2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チューで鼓舞する学校行き

家庭訪問も終わり、
先週の土曜日参観日だったスズは、今日が代休で
ぐーたらできる♪と昨日から連休を満喫中です。
学校がある日、スズがシャキシャキしているのかといえば、
そうでもない気がしているのですが…
 
【連休だぜ・ガオー!!】
DPP_14038_1.jpg 
参観の内容は色塗りでした。
顔がシャネルズっぽくインパクトがあり、母さん気に入ってます^^
昨日、テレビのニュースで見たアウトサイダーアート(障害のある人たちのアート作品)
素晴らしかったなぁと思い出してみたりもして。
日本人によるアウトサイダーアートの評価は特に海外でうなぎ上りだそうで
作品の価格もあがる一方だとか。
私も手に取ってじっくり見たいので欲しいけれど、
今はスズ画伯の名画を家で楽しむこととしたいと思います。
-------------------------------------------
スズは連休に入りましたが、ショマはカレンダー通り。
今日は学校です。
昨夜も、僕は明日学校だから…と口にはしていたけれど
スズだけ休みということでエンジンがからない様子の朝でした。

DPP_13694.jpg 
起きてはきたけれど、二度寝中。
DPP_13733-1.jpg 
竜に励まされ
DPP_13721-1.jpg 
一応、頭を撫でてみたりするものの、おざなりなのであった。
今日僕は元気がないの…なんて言うし、
確かにスズは家でごろごろしているのに、
一人だけ学校へ行くのも力が湧いてこないだろう…。
少しでも元気を出してもらおうではないか! ということで

DPP_13779-1.jpg 
人間の弟に代わって
DPP_13743_1-1.jpg 
いつでもやる気の小梅姉さんに見送りをしてもらいました。

DPP_13758-1_1.jpg 
ちゅっ、いってらっしゃい♥
明るくちゅーをされながらも
DPP_13765-1.jpg 
家に戻って写真を見たら、
ショマの口元がまるで梅干しを食べた後のような形になっていることに気付き
いつもと違う雰囲気バージョン・小梅付き見送りで喜んでいたのは
私と小梅だけだったかと 思った次第であります。
がんばれ、ショマも明日から休日だ!!


     バナー146  バナー145
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     みなさまもよい連休をお過ごしください^^ 

| 犬関連 | 12:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピカレンジャー見参!!

突然ですが、動物組のみなさんは
この家の主婦が苦手なものを知っているでしょうか。

DPP_11747_2.jpg 
そうだ、地震は本当に恐ろしい。
DPP_8429-1_2.jpg 
んだ、カミナリもへそ隠さなきゃいけないし。
DPP_8309-1_2.jpg 
もうひと声!
DPP_8484-1_2.jpg 
はい赤の方、ご名答! 
-------------------------------------------
私は想像するのです。

DPP_10792_2.jpg DPP_8507_2.jpg
DPP_10789_1-2.jpg 
DPP_9946_1-2.jpg DPP_8476_2.jpg

いつか、私の前にお掃除戦隊ピカレンジャーが現れてくれないかと。

※ ただし、レッド隊長は年齢的なことも考慮し、監督的な役割とする。
  
※ また、グリーン隊員も体があまり丈夫でないので、動かずとも
  掃除ができそう、割烹着が似合いそうという、
  赤木春恵さん風の雰囲気を醸し出してくれることを期待したい。 

※ ブルー・イエロー・ピンク各隊員には若さに溢れた
   フレッシュな働きを期待したい。箱にちんまりと入るだけでなく…。

そんな夢のようなことを想像しながら
掃除を続けるスズ宅・家庭訪問前日の夜。
DPP_13692-2.jpg 


     バナー146  バナー145
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     仕上げにお手洗いを磨いてくるであります(`д´ )ゞ  

| 犬関連 | 12:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

るーぷる旅~循環して水に行き着く

仙台城址の次はどこへ行こうか…。
子どもたちの疲れ具合を考えても、残り行ける場所は1~2か所くらいか。
青葉山植物園、東北大学理学部自然史標本館、交通公園…
迷った挙句にたどりついた先は
DPP_13484.jpg  
宮城県美術館です。
ここは仙台市内の学校の遠足先としてもお馴染の場所。
ショマスズも何度か来たことがあります。

この彫刻は何を表現しているのでしょうか。鶏の頭?
いや、何を表現しているのか頭で考えるのは芸術を前にしては不粋なのかもしれません。
全身で作品が放つエネルギーを受け止めるのです。

【芸術を崇める男】
DPP_13480-1.jpg 
すんごい受け止めてんなぁ…。

DPP_13486-2.jpg 
DPP_13490-1_1.jpg 
これらの白い列柱群も作品として「マアヤン」と名前が付いています。
マアヤンは泉の意で、
向こうのケヤキの木から数えて6本目の柱は日時計となっていて
水琴窟の仕組みで滴の音が聞こえるそうです。残念! 耳を当ててこなかった。
ショマスズは マアヤン♥ マアヤン♥ マアヤンヤン♥ という感じになっており
またしてもここで時間のすべてを使い切りそうなので
一旦切り上げて、レストランでスイーツを食べつつ休憩。

DPP_13503-1.jpg DPP_13510.jpg
休憩後、アリスの庭という美術館中庭に行き
左馬介っぽい猫に座る。
DPP_13518-1.jpg DPP_13562-1.jpg
中庭には彫刻作品が点在しており
2人ともに、これらの作品で表現されている人間が裸ん坊であることに
衝撃を覚えているのか、出ているよ…とまじまじとある一点を見つめるのでした。
ま、子どもですから^^;
でも大人の私もつい一点をまじまじと見てしまう…。
 
DPP_13508.jpg 
DPP_13536_20100427041815.jpg DPP_13558-1.jpg  DPP_13532.jpg  
アリスの庭は鏡張りになっており、ショマが非常に気に入って、
「これは二画面の僕です。」「僕がたくさんです。」など口にして
鏡が作りだす世界に魅入られてしまったようでした。
僕がたくさんになったら、さすがに大変だわん、あっはっはぁと大人が話す合間にも

   【二画面の僕にうっとり】
   DPP_13555-1.jpg
   なかなか、この場を離れられずうっとり。
   このままでは、うちの息子が水仙に姿を変えられてしまいます。
   次にるーぷる旅が実現したら、ここは入れてあげようと沢さんと話しました^^

   DPP_13580-1.jpg 
   水仙に姿を変えられる前に移動。
   『水犬』 という作品です。キミ、痩せすぎではないか (つД`) 

        DPP_13567.jpg 
       池の中にもかかわらず、あらよっ、と飛び移り

DPP_13575-2.jpg 
近くで鑑賞。ごくり。おまたのところが大変なことに…。
竜さんとはどこかが! なにかが! 違うけれど詳細は避けます。あはん。

DPP_13579-1.jpg 
彫刻 『馬に乗る男』 をじっくり眺め (というか足がかりを探しているらしい…)
DPP_13583-1.jpg 
『時の旅人』 というオブジェを見上げて、美術館散策そして今回のるーぷる旅も終了。
午後からは風も少し冷たくなってきて、
広瀬川からの風を受けてゆっくりゆっくりオブジェの羽根がまわっていました。


     バナー146  バナー145
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_13603-2.jpg 
仙台市を循環して、最後はここに戻ってきた2人でした。
長々とお付き合いありがとうございました^^
今回行けなかった場所に、ショマスズともにまた行きたいそうなので、
次回があったら、また長々とお付き合いいただけたら幸いです^^;

| 自閉症関連 | 09:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

るーぷる旅~仙台城址

間が空いてしまいましたが、るーぷる旅の続きです^^

瑞鳳殿から仙台城址への移動。
この周辺のスポットは最も人気のある場所だと思われるので
バス停も混雑しています。
バスは15分間隔で運行しているものの、
乗りこめなかったらしばらく待たなければならない。待てるのか!?

結論からいえば、待てはしたのですが落ち着かないままバスを待つ状態。
ショマがこの春からテンション高値安定状態で
ゲップをしたり、
新しく覚えた技-痰を吐くときのカーッ!! ペッ!! の
           カーッ、クワーッ、カーーッ部分を繰り返す を
スズの耳元で絶え間なく続け、スズ怒る~ショマ喜ぶの連鎖になっていました。
スズが 『怒』 という感情をもってダイレクトに反応してくるので
ショマは面白くて仕方がないようです。

スズと距離をあけさせるようにして、その場をしのぎ、
バスに乗りこむ前には
沢さんから、「ここからは人がたくさん乗ります。静かにします。」 と
短く指示を受けてからバスに乗りこみました。
バスの中ではじーっと静かにしているのですが
到着した仙台城址で、また魂が解き放たれるショマでした。

ちなみに移動中、バス大混雑の中、
大人の体の隙間からぴょこっと顔だけを出すスズは本当にお豆のようだった…と
沢さんから教えてもらったことを付けくわえておきます。
----------------------------------------------------------
DPP_13461-1.jpg 
仙台城址は山の上なので、仙台市内を一望できます。
手前にうっすら写っているのが広瀬川~流れる岸辺。
DPP_13450-1.jpg 
政宗公もこうして仙台の現在の姿を見守っています。
DPP_13407-1.jpg 
学校のある方向を見ているショマです。
金城武さんも見たという超巨大観音様もここから見ればスズ粒、いえ豆粒大。

  DPP_13469-1.jpg
 政宗公のそばで、沢さんと移動しながら存分に回転していました。
 この間、私はショマと2人で待っていました。
 そこで、携帯のメール文字入力画面でショマに文字打ちをしてもらいました。

 ○○ムーコさん(実際は私の本名)と
 ふーちゃんのお母さん(黒ラプ・クーコちゃんのお母さん=沢さん)ときました。
 スズがおこっています。

 と打っていました。
 絵文字などは使っていないものの、にこにことして打ち込んでいて
 
 スズがおこっています

 気持ち的にはこのような感じではないかと思われます。
 怒らせることに成功してよほど嬉しいようです。うーん…。
 
DPP_13433-1.jpg 
人気の撮影スポット、伊達政宗像台座のもとでハイポーズ! と思ったら
かゆいところがあるということで、水筒もリュックもおろし、服を脱ぎ出すスズ。
やめーてー。みんな並んでいるのよーということで記念撮影はあきらめ撤収。

DPP_13434-2.jpg 
持参したお弁当と、柿の葉寿司でランチタイム。
当然のように靴下を脱ぐスズ。
もしかして学校の校外学習でもこんな感じなのでしょうか。。

DPP_13440.jpg 
石垣はとりあえず登らねば…。
足がかりを見つけようとしても、なかなか登れず断念。

  DPP_13444-1.jpg
 昭忠塔という、日清戦争などで亡くなられた兵士の方のための慰霊碑です。

 沢さんとここへ移動したショマスズ、
 台座の上から3人で

 おーい、○○ムーコさぁーん。○○ムーコさぁーん!!!

  と離れた場所にいた私の本名をでっかい声で力いっぱい呼びかけてくれました。
 個人情報保護もへったくれも
 今、私にはないんだ…と思いました(笑)
-----------------------------------------------
仙台城址では主に走ったり回ったり、大声で叫んだり
子どもたちにとっては少しガス抜きが出来た場所であったと思います。
自閉症者が一般の方たちと交わるとき、どの程度までの行動を許容するかと
よく沢さんと話します。
当たり前だけど、私と沢さんのラインは違う。

今回の旅でショマはテンションが高く、それは高揚した気持ちの現れで
本人にとっては好調といえるのかもしれないけれど
付き添う私にとってはゲップばかりしていて困るなぁ…と思うわけです。
なにしろ、コーラを飲んでうっかりゲプというレベルではなく、
自在に出せるうえに、胃が丸ごと口から出てきそうな音が響くので…。
でも、沢さんにしてみたら、これくらいならね全然だいじょーぶ♪ なのだそうです。

で、スズも城址でくるくる回ったり
見えない敵と戦ったり、そりゃあ大忙しだったのですが
私と2人でなら、私はすぐにスズの行動を止めていたでしょう。
大声を出して呼ぶ…も普段なら考えられん…。

いろいろな行動を通しての経験、発散はさせてやりたいけれど
自分の子どもが人様の迷惑になるのは嫌だ…というか
やはり怒られるのが怖いという防御反応のようなものが
母としての私に働いてしまっているんですよね。
外出を楽しむというより、
口うるさく言ってかえって疲れてしまうということもあります。
制限が難しい行動を抑えられる子どもたちにとってもストレスはあると思います。

今回は一応、私と、私の友達の沢さんという形でのお出かけでしたが
沢さんがときおり見せる姿はやはりプロの移動介護支援者としてのものであり
勉強になりました。
メリハリがよくきいていました。
ショマスズのことをよく知っているということもありますが
発散させる場所では遊んでもらう、
ここからは今とは違って静かにという指示が的確。
だから、今回彼らはとても楽しそうでした。

ショマが大好きなヘルパーさんと歩いているときにも感じるのですが
親に見せる顔と、親以外の人に見せる顔はやはり違います。
外出のときもショマは癖でいまだに私の手をぎゅっと握ってきます。
もう大きいので、そろそろ手を離してもいいよと思うのですが
安全に安全にと思うあまりに手を離す時期を私が見誤ってしまったのかもしれません。
ヘルパーさんとは手もつながず、それなりに安全を守ってすいすいっと歩いていきます。
親が定めた許容ラインを越えて行動することは
本人たちにとってもよい経験になっているのだと思います。

彼らの周りにいた一般の方の中には
うるさいな、ゲップの音すごい! と思っていた方もたぶんいるはずです。
それでも、皆さん寛容でした。
これが障害かどうかわからない幼いころの外出だと
親は非常に厳しい目にさらされることもあって辛いところですが
今回は周囲の方の寛容な目に甘えさせてもらったと付けくわえておきます^^


     バナー146  バナー145
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     まとめに入っていると思わせてまだ続きます。

DPP_13605-1.jpg 
母床屋のシートの上で。花びらではなく、スズの黒髪が散ってくる場所。

| 自閉症関連 | 12:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

るーぷる旅~仙台城址・番外編

内職がたくさん入ってきちゃった (´・ω・`)ムー
今日は簡単に、次に向かった先の仙台城址の写真から
妄想劇場をお送りします。
-----------------------------------
  DPP_13424-1.jpg
 むかしむかし、奥州をひろく治めていた伊達政宗という殿様がおりました。
 歴史に詳しくないので詳細はなしよ、でございます。
 
 政宗様の奥方の名前は愛姫(めごひめ)。
 後の世で作られたドラマでは、
 愛姫様の幼少時代は後藤久美子さんが演じられ、
 うわー愛姫様ってほんとに、めごがったんだべなぁと思わされたといいます。
 成長後の愛姫様は桜田淳子さん。くっく・くっくー。

DPP_13418-2.jpg 
おや、殿様が愛姫様を呼んでいるようでございます。
DPP_13632-1.jpg 
ええ、愛姫淳子さんは、さらに後、猫になったのでこざいます。

DPP_13116-1.jpg 
DPP_13072-1_1.jpg 

政宗様に勇猛な片倉小十郎という家臣がいるなら
愛姫様にも、その御身を守る家臣がおりました。
DPP_13175-2_2.jpg  
ふたりはいつも一緒で
殿が不在の折りも、巷では鬼武者として恐れられている左馬介が
愛姫様にぴったんこ寄り添っていたそうな。けっこう昼寝三昧だとか…。
そして…
DPP_12976-1.jpg 
血がつながっているのでは…という噂もまことしやかに囁かれたそうでございます。
                                  
                                  ~愛姫物語・外伝~終~
                      

     バナー141  バナー142
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_13106.jpg 
側室はとって喰う! みたいな。

| 未分類 | 11:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

るーぷる旅~瑞鳳殿

仙台市内を流れる広瀬川を眼下にして、バスは瑞鳳殿に到着。
伊達家三代の霊廟がある場所、ここで一気に人が降りました。

何かにつまづいたか、バスを降りてすぐにびたーんと転ぶスズ。
それを見たショマ、
スズが転んだよ(・∀・)ニヤニヤ スズが転んだよ(・∀・)ニヤニヤ~繰り返し。
馬鹿にしたようなショマの言葉に泣きそうになるスズ。
プライドが傷つけられたか、ショマがボクを馬鹿にしたんだ! と大人に訴え
えぐえぐっとなり一気に混沌とした雰囲気に…。

今のはショーちゃんが悪かった、ほんとだほんとだと沢さんになだめられて
スズも気を取り直し、瑞鳳殿へと続く参道を登っていきます。
バスの中でじっと静かにしていたショマ、
外で一気に魂が解放されたかスズに対して挑戦的。
参道でも僕が一番、スズがビリですとつぶやきつつ、ずんずん上っていきます。

小学校高学年くらいから
ショマにも負けず嫌いの顔がちらほら覗くようになってきました。
昨日は学校からの連絡帳に、「数字のなぞり書きを左手でしました。」とありました。
担任の先生が、左手で書く子が(クラスに)多いねと
言ったことがきっかけとなったようです。
よし僕だって左手で書けるところを先生に見せるぞ! となったように思います。
そこは勝ち負けじゃないよな…とちょっと笑ってしまいました。

それはさておき参道上り、
最も身近なライバル・スズに負けまいとショマに駆け足で上られ…
待ってくれ、スズより母さんがやばい。ビリけっちゅ。
DPP_13322-1.jpg  

  DPP_13327-1_20100421173442.jpg
  左右の杉並木は古いもので樹齢370年余。長生きですね。
  石造りの階段は戦争による焼失を逃れ
  藩政時代からのものだそうです。
  みんなゆっくり歩いて~とお願いするも、どうしても追いつけない私。

DPP_13341-1.jpg 
霊屋(おたまや)に足を踏み入れる前に手を清めます。
ショマスズにとっては完全に水と親しむ場所でした^^;

DPP_13351-1.jpg 
まず涅槃門をくぐり抜けるのですが
DPP_13342-2_1.jpg 
どうも、うちのショマは柵などがあると
そこを乗り越えて行ったる的な心持ちになるような気が…。
禁止されるとますます燃えるみたいな…いけません。横に移動です。

DPP_13383-1.jpg 
この建物が伊達政宗の霊屋である瑞鳳殿です。
DPP_13370-1.jpg 
桃山様式の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築。パンフ丸写し。
昭和6年に国宝に指定されていますが、残念ながら戦災で焼失し
現在の建物は昭和54年に再建されたものだそうです。

再建の際に行われた発掘調査では藩主三代の完全な遺骨が発見されたそうです。
他所様のブログでご遺骨の写真を拝見させていただきましたが
こんなに綺麗に残るものなんだーと驚きました。
資料館は、まぁ今回は入っただけ^^;
以前来たときに、頭骨をもとに再現した政宗の顔も見ました。
復元像もなかなか男前なんですけれど
大河ドラマの渡辺謙さんのイメージが強いので、なんか違うと思ってしまうのです。
渡辺謙の目力恐るべし。
ちなみに推測される政宗の身長は159センチ。うーむ。もっと大きいと思ってた。
渡辺謙の身長力恐るべし。 

DPP_13375.jpg 
伊達家といえば「竹に雀」紋。廟の扉の装飾となっています。
仙台のお土産の定番・笹かまぼこは、この家紋にちなんで形が整えられたとか。
ああ、周りがすべて笹かまに見えてくる…。下から二枚目くらいが美味しそう…。
DPP_13377-1.jpg 
梅の花も桜に見ごろの季節を渡すころ。
花数は少なかったけれど、華麗な装飾の建物に
控え目に華やぎを添える梅の木の姿が美しかった。

DPP_13363.jpg 
こちらは花よりスイッチ。とりあえず突起は押しておかなきゃです
DPP_13397-1.jpg 
そして3人はやはり最後も水周りに戻ってくるのであった。
ええ、瑞鳳殿は私の希望で立ち寄ったものですから。

さて先ほど上ってきた参道の石段。
るーぷる仙台の運転手さんによりますと
上りは62段、下りは70段なのだそうです。
62段は伊達藩62万石にちなみ、
70段は政宗がその生涯を閉じた年齢によるものだとか。
嘘か本当か確かめてみてくださいね♪ と運転手さんに送り出され
確かめたる! と思っていたのに
上りは疲れでひーはーで、
下りは通ってくることすら忘れ、上りを下っていました。
うむ、次に来たときには確かめます。

なぜ瑞鳳殿に立ち寄りたかったのかというと…
上り石段を下って、一直線に向かった先は柿の葉寿司の萬葉さん。
瑞鳳殿向かいにあります。
食べてみたかったんだよね~。
DPP_13675-1.jpg 
柿の葉寿司をぶら下げて、仙台城址へと出発です。


     バナー141  バナー142
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

【瑞鳳殿で見つけた春】
DPP_13392-1_2.jpg

| 自閉症関連 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

るーぷる旅~噴水・るーぷる乗車

今回はまたまた途中まで車で行き、その後地下鉄に乗って仙台駅へ
仙台駅から、るーぷる仙台に乗車しました。

先日のお出かけ記事、ショマスズ街をゆく で
兄弟が “オラたち、ビッグになるだ” と見つめていた先に実は噴水がありました。
仙台市市役所敷地内の噴水です。
視線の先に込められた想いは “オラたち、思う存分水遊びがしたいだ” が
正しかったのかもしれません。ただ、前回訪ねた際は噴水も冬季休業中。 
今回は…

【大好評営業中】
DPP_13304-1.jpg 
水遊び命のショマ、噴水のある家に住みたいスズ、わーっと駆け寄ります。
 DPP_13295-1.jpg 
DPP_13293-1.jpg  

【絵日記風に】
DPP_13286_2.jpg 
 にちようびの しやくしょ だれもいません。
 いちにちじゅう ここで あそびました。
 ふんすい さいこー!!

違う Σ(´д`ノ)ノ  今日はるーぷる☆るーぷる!! 
水を見て喜ぶショマスズ、水を見て喜ぶショマスズを見て喜ぶ沢さん、
放っておいたら、噴水の周りで一日中楽しめそうな3人でしたが
また帰りに寄ります、ということで地下鉄へ。

地下鉄ふた駅で仙台駅。
仙台駅に降り立った瞬間に

 ここが仙台かぁ。

とショマが感慨深げにつぶやいていました。
もう10年以上住んでいるわけなのですが…^^;
番号案内をみんなで確認し、バスプールを目指します。

DPP_13311-1.jpg 
到着~♪
バス停そばに一日乗車券売り場があります。
乗車券売り場では、日本語ではない言葉が飛び交い
おお、旅行に来た! という気分がふつふつと胸の内に湧き上がる仙台在住13年目。

DPP_13314-1.jpg 
るーぷる仙台はレトロチックな外観。
街を走る姿は遠目にもとても可愛らしい。
この写真ではわかりにくいので、パンフレットの写真を掲載します^^

DPP_13674-1_1.jpg 
仙台駅発ですが、車内は早くも混雑。
運転手さんが、一番前の席が空いているよ~とスズを呼んでくださって
スズは一番前の特等席に座ることができました。 
この日最初に乗ったバスは、この4月1日が運行デビューだそうで
車内はピカピカに輝いていました。 

運転手さんがガイドさんも兼ねています。
短いるーぷる旅でしたが、何人かの運転手さんに巡り会いました。
最初の運転手さんと、最後の運転手さんは格別に話がうまかったなぁ。

運転手さんたち、普段は普通の市営路線バスの運転業務も行っているそうですが
るーぷる仙台でだけは仙台市内を案内するガイドさんになるんですね。
運転しながら人前でよどみなく話せと業務命令が下されたら
私なら地獄だ…と感じてしまうと思うのですが 
熱心な話ぶりに 仙台という街を好きになって帰ってもらおうという
運転手さんの心意気も感じられる旅でした。

DPP_13321-1_1.jpg
出発までの時間、誰にでも躊躇なく話しかけるという特技をいかして
運転手さんにバスについて質問するスズ。
ミラーの多さにびっくりしたようです。
運転手さんがちょー優しく教えてくれて、母さんほろり。

るーぷる旅を通して、スズはいろいろな人に話しかけていました。
年配の女性は子どもを温かく見守ってくれる方が多いのでありがたいです。
最近は少なくなりましたが、以前はうわーというようなこと
-ちょっと邪魔なんですけど…など歩いている人に言ってしまう…
ストレートに見知らぬ方に述べてしまって、
そばにいる母さん顔面蒼白ということが多々ありました。
エレベータなど密室は特に危険。
話しかけている相手が近すぎて、ごまかしがきかないので^^;
おばあさんと呼ぶにはまだ若いという方に、おばあさん!おばあさん! と話しかけてみたり
体格のよい人が乗り込むときに、プーってなるんじゃない? と言ったり、
きゃーー やーめーてー 状態に。
最近はそのようなことがずいぶん減ってきて(まだあるけど…)
経験を重ねる過程で不快な思いをさせた方には申し訳ない話ですが
話しかけ、人の反応を見て、その後考えるということも出来てきているのかなと思います。
ええ、女の人はおばあさんって呼ばないほうがいいねと最近も言っていました。

話が逸れました^^;
少々の停車時間の後いよいよ出発。
スズには沢さんが、ショマには私が付き添いました。
スズはなにやら沢さんと話し続けています。
ショマと私は停留所を示す電光掲示板を見て、次に降りる場所を確認。
市内中心通りのひとつである青葉通り一番町、
『荒城の月』作詞者の土井晩翠の生前の居宅、晩翠草堂前を通り抜けバスは走る。
晩翠草堂近くの通りは晩翠通という名称になっています。
晩翠草堂近くにショマの母子通園施設があったので、少し懐かし気分。

途中、中国の作家・魯迅が東北大学留学中に暮らしたという下宿先を
車内の窓から見ることができました。
下宿先は古いたたずまいもそのままに。
東北大学正門がすぐそば。魯迅さん、大学まで徒歩3分くらいか。
アクセス良すぎて羨ましい。
魯迅先生の 『故郷』 大好きだよ~♪ 
『故郷』 しか読んだことなくてすみませーんと別れを告げ
バスは伊達家三代の霊廟がある 『瑞鳳殿』 へ。
ここで降ります♪

運転手さんが途中で消防車がずらりと並んでいる消防署も教えてくれて
るーぷる経路の中で、子どもさんはここが一番喜ぶんだよね♪と言っていました。
いいえ、運転手さん!
消防車もいいけれど、うちの子どもたちはるーぷる乗車に歓喜しているようです!
私は誰にでも話しかけられないほうなので
心の中でスズと親しんでくれた運転手さんに感謝の意を込め、
ありがとうございましたとだけお礼を告げ、ショマの手を引いてバスを降りました。


     バナー141  バナー142
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     旅タイトルなのに噴水(旅?)だけでごめんなさい。
     続きます^^

| 自閉症関連 | 17:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

るーぷる旅~序

先日、ショマの制服を取りに街へ行ったという日記をアップしてすぐ、
『まるは呂具。』 の 沢さんから連絡がきまして、何事か!? と思ったら、
お出かけの様子を読んでよだれが出そう、
いつか、ちぃちゃん(スズ)と出かけたい~~♪という話でした。

いやもう、うちのスズでよいのなら…。
沢さん、現在は都合で福祉事業所を閉められていますので
ショマスズのような子どもたちとの触れ合いが足りない、
そして欲している模様です。

お互いの家では頻繁に行き来して、
ショマスズのこともたいそうめんこがってもらっているわけなのですが
家ならば私もいて、ある程度ショマスズ2人とも自制がきく状態、
大好きなゲームやテレビ、おもちゃもある。
そうではなくて、ゲームも何もないお出かけ先で
2人がどのような行動に出るのかを見たい、というか楽しみたいという…奇特な。
特にスズのジャンプを見たいという…くるっくる回るよ~外出先では。

いやもう、外出好きなスズのためにもまたとない申し出。
ただ、沢さん対スズ(対決?)、一対一での外出をお願いする前に
私からも図々しいお願いがひとつあるとお願いしました。

 
 るーぷる仙台に乗って子どもたちと仙台周遊がしたい。

※るーぷる仙台とは?
  仙台駅発着で、仙台市内観光地を循環するバス。
  平日は20分おき、土・日・祝日は15分おきに運行。
  停車するバス停は全部で15箇所。

スズは校外学習で電車やバスなど
公共交通機関を利用する機会が増えました。
バスや電車で出かけるのがよほど楽しくてたまらないのでしょう。
校外学習のことを綴った作文では必ず電車・バスに乗ったという記述があります。
昨年度最後のスケート校外学習では、スケートの後ジャスコに立ち寄り
ジャスコの無料バスで帰ってきまして、大興奮。

 ジャスコバスにのっておかねはらわずにいきました。
 ジャスコバスにはじめてのりました。
 むりょうなのでうれしかったです。
 スキッリしました。
     (スケート校外学習作文より)

バスに乗ってやった、しかもタダで! という達成感・爽快感が
スキッリのひと言に集約されているなぁと感じました。
スッキリと書いてくれれば、
読み手としてはなおすっきり気分が味わえそうですが細かいことはいい。

我が家では夫のパニック障害は小康状態とはいえ、
まだバス・電車に乗ることは出来ません。
パパは電車・バスは乗れないと、スズは察していて
乗れたらいいのにな~と思ってはいるのだろうけれど、
それを執拗に要求することもありません。
夫もスズにごめんねと言っていますが、無理は禁物。
乗りたいのに夫には言わないというスズの気遣いがありがたくもあり、
まだ小さいのに気遣いさせて申し訳ないなぁと夫婦で思っています。

いつか、るーぷる仙台に乗って仙台市周遊のミニ・バス旅をと願っていたのですが
私も2人を引き連れて混雑するバスで安全を保てるか
情けないことにいまひとつ自信がない…。
10年程前に一度だけショマを連れて、るーぷる仙台に乗ったことがあります。
人気の観光地周辺は乗り降りだけでひと苦労という印象が強くて。

その辺りの事情も沢さんは知っているので
いいよ、行こう! るーぷるに乗って行こう! と言ってくださいました。
桜の時期は混むだろうし、連休も車が動かないほどの混雑だから
早くても5月の連休を終えてからかなと計画。
でも、雪が積もるほどの最近の寒さで桜の開花は遅れています。
そして、この17日・18日は夫が仕事で青森。
ならば、前倒しで18日行っちゃう? と昨日るーぷる旅実現しました^^
続きます♪


     バナー141  バナー142
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

ちなみに、るーぷる仙台の一日乗車券は大人600円、子ども300円です。
ジャスコバスとは違って(当たり前ですが)有料なので
そのあたりのスキッリ感はスズには薄かった…かもしれません。 

| 自閉症関連 | 12:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生命は時のくさりをつなぐ

先日、学校から家へと戻る車の中でスズから
魚はどこからくるの? と質問を受けました。
漠然とした質問だなぁと思ったのですが、なんとか答えようと思う母。
母の答え=えーと…魚は卵を産んで、卵から魚が生まれます。

運転中だったのでスズの表情は見ることができませんでしたが
あ~あ、母ちゃん何アホなことを言ってんだ的な空気が漂い
一瞬の間があって、
違うよ、最初に水の中に魚はいなかったでしょう。
その魚はどこから来たのかということだ…と質問され直されました。
このようにはっきりした言葉ではなかったけれど、
内容は卵が先か、鶏が先かの魚バージョンであったのです。
こ、これは難しい…。
DPP_13188-1.jpg 
ますます答えられなくなっているうちに
母さんに質問したボクが馬鹿だったと思ったか、終日雨模様だったこの日、
雨はどうして降るのか答えてよ! と強い口調で質問されました。
これならなんとか…まず雲が出来て…えーと雲が出来て…
まごまごしているうちに、またも 違う! と答えを遮られて
雲の上に工場があって、上からじょうろで水をかけてんの、
その工場はどうなってんの!? と…。工場…じょうろ…。

スズが求めている答えが
科学的な事実に基づいたものなのか、
ファンタジー的な要素を含めてほしいのかわからんけど…
支援学級の子のカリキュラムにも理科があるといいのにな。
(※6年間を通して生活という授業はありますが、
 理科・社会として分科はしないのです。)
実験なんかは目で結果が見えるし、好きな子ははまると思うんだけれど…。

前置きが長いですが^^;
上記の話を数日前に電話で沢さんに話したところ
とってもいい本があるよ、今度持っていくよ! と教えてくださいました。
で、すぐにスズの誕生日があり、
沢さんが書店で購入して早速スズにプレゼントとして渡してくださいました。
最近、戴いたものの話ばかりだわ…。

DPP_13228-1.jpg 
バージニア・リー・バートンさんの 『せいめいのれきし』 と 『ちいさいおうち』 の2冊。
私は絵本を読んだ経験が少なくて、
恥ずかしながら 『せいめいのれきし』 という本を知らなかったのですが
初版発行が1964年で、2008年時点で60刷ですから、
長く人々に愛されている絵本なのでしょう。
プレゼントしてくださった沢さんも小さいころに繰り返し読んだといいます。

DPP_13242-1.jpg 
スズに読み聞かせる前に、私が読みました。まぁこの本の面白いこと。
右ページの左隅にちっさく男性が立っていますが
天文学者、地質学者、古生物学者、おばあさんたちがナレーターとなって
1幕1場、3幕4場…という形で舞台形式で
地球の誕生、せいめいの進化の世界へと誘ってくれる。

肝心のスズはというと、まだ長いお話をじっと聞いているだけの集中力がなく
4月15日発売のコロコロコミックのほうに夢中なのであった。
おい、魚はどこから来たのか知りたいんじゃなかったのか!?
正直に沢さんに教えたところ、だね~たぶんまだ難しいだろうから
質問があったときに
テキスト的に一部を見せるとかそういう使い方がいいかもねと教えてくださいました。
いつ質問がくるかわかりませんから、いつもそばに置いておかねば…。
運転中は無理だけど。(※なぜか難しいと思う質問は運転中が多いです。)

本の話に戻りまして、
地球の誕生、せいめいの進化と幕が進んで
にんげんの暮らし、にんげんの暮らしのなかでの季節の移り変わり、
日が沈み月がのぼり、また日がのぼり新しい人間の暮らしが始まる…と
次第にスケール的には小さな話になっていくのですが
この小さな人間の営みがまた新しい歴史を作るのだと
気付かされる構成になっています。

最後は、このあとはあなたがたが主人公です。と
読み手であろう子どもたちに話を託される。
ああ、とても素敵。じんとくる。

 ぶたいのよういは、できました。時は、いま。場所は、あなたのいるところ。
 いますぎていく一秒一秒が、はてしない時のくさりの、新しいわです。
 いきものの演ずる劇は、たえることなくつづき
 ―いつも新しく、いつもうつりかわって、わたしたちをおどろかせます。
                       本文 最後のページより

DPP_13239-1.jpg 
果てしない時間の中で私たちが生きるのはほんの一瞬。
それでも毎日は新鮮な驚きに満ちている。
スズには生きていくのは難しいと思うことがこの先たくさんあるだろうけど、
やっぱり生きていくって素晴らしい ヽ(´▽`)ノ ことなんだよと声高く叫びたい気分。 

日中はコロコロコミックで熱心にツッコミ勉強中のスズですが(笑)、
夜眠る前に少しずつ一緒に読み進めていきたいと思います。
 

     バナー139  バナー140
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 07:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風はエーゲ海から吹いている

昨日はスズの9回目の誕生日でした。

母の私が自分の誕生日についてブログで書いているというときに
スズ宛てにお祝いのメッセージを
コメントをいただく納言子さんやBelleさんからいただきました。ありがとうございました。
『けせらせら、なニッキ』  のみゆこさんからはFAXを。
DPP_13248.jpg 
私たち夫婦がスズのことを、最近ますますリアルモンチッチだな…とひそひそ囁くなかで
こんなにも可愛らしく描いてくださって。・゚・(ノ∀`)・゚・。 ありがとうございます。

誕生日の朝を迎え、9歳だね! おめでとう!
私も母としてお祝いの言葉を述べました。
でも、本人はきゅっと表情を引き締め、にこりともせず、まだ9歳じゃない! と言います。
えっ、生まれた時間知ってんのかしらん…
朝7時に生まれたからもう9歳になってるけど…と思ったら、

 まだだ。まだろうそく消してないから!

力強く教えてくれました。
ということは…ケーキ用意するのを忘れてくれるなよ! ということでもあり。
リクエストはまたまた31アイスクリームのアイスケーキ。
ひな祭りアイス事件のことがあり、
店頭に赴くのはもう少し間を空けたかった小心者の私…。
ですが、ええリクエストですから、カウンターでうつむきつつ買ってまいりました。

アイスケーキはかなり大きい箱に入っていることが予想され
冷凍庫にすっぽりおさまることはないだろう…。
一気に食べきりたい。なんとも勝手な理由で
いつものメンバー、『まるは呂具。』の沢さんと友人Sさんに来ていただきました。
急な誘いだったにもかかわらず駆けつけてくれて
スズもぼくの誕生日に来てくれてありがとう♪とご満悦。

子どもたちだけご飯を早めに済ませ、ケーキの時間。
早くケーキを食べないとドライアイスがなくなって溶ける~~。
アイスケーキもいいけれど、冷凍庫が小さい家にはお勧めしまてん。

さて、このアイスケーキに入っているドライアイス。
最初、いかにも手で触ってしまいそうだと思い、
危ないよ~触らないでよ~とスズに注意していたのですが
沢さんがどんなものか実際に見てもらうのもいいかもと提案してくださり、
別容器にドライアイスを入れ、お湯を注いでプチ実験タイムとなりました。
DPP_13262.jpg 
私が先に危ない危ない言ってしまったもので、遠巻きに見ていましたが

DPP_13265-1.jpg 
もくもくと 煙? が出てきたら驚き大喜び^^

自分でも自覚があるのですが、子どもに対して過保護なところがあり
何かをやろうとする前に危ないよ、やめなさいと言ってしまうことがあります。
この驚きの口とんがりを見まして、ドライアイスに限らず、
大人から見たら危ない、無理だと思えることでも
しっかりと大人がそばで見ながら、まず挑戦させてみれば
子どもにとって新しい知識、発見、驚きにつながることもあるのだろうと思いました。

DPP_13256_2.jpg 
Sさんのお嬢さんのKちゃんからはお手紙をもらい
誕生日気分が盛り上がってきたところで、ろうそくに火をつけることとします。
まず、付属のこんぺいとうなどでスズとKちゃんにケーキにトッピングをしてもらいました。
すみません、ここからの様子は動画で^^
タイトルの由来も動画の中からです。
※素敵な歌声が音大きめで入っています。



DPP_13284_2.jpg 
このろうそくの火が消えた瞬間、スズは九歳になりました^^(ホントは朝の7時…)
-------------------------------------------
余談で…
DPP_13253-1.jpg 
昨日はSさんの愛犬、みかんちゃんも来てくれました。
DPP_13259.jpg 
久々のみかんちゃんとの対面に小梅がどう出るか心配だったのですが
昨日は終始みかんちゃんに優しかった小梅さん。
小梅ちゃんどうした、いつもと違うざわざわざわざわ…となりました…。
そのかわり…
DPP_12699-2.jpg 
みかんを前にウーシャー興奮状態の左馬介。
左馬介どうした…いつもと違うざわざわざわざわ。
あまりにピリピリしていたので写真を撮る余裕もなく、、これは前に撮った写真です^^;
先日遊びに来てくれた黒ラプのれおん君は大丈夫で
沢さんの愛犬ゴゴ君、クーコちゃんに対してもいつもフレンドリー。
みかんとて左馬介に対して何をするわけでもないのに、
立ち耳だからか!? が人間の考えた理由です。(ラブラドールは左馬介にとって猫族?)

また近寄らなきゃいいものを、何の使命感かみかんちゃんを至近距離で威嚇。
DPP_13210-1.jpg 
実際はみかんと左馬介の間を通りすがった竜太にバチンと猫パンチを浴びせ
みかんと左馬介の間にいた沢さんの御御足にもパンチを浴びせ…
みかんに怪我がなくてよかったけれど、お招きした沢さんには申し訳ないことでした。
 

     バナー139  バナー140
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 23:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mへの愛、海を渡る

またまた私の話で恐縮なのですが
先日、誕生日メッセージを頂戴したBelleさんから
プレゼントも頂戴してしまいました。
Belleさんありがとうございました^^

先月の誕生日に間に合うように発送してくれたそうなのですが
残念ながら届かず、遅れての掲載になってしまいました。
どうもBelleさんのいらっしゃる英国は郵便事情が
日本ほどよろしくないということで…

【英国】
DPP_12881-1.jpg 
【日本】
DPP_12739-1.jpg 
ああっ英国の業界の方に私ったら失礼なことを
もう届かないかもしれない…と嘆くBelleさんでしたが、
ある日、家に戻ったら素敵な小包が届いていましたヽ(´∀`*)ノ
一週間遅れくらいで届いたようです。一週間どちらに…?

早速、包みを開けると素敵な品々。

【ショマにペンケースのセット】
DPP_12940-1.jpg 
英国で人気のサッカーチームということなのですが
ワタクシ、非常にサッカーというスポーツに疎く…
ベッカム選手がいるのかしら?
そもそも、このチームの名前は、なんとお呼びするのかしら。
チェルシーファンクラブ、チェルシーファイトクラブ…ちがうよね。
わからなくて申し訳ないくらいなのですが、
鮮やかなブルー、これがロイヤルブルーかしら? で
統一された鉛筆、消しゴム、定規をペンケースに入れて
ショマは月曜日から学校に持って行っています。
今、調べたらわかりました。
名前はチェルシーフットボールクラブであることが…。なるほどフットボールときたか。

DPP_12908-1.jpg 
私にCath Kidston のバッグ。
可愛らしさの中にもポップな感じで、届いた翌日から持って出かけています^^

DPP_13067-1.jpg 
スズには別便で絵葉書が届きました。
Belleさんがお出かけになられたベルリンから。
DPP_13037-1.jpg 
イギリスだけでなく、
ご夫婦での旅行での滞在先からいつもこうしてカードをスズに送ってくださいます。
細やかな心遣いに感謝です。
---------------------------------------
さて、ここまでのプレゼントも大変素晴らしく、
それはもう~時間をかけて選んでくださったというお気持ちもうれしいもの。
でも、もうひとつ目玉プレゼントがありました。紹介させてください。

DPP_12805.jpg DPP_12813.jpg
DPP_12808.jpg DPP_12803.jpg
帆布に浮かぶアルファベット。可憐な花文字がアクセント。
して、その正体は?

【三越・ロンドンバッグ!】
ベルちゃんありがとう 
私がいつもここで、私の母K子がいかに三越が好きかと連呼しているので
Belleさんがお母様にもぜひ…とロンドン三越30周年記念バッグを同封してくださいました。
びっくり…というか、見た瞬間に吹きだしました。

【世界へ羽ばたけ三越鳩】
 _49679c2ada36f_20100415140652.jpg 
三越の包装紙で鶴を折った日の日記から、母の三越好きを吹聴して数年。
まさか母の三越好きが国際化する日がくるなんて。

  DPP_12817-1.jpg 
 もう少し暖かくなったら、母もまた愛してやまない仙台三越にやってくることでしょう。
 そのときはこんな風に、ロンドン三越記念バッグを下げていってもらいましょう。
 たぶん、すっごく喜ぶと思います。
 そんじゃそこらの三越好きとは違う! という
 アピールになることを娘としてほのかに期待しています。 


     バナー139  バナー140
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

【あわてないあわてない、ひと休みひと休み】
DPP_12873-1.jpg 
自分の日記を三越で検索したら、いっぱい記事が出てきてびっくりしました。

| 未分類 | 14:13 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白の宝石・銀の宝石

ショマがワイシャツ第一ボタン外し出来るようになりました。パチパチパチ。
第一ボタン止めはまだ難しいようですが^^;
本人にも早く起きて支度しようという意識があるようで
今までと少し違う支度の手順にもなんとか慣れようと頑張ってくれています。
昨日も今日もショマは早めに支度を終え、
あら! 出発まで時間に余裕まで生まれちゃってる♪

昨日の朝、では早めに出かけようか! というときに
スズがトイレに行きたいと申しました。
彼の用足しの時間は非常に長い。
学校のトイレが怖いといまだに言い、入ることに躊躇があるようなので
家で済ませられるときには、なるべく済ませておけば本人も安心だろう。
幸い時間もある。
いいよ~ゆっくりしてきな~(そして、スッキリしてこい!)と個室へと見送りました。

やっぱり長くて、なかなか出てきません。
せっかく早く支度ができても、これでは出発時間ギリギリか。
しかし、生理現象をせかすのはどうだろう。
しばらく我慢…我慢また我慢我慢……だめだ時間だ。我慢の限界!!
まだかな~??? おそるおそる声をかけると

 お母さん、トイレがおっきくなっちゃったんだ

くぐもった声が聞こえてきます。
トイレが大きくなる…もしや!  
バーンと扉を開けると、
今にも便器から溢れんばかりの水を前に困惑して立ち尽くすスズ。
なんてこった~トイレがおっきくなってるZE! つまり詰まってるぜ(;´Д⊂)

でも大丈夫。こんなときにあってよかったスッポンカップ♪
あっという間に詰まり解消♪
竜太が便秘のちスッキリ晴れのときに、
捻出されたものでトイレを詰まらせることがあって常備しているのです。
よかった、遅刻しないで済んだのも竜ちゃんのお陰だよ。
DPP_11707-1_1.jpg 

紙を使いすぎて詰まらせてしまったようです。
紙を使いすぎる傾向があるのはわかっていたので
一回分の紙の分量はこれくらいと教えているのですが
スズは潔癖なところがあり、手についたら嫌だという危機感が強すぎるようです。
インフルエンザ流行時も、
ウイルスがついたら大変だ! と家でも消毒、外出先でも何度も消毒。
手から潤いが抜けてガサガサになってしまいました。

家では犬、猫がいるので
排泄という行為が大変身近なところにあり
おしっこやうんちが出ないとスズのかわいこちゃんたち、
小梅や愛姫の体の調子が悪くなるとはスズもわかっているのです。

それが、こと自分のこととなると、
自分から汚い、そして臭いものが出てくるって嫌だな~と感じているのではと推測します。
そんなに崇高な存在か…臆することなくバリバリ出しゃいいのよ。
あ、だめだ、私の感覚でそんなこと言っちゃ。
個室での出来事ですから、自分だけでなく皆がそうなんだと理解するのは
時間がかかるかもしれませんが
紙のおよその適正量(実は私も適正がどれくらいか真実はわからない…)を教えながら
排泄は汚いことじゃないよ~と時間をかけて伝えていかねばと思った出来事でした。

汚いものに対する漠然とした嫌悪があるせいか
自分の見た目をかっこよく見られたいという意識もスズは高くて、
(かっこいいの価値観が世間一般の認識と合致しているかは別として…)
最近では歯を熱心に磨いています。

かなり時間をかけて磨いていて、
まぁこれは虫歯予防のためにもよいことだなぁと思っています。
宝石の歯になりたいのだそうです。
でも磨けども磨けども、なかなか宝石の歯にならないと言うのです。
仕上げで私も口の中を見て、磨いてあげます。
一人でやったにしてはなかなか綺麗に磨けているような…それなのに。

 お母さんみたいに宝石の歯になりたい。

なぜ不満なのか、そしてスズの目標が、彼自身の言葉から判明しました。
私の写真ではいろいろとアレなので、左馬介に協力してもらいました。

【キラリ 宝石の歯】
DPP_13005_1-2.jpg 
左馬介の歯はまだ若い彼らしく、横からはみ出てもキラリと白いですが
私、笑うと左の口元から銀の宝石、もとい銀歯が覗くんですね。
以前、歯医者に行ったときに奥にかぶせてもらったもので
歯医者さんは、奥だから笑っても銀歯は見えないって言ったのです。
ええ確かに言った。
ただ、私、人様より口が大きめでして、歯医者さんそこんとこ計算に入れてくれよと。
笑うと口の隙間から銀の滴がこぼれ落ちるようにキラリ。

お母さんはどうして宝石の歯なの。
宝石の歯になりたいなりたいと頑張って磨き続けているスズを見ると
歯磨きのモチベーションになるなら、しばらくついていてもいい嘘なのか?
銀の宝石に憧れて磨き続ければ磨き続けるほど、
遠のいていくという真実を告げたほうがいいのか? まだ決めあぐねています…。

  100413_143651-1.jpg
 まだ宝石にならないなぁ。車内のミラーでもチェック。


     バナー139  バナー140
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 13:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドデカバッグを下げて

月曜日を控えた日曜の深夜。昨夜のことです。

子どもたちは寝静まり、ショマの中等部本格登校に向け
私、準備にいそしんでおりました。
名前の書き忘れはないか、学校で使う体操着やエプロンをカバンに詰め…
内職で使う資料の整理もやる気のあるうちに終わらせちゃおう! と
一階と二階を行ったり来たりしているうちに
時計の針は午前3時を指していました。

そろそろ寝るかな…寝過ごしたら元も子もないと思ったそのとき、
子ども部屋の闇の中から声が響いてきました。

 お母さん、明日中等部楽しみです♪

ひぃっっ! 深夜の楽しげな声にほんとにびっくらこいた……。
楽しみにしすぎです。
近づいてみたら微笑みまで浮かべていました。
月曜から本格登校、さらに火曜日からはお楽しみの給食が始まるので
興奮してお喋りがとまらず、前夜なかなか寝付けなかったショマ。
寝付いたけれど、学校・中等部・学校・中等部・給食・中等部…と
学校に対する思念が頭に残り、眠りが浅かったのでしょう。
楽しみだけどもう寝なさいねと声をかけて寝かせました^^

朝6時、ショマの友・アラムの音ではりきって起きてきました。
さあ、新生活!
新生活の朝の支度には様々に難しいことがあると予想されます。
DPP_12770-2.jpg 
DPP_12771-1.jpg 
細かいことを言えば、
シャツはズボンの中に入れる! 靴下のかかとは甲にもってこない! なども挙げられます。
本人は自分で着替える! 頑張る! とはりきっておりまして
その意欲は高額で買ってあげたいのはやまやまですが
今日の出来あがりを見たらボロボロ(笑)
シャツのボタンが固くて止められず、シャツはズボンから豪快にはみ出し、
ボタンがかかっていないシャツの襟の上にネクタイがぶら下がっておりました。

制服を着る練習を始めてまだ数日です。
シャツの襟やボタン部分はまだ本当に固くて、私でも外したり止めたりするのがひと苦労。
しばらくはやり直しの時間も見越して朝の支度をせねば! と誓いました。

【最も見越しておかないといけないのはスズの支度時間であったり…】
DPP_12774-1.jpg 

   【ではニュー通学カバンで元気にいってきま~す♪】
   DPP_12775-1.jpg 

DPP_11264-1_20100412204731.jpg 
DPP_11376-1_20100412204758.jpg 
DPP_12821-1.jpg 
ええ、少し大人っぽく町で見かける学生さんのような感じもよいな~と
肩がけバッグにしてみたらかなり大きすぎて…。
荷物の多い月曜・金曜はまだよいとして、他の日は違うバッグにしようかと。
おにゅーの意味ない _| ̄|○ ガクッ・・・

でも、通学途中で大きな制服、大きなバッグを持つ子何人かとすれ違って
ああこちらさんも中学校なのだな~^^ とわかりました。
至るところで、登校の日を迎えた人たちがいて、
初日はどうだったかなと思い、待つお母さんがいるのだろうと想像しました。
子育ての形様々あれど、うちの子もなにはともあれ成長しての中学生。
ちょっと嬉しさがこみあげる ^^

今日はお昼で帰宅。
バスから降りてきて、中等部の勉強とっても楽しかった! と笑顔で報告を受けました。
新しい友達の名前教えてくれるかな? と聞いたら
早速、クラスすべての友達のフルネーム教えてくれました。
合っているかどうか私にはわからない…ではなく、間違いなく合っているんだと思います(笑)
仲のよい友達はできるかな?
たぶん…とても気になる子、お友達になりたい子がいたら
カーナビに名前を入れて私にもわかるように教えてくれるでしょうw

     バナー139  バナー140
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

 【リュタタ社長より、ちょこっとお知らせ♪】
リュウコメ7778-5 

いつも応援のクリック、お手数をいただきありがとうございます<(_ _)>
この場を借りて励みにもなり、ありがたく思っていることをお伝えしたいと思います。
今日から自閉症児育児のほうにカテゴリーを変更します。
かといって、専門的知識の記述が増える…ということはありませんが(うわぁ…)
自閉症児のいる家庭の暮らしを気軽に覗いていただけるように
なるべく楽しく日々のことを綴っていきたいと考えています。
今まで障害児育児のカテゴリーから訪問して読んでくださった方にもお礼申し上げます。
改めてよろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 21:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

可憐さが崩れるとき

DPP_11558.jpg 
ある家庭の末娘の愛姫ちゃん。
瞳の輝きは闇夜を照らす月光のようでもあり
昔話に出てくるかぐや姫とは、このようなおなごであったかと
ある家庭内において大人気を博している女の子でございます。

DPP_11528.jpg 
めーちゃん♪ と呼びかけると、かそけき声でぷーと返してくる様に
家庭内男子はめろめろになっているといいます。
今すぐ使いたいめろテク、のような気もしますが
書き手である女子の私が、ぷぅと頬を膨らませても
家庭内男子の支持を得られるかどうかは疑問…。

また家庭の長男、某Sマだけは、ときおり愛姫ちゃんとよく似た左馬介君という男児に
めーちゃんかわいいね♪ と声がけしていることがあるので
真実可愛い可愛い♪と思っているのかも疑問…。
周囲に合わせて、可愛いと言っているところがあるのではないかと予想されます。
が、ひとまず置いておいて。

DPP_11529.jpg 
このように大胆なポーズを取ることもありますが
愛姫ちゃんに限っては、そっと恥ずかしげに添えられた右の手が(・∀・)イイ!!
なんという可憐な仕草なのだ!!  と変換されてとらえられているといいます。 
清楚で可憐、家庭内男子(特に某夫)の女性への夢・理想を一身に背負っているのです。

     DPP_11560.jpg 
    そんな愛姫ちゃんを覆う白い霞。

DPP_11573-1.jpg 
白い存在感。ここでは霞の姫とでも呼びましょうか。
DPP_11567.jpg 
最初は微妙な距離が開いていますが
DPP_11586-1.jpg 
次第にかぐやの姫と霞の姫の距離は縮まり
DPP_11601-1.jpg 
DPP_11604.jpg 
やがて、月の光を放つ瞳まですっぽり隠されてしまうことが多いといいます。
--------------------------
DPP_12247.jpg 
また、ある夜もぎゅうぎゅうとひしめき合っているうちに刻々と寝姿は変わり
DPP_12275-1.jpg 
またまた霞の姫が幅を取ってしまいました。
そんなときに後ろの姫の顔をそっと覗いてみますと
DPP_12277-1.jpg  
ああっ可憐さがなくなっている! と書き手女子はびっくりしてしまうこともあるといいますが
深夜の出来事ゆえ家庭内の男子は知らず、夢が壊れることはありません。
めでたしめでたし。 終。


     バナー137 バナー138
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 10:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兄弟の制服、スーツ姿に思う。

  
     【冬篭りを終え、本格的に窓が開いた日】 
            DPP_12751-1.jpg

仙台でも桜がほころんだというニュースを耳にするようになりました。
私が昨日見た桜はまだ蕾のままでしたが、
ほころびかけた蕾で桜の木全体がほのかに桜色を帯び、
周囲の空気も桜色にほんのり染まりそうな風情。

卒業式を終えてから長い休みに入ったショマ。
休みの間、明日から中等部ですね! とショマに話しかけられ…
ううん4月8日からだよ~と教え、
そうか! 4月8日でした(照)というやりとりが連日繰り返され…
そのはりきりぶりに対してなんだか申し訳ないくらいの気持ちでしたが、
昨日待ちに待った中等部の入学式を迎えることができました。

    DPP_12565-1.jpg  
入学式出席前に私と二人で撮った写真です^^
160センチサイズの制服はぶっかぶかで、
ズボンの裾は長く、ウエストもゆるゆるですが
今後成長して体にぴったりと合ってくれることを期待したいと思います。

DPP_12600-1.jpg 
桜の花も美しく、入学式を彩ります。
小学部の入学式も合同だったのでまだ小さな子がたくさん。
お母さんを求めて泣いている子もいて、その姿も微笑ましく…
親御さんにしてみたら気が気じゃないと思うのですけど^^; 

DPP_12661-1.jpg 
中等部では在籍するお友達が増え、クラスは3クラスになりました。
クラスメートとはじめての顔合わせ。
お友達の転入・転出があり
小学部の一年生の春から6年間を通して在籍しているのはショマひとりだけなのです。
代表して学級活動のはじめと終わりの挨拶をショマが任せてもらったのですが
こちらを振り返り、泣きそうになりながらの挨拶。
ずっとやってきたことですが、
今まで一緒だったほとんどの友達とクラスが離れ、不安もあったのかもしれません。
黒板に貼りだされた新しい友達の名前は読み上げていて、興味津々のようです。
大人でも新しい生活に対応していくのは大変なこと、
きっとすぐに慣れるよ!! と心で呼びかけておきました。
楽しく実り多い三年間になることを祈るばかりです^^
--------------------------------------------------
昨日は夫が出張で仙台に来ていましたが、
会議出席のため、ショマの入学式に出ることは出来ませんでした。
それは仕方ないとして、
入学式は午後からなのでスズを伴っていかなければならず…。

【入学式後、庭の埴輪と親しむショマスズブラザーズ】
DPP_12673-1.jpg 

【友人Sさんの旦那様に写真を撮ってもらう~花輪の中でハイポーズ】
DPP_12642-1.jpg 
正面から見ると、まるでスズの入学式かのようにノリノリでございます。

式の間、一応席に座っていたものの
椅子の上でなにやら動いたり、喋ったりして落ち着きがない。
頼む、少しだけ我慢してくれ! とハラハラしっぱなしでしたけれど^^;
校長先生の祝辞を聞いているときに

 お母さん、校長だけに絶好調ですね

このように囁いてきて
なんつーしょーもないことを、と思いつつ不覚にも吹きだしてしまう…。
いけないいけない。

     DPP_12657-1.jpg  
    
驚くべきは、先日ショマが卒業式に着た150センチサイズのスーツが 
上衣だけなら、すでにスズがさほど違和感なく着られること。
また小学校の卒業式で新調か…と思うと…
スズは少し体の成長ゆっくりめでもいいよ! と思う入学式でした。
   

     バナー137 バナー138
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 13:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水槽の中で泳ぐ

前回の続きです。

学校には毎日、前日の出来事やスズの様子を記した連絡帳を提出するのですが
この返事の分量が多い先生でした。
学校でその日何があったのか、お迎えの時間にさーっと聞いて
帰宅後、連絡帳を開いてさらに確認する。これが楽しみでした。
今日はいつもとかなり様子が違ったぞというときには
周囲の先生などにも聞き、およその原因を探って
携帯電話で連絡をくださったことも何度かありました。
連絡帳や電話の話をもとにして、この話を今日は家でもしてみよう、
逆にこの話は本人も触れられたくないだろう、
ゆっくり休ませて、ねぎらいモードでいこか…など判断ができる。

学校という場所は親から離れて過ごす、自立への一歩となる場所ですが
何が起きているのかわからなければやっぱり心配 (;´・ω・`)
だから細かに様子がわかる連絡帳が返ってくるのは親として大きな安心感がありました。
ただ、先生も数人分の連絡帳を短時間で詳しく書いているためでしょう、
字がミ…ミミズ化しているときもありました。
私ももともと悪筆なうえ、
たった2人分ですが朝のバタバタのときに記しているのでミミズ化…。
お互いにしか何を書いているかわからないような連絡帳が
2年間でかなりの数になりました。
今気付いたのですが、先生が判読できていたかどうかはわからないじゃないか…。

 ますます明るく、ますますパワフルに成長した1年でしたね。
 とにかくポジティブに、プラス志向で、明るく考えていけるかぎり
 成長が続くと思います。
 今後は高い次元でカベにぶつかって自分で乗り越えることを身につけると
 社会的自立に向けての大前進となりますが、
 それはこれからゆっくり身につけていけばいいと思います。

これがスズに向けての連絡帳最後の記述になりました。
この2年間でスズは本当にたくましくなった。
出来ることがたくさんあるんだぞという自信が、
あれこれ自分でやってみたいという意欲につながっているように思います。
ときにその自信が少し困った事態につながることもあるけれど
(ex  車に無数の傷が付く 笑)
出来ないとまず先に言うことが少なくなり、
表情がこわばることも減り、笑顔が増した2年間でした。

離任式の挨拶で先生が子どもたちに向けてクイズを出されました。

 ? 水槽に一匹で飼っていた魚が餌を食べなくなってしまいました。
  餌を食べさせるようにするにはどうしたらいいでしょう ?

答えは、水槽に別の魚も入れてやる、でした。
そうすればもといた魚もえさをたくさん食べるようになるそうです。
もうこのあとは、涙ではっきりとした言葉はうろ覚え…ですが、
この水槽の中の魚のように
子どもたちと一緒に過ごす先生でありたいと考え接してきたと言われていたと思います。
もといた魚が子どもなら、後から入る魚が先生。

この話で闘魚(ベタ)という魚のことを思い出しました。
闘魚は縄張り意識が強く、雄同士で水槽に入れておくと
どちらかが息絶えるまで闘い続ける。
だからショップなどで売られているの闘魚はたった一匹でコップの中。
自分のことになってしまうけれど
私は人見知りなので、他の人と極力関わり合いにならず
なるべくひっそりと生きていきたいとずっと思っていました。
(一応、攻撃性はないつもりですが…)
コップの中の水の底でたった一匹で過ごす闘魚は寂しいのだろうか。
人間から見れば寂しそうにも見えるけれど…
誰とも接することがないのなら傷つけることもなく傷つけられることもない。
それはそれでたぶん幸せなのだろうと。

ショマの様子が少し他の子とは違うぞとわかって
最初に療育に誘われたとき、
現状をなんとかしたいけれど、
人との接触が増えるのは怖いな、嫌だなぁと感じていました。
誘ってくれた方には、雨が降らなかったら行く…と
よく訳のわからない理由付けをして答え
雨降らないかな…とも心の片隅でひそかに思いながら、その日を待ち
でもはじめて療育に出向くことになった日は快晴でした(笑)

あの日からショマスズの療育を通して出会う人が増えました。
出会って別れてを繰り返しながら、人と繋がっていく。
別れはきても、出会った人からいただいたものが
私たち親子の血肉となって、体を巡っているのを実感します。
ひとりきり水底でじっとしているのではなく、水槽の中に親子一緒に入る。
親子ともども、どうやって生きていくのかを学び、思い、
少しずつだけどたくましくなる。

先生はこの小学校で子どもと過ごす時間が至福のときだったと
文集に記していらっしゃいました。
それは子どもたちにとっても同じであったと想像します。
スズが飛び込んだ水槽は今は小さなものだけれど
この中で喜び笑い、ときにぶつかりあい葛藤しながらの日々が
いつかもっと大きな場所に入ったときに
より力強くたくましく生きていくための力になる。
別れはつらく悲しいけれどそう信じて、また毎日を過ごしていきます。

DPP_11889-1_1_2.jpg 
DPP_11870_1.jpg 
美文字ではないですが^^; 自分で考えて一生懸命書きました。 

     バナー137 バナー138
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     ただ、いまだにアメトーークの人見知り芸人の回は激しく共感してしまう…。

| 自閉症関連 | 09:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

万華鏡をくるり

そろそろスズも小学校三年生としてのスタートを切ります。
今年度は彼にとっても大きな変化が訪れます。
入学以来2年間、担任としてお世話になった先生が異動されました。

先月の終業式の日、荷物を取りに教室にあがったら
子どもたちを前にして

・・・・・・・・・・君たちは失敗したらすぐに落ち込んだりしてしまうけれど
失敗はこわくないということを覚えておいてください。
これを負けない心と言います。これが先生からのブレゼントです…

という内容の言葉が聞こえてきて
まだ異動が発表になっていない段階でしたが、
先生はここからいなくなってしまうんだな…とブワッと涙が…。

離任式も終えて、挨拶を聞いてまたブワッブワッブワッ(笑)
スズ作ありがとうハンカチを持参して涙を拭いていたら
ハンカチが黒くなってしまい、スズに汚いと言われる。オイ。
8年間という長きに渡り、支援学級を担当してきたということで
そろそろ異動されるのかなと覚悟してきたつもりですし、
スズ本人にとっても新しい先生と出会うことで
変化に対応する力をつけていかなければいけません。
新しく出会う先生によって違う力を新たに引き出してもらえるということもあるでしょう。
頭でわかっていても寂しくて寂しくて。
スズの方が、新しい先生が来るからボクは大丈夫! と前向きです。
私も離任式でブワッ連発して、気持ちに少し区切りがつきました。

支援学級を見学に行った日。
はじめての小学校での式典-入学式に出席するための事前打ち合わせの日。
打ち合わせが終わったら、スズとピアノを弾いたりボール遊びをしたり。
今日楽しかった、小学校楽しみと帰宅後にスズが言ったのを覚えています。
入学式でくす玉を割った日。

日々の勉強にくわえて、
勉強だけで息切れしないように様々な楽しい企画を考えてくださいました。
冗談の通じる子どもに育てるをモットーにして
スズなど、おい先生にそこまでふざけていいのか!? と
私は不安になるくらいのものでしたが、
スズにとってはもうひとりの愉快な父さんのようにどっぷり甘えさせてくれる存在。
でもここは見過ごせないというところは締める。
メリハリが利いていて、かついつも笑いの溢れている教室でした。
たまに教室を覗くだけの私ですが、それでも思い出は尽きることがありません。

親自身の心持ちにも気遣いを見せてくれました。
特別支援学級勉強会でなされた使命の話
深く胸に刻まれた話です。

IMG_7005-1.jpg 
IMG_6957-2.jpg 
2月に図工展を見にいったとき、
こうしてスズがカッキンカッキンと教室で野球をするなかで
先生と短い時間でしたが雑談する機会がありました。
どうして先生と雑談になったのか経緯を覚えていないのですが
スズの育て方で行き詰まりを感じていた時期だったのかな。
それはいつものような気がするけれど、それは置いといてw
なにか先生にグチグチ言ったのかもしれません。
よく覚えているのが、

 お母さんはショマ君とスズ君のどんなところが好きかな?

と話の途中で問われたことです。
改めて問われると、うーん…と考えてしまって。
確か、ショマは私よりずっと優しいところ、一緒にいて心が和み、
スズは一緒にいるとこんな見方もあるんだなと新しい発見があり
一日のうちどこかで面白いわぁと思える瞬間があること、と答えました。

先生はそれについて答えるでもなく、うんうんと頷いて聞いてくださって

 お母さん、親自身が生き生きと毎日を生きるというのはとても大事なこと。
 親が楽しんで生きることが、子どもにも還ってくると思っている。

話の最後にこのように言われました。
時間が限られていて
どうして先生は私にショマスズの好きなところを言わせたのかなと
聞くこともできず、
その後しばらく家でも考えていました。
見方を変えてみようということかな。
彼らを一番近くで見ている私が好きなところ、
そこを大切にしていきたいと思えば、何を大事にして伸ばしていきたいのか
おのずと答えは出るということかな…と自分なりに解釈しました。

DPP_12227.jpg 
離任式の日に先生から子どもたち全員に渡された万華鏡。
スズでなく私が毎日覗いています(笑)
くるっと回すだけで見えるものが変わる。
この世の中には様々な世界を持った人がいて
理解が及ばない、難しいと思っても、
少しだけくるりくるりしていけば近づけるかな…なんて思うのです。


     バナー137 バナー138
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     ちょっと続きます^^      

| 自閉症関連 | 07:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショマスズ街をゆく

今日は昨日のポカポカ陽気とうってかわってザンザ降りの雨模様。 
は~昨日出かけておいてよかった。

昨日は途中まで車で出かけ
勾当台公園という場所から地下鉄に乗って藤崎デパートまで行きました。

【弟よ、ここが都会という場所だ…兄ちゃんオラ、トシちゃんみたいにBigになるだ】 
IMG_0034-1.jpg 
という心の会話が交わされていたのかどうか…。
ただ、スズの目は明らかに都会に来た喜びに輝いておりました。
実は車ならすぐに到着する距離。親が出不精だとこうなるのですね。。

この場所で、ショマが先日
一緒に美容室に行った男性 ヘルパーのMさんとばったり会いました。
すごい偶然!
仕事中で男の子の移動支援をしている最中であったので
ちょっとだけ雑談をして別れました。  
ショマはMさんが別の男の子といることに焼きもちもあったのか
表情はえっ帰っちゃうの!? と複雑そうでしたが、自分を奮い立たせるようにして、
今日はMさんいないけどボク地下鉄乗る! と勇んで
地下鉄へと続く地下通路へと降りていきました^^

【しかし、スズに足止めをくらう】
IMG_0041-1.jpg 
ショマは “ふれあい乗車証” というバス・地下鉄のパスを所持していて
それが財布に入っているかどうかスズが確認しているところです。 
スズはこのパスを持っていないので、ショマが羨ましくて仕方ない。
ええ、取ろうと思えば、たぶんスズも取得できるのですが
療育手帳交付申請もしないままでっかくなってしまいました。。

スズも校外学習などで公共交通機関を使う機会が増えているので
手帳とパス申請もしたいと思っています。
本人から欲しい欲しい欲しい~と言われると
こちらとしては少し複雑な気持ちもするのですが^^;

IMG_0049.jpg 
しばらく地下鉄を使わないうちに、転落防止柵が設置!
これはありがたい!
けれども白線の内側に立つ、点字ブロックの上には立たないを守って待ちましょう!
しばらく待って地下鉄に乗り、広瀬通り駅で降り、地下道をあがると

【そこはグッチ・藤崎だった!】
IMG_0079-1.jpg 
大きな交差点を渡って制服売り場のある藤崎一番町館を目指します。
普通の道路ならショマスズふたりとも、手を離して歩くこともできますが
交差点はわーっと流れるように人が動くので迷子になりそうで少し怖い。
特にスズは、歩きながらアクセルジャンプを決めたりして置いていかれがちなので要注意。

ショマの多動は手を振りほどいて一目散にパーッとかけていくタイプだったのですが
スズの場合はその場でくるっと回ったり跳んだりします。
目に見えるものを触れたいなどの衝動的な多動というより、
現実の世界にいながら、半分想像の世界も取りこんで
その狭間で 「想像の世界のボク」 が飛んだり跳ねたりしてしまうように見受けられます。
人がいるところで回りません! と注意を促すと
わかった! 回らない! と答えるのですが10分くらい経つとまた回りだすので
この状態が今後おさまる気がまったくしない…○| ̄|_
それでも、絶対におさまることはないと思っていたショマの多動も年々落ち着いてきたので
スズのことも気長に待とう! というか、
人の動きや流れを滞らせてしまうので、
人のいるところでは極力回らないだけいつか覚えてほしい。。

途中でお母様に頼んで土曜日に制服を取ってきてもらったという
友達のSさんから電話が入り、
すっごく混んでるらしいよ~待つってよ~と話を聞き、心が折れそうになる。
そして館を一度間違えつつ、制服売り場に辿り着くと
番号札を持った方がズラリと並んでいて、本格的に心が折れそうになる。
またまた偶然、同級生の男の子とお母さんに会ったのですが
待つの無理かも~出直す~^^; と帰ってしまわれました。うう、不安。

自宅に送付してもらうことも出来たのですが
ショマの制服は、私の母K子がスポンサーでして
代引き手数料・送料など余計なお金がかかることまかりならんと事前に通告があり
デパート引き取りにしたのですが…
台帳をバラバラめくる店員さんを見ながら
全部手書きの注文書・これだけの量、私なら確実にミスる…恐ろしい…
そして、今日も制服受け取りに来たのに注文書を家に忘れてきてる私、どういうこと?…
など思いを巡らせ、じっと椅子に座って待つこと一時間余り。
スズはかなり危うい感じでしたが、
ショマは中等部の制服を絶対持って帰る(この辺が律儀)と述べ
じっと待つことができました。頑張りました。


   
     IMG_0092-1.jpg

定禅寺通りそばを歩き、横断歩道途中で信号待ちしながら休憩。
IMG_0088-1.jpg 
藤崎デパートを出て、喉が渇いたというので
車で飲もうとドトールでコーヒーを買いました。
私が制服の大きな箱を持っていたので、これはボクが持つよと
さっと手を伸べてショマが持ってくれました。
男の子らしい気遣いを備えてきてくれたことに母さんホロリ。
後でふと考えてみますと、明らかに
お出かけの諸々の経費>代引き手数料+送料 ではないかと気付いたのですが
短い時間でも3人で出かけられ楽しかったので細かい話はナシとしましょう。
帰宅後、ショマはすぐに美容室へ。
ここでも(ヘルパーの)Mさんはいないけど頑張ると口にして
カットを終えることができました^^
----------------------------------------
DPP_12397-1.jpg 
ここからはまたまた余談ですが…こちらが昨日受け取った制服。
ブレザーなので白いワイシャツも買いました。
スポンサーの母K子さん、
私の姉の子どもにも中学校の制服を買ってあげたそうなんです。
で、姉の子どもの学校は学ランなので、ワイシャツはとりあえず要らない。
そんな経緯からか、最初はショマの学校も学ランと勘違いしていて
ワイシャツなんて誰も着ないってよ! 無駄よ! と言ってくるんです。
でもショマの学校はブレザーなんでブレザーなんで…と繰り返し言っているのに
ワイシャツは無駄よ、みんなTシャツだってよ、無駄よ…とまた繰り返し返してくる。
えーと、丸首白Tシャツにネクタイ巻いてけ…ということでしょうか。

DPP_12322-1.jpg 
ワイシャツを購入してからも無駄よ…無駄よ…と言うてくるので
だから人の話を聞け!!!  ブレザーだと言うとろうが!!!  と
スポンサーに対して大人げなく逆上してしまった28歳(※英国時差)です。


     バナー137 バナー138
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_12358-1.jpg 
小梅は青が似合う…なぁ。うんうん。

| 自閉症関連 | 13:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ちのよい朝です。

朝から天気がよく、春の陽気を感じさせる一日になりそうです^^
散歩の様子を動画におさめました。
ええ、ただ歩いているだけなんですが
※音楽流れます。



もう一本、新しい新聞袋が届き入り心地を確かめる左馬介です。
BGMは 洞窟 というタイトルのものを選択してみましたw



夫は決算処理で青森~。
今日はショマスズと私と三人で
ショマの制服をデパートに取りに行ってこようと思います。
市中心部に3人きりで出かける-少し不安もありつつの(笑)
いってきます


    バナー135  バナー136
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 09:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の犬合コン

前回登場のくろつや男前さん、
リンクをいただいている 『5人と1匹~お気楽家族』 の
りこさんの愛犬れおん君(男の子&もうすぐ9歳)です^^

【れおん君~大きい~がっちり~だが、おっとり~♪】
DPP_12059-1.jpg 
『まるは呂具。』の沢さんの愛犬、コゴ君&クーコちゃんもお招きして
五匹合コンとなりました。
皆で我が家の玄関前で顔合わせ、
ぞろぞろと公園に連なっていき、ひとしきり遊んでからの入室となりました。

DPP_11984-1.jpg 
同じ黒ラブでもクーコちゃんはフィールドタイプで20㎏をきるほどスレンダー。
れおん君はラブの原型と言われるニューファンドランドを連想させるたくましい体。
同じラブでもみんな違うねぇとざわめく狭い室内。
DPP_11990-1.jpg 
よそ様のワンちゃんになんちゅーことを。
でも沢さんが言ってたからクーちゃんはそう言っているに違いないということで…。

DPP_12024-2_1.jpg 
ひと目会ったその日から恋の花咲く犬合コン-春の会。
DPP_11996-1_1.jpg 
人間にはなぜなのかわからないのですが
れおん君、竜を好いてくれて好き好き光線が全身から発せられる。
竜に説教入れられたりもしていたのですが
れおん君、あまり気にもせず(よかった…)好き光線は強くなっていったのです。
竜の飼い主としてはとても嬉しい。
DPP_12023-1.jpg 
こちら、いつも竜を愛してくれるゴゴ君。
竜が説教を入れる様にしばし固まっていましたが、
その後隙を見て、ちょこちょこ竜とくっついていました^^
DPP_12065-1.jpg 
人生にはモテ期なるものがあると言いますが、13歳にしてモテ期が訪れたか。
モテ男として調子に乗って、れおん君のTシャツをお借りしてお洒落してみました。
人間用の楽天ユニフォームや、ショマのパンツ、
着れば動きが止まるレインコート着用履歴はありますが
犬用のTシャツを着たのはほんとのほんとのはじめて。
新しい姿を見ることができました。 

【途中休憩が入りますが、モテ期を謳歌する13歳】
DPP_12072-1.jpg 
あっ、りこさんとお揃いの色味。
てか、れおん君がりこさんお揃いコーデだったのにずっと着ていてごぺんなさい。

DPP_12014-1.jpg 
犬合コンをじっと見つめる左馬介と
DPP_12116-1.jpg 
お客様コートにこっそり匂いつけに来ている愛姫。
愛姫は最初全身試験管ブラシのようにモワッと大きくなっていましたが
気になってちょこちょこ様子を見に来ていました。

DPP_12086_1.jpg 
おやつタイムでも竜を見つめ続けるれおん君。
おやつだよ、気付かないの!? と皆に言われながら和やかに…
終始すればよかったのですが
DPP_12124-3.jpg 

DPP_12143-2_1.jpg 
小梅さん、なんだかイライラしてまして
れおん君は竜に少しでもくっつきたいのに、小梅が怒るものでなかなか近付けない。
小梅を避けて遠回りしたり、
狭い室内ですから避けられないときは小走りで移動。
ほんとに小梅がガウってごめんなさい。

言い訳をさせてもらえば、小梅さん発情直前でして
男の子のれおん君を前にしていつもよりナーバスになっていたかなとも思います。

~想像~
DPP_12139-2.jpg 
こうして写真を見るとれおん君にすっごいガン飛ばしてら…。

【ある日の今日のワンコ鑑賞中に~】
DPP_11941.jpg 
他のお友達と触れ合いたい気持ちはあると思うのですが
動物の本能と、乙女心は複雑でございます。
れおん君、また会いに来てね! 竜に!! できれば小梅にも。。

    バナー135  バナー136
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

    【チャム、大きくなったよ!】
    20100401161110.jpg
    突然ですがチャム君。ご実家に戻ったSさんから写真が届きました。
    こちらは柴犬みかんちゃんとの遭遇で、尻尾が試験管ブラシだったそうです^^

| 犬関連 | 23:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎年巡ってくるものなので…

自分の話なんですけれど、3月31日にまたひとつ年を重ねました。
ここでコメントを頂戴するBelleさんからメッセージをいただきました。
28歳ですね♪ と。
Belleさん、英国在住なのでわずかに時差が生じているようです。
Belleさん、わざわざありがとうございました。

みゆこさん、納言子さんからブレゼントをいただいてしまいました。
御二方ともありがとうございました^^
DPP_12235-1.jpg DPP_12242.jpg
DPP_12238-1_1.jpg 
みゆこさんから頂戴したお菓子。
かわいいもの好きのスズが喜んで、かわいいかわいい♪しているうちに
被り物が落ちてしまいました
DPP_12236-1.jpg 
お! これは小山ゆうさん画の竜馬ではありませんか。
TKCこと金城武さんに似ているということで、みゆこさんセレクト芋けんぴ。
今年は仕事しないぜよ、勝手に今年予想されるTKCの抱負を入れておきました…。
      
DPP_12178.jpg 
         DPP_12173-1.jpg
DPP_12189.jpg DPP_12184.jpg
動物組にもおやつを。春のパン祭り・かつお祭りに沸いています。
------------------------------------
DPP_12233.jpg 
納言子さんからケーキを。
ショマが目ざとく見つけて食べたがっているのですが、もったいなくてまだ開けていません。

DPP_12125_1.jpg 
納言子さんからは マドモアゼル ノンノン の長袖Tシャツをいただきまして
顔はTKC風に、身なりはマドモワゼ~ル風に変身した様子を見てもらいたかったのですが
肝心の長袖Tシャツが竜さんによってまったく写っていなかったので
すみません、もう一枚、
DPP_12161-1_1_1.jpg 
マドモワゼ~ル身なりに驚いたか、竜さんぐっと若返りくろぐろくろぐろ。
ではないんですけれど^^; くろぐろハンサムさんのことはまた次回に^^

      DPP_12201-1.jpg 
     夫とショマスズからプリザートフラワーをもらいました。
     ロマンティカデザインにちょっとリビングの感じと違うので
     お手洗いに飾ってもよかですか…と正直に申告。
     お前という奴は…と言われるものの、気遣い頂戴しました!
     
     キュートネックレスもまるで夫からのプレゼントのように置いていますが
     みゆこさんからでっす♪♪

     
     あのね、もう年取らないで。死ぬよ。

     スズからのお祝い?? の言葉です(笑)
     難しいこと言います

    バナー135  バナー136
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_11828.jpg 
小梅も包装リボンでマドモワゼ~ル風。小梅、水色似合うな~と親ばか^^;

| 未分類 | 16:51 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アラムアメトク

卒業式を終えてから、長い春休みに入ったショマ。
以来、遅寝遅起きの生活を送っています。
美容室でさっぱりと切った髪の毛もモリモリと盛り返してきました。
入学式に向けてまたカットにいってきまっす。

    DPP_12166_1-1.jpg

昨日の夜のショマです。
アラムとあるのは、お休みの日のショマの友・目覚まし時計=アラームです。
先の見通しが付けば精神的に安定できる場合が多く
残り時間などがわかる時計を活用して生活することはよく知られていますが
ショマの場合文字盤の時計が読めているのか定かではない。
ということで、デジタル表示の時計です。

普段の生活では言葉がけで
次の行動への切り替えがすんなりいくこともあるけれど
大好きなゲームだけは、いつまでもやりたいと引き摺ってしまうので
時間を決めて、音を鳴らすことで区切りをつけられるようにしました。

この方法を導入すると、すべての行動をアラームで切り替えしないと
本人も不安になるかな…と躊躇していたところもありましたが、
今のところ、ゲーム時間と朝起きる時間、
たまに好きなテレビ番組が入る時間にセットして自ら活用しています。

夜寝る前に、明日は○時に起きるよ! と自分で決めた時間をセットして
○時が来るまでは、目を覚ましてしまっても布団の中で
目をパチクリさせてじっとしています。律儀っちゅうかなんというか。
春休みは○時設定が非常に遅く、母さんとしては楽ではありますが
洗濯を干してると目パチクリ雄が布団の中でニコニコして見ているので、
もう起きていいぞと思うものです。

アラームをとても大事にしています。
そばに置いておくと安心感があるのでしょう。
一度、学校に持っていこうとして、置いていきなよと制されて
自分でもあっという顔をしたこともありました。
画像にもありますが、アラム と呼んで大事にしています。

本来は「アラーム」なんですけれど
伸ばす音の「ー」って読むものではなく、
ここは伸ばすぞという決まりごとの符号ですから
きっと難しいのでしょう。
たとえば、“それにつけても おやつは カル” など言われれば
聞いているほうは多少の違和感は感じると思うのですが
ま、カールだろうがカルだろうが、アラームだろうがアラムだろうが
たいして大きな問題でもない気もするので
生活していく中で長音に慣れていけばいいかなと思います。
---------------------------------------
さて今日は木曜日。
今から『アメトーーーーーーク』スペシャルが放送されるので
私、この番組大好きなので朝から楽しみにしています。
スペシャルだとタイトルに長音符号が6個も入るんですね! 大盤振舞。
スペシャルが放送されて、夜にも通常のアメトーークが入って
その後、タモリ倶楽部でお尻プリプリオープニングを観る。ああ楽しみ。

【先週のアメトーーク放送中に】
DPP_11476-1.jpg 
私のアメトーーク鑑賞仲間の小梅と、春休み限定鑑賞仲間のショマと。
本人はゲーム攻略本に夢中で
面白い面白い言う割にはまったく見ていないんですけれど(笑)
私が好きな番組だとわかっているらしく
アメトクよかったね、アメトク面白いねぇと一生懸命話しかけてくれました。
アメトクも面白いが、アメトクショマトークでほっこりする夜。

余談ですが…
DPP_11474-1.jpg 
DPP_11479-2.jpg 
DPP_11519-1_1.jpg 
最近、ショマは小梅のことを、チューメと呼ぶことがあります。
チューに関しては伸ばす音が出来ている…。

    バナー135  バナー136
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 障がい児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 18:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |