニヤリとあがったのを、母さん見逃しませんでした。

あとは先生が犬が大丈夫かどうか。
ゆっくり話を進めるには重要なポイントです。
小梅は外から入ってきた人に対して、曲者、曲者、なにやつ、なにやつと騒ぐので
一度触ってもらって、曲者にあらず先生です、ということを証明してもらわないことには。
でもこの点も大丈夫でした。いらっしゃる二人の先生ともに犬が大丈夫なんですって~。
いやっほい~♪

4時になって先生二人が来訪。
スズもスムーズに家の中に先生を招きました。
ショマも○○先生(気持ちに含むケーキ)♪と嬉しそうです。
小梅も竜も先生たちに触れてもらって落ち着きました。
それでは去年と同様に、再現写真です。

【日本の風土が肌に合わないのか、閉まらなくなってきたマトリョーシカちゃんで再現】
6e6ad6ec.jpg 
配置はこのような感じで。
ショマは先生に穏やかな目をしてるね~と言われました。
ウキウキです。ショマではなく私が。
そうなんです、この子優しいんですよと思いきり肯定しておきました。
褒められたら、この子たちに関しては否定したらもったいないもん。

【一部本物もまじえて再現】
f7bd69e9.jpg 
怖がりなところのある小梅が、この日はべったりと先生達にくっついて甘えていました。
私のスズちゃんをよろしく、難しいところも多い子ですがよろしくという
小梅なりのお願い表現でしょうか。
単純に先生達の何かが小梅の「この人たち好きツボ」に入ったようにも見えましたが。

あ~、続きを書いていたら熱くなって異様に長くなっていたことが判明しました。
一度ここでupしますね。続き長いです、すみません。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。 

| 自閉症関連 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刺激

昨日はスズの家庭訪問がありました。
そのことを書こうかな~と思っていたのですが、
今日は竜とベタベタしていたので、竜のことが書きたくなってしまいました。 
c31b310a.jpg 
最近、竜の様子に変化が現れてきました。
調子が悪い、という言葉より、様子が変化してきているという言葉が適当かなと思います。
夜鳴きが出始めました。
夫がいないという環境の変化にも影響されているところも大きいと思いますが、
オシッコが朝まで持たないみたいなんです。
吠えるのではなく、きゅいんきゅいん鳴くという感じです。
時間はちょうど夜の2時~3時位の間。

痴呆からくる夜鳴きではなさそうなのですが
環境の変化も含めて、病院の先生にも相談してみようと思っています。
ここで起きてしまったら癖にしてしまうのか、迷うところもあったのですが
既に起きて対応してしまったので、連日続いています^^;
かといって、寝たまま無視できるかといえば…できないですよね。
もう子どもたちも大きくなってきて、スズはまだ少し難しいところもあるけれど
兄弟ふたりだけで寝るようにしてもらってもいい頃です。
これからは私ひとり、リビングに布団を敷いて寝ようかな~と。
もともと竜とは布団で一緒に寝ていたのですが、チビ達が大きくなってきて
竜は追い出されるような格好になってしまっていたのだし。
あ、目覚ましに使っていた携帯電話を竜が噛み砕いたというのも理由でした。
お母さんの眠りを妨げるものは壊してやる!という心意気だったのでしょうか。
その数2台…。 

f5ca51ac.jpg 
少しずつ少しずつ、子犬のようになって甘えてくる竜が切なくて愛しいです。
私が必要とされているなら、私が与えるに可能な時間は彼にあげたい。
人間の男性にはこんな熱い言葉、口が裂けても言えない…。
最近、極力買い物などの外出は控えているのですが、
人間そうそう外に出なくてもいいとはいかないわけで、
今日は午後にショマの学校に行く用事があります。
ということで、午前中から今に至るまで竜と小梅と一緒にいたのですが

【男たるもの、睡魔が襲ってきても…】 
1aff79d7.jpg 

【顎をつけては眠るまい】 
18d74694.jpg 
一緒にいたらいたで、起きていて頑張ろうとするので難しいところです。

老犬といっても、適度に刺激を与えるのはとても大事なようです。
寝てばかりいるのではつまらないですものね。
ドライブが好きな子は車に乗ってお出かけというのもよいそうですが
竜は年々車に乗ることも負担に感じるようになってきました。
それを知って、『丸芭呂具。』の沢さんが
また愛犬のゴゴ君、クーちゃんを連れてこちらに遊びに来てくれました。
詳細は後日に譲りますが、
ゴゴ君たちに慣れてきたこともあって、その日は楽しそうでした。
家ではやはり小梅といるのが刺激になっているかなと思います。 

cf46bdea.jpg 
竜は、小梅はそうでもないのに…と見ているこちらが哀れに思うくらいに小梅が好きで 

1b442901.jpg 
若い小梅と竜が同じように遊ぶというわけにはいかないし、遊ばせるには配慮が必要ですが 

c21465f6.jpg 
明るく屈託のない小梅がいてくれてよかったと思います。 

2d8fd347.jpg 
そして、竜の彼女は私から見ても刺激的だ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 11:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運動会 スズ編

ショマと同じ日に運動会だったスズ。
こちらも連日の練習で疲れがかなりたまっていました。

徒競走の練習では靴がスポーンと脱げてしまうことがあったようです。
スズは靴とズボンの履き心地にこだわるところがあって、
きつい靴は嫌がるので大きめの靴を履かせていました。
でも、すっぽ抜けはいけません。
運動会の前に靴を何足か下見をして、締め付けず脱げずといったものを
スズにも履いてもらって決めてきました。

【勝利の女神の翼ニケマーク】
19c55423.jpg 
さあ、この靴を履いてペガサスのようにトラックを駆け抜けなさい。
そして一等賞を目指して頑張ろう!!
頑張っているのは知っているので、そう言ってあげられたらいいなとも思います。
ただ、スズには誠に申し訳ない言い方になってしまいますが、
正直実力が伴わないので…。
スズは負けることは悪いことと思い込んでいるので、
負けても自己否定につながることがないように、
練習をこなしてきたことを自信につなげるほうが大事じゃないかなと私は思っています。

特別支援クラスに入るときに、担任の先生も
自分に自信をつけることを大事にしていきましょうとおっしゃってくれました。
勝負にこだわらなくても大丈夫ということをさりげなく伝えてくれたのか、
スズも運動会の前に、負けても大丈夫なんだよね?と不安そうに伝えてきました。
今までなら、負けは駄目なんだよね?と言っていたところなので
少し柔軟になったかなと思いました。
一等でも最後でも大丈夫だよ! たくさん寝て、先生と練習しよう!
徒競走の結果、スズは最後でした。
コースアウトの危険も孕みつつ、でもなんとか走りぬきました。
最後ではありましたが、意外に表情は晴れやかにこやか。
賞状をもらったのがうれしかったようです。

徒競走のほかには、玉入れがありました。
こちらは練習時ずいぶんと楽しんでいたようです。
最後ははしゃいで担任の先生に玉をぶつける競技になっていたそうな。
本番でも最初は籠に玉を入れていたのに、
後半は笑顔弾けさせ先生にぶつけていました。
勝負に負けてもいいけど、お世話になっている先生に、そ、それは駄目だ…。
先生と楽しく過ごせるよい関係を築けているんだなと微笑ましくもあり。
保育所のときのスズの担当の先生が見にいらしてくれていて、
あそこまで打ち解けるのに私は三ヶ月はかかったので、
ちょっと嫉妬~なんて言われていました^^
今までスズが父親以外の男性と密接に関わる機会はありませんでした。
男性の先生はどうかな、慣れるまで時間がかかるだろうなと
予想していたのですが、わからないものです。
うれしい誤算というのはこういうことでしょうか。

運動会の練習から、運動会本番を通してできるようになったことがもうひとつ。
お弁当を食べられるようになりました。
今まで、冷たいご飯&おかずは食べるべきではないと思っていた節のある
スズがお弁当を食べました。
一体、どんな心境の変化が。突然にできることもあるものなのですね。
運動会の総練習が行われた日も弁当持参だったのですが、
空の弁当箱を持って帰宅しました。
珍しいこともあるものだな~と、もしかしたら学校で一部捨ててきたりなんかして…
と疑ってもいたのです。
当日は私の分も含めて二段重ねの弁当。
食べる食べる。すごい、弁当を食べる姿を目前で見ることができるなんて…。
大変喜ばしいことでしたが、私の分が足りなくて、お腹がきゅんきゅんせつなくいいます。
友人のMちゃんからお握りとおかずをもらってしまいました…。
さらにスズももっと食べたいとMちゃんからお握りとおかずをもらっていました。
どんな親子だ。

今回、スズは小梅に運動会を見にきてもらいたかったのだそうです。
パパじゃなくて、小梅。パパに申し訳ないような。

【安らぎの女神コメ印】
65b71e12.jpg 
4ff27885.jpg 
びりははさんに教わったペイント技術でイメージ画像を作ってみました。
犬が来ていなかったわけではないんです。
でも、保護者ではなく、お孫さんの競技を見にきた祖父母の方と一緒に
というケースが多いように感じられました。
来年は、かわいい孫のために、
私の母が小梅を連れて応援を…というのもいいかもしれません。
いいかもしれませんが、母が小梅を連れているイメージが
頭にぜんっぜんっ湧いてこないです。まずはペイントで作ってみようかしら…。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。よろしくお願いします。
あら! ブログ村はメンテナンス作業中~ご苦労様です。

| 自閉症関連 | 04:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運動会 ショマ編

土曜日、ショマとスズの運動会がありました。
ショマとスズの運動会、学校は別、つまり日程がかぶった…。
養護学校の運動会は規模は小さいけれど、
随所に工夫が凝らされ捨てがたきものがあります。
しかし、スズは小学校に入学してはじめての運動会。
なにかと不安なこともあるだろうと、スズの運動会は私が
ショマの運動会は夫が出席することになりました。

ショマの運動会は毎年午前中で終わり。
スズの運動会は、町内会の運動会も一緒に行うということで午後2時半ごろまで。
つまり、つまり、スズの運動会にはお弁当が必要、ガーン。
お弁当が必要なのはいいんです、下手なりに作りましょう。
ただショマは弁当なしだしな~、
スズに弁当ありと知ったら混乱するだろうな~と思っていたら
スズが「ショマはお弁当ないんだよ!」と
ショマにハキハキと告げているではありませんか。なぜ告げてしまう。
当初はこっそりスズの弁当を作って、
ショマは夫と町のレストランに行く予定だったのに。
お弁当情報が入ってしまったら、気になってしまうでそ。
案の定、スズの言葉を耳にして、明日お弁当ありますか…と涙目のショマ。
学校では食べられないけれど、せめて家で食べて…とお弁当ふたつ作りました。
町のレストランで食べる、の方が私は絶対いいです。

運動会の練習を連日頑張っていたという疲れもあったでしょう。
また、お母さん来るの? と楽しみにしていたのに、
母は来ない…という事実に少々のショックもあったかもしれません(希望的観測)。
運動会前日、ショマは不安定でした。
普段は私服登校ですが、
運動会当日は最初から体操着を着ていかなければいけません。
お母さん運動着イヤ、嫌い、苦手と前日ショマが訴えてきました。
何らかのサインとして、私たちにとっては耳障りな音を出したりということは
今までにも何度かあったのですが
こうして言葉にして「イヤ」ということを訴えてくるというのは非常に珍しいことでした。
しかも運動着嫌いとは母さんはじめて聞きました。
着心地がラクそうで、通常、着用後にリラックスの極致にいるのは誰だったかな~?
当日も嫌がるようでは、学校に連絡して、いつものようにまず私服登校をして
学校で運動着に着替えという段取りにしてもらうのがいいかな…と考えていました。
が、当日の朝は

【眠くてボンヤリ】
42d3f490.jpg 
練習の疲れがあるうえに、いつもより早く起こされて
ボーッとしていて、弁当のことも運動着のことも忘れているようでした。
夫には、ちょっぴり調子が悪いかもしれないけれどヨロシクと伝えて送り出しました。

スズの運動会が始まってから、夫からショマの様子を伝えるメールが入りました。
調子悪くないみたいだと。ほっとひと安心。
徒競走も頑張ってたよ~、楽しそうだよ~と次々メールが入ります。
最後の方は、運動会が終わったら
どうやってショマと帰るのか等事務連絡が多くなってきたので
パパがわからないことだらけで不安に思っているので
何か質問されたらよろしくお願いしますとこちらから友人のSさんにメールしました。
Sさんがどこにいるかわからないと夫はオロオロしていましたが
夫は体がでっかいのでSさんは確実に居場所を把握しているはず。心配いらぬ。

今まで、ショマの行事はだいたい家族みんなで参加してきました。
これからは二人の行事の日程が重なったりすれば、
ショマには我慢させてしまうことも多くなるでしょう。
連絡帳で「運動会の練習頑張った。」と
自ら口にしていたと最近の様子を教えられていました。
行事の前にはいつも、お母さんは来ますかと聞いてくる子なので、
母の驕りかもしれませんが、私が見に行くのを楽しみにしていたと思います。
今回の欠席は心苦しいものがありましたが、
不安定になりながらも、大きな行事を乗り越えたショマ。
運動会を乗り切ったということだけでなく、
いつもとは違うけれどやってみようという別の成長も感じた一日でした。
私の帰宅後、恥ずかしそうに小さな声で、運動会頑張ったよと伝えてきました。
何回もメールきたから知ってるよ~。
堂々と言ってもいいんだよ。でも控えめに言うところがショマだよねと思いました。
頑張ったから帰りはセブンイレブンへ~と弟が告げてきたのとは、うーん対照的!!
ということで次回はスズの運動会の予定です。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 02:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

R君へ

中途半端なところで終わったうえに、間が空いてしまいました。
朝の更新はいけませんね、
ケイン・コスギさんのテレビ体操を見なきゃいけなかったりでバタバタしていて。
押ーして~押して、押されて押して~♪という体操、
ケイン先生になら押ーされたいです。

さて、春に【おでんパーティ】という内容で日記を書きました。
そのときにパーティ列席者だったR君の写真も掲載しました。

【写真再掲 陰に潜むR君】
e482d1cd.jpg
この日記に登場してみたいというR君の希望のもとに載せてみたのですが、
顔がわかるものは差し障りがあるだろうと採用された写真です。
ですが、R君はこの写真を見て、「オレ、ちっせ。」
と不満を漏らされたとお母様から聞きました。
そのような経緯もあり、ずきんちゃんに会いに行ったときは

【顔が切れないように、首を傾けるR君】
6569cc70.jpg 
私の今持てる技術を使って、精一杯可愛らしく加工してみました。
ハートの下は輝くような笑顔です。
Rは日記に登場することに命賭けてるから(そこまで!!)と、
R君のお母様も全体のバランスを整えていらっしゃいます。

c1140839.jpg 
私が自分の子どもの写真を撮るときは、顔がしっかり写っているものの他に
日記用に横や後ろからのショットを狙うことも多くなります。
上の写真などもそうです。左からR君、T君、ショマ、同じ年頃の少年サル山を眺めるの図。

c2e08b7a.jpg 
こちらは休憩中に同じ年頃の少年達、ポテトを食べるの図。
後ろからこっそり近づいて撮ったはずなのにR君の視線を感じます。

動物園では、顔をはめて記念撮影する装置?が増えていたように思いました。
こども達に入ってもらって写真を撮ったのですが
なかなかうまくピタッとはまってはくれないのです。
0c214371.jpg 
身を乗り出しちゃったり、顔のところから手を出してピースしていたりと。

02b42115.jpg 
これはショマ虎なのですが、もっと顔を近づけて~と指示しても
自分がなぜ穴に顔をピタハメしなければいけないのかがわからないんですね。
ショマからは、自分が虎になっている様子は見えないので仕方がないのですが
隙間が空いています。笑顔はいいので、もっとピタハメプリーズと思っていたら…

【笑顔もピタハメもバッチリでR】
3f2e0a1d.jpg 
生まれたときから、虎の看板をつけていたかのようなR君の写真がありました。

昨日、R君のお母様Kさんにお会いして
金曜日の日記に、R君の写真載せたよ~と伝えました。
夜にメールがきて、R君が「オレ、でっけぇ。」と大変喜んでいると。
またのアップ写真宜しくお願いしますと言伝てもありました。
R虎はあまりにも、はまりすぎ&顔ド正面で当初は載せる予定はなかったのですが、
「オレすげぇでっけぇ。」と喜んでもらえるかなと思います。
個人的に語りかけです、R君、満足してくれましたか?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ずきんちゃん

もう一ヶ月以上前の話なのですが、友人が黒いトイプードルを
飼いはじめたというので見に行きました。
友人のIさん、うーん表記が見づらいのでアイさんとしましょう、
アイさんは自閉症の息子さんをお持ちです。
犬を飼いたいけれど、犬を飼った経験がないのでどうしようかとずっと悩んでいました。
2月にアイさんの知人宅で黒いプードルさん達が生まれたので、
今回決断されたということです。

トイプードルってまだ触ったことないワン。
早速、見に行くワン。とアイさん宅にやってきてから即見に行きました。
アイさん宅にやってきたのは、女の子の黒いプードルちゃん。
息子さんが、NHKのアニメ「ぜんまいざむらい」にハマっているという経緯で
プードルちゃんの名は、「ぜんまいざむらい」のヒロインから「ずきん」です。

では、「ずきんちゃん」です。
1729b6bf.jpg 
ずきんちゃんです!! ……黒い犬って写真に撮るのが難しいですね。
元気がよくてよく動くので、なかなか表情もとらえにくくて。

9b1cce19.jpg 
小さくても、引っ張りっこを頑張っています。
引っ張りっこのロープはアイさんの手作り!!
ホームセンターで引っ張りっこロープを見かけて、これは作れるのではないかと
物置にあったロープで作ったそうです。
このとき、ロープで作るボールにも挑戦すると言っていたので
そろそろ完成しているのではないかと思います。

飼ったことがないからわからないと言うわりには、
アイさん、いずれはカットも自分の手でできるかしら…とカット用具も揃えていました。
トイプードルのカット写真集もありました。ヤル気まんまんではないですか。

短時間の滞在でしたが、ずきんちゃんの表情をとらえてみたく
友人Kさんの息子さん、R君にずきんちゃんを抱いてもらいました。
R君とは、先日の動物園も一緒に行きました。
一応ずきんちゃんが主役なので
04afada1.jpg 
R君の顔は写らないようにしていたのですが…。

甚だ中途半端なところですが時間切れになってしまいました。
一旦、ここで区切りますね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ
よろしくお願いします。途中なのに図々しくてごめんなさい…。

| 犬関連 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お母さん、ひどいよ!

動物園レジャーの続きです。
今回の参加家族は、Mちゃん家、Kさん家、ムーコ家、の三家族でした。
Kさんからは、Kさん本人が胃腸風邪にかかったということで
前日に断りの電話がありました。
が、動物園に行くという計画を子どもが知ってしまったら…それは行きたいですよね。
当日、Kさんの娘スッちゃんが行きたいと泣いているから、
子どもだけ連れていってもらっていいかと再度の連絡。
よーし、おばちゃんにまかせてくんろ。
ということで、Kさん宅にお子様二人を迎えに行ったのですが、
胃液まで残さず腹の中のものすべてが出たというKさんが玄関に青白い顔で立っています。
息子と娘のことは心配するなと言い置いてきたものの、
白い顔で弱々しくこちらに手を振るKさんの方が一人でいいのか心配です。
薄情でごめんなさいね。いってきまーす。

【スっちゃん、見て。アカハシハジロだよ♪】
0c43d309.jpg 
親のいぬ間に、スっちゃんとショマの間に小さな恋のメロディーが奏でられたら
どうしようかと思いましたが

【ずっと手をつないで一緒だよ♪】
322d4b90.jpg 
実際は、Mちゃん宅のT君とずっと手を握り合っていて、
付き合って間もない熱いアベックのようでした。
Mちゃんが、T君はショマと手をつなぐことと事前に約束していたようで
言いつけを守り、ほとんどの時間、二人ひしと寄り添い、離れることなく一緒にいました。

a9aa9136.jpg 
スズはMちゃん宅のY君とペアー。
Kさん兄妹は、お兄ちゃんが妹を優しく気遣っていました。
はりきっていた引率者、別段出る幕ナシ…。

【いらっしゃい】
28b20b6b.jpg 
スタートはカバ舎になります。

【サバンナの風再び】
92d74b93.jpg 
アフリカ園にいる、アフリカ象です。
アフリカ園にはキリン、シマウマなども一緒にいます。
シマウマさんは秋田から嫁候補を迎えて、現在お見合い中なのだそうです。
伊達男と秋田小町との恋、実るといいですね。

【男と女~あやつり つられ~♪】
004dac8a.jpg 
恋の季節といえば、白孔雀さんもシーズンなのでしょうか。
羽根をバッサと広げて、くるくる回って、
お尻を振ってどーだどーだと魅せつけてくるんです…。
私、あなたとは一緒になれないよ…。
羽根を広げるたびに、おおっと歓声があがり、白孔雀さんの人気は凄いものでした。
君はジュディオングだ! とっさにそう連想しましたが
彼、白孔雀は男ですから、妖艶な梅沢富美男さんの方が適当な気もします。
ちなみに梅沢さんのブログが好きでたまに見ています。

【アジア象のトシコさんとヨシコちゃん】
87587208.jpg 
どちらがトシコさんで、どちらがヨシコちゃんなのか確認を怠りました。
説明書きによると、二頭は本当の親子ではないけれど
トシコさんは、ヨシコちゃんを本当の子どものようにして接しているとありました。
トシコさんの性格は温厚ですが、神経質な面もあり、
小さなことに大げさに反応することもあるそうですよ~。
トシコさんは、「部屋が汚いと、人生ロクなことがないぞ!! 」
とヨシコちゃんに毎日のようにお灸を据えているのかもしれませんね。
あっ、それは母K子と私の関係だ。

【ここより親バカ写真舎入り口】
9e6035fa.jpg 
c6a950eb.jpg 
60406443.jpg 
ショマが何かを真剣に、うれしそうに見ている顔が好きです。
水を見ると、特に表情に輝きが増すようで私もうれしくなります。
潜りたいと思っているだろうな~、君にエラをつけてあげたいな~と。
親バカ写真舎なのですが、ずっとショマと動いていたので、
スズの写真がほとんどありません。
だって、スズは動きが早くて動物じっくり見せてくれないし…。

【お母さん、ひどいよ!】
91b3b935.jpg 
かわいいかわいい子猿ちゃん達、スズにそっくりでした。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。
別の話をはさんで、また動物園話に戻ってくる予定です~。

| 自閉症関連 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キミか!

871cdb0e.jpg 
百獣の王、ライオンの寝姿はどこかで見たことがある。
a2b51c95.jpg 
キミか!

dd3f244b.jpg 
カンガルーのくつろぎポーズもどこかで…。
278ddea8.jpg 
キミか!

efefb973.jpg 
白熊猫とよく似ていて、それでいて違うようなものも最近どこかで…。
352749d0.jpg 
キミか!

土曜日、動物園へと出かけました。
ショマの動物園遠足を知ったスズが「ショマが動物園に行ったのはずるい」と。
学校が違うので、スズが行くことは出来ないんだよと
教えたのですが目に涙が浮かびます。
ではパパに電話して、土曜日に皆で行く約束したらいいんじゃないと提案しました。
一応、動物園に行く約束はしたのですが
どうやらスズは 「ショマが遠足で母と動物園に行った」 とも勘違いしているらしく
土曜日はパパと二人で動物園へ行きたいと訴えてくるのです。
スズの考えでは、【ショマと母が二人で動物園=スズと父が二人で動物園】で
はじめて平等に扱われたということになるらしいです。

でもでも…動物園という心浮き立つ場所へ行くというのに
お留守番なんて私、耐えられません。

【だから、お母さんも来ちゃった…。】
cf76c1e6.jpg 
カバ、動物園で私が最も好きな動物。

【だから、お母さんも来ちゃった…。】
908508fd.jpg 
しかし、カバには非常に失礼な話なのですが
出来れば、こちらの動物に似ていると言われてみたいです。

スズが家族四人で行くのが気に入らないと言うなら…というわけで
友人のMちゃん家族と、Kさん家族もお誘いしました。
団体で、遠足っぽく、より楽しく!!
久方ぶりの動物園で興奮の一日でした。写真が多いので次回に続けますね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謝らないで…

昨夜、遅くに夫が帰ってきました。
部屋に入って第一声が、「くさい」でした。

【鼻を突くのはあの日の私の残り香】
0179d3e9.jpg 
今日は当然飲みに行くのかなと思ったら、家でゆっくりご飯を食べるのだそうです。
久しぶりにがっつり支度しなきゃ…ということで今日は手短に。

先日、こんなことがありました。
スズがパジャマに着替えてくつろぎのひとときを迎えていた夜のことです。

【イメージ図】
8518cd32.jpg 
スズがおもむろにパジャマのズボンを脱いで、
下はブリーフ一丁になって立っていました。
なぜ突然脱ぐ…。
私を遠巻きに見ながら、スズはモジモジしていました。
お母さん、変なことになってごめんなさい…。変なことになってごめんなさい…。
可愛らしい声で呟きながらブリーフ姿でモジモジしているので
まさか粗相したのかしら…と思ったのです。

スズは叱られるということに対して過敏です。
いつも人の顔色をうががっているような節があり、
そこまで厳しくしているつもりはないのに、もっとリラックスしてほしいなぁと思います。
ショマは、厳しい口調を私が使うと
お母さん、叱らないでーん♪と非常にノリが軽いです。
こちらも、叱られるようなことはしないでねーん♪くらいで終わり。
一方スズは、「叱られた」という事実がしばらく尾を引くので
感情的にはならないように、責めるような口調は使わない…等、
私も一応気を遣ってはいるつもりなのです。
仮に粗相だとして、そんなことで叱ることができるでしょうか。
まして、スズと同じような年頃まで、おねしょが続いていた私にスズを叱る権利なぞ。

大丈夫、叱ったりしないから見せてごらん?
スズが、パジャマのズボンを持って申し訳なさそうにそばにきました。
ん、濡れたりはしてないみたいなんだけど…。

!!!!

【空間が寂しいので花を飾りました。】
8c690297.jpg 
穴が開いとりました…。
お母さんこそ、お母さんこそ! いつもショマのお下がりばかり着せてごめん…。
長年の使用に耐え切れず、何かのはずみで裂けてしまったのでしょう。
謝らなくていいんだよ…。切なくさせないで。ブリーフ姿のスズをそっと抱きしめました。
新しいパジャマ買います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心の器

ランキングに参加するようになってから
ハンディを抱えるお子さんをお持ちの家庭のブログを見る機会が増えました。
その中で、ショマと似た成長過程を辿る
お子さんのことを記したブログを読んでいます。
先方様の承諾を得て書いているのではないのでリンクは控えますね。
ごめんなさい。

私が一番辛い、大変だと思っていたのが
ショマが2歳くらいから7歳くらいまでの間でした。
だんだんと落ち着いてきて、つたなくても言葉は出ています。
身辺自立もどうにかこうにか。
今は思春期という新たなヤマを迎えるまで
しばしの休息をもらっているのかなと思っています。

私が読んでいるブログのお子さんはショマより年下です。
そして、とても素敵なお母様を持つお子さんです。
コメントしてみたいな~と思いつつ、
大変な時期をとりあえずは過ぎた者として、
高みから見下ろしているようなコメントになったら嫌だな~とか
いろいろ考えてしまってできなかったんです。(でも先日コメントしちゃった、きゃ。)
淡々とお子さんの行動を綴っていらっしゃるけれど
文章の中では伝えられない大変さ、辛さ、気持ちの動きがあるかと思います。
そのお子さんがちらっと振り返るようになったとか、歩調を少し合わせるとか
そういう変化が、自分のときと重ね合わせて思い出すとうれしくて。

危険がわかるようになった、高いところに登らなくなった
パニックが減った、ショマの行動面の変化は私たちの生活を楽にしました。
自閉症の子とはコミュニケーションが取りにくいと言いますが
ショマはコミュニケーション、その前に私の存在を認識してくれませんでした。
私が目の前にいるのに、視線が透過していくんです。スーッと。スカスカと。
透明人間になった気分です。
どんなに療育をしても、この先どうなるのかは未知数であり、
その先の姿は予測がつかない、暗闇を手探りで進む。
他のお子さんと比べてしまって、自分が惨めで情けなくて
ショマの手を引いて保育所の帰り道泣きながら帰ったこともあります。
と言っても家から保育所まで50mくらいなんですけど…。

長いこと、そのような状態が続いて、やがて私をチラ見するようになって。
行動面の変化はもちろんうれしいことだけれど、
私たち夫婦を支えてくれたのが彼の心に時々触れることができるようになったことです。
触れるというか、周波数が合うような瞬間がふっと訪れるんです。
一瞬だけカチッと合って、あとはまたザーザーと彷徨うような状態も多かったけれども。

多動もひどくて、危険もわからず飛び出していく。
ショマをつかんでいる手を離しさえすれば私は楽になれるかもと思っていました。
ショマがいわゆる療育をはじめたとき
手を握ってくれなくて、どんなに手をつかんでも身をよじって逃げ出してしまいました。
そのとき療育施設で出会った職員の方が
まず一本指を握らせるところから始めましょうと教えてくれました。
つかまれているのではなく、何かを自分が握っている感覚をつかませましょうと。
今、自ら私に差し伸べてくるショマの手を見ると、
馬鹿なことをしなくてよかったと思うのです。
そして今、彼とつながっている手は、
私たちの成長を見守ってくれた多くの周りの方ともつながっているのだと思います。

最近、心はどこにあるのかしらんと考えるようになりました。
脳の中に感情をつかさどる部分があるとしたら、やはり脳=心なのでしょう。
でもちょっとだけ脳科学に反して、ファンタジックに考えてもよかですか。
ショマやスズも心という器を持っている。
障害があるという事実は、ときに私に彼らの器の姿を見えづらくもするけれど
時折姿を見せてくれる器の姿は私には思いもよらない形や色をしていることがあって。
私はきっと、彼らの器の形や色をなぞりたくて触れてみたくて生きているのだと思う。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ちょっぴりクサクてごめんなさいね。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 16:46 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気でいて

今日は竜と小梅に関する日記なので
過去の写真で使えるものはないかな~と探していました。
そのときに、スズのペイント新作絵画を発見してしまいました。
1de7b9de.jpg 
かわいいと思ってしまったカニ~♪
紹介する機会がなさそうなので、今ここで発表しておきます。
さて犬カニもかわいいですが、こんな母の日のプレゼントをもらいました。

【母さんありがとう】
9053305e.jpg 
※1・もちろんヤラセです。しかも撮影日は昨日。

169c2183.jpg 
ヤラセでもいい。かわゆいから。
                
                           しまった。何も用意していない…。     
56c21760.jpg 

227c64df.jpg 
という小梅ちゃん、遅れても大丈夫。お母さん、怒ったりしませんよ。
※2・言うまでもなくヤラセですので、目が虚ろです。

先日、狂犬病予防接種とフィラリアチェックとともに健康診断もしてきました。
二頭ともに特に異常なし。
竜の脂肪は少しずつ大きくなっているものの、このまま漢方薬の服用を続けてみます。
高齢ではありますが、肝臓、腎臓ともに数値に異常がなかったのはありがたいことです。
小梅は、手術でもうお腹を開けたくないということで
避妊手術が出来なくなってしまいました。
これからは、ヒートの時期などに狂いがないか気をつけていかなければなりません。
というわけで忘れないようにメモメモ、現在ヒート中、と。
いつも健康でというのは難しいことかもしれない。
それでも毎年、この時期に受ける検査で異常がないと
何よりのプレゼントだと思ってしまいます。

ad993466.jpg 
これからも私の膝の上で体温を感じさせてほしい。甘えてほしい。
※3・喰われているのではありません。甘えているということでひとつよろしく願います。

母の日ごっこで健康に感謝もした昨日でしたが、夜から小梅の腹の調子が悪いです。
朝起きたら、お腹がぴーでした。
小梅に甘いスズすらコメちゃんクサイ…!!と。肛門腺も出していました。ぷーん。
今回の腹下しの原因はわかっているんです。
竜のウ、ウンをた…ダメだ。書けない。
小梅、一体どんなプレイだよ!! これでご想像ください。
そんなわけで、朝から子どもたちとともにひとっ風呂浴びた小梅です。
子どもたちを学校へ送って帰宅してからドライヤー。

【さっぱり~♪】
7ddf9f2c.jpg 
小梅が腹痛だと知って、ボク学校欠席なの!?となぜかショマが混乱して涙目だし
今朝はあわただしい朝でした。

【そこ、そこ~♪】
1c4e52d4.jpg 
やっぱりまどろっこしいので書いてしまいます。
小梅、排泄物は二度と食べるでない。あなたの健康をそこねる危険があります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玉こん祭り

4月にリンク先の ◇◆サスケと一緒◆◇ のkeiaさんから、
山形名物の玉こんにゃくをいただきました。
keiaさんとは、夏のとある日、小梅が上手に尺八を吹いたという日記のときに
コメント欄で声をかけていただいて以来のお付き合いです。
玉こんにゃく、以前の日記でも触れたのですが私たち家族の大好物であります。
玉に限らず、角でも糸でもこんにゃくならどんと来い。
特にスズと私はこんにゃく大好き。
決して頂戴したからといって、にわかこんにゃくファンになったわけではありません。
先ほど、冷蔵庫のこんにゃくストックを数えたら7袋も入っていました…。
夏の暑いときには、火照りを取るために袋ごと体に当てるのもいいですね。
これはスズがやっています。
以前布団の中からこんにゃくが現れてびっくらこいたことがあります。
間違った使い方ですが、確かにひんやりと涼しそうです。

いただいた玉こんにゃくを紹介いたしましょう。
9c123c5d.jpg 
千歳山こんにゃく店さんの玉こんにゃくと
さらに、山形のたかはた農園さんのジュースをいただいてしまいました。
玉こんにゃくが大きな鍋で煮付けられている様子は、
keiaさんのブログ内で燦然とひとつ輝く玉こんタグでもご覧いただけます。
keiaさんのブログの中で紹介されている飴色に輝く玉こんにゃくは、
今回いただいたものと同じものなのだそうです。

本当は連休中に煮付けて玉こん祭りを開催しようと思っていたのですが
バタバタしてしまい、断念。
スズから「おりょうりおてつた゛いします。」と決意表明もあったところで
この日曜日にみんなで作って食べることになりました。
仙台のスーパーの店先でも煮付けられて売っている玉こんにゃく。
食べやすいように、三玉ほどが串にさされて売られています。
おてつだいのテーマは 【玉こんにゃくを串にさしてみよう!】 です。

07bd4659.jpg 
写真ではわかりづらいですが、かなりの大玉。むっちむちのぷりんぷりんです。

7f288bfe.jpg 
832ad60b.jpg 
二人とも黙々と作業を進めています。まさか玉こん作りにはまるとは。
スズはNHKのアニメ『ぜんまいざむらい』に登場する
必笑ダンゴ剣のように作りたいと述べていました。
強度のあるダンゴ剣を作りたいと願うあまり、ひと串に五個くらいさしていました。
多すぎです。剣を振るときに、玉こんポロリしてしまいます。

子どもたちに串にさしてもらってから、鍋の中で煮付けやすく、
そして食べやすいように母が串を短く切っておきました。
添付されていた、たまり醤油とお水と玉こんを入れて中火で20分ほど煮付けて完成です。
おっと大事なポイントを書くのを忘れていました。
煮付けるときスルメを入れるといいそうですよというkeiaさんのアドバイスを
思い出し、スルメも入れて煮付けました。
c13c7cb0.jpg 


【keiaちゃんの瞳に、そしてサスケ君のさらなる健康を祈ってカンパーイ】
6c657bdc.jpg 
5979ffe2.jpg 
写真撮影の後、私も一緒に食べたのですが、
ああ、ああ、玉こんうめえぇぇぇ。です。
つるりとした表面、それでいて軽く噛むとむちむちとした弾力で押し返されるような。
官能的な食感、そしてほんのりとスルメの味もして。

【思わず玉こんにチッス】
e4e52ca8.jpg 
フルーツジュースはラ・フランス。名前がいいですよね。ラ・フランス。高級っぽい。
本当はクッキーなどに合わせるとよいのでしょうが、
今日の主役玉こんとともにラ・フランス。
串をさすところから、子どもたちと楽しめました。keiaさん本当にありがとうございました。
以前にこの日記で登場した玉こんにゃくは、作業所で働く方が作って煮たものでした。
作業所の方が作った玉こんにゃくもおいしかったなぁ。
チビたちの様子を見ると、こんな風に作業を進めて、
みんなで売るというのもよさそうだな~と夢も広がります。
ただ、ただ、ショマが串にさしてくれた玉こんが…。

【玉こんバーベル】
0da30b9b.jpg 
バーベル型でした。このままでは鍋で煮付けにくいので
もう少々の練習が必要かと思います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 料理・食べ物 | 17:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チビ達のプレゼント

金曜日、ショマが動物園にてサバンナの風を感じているころ
私、美容室に行っていました。
私の髪型事情など退屈なだけかもしれませんが、少しお付き合いください。
長らくロン毛大爆発な髪型を楽しんできたのですが
スズの小学校の入学式を控えていたので春に短くボブに切りました。
ショマの入学式のときはロン毛大爆発だったのですが、
現在親しくしている養護学校のお母さん友達に
最初見たとき、ショマ君のお母さんおっかなかったといまだに言われるのです。
やはり入学時くらいは、清楚な髪型でキメねばならぬと形から入る私は思いました。

eeb732b9.jpg 
それでまあ出来上がったのが上の髪型です。
顔はこの世に未練を残した幽霊のようになっていますが、顎はもう少し短いです。
だんだん髪も伸びてきて、清楚というより金八つぁん化してきました。
髪を耳にかけながら、親というものは~木に立って見るぅと言ったらもうばっちりアタシ金八!
美容院にて施術終了後は、金八つぁんから小さな大泉洋になりました。
やっぱりモジャヘアーは落ち着く。
かつて小さなスズは母のモジャヘアーに涙を流したものでしたが
最近は慣れてしまって無反応でつまらないです。
妻がいつもモジャっているけどもういい…夫のあきらめの過程とよく似ています。
ショマだけは、お母さん髪いい♪と照れもなくしれーっと言ってくれて、
この子はほんと良きジゴロになりそうだと思うのでした。

さて、大泉の母こと私、母の日のプレゼントをもらいました。
ショマからは髪いい♪という甘~い囁きだけで十分。
いつもお母さんに優しい囁きありがとう。
スズからはパソコンで作ったというプリントのようなものをもらいました。
学校に入って一ヶ月以上が過ぎ、スズは学校でパソコンの技術を
教えてもらえるのが楽しくて仕方ないようです。
たぶん、主にペイントを使っての加工を教えてもらっているのだと思います。
オートシェイプ機能を使って写真を取り込んで云々と先生から聞いているのですが
すでにお母さん、その技術についていけてません。
家でもペイントでこちょこちょやっていて、写真を開くと

【Sさんごめんなさい。みかんが、みかんが…。】
57a1f6cc.jpg 
こんなことになっていてビビります。

今回は写真を取り込んで、文字を打ち込んで母の日プリントを作ってくれました。
29feca67.jpg

02a40f40.jpg
キーボード上の文字の配列がわからないので
かなりの時間を要したそうですが、ひとつひとつ探して頑張ったそうです。
『た゛』 となっているところにスズの苦労がうかがえます。
おくってくれてありがとうだなんて、そんな…うぅ。

【綱渡り 綱渡り~ボクの金曜の朝】
49b4ad1c.jpg 
落ちたら最初からとか、朝でもゆっくり時間が流れる光景が見られて
少しは急いでくれいと思うこともあるけれど、お母さんだって楽しいよ。

107c3bc7.jpg
一番うれしかったのが、このメッセージ。
就学に関しては迷うこともあったけれど、今のところスズも行きたくないとも言わず
ショマはショマで毎日学校が楽しくて仕方がなくて
二人ともに毎日楽しんでゆったりした気持ちで学校に通っていることが
私にとってはなによりのプレゼントです。
このプリントの写真にはスズと母の入学式時の写真が数枚使われていて
あまり好きな髪形じゃなかったけれど、
とりあえず清楚っぽくしておいてよかった…としみじみ思いました。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。次回、おりょうりおてつた゛いします。実践編の予定です。

| 自閉症関連 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうぶつの森へ

金曜日、ショマの遠足がありました。
昨年度は学校の都合で、校外学習はあったのですが遠足がなかったのです。
校外学習と遠足の違いがいまひとつわかりません。
遠足は勉学など忘れて、遊んでいいよ~ってことでしょうか。
今年の遠足の目的地は八木山動物園。
ええっ、いいな。お母さんも家事など忘れて遊びに行きたいですよ。
いつも忘れてるけどガオー。

動物園にはどんな動物がいるかな…?と聞いたら
ライオンさんがいるのと答えてくれました。
いつものことなのですが、遠足を大変楽しみにしているようで
連休中は遠足に思いを馳せて、
動物園、バス、そして弁当と口にすることが多かったです。
以前から書いている通り、私、お弁当作りが大変苦手であります!!

でもお弁当を楽しみにしている息子のために、
たまにはサプライズを味あわせてあげたい…。
動物園にちなんだお弁当を作ってあげたい…。
カレーピラフを作って虎のお顔を作ってあげるというのも楽しそうですが、難しそうです。
ここは今話題のパンダを…というわけでネットで調べてみたらありました。
白飯と海苔だけで作ることができそうなので、私でも出来そうです。
かわいいパンダさんがたくさんいるページ、お時間があったらご覧ください。
本当にかわいらしいです。
俵型にご飯を握って、パンダの顔のパーツを海苔で作って貼り付けていくのですが
俵型だと細かすぎて難しいので、私は大きく丸く握って作ることにしました。

【いろんな意味でサプライズ】
629df40c.jpg 
…タモさん? インチキマジシャン?
もう時間がないです。
愛らしく作り直している時間は残されていないのでこのまま持っていってね☆

【パンダ弁当~あの日の思い出も詰め込んで】
9cf2577a.jpg 
竹篭は、生金城武を目撃しに行った日、新幹線の中で記念に買った駅弁の容器。
副題は、黒曜石の瞳をこの目で見たYO!という気持ちを込めてつけてみました。
野菜、果物率8割ほどのお弁当をかばんに詰めて、さあいってらっしゃい。

d0fca75f.jpg 
校外学習や遠足のときは、帽子をかぶせることが義務付けられているのですが
うちのショマは頭がでっかくて、ついに母のキャップ着用になってしまいました…。
私も頭でかいってことでしょうか。

午後に家に戻ってきて、遠足楽しかった!!と教えてくれました。
パンダ握りについて特に何も言ってくれなかったのがおしいです。
タモさん食べたよ!とか言ってくれたらナイスなのに。
何の動物さん見てきた?と聞いたら、何の動物さん見てきた? とオウム返しでした。
(質問に答えるのは難しく、オウム返しになることが多いです。)
でも母はしつこいので、何見てきたのよ、何見てきたのか教えてよぅと
まとわりついていたら、キリンさんがいました、と教えてくれました。
7b7eace1.jpg
写真は、以前動物園に行ったときの日記からの転載ですが
金曜日は天気もよかったので、仙台にいながらにして
ショマもキリンを見てサバンナの風を感じていたのではないでしょうか。

動物園に行ったときの思い出とは少し違うのですが
動物園に関する絵本に思い出があります。
ショマがはじめて興味を持った絵本が 『えをかくゴリラのおはなし』 という
動物園にいる絵を描くゴリラを題材にしたものでした。
b427ebf5.jpg 
私は何の本を読んでも、何の関心も示さない(ように見えた)ショマに嫌気がさしていて
何をしたって、この子の心には「響く」ということがないと思っていたころです。
お姑さんが仙台に来ていたとき、この絵本を読み聞かせしていたのです。
何度も読み聞かせているので、お義母さんめげないな~と思いながら見ていたのですが、
そのうちショマが姑の手を引いて読んで読んでという仕草を見せるようになりました。
私が読んであげようとしても駄目なんですね。
絵本の世界を楽しむというより、ここから何か覚えなさいという意識が私には強すぎて
ショマには面白くなかったのだと思います。

動物園に行ったということで、久しぶりにこの本を開いてみました。
当時を思い出して切ないような、
本物の動物園も楽しめるようにまでショマが成長したのも感慨深いというか。
何度も何度も時間があるときはせがまれて、それでもにこにこと
ショマと並んで絵本を読んでいた姑の姿も懐かしく思い出されます。
最後の方はショマがあまりにしつこくて、お義母さんをが気の毒に思ったことも。
2b2c90e6.jpg 
思い出の絵本写真撮影に付き合ってもらっていたら…萌えぇ~~♪
動物最高!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小梅の遊び方指南

間が空いてしまいましたが、コメシティホテルの続きです。
55fb9df0.jpg 
小梅も

68393231.jpg 
竜もみかんちゃんと遊びたいな~という気持ちはあるようなのですが
どうにもぎこちないままに過ぎていく時間。
みかんちゃん、追い詰められてハウスの屋根に。危ないです。

f10ab3fb.jpg 
みかんちゃんが心をリラックスさせたひとときは、ショマが登場したとき。
ショマが登場した途端にいきいきとしていました。
ショマが体を縮めるので、この子となら良い勝負が出来そうと思ったに違いありません。

e06b38d4.jpg 
↑ しかし、群れの秩序に厳しい板長に叱られ、またしゅんとなるの繰り返しでした。

4adc9727.jpg 
狭い家の中での閉塞感もあるでしょう。
若草のおいしい場所をみかんちゃんに案内してあげようと
いうのが実は当初の計画でした。
外に出て、公園で3頭遊ばせれば打ち解けるだろうと思っての計画です。
が、このときすでに青の風邪の影が静かに私のもとへと
忍び寄ってきていて動くこともままならなくなってきました。
3頭散歩体験、実現できず無念です。

55f89dc9.jpg 
竜と小梅もどうするか相談したのでしょうか。まさかそんなわけはないのでしょうが

0f4960cb.jpg 
おお! 小梅がリングを咥えて誘うようになってきました。
ただ、私もみかんちゃんが自宅で遊ぶ様子を見ているのでわかるのですが
みかんちゃんは熱くなって我を忘れて遊ぶタイプではないような…。
ちょっと遊んで、またーり。ちょっと遊んでまたーり、の子です。
引っ張りっこで誰が勝つかに命を賭けている子では多分ありません。

38902b09.jpg 
結局、いつものように竜と小梅の引っ張りっこが始まってしまいました。
みかんちゃんは私と見学。

【みかん、よかったら小梅の遊び方を参考にしてちょーだい!】
ede581e6.jpg 

【みかん、時には日本犬であることのクールさは捨てるがいいわ!】
c0d403ec.jpg 

【みかん、時には女性らしくあるべきなんて羞恥心も捨てるがいいわ!】
364a7161.jpg 

b0615d5b.jpg 
…………みかん。……わかるよ。みかんちゃんはお股は閉じて遊びたいよね。

遊び方の指導も受けて、いや勝手に見せられた後、みかんちゃんは夜に帰宅しました。
お付き合いが長くなれば、
みかんちゃんも小梅のような遊び方をする日が来るのでしょうか。
落ち着いたみかんちゃんのあられもない姿は想像がつきませんが、
クールな子が興奮して乱れる姿も一度は見てみたいものです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コメシティホテル

青の風邪から復活~。
さて、土曜日かわいいお客様が我が家にやってきました。
コメシティホテルに土曜日、日帰りの空きがありますかと問い合わせがありました。
ありますとも!! 空きだらけです。

8d081c41.jpg 
ご予約のお客様はみかんちゃんでした。

101ea458.jpg 
美人若女将といなせな板長がいる当ホテルでは
みかんちゃんに最高のくつろぎと安心をお約束いたします。

【あら、いらっさい】
52fecfa8.jpg 
わたくし、大女将がみかんちゃんのお母様Sさんに安易にお約束をしたものの

【匂いチェック匂いチェック】
782c5b4e.jpg 

【性別チェック性別チェック】
ec5883f7.jpg 
厳しいセキュリティーに恐れをなしたのか

41f0f267.jpg 
みかんちゃん、すっかりくつろげなくなっています(涙)

27aa8d45.jpg 
コメシティ創設者のもとで、なんとか心の平安を保つみかんちゃん。

423b4710.jpg 
いなせな板長は、お客様持参のコングの中のおやつを探してるし…。

943f5250.jpg 
みんな、色がベージュ系のよしみで仲良くしたら…どうかな…??
という提案もしてみたのですが微妙な距離感を保ったまま午後は過ぎていきました。
それでも、他の犬と遊び慣れない小梅にしては今回は頑張っていたように思います。
みかんちゃん、おもちゃで一緒に遊んでみようかと小梅と私とで誘ってみました。
みかんちゃん、何が怖かったんだい?

90906b63.jpg 
きっと顔が怖い。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
少し続きます。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青の風邪

久しぶりに強烈な風邪を引いてしまいました。
今、解熱剤で熱を下げて残した仕事を片付けている途中です。
夜は夫が筑前煮を作ってくれるのだそうです。ありがたやありがたや。
コメントのお返し、もうしばらくお待ちくださいね~。
私の予定では深夜には復活する予定です。

うちのスズは、風邪は青と赤と黄色に分けられると思っています。
今回は青の風邪ということで
aa095953.jpg
お母さんは頭悪いんだね!!と心配してくれています。
それではっ。

| 自閉症関連 | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

耳に躍動感

連休も後半ですね。遠くにお出かけされる方もいらっしゃるのでしょうか。
私はもちろん家にいます。
家にいますが、ちょっぴり仕事が詰まっていたり
かわいいお客様が来る予定もあるので今日は短めにまとめようと思います。

常日頃、このブログの犬カテゴリーに足りないものは美しい写真と自覚しています。
美しさを求めるのは私の腕では難しいものがあるので
せめて躍動感を…と狙ってはいるのです。
そんな願いが通じたか、昨日偶然にも躍動感のある写真が撮れました。

【スリッパの匂いをかいで、耳が舞い上がった小梅ちゃん】
48b0afa8.jpg 
うれしいような、うれしくないような…です。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
休日にお目汚し失礼しました。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広い世間にはきっといると思う。

4月29日は【昭和の日】でした。
昭和も遠くなりにけり、とよく言いますがいつのまにか平成も20年を数えました。
考えてみれば、我が家のメンバーはほとんどが平成生まれ。

【平成という時代が生んだ奔放な小悪魔小梅】
76b10964.jpg 

a73f01dd.jpg 
この御仁だけは、
私とともに昭和という時代を歩んできたという錯覚をもたらすのですが、

5d70ba06.jpg 
彼も平成八年生まれでした。
竜ちゃん、Hey! Say! JUMPに入れるんだ…全然イメージ湧かない…。

さて『昭和の日』を控えた、4月下旬あたりから
ショマが「4月29日『父の日』です。」と言うようになりました。
最初はなにか勘違いをして情報が入ったのかなと思っていたのですが
28日には、微笑みをたたえながら、
明日父の日です、と伝えてくるので推理してみました。

~ショマの思考回路を推理~ 
 
   1  カレンダーを見てみると【昭和の日】とあるけれどなんだろう

   2  「昭和」ってあまり見たことのない漢字だけど…うーんうーん

   3    あっ、わかったどー

   4  「昭和」ってパパちゃんの名前の漢字に似てるかも

     5  でも少し違うな~。じゃ「昭和」が誰かわからないけど【父の日】ということで

   6  お母さん、明日父の日です


やはり人の頭の中ですから、
父の日と思うに至った経緯は違っているかもしれませんが
だいたいこんなところかなと推理しました。
昭和の日≠父の日であり、事実としては異なっているけれど
自分の持っている情報を集めて考えたんだなと思うと、きゅんとくるものがあります。
うちでは【4月29日は誰かの父アキカズの日】でいいやと思う私でした。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。 

| 自閉症関連 | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |