2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今年もありがとうございました。

今年も残すところわずかとなりました。
毎年経験していることなのに、
ゆく年を見送る数時間前というのはわずかに寂しい気持ちになります。
皆様はどのような年末を過ごしておられるでしょうか。

DPP_3179-1.jpg 
竜ちゃんは西川史子先生のお色気シーンがあると聞いて
映画 『特命係長・只野仁』 を座って鑑賞することにしたようです。
うちの父みたいです…。
DPP_3194-2_1.jpg 
竜ちゃん、下、下~! 
テレビにも現実の世界にもお色気たっぷりの方が現れてよかったね。

DPP_3442.jpg 
小梅は昨夜遅くまで私の映画鑑賞に付き合ってくれました。
ただ…どうして私が床に転がっていて、キミ達がソファなのかと。。

DPP_2948.jpg 
DPP_2981.jpg 
こちらの方たちは引き出し入り納めを済ませました。
ええ、また探し物をしていて引き出しをひっくり返している隙に…。

     DPP_3474-1.jpg
前回の日記では真生に温かいコメントありがとうございました。
調子も戻ってきて、今晩は大好きなマグロを食べさせることができそうです。

     DPP_3271-1.jpg
    今年一年の感謝を込めて、
    とっても眠いらしいのですが、たずねてきてくださった皆様へ
    来る年に向けての挨拶を竜太からさせていただきたいと思います。

子どもたちも元気に過ごしています。
一昨日はリンクをいただいている 『晴れ ときどき 涙雲』 の
cranberry さんとお子様たちと大変楽しい時間を過ごすことができました。
本当に楽しくて、そのときの様子はまた年明けにじっくりと記したいと思います^^
cranberry さんからは、たくさんのお土産をいただきました。
たくさんのお土産の中に、弟さんのお店である三陸おさかな倶楽部からの
お正月に嬉しい昆布巻きと、お魚のどんこが!!
今年最後の昼食は家族みんなで贅沢にどんこ鍋!!

このブログも来年の1月で5年目に入ります。
まだ小さかったショマも小学校を卒業する年になり、
スズは小学校に入学して新しい歩みを始めました。
長く続けていると、内容も似通ってきて、
わざわざ見にきてくださる方には
ただ日常生活を記しているだけでは面白くないかなと思うところもあります。
それでも、日常を変わりなく過ごすことができて
今日もみんなで食卓を囲んで1年を終えられること、
そして読んでくださる方、ずっと温かなコメントを入れてくださる方、
今年はじめてお知り合いになって言葉を交わすことができた方、
様々なことと、すべての方に感謝の気持ちを捧げたい12月31日です^^

どんこ鍋を食べながら
魚の中にある鯛の鯛、縁起ものですから探してみました。

    つまり食べた後のもので申し訳ない 
おお、鯛の鯛というよりはユニコーンのようだ。
無理すれば見つめ合う竜と小梅に見え…なくも、いや見えないか^^;
皆様、よいお年をお迎えください。

   バナー105  バナー106
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。
  さあっ、これから 我が 【小梅庵】 にて
  年越しそばの天ぷら揚げ係です! &鴨なんつゆ係にも任命されました。

| 未分類 | 16:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それは偶然かもしれないけれど

DPP_2815-1_1.jpg 
DPP_2819-1.jpg 
先週の土曜日、下北に住む叔父からたくさんのホタテが届きました。
毎年恒例!
親戚みんなに送っているので負担をかけて申し訳ないなぁと思いながらも
冬の味を堪能しました。

DPP_2821.jpg 
まだ生きていて口をパクパクさせているので
小梅の前に出してうりゃうりゃとからかっていたら
DPP_2823-1.jpg 
ホタテ、飛び付きの攻撃を受ける。

DPP_2828-1.jpg 
土曜の夜に夫が戻ってくる予定だったので
みんなで食べるまで我慢せねばと思いながらも、我慢しきれず
お昼に数枚お刺身にしました。
DPP_2851.jpg 
まな板の上から失礼します。
白く透き通る滑らかな質感のホタテ嬢。
テーブルの上で写真に収めようと思ったのに
DPP_2834.jpg 
先客が待ち構えていました。
こらっ真生ちゃん、お行儀悪いっ。でもいい匂いがするもんね。
後からやってきたお客様もいましたが
DPP_2840-1.jpg 
先客の権限により、テーブルより落とされてしまう。醜い。醜い争いだ…。
ホタテにはタウリンが多く含まれているといいます。
貝柱を茹でて、ネコーズの皆さんに少しのおすそわけ。
タウリンパワーで元気いっぱい!

と話が終われればよかったのですが
月曜日の明け方にまた真生の発作が起きてしまいました。
DPP_2769.jpg 
前回もそうでしたが、うとうと眠っていて
熟睡しかける状態のときに起きたようです。
よだれで体が濡れてしまったので、タオルでくるんで拭き取りました。
本猫も どうして体が濡れているのかしら?? と不思議そうな様子で必死に毛繕い。

先日の新聞に
「視力を失った愛犬」という読者投稿が載っていました。
愛犬のラブラドールレトリバーが原因不明で突然に視力を失ったという話です。
その前に飼い主の女性が目の手術をしていて
自分が快適な視力を得たのと引き換えに
愛犬が視力を失ったのではないかという話が続いていました。

私の母は幼いころから心臓に病を抱えていて
私が小さいころに手術を行いました。
ペースメーカーのお陰で、現在はほどよく体調も安定して
バリバリと掃除をこなす毎日です。(その前から掃除はバリバリでしたが…。)
母の心臓の調子が悪くなると、
続くように当時飼っていた犬の心臓の調子が悪くなり、
さらに続いて母の体調は安定するということが何度かあったと記憶しています。
子ども心に不思議に思い、母にも不思議だねと言ってみたことがあります。
母は私から見ると不思議現象を多く体験しているように思うのですが
まっったく不思議現象を信じない人なので
そんなことがあるか! と言われて終わりでした。

もっとショマが小さいときに
小学校に入るとき、中学校に入るときなど、学齢期の節目節目で
痙攣性の発作を起こすことがあるかもしれないから
その時期は注意して見ていてくださいねと言われたことがあります。
先日、病院で脳波検査の話を先生に相談したのは
発作について気がかりがあったからでした。
小学校時代を通して発作は起きることがなく
今のところ 、所見では気になる体の揺れや眼振はなく
思春期も乗り切れるかもしれないと言われました。
思春期は体の変化も大きく、先のことはまだわかりませんが―。

なんで今急に、真生に痙攣発作なんだろう…と少し思うのです。
前述の女性は、愛犬と自分の視力についての話を周囲にしたら
単なる偶然、と一笑に付されたそうですが
けれども人生はどこかでつじつまが合うように出来ているのかもしれないとも
女性は綴っていました。 
そう、愛犬の話も単なる偶然で、つじつま合わせじゃないかなぁ。。
私も母と同じく不思議な話は信じないほうなのです。
ただ、頭ではそんな話はないよな…と思うのだけれど、
真生にゃごめんね、ありがとうと思う自分もいるのです。

   バナー105  バナー106
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。
  視力を失ったラブちゃん、当初は戸惑っていた様子だったのが
  今は以前と変わらず飼い主さんとの生活を楽しんでいるそうです^^

| 猫関連 | 11:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねこきょうだい、病院へ

昨日は愛姫と左馬介の予防接種に行ってきました。
左馬介が先月風邪気味で日程を延ばしていました。
きょうだいの対照的な性格がよくわかる接種となりました。

DPP_2510-1.jpg 
知らない場所や人にも興味津々の左馬介から打ってもらいました。
穏やかな子だねぇ~と言われながら2本ブスッ。終了。
外で待っていた夫に、ぼーっとしていて左馬介偉かったよ!と報告したら
それは褒めているのかどうかわからん…と言われてしまった。
体重は3.7㎏。

キャリーという名の輿 
さあ、こちらのお姫は気合を入れていかなければならないので後から(笑)
キャリーに爪をひっかけたまま動かないので
先生と看護師さんと一緒にそうっとキャリーをまわしながら、
引っかかりを外しながら、キャリーから出して診察台の上へ。
猫ならこういう場合がたくさんあるのかもしれませんが、
先生やっほぅーの竜と小梅の姿を見慣れているので、私おろおろするばかりで
めごちゃん、大丈夫大丈夫よ! 痛くないよ! と
少々の嘘も混ぜて励ますことしかできません。
抱っこしたまま、注射してもらい終了でした。
しがみついたままだったので、残念、今回は体重は量れませんでした。

まあ、雄と雌で性格に違いはあるけれども
めごちゃんは相当な怖がりだねぇ、
お母さんは社交的なんだけれど、そこは似なかったんだねぇと
先生に言われた愛姫。
DPP_2502-1.jpg 
家に最初にやってきたときと違って
最近はあ、あんまり真生も社交的じゃないんですけれど…
診察台にだけは堂々とのぼるので、先生にはそんな印象があるのかもしれません。
めごちゃんは家でもこんなに怖がり?と先生に訊ねられました。

~家では~
DPP_2867-1.jpg 
DPP_2880-1.jpg DPP_2881-1.jpg
左馬介の仙台弁 
DPP_2942-1.jpg 
弟には強い態度で臨んでいるようだ。

       DPP_2720-1.jpg  

 DPP_2747-1.jpg 
今の季節は特に密着度が増しているのですが
いつも一緒に行動していることが多いので
左馬介とべったりのことが多いかな~と先生に伝えたところ、
弟を頼りにしているんだと思うよと言われて、
真生とともに保護者を自負しているおばさんとしてはとっても嬉しかった。

愛姫と左馬介を家に残すかどうか迷っていたとき、
愛姫には里親さんになりたいと望んでくれる方がいました。
これ以上ないとてもいいお話だったのですが、
結局、きょうだいを離したくないと夫が考えて、家に残ることになりました。
まだ感染のリスクが残る家で
それでよかったのかと自問自答してしまうところもありながら、
夫がそう言ってくれて、一緒にいられるとほっとしたところもありました。

真生が陰転したことで、自問自答はなくなったけれども、もしそうじゃなかったら? 
ずっとこれでよかったのかと迷っていただろうと思います。
今回のワクチンは3種で済むかなとほのかに期待してもいたのですが
白血病ウイルスのワクチンは今後も継続して打つことになりました。
まず生後1年が山場で、そこは乗り切ったけれど
母親(真生)の出産時の状況と、
ウイルスが表には出ない形で潜むことも稀にあることを考えれば
リスクが大きい子たちであることには変わりないと考えたほうがよいと。
まだリスクがあるのかと少しショックではあったけれど
同じ星のもとに生まれたきょうだいふたり、
しっかり守っていきたいと改めて思いました。

~再び家での様子に戻りまして~
DPP_2793.jpg 
DPP_2449.jpg  
ねこきょうだいはスズのことが大好き。
スズは怖がりな愛姫が最も嫌がりそうな資質を備えているようであるのに。
なぜなんだ!! 羨ましい!! と夫と私の羨望の眼差しをスズは一身に受けています。
竜と小梅は小さなスズのお世話係という雰囲気ですが
ねこきょうだいは小さなお友達同士という感じです。
それがスズにはとっても嬉しくて嬉しくて、
ねこきょうだいに好かれているんだという自信が溢れています。
そして、今仲良くしているからお母さん見て! 今見て! と
必死にアピールしてきます。

DPP_2387.jpg  
今見てびっくり。
仲良しぶりよりも白い所に目がいってしまいます。
軽く鼻風邪にかかっていました。
皆様もご自愛くださいませね。

   バナー105  バナー106
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_2930-1.jpg 
ねぇ、増えてるよねぇ。

※ 里親を募集していた猫のしーちゃん、
  ここでもバナーを貼らせてもらったのですが
  保護主のSatouさんのお宅で現在暮らしているそうなので
  バナーを外すことにしました。見てくださった方ありがとうございました。
  しーちゃん、体調が安定して暮らせることを私も願っています^^   

| 猫関連 | 19:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズミシュラン

クリスマスイブ当日、夜に作るメニューも決まらず
ボーッとしていたら、スズが 『毎日がイタリアン』 という
料理番組をセレクトして見せてくれました。
夏休みも 【スズお勧め母親に見せたい番組】 として
いつも見せられていたのですが、ちゃんと座って見たのははじめて。

イブ当日とあって、手軽につまめるパーティ料理の紹介。
見始めたら、オンモシローイ!
料理が素敵♪ ではなくて、―料理も素敵だったのですが
やっぱり海外の料理番組は
正直料理には関係なくないか要素てんこ盛りで面白いです。

ジャーダという綺麗なお姉さんが料理を教えてくれるのですが
ジャーダそのものがプリンップリンッしています。
なんというか…つっつきたくなる。
紹介料理のツボというか、ここ大事というところになるとカッと目を見開くので
あ、今ポイントなんだなとわかるのですが
目力に射抜かれてしまってそれどころではない気もします。

吹き替えがまたいいですね。
海外の名ドラマ・ビバリーヒルズ青春白書を彷彿とさせます。

 ここで混ぜるのよ。 んふー素敵でしょう?

?????? 素敵?  なんで?
でもジャーダが素敵っつったら素敵なんだろうと思わされます。
料理番組なんだけれども、これからパーティに友人が遊びに来るという
プチドラマ設定になっていて、
料理の合間にジャーダが身支度を整えているイメージ映像も挿入され
結末が楽しみになってきます。
日本が誇る料理番組 『今日の料理』 では後藤アナウンサーの駄洒落を
堪能できますが、まだ料理人のイメージ映像挿入まではいきませんものね。
今後、土井先生あたりに期待したいものです。
パーティ料理も着々と出来あがっていって、すべての準備が整ったとき、
ジャーダちゃん、わっふぅ! と叫んでいました。
いいな~こんな風に楽しそうに料理する人。
招かれた友達たちと料理を囲んで盛り上がり、
プレゼント交換をしてジャーダプレゼンツのパーティ終了でした。
よし、イブにジャーダに出会ったのも何かの縁、
一品、ジャーダの料理を盛り込んでみたいと思います。
さあショマスズとジャ●コで買い物よ。んふー素敵でしょう?

-------夜---------
DPP_2369-1.jpg 
カンパーイ!!
…なんだけれども、放送されていた黄金伝説スペシャルの行方が
気になってそれどころではない様子。 
DPP_2399.jpg 
黄金伝説つながりで、紹介させてください。
リンクをいただいている わんこ色 Diary♪ のソフィマリアさんから
子どもたちに素敵なプレゼントを頂戴しました。
黄金伝説でのワカサギ釣りを思い出して選んでくださったのだとか。
獲ったどー!!ゲームとして、お正月に皆で遊んでみたいと思います。
なんでしょうか、猫が釣れるほのかな予感がします。
ソフィマリアさん、ありがとうございました!

DPP_2352-1.jpg 
そして、洋風のおかずのときは、ご飯に合うものがないなーと嘆いてしまうとき、
強い味方になってくれるのが、九州は博多ご出身・炙りたらこ。
コメントを頂戴する納言子さんから頂きました。納言子さんありがとうございました!
同じく明太子が届いたみゆこさんのお宅では
明太子の粒がすべて金城武になる夢が降り注いだとか、降り注がなかったとか。

クリスマスといえばチキンの丸焼きなんですけれども、
私が作る丸焼きは人気がいまひとつで
残ってしまった身をサラダに入れたり、鶏雑炊にしたり苦心を重ねていました。
もう~私作らん!
でも、スズから今年は丸焼きを食べたいとリクエストがありました。

【ジ●スコの人が作った丸焼きが食べたいとリクエストがありました…。】
DPP_2380.jpg 
ジ●スコの人すごいな~即日完食ですよ~(つД`)
やっぱりもう作らなくてもいいみたい~ぐす(つД`)
さてさて、

【わっふぅ!   焼きナスとチーズのサラダ 】
DPP_2334-1.jpg 
ジャーダから教えてもらった料理。
焼きナスにチーズ、松の実、バジルなどなどが入ったサラダです。
ジャーダは山羊のチーズを合わせると紹介していたのですが
ジャ●コには売ってないもん。小岩井チーズでいいでしょう。
番組を思い出しながら、スーパーをうろうろして、うろ覚えの材料を選びます。
まぁ今の時代、番組HPで調べればレシピも載ってるだろうと
たかをくくって、家で調べたら
権利の関係でレシピは載せられないんですって。
作り方は番組をじっくりご覧くださいね♪って、、おいおいおいおい。
ぷりんぷりんジャーダちゃんに気を取られて、じっくりどころじゃなかったよ。
確か、オリーブオイルと塩・胡椒だけの
シンプルな味付けだったようなと思い出し、再現。

…スズにはちょっぴり大人の味すぎたんでしょうね。
味しないやーとひと口目でばっさり斬られ、
マヨネーズをたっぷりかけて食べておりました。
うちのスズにはジャ●コの人が最強の料理人なんだと思いました。
--------------------------------------
DPP_2410-1.jpg 
こちらは25日に現れた雪子ちゃん。
DPP_2406-1.jpg 
どことなく、寂しげな雰囲気なのは
DPP_2440.jpg  
おまけで出したチュコレートフォンデュの方が人気があったから…かもしれません。
雪子ちゃん、いつかまた!

   バナー84  バナー91
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

照明担当スズ 
リースに戻ってきたキラキラビーズ。 
先生が気遣ってくださったのか、ぴったりくっついていました^^ 

| 料理・食べ物 | 08:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハートの鍵を開けるのは誰だ!?

DPP_2247-1.jpg 
クリスマスに寄せて小梅のベタなお願い。
雪が舞い落ちる夜に、暖炉の前で好きな人とブランケットにくるまれて
燃え盛る火を見ながら朝を迎えるの♥
999の鉄郎風味だ…  
すやすやと眠ってしまった私のもとに届けられた一枚のカード。 
魔法にかけられたみたいなクリスマスの朝。
DPP_2237-1.jpg 
クリスマスに私のハートの鍵を開けてくれるのは誰?

☆゜.:*:.。,★゜.:*:.☆゜.:*:.。,★゜.:*:.☆゜.:*:.。,★゜.:*:.
DPP_2204-2.jpg 

      DPP_2197-1.jpg 
             どうも、大役を承りました。私です。

      DPP_2232.jpg 
                  うーん、いつもと同じか。
-------------------------------------
いやいや、小梅ちゃんいつもと同じ日が続くというのは素晴らしいことですぞ。
竜に皮でハーフチョークを作ろうと思い、材料だけは準備してあるのですが
一向に仕上がらないので、
先に家で付けられるネックレスを作ってみました。
DPP_2171.jpg 
いつまでもフタリ仲良くいられるように願いを込めて。
小梅、また微妙な顔を…。 

DPP_2216.jpg 
皮の丸コードを2本重ねて作っています。
DPP_2170_2.jpg 
小梅の分は長さもちょうどよく仕上がったのですが
竜の分は 内側のコードの寸法を間違えてキッツキツになってしまいました。
(撮影した分では1本のコードにもう内側のコードをゆるく結んであるだけです^^;)
竜の分はビーズも少ないし作り直そう!
でも今から皮コードを買いに行くのは面倒だ! ということで
内側の分はヘンプ(麻ひも)で作り直すことにしました。

一瞬、ヘンプアクセサリー作りに凝っていたことがありました。
汚れて捨ててしまったのですが、
小梅の最初の首輪とリードもヘンプで作ったんです。
ええ、すぐ大きくなるだろうからヘンプでいいやと。
昔を思い出して黒とナチュラルの色組で作ってみようと。
だけど、
だけど、、、

DPP_2212-1.jpg 
あきらめて皮コード買ってこようと思います。

   バナー103  バナー104
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。  
  次回はちびっこパーティの様子の予定です。

| 犬関連 | 18:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よいクリスマスを 

 竜ちゃんよりメリークリスマス    
。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆。.:*:.゜

           愛姫よりメリークリスマス  
。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆

     小梅よりメリークリスマス 
            。.:*:.゜☆  。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆。.:*:.゜★,。.:*:.゜☆

    We Wish you A Merry Christmas  


   バナー101  バナー102
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。  

   【小梅のクリスマスかぶりモノ苦行】
DPP_1883-1.jpg 

| 犬関連 | 10:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さな世界で

昨日行われたスズ在籍の支援クラスでのクリスマス会。
保護者同士で予算を出し合って、
皆にお菓子とジュースを用意することにしました。
DPP_1987.jpg   
買い出しもはじめて担当しました^^
パーティ用に箱菓子をひとつ用意して、
お土産用にスナック菓子の詰め合わせを一人にひとつずつ作ってみました。
お菓子の用意をして、そのままパーティに合流しました。

DPP_2000.jpg DPP_2006.jpg 
DPP_2005.jpg 
飾られたツリーのオーナメント達もパーティの日を迎え
ひときわ輝きを放っているようです。
太陽なんて輝きすぎて私、映りこんでらぁ…。

途中で先生がサンタとして教室に乱入…登場する予定です。
サンタさんの袋に保護者からのブレゼントも入れてもらいました。
パーティ開始時刻、バーンと扉が開いてサンタさんが入ってきました。
扉近くにいたので、知っていたのに超びっくりしてしまいました…。
一年生の男の子がひとり驚いて教室から出てしまいました。
こっそり陰から覗いていて、ドキドキ顔が愛らしいったら。食べちゃいたいっ。

                              バレたらしょうがない
DPP_2039-1.jpg 
    お前の正体はわかっている!

防寒着を着ているのは寒いからではなく
悪いものと戦うための変身のようです。
サンタさんが入ってきたら、
スズをはじめ低学年の子は急いで防寒着を身につけました。
お腹にへぇーボタンを仕込んであるのを見破られて
お腹を押されまくって、サンタさん、お腹がへぇーへぇー言っていました。
サンタから、こちょこちょ攻撃で反撃される子どもたち。
なんでサンタなのにいつもと同じノリなんだ!! とサンタも大笑いです。

DPP_2044-1.jpg 
サンタさんに帽子をかぶせてもらって、お髭も付けてもらって
ちびっこサンタがたくさん誕生しました。いよいよプレゼントタイム。
DPP_2056-1.jpg 
年内までの活動をまとめた写真ファイルと
DPP_2066-1.jpg 
保護者からのおやつ。
―4年生のE君にはもうひとつ特別にプレゼントがあります。
ええっ。E君にだけなんだろう…みんなドキドキ。
サンタさんが袋から出したのは給食で残った食パン。
みんな呆気に取られた後、大爆笑でした。
(菜園で取れた野菜で調理をした日、E君が残した食パンだそうで、
サンタさんが白鳥のご飯にと取っておいたものだそうです。)
E君はいらなーいということだったので、
来春卒業を迎える6年生のお友達に別のプレゼントを渡すことになりました。
なにかな? なにかな?

DPP_2075-1-2.jpg 
小麦粉(笑)。
こちらはお好み焼きの調理で使わなかった小麦粉だそうです。
再び笑いに包まれてプレゼントタイム終了です。
みんなで話をしながらお菓子を食べ、クリスマスの歌と踊りを見せてもらいました。

その後、みんなでクイズタイムへ。
友人Mちゃんの御子、T君は尻文字クイズ。
お尻を使ってダイナミックに宙に文字を書いてくれるのですが、なかなか難しい。
濁点でお尻がぷりっぷりとするので濁点はわかるのですが。
さすが毎日よく見ている先生、尻文字クイズいくつか当てていました。
スズのクイズにも参加しました。
最後の質問は、【猫でかわいいのは?】 でした。
T君がピンポンッとボタンを押して、めごちゃん! と答えてくれましたがハズレでした。
めごちゃんでハズレなら、
リュウコメ16238-2_2  
最近スズと急接近している青の方しかいないじゃないか…。
ワタクシ、代表して答え、正解をいただきました。
我が家に近い者しかわからないクイズになってる…。

短い時間でしたが、笑いに溢れよいクリスマス会でした。
いつも、冗談の通じる自閉症教育を目指してと先生は笑って言うのですが
このクラスはみんなの笑顔が溢れています。
スズはこの一年で口が達者になったというか、いっちょまえのことを言います。
支度が遅くて私にピーピーブーブー言われることが多い子ですが

 お母さんだって昔はそうだったんじゃないの?

とニヤニヤしながら言われて、思わず笑ってしまったことがありました。
そばで聞いていた夫には大受け。
私が注意したらこんな切り返しをしてきました、と先生にも伝えたら、
先生も大笑いして喜んでいました。
以前だったら言われたことを気にしすぎてペチョとへこんでしまっていたのに、
自分で場を和ませて、空気を緩ませることができるようになった。
大きな進歩だと思います。でも支度も頑張ってほしい…。

   DPP_2021-1.jpg 
 教室の窓から外を眺める子どもたち。
 我が家がここからよく見えます。
 逆に我が家からも学校がよく見えます。
 竜とふたりきりで散歩に出て、
 どこにも行けないんだ、この場所から動くことはできないんだと
 絶望にも似た気持ちを抱えて
 学校の後ろを走る電車を眺めていた日がいくつもありました。
 今日よりは明日のほうがよい一日になっていると信じて
 リードを握って帰りました。
 今、私が眺めていた方向に、小さいけれども楽しい世界がある。
 私が疎んじていた「今日」でも、
 私が知らなかっただけで、ここには楽しい「今日」が存在し続けていたのかもしれません。
 ある土地の、ある学校の、あるクラスの子どもたちの小さなささやかな世界。
 ふうわりとした空気に包まれるような気持ちがする。 
 丘に立って周りにある景色を眺めるのが私は好きになりました。

   バナー84  バナー91
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 15:54 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図工展と 菜園と

ショマもスズも終業式を終えて明日から冬休みです。
今日はスズのクラスでクリスマス会に参加しました。
とても楽しい時間を過ごしてきましたが、その様子は次回にまわして
載せそびれていたスズの図工展の話題からいきたいと思います。 

校内図工展は12月に行われたスズの授業参観の日に開催されました。
DPP_1126-1.jpg 
今年、力を入れてスズが作った作品は
発砲スチロールを利用して作った船。
魚のフグのような形に発砲スチロールを切り出しました、と
最初に先生から聞いていました。
その後、お母さん、ジブリのラピュタに出てくる船のようになりました! と聞きました。
私、ジブリアニメにあまり詳しくないものですが、それはリアリィ?なのでしょうか。
タイトルは迷った挙句、【フグ船にのって たたかっているボク】 になったそうです。
フグなら納得、この造形。 
DPP_1131.jpg 
たたかっているというより、遊覧をのんびり皆と楽しんでいるかのようにも見えまする。
でもこの赤い衣装が燃える闘魂を表しているのかも…しれません。

DPP_1142-1.jpg 
この王冠のタイトル、ずいぶん大仰しいタイトルだったなぁと記憶していたのですが
タイトルを忘れてしまって、スズ先生に聞きました。
【魂の王冠】だそうです。
こういうのを聞くと、ああゲーム世代だなぁと思います^^;

DPP_1133-1.jpg 
みんなで出かけたボウリングの様子です。Uh~Ah~(@ゴウルデンボウル)
ん? なにか文字が書いてあるぞ。近寄りて見てみましょう。
DPP_1136-1.jpg 
アニメ・ペンギンの問題の木下ベッカム君の決めギャグが
ひっそりと盛り込んでありました。
ここで展示された作品は、来年仙台市のメディアテークのギャラリーで行われる
『わたしたちの作品展』にも出展されるそうです。
今年は見に行けなかったので、来年は絶対に足を運びたいと思います^^

DPP_1163-1.jpg 
授業参観ではパワーポイントを使った科学館レポートを拝見。
スズの口からホタテの注意事項を聞くことができました。
パワーポイントの機能をまんべんなく使って発表レポートを作ることができたと
先生に褒めていただきました。よかったね。

この一年も楽しく支援クラスで過ごしてきたのですが
春から秋にかけてずっとスズが頑張ってきたのが菜園のお世話。
放課後、雨の日以外は毎日水やりを頑張りました。
繝ェ繝・繧ヲ繧ウ繝。15800_convert_20091222190013 
見てください。ヘチマがこんなに大きくなりました~。
すみません、これは別の学年の子が育てたヘチマです。
時々、ショマとスズを迎えに行くのですが、
ショマは野菜好きなものではじめて見るヘチマに興味津々でした。揺らすな。
繝ェ繝・繧ヲ繧ウ繝。15805_convert_20091222190056 繝ェ繝・繧ヲ繧ウ繝。15801_convert_20091222185930 
繝ェ繝・繧ヲ繧ウ繝。15809_convert_20091222190131 
スズたちのクラスの菜園はこちら。
ショマに大事な野菜たちを見せています。
先日はキャベツでお好み焼きを、人参を入れてシチューを学校で作って食べたそうです。
家にもお土産で人参と大根を持ち帰ってきました。
人参はお鍋に入れて食べました。味が濃くておいしかった♪
そして大根は…よく、おくねりあそばしていましたので

DPP_2113-1.jpg 
少し早いですけれど、食べる前に 【し大根】 として、
新年の挨拶とさせていただきたく思います。
(いえ、年明けにももう一度挨拶させてください…)

   バナー84  バナー91
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

今年は私がクリスマス会の準備担当でして、
袋に荷物を詰めたり、少し忙しい朝でした。
竜が袋をガサゴソしていたので、こら~だめよ~と叱ったなら…
DPP_1984-1.jpg 

| 自閉症関連 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧知の友に会う

ショマが保育所に通いだす一年前、
親子で通園する母子通園施設に1年間在籍していました。
そこで仲良くしてくれる友人が数人出来ました。
その中のひとり、―イニシャルではそっけないので仮にウメちゃんとしましょう、
ウメちゃんは私よりもひとつ年上で、
モデルのようなすらりとした肢体に美しいお顔がついた別嬪さんでした。
ウメちゃん親子は私よりも一年先に
母子通園施設に通い出していて、2年間の在籍。
後から入ってきた私たち親子に優しく声をかけてきてくれて
家にも遊びに来てくれたり、行事も一緒に楽しんだりする日々でした。

IMG_0003_convert_20091221130420-1.jpg 
 ~母子通園施設の遠足で農業高校へ芋堀りにゆく~
  左がウメちゃん、右がムーコちゃん(きゃ、自らちゃんづけ)。
  大きなお芋が出てくるかな~?

海へ遠足というと、のびやかな肢体をビキニで覆い、
いかにどう肌を見せず海遠足を乗り切ろうかと考えている私とは違っておりました。
美しい人よのぉと私も惚れ惚れしたものですが、
通園施設のバスの運転手さんが最高にうれしそうだったことも忘れられません…。
クリスマス会など節目の行事では、母親代表で
ドレスを着てお姫様の役をやるのもウメちゃんでした。
別に私がやってもよかったのですが、話がまわってこないものはどうしようもないずら。
ウメちゃんは見た目の雰囲気は派手目なんだけれども
話す内容も、喋り方もまったりとした空気を纏い穏やかな人でありんした。

IMG_0001_convert_20091221130322-1.jpg 
~芋堀りの最中にひとり脱走したショマ。農業高校のダチョウと~
 この後ダチョウに頭をつつかれたこと、忘れないよオーストリッチ。


ウメちゃんのお子さんと、ショマとは障害の種類が違っていました。
私は自分の子の状態がいやでたまらなかった時期で
たぶん自分が思っているよりも、そのことを愚痴として吐き出していたでしょう。
それに比して、ウメちゃんが自分の子どもの障害について
あれやこれやと言っているのを一度も聞いたことがありませんでした。
大変だよ~の類も聞いたことがなかった。
ウメちゃんは通院、投薬とたぶん大変だったろうし、
お子さんのことは大切に育てていたので
思うところ様々だったとは思うのですが、
聞き役に徹していて、嫌な役回りをさせていたんだなぁと思います。
どうして話を聞いていてくれていたのか、
そして、あんなに気が合ったのかと不思議なくらいです。

IMG_0002_convert_20091221130352-1.jpg 
~ぐぉぉ~抜けません~
 通園施設の先生にショマを見てもらっている間に芋堀り。

この秋、ウメちゃんから1通のはがきが届きました。
通園施設卒園と同時に遠くへ引っ越ししてしまったウメちゃん一家。
この10年、ずっと年賀状だけのやりとりが続いていました。
仙台へ戻ってきたから会いたいと。ウメちゃん。・゚・(ノ∀`)・゚・。
メールを送って、今どこの学校に通っているの!? と訊ねたら
うふふ♪♪ ショーちゃんと同じだよぅと返ってきました。
えええー全然気が付かなかった(´・ω・`)
お子さんがひとつ年上で中等部在籍なのでわからなかったのです。

IMG_convert_20091221130119-1.jpg 
~ついにジタバタするショマを押さえつけたまま掘る状態に~
 そこまでして掘らなくてもいいのでは…とも今思う。

先週の金曜日に、中等部と小学部合同の研修会があり
10年ぶりにウメちゃんと再会することができました。
今、ショマはこんなんだよ~ちょい髪の毛多いよ~と言って
先日の弥七の写真を見せました。
ホントだ、ショーちゃん髪多い(笑)! でも変わらない~と言って笑っていました。
今、○○ちゃんの発作は止まっているの? と訊ねたら
うん、投薬は続けているけどずっ~と落ち着いてるのよ~と言うので、
よかったねぇよかったよねぇと2人で喜び合いました。
ウメちゃんが、ショーちゃん・ショーちゃんママと呼ぶ言葉の響きが
まったく変わっていませんでした。
ウメちゃんが過ごした10年と私の過ごした10年は違う。
あれからこんなことがあったよ、こんなんでもう大変だったよと、
楽しいこともあったんだよと、
離れていた歳月のことは
どんなに言葉を尽くしてもお互いに語りきれないはずなのに
再会してすぐに同じ時間を過ごしていたあの時に引き戻されるような、
失われた年月などなかったかのような不思議な感覚がしました。

漢詩などでは旧知の友人に再会して
その感慨を詠んだ歌がある気がするなぁとも思いました。
この再会にのせるように美しい調べが頭の中に浮かぶといいのになぁ。
思い出せない自分が悔しいわなどと思っていたら
ウメちゃんが

 ねぇ? 合コンするか!?

と言うので思いっきり吹いてしまいました。
おっとりしていたけれど、愛のハンター的な雰囲気も備えていたウメちゃん。
変わってないや。

   バナー84  バナー91
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。
  ウメちゃんはともかく、私は相手方のお気持ちを思うと合コンはちょっと…。

| 自閉症関連 | 17:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

積雪

DPP_1811-1.jpg 
仙台もこの冬はじめて雪が積もりました。
早朝、散歩に出たら道が凍ってツルツル。怖かったよう。

DPP_1786.jpg 
雪が降ると交通が大混乱になる…とかそんなことばかり思うようになってしまったけれど
やはり積もった雪は美しいものだなぁと思います。
清新な気分になれるような^^  

【雪見客のみなさん】
DPP_1814-1.jpg 
はい並んで並んで~順番ですよ。

DPP_1837.jpg 

   DPP_1839.jpg 
   はいそこ~登らない~×

DPP_1833-1.jpg 
真生は雪を外で見たことがあるのかな。
うう、めんこいぜぃ。年賀状に使おうかな。(←いまだ手つかず)
その後、痙攣発作も起きず落ち着いています。
血液検査では大きな疾患を示すような値はなく、
神経症状の検査も問題なく、眼振もありませんでした。
結果として考えられるのは癲癇発作ではないかと。
2ヶ月間のうちに3回程度の発作が起きるようになれば
投薬に踏み切ることになりそうですが
頻度をチェックしながら、しばらくはタウリンの投与で様子見を続けていくことになりました。

気になるのは保温のこと。
去年も膀胱炎にさせてしまったし、冷えたら病気を誘発してしまいそう。
2階にいることが多いので出来ればリビングにいてほしいなぁと思っていたら 
模様替え効果か、日中もソファにいることが多くなってきました。
母セルフヘアカラー中… 
おお! 奇跡のスリーショット☆☆☆
DPP_1770.jpg 
表情は険しいけれども…。
スリーショットまではいけるけれども、ここにスズが加われば確実に逃げる…。
冬の間だけでも子どものことも我慢しておくれ。
--------------
雪の朝の子どもの様子も少し。
091218_080706_05.jpg 
ショマのバスの待ち時間にひとりで雪遊びのスズです。
もうほんのわずかしか残っていないけれども頑張って集めていました。
091218_080812_06.jpg 
雪玉をいくつか作ることができました。

ショマのバスが来て車に戻ってきたスズ。
これ美味しいんだよ! と車の中に雪玉を持ち込んできました。
おおおお、おいしいて! 車の中も濡れる!
車の中はダメーという私の言葉に、車外にぽいと雪玉を投げました。

 お母さんが喜んでくれるアイテムだと思ったのに…。

しょぼんスズ。
ごめん。最初によく集めたねって言ってあげたらよかった。しょぼん母さん。
お母さんも昔は美味しいと思っていたのにね。
分別のある大人になってしまったのよ。
なんとなく切ない気持ちがした朝でした。  

  バナー99  バナー100  
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 09:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出待ち

なんと申せばよいのか…包み隠さずいきましょう。
今日の話はウンコの話です。 
ウンチと若干可愛らしくソフトに表記してもいいのですが、
今回はウンコという表記にこだわりたい。理由は後ほど。

授業参観に遅刻、いつも内職の朝の受け取りなどで
時間ぴったりに行けたためしはないのですが、
今回は部屋で竜のウンコの出待ちをしていました。 
前の晩に出てはいたけれども朝は出ず。

DPP_1706-1.jpg 
歯切れ悪くとも、一日在宅の日、
もしくはちょっとスーパーに買い物程度のお出かけなら問題はないのですが
長めの外出のときはかなり不安です。
しかも空気を読む男、すぐに戻ってくるのかそうでないのかがわかっていらっしゃる。
出かけるのか! さては長時間だな! とすでに落ち着かない様子の朝。
腹いせ、いえ寂しさの表現技法として
出かけている間に、プリッなどの状況も考えられます。

もともと便が硬めの竜さん。
ウン「チ」 と表記するより、末尾は ウン「コ」 としたいのです。細かいけど。
若いときにはその硬さでベストだったのですが
現在後ろ脚の衰えもあって、
出たいというときになかなか踏ん張りがきかない。
長年、彼のお尻の下でキャッチングしているので
出きっているのかそうでないのかがよくわかります。
これが阿ウンの呼吸か……と言ってみたい。
この日の朝も出したかったはずなのです。でも出なかった。
スッキリさせてから出かけたい。ということで出待ちです。

DPP_1705.jpg 
うーん、くつろぎモードに入ってしまった。
DPP_1703-1.jpg 
布団でゴロゴロしているうちにちょっと興奮してきたぞ。
興奮すると腸も動くだろう。
DPP_1716-1.jpg 
と思ったら、孫娘ほどの年の娘がやってきて
おじいちゃまの顔になってしまった…。

【腸よ動け杯 室内ランニング】
DPP_1723-2.jpg 
一緒に室内をランニングすることにしました。
外を走らせれば一発なのですが、アスファルトの坂道は走らせたくないので
絨毯の上を軽くランニング。
小梅ちゃんが来ると、彼女は本気ランニングをかますのでハウス待機です。
何往復くらいしたかしらん。
声をかけながらカメラも構えて、ちり紙小脇に室内を一緒に走る。
あはは竜ちゃん、さぁこっちだよぅ。素敵だけれど目指すゴールはただひとつ。

DPP_1724-1.jpg 
DPP_1728-1.jpg 
                          ・
                          ・
                          ・
DPP_1731-1.jpg 
そっかぁ。出ないかぁ。
うーーん。でも中途半端に動いちゃったからやっぱり出しておきたいよねん。
考えてある方法を試してみました。
そうしたら

       出た! (たくさん)

お尻の周りを小梅ちり紙でトントントンと叩いたら出ました。
この感じはまぎれもなく。
DSCF7478_1.jpg 
ベイビーたちに行っていたときと同じ感覚。
スッキリさせたところで授業参観へ。
学校へ車を走らせているとき、
竜ちゃんが赤ちゃんに還っている…とちょいと涙が出てきた。
でも出たからって出かけんのか! と猛烈元気に抗議していたんですけど。

  バナー99  バナー100  
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスリース

昨日の日記は、行ってきます~。というタイトルなので
取るものも取りあえずショマの授業参観に出かけたかのような
まるでテキパキシャッキリ母さんかのような印象を自分でも受けていますが
参観開始時刻午前9時に思いっきり遅刻しております。
遅刻の理由は次回ということで…。

遅れて到着すると、朝の会を教室で終えて
音楽室に移動するショマのクラスの皆とちょうど廊下で一緒になりました。
参観日に来てね来てくれるよね? とかなり楽しみにしていて、
かつ落ち着かない様子のショマだったので
遅れていって泣いているかなと心配だったのですが
顔を合わせるとテンションも高く、来てくれてありがとう!と弾んだ様子でした。

ありがたいことに、
参観日に私が現れるのをいつも楽しみに待っていてくれます。
今回はいつもに増してすごかった。熱烈歓迎とはこのことかと。
日曜日くらいから参観日のことが気になりだして
学校ではゲップが止まらなくなり、
月曜日に行った放課後ケア施設でも参観日のことをずいぶん話していたそうです。
参観日に来てほしいという強い想いが胸から空気になって出てくるほどになる。
そこまでこだわる理由について
私にはちょっと思い当たるところがなかったのですが…。

今回の授業参観は自分たちで作ったクリスマス飾りを披露しながら
クリスマスの歌を皆で歌うという内容でした。
5,6年生合同の授業なので、5年生から順番に
作った作品と作っているときの様子を写真で紹介してもらいました。
煌めく折り紙を使った壁飾りには綺麗~と声があがりました^^
こうして作品を紹介しながら、紹介の終わった作品は
大きな紙のクリスマスツリーにかけていきます。
6年生のショマのクラスの作品はクリスマスリースでした。
作品を飾り終わり、電飾を点して
やってきたサンタさんとともに歌を歌う。

サンタさん、「ワタァシハァ サンタァクロゥス デェス」と話していらっしゃいました。
日本語であっても節を付ければ外国人っぽくなれる気がするという不思議。
昔はこう喋れば外国の人に通ずるのかとちいと思っていた…。
せんせ…いや、サンタさん私と同世代ではなかろうかと想像します。

このサンタさん、サンタさんなのにプレゼント忘れてきたのですよ~。
ぶー(`ε`*) ぶー(`ε`*) ぶー(`ε`*)
それで ♪あわてんぼうのサンタクロース♪ を歌うという素敵な流れに持っていったって
プレゼントを楽しみに待っている子どもたちへの
オトシマエはどう付けるっていうんだい、ええサンタさんよぅ? と思ったら、
今度行われるお楽しみ会には忘れずに持ってくると
約束していましたよ(人´∀`).☆.。.:*・°

【ショマが作ったクリスマスリース】
IMG_6857_1.jpg 
真ん中の星は紙粘土で型抜きをして作ったものだそうです。
飾りを選んで貼りつけてずいぶんと頑張って作ったようで
どうしてショマがあんなに来てほしいと言っていたのか少しわかった気がします。
このリースがとてもうまく出来たという自信があって
見てもらって褒めてもらいたかったんじゃないかなぁと。

途中、早くクリスマスツリーの上に貼りつけたくてウズウズした様子で
手にリースを持って立っていました。
そこでガラスビーズのようなキラキラ光る飾りがひとつ落ちてしまいました。
そのとき、ショマは私の顔をちらと見て
泣くまではいかなかったのですが、その顔は引きつって歪んでいました。
もう一度くっつけようとリースを手に何度も頑張っていましたが、
接着剤ごと落ちたのですから付くはずもなく。
ガムテープ…と先生に要求していましたが、ここは音楽室、
簡単な修復の手段も残念ながらない。
落ちた飾りのことは最後まで心残りのようでしたが
その後にリースをクリスマスツリーにつけたことでパッと晴れやかな表情になりました。

僕が作ったものを見てほしいという気持ち、
そして、そう思って、恐らく褒めてもらいたいとも思っていたのに
一部が壊れてしまった悲しさ、悔しさ、
修復しようと頑張ったこと、
修復はうまく出来なかったけれど、そこを乗り越えて気持ちを立て直したこと。
短い時間だったけれどもショマの心の動きが見えたようでした。

授業参観を終えて、
いつも通りバス停に迎えに行きました。

 お母さん、参観来てくれてありがとうね。

降りてきたショマから言われました。
リースが本当によくできていて、
星の飾りがきれいだったこと。楽しかったこと。
それくらいしか私には言葉にしては伝えられないけれど
ショマは私の胸を温かいものでいつもいっぱいにする。
   
  バナー99  バナー100  
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。
  ちなみに参観日を終えて安心したのかゲップ止まりました^^

| 自閉症関連 | 12:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日も行ってきます~。

うう、なんて寒い朝なんでしょう。 昨日よりもことさらに。

昨日は今年最後の病院ということもあって
学校を早退させて、久しぶりにスズを連れて病院に行ってきました。
今の様子を先生に見てもらいながら経過報告。
現在は比較的安定しているので、これというアドバイスもないのですが
継続して診てもらえるという安心感があります。
そのほか、思春期の成長を迎える前に
脳波検査を受けたほうがいいのかなどショマのことも相談して帰ってきました。
スズの先生はショマの主治医ではないのですが、
予約が取れないうちにショマの主治医はどこかに異動になっていました。
ああアナタ、なんの連絡もなく何処へ。主治医じゃなかったのかしらん。。
ということでスズの先生に合わせて相談しています。

ふんふんふんと色々とお話して
会計後はスズと病院内のカフェへ。
カフェオレを目当てにスズは付いてきたようなものです。
お母さん、僕の分は食べないでね~♪♪ と最初に注意を受けます。
嗚呼、これがショマなら私の分を先に譲ってくれるというのに。
嗚呼、いけないわ私。
この間の勉強会で兄弟は比べて育てるなかれと習ったばかりというのに。

091214_141117_05-1.jpg 
でも私の分まで飲んだのであるからして、少しは比べたってよかろうもん…。

  091214_142914_06.jpg 
 病院内の巨木を見て、自然に還りたくなったのか

  091214_142848_03-1.jpg  
  ハトになりたいと羽ばたきながら
  小雨の中、遠くへと走り去ってゆく息子を見る。

カフェに行ったことで素晴らしい時間を過ごせたそうですが
ハトになることはできず、心残りだったそうです。
家でもあきらめきれずソファから羽ばたいて皆をびっくりさせていました。

さて師走。
今日はショマの二学期最後の授業参観。
見にきてくれるのかとても気にしています。
先生からの連絡帳でも、
明日の授業参観が気になって
今日はゲップが止まりませんでしたと(←ショマよ、なんでその表現)。
自分でも、状態が落ち着かないとわかっているんですね。
昨日の夜は、
ゲップしないようにしますから参観日に来てくれますかと涙を浮かべていました。
行くがな。行くがな。
ゲップだってプーだってないほうがいいけれど行くさ。
学校行事ももう少しで一段落。寒さに負けず頑張らねば。

   バナー99  バナー100  
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 06:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うちの彩ちゃんと酔っ払い君

なんて寒い朝なのでしょう。
今日はスズの病院に行く日なのですが
すでにこの寒さで心が折れそうです…。

―最近の動物たちの様子から~
DPP_1168-1.jpg    
ちびっこ達も眠りにつき、深夜番組アメトーク鑑賞中の小梅です。
なんだかんだいっても上戸彩ちゃん大好き! の芸人さんが集まる会でした。
DPP_1173-1.jpg 
DPP_1187-1.jpg 
DPP_1189-1.jpg 
この家の皆は、小梅から元気をもらっているからあってもおかしくないのにねぇ^^ 
日中は子どもたちの送り迎えもあったりでバタバタしていて
ゆっくりこうして過ごす時間がなかなかとれないし、
動物組のメンバーも増え、竜も少々手のかかるお年頃、
小梅にはけっこうな負担がかかっているのではないかと思われるのですが
いつも元気で明るくて…小梅、お母さん…小梅にありが…、
この後、私が寝たと思ったのか、のっそり起きだして
体当たりしてゴミ箱を倒したので…とう、は中止中止(笑)!
ひな壇の側にあがればいいと思います。
--------------------------
ここより猫ちゃんゾーン。
猫にマタタビ、家では皆大好きです。
竜も好きらしく、マタタビを塗った爪とぎを一心不乱に舐めていることがあります。
マタタビ、それは神秘の香木。
リュウコメ11359 リュウコメ11212    
リュウコメ11227 リュウコメ11309   
前にマタタビの木を与えたときの様子です。
マタタビ、それは猫相を変えてしまう神秘の木。めーちゃんが怖い…。

このようによーくマタタビに反応する猫親子なのですが
ねこきょうだいはなぜかマタタビより
小梅のケージの消毒に使う消毒薬が好きで、
消毒しているとケージに入り込んで酔っ払ってしまいます。
赤ちゃんの哺乳瓶や野菜の消毒に使うもので
そんなに害はないと思うのですが、あまりの酔いっぷりに少し不安になります。
アルコールの匂いに反応しているのかなぁ。
ただ、真生おっかぁはまったく反応しません。
ねこきょうだいが小さい頃にも使っていた消毒薬なので思い出の香り?
消毒薬が好きな理由はよくわからないのですが動画にとってみました。



どうもこの匂いを嗅ぐと興奮してしまうようで
左馬介に至っては交尾の真似ごとまで…。
普段はおっとりしていて、強さを誇示するタイプの子ではないのに。
今日もこれから媚薬で消毒です。
     
バナー99  バナー100  
      人気ブログランキングへ         にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 06:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ONE PIECE

              現在、社長。 
蒼天航路 いつ終わるの。おそろしい子…               
 島耕作さんが出世街道を驀進すると本棚がぎゅうぎゅうになり
金城君がレッドクリフに出演すると三国志の漫画が増え、
北島マヤちゃん、あなたはそろそろスパートをかけて本棚ぎゅうぎゅうにしてほしい、
漫画、増え続けております。
その中でもまだまだ続いてほしい、本棚ぎゅうぎゅう上等!! な漫画が

  【ONE PIECE ~現在56巻まで発売中】
  DPP_1538-1.jpg
  今さら、言うまでもないことかもしれないけれど
  この漫画を描いている作者の方は天才だ! と読み返すたびに思うわけです。
  そして、その天才の方製作総指揮の
  映画 『ONE PIECE STRONG WORLD』 が公開されるというではありませんか。
  観たい…。
  映画も観たいけれど…来場者プレゼントの 『零巻』 が欲しい…。
  一巻の隣にはゼロ巻があってしかるべきではないだろうか。

DPP_1584.jpg 
でも、こうして新聞の全面広告全部保存とか、
紙の上の方に素敵♪ などいうのは干支三回りしている 女性としていかがなものでしょう。
DPP_1540-1_2.jpg 
でもすでにコンビニで立体モノにも手を出しちゃったしなぁ。
あっーはっはっはっは……。揺れるおばはんゴコロ。
おばはん、逡巡していたら

 091212_101240-1.jpg 091212_101954_02.jpg 
ショマスズブラザーズが付き合ってくれるって。・゚・(ノ∀`)・゚・。
------------------------------------
そして公開日の今日、朝一番の上映の回に行ってきました。
私、私、あんなに映画館で人を見たのはじめて。
ミニシアターを除いて、満席の映画館もはじめてでした。
長蛇の列、列、列。
二階の劇場から一階まで並んでいました。
座席指定をしておいて本当によかった。
みんな、そんなに零巻欲しいの!? 私もです。。 
そして、子どもよりむしろ大人の方が多くてかなりほっとする。

少し長めの映画なので、ショマスズもつかなぁと心配でした。
もたなかったら出てくればいいかと計画し、
スズとは楽しいところでは笑ってもいいけれど、
立ちあがったりは絶対にしないこと、
立ったら後ろの人が見えないよね? と確認。
ショマは喋りだすと止まらないところがあるので、
上映中はおしゃべりを控えることを約束しました。
ショマも静かに観ますと約束してくれたのですが、ここでびっくり、
お母さんは寝ないで観ること、と逆にショマから確認、約束させられました(笑)

2人とも静かに集中して観ることができ、
私も、「お母さん寝なくて偉かったねぇ」 とショマから頭を撫でてもらいました。
寝ないで息子から褒められるとは…。
この子たちにとっては長丁場でしたけれど
楽しく観ることができて、付き合わせてしまったという心苦しさも少し緩和。
-----------------------------------------
そして零巻。
よいところで寝ていたので… 
家族4人分、4冊いただいたのですが
劇場で零巻をもらうためにどこに並んでいいかわからずオロオロしていたとき
(しかもまったく違うところに並んでいた…)
親切にしてくれた方に、
私たちのほうが先に手に入れることができたので2冊渡しました。
まだ年若いお兄さんたち、とっても喜んでくれて、おばさん心温まる。
お兄さんたちの本棚にも今頃並んでいるかなぁ。
    
   バナー98   バナー95
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。
DPP_1549-1.jpg 

| 趣味・嗜好・TKC | 20:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Yashichi 12歳

水戸黄門の発表があったのは12月4日、
この日ショマは12歳になりました。
DPP_1511.jpg 
学校の先生が作ってくれたカードです。

DPP_1448_1.jpg 
茨城のおばあちゃんから届いた手作りのカード。
猫ちゃん三匹と、きれいなリングの切り絵が貼ってあります。

  DPP_1432-2.jpg 
青森のおばあちゃん(母K子)からは白猫のカード。
なんだかんだいって、最近猫グッズを送ってきます。ひそかに好きに違いない。
母は三越でお歳暮のお買い物をして昨日青森に戻りました。
お決まりのように、ショマにも眠っている才能があるかもしれないから
発掘してやれと言います。
私、これを言われるのあんまり好きではないので
おかやんには何かあんの、才能? と言い返したら、
私には掃除がある! と力強く言い返され言葉を失いました。確かに。

こうしてカードも届き、12歳を迎えることが出来ました。
カード用意してないの、私だけじゃん!
それはさておき12歳。干支ひと回り。
自分が12歳になって、はじめて自分の干支がまわってきたとき
少し大人になったような気がしたものです。
次の丑年にはショマ24歳&私48歳…。
ショマは、私がショマを生んだときと同じ年齢になるんだ。想像つかない。
誕生日って目出たいことのはずなんだけれども、
焦りにも似たような、
一緒にいられる時間が少しずつ削られていくような寂しさや不安にも襲われたり。

しんみり話もさておいて、、
発表会直前、スケジュールで混乱があったのかショマはさめざめと泣いていました。
先生にスマーイル♪と励まされたり、
お母さん見に来てるよ! 手を振って! と友達に元気づけられたりしながら
鼻も少し赤いまま、なんとか立て直して舞台に立ちました。
最後はお銀ちゃん、いや違う、弥七さん笑顔で舞台から降りることができました。
小学部最後の発表会、そして誕生日によいものを見せてもらいました。
まさかね、ショマを生んだときには
養護学校に入ることになるなんて思ってもいなかった。
子どもは普通に生まれてきて普通に育つと思っていたんだよ。
でも悪くないさね、今の生活もさ~。悪くないさね。

DPP_1312-2.jpg 
帰ってきたら、夜はケーキでお祝いしようと
朝に弥七さんと約束していたのでした。
駐車場から金麦CM風に弥七に心で呼びかけておきました。

   綴り間違えしてないかしらん。 
  今年は小さなケーキをたくさん買いました。
  子どもたちはホールの方が喜ぶのですけれど、
  様々な味を楽しみたいではないですか。 
  弥七どうだったかな…と本人は先立っての弥七の演技を
  すごく気にしていました。

とってもよかったよ!
ショマ頑張っていたから、お母さんたくさん美味しいもの用意したよ!
だけど…だけど…

 【用意しすぎました。】
DPP_1318_2.jpg 
うぷ。今見ても胸やけ。でも翌日にはすべてなくなりました。うぷ。
鳩サブレはいただきもの。
ショマが字形を勘違いしているのか、鴨サブレと呼ぶのがなんかツボです。
カモサブレー一緒に食べましょうねとにっこり微笑むショマ。
おう、鴨でも鳩でも鶏でもどんとこいや。スイーツ仲間だもの。
…うぷ。

  バナー98   バナー95
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。
DPP_1319.jpg 
やっぱりホッピングシャワーですよね。プチプチうぷっと弾ける食感。

| 自閉症関連 | 21:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お銀が紹介します。

リュウコメ16611_2 
こんばんは。お風呂のお銀です。
お銀の名にそんな枕詞ついてたかしら。まあいいや。お風呂のお銀です。

DPP_1229-1.jpg 
銀は今、黄金色の稲穂が波打つ田んぼの風景に思いを馳せています。

DPP_1228-1.jpg 
ああ、雀が仲良く羽ばたいている。
DPP_0887-2.jpg 
助さんも旅に出たかったわよね。鳥を見に。

  DPP_1244-1.jpg 
  まあ、立派な紋所ね。 
リュウコメ16558 
私たち一行が用意していたものとは、やはり紋が違っていたようよ~。

DPP_1280.jpg   
気になるのは、どうぶつ黄門一行を抜けて、旅に出た風車の弥七のこと。
DPP_1269-1.jpg 
YOYO! 弥七髪の毛多すぎない~?
旅立つ前に髪の毛を整えてあげたかったらしいのだけど
晴れの旅立ちのタイミングでバリカンを入れる勇気がない人がいたそうよ。
失敗したら怖いものね~。でも多すぎDA!

DPP_1236.jpg 
黄門様御一行が出向いた村では
ある諍いから大きな壁がそそり立ったそうよ。
こんな壁があったら生活に支障が出るわね。
稲刈りに間に合わないじゃない! 銀、心配よ。

 DPP_1258-1.jpg 
この壁を倒す方法を、知恵を出し合って考えるの。
弥七っつぁん、見て読んで、壁を倒す知恵を紹介することが出来ました。 

DPP_1276.jpg 
頑張れ、頑張れ。
皆が壁を倒すまで、声を出して応援しているところ。
銀も声を出して応援することにします。

DPP_1277-1.jpg 
DPP_1292-1.jpg 
こうして、皆が知恵と力を出し合って、
そそり立つ壁を壊すことができました。
この村ではツヤツヤピカピカの新米が食べられることと思います。
平和が戻った村の皆、黄門様一行が最後に皆に手を振って応えていました。

銀、今回の学校版水戸黄門では出番がなかったけれど
DPP_1301-2.jpg  
弥七っつぁんが、こんな感じで皆の声援に笑顔で応えていたということを
銀の顔に代えてお伝えしておきたいと思います。

     バナー98   バナー95
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。
  改めて行われた発表会の様子でした。関連して一回続きます^^

| 自閉症関連 | 22:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知ってもらうということ

昨日の夜中、小梅がお腹を壊しまして(週末に林檎を食べすぎました) 、
竜がお母さん、僕の小梅がお腹痛いって! と吠えて教えてくれました。
午前3時の必死の訴えむなしく、緊急事態に間に合わず。
シャンプー、洗濯、洗濯、洗濯。寝不足で頭が痛い。
三越お歳暮部隊 (隊員は母K子一人ですが ) が現れる直前に
小梅はお腹をくだすことが多い気がします…。

前回の続きです。
発達障害ってどのようなものだろうという擬似体験を含めて
およそ10項目にわたって配慮が必要な子に対する支援のあり方を勉強しました。
支援のあり方を改めて勉強したことももちろん有意義なことでしたが
特別支援学級に子どもが在籍する保護者と
普通学級に子どもが在籍する保護者と
多くの先生たちとが席を同じくして勉強会に参加するということが
非常に意味のあることだなぁと私は感じました。 

発達障害に理解を、手を差し伸べましょうと
言葉には出来るけれども、行動するは難しいことだろうと思います。

以前に私一人で病院に行ったときに
目の前でパニックを起こしたお子さんがいました。
見ていたビデオを切り上げたことでのパニックではなかったか、と思います。
ちょうど待合室に私が腰を下ろしたタイミングだったので
ビデオ(見ていても)大丈夫ですよ~と保護者の方に声がけしたのですが
何もわからないくせに余計なこと言わないで!
子どもが混乱するから ! とピシャリと言われました。
私、余計なこと言っちゃった…(´・ω・`) 

ふざけていてはいけませんね。真面目にいきましょう。
たとえば、ショマがパニックを起こしているときは
あまり声がけをせずに静かな場所に移動させたりするのが最もよい方法で
落ち着くまでは基本的に放置します。
それを、そばで見ている方に、まぁあんなに泣かせてかわいそうに…、
お母さんなんとかしてあけたらどう? と言われたら
やっぱり何もわからないくせに…と思ってしまうかもしれません。
だから思慮が浅かったと言われればそうであり。
ただ。ただ。うーーん、ここは正直に書きましょう。
何もわからないどころか、家に2人もいらぁ! と思ったのも確か。
でも、子どものいない状態で私一人で動き回っていれば
【家に2人もいらぁ! 私】 だって、【何もわからない側の人間】と
受け取られるんだ…と。

この一件以来、
理解を…という中で私が求めるものはなんだろうと考え続けてきました。
なかなか答えが出ません。
ただ、何もわからない人間ばかりがいる、
無理解な人間ばかりがいるという思いが先に立つような
社会であるならそれはあまりに悲しい。
具体的に何かをしてもらう、こうしてくださいではなく、
まずこういう子がいるよと知ってもらう、 私は知ってもらいたいと思う。

でも、知ってもらいたい気持ちはあるけれど、
自分たちで生んだ子なら
理解、とか知ってほしいとか言ってないで
自分たちでなんとかしたらと思われるのは怖いという気持ちもどこかにあって。
だから、今回のようにPTA主催で発達障害について勉強する会があって、
まだよくわからないけれど、知りたいわという意思を持って参加してくれる人がいる、
歩み寄ってくれる人たちがいることが、非常にありがたいと思ったわけです。

スズの学校の特別支援学級では、
在籍する子どもたちの様子を見ながら、
普通学級の子どもたちにも教室を開放しています。
勉強会に参加してくれた保護者の方の中に、
特別支援学級によく遊びに行くよというお子さんからの話を聞いて、
じゃ勉強会に参加してみようかしら…という動機をもった方もいると聞きました。

自主的に遊びに来てくれるお子さんの場合とは違う例だけれども、
子どもの頃に障害のある子のお世話係に任命されて嫌だったという
話を耳にすることがあります。
今回の勉強会でも、
障害のある子どもの周囲にいる児童に
どんなことを伝えたらいいかという観点からの項目がありました。
特別な配慮(必要な支援)と、特別扱い(えこひいき)は違うと教えること、と
あるけれど、これを子どもに理解してもらうのは難しいのじゃないかな~。
ショマやスズも経験があるけれど、互いに幼いときなら、
周囲の友達にお世話されながら育つという関係が
比較的順調に成立するけれど、
小学生になってしまうと自我がしっかり育ってきて、
みんなとは違うと感じられる存在の子と場を同じくすることや関わりあうこと、
嫌だな、恥ずかしいなと思ってしまうことはあるでしょう。
保育所のときに仲良くしていた子でも、
私たちに声かけられたくないな~という風に
そそくさと逃げてしまうも子もいます^^;
お互いに理解しあって仲良くしましょうというのが理想的なんだろうけれど
年端のいかない子どもにそこまで求めるのも酷なような。

だから、子ども同士の間に立って双方の親が
互いの立場を思いやれるような関係を少しずつでも確立させていけたら嬉しい。
誰だって自分の子がかわいいものです、
保護者同士が互いの立場を慮ることだって難しい、
ややこしいことかもしれないけれど、、
勉強会はこれからも継続して行うということで
相互理解は一歩ずつ、少しずつ進むだろうと思っています。
ショマスズたちを連れて外に出ればそれなりに目立ちます。振り返る人も多い。
けれど、私はみんながみんな奇異な目で私たちを見ているとは思っていません。
30人振り返ったら、1人はああ、もしかしてとわかっているかもしれない。
そう思うことにしています。
知っているよという視線が、ひとつ、ふたつ、みっつと
少しずつでも増えていけばいいんだと。
この勉強会に参加してくれた人はたくさんいたのだから
知っている人がまた増えたんですよ~。

勉強会の最後に
参加者全員で Wendell Jonson (ウェンデル・ジョンソン、吃音学者)の
言葉を声をそろえて読みました。

 子どもの言うことをよーく聞くんです。いまその子の言っていることも。
 いままさに言わんとしていることも。まだ全然言えてないことも。
 
 話し手としてのその子を尊重することです。
 なにもかもすっかりよく聞いてあげてください。
 自分の言うことが聞いてもらえていると感ずることや、
 他の人が自分の言っていることに関心を持っていると感ずることは、
 成長しつつある人としてのその子にとっては、実に素晴らしいことなんです。
 子どもはその子なりにベストを尽くしているんだと思うことです。

勉強会では私たちが知ってもらいたいな~と思っていることに
多くの人に関心を持って聞いてもらえたような気がして
私はもう子どもじゃないけれど、実に素晴らしい体験で、
この文章をみんなで読み上げたときには…
やっぱり胸が破裂すると思いました。

     バナー98   バナー95
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 04:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発達障害擬似体験・2

前回の続きです^^
お話が苦手な子の擬似体験に続いて、
【注意集中が苦手な子】の擬似体験を行いました。

質問です。 この画像の中に木は何本あるでしょうか。
IMG_0001_convert_20091203170250.jpg 
ただし、画像の中に計算式や文字が出てきます。
計算式の答えや文字も声に出しながら
正しい木の本数を答えることが条件です。

IMG_0001-3_convert_20091206061902-1.jpg 
ということで、先生が示してくれたスライドと
同じように再現は出来ないので作ってみました。
まさかフェリ●モ折り紙がまた役立つ日が来るとは…。
本当は木が数本並ぶイラストの上に、
蝶の画像が点滅を繰り返す形の画像で
その上に掛け算の計算式や文字が流れていくという形式でした。

木の上に蝶が羽ばたいていて、木は見えないわ、
計算式にも答えなければいけないわで
結局、木の数なんて答えられるものではありません。
木の数はわかりましたかという問いかけに答えられた人はおらず。
そしてもう一度挑戦。
再度の挑戦で、数人の方が正しい木の数を答えました。
渡辺先生ニヤリ。

 『文字は無視して、木の数だけ数えたのでしょう?』

 『でもそれでいいのです。
 今聞かれていることで最も重要なことは木の数は何本かということ。
 計算の答えを考えることや文字を読むことは捨てて
 木の数を数えるという情報の取捨選択が出来ているということです。』

つまり、私たちはそのような情報の取捨選択が可能な状態にあるけれど
注意集中が苦手な子は
頭の中に情報が錯綜している状態で、取捨選択が難しくて
今やるべきこと、すべきことの優先順位がつけられない状態にあります
と説明がありました。

私も竜と小梅ちゃんとよい子でお留守番しているかな~、
金城君、いつ仕事するんだろ…等、気になることは多々あるといえ、
今は 【渡辺先生の話を聞く】 ということに集中することがわかっているので
ちょっと気になるので小梅の様子見てから、また来ます! とか、
今金城君のHPに仕事の情報が入っているかもしれませんので
覗いてからまた来ます! とはいくらなんでもならないものな…と
自分に置き換えて考えてみました。

そして、注意集中が苦手なスズに置き換えても考えてみました。
朝の支度などはもう時間がかかってしょうがないのです。
今、着替えていたと思ったら、パンツ一丁で歯を磨いていたり、
ちょっと愛姫の様子を見てくる! と着替え途中のまま二階へ駆けあがったり、
テレビのリモコンをいじっていたり。
ちょ、今着替えが一番先なんじゃないの~と思うわけです。
で、いざ車に乗って出ようと思ったら、
昨日植えたドングリの芽が出ているか見てくる! とピューッといなくなったり。
Σヽ(゚Д゚; )ノ アッドコヘ! 一晩で芽は出ん! と思うわけなんだけれども
スズにとってはどれもこれも
今やらなきゃいけないことなんだろうなと改めて気付かされた気がします。
結局、私にくどくど小言を言われる機会もすごく多くなるスズですが、
小言を言うより先に
まずこちらが今やるべきことを示して導いてあげなければいけないと反省しました。
時間に余裕も持ってですね、うん。

この続きを書いていたら、また長くなってしまいました…。
もう一回分、分けて書きます^^

     バナー97   バナー96
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発達障害擬似体験・1

先月、スズの通う小学校のPTA主催で
特別支援教育勉強会が開催されました。今回で2回目です。
初回は特別支援学級の担任の先生が講師。
ふたり、発達障害の子どもを持つ立場の親として私も少しばかり
最後に話をさせてもらったのですが…。
新しい発見をもたらしてくれる子ども達との生活は楽しいという内容に反して
大勢の人の前で話すという緊張で声ががくがくぶるぶる震えて
今、ショマスズとの暮らしの恐怖体験を語る…かのような声色に。
ああもう穴プリーズ。大至急入る穴用意してくださいという気持ちでした。
ただ、拙い話だったにかかわらず周りのお母さん方が
真剣な顔で耳を傾けてくださって(余計に緊張が増したけれど…)
そのことで胸がいっぱいになりました。

2回目の勉強会は宮城教育大学の渡辺徹教授を招いての講演でした。
発達障害児の学習方法、生活指導方法の研究が専門の先生だそうです、と
福祉ネットワークのHPで見ました。おい。
スズを迎えに行って、一旦帰宅してから出向いたので
開始時間に遅れて行ってしまったのですが、
入ってみたら教室に多くの人がいてびっくり。
保護者の方も予想以上にたくさん、
校長先生、教頭先生、支援学級担当以外の先生も多数いらしていました。
学校全体で取り組んでいるよという姿勢を見せてもらったようで
またまた胸がいっぱいに。そろそろ破裂するな。

IMG_0004-1_convert_20091203173702.jpg 
当日いただいた資料から、
発達障害とはなんぞやという話からの資料です。
簡単にいえば富士山のてっぺんが自閉症で
すそ野に広がるのが広汎性発達障害とも言えるが、
発達障害というのは多分に重なりあうところが多くて、
診断が非常に難しいものであるということ。
我が家ではショマは自閉症、スズはPDDの診断ですが
いわゆるこだわりなどはスズのほうが強いというところもあるし、
診断にこだわるよりも、その子の特性に合った対応の必要性を強く感じます。

発達障害の概念の説明では、私たちとはそう違わないところにいるよ、
特別に異質なものではないんだよという話がだいたいにして含まれます。
知ったかぶりこしてしまった^^ゞ
誰にも言えないようなこだわりが皆さんにもあるのでは? という
渡辺先生からの問いかけに、うふふふふと教室内から笑いが漏れます。
みんなあるんだ、うふふふふ。
私の場合はお手洗いのときにドアを閉められないことかな。
(ここで公開してるけど。)
ただ、外出先などではちゃんとドアを閉めることができます。
たくさんの人がいる場所でドアを開け放して座っていたら
驚かれることはわかっているから。
障害かそうでないのか境界は重なり合っていて、あいまいで
でもある種の行動が適切であるか自分で判断できない、
判断できても、その行動をしなければおさまらないというときには
障害といえるのだろうと私は解釈しています。

講演の中で発達障害の子の擬似体験をふたつ行いました。
ひとつめはお話が苦手な子の擬似体験。
教頭先生が、
キミ前に来なさいと生徒・教頭クンとして渡辺先生に指名され、
渡辺先生から渡された紙をもとにして発表を行うことになりました。
たぶん紙にはイラストが描いてあって、
そのイラストを教頭クンが言葉に直して
聴衆の私たちに伝えるということだと思います。
聞いている私たちは教頭クンの言葉をもとにして絵を描きます。

 表があります。
 その中にマルがあります、にっこり笑っているような顔を描いてください。
 三角があって、太い十字架のような絵も入れてください。
 三日月のような形とハートを描いてください。

このような話だったかと思います。
その話をもとに私が描いた絵は
IMG_0003-1_convert_20091203173641.jpg 
すごく線が曲がっていました…。
いやいやそうじゃなくて
三角や十字が顔の中に入るのかそうではないのか判断がつかない。
表ってどんな形なんだろう…。
どうしよう、三日月やハートはもう丸の中には入らないや。
言葉だけをもとにして描くとこのようになりました。

教頭クンが言葉に直してくれた元絵はこちらです。↓↓↓
IMG_0002-1_convert_20091203173617.jpg
正確にこの通りに描けた人はいましたかという渡辺先生の問いかけに
手を挙げる人はまばら。
渡辺先生に、こらっ全然伝わっていないじゃないか! と怒られる教頭クン。
いつもこんな風に伝わらない、伝わらないから怒られたりしたら
どう思いますかという渡辺先生の再度の問いかけに
とても嫌だと思います…としょんぼり答える教頭クンでした。
ひとつめはこのように、話がうまくできなくて
伝わらないもどかしさってどのようなものだろうという擬似体験でした。

一気に書きたかったのにFc2の調子がいまひとつのようです^^;
時間切れなので、続きは次回にします。

     バナー97   バナー96
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 07:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫が喋った。

            DPP_0629_convert_20091202043311.jpg 
    愛姫、1歳4か月にして、ついに人間の言葉を使って喋りました。
    人間の言葉を喋りました。……。

  ……待ってくださいっ、画面閉じないでっ(llllll゜Д゜)
  リビングで愛姫に話しかけていたときのことです。
  なんやかんや話しかけていたら

            アタシ、めーちゃん。かわいいでしょう?
       DPP_0372.jpg   
      ええ、はっきりとした口調で確かに人間語で答えてきたのです。

  声の質はそうですね、
  愛姫はどちらかというとツンとした印象を受けるのですが
  裏声のような超高い声でした。子どもが無理に出しているような。
  奥の部屋に小さな子どもがちょうどいましたので
  今、めーちゃん喋った…と言うと、へ~♪~ <(・ε・)>という感じでした。

DPP_0857.jpg 
  その後も愛姫は次々と人間の言葉で話し出し、
  どうしてアタシが可愛いのか答えてみなさい的なことも言ってきて
  話してみるとけっこう押しの強い子なんだな~と思いました。
  また自らが生まれてきたときの様子を伝えてきました。


       アタシ、真生のお尻から出てきたの。
       DPP_0638_convert_20091202052226.jpg  
    めーちゃん、生まれてきたときのことよく覚えてるのね~と言いましたら
    だってアタシ見たもん…と言います。見たもん? 見たもん?
  

   猫が喋るというせっかくの機会です。左馬介も話してくれるのではないかと思い、
    かねてからの想いを伝えてみました。
   いえ以前から伝えてはいたのです。ただ、一方通行というのですか。
   明確な答えをもらったことがなかったのです。
   だから今、勇気を持ってもう一度。どうか答えて。
   ―左馬クン、よかったら私と結婚しませんか?

                                                                                 ………。 
DPP_0920.jpg 

                                  いやです。
DPP_0924.jpg 
      即答。おのれスズヽ(`Д´)ノ      

     バナー97   バナー96
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 05:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作り手への気遣い

DPP_0153-1.jpg 
11月の連休中、夫調理中のひとコマです。
DPP_0178-1.jpg 
何が出来たのかというと、

【新作・めおと蕎麦ガレット】
DPP_0186-1.jpg 
蕎麦粉の在庫が増えてきてしまったので目先を変えて、蕎麦ガレットに。
皮の生地は夫が作り、中の具と焼きは私が担当しました。
でも残念ながら失敗作。 
具材の上に卵とチーズをのせて焼くのですが、火の入り加減が難しい。
全卵ではなくて黄身だけにしたほうがよさそう、皮はもう少し薄く焼こうなど、
反省と、次回への期待を込めての試食となりました。
美味しくないわけでもないんだけれど、びっくりするほど美味しいわけでもない。
という出来にもかかわらず、ショマだけが
チーズの溶け加減がゼツミョーなとど言いながら、褒めちぎって食べてくれました。
(スズは手をつけず…)

料理番組や黄金伝説を見ているせいか、
料理に対する褒め言葉のバリエーションが非常に豊富なショマ。
決してまずいということはありません。
作り手としてはありがたく、うれしい気持ちでいっぱいになります。
トマトのスープを出したときには、
トマトのリコピンが入って、これは栄養満点ですねと栄養面に着目。
もちろん私がリコピンのことまで考えて作ったわけもなく…。
肉は相変わらず苦手で、
食べるときは鼻を腕で押さえるようにして食べていますが、
これを食べれば元気いっぱいになれますね、など
なんとかよいところを見つけようと言葉を選ぶ様はいじらしいものがあります。

DPP_0983-1.jpg 
そして、こちらは甘酒。
青森の純米大吟醸酒 『田酒(でんしゅ)』 の酒粕で作りました。
夫がお土産で初秋に買ってきてくれました。
田酒自体が地元でも手に入りにくくなってきたので、
酒粕でもありがたやありがたやでございます。

【僕の風邪対策・入眠前の生姜入り甘酒】
DPP_0975-1.jpg 
またも、美味しい、体が温まりますねと言いながら飲み干す子ども。
風邪対策というより、単純に甘いものは好きらしい…。
ヘルパーさんと出かけると、この季節の水分補給のためのドリンクは
缶入り汁粉だそうです。渋い…だが水分補給になっているのでしょうか??

この酒粕ですが、定番の粕汁、甘酒のほかに
量もあることだし、そのほかの調理法も試してみたい…となりました。
ネットでいろいろ検索して出てきたのが、酒粕トースト。
食パンのうえに、酒粕を薄く塗り、
上にオリープオイルと塩をかけて焼くのだそうです。
こんがりと焼きあがった酒粕がチーズのような味わいとあります。
うーん、これは試してみたい食べてみたい。

で、作った。
で、食べた。

チーズのような味わい…。
私たち夫婦がチーズを知らなさすぎるのだろうか。
ちょ、ちょっとチーズとは違うようですぞ、と。
でもあきらめない。
酒粕を厚く塗りすぎたんだろうか。味が薄いのだろうか。
味噌を混ぜてみたら。ええい、マヨネーズも混ぜたらったい。
少しずつ味を変えながら、夫と私とショマで三人で分け合いながら食べました。
(もちろんスズは手を付けず)
ショマはおいしいよ、最高ですね…と褒めてくれましたが
これといったより美味しい、というか、
私たちの口に合う調理法は見つからないままに
残った酒粕は保存容器に入れられ冷蔵庫に収められました。

そして酒粕トーストのことはもう私も忘れていたある日、
冷蔵庫を覗いていたショマがポツリと

 あの味噌のパンまずかったねぇ。

噛みしめるようにつぶやきました。
はじめてのまずい発言にちょっと動揺してしまいました。
やっぱりまずかったんだ…と。
夫が戻ってきた日に、
ショマが冷蔵庫開けてこんなこと言ったんだよ~と教えました。
ええっ、それはよほどだなと夫も驚いて、
ショマ、前に食べたお味噌のパンどうだった? と訊ねました。
にっこり笑顔で美味しかったです、と答えたのですが、
すぐさま小さな声で、まずかったとつぶやいたのも母は聞き逃しませんでした。

いつもかなり気遣ってくれているのだなぁ、
ありがたいことだなぁと思いながらも 
最近、ショマの言葉に対して
褒め殺しか…とか、そうは言っても真意はどこに…と疑り深くなっている母です。

     バナー97   バナー96
      人気ブログランキングへ          にほんブログ村 障がい児育児へ
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_0986-1.jpg 
                      これは嘘だ!

| 自閉症関連 | 13:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |