2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

狩りの後

私事なのですが、今年の7月に学生時代の同窓会がありました。場所は東京!
最近になって学生時代を懐かしく思うこともあり、行ってみたいな~と思いつつ
この夏はどうなるかわからない予定がひとつ控えていたので、今回は見送りました。

【おばさん、行かないで~哺乳哺乳♪】 
e8ac3870.jpg 
出席は出来なかったのですが、
今回の同窓会で幹事として奮闘してくれた友人と久々に連絡を取り合うことができました。
聞けば、陶器やガラス工芸などの作家さんをプロデュースしているとのこと。
なんかカコイイ!と思って、以来、ちょくちょくHPも覗いたりしていました。
そして、この九月、彼女がプロデュースしている人気作家さんのひとり
水野幸一さんが仙台三越で個展を開くというのでいそいそと出かけてまいりました。 

d86247b7.jpg 
こちらはメールで案内をいただいたときに添付してくれた水野さんの作品写真です。
薄くろくろを引いて作るのが特徴ということで、実際に手に持って触れてみましたが
見た目の予想に反して軽い! そして和食でも洋食でも合いそうなお皿だなぁと思いました。
開催中、二度足を運んだのですが、二度目には水野さんご本人にも会うことができました。
陶器のお話を素人の私にもわかりやすく丁寧に教えてくれました。
水野さんの柔らかなお人柄に触れることができ、
外出に対して腰の重い私ですが、ああ来てよかったなぁと心温まった秋の日。

水野さんのプロフィールはこちらです。→http://www.ironihofu.com/artist/mizuno.html

ここからいきなり話が飛びます。
今回、個展が開催されたのが三越。三越といえば私の母の聖地でもありますから
失礼があってはならないと装いも(自分的には)
少々ランクアップして出かけようと思ったのです。
きらり☆と光るお飾りのついたスカートを履いていこうかしらと。
それで家の中で身につけたのですが、真生にゃんにきらり☆を狩られました…。
狩り取られ、まではいかなかったのですが、スカートにぶら下がる真生にゃん。
真生の体調はとてもよくなってきて、
以前とは見違えるように狩りへの欲求が高まってきました。

誰ですか! 猫用お掃除ペーパーをボロにしたのは! 
a931d856.jpg 

真生だけどぉ?
 
da7a3404.jpg 
私も猫を飼うのは真生がはじめての経験なので
交際を始めたばかりの初々しい男女のように、
真生はどんなことが好きなんだい?と探りを入れる毎日です。
いつかは真生の眼鏡に叶う男に、いや飼い主になりたいと思っているのです。
長い紐が好きなことはわかりました。猫ですものね。
パーカーの紐をだらりと下げてウロウロしていると、もれなく真生ちゃんがついてくる!
ついてくるというか、ぶら下がってくる!ということは学習済みです。
光るものもお好みのようです。
ペンダントトップ、髪の毛を留めるスケルトンのクリップ、ベルトのバックル…。
身につけていると、もれなく真生ちゃんがついてきます。

猫に慣れている人の遊び方って素敵だなぁと思うのです。
友人のSさんなどもチラシを丸めたり、そのあたりに転がっているもので
真生の欲求を満たすように遊んでくれるので真生は大満足のようです。私はまだまだ。
身につけるものでしか上手く気を引けないようでは。
そして市販のおもちゃに頼ってしまうようでは。 
531be7bd.jpg 
ふふっ、見てる見てる。 

b9cb3bce.jpg 
どうですかー。くっくっ、ネズミさんがいっぱいですよ。 

b576f157.jpg  
ee839827.jpg 
高校生のときの部活の先輩が、目が合うとなぜか足で 『4』 を作ってくれたのです。
ただ素知らぬ顔で『4』とやるだけだったのが、なぜかおかしくて。
時と種族を越えて 『足4』 を見ることができ嬉しく思います。 

5dc8ec83.jpg 
私の拙い遊び方でも、満足してくれたようです。
真生はいろいろなものを現在狩っていますが、真生の名誉のために言うと
壁をバリバリしたりはしません。
写真の壁紙、人間の小さいほうの子どもの幼き頃の狩りの後です。
今後も真生の写真とともに、このような壁紙箇所が多数出てくると思うのですが
真生ではなく、そこは小さい子どもが狩ったとふと思い出してくれれば幸いです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児
ありがとうございます。よろしくお願いします。 
131043f7.jpg 
310e670d.jpg  
姉弟デュオ狩猫も現在、お母さんとお揃いのおもちゃで狩り練習中です^^

| 猫関連 | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日を重ねる

福岡で起きた事件について自分なりに感じたことを書いてみたいと思います。
この日記も長く続けてきましたが、社会で起きた出来事を題材にして
何かを書くというのはたぶんはじめてです。
子ども、母親ともに私たちとは生育歴も違う、置かれていた環境も違う。
発達障害にはいろいろな側面があります。
だから障害について困難に感じていた点も違うでしょう。
自分たちに重ね合わせるようにして考えるのは危険だと思うのですが
この事件を知って以来、思い出してはもやもやとした気持ちが襲ってきます。
もやもやとした後ろ暗いような気持ちが生じるのは
一連の報道から垣間知ることのできる母親の姿から、
過去の自分が分離して立ちのぼってくるような、
透けて見えるような気がするからなのだと、そう思います。
障害児の母親のサポートシステムの整備も論じられていますが
私は障害児の母親の感情という点で様々なことが思い出された事件でした。

何があっても子に手をかけるようなことがあってはならない、これは当たり前のこと。
ほんのわずかでも我に返って考える余裕があれば気付くはずのことです。
でも障害があっても可愛い我が子、彼をどうこうしようと思ったことは一度もない、と
私は胸を張っては言えない類の人間でした。
疎ましいと思ったことは何度もあった。
前にも少しだけ触れましたが手を離せば解放されると思ったことも何度もあった。
寝顔を見るとかわいいのです。いとおしいなと思う。頬に触れる。
同時に朝なんてこなければいいと願う。
かわいいと思う気持ちと、一日を過ごした疲弊と、
こんな面倒な障害を持った子どもとこれからもずっと一緒だという鬱陶しさ。
子がいとしいと思う気持ちと、疎ましいと思う気持ちとの両方が
支離滅裂なんだけれど、自分の中では矛盾なく存在してしまうのです。
事件になるような行動を起こさず、なんとか踏みとどまれたのは、
そんなことをしたら世間に何を言われるかという恐れ。
踏みとどまった理由さえ、子ども可愛さというより、自分可愛さ、
自己保身をはかったにすぎないのものでした。

私が幼いショマを育てていた日々、
自分の心の汚らしい、表には出したくない、人には気取られたくないという部分が
次第に剥き出しになってきて、これらの心と向き合うことを余儀なくされました。
障害者と触れ合う機会など皆無でしたが、
実家の近くに障害者の方が働いて共同生活を送るコロニーがあって
障害者の方を目にしたり、そばを通ったりした経験はありました。
気の毒だなぁ。ちょっと怖い気もするけれど、怖いなんて思ってはいけないのだ。
ジロジロ見たりしないぞ、同じ人間だもの。
そんな風に思っていて、差別とは無縁と思っていたはずの私が
実際に自分の子どもが声をあげて走り回る姿を見るのはもう嫌で嫌でたまらない。
障害児丸出しじゃないかと。
スポーツもして、勉強もして、大人になったら恋もして、人の世の苦楽を知る。
出生時に願ったそんな簡単なことすら叶わないのかと悔しくて。
そして私たちの周りにいる健常のお友達が妬ましくて。

ショマが保育所のときは統合保育児として健常のお子さんと一緒に過ごしたのですが
ショマにはサポートの先生がついていました。
その先生のほかに、クラス全体を見る先生がついています。
ショマはいつでもサポートの先生独占という状態でしたが、
クラス統括の先生とは親密に関わりがありませんでした。
年長児のときでしょうか、クラスで縄跳びが流行っていて
縄跳び記録カードというのが作られたらしいのです。
作られたらしいというのは私は知らなかったから。子どもたちが持っているのを見て、
カード入れを確認してはじめてショマの分はないことに気付きました。
皆とすべてが同じようにできるわけがないと思いながらも惨めで情けなくて、
でもどうしてウチの子のはないのですかとも先生に聞けなかった。
いっそう情けなくなるに決まっているから。
でも今思うと作ってもらっていたら、作ってもらっていたで複雑だったかもしれないです。
もしかしたら先生も作っても傷つけちゃうかしら…と配慮してくれたのかもしれないと。
配慮だったと思いたい自分がいる(笑)

少しずつ少しずつ、私が考える「人間らしさ」「人間らしい暮らし」が
ショマにぴったり当てはまるわけではないと思えるようになってきました。
私は母親ではあるけれど、ショマは私の分身ではない。
自分だけが我慢を重ねていると思っていたけれど、
ショマだって私たちの考えや暮らし方に合わせて、恐らく我慢もしながら暮らしてきている。
思考が変化してきたのは、もちろん周囲のサポートというところも大きいですが
彼らと暮らした日々の積み重ねによるものなのだと思います。
心は今ある状態にだけ留まり続けているわけではなく、
常に少しずつでも変化を繰り返すものだと思うのです。
今もし小さなお子さんの障害に悩んでいる方がいたら
ちょっぴりだけ踏ん張ってほしいと切に願います。
適当にやり過ごす日があってもいい、泣いて弱音を吐く日があっても、
子どもが疎ましく思える日があっても、子どもと過ごす月日を重ねてほしい。
上から目線でごめんなさいね。かくいう私も未だ子育ての途中、
これからも心の暗い淵を覗きこむようなときが確実にあるでしょう。
ただ、そのときに私を淵から引きずりあげてくれるのは、
かつて私が嫌でたまらなかった、この家にいる障害児たちと
醜い心と向き合った時間も、辛いことも
うれしいこともすべて詰まっている今までの日々の積み重ねではなかろうかと思うのです。

スズが入学するとき、スズ君は何組?と数人の保護者の方から聞かれました。
スズは特別支援クラスです♪と事実を伝えるのですが
そういう風には見えないのに…と言われることが多かったです。
気遣ってくれているのです。
なんと言葉をかけていいものか困惑させてしまっているようで申し訳なくも思います。
とか言いつつ「そういう風」という言葉に内包されている意味を勝手に推察してしまう私。
声をあげるようなイメージかな。顔つきかな。落ち着きがなくて? そして可哀想?
最後の言葉は私が障害者に対して持っていたイメージです。
今は、そう見えてもどう見えてもかまわないと思う。
面倒なこだわりもあって、予定にもうるさいし、意味わからないこと言うし、
腹も立って嫌だな~と思うことがいまだにあるけれど、
自分の汚い澱んだ心も知りながら、なんとか生きてきたような日々は
私にとって必要な時間だったのだと思う。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 14:03 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松島へ

スズが9月11日から12日にかけて宿泊学習へと出かけました。
行き先は日本三景のひとつ、松島です。
松島は仙台と石巻を結ぶ仙石線快速で25分ほどのところにあります。
スズの通う小学校だけでなく、市内の小学校10校が集う合同行事。
当初、10の小学校の全学年全児童が集うものだと思っていました。
11日から12日にかけて仙石線は子どもが溢れかえり、一般の人は乗るのが困難だろうと
気の毒に思っていたのですが、10校の特別支援クラス合同でした。
勝手に勘違いして、それなら一般の人も電車に乗れるわ、とひとり胸をほっと撫で下ろす。
10校の支援クラスが集うだけでも、かなりの大掛かりな行事。
この宿泊行事が毎年あるというのですから、先生も大変ですが
スケジュールを見ると、予定がぎっしり詰まっていてとっても楽しそう。

宿泊学習に行く前に授業参観と、親も交えての打ち合わせがありました。
授業参観では、一日目の予定である交歓会のリハーサルを行いました。
手順に沿って、司会をし、歌を歌って踊り。お兄さんたち、みんな立派だぁ。
でもこの日のスズは絶不調ど真ん中。
夏休み明けてすぐということもあって、気持ちの切り替えが難しかったのか
なんだかやる気なさそうにゴロゴロ。座れ!と念を送るも届かず。

スズはキャンプファイヤーでの『火の精』を担当するということで
火の精の衣装もつけてのリハーサル。このリハーサル時だけ絶好調。
衣装の形は、上着の裾が三角形のヤマヤマカットのようになっていて
さらに三角形の先端に真ん丸のぼんぼりがついた、
いわゆるピエロが着るようなデザイン。
柄は派手なのですが色が茶系。下のズボンが裾口を絞ったもんぺ型。
火の精というよりも~お爺ちゃんです。山へ柴刈りに行く爺ちゃん。

火の精の仕事は柴刈りではなく、トーチで火をもらって
組んだ木に火を灯すというものかと私は推測します。
リハーサルでは、トーチの代わりに長い棒を使ったのですが
恐らく、この火の精はお爺さんっぽいとクラスでも話題になっていたのか、
リハーサルの間、棒を杖代わりにして教室内を楽しそうに歩きまわっていました。
なんてデンジャラスな火の精。
その後の打ち合わせで、
実際のトーチは重くて杖代わりにしてはとても歩けないという話を聞き、ちょと安心。
二段ベッドの上を希望しているが大丈夫か等の細部の確認もして、当日を迎えました。
(ちなみに、スズは二段ベッドの上に寝ることに強い憧憬を抱いているのですが
 寝相が非常に悪く落下の危険があるため、
 寝たら降ろしてくださいと体育会系のお若い先生にお願いしました。)

重いよ、何キロあるの?と弱音を吐く子どもに 
87a8d1da.jpg 
                       20キロはあるな、といい加減に答える母。

20キロまではいかないまでも、翌日の着替え、予備の着替え、お風呂・洗面セット、
上靴、海遊びのときのサンダル、弁当、ジュースも入っているので、かなりの重量。
よたよた歩き、階段は上れないだろうと思い職員室まで荷物を持って連れていきました。
先輩お兄さんたちは慣れたもので、職員室で荷物を降ろしくつろいでいました。
スズ君は荷物重くて歩けるかなとお兄さんたちが気遣ってくれたのもうれしいことでした。

職員室で別れ、この日の我が家の人間はショマと私だけ。
夏休み中も兄弟二人青森に行っていたので、私ひとりだけの時間がありましたが、
ひとりだけがいない状況で、いつもの兄弟のお喋りの声が聞こえないというのは
より静けさが増すように感じられました。
なによりショマが、いつ松島から帰ってくるの?とスズの帰宅時間を何度も尋ねてきて、
スズはショマにとっても、そこにいるのが当たり前の子になったのだなと思いました。
一日目、二日目の予定表を見ながら、
今ごろはお爺さん、いや火の精登場時間だ、とか
そろそろ遊覧船に乗っているとか、松島水族館でアシカショーの時間だなど
松島へと思いを馳せて二日間は過ぎていきました。

元気に戻ってきてから、どんなことが楽しかったと聞いたら
仙石線に皆で乗ったのが楽しかったと教えてくれました。
お母さんとも乗ってみたいよ!という言葉に、うれしいこと言ってくれるネ~!
と思わず顔がほころびます。
松島を周遊する船はちょっと怖かったのだそうです。
実は帰宅後のお楽しみが私にはもうひとつありました。
今回、おこづかいとして2000円を持参したのです。
電車代など自分でお金を出し入れして使ってみることも勉強のひとつ。
スズが作った旅のしおりを見たところ、スズの字でお金を何に使うか書いてありました。
 
 【2000円の内訳(予定)】

  でんしゃ 480円  2日め おひる 650円

  のりもの代 100円  おみやげ 770円


ここで電卓を叩いてみましょう。うん、ぴったり2000円です。
のりもの代というのは松島水族館にある子ども用の乗り物かなと思います。
さらに注目していただきたいのは、「おみやげ」の箇所です。
おみやげも松島水族館付属のショップで買うのかなと予想。
770円ですから大きなものは買えなくても、はいお母さんにおみやげだよっなんて。
イルカのストラップとか? ペンギンのボールペンとか? マンボウクッキーとか?
お母さん、大事に使っちゃうor食べちゃうぞ~♪
とわっくわっくして待っていたのですが、リュックの隅から隅までガサゴソしても
お土産らしきものはついぞ発掘できませんでした。
財布に残っていたのは260円。770-260=510
510円どこに使った!? のりものだいか?
いずれ内訳はわかると思うのですが、今聞かずにはおられない。

 あのさ~お土産ってさ買ってきた?

 ないよ~。

松島や ああ松島や 松島や 母さん 土産も ほしかった。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。 

| 自閉症関連 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファースト首輪

今日もチビニャンズの話です。
『ドラえもん』放送までに急いでアップしたいので…。
それもあるけれど、単に見てもらいたくて…すみません。

チビニャンズの動きはどんどん激しくなってきました。
高いところに登ったり、狭いところに入ったり、すっと姿を消したり。
どうもかつて身近で体感したことのある動きのような…モゴモゴ。

【わーい。お兄ちゃんのうえをゆく。】 
_49678bb066db4.jpg 

【わーい。おばさんの横もゆく。】 
b20e0875.jpg 

そんなわけで、遊んでいる間だけ首輪をつけてみることにしました。 
6efa341c.jpg 
はじめてだから柔らかい首輪がいいだろうなぁと思い、いろいろ見てまわりました。
柔らかいスエードのひもで長さ調整できるように作ろうかと材料も買ってみたのですが
絶対に引っかかて取れてしまうだろうと悩む。
先日、髪の毛を束ねるシュシュのような首輪を見つけました。これなら安心。
手前のキラキラ光っているチャームは、このブログを通じて知り合った
大切な友人からの贈り物です。
首輪に慣れてきて、もう少し体が大きくなったらこのチャームもつけてあげたいです。 

7fc8af8c.jpg

452ba039.jpg   
チャームのほかに、羽根がついたおもちゃ、
シャンプータオルや爪きり、猫草、爪とぎ、竜と小梅のおもちゃと
いろいろなものをいただきました。
この遊んでいる様子が愛らしくて、いつか動画で公開と目論んでいます。
このブログに動画をあげるには、まずYou Tubeに動画を投稿しなければなりません。
今勉強中ですが、勉強が終わるまでにでっかく成長してしまっている気がします。

さて首輪ですが
【なかなか似合ってるわよ~♪】 
b3dca67c.jpg 

【うん、なかなかキマっているぞ。】 
f23a41e1.jpg 

ではアップの写真で、ファースト首輪を見てやってください。 
fa201707.jpg  
6e674038.jpg 
上が愛姫で、下が左馬介です。
愛は怖がりなところがあるので、最初は首輪に戸惑っていましたが
今日にはもう慣れてしまったようです。
左馬はすぐ慣れました。怖がりではないので竜と小梅にもやいのやいのと絡んできます。

【ウンウン、カコイイカコイイ】 
9983a448.jpg 
だんだん竜はしつこく感じてきたのか 

15d93130.jpg 
やっぱり俺にとってはお前が一番可愛いというところに着地したようです。
あっ、写真を選ぶのに時間がかかってドラえもんが始まってしまった!
ふ~まいったな~。孫への気持ちってこんな感じに近いのだろうな~。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

~世界の隙間から~

子どものことを書こうと思っていたのですが、長くなりそうな予感が。
予定を変更して短時間で見られるミニ日記を編成してみたいと思います。
題名は『~世界の隙間から~』
BGMをつけるなら ♪ちゃらっちゃっちゃ ちゃーららーとぅるぅ~♪
というのがいいな。某番組からの引用です。

【ゴミ箱の後ろの隙間から】 
27c498b0.jpg 

【お友達の腕の隙間から】 
d82bd95b.jpg 

【小梅ちり紙箱の隙間?から】 
354561fc.jpg 

【犬のおじさん・おばさんの脚の隙間から】 
9c724e80.jpg 

【ソファの後ろの隙間から】 
2b656c0f.jpg 
世界の隙間からちらりと覗く景色はチビニャンズの瞳にどのように映っているのでしょう。 

dfd64f24.jpg 
正面から堂々と見ると、盛り上がっている犬のおじさんが
怖い顔をしていることもあるのですよ。 

f94673a3.jpg 
私もケージの隙間から覗いてみました。おやすみなさい^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 13:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなただけのきみ

夫が青森に赴任して以来、青森の名産品に触れる機会が多くなりました。
自分が住んでいたとき以上に名産品に接する機会が多い。
夫自身がお土産に買ってくるものもあれば、知人からの頂き物もあります。

【お風呂あがりに麦芽サプライ】 
3e21833c.jpg 
今朝のお風呂あとの竜が抱えていますのは『恐山ビール工房』という名の地ビール。
写真のビールはヤマブドウ果汁もブレンドされたフルーツビール。
すごいぞ恐山。ベルギーのよう。
ラベルの文字が恐怖字体になっているのも、霊場恐山を想起させてようございます。
フルーツビールではない、通常のビールはすでに飲み干したのですが
(竜ではなく私が)
酵母が浮遊し白っぽく濁っていて、なかなか濃厚な味でした。 

7779f876.jpg 
上の写真に収められている名産品はすべていただいたものです。
りんごジュース、株式会社中村亀吉の吟醸酒『亀吉』、田子町のにんにく、そして梅干し。
ジュース、亀吉さん、にんにくまではわかるのですが
梅干しって青森の名産品だったかしら…と思っていたら… 
c6a8300e.jpg 
食べきった後に使えるらしい容器の模様がアップルでした。
容器を包んでいたビニールには 『もう梅ーよ!!』 と駄洒落入り。楽しいです。

先日は 『嶽(だけ)のきみ』 をいただきました。
青森ではトウモロコシのことを『きみ』といいます。
岩木山麓にある嶽高原の『きみ』は甘くて有名で、
県人なら皆知っているだろうと思われます。 
6bd92fcf.jpg 
こちらが『嶽のきみ』12本が入っていた箱です。
なんと!  『あなた嶽のきみ』 とスパイスの効いた、
それでいて奥様の心をとろけさせるような甘い駄洒落が明記!
されていて、最初気が付かなかったのですが、気付いたときに少々脱力してしまいました。
あなただけの君とかいってさ、全国各地の奥様に同じこと囁いているのだろ!とも思います。
名産品嶽に。 

b2c79a43.jpg 
『嶽のきみ』はさすが有名名産品、甘くて歯ごたえしゃりしゃり美味しかったです。
この季節ならではの味に皆で舌鼓を打ちました。ぽーん。

【中身がなくなった後も箱大人気】 
0a003b6f.jpg 
青森名産とは少し話が離れてしまうのですが、
スズのクラスの菜園も収穫期を迎えています。
もっとも、夏野菜が中心の畑だったので一番の収穫期は夏休み中だったようです。
夏休みに入る前に、先生がもったいないなぁと心配していました。
え~もったいないから休みでも取りに行きたいなぁと冗談で言ってみたところ
よかったら取りにいらしてくださいと言われました。
鋏を持って学校の菜園に現れ、野菜をもぎ取っていく女―
もったいないと思えどさすがに出来ませんでした。
夏休み中の収穫は叶いませんでしたが、
夏休み明けにランドセルに入れてスズが野菜を持ってきてくれるようになりました。

茄子がお気に入りで、
ボクが育てた野菜を食べると元気になるよ! 
炒め物の茄子だと元気になるよ!と言われ、週何回か麻婆茄子をいただきました。
焼き茄子や、お漬物では元気にならないらしいです。
ボクが食べられないからだいうわかりやすい理由で…。
スズが野菜の収穫をとても喜んでいるという話を先生に伝えたら
働いて収穫する、成果を得る喜びを身につけられたというのは
ある意味、教科学習以上に大切なことだと一緒に喜んでくださいました。 
b370d276.jpg 
ここ最近はトウモロコシが収穫の時期に。
何本か持ってきてくれたのですが、とっても小さなトウモロコシがひとつ混ざっていました。
かわいらしいサイズ。
ふふふ、小さくてヤングコーンみたいだぞ。
八宝菜にでも入れたらいいかなと思っていました。 

f4a2a1f1.jpg 
うーん、ヤングコーンの姿でもなく、トウモロコシというには寂しいけれど
持ち帰った数本のトウモロコシと一緒に茹でて数粒いただきました。
息子が作った野菜ですから元気になりました。なったはずです!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 料理・食べ物 | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンデレラ気分で未来日記

先ほどの夕食では予想通り、なんで刺身? と聞かれました。気分です。
今晩は時間を少し進めて明日の分の日記を書いてしまいます。
理由は後ほど…。

さて先日、知人のお宅でトイプードルちゃんが五匹生まれたというので見にいきました。 
bd0ee8f7.jpg 
お盆生まれということでしたので、まだ生後一ヶ月にも満たないチビちゃんたち。 

f585ca3c.jpg 
五匹ですから、お母さん大忙しです。
懐かしい。ついこの間まで 

116145ae.jpg  
f2c7feb4.jpg 
小梅も子育てに奮闘していたなぁ。
懐かしいというのも、、日増しに動きが激しくなってきたチビニャンズたち
小梅おばさんの手に負えなくなってきました。

【ゴミ箱の上から~2008・初秋】 
57883755.jpg 
掃き溜めの中に落ちるか落ちないか、このスリル! 

a4735d7d.jpg 
頑張れ! 布で覆われたカラーボックスの中には
土井先生の写真集がみっしり入っているぞ!! 

cdb5f932.jpg  
とぉっても高いところ(100均ケージの頂上)にいるけれど
左馬は降りられるのかな~? (この後降りられず鳴きました。)
猫らしさがどんどん増してきて、愛は狭いところが、左馬は高いところがお気に入りのよう。
私は目で見て、おうおう猫らしく成長しているな~とわかるのですが
小梅は戸惑っているようです。

【おかしいわ…動いている…。】 
590b7796.jpg 
自分の周りをちょろちょろと動き回るチビニャンズに困惑。 

b2547fd0.jpg 
それでも世話しなければ…と思うのかお尻をしつこく日々舐め続けています。
今度はチビニャンズたちが困惑です。 

94da16e0.jpg 
犬のおじちゃんの大きな影にも驚く。 

e428f237.jpg 
しまいには狭いところに入り込んで小梅の様子を窺う愛。
お母さんを恋しがるかな、小梅が代わりになるかなと思っていたのですが
どうも毛と毛の温もりは姉弟間の交わりで足りてしまっている模様です。
不器用なりに一生懸命な小梅がなんだかかわいそうで、
もう少しの間だけでも甘えてあげてくだしゃんせと思うのでした。
一生懸命舐めてあげているときに、
お揚げのような耳を猫パンチされているのも…ああ不憫。
確かにゆらゆらしてラブの耳はそそるよニャ。

今、10日の23時30分になりました。間に合ったかな。
あまりにもパソコンの接続状況が悪いので、やっとこさ光の導入に踏み切りました。
プロバイダーのADSL料金の〆日の関係で、使えるのが今日の0時まで。
土曜日までネットが使えません。そんな理由で内職も休み。
使えないとなると寂しいもので、未来の日記を書いてみました。
もうすぐ0時。なんだかシンデレラみたいでドキドキ。
だがしかし、接続料金を日割り計算にしてくれよ~とも思うのです。
王子様が今後来る予定がない身としては、内職の収入が減るのは厳しい…。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 猫関連 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんでどうして

もうずいぶん前に日記に留めておこうと思ってボツになっていた話題です。
昨年の秋ごろから、今年の春にかけて、スズは多くの疑問を口にするようになりました。
問われる私にとっては質問と変化するこの疑問、答えるのがけっこう難しかったのです。 
fbd206b1.jpg 
疑問を投げかけられていたのは私だけではなく
この写真を撮ったとき、ツチノコはどこにいるのか? と問われていた小梅嬢。
どこにいるんだろうねぇ。竜と小梅が見つけてきてくれたらすごいねぇ。
一体ツチノコってどこで覚えてきたのだろうねぇ。私が聞きたい。

このほかに当時印象的だった質問があります。
床屋の看板はなぜ赤・青・白なのか?
これはなかなかポピュラーな質問ではないでしょうか。
確か~赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表現しているのだ!
それがどうして床屋の看板になっているのかは詳しく調べないとわからぬが!
でも、どうわかりやすく伝えるのかと迷っているうちに新たな質問が私に畳み掛けられました。
床屋の看板は回っているのに、どうして他の店の看板は回らないのか?
………。なんで回っていないんだろう。

そのほか、またまたポピュラーなところで
月はどうして大きくなったり小さくなったりするのか?
う、うーん。咄嗟に聞かれるとなんと答えていいか難しいな。
月の中のウサギさんが食べちゃったのかな? だめだだめだ、こんなファンタジー。
以前に雷はどうしてゴロゴロいうのかと聞かれ、
雷様がおへそ食べちゃうよ~って言ってるのかもと教えて以来、本気で怖がっています。
自分はおへそを洋服で隠すからいいのだけど、お腹が丸見えの小梅は危ないのだそう。
なるべく事実をわかりやすく教えてあげたい、でも咄嗟には答えられない。
という悩みが生じ、スズの病院の先生に相談しました。

答えはお母さんはわからないって言ってもいいんですよ、でした。
えーいいのかー。いいのか?
ちょっと難しい質問は後で調べてみようって誘うのもいいかもと。
調べて理解できるかはさておき、
スズの場合は理論的に答えてもらって、知りたいというタイプだから
調べることで納得できるかも…ということでした。
その後しばらくは、お母さんはわからないわからないばかり言うよ!!
とスズから非難ゴーゴーゴーの母。ふ、ごめんよ理論的じゃなくて。

さて、夏休みに入ったくらいから、ショマにも
なんで、どうしてという質問ブームが訪れました。
夏休み明けの先生からの連絡帳にも

 「どうして?」「なんで?」が多くなってきました。
 納得して物事を受け入れたいという気持ちが出てきたのでしょうか?


とありました。なるほど~。
ショマは与えられた環境に適合しやすいというか
なんでも疑問をはさまずに受け入れるタイプです。
小さなときは多動や奇声で悩まされてもきましたが、
気が付いたら穏やかないつもニコニコしている子になっていました。
昨日はスズの学校の参観にショマも連れていったのですが
先生にスズ君とはまったくタイプが違うね~と言われました。
親としては楽です。(家では)気の強い弟を立てて譲るので喧嘩になることもない。
楽だからいいというわけでもなく、本当に君はそれでいいのか、納得しているのか?
と思う場面も多々あります。
どうして、なんでという疑問を表出させてくる―
流されていくだけでなく、ショマがある程度の主体性も持って決めるということにもつながる、
このことはショマの今後の変化に通じてくるのではと思いました。

ただ、まだ理論的に考えることが必要とされる質問ではなく
これやってみようか? という提示に対して、どうして、なんで?というかわいらしいもの。
そして、先日はこんな疑問もありました。
じゃがいもや人参の皮を剥いて【今晩は肉じゃが!】と決めた母に対して
どうして肉じゃが? なんでカレーじゃないの?
という疑問。カレーにしてほしいという主体性を秘めた疑問でしょうか。
えーとお母さんは肉じゃがにしたい気分なのです、と答えるしか…。
一見単純な質問であっても、答えるのはけっこう難しいものです。

最後に…かつてのスズの疑問に今答えておきたいです。

【小梅隊長は見た! キッチンの奥地にツチノコに似た生き物が!】 
_49678be1ab2c0.jpg 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。
今晩はサンマの刺身。塩焼きより刺身の気分だから♪

| 自閉症関連 | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

修行猫

チビニャンズの誕生で、お母さん猫の真生の出番が減ってしまいましたが
大変元気に過ごしています。
登場が少ないのは二階の部屋がほんのり散らかっていて…という内部事情も。
いやいや写真を撮って余計なものが写っているのはなかなかに恥ずかしいものです。
トリミングでも追いつかないよ!という事情は置いといて、元気です。 

233e23f7.jpg 
家に来てから10日目ほどの6月28日の写真です。
はじめてホームセンターで買った猫じゃらし。
見向きもしてくれませんでした。
真生の体はこの頃、体力を取り戻そうとしていたのだと思います。
最近はこの家に慣れてきたのかよく遊ぶようになってきました。
遊ぶようになってきたのが、妊娠後半期の7月中旬くらいから。
安静に過ごしてくれいと思っている時期にスズとよく遊んでいました。

【お腹が張らない程度の運動を。】 
b0007db6.jpg 
試しに買ってみた、見た目ド派手な、
真生にも似通った雰囲気のこのおもちゃがお気に入り。

7月のはじめにインターフェロンを集中的に投与するFeLVの集中治療を受けました。
ウィルスに感染して四ヶ月以内なら、もしかして陰性に転化する可能性がある、
その可能性に賭けた治療です。
実際は陰性への転化は難しいと、素人予想ですがそう思っています。
それでも、今後ウィルスを暴れさせずに暮らしていくための一助になれば、
またウィルスを抑えて出産させることができればと考えました。
8月の終わりに集中治療の2クール目を行いましたが、とても調子がよいように思います。
喉元にリンパ節の腫れがあったのですが、
私が手で触ってもわかるくらいに腫れが小さくなりました。
また、ひどい口内炎に苦しめられていたのですが、何本か歯が抜け落ちました。
猫は歯がなくてもその状態に適応できるそうで、むしろ自然に抜けることによって
口内の炎症が今後抑えられていくだろうということでした。
アクビをするときに口の中をさっと覗くのですが、
口内の赤みも落ち着いてきたように感じます。

治療もよく頑張り、微動だにせずに静脈注射を受け入れる真生の姿に
治療が少しでも効果をあげられるようにと願わずにはいられませんでした。
子猫も可愛い、にも増して真生は私にとっていとおしい存在になりました。
賢くて、しなやかで優しい…とあまり褒めすぎるのも…。
褒めて褒めて褒め倒してあげたいくらいなのですが、
こっちを立てすぎるとあっちが立たなくなるので、こういうことを書くのも難しいですね。 
fda602db.jpg 
高く跳んで遊んでいる写真を載せたかったのですが
全然顔が写っていなかったり、動きのある写真は難しい…。動きがなくてもむずいのに。
遊び上手の猫の様子を見るのも楽しみになりました。
昨夜はショマスズの枕元に横たわって、ミニカーを肉球にのせて弄んでいました。
おもちゃではないものからでも遊びを生み出す能力。
洗濯を干していると足元で遊んでいるのですが、
横着で捨てていなかった壊れた洗濯干しが好きなことがわかりました。
どうせ放置していたものです。真生に譲ることにしました。

【心頭滅却すれば火もまた涼し】 
6e0dcb97.jpg 
遊びというより修行のようになっているのを見るのもまた楽しいものです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。ちょっぴり続き。
孫バカからだと思って見ていただけると嬉しいです。

【今日の愛姫】 
1a62cb3f.jpg 

【今日の左馬介】 
8190e0cb.jpg 
毎日ミニマオにめろめろしていて、
そのうち溶けてスライムになってしまったら どうしようと思うばぁちゃん、
それは私。とろん。

| 猫関連 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暴れ竜

ずっとスズが憧れていたことがありました。それが屋外でのバーベーキュー。
ひそかに私も憧れていました。
子どもたちの現在の状態と照らし合わせてみますと
自然がいっぱいの屋外で実施するのももう大丈夫のような、
いや、BBQ奉行と化している間に誰かいなくなるかも…と不安なような。
という事情を『丸芭呂具。』の沢さんに打ち明けたところ、
ウチの庭でやりましょう!と言ってくださいました。
沢さんのお宅の庭は四方が塀で囲まれていて脱走の心配はないし、なにより広い!!
いいのれすか。では行く行く~♪

と決めたものの、スズにも何かと家で予定があるようで
ようやく開催できたのが、学校が始まる二日前の8月24日、日曜日でした。
竜ちゃんと小梅ちゃんも連れてきて~という言葉にも甘え、
さらに友人のSさん家族とみかんちゃんもお誘いしました。
ただ週間天気予報で見るとこの日は雨の予定。
いざ当日になってみるとどしゃ降りもどしゃ降り。さらに気温が低い。
絶好のバーベキュー日和と怖いくらいに対をなす日を選んでしまうとは!!

【こんな日にBBQとは酔狂にも程があるニャ。】 
254f26d1.jpg 
布団で丸まっている真生に留守番をお願いして。 

6dbb463a.jpg 
真生母さんの代わりにまだミルクを飲んでいたチビニャンズは同行。
大雨の中、前日にたくさん作っておいた豚汁とサラダと
子どもたちと小梅とチビニャンズを車に乗せ…。
もちろん竜も乗せたのですが、足腰の衰えが進んでいて私一人で車に乗せるのがひと苦労。
いよいよスロープ買わなきゃいけないな~なんてしんみりしながら出発。

集まったのが人間が8人、ラブ4頭、柴1頭、
猫が沢さんの愛猫スーさん、さらにチビニャンズの三匹でしたので
室内ぎゅうぎゅうで、犬たちが落ち着くまで大混乱を極めました。
(混乱の様子は沢さんのブログでも読めます。ソフトに書いてくれています…。)
雨だったので室内でという話だったのですが、
室内から続くウッドデッキにバーベーキューコンロを出して、たいそう本格的なのです。
雨だからホットプレート焼肉だろうと想像していたのに嬉しい裏切り。

【お手伝いすることはないですか~?】 
a150bbb3.jpg  
854fb413.jpg 
食べ物あるところに必ず竜の影あり。 

c19fa14a.jpg 
スズは食材の運び係りを担当しました。
じゃがいもを丸ごとアルミホイルで包むお手伝いも子どもたちにお願いしました。
沢さんの旦那様が炭火をおこして焼き係りを担当してくれて
私たちは焼きあがったものをひたすらひたすら食べる、の繰り返しでした。
おいしかった~。バラ肉を焼いたものがおいしかった。
子どもたちにはじゃがいも丸ごと焼きとソーセージが人気でした。
竜と小梅は鶏肉ととうもろこしをご馳走になりました。 

0dec028e.jpg 
かなり無理やりだけど、全員集めてやった!!
と犬ハーレムに大喜びしながらのバーベキュー。
この日一番張り切っていたのは、バーベキュー実施を切望していたスズではなく竜でした。
車にひとりで乗れなくて出発が遅れそう…など沢さんにしんみり連絡した私の立場は。
写真で座っているソファを動かしてキッチンへの仕切りにしたのですが
このソファをバーンとジャンプ一発飛び越えて、
ゴゴ君とクーちゃんのフードパッカーを開けようとして
竜の食べ物への執着の凄まじさを改めて見せ付けてしまいました。
沢さんの旦那様は物静かな方なのですが
竜と見つめあうと、竜がオウオウアワワと旦那様に向かって話し出すのです。
たぶん、沢さんの旦那様ムツゴロウです。
何話してたんですかと聞いてみたのですが、それは秘密だそう。キニナル。
日ごろ、一家を束ねるのにどんなに苦労しているかとかそういうことでしょうか。

子どもたちも長い時間過ごすのは持たないかな~と思っていたのですが
すごく楽しんでくれて、また是非にやりましょう(沢さんの庭でそして晴れた日に)!と
私は勝手に心に決めました。
帰りも、やはり竜は車にひとりで乗れずムツゴロウさんに手伝ってもらいました。
ソファを飛び越えるほうが危ないのに…。

【次回のために体力温存しとく。】 
cebb7d49.jpg 
ほどほどにお願い^^;

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100円均一ケージ

今日、またチビニャンズが引越ししたので
予定を変更して引越しの様子を先に書いておこうと思います。
先日、ニューサークルに引越したばかりなのですが
出入り口の隙間から脱走を図るようになってしまいました。
首を突っ込んでぐいぐいと頑張っていて危ないので
隙間の小さいネットでケージを作ってみようと決意。
100円ショップで売られているワイヤーネットをつないで
子猫用ケージを作れることを知りました。
昨日材料を買いに走り製作しました。完成品を見てやってください。 

038b8831.jpg 
一体何に使えるのかよくわからない自分の才能が怖い。

                   お、また引越し。いいねぇ~。 
9fffb1d9.jpg 
      おじさんが入ったら一瞬で崩れるよ♪

愛です。 
c2c1fe56.jpg  
2d75d2df.jpg 

左馬です。 
5e3356ba.jpg 
ネット越しに接近してくるおばさんを見つめています。
引越しばかりで申し訳ないねぇ。住み心地はいかがなものでしょう。 

c5a0b7ae.jpg 
ついほんの今まで遊んでいたかと思うと一瞬で寝てしまいます。
赤ちゃんって…かわいいなぁ。

今回のケージ製作ではワイヤーネット用のジョイントも使ってみたのですが
かえってグラグラしてしまって危ないので、結束バンドでつなぎました。
強度が欲しいところはネットを二重にしています。
材料費は3000円くらいでしょうか。
ジョイントなど使わなかった部品も入っているので少し高くなっていますが
長さを図ったり計画的に設計をしてから必要な材料を買えば、もっと抑えられると思います。
掃除ができるように開閉口を設けていますが、そこだけ洗濯バサミ止め。
留守番中や目が離せないときは当面ここでしのげたら、と思います。 
10c10cea.jpg 
市販の完成品を買ったほうが早いという日が一瞬で訪れる気が…。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 猫関連 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃とホットケーキ

今年も夏休みが終わってしまいました。
ショマとスズは先週の火曜日から再び学校に通い出しました。
ショマの学校は三学期制のため、二学期がスタート、
スズの学校は二学期制のため一学期後半がスタートです。
どうも二学期制というのは慣れないなぁ。10月に秋休みというものが入るのです。贅沢な。
スズの連絡帳に、どうぞ二学期もよろしく~と勢いよく書いてしまいました。
先生から一学期後半もよろしく~と返事が来てはじめて
二学期制だったということを思い出しました。恥ずかしい。

【沢さんにいだかれたというか握られたボクのあの夏の日】 
cdfa4196.jpg 
今年の夏休みはチビニャンズたちの成長を見守るのが中心になってしまい
仙台にいる間のショマやスズの娯楽は近所のスーパーやホームセンターに行くくらい。
お母さんは赤ちゃんを頑張って大きくしてと言ってくれた
子どもたちの言葉にすっかり甘えた形になってしまいました。
大きくなってきたよ。走ってるよ。成長早すぎるよ…ちょい寂しい。

その日々の中でも少しだけ家で出来た小さな娯楽。
ショマの夏休み帳の中に、この夏パフェを作ってみよう!というプリントがありました。
生クリームを絞ったり、フルーツを切って飾ったりといかにも楽しそうなのですが
パフェを入れる器って…ウチにないわ…。
パフェ作りは器を入手してからということで、今すぐできるホットケーキ作りに変更変更。 
90361095.jpg 
この春、lottaさんから頂戴したパティシエセットで混ぜ混ぜ。
パティシエセット、実はチビニャンズのミルク作りに大変重宝しました。
ありがとうございます。 
1b44f37b.jpg 
混ぜて混ぜて。 
a168fc5c.jpg 
焼くべし。焼くべし。
写真でのショマの登場は久しぶりのように思います。
心なしかたくましくなっているような。
ホットケーキを焼くのも上手になりました。
どれくらい生地を入れようかなと配分を考えて慎重にやっているというか。

【でも雪だるまになっちゃうんだけど。】 
b33dfc7e.jpg 
ホットケーキ話からは離れてしまいますが
学校の先生からうかがったところによると、ショマは草取りがとても上手いらしいのです。
学校の畑の草取りを丁寧にやってくれると褒めてもらいました。
よーし、それでは家の庭の草取りにもチャレンジしてもらうかなと思っていたのですが…。
この夏なんと一度も草取りをしなかったので、草ボーボーの荒野すぎて
子どもに分け入ってもらうにはあまりに不憫すぎる状態でした。無念。
ホットケーキ作りも草取りも日常の些細なことですが
どんなことでも一生懸命丁寧にやろうという心持ちが窺えるというのは喜ばしいことです。
一度も草取りをしていない人間が言うことでもないような…。 

4be83325.jpg 
雪だるまホットケーキを分割して試食。
ホットケーキとともに『Naoise’s room』のyuccaさんから頂戴した桃も食べました~。
(※yuccaさん、靴下を履いたとっても可愛い子猫ちゃんを現在保護されてます♪)
この桃のんまぁ立派なこと!! yuccaさんありがとうございました。
yuccaさんは各種フルーツの名産地にお住まいということで桃の大きさに圧倒されました。 
b2fa2c04.jpg 
今見ても艶やかな美しさ。
続きはちょっぴり恥ずかしさがあるので別枠で続けますね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。
次回は夏休みの思い出BBQの予定です^^。

≫ Read More

| 料理・食べ物 | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |