2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヴィダルコメーン

運動会、スズ編に移る前に
(また時間が足りなくなったともいう…)
DPP_16340-1.jpg 
病院帰りの竜&小梅。
DPP_16375-1.jpg 
フィラリアの薬をもらい、竜は爪切りをしてもらいました。
体重が少しすづ落ちているのが気になっているのですが
血液検査と所見では特に目立った異常はないとのこと。
年齢的なこともあるのでこれからも注意してみていきましょうとのことでした。
DPP_16363-1.jpg 
春ももう終わりのハズ…。まだ肌寒い日ばかりだけれど。 
--------------------------------------
DPP_16080_1.jpg 
昨夜のブラッシング後。アンダーコートがもう少しですべて抜け落ちそうです。
そして、、


【私が彼の担当スタイリストです。】
DPP_16076-1.jpg 

DPP_16466-1.jpg 


      バナー155  バナー156
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

【トップスタイリストの夜】
DPP_16288-1.jpg 
どうも、このラバープラシをやっつけたくて仕方ないようです。

| 犬関連 | 18:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まあ許してやる。

運動会について、ショマにすまないなぁと思ったのは
中学部に入ってはじめての運動会だから、
少しだけでも見に行く予定だったのが、私は行けなくなってしまったこと。 
中学部に入って、はじめてという理由ももちろんありますが、
支援学校の運動会ってすごく面白いんです。
だから、見たい。
けれどもスズと日程が重なっている以上、夫婦で分散して見に行かねば。

当のショマは運動会の数日前まで

 お母さんもパパちゃんも来ます。
 Sさん(※おなじみ、ショマの同級生のお母さん)も来ます。
 K君(※スクールバス仲間)のお母さんと弟とおばあちゃんも来ます。

ってな感じで
自分に近しい人はみんな僕を見に来てくれるのだわニコニコワクワク状態で
見に行けないとはひっじょーに言い出しにくい。胸が痛い…。
Sさんも、K君のお母さんも自分の知らないところで
ショマの期待を背負っているとはよもや思っていないでしょうが
こちらの御二方も下の子との運動会と日程が重なって
支援学校の運動会には行けないとのこと。

言い出しにくいけれど言わねば…ということで
運動会の2日前に

 お母さん、スズの運動会に行くからショマのは見に行けないんだよ。
 パパちゃんと、K君のおばあちゃんは行くって言ってたから。


知らないところで、K君のおばあちゃんにも荷を負わせる形でショマに伝えました。
その後、ちょっと黙っていたのですが

 ○○タケシさん(※夫の名前・仮名です)は来るんですね。

とニッコリ答えてくれ、納得の様子が見えたので母さんひと安心。
ショマはタケシさん(※残念ながら仮名です)にたくさん応援してもらう、
頑張るとはりきっていますと連絡帳で先生に伝え、当日送り出しました。

~当日

スズも徒競争を終えた10時半くらいに、夫からメールが入りました。

 ショマ、1コーナーまでは、先頭に肉薄して接戦を演じてたんですが
 だんだん離されると、まわりに手を振ったりして気が散ってきてしまい
 結局馬群? に沈み、5着でした


周りにショマでーすと愛想を振りまきながら走っているのが見えるようだ。
6人中の5着です。
でも、とてもショマらしいなぁと思い、メールを見つめ怪しく笑ってしまいました。

IMG_0237_1.jpg 
夫が撮影した徒競争の写真。このコーナーの辺りから置いていかれたとのこと。

IMG_0239-1_1.jpg 
別競技のフラフープ大作戦。
小学部のときからの大の仲良しの女の子とペア。よい笑顔です。
こちらは確か1着だったと聞きました。捏造になっていたらごめんなさい。

IMG_0241-1_1.jpg 
閉会の挨拶をしました。

 赤も白もがんばりました。
 運動会楽しかったです。これで運動会を終わります。


という言葉だったと思います。
正確な言葉を確かめたいのですが、まだタケシさんが鼾をかいて寝ております
小学部1年生のときに、運動会の始まりから終わりを通してパニックが続き
開会の挨拶をお願いされていたのに出来なかったという思い出があります。
こうして人前に立って挨拶をしたということ、なんとも感慨深いです。
--------------------------------
帰宅後、大変満足気なショマの顔がありました。
徒競争に勝てなかったことで、少し荒れるかなと思ったのですが
運動会楽しかった、閉会の挨拶した! という言葉も聞けました。

学校からまわってきた滑走順のプリントを見て知ったのですが
中等部では、1~3年生までの生徒が混合で徒競争の順番が組まれていました。
ショマは最終滑走グループ。
支援学校の中で足の速いグループに入れてもらったそうです。
実際、徒競争時に  「○○学校の精鋭が走ります!」 と実況が入ったそうで
夫は間違ってもショマは精鋭のほうではないだろ…と思ったそうな。確かに…。

先生方がショマのやる気に花を持たせてくれたのか
勝つことが難しいグループにあえて入れてみたのか、
先生方の意図するところは聞かなかったので、考えると深読みになってしまいます。
が、みんなががんばっていて
勝つことが難しいと肌で感じて、その結果を受け入れることができたこと、
ショマにとってはよい経験になったと思います。

先日の個人面談で
ショマ君、運動会後に不安定になりませんでしたか、
私たちの対応で不満が残る部分はありませんでしたかと先生に尋ねられ、
練習の最初は勝ちにこだわりすぎ、そのような場面もありましたが
最後まで頑張って走ってえらかったと先生が連日励ましてくださったことが
ショマには届いていたと私たち両親には感じられたと伝え、礼を述べました。
--------------------------
私は運動会を見られなかったので、帰宅直後
パパから聞いたよ、がんばったんだってね! 行けなくてごめんね! と謝りました。

 タケシさんが来てくれたし……まあ許してやる。

とのことでした。母さん、許されました
 

      バナー155  バナー156
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     勝手に荷を負わせたK君のおばあちゃん、
     はじけた明るい方で、どえりゃー力いっぱい応援してくれたようで
     後で携帯で撮ったショマの写メをたくさん見せてくれました。うるうる。

| 自閉症関連 | 07:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1位をとりたい

スイカの出荷も終えたところで運動会の話題に戻ります^^
今日はショマの運動会から~。

運動会の練習が本格的に始まったのが
だいたい5月の連休が終わったころ。
最近やたらと順位にこだわるようになったので、
練習が始まったら、大変だろうなぁと母さん危惧しておりました。

運動会の練習が始まってまもなく、
下校時のスクールバスから降りようとしてきたショマ、以下のようなことがありました。

 バス停で降りるのはショマと、小学部のお友達K君のふたり。
 バスの座席はK君が前の方、ショマは後ろの方です。
 降車の順も前に座っているK君が先です。
 今まで順番を違えたことはないのですが、
 支えられてゆっくり降りてくるK君を押しのけて降りてこようとした日がありました。
 何やってんのーー!! とドアの外から私が叫び、
 添乗員さんも気付いてショマを制してくれたので先には降りられなかったのですが
 事故にもつながりかねない危険なこと。
 降りてきた後にきつく叱りました。
 すると、ビリは嫌だからと、うえっうえっと泣き顔です。
 バスを降りるのに一番もビリも関係ないの!! と教えたら、
 明日はK君の後にゆっくり降ります…うぇっうぇっと約束してくれました。

 翌日の降車時-
 ゆっくりゆっくり降りますと大声で言いながらバスの中で牛歩でした _ノフ(、ン、)_
 その中間というものがありませんぬ。

また、ある日の連絡帳から-

 風が強い中ではありましたが、外で運動会の練習をはじめて2種目行いました。
 「○○君と走るよ」と練習前から話していて、
 がんばりたいという気持ちがこちらにも伝わってきました。

 徒競争ではなかなかよいスタートが切れたのですが
 最初のコーナーで他の生徒と接触し転んでしまいました。お互いにけがはありません。
 
  ~中略~
 
 最後までがんばって走りました。順位は残念。
 転んでしまったので仕方ないのですが、自分でもとてもくやしかったのだと思います。
 すぐに担任に 「連絡帳にショマが1位って書いてね」 と話してきました。
 「今日は練習だから大丈夫。最後まであきらめないで立派だったよ」と言いました。


連絡帳にショマが1位って書いてね…
連絡帳にショマが1位って書いてね…捏造じゃないか _ノフ(、ン、)_ 

運動会なので1位を目指したいという気持ちも大切にしてあげたいけれど、
そこだけにこだわるのではなく
最後までがんばったよーとか、1位じゃなくても楽しかったなどで、
なんらかの達成感を味わってくれればなぁと思っていました。
そこはもう気持ちの面なので、教えて覚えてくれるというわけではないけれど。

ただ、連絡帳で先生が教えてくれた運動会の練習の様子にも
少しずつ変化が見えてきました。

 5/18 久しぶりの徒競争の練習ではやる気満々で
     「1位とる! 」と何度も話していました。
     スタートはなかなかだったのですが、
     途中で追いこされ力が抜けたのかと思われますが、
     最後ゴールでは苦笑いで 「4位だった」 と話していました。

 5/20 朝から1位をねらっていたショマ君。
     今日はいつもよりよいスタートが切れて、2位でスタートしました。
     速いグループなので追いこすのはとても難しかったようです。
     それでも最後まで2位をキープできて満足げでした。

うんうん^^ 
連絡帳を通して運動会の様子も連日教えてもらいましたが
がんばって走っていることを先生方が励ましてくださっているのが伝わってきました。

みんなの思いをのせて、どうなる徒競争!

      バナー155  バナー156
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     中途半端なところでごめんなさい。そろそろ天ぷら揚げます。

| 自閉症関連 | 18:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここはスイカの名産地

運動会の続きを書きたかったのですが
ちょっと時間がないので、


ないので、、、


DPP_15985-1.jpg 

DPP_15983-1.jpg 
こだまスイカの出荷だけしていきます。
よく縞が入っていますよ~。奥さんどうですか。

DPP_15987-1.jpg 
甘いかどうかはちょっとわかりません。


      バナー155  バナー156
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     ちょこっとショマの学校で面談が入っておりまして、、
     出荷だけでもできてよかった(・∀・)

DPP_15857-1.jpg 
本物はこちらの方々といただきました。

| 猫関連 | 11:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

耳よりな話

わずかな額のお金を封筒に入れてある人に届けることで、
そのお金が少しばかり大きな額になって戻ってくることがあるといいます。
DPP_15234-1.jpg 
あるんですよ、小梅ちゃん!!
では、その概要を見ていくとしますか。
まず戻ってきた封筒にお金とともに添えられていた手紙を読んでみましょう。


 スズくんへ

 スズちゃん、げんきにしてますか。
 このあいだは、パパちゃんにお手紙をあずけてくれてありがとう。
 おばあちゃんに、スズちゃんが大事にしているおこづかいをくれて本当にありがとうね。

 22日はうんどうかいだね。
 おばあちゃん、スズちゃんのうんどうかいを見たいので
 せんだいに行くつもりでいますからね。まっててね。

 スズちゃん、ジャスコにいったとき マリオカートするおかねを入れておきます。
 おかあさんとジャスコにいったら マリオカートをしてあそんでください。

 うんどうかいまで かぜなどひかないように きをつけてね。

                                 おばあちゃんより

孫がおばあちゃんへお小遣いをあげたいと言って、100円を入れた封筒を持たせると
×10、1000円になって戻ってくる。
このシステムを 【孫封筒】 と名付けたいと思います。
-------------------------------------------------
さて、手紙にもあったように、青森からスズのばあちゃん-私の母K子が、
スズの運動会を見にくる予定でした。
ちょうど、ショマとスズの運動会の日程が重なることもあり、
午前中は母K子にスズの運動会の観覧をお願いしようと思っていました。
ですが、母に急な用事ができ、仙台には来られなくなってしまいました。

ショマの運動会には夫が、スズの運動会には私がそれぞれ付き添うことに。
母K子も運動会の観覧を楽しみにしていましたので
残念なことですが、仕方がありません。
スズちゃん見に行けなくてごめんね、という母の言葉とともに届いたのが

【色が似ている 葡萄とチェリー!】
DPP_15387.jpg 

【響きが似ている Bio と ビワ!】
DPP_15385.jpg 
※Bioとスズとの秘めやかな関係はよろしければこちらをご参照ください。

スズの運動会はお弁当持参のため、
これを持たせい! とフルーツやウインナー、牛肉が届きました。
まあ、本当に母K子はショマスズが好きらしい。
これはありがたいことなので、
しっかりと果物をお弁当箱に詰めて観戦に行ってまいりました。
(Bioとビワは弁当的ではないので留守番。)

運動会については次回にするとして
K子の娘である私はふと考えたのです。
DPP_15231-1_1.jpg 
【孫封筒】 はこのように応用ができるのではないかと。
ただ、母K子と私の関係にかぎって 【娘封筒】 は絶対にない気がする。
DPP_13914-1_20100525132648.jpg 
耳よりな話は
たぶん、一身にK子の愛を背負う、一番小さな孫のスズにだけ存在するみたいだ小梅ちゃん。
ということで、〆させていただきたいと思います。
 

      バナー155  バナー156
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

【意味が似ている 竜とドラゴンフルーツ!】
ドラゴンフルーツはおのれで買いました。 
母のお気に入り・竜ちゃんなら、10円入れたら林檎10個くらいは戻ってきそうです。 

| 自閉症関連 | 13:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目がさえた…

寝すぎてダラダラしてもいけないので、夕方に猫親子のブラッシングをしました。
今の時期、動物さん達の抜け毛著しく、竜も面白いように抜けています。
DPP_15075-1.jpg 
どこにいてもふわふわ~と竜のものらしき毛が。
犬はかなり毛が抜けるけれど、
ひそかに猫もけっこう抜けるものなんだなぁと猫と暮らすようになって知りました。
猫は体が小さいので
そんなにたいした量は抜けないのだろうと単純に思っていました^^;

昨日はブラシについた猫親子の抜け毛で
はじめて毛玉ボールを作ってみました。
DPP_15432-1.jpg 
まあ、よくそれぞれの生態のようなものを表した毛玉ボールになりました。
 
DPP_15020.jpg 
ブラシッング好き、3匹の中で一番もふもふの真生は大ボウル。

愛姫はつるんと短毛ですが、落ち着いてブラシをかけさせてくれるので中ボウル。

DPP_15065-2.jpg 
ブラッシング大嫌い、逃げ惑う左馬介はちびボウル。
ちなみに抱っこも嫌いです。
抱っこで暴れる左馬介で、CMのオダギリジョー気分が味わえます (´ー`)フッ
サイズいろいろあれど、この自給自足おもちゃを転がしたなら、
みな狂喜乱舞に違いない。


こちらが期待したほどに受けなかったというか…おかしいな。
ボール好きなはずなのにおかしいな。に、におうのかな。。

もう一本、長めですが愛姫の一日をまとめました。
ええ、寝すぎて目が冴えたので作りました。



      バナー153  バナー154 
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     ほんとの寝子。いいにゃぁぁ。

| 猫関連 | 23:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝すぎた…

昨日は子どもたちの運動会でなにやら疲れてしまい、
夜の8時に寝て、起きたら朝の8時だったという…。

目が覚めたら、ショマと猫親子に囲まれていて
お母さんが起きたー!! とショマが雄叫びをあげました。
ああ、ほんのちょっぴり眠り姫になった気分。

    DPP_15249-2.jpg 

DPP_15263-1.jpg 
寝子にこう思われた気もして…

DPP_15152.jpg 
ぼーっとしたまま散歩に行って、朝から元気バリバリの小梅を見る。

DPP_15162-1.jpg 
椿が一輪落ちていて
DPP_15172.jpg 
竜ちゃんの頭に載せたら、あらかわいい。少し目が覚めました。
 

      バナー153  バナー154 
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     寝すぎて眠くてよくわからない日記にて失礼。

| 犬関連 | 13:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子どもバリスタ

 DPP_12424_20100521054150.jpg
ずっと家で使っていたコーヒーメーカーを肩で落として壊すという失態を演じ
この春、ネスカフェ社製のコーヒーメーカー・バリスタを購入しました。

購入した日は、おりしも 『アメトーーーク 家電芸人スペシャル』 で
家電俳優の細川シゲキックスさんがバリスタを紹介していた日の翌日。

け、けっしてテレビで紹介されていたからとかではなくて
お友達のみゆこさん宅でも買って便利だったという話も聞いていたし
流行りにのっかったわけではないんですからね 
なんとなくレジの人に説明したくなってしまいます。
が、同じくバリスタの箱を店内で持っていらっしゃる方を見たら
ねぇねぇ昨日もしかしてシゲキックスのプレゼン見たから? と話しかけたくなってしまいました。
向こうの方も同じことを思っていたに違いない…。

ひとつのマシンで、ブラック、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソが
手軽に楽しめるという触れ込み。
どのような仕組みになっているのか見ていきましょう。

DPP_12712-2.jpg 
ネスカフェ・バリスタでは箱の中に小さなネコバリスタが入っていて
あなたに淹れたての香り高い美味しいコーヒーを……違~う。

DPP_12435.jpg DPP_12442.jpg 
バリスタ専用のコーヒーを         ぶすと突き刺し
DPP_12446.jpg DPP_12430.jpg 
セット完了。                  最初の内部洗浄の音にネコスタびっくり。

DPP_12447.jpg DPP_12458.jpg 
初スイッチはスズが押し          数秒待ちます待ちます。
DPP_12453.jpg DPP_12466.jpg 
もう一杯には牛乳を入れておき      機械に泡を立ててもらいましょう。
DPP_12460.jpg DPP_12477.jpg 
ブラックコーヒーと              カフェラテがはいりました!

【違いがわかっているんだか、わかっていないんだか】
DPP_12495-2.jpg 
【よくわからない男たちのゴールドブレンド】
DPP_12480-2.jpg 
出来あがりは、ちいとぬるめかなと思うのですが
子どもたちにはすぐに飲めてよいようです。
手軽にコーヒーが作れるので、忙しい朝には重宝してます。
ただ簡単に作れるため、気がつけばいつもスズがコーヒータイム。
飲みすぎ注意報が出ております。
私たちがやることは水をセットしてポタンを押すだけ、
コーヒーを淹れる工程はすべてバリスタさんが行ってくれるのですが
それでも 【自分でコーヒー淹れた感】 がスズにはあるようで
いつかカフェを開きたいな~などと言っています。
バリスタが何台も並ぶカフェ。セルフサービスカフェ?

そんな夢への第一歩なのか
最近、私がパソコンに向かっていたりすると
いつのまにか手元にコーヒーがそっと添えられていることが^^ 

【お母さんへ~美味しいコーヒーはいりました~バリスタスズより】
DPP_14725.jpg 
これはうれしい。
DPP_14728.jpg 
ソーサーをそっと裏返してみると
別の瀬戸物の蓋だったりするところも、子どもバリスタらしくよいと思います。

      バナー153  バナー154 
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     うむ、柄は確かに似ている。。

| 自閉症関連 | 06:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この夏、坂本さんと。

仙台もようやく暖かくなってきました^^
今年は家でもお楽しみを増やしたいと思い、
子どもたち専用のトマトの苗を植え付けました。
3人で中玉トマトの苗を買い付けに行き、日曜日に植え付け。

まず鉢底に敷く石を庭で拾います。
庭が荒れているので、石拾い放題です。

石を拾っている途中、今年も会ってしまいました。カナヘビ子ちゃんに。
年々、この家の庭で数が増えている気がします。
今年は親子連れ。桜子、たぶん出産しました。

カナヘビ好きの近所の奥さんのお宅にはとんと姿を見せなくなったそうです。
卵孵したいのにな~と奥さんが残念がっている姿を見るにつけ、
私に怖がられているよりもお向かいに転居したほうが、
桜子にとっても幸せなのではと思うのです。
心の中で桜子ファミリーに向け、転居を念じてみます、が、
DPP_14878-1.jpg 
おちびカナちゃん、元気に庭をかけずり回っておりました。
そして、ついにヤツに見つかる…。
DPP_14895.jpg 
尻尾にタッチング♪
DPP_14917-1.jpg 
ちびカナ子が逃げ込んだなら、執拗に追い続ける執念。
やっぱり転居したほうがよいのでは…。

DPP_14906-1.jpg 
カナちゃんズと触れ合いながらも、石拾いも一生懸命。
こちらがお願いした作業に真面目に取り組むのはショマのよいところだと思います。
DPP_14887.jpg 
こちらの方は手数より口数のほうが多いような^^;

DPP_14888.jpg 
DPP_14966.jpg DPP_14928.jpg
DPP_14947.jpg DPP_14976.jpg

DPP_14995-1.jpg 
水をかけて苗の植え付け完了です。
もう少し気温があがっきたら、
ふたりともに好きなきゅうりとゴーヤにも挑戦できたらなぁと思っています。
早くも朝に夕に水やりを頑張っていて、根腐れだけが心配。
けれども、夏に自分たちで収穫したトマトを食べることができたらきっと喜ぶはず。
応援団もいます。テレビでお馴染の…
DPP_14969-1.jpg 
坂本さんです。
ごめんなさい、誰なのか私はわからないという失礼な話なのですが
僕といっしょに、と苗売り場で誘われたので一緒にこの夏頑張ってみます。

      バナー153  バナー154 
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 18:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サマノスケの恋

DPP_14790-2.jpg 
DPP_14784-1.jpg 
日曜日の朝、『みどりのドレミドリ』 という番組で
うつみ宮土理さんが、『恋』 という歌を熱唱しているのを見ました。それでも恋は恋と。
ケロンパとキンキンの恋。
愛称に呼び変えると、恋愛中の熱情が想像しにくくなりますが
恋愛中に燃え上がっていたに違いないからこそのケロンパの熱唱なのだと思いました。
ぼく、左馬介はまだ恋をしたことがありません。

DPP_14770-1_2.jpg 
恋に落ちると雷に打たれたようになり
IMG_0198-1_2.jpg 
恋愛中はお相手のことばかり考えている状態になると聞きました。
まだ想像の中でのおぼこい恋しかしたことのないぼくですが
この度、

DPP_14818-1.jpg 
DPP_14809-1.jpg 
…ひと言でいうなら
人間のおばさんが 『明智左馬助の恋』 文庫版を買ったよ! という
それだけの話題に借りだされたぼくなのです。

DPP_14826.jpg 
そしてぼくは猫なので
正直、自分の名前を冠された小説といえど読む気はとんとなくて
DPP_14831.jpg 
本に挟んであった紐に興味がゆくばかりでした。ヒモとの恋。ちょっと破滅的な響きです。

     バナー151  バナー152
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_14857-2.jpg 
左馬介の名前は、人間のおばさんの妄想の恋に由来するわけですが
それもどうでもよいようです。・゚・(ノД`)・゚・。

| 猫関連 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕暮れドッグラン

DPP_14669-1.jpg 
日付け遡りまして、黄金週間のある一日。
お留守番ばかりでごめんなさい、ということで竜&小梅もドッグランへ。
場所は仙台市郊外の泉ヶ岳スキー場です。
DPP_14622-1.jpg 
山の上はまだ桜が満開。
DPP_14656.jpg DPP_14604.jpg 
DPP_14670-1.jpg 
日が傾いてから出かけたこともあり
走っても恐らくほどよく体が温まる程度の気温。
竜もいきいきとゆったりとしたスピードで走りまわっておりました。 
DPP_14609-1_1.jpg 
そして、若いお姉さんグループのところへ吸い寄せられていったのでした…。
DPP_14659.jpg 
若いお姉さんを喜ばせるには体力が要るのでちょこちょこ休憩。
---------------------------
DPP_14621.jpg DPP_14620.jpg
DPP_14603.jpg 
楽しく走っているようでいて、その実、ランに来てもほとんど走らない小梅。
私たちの周りから離れず、走っても竜のそば。
気が小さいところがあります。内弁慶なんですね。
そうではなくて、運動とかかったるいわ~と思っていたらちょっと嫌です。

ショマスズも一緒だったのですが、
ふたりともランのそばで稼働しているリフトに乗りたくて仕方がない様子。
夫に竜・小梅をお願いして、私たちただけリフトに移動。

今から乗るんですか…と係の方に言われ、
ええ今からですが…(それが何か?) と思ったら、
どうやら、もうすぐリフトの稼働も終了の時間帯。
リフトを降りたらすぐに帰ってきてくださいね!! と念押しされます。
リフトを降りてどこへ走っていくというのでしょう。ランめがけて走りましょうか。
…と小心者は心でぶーぶー言いながら、スズとリフトへ。
今回は時間の関係でショマはリフト乗り叶わず。

DPP_14688.jpg DPP_14681.jpg
まだ荒野が広がるばかりで、リフトからの景色はあまり美しくはないのでした。
ですが、ご覧ください。
DPP_14677-1.jpg  
お母さんアマゾン川!! と隣でスズガイドが叫んでいました。
アマゾン川、川幅せまっ。
しかし、子どもが外国の川の名前を覚えるとき
たいていはアマゾン川が最初のような気がするのは気のせいでしょうか。

中腹まで行って折り返して戻ってくるのかと思いきや
リフトは頂上までのぼっていきました。
意外に時間がかかります。
これでは営業時刻終了間際に客が飛び込んできたら
ガッカリンコという気持ちもよくわかりました。
ええ、見渡せど荒野しかなく
何より乗っている私のほうが飽きてしまったのですから…。
DPP_14691_1.jpg 
下ってきて、ショマと夫、竜&小梅が待っているのが見えてきました。
下に到着すると、竜が年配のおば様ふたりに囲まれてもふもふされていました。
私の母より、わずかに上の世代の方といったところでしょうか。
これくらいの年齢の方で、
大きな犬に抱きついて満面の笑みという方も珍しいな~と思ったら、
以前にハスキー犬を飼っていらしたそうです。
とってもいい体しているわ! と両腕でびしっと竜を抱いていらっしゃいました。

竜もおば様も嬉しそうで、私たちもお礼を言いました。
こちらこそありがとうとおば様が微笑まれて
愛おしいものと暮らした記憶は薄れることはないのだなぁと、うるうる。
しかし、真横ではランの料金箱をいそいそと引っこ抜く従業員の方がいらして
残業とかぜったいイヤ! という気持ちが伝わってきました。
今度はもうちょい早く来ようと思いますw

     バナー151  バナー152
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_14711.jpg 
帰宅途中寄ったガソリンスタンドにて。夫が外に出て不安そうな竜。
DPP_14706-1.jpg 
一方の小梅は、ガソリン3円引きスロット当たれ! と私と思いを同じくしているように見えました。

| 犬関連 | 13:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柔らかな土壌

スズはまだエスカレーターにひとりで乗ることができず練習中です。
上りはよいのですが、下りのエスカレーターで一番上に立って、
足を踏み出そうとするときに恐怖心が出てきてしまうようです。
足だけ前に出ているのに、胴体だけはその場に残ってしまう形になるので
体が 「>」 の形になって少し危ない。
DPP_14751-2.jpg 
そんな事情もあって、スズと一緒に買い物に行くとエレベーターを利用する回数が多いのです。
エレベーターにはなんといってもボタンがあって操作性があるのでスズは大好き。
荷物が多いときなどは、スズが「開」ボタンを押してくれたり
目的の階を押してくれるので助かっています。
乗りこむときは急いで乗らない、降りる人が先というマナーも定着しました。
DPP_14760-1.jpg 
先日も買い物の後、ショマスズと3人でエレベーターに乗りました。
この日もスズはエレベーターボーイの役割を担い、ボタンの前に立っていました。
屋上の駐車場までエレベーターがあがり、扉が開きました。
扉が開いたその先に、杖をついた年配の男性が立っていらっしゃいました。

ご婦人とのふたり連れでいらしたので
邪魔になってはいけないとそそくさと私は降りてしまいました。
スズがボタンの前に立ったまま、

  ボクがボタンを押していますからどうぞ乗ってください。

と声をかけて、お二人をエレベーターの中に招き入れようとしていました。
誰にでも話しかける特技炸裂だ! と私は少しハラハラ。
ご婦人は、

  ぼくも降りても大丈夫よ。

と声をかけてくださったのですが、その声を制するような形で男性が、

  おう、えらいな。

と言いながら、杖をついてゆっくりとエレベーターの中に入っていきました。
お二人が乗り込んだところで、扉を抑えてスズが出てきました。
扉が閉まるときに、男性がスズに向けて、ありがとうなと言ってくださいました。

見ようによっては、スズがかえってお邪魔にもなっていたような
でもスズ本人は男性に褒められたことで嬉しさを隠しきれない様子で
私もまた、そのスズの様子に嬉しくなり
たくさん褒めてもらってよかったねと声をかけました。

 ボクは幸せの種を蒔きたいんだ。

と大きな声で返してきました。
私は一連の出来事を思い、ほろりとしました。
幸せの種を蒔くという言葉も素敵だとは思いましたが、言葉そのものではなく
小さな種を蒔いたその先に、
種を包み込んでくれた優しく柔らかな土壌があったことに。
DPP_14740-2.jpg 

     バナー151  バナー152
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_14736-2.jpg 
実は母は知っているのです。スズの言う幸せの種の元ネタは
アニメ・ハートキャッチプリキュアにあるということを…スズ、プリキュア大好きなんです

| 自閉症関連 | 18:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いや耳ガードで疲労困憊

だいぶ前にちょこっと寝る前にショマの耳かきをします、という話を書きました。
毎日毎晩ではないですが、その習慣はまだ続いていて
寝る前に耳かき~とお願いされ、
綿棒や耳かきでこちょこちょしているうちにショマが寝てしまうということがよくあります。

もちろん、私にとって耳かきをする対象はショマだけではなく
スズや、ごくまれに夫ということもあります。
他の人の耳を掃除することによって気付いた発見。
それは…
人間には耳かきを差し入れられてもくつろいでいられる側の耳と、そうでない側の耳がある!
という発見です。あまり大層な発見でなくてすみません。

くつろいでいられる側の耳を掃除しているときには、
耳かきっていいもんじゃな~このまま寝てしまおうかという状態に陥り、
一方のそうでない側の耳においては、
こちらが耳かきを持って構えた瞬間に、耳かきの進入を恐れる反射によってか
対象者の体がくねりだすように思います。
進入させたなら、さあ大変。ぴちぴちと下半身がうねります。

この 【そうでない側の耳】 については
我が夫婦間で 【いや耳】 という名称が付けられました。
読み方は、【イヤミミ】、
用例は 「次、いや耳の方やるよ~」といった感じです。
ちなみに我が家の家族のいや耳は私も含め全員右側です。

さて、恍惚の耳かき時間を一瞬にして吹き飛ばす 【いや耳】 の存在ですが
犬にもいや耳がある、もまた私の(大層でない)発見のひとつです。
では検証写真をご覧ください。

DPP_13843-1.jpg 
今より若かりしころは耳が汚れることもなく
耳掃除とは~なんぞやそれ? 状態の竜でしたが、
免疫力の低下でしょうか、近年耳が汚れるようになってしまいました。
耳の中に洗浄液を入れて、もみもみと耳の下を揉みしだいて洗浄液を浸透させます。
この方にとっては耳掃除は慣れないこと。 双方いや耳といったところですが
DPP_13847_2.jpg 
特に右側はだめです。暴れます。怒ります。
DPP_13853-1_1.jpg 
頭のとんがりでも揉みしだいてやれば恐怖感も薄れるのでは…と試してみましたが
とんがりにはそのような効果はないようです。
あまりに嫌がって、竜さんの口に私の腕が吸い込まれている様子の写真もあり
犬にもいや耳が存在するという検証にはもってこいなのですが
竜の名誉のためにも、写真の掲載は控えます。

結局、風呂に入れてお湯まみれになって何がなんだか竜がわかっていないうちに、
耳に洗浄液を入れて掃除するということになっております。

で、風呂に入れるといつも思うのですが
犬って人に回りこまれると嫌がる側がありませんか。
これも竜は右側なんです。
入り込まれるのが嫌な体の側がある、というのが、いや耳存在のヒントになりそうです。
体の右側に回りこんで右側を洗おうとすると、
回りこまれないように、ぐるぐるぐるぐる動いてガードしています。
小梅にも回りこまれると嫌な側がありますから
狭い風呂の中で、ひとりと2頭でぐるぐるぐるぐる回りながら洗っています。
今、その様子を自分で想像してみたら、なんか滑稽だ…。
DPP_14513.jpg 
DPP_14510.jpg 
そんなこんなで、ぐるぐる回り続けながら耳掃除をされ、洗われて
ドライヤーをかけるときも回り続けているので、お風呂後は疲労困憊の竜なのです。
------------------------------------
疲れているのにさらに小梅のお手入れまで!
DPP_14488.jpg 


険しい顔で毛づくろいされる小梅さんです。
竜に毛づくろいしてもらいたいのか、そうでないのか小梅さん、よくわからんのです…。

     バナー151  バナー152
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 12:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母の日におたずね者になる

DPP_14577-1.jpg 
昨日は 母の日 でしたね^^
出かけるなら何かプレゼント買ってやるとスズに言われました。脅迫か。。

竜&コメーをお風呂に入れたり、
そろそろ衣がえもしたかったので、
プレゼントなんかいらないよ、スズとおうちにいられることがプレゼント♪
大人ですから、うまいこと言って外出は辞退しました。

【外出してくれればよかったのに…】
DPP_14512.jpg 
お風呂に入れられ疲労困憊の竜でした。この模様はまた次回にでも^^

それに母の日に合わせて、学校から似顔絵を持って帰ってきてくれました。
DPP_14474.jpg 
へい、らっしゃい! あ…母さん、角刈り風なのでつい。
きれいに色を塗ってくれて、母さんブルーアイ♪
眉毛はブルー&ピンク。口の中は信号機色です。銀歯が入ってなくてよかった。。
素敵に描いてくれてありがとうとお礼を言いました。

昨夜、寝る前にも母の日だからプレゼントと言って
さささっと1分くらいで絵を描いてくれたんです。

お母さんにいつも迷惑かけてるから…これどうぞ って。

  ずきゅん 

そんな風に思っているなんて。
そんなこと子どもは心配しなくていいの…とスズをむぎゅとして言ったところ
まだ、スズは人とのやりとりの関係を表す言葉の使い方が未発達のため
そのことについて話しているうちに
だって、お母さんいつもボクに迷惑かけるでしょう? に変わっていました。ははは…。

DPP_14484.jpg 
寝る前に描いてくれた絵はこちら。
何を描いてくれたのかな?
DPP_14484_2_1.jpg 
テーマは 【警察に追われて逃げるお母さん】 だそうです。

なんぞ そのテーマ (゚Д゚ )


     バナー151  バナー152
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

【課長、ホシの顔です。】
DPP_14539.jpg 
衣がえの合間に真生母さんと取調室ごっこ。

| 自閉症関連 | 14:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心のありようを自然に教えてもらう

DPP_14328-1.jpg 
時刻も3時をまわり、そろそろ帰り仕度しなければというときに
混雑が緩和されてきたこともあって、
このような斬新なデザインの乗り物にショマスズと私と3人で乗ることができました。
かわいこぶってみました。30代後半 

   ぷるんぷるん号  
機関車っぽいデザインの車もあり、スズはそちらに乗りたかったようです。
でもせっかくの小岩井農場、農場ならではの車に乗りたいではありませんか。
実際にはモーモー号はかっ飛ばしません、夜露四区。
まきば広場の中を安全運転で進んでいきます。
 
ミルク館や山麓館、まきば広場の中にある施設を横に見ながら
遠くに見えるは牛舎と岩手山。
それらを見ながら、左隣にいたショマが
お母さん楽しいねと静かに微笑んで話しかけてきました。
とても静かで穏やかなひととき。こんな時間がずっと続けばいいのにな~。
-------------------------------------------
…というわけにもいかないだろうというのが最近のショマの様子です。

少し日付けを遡っての話です。

先月23日に中学生になってはじめてショマの参観日がありました。
いつものことなんですけれど、いつも以上に
参観日見にきてね♪♪ と数日前からはりきりスイッチが入っていました。

今年度、ショマは学級委員に立候補して、その仕事を任されたということもあり
学級委員だから見に来てとも言っていました。
学級委員任命式という式も参観日の数日前に用意されていたようで、
任命式見に来てね!! と言われたほどです。(親は出席できません^^;)  

だってお母さんのこと好きだから見てほしいと理由まで言われ
えっ♥ そんなうれしいこと言ってくれるなんて♥
そんな理由うれしくないわけがない。

そして参観日当日。
新しいお友達に囲まれて、
その中で埋もれてしまわないようにという存在感アピールということはわかるんです。
わかるんですけれど、
言葉は悪いけれど、ショーちゃんそれは悪目立ちというものだ…と言いたくなる有様。
ゲップ、カーッカーッ(ペッ)の音声アピールはもちろん、
椅子からわざと転がり落ちてみたり、
朝の会のはじまり時刻になっても、
朝活動で行っていたパズルは絶対やめない! と強情を張ってみたり。

皆が落ち着いている中、
あまりにうるさく騒ぐので、先生に注意されました。
注意された途端、自分で自分の頭を叩き出したり頬をぶって
痛い! 痛い! 痛い! と大声で泣き出してしまいました。
すぐに女性の先生が駆け寄って
「ショマ君、いつものショマ君でいいんだよ。」と声がけしてくれたのですが
興奮がおさまらない状態。

あれよあれよという間に、参観も終わってしまいました。
先の女性の先生が
ショマ君、本当に何日も前からお母さんが来るって楽しみにしていて…
その嬉しさをどう表現していいのかわからないのが
ショマ君にとってももどかしいところだ思うんです、と
ショマのことだけでなく
私の気持ちまで慮ってフォローを入れてくださりありがたいなぁと思いました。

PTA総会、学部懇談などを終え
午後に再び合流したときには少し落ち着いていました。
自分でも自分の状態が、褒められるようなものでもなかったとは
うっすらわかっていると思います。
帰りの車内では不安げに何回も、僕立派だった? と訊ねてきました。
立派であるかそうでないかと問われれば、立派でないほうに傾く状態であったわけですが。 

【立派でありたい自分】という
ショマがほのかに抱いているだろう理想へのプレッシャーなのか
気を引きたいあまりなのか、人の怒りを引き出してしまうような挑発的な行動。 
私たち両親、弟、先生、友達との関わり、
対人関係における振る舞いについての葛藤が感じられる、このごろ。
参観日で学級委員として立派だったって
パパちゃんにも教えておいてねというようなことも言われました。
認められたい思いと、
その思いとはかけ離れていくような行動を取ることしかできないことに切なさを感じます。
-------------------------------------------------------------
小岩井に行く道中も、最初は歌を歌ったり楽しそうにしていたのですが
渋滞によって、到着時刻の見通しが立たなくなってきたころ
車内で落ち着かず、わざと私たちを怒らせるような言動が現れはじめました。

その言動について、いちいち苛々してはいけないとわかっていても
私を含めてみんな、付き合うのに疲れてきて苛々としてしまうのです。
苛立った空気が車内に充満しだしたころ、
突然、僕ってダメかなぁ…とぽつりと漏らして泣きだしてしまいました。

ときどき、とても怖くなります。
ショマの状態をこの先しっかりと受け止めてやれるのかと。
何かひとつでも対応を誤ったら、取り返しのつかない事態になってしまうのではないかと。
子どもの状態を責任をもって受け止める、
それが親の務めといわれればそうなのだけれど、
穏やかではないショマの一面を見せられると最近気持ちがすくんでしまっていました。
穏やかなショマは私が与しやすい状態というだけであって、
挑発的な行動を取っているときのショマも同じショマだというのに。
我が子であるショマは
私の心の弱い部分-向き合うことの怖さ、逃げ出したい気持ち、
親としてこんなんじゃいかんという心の状態の深淵を
私に覗かせるような存在でもあるのです。

自分の気持ちがすくんで立ち止まってしまうようなとき、
川や木を見たくなります。
それは逃避なのだけれど、小岩井に (けっこう無理を言って^^;)
連れてきてもらって、子どもたちを連れだしてきてよかった。
ショマスズと並んでモーモー号に乗って
わずかな時間だけれど心静かに農場の空気を満喫。

一本桜が開花している様を見ることは出来なかったけれど
樹木が広大な草地に根を張って生きていることは見ることができました。
冬の寒さに耐え、春に芽吹き、夏は葉を繁らせ、葉を色づかせ秋に散りゆき、
一年一年をこうして繰り返しながら、
同じ場所でずっと根を張ってゆっくり育っていったのだと。

思春期にどう対応していくのか、本格的な思春期を前にして今もって勉強中です。
向き合う心持ちだけは自然からもらって帰ってきました。
でもこの先、何回も川や山を見に行くことになるかもしれません(笑)


     バナー147  バナー150
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 13:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が子にボーダーコリー的才能をみる

DPP_14204-1.jpg 
牧場といえば羊。羊舎に移動。
DPP_14231-1.jpg 
この子はまだ子羊らしい風情が漂っています。
DPP_14217-2.jpg 
DPP_14212.jpg DPP_14210.jpg 
なぜか草食動物に対して非常に積極的なショマは、羊を見てにやり。
DPP_14225-1.jpg 
だんだんと距離が近づいていって、こんもりもり茂った(?)
羊毛森の中に手を差し入れてみます。
膨らむほどに毛が生えてしまうと、触られている感覚もないようで
羊さんたちも悠然と牧草を食べ続けています。
触った感じは、本当にぼふんぼふんと手が跳ね返ってくる感じです。

家にて、犬や猫とべったべった触れ合っているスズは
【動物を触ったら手を洗いましょう】 という注意書きが気になるようで
手を洗う場所がないから (※羊舎の外にはあります。) と、
触ることができませんでした。
ちょっと怖い…という気持ちもあったようです。
危険度はかなり低い動物のように思うのですが…^^;
-------------------------------------------------------
DPP_14284-1.jpg 
触れ合い広場の一角ではこのように羊さんが走っています。
このお尻のフォルム。 ころんとした胴体。 耳の形(*´Д`)ハァハァ 
ぎゅうっと抱いてみたい…という欲望がショマにあるのかどうかわかりませんが

DPP_14296-1.jpg DPP_14297-1.jpg   
DPP_14287-1.jpg DPP_14294-1.jpg
DPP_14297-2.jpg 
ショマの中に羊追いの才能がきらめいているのを母は感じました。
ニュージーランドやオーストラリア、スイスの農場で雇ってくれないでしょうか。
走っても走っても笑顔が尽きない無尽蔵なのかと思われる体力。
はるか彼方にいる羊をいち早く発見する視力のよさ。
 
余談ですが、本当に視力がいいんです。
正確な値は測定できないので、したことがないのですが
私が、パソコンでこのような小さな文字を打ち込んでいても
かなり離れた位置から、ぶつぶつと読んでいます。
昨日の朝は内職で、自分の名前と 『メロン』 という文字を打ち込んでいたのですが
遠巻きにショマがその文字を眺めていて、それが一日気になっていたのか
ジャスコの果物売り場で、○○ムーコさんはメロンが大好きー♪ と周囲に告知していました。
ちなみに私のメロン好き度は周囲に告知するほどでもなく普通レベルです。

DPP_14311-1_1.jpg 
周りにも羊を追いかけたいちびっこさん達がいるというのに先を譲らず、
この後、写真に写っている羊さんはむんずと胴体をショマにつかまれていました。
DPP_14276_1.jpg 
このように羊さんは柵のほうへ柵のほうへ追い立てられていきます。
この後、ボーダーコリーと羊さん競演によるシープドッグショーのために
羊さんたちはステージに借りだされていきました。
走らされ、また走らされ、羊でいるのも楽ではなさそうだと思いました。

DPP_14314-1_1.jpg 
スズも挑戦していたのですが、触れないうえにあきらめるのが早い。
ペーターブラザーズ結成は難しそうです^^;


     バナー147  バナー150
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

【毛刈り中に何があった!?】
DPP_14229-1.jpg 
どうしてこんな河童風に…。

| 自閉症関連 | 06:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤギボーイになりたい

DPP_14173-1_20100505101458.jpg 
小岩井農場まきば園です。
芝生が広がり、のびのびと遊ぶことのできる広場。 

  DPP_14150_1-1_20100505101936.jpg  DPP_14144_20100505101959.jpg  
  見えない敵と戦ったり、ジャンプを決めても大丈夫♪

お昼頃はお日様が隠れてしまい、肌寒さを感じながら
芝生の上でお弁当を広げました。

【食後のデザートも忘れずに】 
DPP_14172.jpg   
こんなに寒いのによくソフトクリーム食べる気になれるな~と言いながら、ショマにひとつ。
しかし、少しお味見をしたら牛乳の味が濃くておいしすぎて
ほかの家族3名にたかられ、あっという間にソフトクリーム消失。

DPP_14197-1.jpg 
場内散策中に、牛の乳絞り体験に借りだされている牛子ちゃんに遭遇。
スズ、もう小学校三年生なのですが 
「お乳」 というものに強い憧憬を抱いている節があり、
絶対絞りたい! と言っていたのですが、かなりの行列で断念。
DPP_14195-1.jpg 
しかしこの三白眼風の目、どこかで…

    DPP_14068-1.jpg 
                           ここか (人´∀`).☆.。.:*・°   

--------------------------------------------------------
さらに散策を続け、比較的空いていた乗馬コーナーを発見。
ショマスズともに乗りたい☆乗りたい言うものの
大きな声を出して馬を怖がらせないという約束事があり、
そのような約束事を見つけると、反対に大きな声を出してみまーすと口にするショマ。  
私と夫がいることで、かえってそのように騒いでいる風でもあるので
途中で駄目そうなら降ろしてもらおうと決め、並んでみました。

  DPP_14236-1.jpg 
  ポニーのわかば君です。

DPP_14262.jpg 
本当なら身長130cm以上のショマスズは
ポニーではなく大きい馬にも乗れるのですが、
いきなり大きな馬では心配があるのでポニーに乗せてもらうようお願いしました。

DPP_14247-1.jpg 
ショマが乗せてもらったアイボリーちゃんは体が小さく
かわいそうな感じでしたが、頑張って乗せて歩いてくれました。
ショマも楽しそうに乗ってくれてひと安心。

DPP_14270_1.jpg 
馬に乗れたことですっかり自信を深めた2人。
今度は大きな馬に乗って、ヤギを追いかけたいそうです。
小岩井牧場では馬でのヤギ追いはしていないと思う…  思うではなくやってないです! 


     バナー147  バナー150
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_14202-1.jpg 
次回はもふんもふんさんの登場です。

| 自閉症関連 | 11:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜を追って

東北は岩手に、広大な敷地の中に咲く一本の桜があるとか。
DPP_14091-1.jpg 
                      ※行楽に出かけるお父さん風にキメてみました。

仙台の桜もそろそろ終わり。
では一本桜を追って北上していきましょうか。
DPP_14464-1.jpg 
連休なんてこうしてごろごろしていればあっという間に過ぎ去ってしまうのですから。

DPP_14117-1.jpg 
向かった先は岩手県小岩井農場。車内から撮影です。
仙台からなら、およそ2時間ほどで到着する距離。
でもさすがに昨日は、出発して入場するまでに4時間半ほどかかりました。

DPP_14127-1.jpg 
DPP_14134-1.jpg 
少し気持ちをリフレッシュしたいということが続いていまして
広大な自然の中に根を下ろし、空に向かって伸びている樹木を見たい。
ならば大好きな小岩井農場に行こう。
ショマスズの意向も聞かず、ここまで出向いてきました。
まぁ意向を聞いたら聞いたでジャスコに行ってゲーム!! だと思うのですが ^^;

ただ、
DPP_14062-1.jpg 
DPP_14063-1.jpg 
青森で開花していると聞いたので
岩手でも咲いていると思って来ちゃったよ~ヽ(*´∀`)ノ
下調べ甘いよ~ヽ(*´∀`)ノ
小岩井農場は岩手山の麓にありまだ肌寒さの残る土地。
くわえて、この春の気温の乱高下。

DPP_14054-1.jpg 
DPP_14057.jpg 
予定ではこのような景色が眼前に広がるはずだったんですけれども
こればかりは人間の思惑通りにはいかないもの。

以前はこの草地に牛が放牧されていて、
一本桜は牛を強い日差しから守る日陰樹としての役割を果たしてきたそうです。
一本の桜を中心にして牛が休んでいる光景、想像するだけでわくわくします。

   DPP_14141-1.jpg
   場内のしだれ桜や
   桜並木も開花までいま少し時間を要しそうな気配。

それでも小岩井の自然はやはり素晴らしい。
毎日をなるべく楽しい心持ちでゆっくり過ごしていこうと思いながら帰ってきました。
ちょっと続きます^^
 
DPP_14419.jpg 
小岩井はお土産品も素晴らしい\(´∀`)/ チーズプリン最高♪

     バナー147  バナー150
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_14431-1.jpg 
小岩井から持ち帰った保冷バッグに集うねこきょうだい。
レフ板効果かいつもより顔色キレイ!
DPP_14437-1.jpg 
でも眩しくてたまらないらしい。なぜ集う。

| 未分類 | 18:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お宝披露!

家族揃っての連休初日だというのに、夫が飲みに行ってしまいました。
それはいいのですが
青森から持参したジーパンを履いて街に出ていったんです。
私の母が洗濯をして持たせてくれたジーパン。
夫の衣服は私の母がせっせと洗濯してくれます。
いつも洗濯してくれてありがたい話ではありますが、
ジーパンにはアイロンかけなくていいよ! と思いました。
中央縦に線が入ったジーパンはじめて見たな! と一瞬我が家の話題をさらいました。
---------------------------------------
昔の人は物を捨てないという話を
ここのコメント欄にて少しお話させていただいたのですが
私の母も物は捨てられない人で、きれいに整理整頓して取ってあります。
捨ててもいいんじゃないの~と娘たちは勧めているにもかかわらず
いつか価値が出るかもしれない…と母は申すわけです。

私が小学校六年生のときに買った人形に価値が出る日がくるのだろうか…。
こういった昔の物でも取っておけば価値が出るかもしれない、
家の中に自分たちが価値を知らないだけのお宝が眠っているかもしれないと
母世代に夢を見せてしまうのは
『なんでも鑑定団』 というテレビ番組が強く影響しているのでは…と
私は推察するわけです。

土曜日、日曜日の昼下がりにこの番組が
再放送されていたりするので、ごろごろしながら私も見ることがあります。
見始めると面白いですよね。
高額のお宝が出るとおおおーっと興奮するし、
安い掛け軸が出たりするとちょっとほくそ笑んでみたりもして
自分の底意地の悪さを再確認できる番組です。

どんなものに価値が出るか-
番組を見ての独自学習ですが-
陶器であれば箱があって、箱書が残されている。
古い時代のものである。希少価値である。
いい仕事をしていることはもちろん大事、といったところでしょうか。

今日は時が経ったらひょっとして価値が出るかもしれないという
我が家のお宝を披露してみたいと思います! 

DPP_13002-1.jpg 
箱書はあります。

DPP_12990-1.jpg 
このお宝の蓋を開けた日にたまたま家に遊びに来ていた犬フレンド・ゴゴ君。
テーブルの上にお宝が置いてあります。
いい仕事をしていなければ、ここまでの視線は集められないのでは…と思います。
では、いよいよ蓋を開けたときの写真をご覧ください。

DPP_12999-1.jpg 
中身は陶器です。ふちの模様、印刷?? いやいやまさか。たぶんちがう…

DPP_12992-1.jpg 
DPP_12994-1.jpg 
吉野家111周年記念どんぶり。希少価値はまあ、ある…のではないかと思いたい。

うちの夫が私の代わりにポイントカードのポイント収集、
キャンペーン抽選応募等にマメ男なもので
その努力がどんぶりの形となって還元されてきました。
応募した夫は吉野家からの丼進呈を心の底から喜んでいるのですが
私としては、箱に入っていて場所を取る、ひとつだけあってもなんか寂しい、
できれば青森の母に箱に入ったまま贈呈したい…という感想を持っていて
この家での置き場所がまったく決まらないまま今に至ります。


     バナー146  バナー145
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     でも当たったことは誰かに伝えたくて、連休に挟みこんでみました\^▽^/

DPP_13004.jpg 
おう! 載せるの忘れてました。箱書きです。力強い文字だぎゅ♪

| 未分類 | 21:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |