2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

うどんはおいしいあじでした。

土曜日の公開授業、行って来ました。梅雨の晴れ間の暑い一日でした。
スズを学校に送っていって、そのまま朝の活動と菜園での活動を参観。

朝の活動では、片仮名の書き取りをしていました。
書き取りの様子を見ながら、スズがこれまでに書いた
平仮名や漢字のノートも見せてもらいました。
見ると、ノートは○ばかりです。
たぶん間違えたところはいっぱいあるのでしょうが、
間違えたから、そのうえに×と書く方法は先生が採っていないようです。
授業を見るかぎりでも、間違いに気付くように導いて
修正させてから、最終的に○と書くようにしているのだなと思いました。
スズは特に大きく×と書かれたら気にしてしまう方なので、配慮がありがたかったです。

漢字の書き取りを見ながら、一年生はそうか、こんな漢字を練習するのか~と
まじまじとノートを見てしまったのですが、
その中に『犬』がありました。おお、犬も一年生で習う漢字であったか。
書き取りノートには漢字の成り立ちも一部載っているのですが
『犬』の象形文字って
0ec8f001.jpg 
このような形なのですね。犬の点はなになのだ。尻尾なの?
私にはこの図は弓矢を引いて狩りをする人なのですが…。
尻尾だよな、う~んと
大人35歳に僅かな学習の疑問点を残し、次の菜園活動へ移動しました。
あーっ、プレビューを見て今気付きました。頭なのかしら??? 

aaa2c346.jpg  
bae302ac.jpg 
菜園ではいろいろな野菜が植えられています。
茄子、きゅうり、大根、ピーマン、ブロッコリー、とうもろこし、京菜、まだまだあります。
この菜園の様子を見るのが送り迎え時のひそやかな楽しみです。
植物の育つ様子って楽しい。元気になれる気がします。
今回の授業では種から植えた野菜たちがたくさん育ってきたので
みんなで間引くというものでした。
スズなどは暑さでだれてしまって、最後は先生たちが最も熱心だったような…。

一度家に戻って、夫とショマを迎えに行き、再度学校へ行きました。
夫もショマもスズが入学してから、学校の中に入るのははじめてです。
ショマを連れていっていいものか迷いましたが
このクラスの和やかムードなら大丈夫だろうと。大丈夫でした^^
夫が来てからの授業は算数と音楽。
算数でも、間違ってもいいんだよね? と先生に問い質しながら計算していました。
何回でも間違ってもいい、間違いを発見することも勉強ですと
根気よく先生が言っているのを聞いてスズも安心しているようでした。
スズは数の合成と分解は頭の中ではできているので
後は手の動きがそこについてくれば…と先生はおっしゃっていました。

 8+2=10

つまり、頭で原理はわかっているので、
=10の部分を手ですぐに書けるようになれば…ということなのだと思います。
スズに限らない話ですが、小学生ってすごいですよね。
まだ生まれて6~7年ほどで、五十音とか計算式とか覚えていくなんて。
それを教える先生っていうのもまたすごいな~。
片仮名と平仮名ってどうしてふたつ覚えるのさ、とか、=って何さと問われたら
私なら、とにかく覚えればいいのですと教えてしまいそうです。

授業の合間にうどん作りの様子を絵に描いたものを見せてもらいました。
先生が言うには、当日の様子を精密に再現して描いたそうです。
うどんをこねている人、うどんを茹でている人、トッピングを作っている人などが
細かく描かれている絵を見たのですが…。
確かに状況描写はえらく細かいんです。よく記憶しているなぁと。
でも、

【普段のお絵かきノートより】
bf6c4f01.jpg 
人がみな、上記のように丸、四角、棒なのです。
かつて、人を描いてみてとスズに請われて、
このようなシンプル人間を描いてしまった緻密でない母のせいです。

書き取りノートの中にスズが書いた作文を見つけました。
運動会の作文と、うどん作りの作文。
マス目の大きな原稿用紙にひとつひとつ平仮名で書いてありました。
うどん作りの作文だけ書き写してきたので、紹介させてください。

 うどんをつくる

 かいものにいった。
 しよがぐらむはかった。
 こねた。ふんだ。
 うどんをきった。ゆでた。
 たまごをひっくりがえした。
 たのしかった。
 うどんはおいしいあじでした。


しよが、じゃないよ、しおの だな。
間違ってるんだけど…。土曜日はとても暑い日で、目から汗が滲んで…。
毎度、毎度こんなことばかりですみません。
私、子どもの作文見るのがはじめての経験でして、またしても、ええ、泣きましたとも。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ 
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペイントゲーム

今日は土曜日ですが、これからスズの授業参観に行ってきます。
学校公開日というもので、好きな時間に好きな授業を見ることができます。
菜園での活動と、国語、音楽を見ようかなと思っています。

入学して三ヶ月ほどですが、毎日いきいきと楽しそうに過ごしています。
先日は近所のスーパーで食材の買い物をして、
翌日みんなで手打ちうどんを作るという活動もありました。
ちょっとーー学校でうどん作り!!! うらやましい。
家庭でもどうぞ作ってみてくださいと先生からレシピをいただいたので
ぜひに挑戦してみたいところです。 
1d937936.jpg 
しかし、このような床で足踏みうどんを作ってもいいものか、多少の迷いがあります。
ビニールに生地を入れて置いておけば、肉球踏みうどんができていそうな…。

それはさておき、学校に入学してからというもの
おしゃべりも達者になってきました。
平仮名、片仮名、漢字の練習も並行して頑張っていると聞きました。
が、家ではなかなか字を書く姿を披露してくれません。
家で勉強しているところ見たいな~と言うのですが

 ボクは勉強はまだまだなんだよ…。

 小学校一年生の勉強はまだまだなんだよ…。


どんだけ謙遜するんだよと思います。謙遜を美とする日本人すぎる!
字を書く代わりに、学校で覚えたパソコンの技術は次々と披露してくれます。
相変わらずペイントを使って、何かをするのが好きなようで
ペイントでゲームを作って遊んでいます。
お母さん、見てて…というのですが、実はいまいちスズゲームのルールがわかりません。
青色が氷、赤色が炎、黒色が悪者かしら。
これらの色のブロックを作って、侵食されたら負けとかそういうルールのような。
ブロックゲームのルールはいまいち掴めないのですが
先日は私にもルールが理解できるゲームを作っていました。

【題してペイント焼き芋ゲーム】 
1f96f9e4.jpg 
焼き芋が一本ありました。 

ba8d8337.jpg 
ムシャムシャムシャムシャ。 

b9cb55d8.jpg 
イモ子最高! 

942a3ef3.jpg 
食べ進めろ~なくなったら終わりです。

…このゲーム、う、売れるかしら。
明日、参観日が終わったら、お母さんにご褒美でなにか買ってあげるねと、
お母さんは真生ちゃんのお世話しているから…と昨夜寝る前に言っていました。
ご褒美が目当てなわけではないのですが、
スズのねぎらいの言葉が素直にうれしいです。
ゲーム製作のギャランティとして、私からひゃくえん渡したいと思っています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 05:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラブラドールの中に

そろそろ、真生が来る前の続きを書こうかなと思っていたら
犬合コンのところで終わっていました。また動物もの♪ 
b68868c7.jpg 
それもいっぱい。たくさんいる~。 

10d2c2cd.jpg 
56952f59.jpg  
えーとラブラドールが1、2、3、4、ええーっファイブ!
ではもちろんなく、犬の目線になったら犬の気持ちがもっとわかるかしら…と言いながら
群れの中に入ってモミクチャになる沢さんでした。 

f17110ed.jpg 
この日はクーちゃんが、ショマを気に入ってべったりであったな~と
思い出しつつも、すでに記憶がおぼろげです。
なんと犬合コンから一ヶ月ほど経ってしまっていて…。

この日はお昼ご飯の買い出しに私が出かけて、
その間、竜と小梅に沢さんとお留守番をお願いしたのでした。 
_49678d45bab0e.jpg 
沢さん撮影、母の帰還を待つ小梅の図。
ああ、小梅いいやつだなぁ。じんわり感動しました。

その後あきらめてソファの上で待っていた小梅の写真も送られてきました。 
_49678d4725f94.jpg 
小梅、座り方が…。楽なんだもんね。
ここまでが第3回犬合コンの写真ですが
実はすでに第4回も終えています。↓はそのときの写真です。 
303230d1.jpg 
ラブラドールが1、2、3、…カエルちゃんが1…。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

ちょこっと続きです^^
今日、真生の病院に行ってきました。
少しずつですが体力が戻ってきているようで、皮膚の状態もよくなってきました。 
390a3c31.jpg 

【病院で頑張った子はいっぱい甘えていいって言われたニャ】 
9a23f221.jpg 

| 犬関連 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男のプルコギライス

5ccf7cb8.jpg  
猫部屋に入ると、真生は窓辺で寝ています。
一日この場所でウトウトと眠って過ごしているようです。
人への後追いはありますが、外に出たがることはなく、決められた場所で爪とぎもします。
やっぱり以前は飼われていたんだろうなと思います。
昨日集まったメンバーで、放浪生活で
猫らしい遊びを少し忘れてしまったかな…と話していました。 

b0ef7e22.jpg 
顔を出すとすぐに伸びをして 

3ae68103.jpg 
降り立ってきて、スポッと股の間に収まります。
真生ちゃん、真生ちゃんはすごく美人なのに…
けっこうオナラは臭いねなんて話しかけながら 

a6c6cfe5.jpg 
ドアップを撮ってみたりしてまったり。

【ちょっと!! ぷーの匂いなら負けてないわよ!!】 
a8cf9cee.jpg 

【ご無沙汰してます。心労で顔に影が入ったわよ! 小梅です。】 
62cdc927.jpg 
真生は心配だけれど、こちらのフォローを忘れてはなりません。
小梅の焼きもちはストレートでわかりやすい。
テンション高く遊んであげれば、機嫌もよくなります。 

54dc9eb4.jpg 
むしろ、素知らぬ顔で静かに嫉妬の炎を燃やしている(であろう)竜が心配なので
今日の午後は竜様としっとり大人の時間。 

912d8b51.jpg 
よ、よかったらピザのチラシ(※たまたまソファに置いてあった)でも一緒に見るかい?
初夏のサイドメニューで 『辛口 男のプルコギライス』だって~。
あいや、唐辛子とガーリックでスタミナアップ! ですって。
はっはっ、竜ちゃんは食べられないな~はっはっー。 

57e9dc25.jpg 
きゃー竜ちゃん。 

223c52c6.jpg 
きゃーーーーーー犬が変わったーー。 

62fdf49d.jpg 
満足かえ? 

f7036c08.jpg 
開いてみたら、かろうじて残っていました。
男のプルコギライス¥600-です。竜と違って食べられる方はぜひ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘えっ子さん

にゃにゃ子(仮名)ですが
とにかく人に甘えたくて仕方がないようで、
猫部屋に行くと甘えられてなかなか戻ってくることができません。
行かないで~ニャーンと鳴く声を背にして、
部屋を後にしなければならない辛さといったら。
竜も小梅も何が起こっているかわからないうちは、
恐らく焼きもちを焼くので長い間はいられません。
(残念ながら子どもたちはそんなに焼きもちは焼かない…。)
まだじゃれて遊ぶだけの体力が、にゃにゃ子にはないせいもあると思いますが
部屋にいる間はずっと抱っこされています。 

_49678d61a5b5f.jpg 
これは私の背中に乗っているところです。
背中を向けるとすぐに乗っかってきます。 

63bf1ae7.jpg 
スズとごろりん。ショマはまだ様子をうかがっているところです。 

d0f0f98f.jpg 
よいくつろぎ場所を見つけたようです。

【これはキングサイズのベッドかしら…ムニャムニャ】 
ef7fbb47.jpg  
2381b943.jpg 
いいえ、それは私の夫です。 

9ec57a69.jpg 
傾斜がきつくて落ちてきてしまいました。でも頑張る。 

bfd59149.jpg 
今日は遊びに来てくれたSさんに甘えていました。
さすが猫に慣れているだけのことはあって、ツボを押さえているのか
にゃにゃ子、甘えきった表情です。よかったね、にゃにゃ子。 

7d5c2bac.jpg 
きゅん。

写真も多くなってきたところで
キリがないので名前を紹介させてください。
なかなか決まらなくて昨晩ようやく決まりました。
昨日のサザエさんで、カツオが中学生になったら万年筆を買ってやると
波平さんが言っていました。
永遠の小学生カツオにそんな日は来るのかしら…と思いながら見ていました。
そのサザエさんを一緒に見ていたスズからは、カツオ はどう? といわれました。
なぜよりによってカツオ。まだフネさんなら…。

私は、分かる人には分かる、真生(マサキ)や理得(リエル)はどう?と提案したのですが
夫が頼むから金城武にちなんだ名前は夫として恥ずかしいからやめてくれと。
え゛ーっ。いいじゃんいいじゃん、ぷっぷくぷー。
というわけで決まったのが 
5b978d57.jpg 
真生―マオです。(漢字は残しちゃいました、ふっ。)
食べられるようになってきて、少しふっくらして毛もふわふわになった感じはありますが
余分な肉がないので、まだ皮がよれるくらいに痩せています。
たくさん食べて元気になって生きてほしいという願いを込めて、若干の武がらみで
後、毎日のことなので呼びやすさも考えてつけました。

名前も決まってSさんからも、後でやってきた沢さんからも
マオちゃん、マオちゃんと呼んでもらいました。よかったね、マオちゃん。
沢さんにも、よかったら背中見せてあげて~甘えるから~~とお願いしてみました。 
93aa4a7a.jpg 
沢さんにはいろいろしてもらっているので、できればキュン顔を見せてほしかった…。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 猫関連 | 16:07 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーさんからの助言

我が家にやってきた、にゃにゃ子(仮名)(命名者は沢 丸芭さん)ですが
病院でとりあえずの検査を終えました。

ノミとダニはいなく、でもシラミが…^^; 駆除しました。
真菌に感染している可能性は捨てきれないので、真菌の培養をお願いしました。
便から寄生虫は出ませんでしたが、再度の検査が必要かと思います。
諸々の細かい説明は省きますが、しばらく通院しなければいけません。
先生と今後どうするかについて話し合いました。
すごくいい子だけど、結構大変な子かもと先生。
首輪をつけていた跡があるので、ある時点で離されてしまった可能性が高いこと。
非常に人なつっこい子なので
元の飼い主さんが探しているかもしれないなら、
愛護センターに問い合わせて、
飼い主さんが現れるのを待とうかとも当初は思っていました。
が、放浪生活も長かったようで
現在の状態はよくない、難しいだろうにゃーと先生と意見が一致。

田舎の父さん、母さん本当にごめんなさい。
だってショマはこの三日間、帰ってきて玄関での第一声は、
猫ちゃんいますか、だし~。
スズは猫ちゃんは可愛い声でニャーンって鳴くんだよって言うし~。

これはもう家族ではないでしょうか。

とは言うものの、私の悪いところで
先生の話を聞いて育てることに不安が…オロオロオロ。
猫に詳しい方に連絡を取っては弱音を吐いて…オロオロオロ。
保護した初日も、最初はご飯を食べなかったのです。
沢さんが用意してくれた療法食を、夕方にようやく食べてくれて。
今は一匹で別の部屋にいますが、モリモリ食べることができるようになってきました。
食べられるってやっぱり強みになります。
食べられるようになって、たったの二日あまりなのですが、
心なしかふっくらしてきたようにすら見えます。
置物のようにじっとしていて、動くときは体を寄せてくるときだけだったのに
念入りにグルーミングもできるようになってきました。
にゃにゃ子(仮名)は生きたいよね。
母さん、腹括ったぜよ。いや、遅くてごめん。保護した時点で腹括れってね。 

370db39c.jpg 
ボケボケでごめんなさい。
二日目の写真です。これは世に聞く猫モミモミってやつでしょうか。イデデデデ…。 

3092ff12.jpg 
抗生物質を注射器で飲ませて。
きゃっ。飛び散って、ペイントジーンズになってしもた。もっとうまく飲ませねば。 

f8dbc9f1.jpg 
日中のお気に入りの場所は窓のそば。 

262de549.jpg 
空を見上げて、にゃにゃ子(仮名)や何を想う。 

b26b15f0.jpg 
これは昨日の写真です。私の腹の上で何を想う。 

8cc7cb5d.jpg 
竜ちゃん、気になるよね~。
二階にのぼってはだめと言っているので、一応言いつけを守っています。
守れない子もいて、偵察に駆け上がってきました。

【報告報告。おかしいのよ。気配はすれども姿はなしよ。】 
bb1b5d85.jpg 
それはね、小梅ちゃん、ドアを閉ざしているからでーす♪
保護してからの三日間はこのような感じでした。
さっき、夫が戻ってきて対面を果たしました。
スリスリと体を寄せるにゃにゃ子(仮名)、可愛がってもらえると思います。

今回、いろいろな方に相談してしまいました。
もう大丈夫です。ありがとうございました。
そんな中、名前を呼んであげると元気になるよ、と保護当初から
にゃにゃ子と名前を呼び続けてくれた沢さんの猫スーさんから
ご自身の写真付きでメールがきました。 
_49678d7c3536a.jpg 
オイラの写真だニャ。これが本来あるべき姿の猫の姿だニャ。
にゃにゃ子は痩せているから、遠慮しないでどんどん食べたらいいニャ~。


およそ、このような助言でした。にゃにゃ子もたくさん食べましたよ。
たっぷり栄養をつけて、まずは休息させますね。スーさんありがとう。
ブログに男前写真を使いたいのですが、肖像権に問題はないですかと
スーさんにお伺いを立てたところ
オイラはそんなけちくさいものにはこだわらないニャ。と返事が来ました。
さすが太っ腹。来週は猫タワー貸してくれるそうです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
動物の話が増えてきてしまったので、ひとつカテゴリーを変更しました。
お手数おかけしますです。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気になってから

えーと、間があいてしまいました。
犬合コンの続きを、とも思ったのですが、違う話をちょっと挟みます。
もう最初から断っておきます。たぶん長いです。

遡ること一週間前。
朝にスズを送っていく途中、ランドセルを背負った男の子が猫を抱いていました。
顔はかわいいのですが、姿がきれいな猫とはとても言えない猫です。
男の子が小さな体でよっこらよっこらと抱いて歩いているので
どうしたの? と聞いてみたのです。
この子、僕の猫なんですけど怪我しているみたいで…と言います。
よくよく話を聞くと、僕の猫なんですけど、マンションだから飼えなくて…と。
うーん、話のつじつまが合ってないような気がするけれど
なんとな~く話の背景は読めるぞと。
そうこうしているうちに、校庭で遊んでいた子どもたちがワーッと集まりだして
先生になんとかしてもらおう! と校舎に連れて入っていきました。
悲しいかな、大人と子どもの事情は少し違うし、ここは学校。
なんとかなることはないと思うぞよ。と思いながら、経緯が気になり外で待っていました。
すぐに動きはなく、ごめんなさい、私も帰ってきてしまいました。
翌日、その場にいた子に聞いたら、猫は逃がしたと。
まぁそうだろうな、残念なことだけどそうするしかないだろうと思いました。

こういうことがあると、自分の小さかった頃のことを鮮明に思い出します。
前にも少し書いたことかと思うのですが
小学生の頃、学校帰りに茶色い紙袋に入った犬を拾いました。
私は生きていると思って拾いました。
そして、これから訪れるであろう楽しい犬との生活を夢見て拾いました。
でも、紙袋の中で犬は息絶えていました。
今でも本当によく覚えています。黒い犬で鼻は桃色。
少し膜がかかったような感じで、濡れたような質感で。生まれたばかりだったのでしょう。
母は怒りました。今なら怒るのは少しわかる。私も大人になってしまったから。
でもあのとき、たまたま青森に来ていた叔父さんが、一緒に穴を掘って埋葬してくれた。
だから、あの黒いワンちゃんも叔父さんの手で
少しは救われてくれたかなと思えるのです。

それで、まあ結局何を言いたいのかというと 
7d8d3957.jpg 
保護しました。
一週間前に起こった出来事が、また今朝目の前で同じように起こっていたと。
途中で、キミ達おばちゃんに預けてみないかというところだけちょと違うと。
二度ともに同じ猫です。
犬もすでに2頭いる、嫌らしい話ですがお金だってかかる。
母K子は怒り狂うだろう。もちろん、私を心配してのことですが。
大人の事情たくさんだ。
でも…いい人ぶるわけじゃないけれど、二度も目の前で同じことが起こったら…ね。
と言いながらも、動揺しまくって一日あわあわと過ごしていました。
実家で猫を飼っている友人のSさんには買い物の手伝いをしてもらいました。
こちらでコメントをいただいている猫を愛するlottaさんや
一回目のときに話を伝えていて、
今度見かけたら保護して連絡してほしいなぁぁと言っていた『丸芭呂具。』の沢さんに
相談しながら、なんとか今日一日を乗り切りました。
沢さんは仕事の後に駆け付けてくれて、当面必要な道具も持ってきてくれました。

幸い、スズがすごく喜んでくれて
猫ちゃん行くところがなくて困ったね、家に泊まればいいよと言ってくれました。
とりあえずパパには内緒だぞ!! とスズには釘を刺しておきました。
でも、夜になって落ち着いてきたころ、夫から電話がきてしまったのです。
一回目のときにこんなことがあったんだよ~と夫にはすでに話していて
でもママちゃん駄目だぞと釘を刺されていたのです。
ああ、過去の柴犬クン保護のときも同じこと書いた…。
話すべきか話さざるべきか。
スズに代わってと夫に言われ、電話を代わったのですが、
今日はパパと話したくないんだよ…とスズが言っているのが聞こえてきます。
パパに話しちゃだめと言った私の釘効果ゆえでしょう。
なにかあったの、誰かいるの…と再度夫に聞かれ、もう黙っていられんなと。
スズが鈴が鳴るようなかわいい声で猫ちゃんが家にいるんだよと夫に伝えてくれました。
あっさり、ママの好きにしなさいと言う夫。
あれっ、柴クンのときと同じ。

私の実家からかけてきた電話だったので、そのときはコソコソ話していたのですが
また改めて夫から電話がかかってきました。
いつも口では保護してきては駄目と言っているし、保護できる数は限りがあるけれど
実際にママが保護したら、駄目とは絶対言わないと決めていると、
小さいころの思い出のようにはさせたくないと思っていると。
ふ、不覚にも涙。
金城武とは(少々印象は)違うと思っていたことホントごめん。ごめん。
誰も聞きたくないようなノロケみたいでごめんなさい、でも夫の気持ちに感謝しました。

まず猫を元気にしよう。
後のことは後のこととして、いろいろ考えようということになりました。

【ボロフリース最高にゃ】 
4cd484d6.jpg 
異様に人なつっこい子です。だから子供にも保護されたのでしょう。
飼われていた猫かもしれませんが
ガリガリに痩せていて脱毛もあります。今、二階にいて竜と小梅とは隔離中です。
痩せてはいますが、ものすごい美人さん。元気にしてあげたい。
人には驚くばかりに懐きますが、
犬に慣れさせるのは相当な時間がかかるかもしれません。
相手が小梅だし…。
明日、詳しく病院で検査してきます。 

4b74b9c1.jpg 
後のことは後でゆっくり考えよう。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 猫関連 | 23:53 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございました。

昨日、大きな地震がありました。
宮城で暮らしています、と公開しているので
こちらでの様子を書くべきなのかどうかと迷いつつ、
やはり動揺していたのか、何をどう書いていいのかわからず
何度も書いては消してを繰り返して、こんな時間になってしまいました。

まずは心配して安否確認のメールをくださった方、ありがとうございました。
みんな元気にしております。
本当に本当にうれしかったです。

今週末は仕事があるということで、夫が仙台に戻ってきていませんでした。
こちらでは、朝から子ども会の資源回収の仕事があり
ちょうどスズを車につけているところでした。
竜が吠えていて。
 (地震を察知して吠えていたわけではなく、資源回収のために
  後部座席のバリケンを降ろしていた音を察知して吠えていたのでした。
  俺を置いてどこかに行く気かと。)

さ、次はショマと部屋に戻ろうとしているときにカタカタと揺れ始め…。
地震だ! と思い、車を見るとゆっさゆっさと揺れています。
ショマがテレビを見ていたことを思い出して、走って部屋に戻ると
「お母さん、地震」と言ってソファの上に逃げていたので
犬布団をかぶせて再度車に戻りました。
スズが怖いー怖いーと泣いていて。
急いでベルトを外して、車から降ろし抱きかかえて部屋に戻りました。
その後もしばらく揺れていました。
出かけるところで、竜と小梅はたまたまハウスに入っていたのがよかったです。
フリーの状態だったら、なおパニック状態になっていたかもしれません。
震度5弱だったので走って移動できましたが、ずいぶん長かった。
震源地の近くは、どれほど揺れていたのかと思うと恐ろしいです。

一番揺れていたときに車内に一人だったスズと
置いていかれるという不安がいっはいのところに、
地震がきた竜の動揺が激しかったのですが
幸い、誰も怪我をすることなく無事でした。
当たり前のことですが、やっぱり地震は怖い。
昨夜はみんなで固まって寝ました。

昨日も、今日もひっきりなしにヘリが上空を飛んでいます。
仙台市内は落ち着いてきましたが
まだ不安を抱えて過ごしている方がいると思うと胸が痛みます。
被害の大きかった地域の方が一日も早く穏やかに過ごせるように祈るばかりです。

昨日はショマの学校や、市役所の障害課の方からも安否確認の電話があり
忙しい中、また連絡も取りにくいところに、
何度も電話をかけてくれたことに感謝しました。
あわせてもう一度、心配して連絡をくださった方、本当にありがとうございました。
心強くうれしかったです。ありがとうございました。

| 未分類 | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大切なモノができました♪

先日、リンク先の『丸芭呂具。』の沢さんの愛犬ゴゴ君とクーちゃんと
第3回犬合コンを開催しました。
犬合コンの様子は次回に詳しく譲るとしまして、
沢さんからいただいたプレゼントを紹介したいと思います。 

cbcdaf49.jpg 
小梅の手元にある、骨型おもちゃ。
ガムのようでいてガムでなーい。樹脂でできているんです。
ワンコにうれしいミルク風味。
歯磨き効果があり、盲導犬の皆さんも使用しているものなのだそうです。
リンク先の『さくらとくじら』のさくらちゃんも使用していました。
世の中にこんな素晴らしいおもちゃがあったなんて。
このおもちゃを竜と小梅にそれぞれ一本ずつ頂戴しました。 

e4bfe494.jpg 
竜ももちろん大喜びで噛み噛みでしたが
小梅の執着っぷりがすさまじく、沢さんが袋を開けた瞬間から
目はギラギラ、よだれをタラリ。
今まで何かを噛みたくて、布に執着していた小梅ですが
よいものをいただいて、至福の噛み噛みタイムを過ごしています。
思う存分、噛み噛みさせてあげられるって素晴らしい!! 

c5222676.jpg  
74624ab9.jpg 
5cc2f82f.jpg 
d7f86d5c.jpg 
ボーン君は魅力的な方ですが、たまには竜君のことも思い出してやってほしい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たらしに路線変更か。

昨日、スズの連絡帳を開くと

 一時間目に女子大生のお姉さんが二人、研修でクラスに来ました。
 スズ君が自己紹介で
 「ぼくはかわいい人大好きです。よろしくお願いします。」
 と言ったので、驚きました。


要約すれば、このようなことが書いてありました。
へーっっ、私も初対面の人にスズがこんなことを言ったとは驚き…でした。
返事として

 実は毎日、私もスズにかわいいと言われております。 
 (※真実はともかく、言われているのはホントホント~~)

と書きたいところをぐっと抑えて、ぐぐっとこらえて

 それは驚きですね。よほどかわいらしい方たちだったのでしょう。

と書きました。
スズは男の子で、女の人より大きくなって力も強くなるから
女の人には優しくするといいねとか、
かわいいって褒められると女の人はうれしいかも…とは私も口にしていました。
ちなみに

【一日に10回はスズにカワイイと言われる女性も存在します。】 
e675a8d1.jpg 
そんな家での私の言葉が蘇ったのかしらん、、と思ったりなんかして。
かわいいお姉さんがきたの? と聞いたら
うん、かわいかった~ハァトとニッコリして答えていました。
女性なら、褒められてうれしくないことはないもんね。
上手に自己紹介できたんじゃない?なんていうやり取りをしていたのであります。

そして、夕方、 近所に住む親戚のおばあちゃんが
青梅を収穫したと言って、我が家に持ってきてくれました。
何度か登場している母の叔母であるおばあちゃん、
80歳を越えてなお元気、まだまだ若いです。
そしてショマが大好きで、こうしてせっせと美味しいものを持ってきてくれます。
ショマとは付き合いが長いこともあるのでしょうが、
どちらかというと、おばあちゃんはスズには関心がないように見受けられます。
スズはそんなに愛嬌がよいほうではないしね、面白いんだけどね~
なんておばあちゃんの姪である、私の母とも嘆いていたのです。
が、昨日、ショマ君の顔が見たいわ!と家にあがったおばあちゃんを
スズがいきなり
 
 「○○のおばあちゃん。ボク、ずっと会いたかったんだよ…。」

と甘い声で囁き、手を広げ優しく抱きしめました。
まあっ、スズちゃん! おばあちゃん嬉しいわ!
おばあちゃん、顔を赤らめ興奮して喜んでいました。形勢逆転だ。
一体、スズはどうしちゃったのでしょうか…。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 13:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひと月ほど前の紙工作

先日、ショマの学校で個人面談がありました。
いろいろと先生と話をしてきたのですが
毎年、話題になるのが道具の使い方なのです。
鉛筆、箸もそうなのですが、これらは日々使う機会が多いので
少しずつ扱い方が上手になってきたな~と思います。
難しいのがハサミ。

思えば昔から工作系はまるで興味のない子じゃった。
興味がないからうまく使えないのか、うまく使えないから興味がないのか。
もう、この際どっちでもいい。
でもこれから大きくなってくれば、作業実習なども入ってくるし
道具を使いこなしてくれればいいな~と思うわけです。
家でも少しずつ使う機会を増やして慣れていかなければな~とも思うわけです。
Wiiリモコンを母が驚くほどに繊細に使いこなせるのなら、ハサミもいつの日かきっと。

で、そのような思いを、そのとき秘めていたのかどうかも忘れたくらいに
ずいぶん前の話なのですが、ショマと紙工作をしたのです。
この日記にコメントを寄せてくれる納言子さんから
ショマスズブラザーズにプレゼントをいただきました。
お菓子や、旦那様と一緒に見立てたというシャツまで。
納言子さんありがとうございました。
その中に、紙工作セットが入っていたのです。
あらまぁ~~これはスズが喜びそう!! 
ショマも出来るところだけでもやってくれないかなと思っていたら 

590bfcda.jpg 
あら!! ショマやる気まんまん。
紙工作は去る玉こんパーティの直後だったのです。こんにゃくパワーでしょうか。
んー、でも絶対に張り切って取り組むはずと思っていたスズには
今忙しいからと断られてしまいました。

【忙しさの理由は、部屋の中で竜と小梅の散歩をするからだそうです。】 
8162d326.jpg  

6cb7d21b.jpg 
はさみを使うのはやっぱり難しくて 

8bbd42b4.jpg 
糊を塗って貼り合わせる作業を中心として行っていましたが
ショマが家で工作をするというのは珍しいことです。
紙工作の題材も気に入ったのかな~。
何を作ったのかというと、 

0aad6a11.jpg 
い、いまごろ鯉のぼりの日記!!
納言子さんはしっかり季節に合わせて送ってくれていたのに
時系列が滅茶苦茶の日記で申し訳ないです。 

662cdc03.jpg 
ここから言い訳のようになってしまいますが、なってしまうというか、言い訳です。
ちょっと写真右上のカレンダーに注目していただけますでしょうか。
ラブラドールのカレンダーで、裏面がラブラドール紙工作仕様になっているんですね。
『カンタとハンナ』のかんはんさんが上手に製作されていました。
養護学校のお母さん友達が、ラブラドールだよと剥がして持ってきてくれたのです。
わざわざ、ラブだよ~と持ってきてくれた友達の心遣いも嬉しいものです。
玉こんパーティの後、
鯉のぼりは子どもたちが、ラブラドールは私が作るという予定でした。
お母さん、上手に作るから見てなさいよ~! というつもりで。
母が工作に勤しむ姿を見たら、工作により興味を持ってくれるかなと。
そして、鯉のぼりが終わったら、キミ達こちらにも参加したらどうかね? 
という流れになるのも楽しそうだなと。

でも、すっごく難しい。説明書きを一瞥しただけで断念するくらいに。
ハサミで細かく切るのはもちろんのこと、組み立てにピンセットも使うのですよ~。
時はひと月ほど経過しましたが、まだ立体化されることなく紙のままです。
立体化されたら、ショマ作品・鯉のぼりと一緒に写真upと思っていたのですが
どうも、立体化される日が来ないような気がモヤモヤと生じているうちに六月。ああ‥‥。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正直者めが。

先日、青森で夫が知人から魚介類をいただいたそうなのです。
そのうちのひとつが、巨大アワビ。
どれほど巨大かというと、
291cc3e6.jpg 
わざわざ、タバコの箱を並べて大きさ比べをして写真を送ってきました。
巨大アワビ2個、その他もろもろを持参して私の実家に行ったそうな。
実家の父も母も大喜びだったそうです。
それでですね、今日はアワビ祭りだよとかなんとか夫からメールがくるんです。
私がショマスズたちと夕食でちんまりと餃子をつついているときには

【ウニ・アワビ丼です。】
7950de56.jpg 
とか、

【アワビのバター焼きです。】
3ed5a22a.jpg 
とか次々と写メが届くわけです。しかも写真でかい。
これで、ママにも食べさせたかったよ! とか言葉が添えてあれば
うわ~いいな♪ アワビ祭り楽しんでください♪など、大人の対応もできたと思うのです。
でも送られてくるのはデカ写真と料理名だけ。
羨ましいだろ的な匂いをほのかに感じました。

 うわ~!!
 るんるんですね。
 せっかくのあわび、私に
 えんりょなく、楽しんで
 よる。

縦読みで返信してやろうかと思いましたが、
これでは、ばれたときに角が立つので写メには返信せずに捨て置いたのです。
そしたら、直接電話がかかってきました。
私としたことが、私としたことが…再度無視してしまいました。
そしたら、またメール。

 怒っていますか…?

不穏な空気を察したらしいです。
ここで我に返り、優しい気持ちを取り戻したので、
いやーねぇ風呂よ、風呂と一時間後くらいに返信しておきました。
アワビ祭りに参加したかったんだよ…。
さて、この日は電話とメールを無視された夫ですが
竜は毎日、夫からの電話を心待ちにしています。
受話器越しに夫の声を聞かせると、尻尾をパサパサパサと振るのです。
その姿がいじらしくって…。
ただひたすらに待つ、犬っていいな、素晴らしいなと思います。
アワビを食べられないことで、不穏な空気を醸し出した人間とは違います。 

496f2e7e.jpg 
電話をしているとそばに来てじっと待っているので 

b5347c4a.jpg 
また、受話器越しに声を聞かせてあげました。
でも電話の相手がアワビの素晴らしさを伝えてきた実家の母だったんです。
竜は尻尾を振らなくて、わりと犬も正直じゃーん!! と思いました。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜の木

ショマスズブラザーズと生活をともにするようになってから
いつも心に蘇ってくるエッセイがあります。詩人の大岡信氏の『言葉の力』という文章です。
要約して掲載とも思いましたが、
私の要約では大事なところを伝えられない気がするので、その文章を掲載しますね。
中学生の教科書に載っている文章なので、
読んだことあるよ~という方も多くいるかもしれません。

 人はよく美しい言葉、正しい言葉について語る。しかし、私たちが用いる言葉のどれをとってみても、単独にそれだけで美しいと決まっている言葉、正しいと決まっている言葉はない。ある人があるとき発した言葉がどんなに美しかったとしても、別の人がそれを用いたとき同じように美しいとは限らない。それは、言葉というものの本質が、口先だけのもの、語彙だけのものだはなくて、それを発している人間全体の世界をいやおうなしに背負ってしまうところにあるからである。人間全体が、ささやかな言葉の一つ一つに反映してしまうからである。

 京都の嵯峨に住む染織家志村ふくみさんの仕事場で話していたおり、志村さんがなんとも美しい桜色に染まった糸で織った着物を見せてくれた。そのピンクは淡いようでいて、しかも燃えるような強さを内に秘め、はなやかで、しかも深く落ち着いている色だった。その美しさは目と心を吸い込むように感じられた。

 「この色は何から取り出したんですか」
 「桜からです」

と志村さんは答えた。素人の気安さで、私はすぐに桜の花びらを煮詰めて色を取り出したものだろうと思った。実際はこれは桜の皮から取り出した色なのだった。あの黒っぽいごつごつした桜の皮からこの美しいピンクの色が取れるのだという。志村さんは続いてこう教えてくれた。この桜色は一年中どの季節でもとれるわけではない。桜の花が咲く直前のころ、山の桜の皮をもらってきて染めると、こんな上気したような、えもいわれぬ色が取り出せるのだ、と。

 私はその話を聞いて、体が一瞬ゆらぐような不思議な感じにおそわれた。春先、間もなく花となって咲き出でようとしている桜の木が、花びらだけでなく、木全体で懸命になって最上のピンクの色になろうとしている姿が、私の脳裡にゆらめいたからである。花びらのピンクは幹のピンクであり、樹皮のピンクであり、樹液のピンクであった。桜は全身で春のピンクに色づいていて、花びらはいわばそれらのピンクが、ほんの尖端だけ姿を出したものにすぎなかった。

 考えてみればこれはまさにそのとおりで、木全体の一刻も休むことのない活動の精髄が、春という時節に桜の花びらという一つの現象になるにすぎないのだった。しかしわれわれの限られた視野の中では、桜の花びらに現れ出たピンクしか見えない。たまたま志村さんのような人がそれを樹木全身の色として見せてくれると、はっと驚く。

 このようにみてくれば、これは言葉の世界での出来事と同じことではないかという気がする。言葉の一語一語は桜の花びら一枚一枚だといっていい。一見したところぜんぜん別の色をしているが、しかし、本当は全身でその花びらの色を生み出している大きな幹、それを、その一語一語の花びらが背後に背負っているのである。そういうことを念頭におきながら、言葉というものを考える必要があるのではなかろうか。そういう態度をもって言葉の中で生きていこうとするとき、一語一語のささやかな言葉の、ささやかさそのものの大きな意味が実感されてくるのではなかろうか。美しい言葉、正しい言葉というものも、そのときはじめて私たちの身近なものになるだろう。
            
              (光村図書出版『国語2』より 大岡信 『言葉の力』)


昨日、いつものようにショマを迎えに行ったのですが
顔を歪めながらバスのステップを降りてきました。
珍しいな~と思いながら、どうした? と声をかけるとしくしくしくと泣き出しました。
どうしたのと尋ねることしかできないので、もう一度問いかけると
ボク、くやしかったの。と言いました。
実際にこの「悔しい」という言葉が、ショマの気持ちにピタリと沿って、
それが言葉となって流れ出てきているものなのかはわかりません。
怒っているとか、悲しいとか、ほかの感情の動きも付随しているのかもしれません。
その言葉を出すに至った理由は、十分に言葉を尽くして伝えられない子どもです。
またね、直前の出来事に対して泣いているのかどうかもわからない子です。
ショマにとって悲しかった過去の出来事がフラッシュバックのように蘇って泣いているな、
と思うこともよくあります。
そうか、何か悔しいことがあったんだね…としか言ってあげられないもどかしさよ、ああん。 
言葉と涙の背後にあるものはこちらがあれこれ推測するしかなくて。

そういう意味では不完全な言葉ではあって
この文章になぞらえていえば、完璧な桜の花を咲かせているとは言えないのかもしれない。
スズはショマより言葉で伝える力はあるけれど、
その表面に振り回されてしまっているなぁと思うこともしばしばです。
この子たちが絞り出した言葉、また言葉に限らず行動でも、
その背後にあるものを推測する作業、
いわば幹を支える作業は私が生きている限りは続けていかなければいけないのでしょう。
その作業が一生に渡ると考えると気が遠くなってぶっ倒れそうになる~。
けれども、蓄えてきた力でショマやスズが伝えてくれるものは不完全でも尊いと思う。
この子は一生喋らないかもしれないと思っていたときは、
まず心の土台を育てましょうと励まされたものです。
心を育てるとか簡単に言うな~! と反発も覚えたものですが
この子たちの幹には私が思っているよりも強い力と美しい色が蓄えられているのかもしれない。
そう信じたいです。
すっごく見えにくいんですけどね^^;

季節外れの話題になってしまいますが、
家の近所に、ほんのわずかしか花を咲かせない桜の木があって
その木を見ると、先の文章が思い出されて、そして、ああショマスズみたいと毎年思います。
ポツリポツリと花をつける桜の木、
切られてしまわなければいいなと毎年願いながら愛でています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 12:02 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

使用感にかこつけて

カーペット洗濯の記事に、コメントありがとうございました。
そんなに汚れがひどくないときはコインランドリー使用もよさそうです。
昨晩ようやく乾き、部屋に再び敷くことが出来ました。
カーペットの復活を心待ちにしていたスズが寝た後だったので
夜更かし犬、竜さんに使用感を報告してもらおうと思います。

73ff412f.jpg 
おお ! 一部とても綺麗に復活を遂げたところがあり
竜と色味が一体化してしまいました。間違えて踏まないように気をつけなきゃ。

3bf81beb.jpg 
やや ! 肌触りを確かめようとひっくり返っている !

82dac862.jpg 
うわ ! 回転しすぎて怖い顔になっている !

977be1a5.jpg 
そして ! 敷いて数十分なのに、もう少々の汚れがついてる ! ショック !

8383cdbf.jpg 
カーペットもいい。
だがしかし ! 寝るときは犬布団がやっぱりベストチョイス !

1b29a150.jpg 
実は ! 下三枚の写真はカーペットの使用感とはほとんど関係ないのですが !

1791011d.jpg 
でも ! 昨夜の竜の耳の折れ方が可愛かったので許してください。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ああっ ! カテゴリーに関係なくなってるし。すみません、よろしくお願いします。

| 犬関連 | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日曜日の達成感

どうも小梅はお腹が弱い性質のようです。
竜とは長い付き合いですが、お腹を壊した回数は両手の指で足りるほど。
小梅と暮らすようになってから、ちり紙や雑巾を持って走り回る回数が増えたような…。

【イテテ…】
a5f7c664.jpg 

【でも、もう元気。メントレG見てるの♪】
58bde143.jpg 

【眠くなっちゃった。おやすみなさい。城島リーダーの夢見れるかな。】
8e4b1b44.jpg 
週末もお腹がピーだったのですが、幸い回復しました。
でも、土曜日の朝早く、カーペットにね粗相してしまったのですよ。
金、土とショマスズの友達のチビッ子たちが泊まりに来ていたので
子どもたちの鼻につく前に汚れた部分を拭き取り、
折り畳んで風呂場に突っ込んでおきました。
捨てるべきか、洗うべきかそこが問題だ…。
スズはカーペットがなくなった、早く敷いてと不満を漏らすし、

【↓カーペットの代わりに犬布団にくるまり中】
baa2a2b5.jpg 

【なんか落ち着かない】
fdd9b90f.jpg 
竜も落ち着かないし、すってんころりんフローリングで滑っても大変です。
でも買うのはやっぱりもったいないなぁ。
クリーニングに出すのも勇気が要るというか、ぷーんと匂うのではやっぱりなぁ。
というわけで風呂場で洗いましたよ!
小さい頃に叔母の家に遊びに行ったときに、
カーペットの洗濯を手伝ったことがあります。
近くを流れる大きな川で洗濯しました。足で踏み踏み。
それはそれは楽しい体験でした。
大きくなるまで、川が近くにない家ではどうやってカーペットを洗濯するのか
ずっと疑問でした。今も少し疑問。ああ、大きい川があったらなぁ。

家にあるのは小さい風呂だけなので、中性洗剤を薄めてかけて踏むべし踏むべし。
汚れが目立つところは洗濯ブラシでゴーシゴシ。
大変なのはここからと予測がついてます。
水気をどうやって絞るのかと。普通にねじって絞りました。腕痛いです。
これをビニール袋に入れて、バルコニーに持っていき、外で干して今日のところは終了。
明日、再度天日干しすれば、
夕方にはふかふかのカーペットで皆落ち着いて過ごせるはず。
とりあえず階段の手すりのところにかけておきました。

【ふーーーっ、達成感!!!】
c270ad31.jpg 
ところで、階段の手すりといえば、あのときのキルトはどうなったのかと
メールで尋ねられることがあります。
かなり古い日記なのに覚えていてくださる方がいるなんてありがたいです。
では、紹介します。

【ご無沙汰しておりました。アロハ~】
4cebc3a3.jpg 
あの日からひと針も入れられることなく、階段の手すりカバーのままです。
達成感あるなぁと思ってカーペットをかけていたら、隣で悲しげにしていました。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |