2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

リズム

今年も今日一日を残して終わりとなりました。

2010年が終わったからといって何かが変わるということはないのかもしれないけれど
竜ちゃんと過ごした最後の年が去っていくというのは
私にとってはやはりとても寂しいような気がしています。

竜ちゃんを失って三ヶ月以上が経ちました。
いなくなってみて思うことは、
本当に本当に本当に、
あやつは手のかかる子だったんだなぁということ。
DPP_20748-1.jpg 
年を取っていたからとかそういうことはあまり関係なく
私たちのもとに来たときから手のかかる子だった(笑)
それなのに最期だけあっさりといってしまって
夫にそれは言うなと怒られるのだけれど、
竜ちゃんのばかばかばかんと思ってしまう。
もっともっともっと手を煩わせてくれなきゃだめじゃないのと、
そうじゃなきゃ、あなたから貰ったものをどう返せるのかと。

人間には色んなリズムがある、リズムは人間一人一人が持ってるから心地好いと
このようなコメントを先日頂戴しました。
耳に聞こえ体に響く直接的な音、ではないけれど
竜ちゃんといることが私にとって心地よいリズムだったんだな~とそんな風にふと思いました。

DPP_20192-1_20101231090331.jpg 
いつもほんわり、
DPP_29253-1.jpg 
いつでも人を信ずる心を忘れません、
DPP_15810-1.jpg 
漢らしく力強く、
DPP_19582-1.jpg 
新しい発見と新鮮な驚きをくれる子、
DPP_6544-1.jpg  
孫への愛ってこんなことを言うの、胸きゅんきゅん。

あの日以来、まだ心のバランスがうまく取れていないと感じることがあります。
毎日の暮らしを刻むリズムをひとつ失った寂しさはずっとずっと続くのかもしれません。
DPP_13727-1.jpg
でもまだまだ大切な子達が自分にはたくさんいて
これからも心地よいリズムをみんなで刻んでいけるような生活にしていこうと
それが竜ちゃんへの恩返しにもなるだろうかと
そんなことを思う12月31日です^^

今年も読んでくださってありがとうございました。
よいお年をお迎えください^^

     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

    【一年の感謝を込めてえい、ハート】
     101226_135539_03_ed.jpg

| 未分類 | 09:57 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小梅改め小力

真生にゃ、首輪を見せておくんなんし。
DPP_32395-1.jpg 
前回、愛姫ぷっくりと書きましたが、愛姫の母さんもっともっとみっちり。
首輪を作ってみて、とても首周りが太いことがわかりました。毛量も多い。

【ちらと柄が見えるか見えないかのところがお洒落の極意】
DPP_32480-1.jpg 
毛を掻き分けてようやくちらり。
DPP_32400-1.jpg 
おっかぁはお洒落上級者いうことにしたいと思います。
---------------------------
DPP_32405-1.jpg 
小梅へのプレゼントはTシャツ。
お洒落初心者の私と小梅はまずTシャツからはじめましょう。
DPP_32444-1.jpg 
これを着て散歩するようなことがあったら、
周囲の男性のハートを撃ち抜きまくって大変なことになるのではないか!? 
そう思いたいところもあるのですが

    DPP_32420-1.jpg

DPP_32434-1.jpg 
どうも小梅は洋服を着るととレスラー風になってしまう気が…。

※参考写真・過去のレスラー風味の洋服
1191256087s_20101229214403.jpg 
今見るとなかなか…ずいぶん試合頑張ったんだな~という感じがします。

しかも!!
DPP_32494-1.jpg 
DPP_32470-1.jpg
洋服を着ている間のこのブルー風情。

DPP_32471_1.jpg   
私も小梅とタッグを組んで久しいものですから、
このような声が聞こえてくるような気がしました。

結局プレゼント用のおやつを買ってきて食べる→むっちり→長州小…梅
という循環になるのだと思います。ははは…。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。
     年末プレゼントには嫌いなお風呂も控えております。

| 犬関連 | 21:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動物組にプレゼント☆1

DPP_32320-1.jpg 
DPP_32361-1.jpg 

DPP_32322-1.jpg 
いやいやまさか。
正直食べ物だけで終わりっていう年もあるのですが
今年はいつもに増して動物組の皆さんから元気をたくさんいただきましたから、
御礼代わりにささやかなクリスマスプレゼントを用意しましたよ~♪

DPP_32340-1.jpg 
ねこーずの皆さんには、色違いの首輪。

【おっかぁ用】                 【ねこきょうだい用】
DPP_32353-1.jpg DPP_32349-1.jpg  
夏の首輪作りの教訓を生かして、真生おっかぁは結局渋い色味中心。 
 
DPP_32446-1.jpg 
DPP_32476-1.jpg 

DPP_32504-1.jpg 
DPP_32520-1.jpg 

DPP_32367_1.jpg 
写真が多くなりそうなので、真生と小梅の様子は次回にします^^

出来はまぁ…まぁ…^^; へたっぴなんですけれど
ここ最近、愛姫がぷっくりしたことで、左馬介との見間違えが家族・知人の間で多発しており、
首輪の色で見分けがつくだけでもよかったかな~と思います。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_32483-1.jpg

| 猫関連 | 14:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歌を聴くときには

     DPP_31824-1.jpg 
   終業式の日、スズのクラスでクリスマス会がありました。

DPP_31828.jpg DPP_31890-1.jpg 
DPP_31885-1.jpg DPP_31944-1.jpg 
DPP_31922-1.jpg 

突然、季節を遡りまして、

~春・夏 毎年お楽しみの菜園活動~
DPP_17944-1.jpg 

~うどん作り~
DPP_17894-1.jpg 
みんなでうどん作り。やや、きしめん風^^;

~苦手な体育もがんばるぞ~
DPP_30345.jpg 
(参観日以外の日は体育にはやる気ないという噂もたまに聞く^^;)

私が目にすることができるのは
学校生活のほんの一部なのだけれど、
春からの写真を見返していっただけでも
学校生活を通しての体験の積み重ねで得るものは大きいのだろうと思います。

今年は春から支援学級のお友達の人数も増え、
スズも入学して以来の大所帯の雰囲気に慣れないようなところもあったかと思います。
日が経つにつれて、低学年のお友達にパソコンの使い方を教えていたなどの
報告も先生から受けるようになり、
新しい関係が育ってきていることを感じ嬉しく思いました。
夏以降に学級に入ったお友達と気が合うのか、
そのお友達のことも家でよく話してくれるようになりました^^

2010年の締めくくりとしてのクリスマス会。
クラスのみんなで、「見えない おくりもの」 という歌を歌いました。

   「見えないおくりもの」

   風の願い  鳥の願い  空まで届く  星まで届く
  
   あなたの思い  私の思い

   誰かに届く   何処かに届く

   目には見えない 贈り物が

   世界を包む  クリスマス 

うむ、これはよい歌。
スズは歌っているかな~と思って見てみますと、

DPP_31863-1.jpg 
あーーーっ、頬づえついているふりして耳ふさいでるぅ!!

正面からはたぶん聴き入っているように見えるポーズですが、
後ろから見ていた私と、スズ二年生時からの担任の先生からは丸見え。

 耳、ふさいじゃってますね。

 どうしても高音域が苦手だもんなぁ。

とふたりでひそひそ。
スズに対しては、自分を守るためでもあるのだろうけど
子どもなのに気を遣いすぎる、もっとのびのびしてほしいなぁと思うことしばしば。
それでも、元気に歌っているみんな、その歌を聞けない自分、
そのことがわからないようにするための頬づえ、
スズの気遣いなかなか素敵と思ってしまいました^^


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

DPP_31882_1.jpg 
しかし、音楽のリズムを感じることは大好きなので指は動いているのでした♪

| 自閉症関連 | 12:38 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小梅のメリメリクリスマス

DPP_32261-1.jpg 

DPP_32183-1.jpg  

                DPP_32180-1.jpg  

                DPP_32111-1.jpg

DPP_32107-1.jpg 

DPP_32276-1.jpg 
DPP_32296-1.jpg 

DPP_32309-1.jpg 
DPP_32315-1.jpg 
DPP_32316-1.jpg 

DPP_32219-1.jpg 

DPP_32188-1.jpg 


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 23:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツリーを飾る

昨日でショマスズたちも終業式。今日から冬休みに入りました^^
昨日はスズのクラスのクリスマス会に参加。
Sさん宅や、教室のツリーを見てやっぱりツリーがあるといいなぁと思い、
遅ればせながら昨日ツリーを飾りました。

ねこーずが来てから、いたずらされるかなぁと飾っていなかったんです。
急いで片づけるのが面倒という理由も大きかったりして^^;
みんなで飾ろうよ! とショマスズを誘ったのに、
遊ぶのに忙しくて参加してくれませんでした。しょぼん。
昔は頼んでいないのに、チラシのオーナメント飾ってくれたりしたのになぁぁ。

【そんなときの強力な味方!】
DPP_31983-1.jpg 
小梅とねこきょうだいが手伝ってくれました(おっかぁは寝んね中)!

    DPP_31987_1.jpg    

DPP_32007-1.jpg 

DPP_32022-1.jpg 
DPP_32028-1.jpg 
       
DPP_32067-1_20101223103519.jpg  
DPP_32047-1.jpg 
DPP_32043-1_20101223104105.jpg DPP_32081-1_20101223104124.jpg 

DPP_32042-1.jpg DPP_32097-1.jpg 
かわいいぞ、小梅! などやっていたらなかなか作業が進まないんだけれども

        DPP_32099-1.jpg 
        完成♪ 
        電飾は愛姫が噛みそうなので付けませんでした。
        スズには電気がないとつまんないと不評ですが
        それでも、うむ、やはりツリーがあるとイイ(人´∀`).☆.。.:*・°
        
 _49679852596e8s_20101223104613.jpg  
 なんぞこれw   ↓ ↓
 _496798562610b_20101223104633.jpg  
作業を進めているうちに、いろいろなことが懐かしくなっきて
途中で過去のブログを見たりしてまた進みが悪くなるんだけれども、
思い出が昨日のことのように蘇ってきてブログやっていてよかったなぁと思いました。
         

     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

     101223_100709.jpg
     昨夜、私が寝ている間に、
     cat が落とし dogが壊す というコラボレーションがあった模様…。

| 犬関連 | 10:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

分身かねしろ

DPP_31536-1.jpg 
先週の土曜日、お友達のSん宅の夕食に招かれて遊びに行ってきました。
クリスマスパーティというか、ささやかな忘年会というかそんな感じで、
ちびっこたちにも2010年に置いていきたい忘れたいことがあるのだろうかと思いながら
ショマスズも伴ってお邪魔。
 
たまに遊びに行くとみかんちゃんがお祭り騒ぎで出迎えてくれるのですが
この日は祭り度が低い。
前日の金曜日は我が家でSさん&沢さん&わんこーずで 鍋ランチをして、
みかんちゃんに会っていたため感激度が薄かったらしい。なんとクールなことよ。
毎日会っている人(=飼い主Sさん)に対してはもっとクールよ…とのこと。
ああん、みかん。

DPP_31545-1.jpg DPP_31526-1.jpg
クリスマスムード溢れるSさん宅にうっとり。
ああもうSお母さんは優しいし、パパさんはかっこいいし、
お邪魔するたびに、この家の次女になりたいと思うのですが
だだごろごろしているだけの次女がいては、Sさんも参ってしまうであろう。 
DPP_31559-1.jpg 
美味しい夕食のあとは、子どもたちでチョコレートフォンデュ。
お嬢さんのKちゃんがお母さんと一緒に用意をしてくれました^^

ショマはSさん宅に伺うのを楽しみにしていて
週が明けて月曜日、自分の担任の先生と、
Sさんのご子息のN君の担任の先生とに、N君の家に遊びに行ってきた^^と報告したとか。
以前にも同じようなことがあって、誰に何を伝えればいいのか
ショマが自分で判断しているようだと先生が教えてくれました。
クラスを飛び越えてまで、先生に伝えに行くとはよほど楽しかったのでしょう。
-----------------------
子どもたちはWiiで盛り上がっていました。
家にはない Wii Fit で遊んでいるのを見ましたが、
うちの子どもたちは体を使うのはやっぱり苦手な模様。
手と足を一緒に動かすというのが難しいけれど、
失敗しても盛り上がれるので、楽しんで運動するにはいいのかなと思いました。
私が欲しくなったともいう。。

さらに、Wiiの似顔絵チャンネルで
盛り上がっているのを見て私も挑戦。
ちなみに我が家のWiiでショマスズが作った自分たちの似顔絵は

【ショマ】                     【スズ】
101221_153452.jpg 101221_153612.jpg
ショマは日サロに行きすぎたらしい。スズはお目目ぱっちりの色白美少年に…君たち誰だ。

せっかく誰かの似顔絵を作るのなら、やはり男前がよいでしょう。
まだ小さなお嬢さんのKちゃんが
世の中にはこんなに素敵な人がいるんだね!! と思ってくれるような。
となると、最近ようやくメディアに登場したあの人か…と。
みゆこさん、リンクさせてください。→久しぶりの登場~!
そう、金城TKC しかいないな!

【きゃーあなた髪の毛どうしたの!?】
101218_200957.jpg 
その髪型だと、みゆこさんが韓国ドラマに引き摺られる一方よ!
これはなかったことに…。

こっちこっち。                  すらりとさせて完成っと。
101218_201236.jpg 101218_201220.jpg  
名前も付けてっと。
DPP_31523.jpg  
どうかな。
なかなか素敵に仕上がったわんと満足満足でしたが
Kちゃんに受けがまっったくよくなく、この人いたらいやーーー! と
あっという間に消されてしまいました。
魅力が伝えられず無念です。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 趣味・嗜好・TKC | 21:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ええ、ええ、めごばかですとも。

DPP_31656-1.jpg 
DPP_31663-1.jpg 
私は真生一族しか猫を飼ったことがないので、
ほかの猫さんとの比較のしようがないのですが、
愛姫は人に抱かれるのがけっこう好きな猫なのではないかと思います。
DPP_31673-1.jpg 
ただ、こうしてすっぽりと収まりよく抱かれるまで少々の時間を要します。

   DPP_31700_2.jpg
   尻尾をぴんと立てて、人間のそばを周回しはじめたら
   まずこれは、甘えたサインが出た! と思っていい。

しかしここで、あらっ抱かれたいのねっ! と早急に抱きあげてはいけないのである。
いやっ、そんな突然はめごびっくりよ! と二階まで走って逃げていってしまうからでR。
怖がりなところがある愛姫は近づいては離れ、近づいては離れ。
そうまるで寄せては返す波のよう。つかまえようと思うといってしまう。

DPP_31457-1.jpg 
ぴったりといつでも吸いついてくる波だって、この世には存在する。
DPP_31619-1.jpg  
逆に、おい凪ぎすぎだろ! というくらいに寄せてこない波だって存在するのである。
(スズのところにだけ、ぴったり寄せてくる男。ああん。) 

その中間、人間との絶妙な距離感を保つ愛姫よ。
もう愛姫怖くな~いというところまで待ってはじめてすっぽり膝の上に収まってくれるのです。
子どものスズは、あっ来たの? くらいの感覚で接しているというのに
大人の私ときたら、めごちゃんどうよ、そろそろどうよ? ハヤクハヤク! と
焦れる気持ちで待っているという次第です。

ただ、ちょっと忙しいとき、
たとえば、もうすぐ納品せにゃならぬというときにお尻をふりふりさせて
パソコンの前でくっついては離れ、くっついては離れなど彼女が動いていると
正直、集中できないにゃ! と思うこともあるのです。
でもでも、今あっち行ってて! と邪険にしたとして
DPP_31634-1.jpg 
DPP_31636-1.jpg 
こんなことになるのが怖いぃぃぃ。

DPP_31469-1.jpg 
というわけで、先週の土曜日の朝。
パソコン周りでうろうろうろの末に膝に収まってくれためごです。
この状態になるまで、パソコンで文字を打ち込まれたり、棚の上に乗ってみたり
やっぱ邪魔だ…とちらりと思う私でしたが、

DPP_31443_1_1.jpg 
愛姫が打ち込んでくれた文字を見て、この子天才ね! と思いました。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 18:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隠しごと

子どもの頃、サンタさんの存在をどれほど信じていたのか
もう忘れてしまったのだけれど、
ある年のクリスマスイブに枕元にプレゼントをそっと置く人影を感じて
サンタさんってもしかして…と思ったのは覚えています。

スズもサンタさんの存在について
あれこれ思うところがある年頃になったようです。
街をスクーターで飛ばすサンタ(俗にいうピザサンタ)を見ては
やっぱりサンタなんていな(ry と小声でぶつぶつつぶやく。
もうそういう認識でもいいのでは…と私は思うのですが、
夫は10歳になる前くらいは…という考えで、
この週末もちょいちょいとイブに向けての細工をしたりしているのでした。
サンタはどこにいるのか…とスズに問われると、
サンタはフィンランドという寒くて遠い国にいると私は答えています。
( ・д・)アッ……そ、それがピザサンタを見たときにおかしいと思う要因なのかしら…。

DPP_30913-1_1_1.jpg 
DPP_30831-1.jpg
ページェントを見に行った日の夜、 そんなスズの前に
デコトラに乗ったサンタクロースが現れました。
DPP_30826-1.jpg 
母K子にサンタさんが車に乗って来るから見てなさい! と言われ、
最初は嘘だろとぷつぶつ言っていたのですが、
中のサンタさんを見て、あっ本物だ^^! と喜ぶスズ。
DPP_30875_1.jpg 
定禅寺通りを流すサンタさん。カメラを構えていてその姿を偶然とらえた一枚。
フィンランドのサンタさんは、私のイメージでは青い瞳なのですが
むう、瞳の色が…この国でよく見覚えのある色なのであった。
しかも、肌の色艶非常によし。ヤング…あ、いえいえ雪国の人だからでしょう。
------------------------------------------
  DPP_30886-1.jpg 
  歩いていると、裸の少年の前に行きあたりました。

背伸びをして、掌でそっと大事を覆い隠すスズ。
そんなふざけ方はいくない、や…やめなさい(*´3`)b と注意したのですが

DPP_30894-1.jpg 
ええと、彼はいたって大真面目でした。
今日はたくさんの女の人が歩いているから、
この人も恥ずかしいだろう、見られないようにという理由だそうです。
お母さん、見ないで行って! とのことですが、
お母さん、もう動揺するお年頃でもないような…。
----------------------------------
   DPP_30912-1.jpg
   今、メディアテークではこのような催しやっているんだ~と横に見ながら

DPP_30926-1.jpg DPP_30934-1.jpg 
DPP_30948-1.jpg DPP_30949-1.jpg 
定禅寺通りを歩ききって、西公園へ。
機関車や、ひろしまドリミネーションとのコラボ企画だというオブジェを見てから 
DPP_30951-1.jpg  
もとの場所へ引き返しました。
DPP_30964_2.jpg 
こちら、ばーちゃん&孫カップルですが、
ロマンチックな輝きのもと、多くの愛の言葉が囁かれていたのではないかと思います。
DPP_30973.jpg DPP_30970.jpg
ちょっと早いですが^^; メリークリスマス! 仙台のサンタの瞳はすばり黒!

    バナー4  バナー178
    人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 10:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水の中のページェント

     DPP_30814-1.jpg 
  母の滞在中、仙台光のページェントを見に行きました。 

DPP_30718-1.jpg DPP_30714-1.jpg
この日は欅の木につけられている配電盤から出火して、ボヤ騒ぎがあったり
騒然とした雰囲気に包まれる場面もあったものの、
暖かな夜で、光の道を母・ショマスズ・私の四人で最後まで歩くことができました。

DPP_30701-1.jpg DPP_30734-1.jpg 

      DPP_30694-1.jpg 

      DPP_30824-2.jpg

      DPP_30843-1.jpg
      私の携帯を奪って、みゆこさんや納言子さんにメール。
      ページェントきれいだよ などの内容かと思いきや、
      文面は、さまがかわいいです 左馬介話ばかりなのであった。
      それは、今このとき伝えなくてもよくね?

DPP_30779-1.jpg 
地面の水たまりにも光。
DPP_30781-1.jpg 
上より、こちらにうっとり^^

DPP_30793-1_20101218112928.jpg DPP_30803-1.jpg
ついに帽子まで取り去り、本気の鑑賞モード^^  

  DPP_30796_1.jpg  
  水面の光の輪がショマの心にも広がってるみたい^^
 
    バナー4  バナー178
    人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 11:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カツオ出汁に猫ベッド

昨日は母K子とふたり、買い物を楽しみました。
最初はお洒落ファッションビル・タピオに連れていく予定が
途中で立ち寄った激安洋品店に二時間も籠城してしまい、タピオ行きは中止。
激安洋品店楽しすぎる…とふたりで言いながら、
とうふ屋らーめんさんにも寄り、豪勢に(!!)母にご飯を奢る。
すごく美味しい♪と気に入ってくれた様子。よかったよかった^^

布モノならなんでも揃う、激安洋品店。
犬用・猫用ベッドも売られています。
迷うほどの値段でもないにせよ、
縫製や細部のデザインが若干むむむ…な感じのベッドであり、今まで購入を迷っていました。
が、昨日は気持ちが少し大きくなり、
ひと冬、暖を取るベッドと割り切って買えばいいのだとふたつのベッドを買いました。
真生にいちごのドームベッド。愛姫にはピンクのベッド。
…左馬介はええと、使ってみてよかったらまた今度ってことで

   DPP_31245-1.jpg
 
DPP_31188-1.jpg 
しかし、世の中(っていうか猫が…)人間の思惑通りには進まないものですね。
入るのは左馬介ばかりなり。
母K子に無駄遣い! 狭い部屋なのに邪魔! と叱責を受ける。
------------------------
DPP_31221-2.jpg 
マタタビをふりかけて、ようやく愛姫IN。

DPP_31361-1.jpg 
今朝、ようやく真生もIN。

   DPP_31373_1.jpg
   真生が入ると、いちごが傾くことがわかりました。
-------------------------
昨日、夕方からは母にショマスズを預けて、私は美容院に行きました。
美容院に行く機会を逸していて、気付けば数ヶ月。
夕方からの予約なので、帰宅も遅くなりそう。
母に夕食の支度もお願いしました。
切り昆布があるから煮物を作って、鶏肉は焼いてもらって…と
必要な食材は置いていきました。

久しぶりにパーマをかけることもあって、気持ちが高揚して
強めによろしく! で、ぺー師匠風になってしまう。
発想の転換で、今話題の(縮みあがった)水嶋ヒロさん風になったと思うことにする。

帰宅はやはり19時半を過ぎてしまい、
玄関に足を踏み入れると、スズがそこで待っていて出迎えてくれました。
今、ちょうどご飯を食べていたんだ、とのこと。
スズが困った顔をして、

  おばあちゃん、ご飯の作り方がわからないみたいなんだ。
  ボクはおいしいと思うけど、お母さんまずいって言うでしょう?
  まずいっておばあちゃんに言わないで

と一生懸命に伝えてきます。
支度をしてくれた人にまずいなんて言わないけど…何があったかよくわからんけど
とにかく美味しい~♪♪って言えってことなんだなと理解しました。
おばあちゃんが甘いので、スズは時々おばあちゃんに横柄な口をききます。
それを私に咎められることも多いのですが、
先まわりしたつもりで、まずいと言うなと伝えてきたスズに
スズの何分の1かはおばあちゃんを思いやる優しさ成分でできている と思いました。

部屋に入り、母K子と話をしてようやく事の成りゆきを理解。
食材はあっても、調味料の場所がよくわからなかったり、
電子レンジの使い方がわからなくてスズに教えてもらったり
料理をするのにかなり手間取って、
スズがおばあちゃんって料理下手なの? と不安そうにしていたらしいのです。
味醂ったってどこにあるかわからないし、
お出汁をとろうにも何がどこにあるんだか…と文句ぶーぶーなのであります!
そして、これはなんの調味料なの!? とドンと差し出された瓶。

                       ↓↓ これ ↓↓
DPP_31324.jpg 
顆粒出汁ならあるだろうと、これか!? と母が探し当てたという瓶。
DPP_31321-1.jpg 

DPP_31290-1.jpg 
えっ、これ金魚の餌だけど? と答えましたら、
いやーーっ味見しちゃったわよっ と母焦る。
金魚の餌は匂いが強いのか、竜太と真生が強い関心を示して
転がして蓋を開けようとするので台所に隠しておいていたのです。
母は味見をして、これカツオ出汁のもと カツオかなぁ うーんカツオ と
迷った末に使うのは見合わせたらしい。

よかった。金魚の餌出汁のおかず食べるとこじゃった…。
いまいち味の締まらないおかずばかりになったと母は不満そうでしたが、
そこは主婦歴数十年ですから、ちゃんと仕上げていて
ショマスズも私も美味しくご馳走になりました^^
-------------------------------------
私がお願いした留守番もあって、予定より長く仙台に滞在して
母は今日青森に戻りました。
いつも高速バスを使うのですが、
一度は青森まで開通した新幹線に乗りたいと、今日は新幹線に乗って帰りました。
やっぱり到着が早いですね。青森に着いたよ~とあっという間に連絡が。

街へ送る前に、
もう一度、昨日の洋服屋で買いたい洋服があるから寄ってくれる? とお願いされました。
すぐに戻るというので私は車で待っていたのですが
DPP_31382-1.jpg 

DPP_31409-1.jpg 
洋服のほかに、左馬介の分のベッドも買ってきてくれました。
ほんとに無駄 三つもあったら部屋が狭くなる
ぶーぶーぶーと文句たらたらでしたが、
母K子には、猫を思いやる素直でない優しさ成分が含まれている と思いました。 


        バナー4  バナー178
        人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
         ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 17:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジュニア増殖

        DPP_30663-1.jpg

DPP_30672-1.jpg 
青森からやってきた母と小梅は仲良くしています。 
DPP_30676-1_1.jpg 
竜太がいなくなってから、母が我が家に来たのははじめてで
ついつい、小梅のこと、竜太って呼んじゃうわ^^; とのこと。
母は無意識かと思いますが、5回のうち3回は小梅を竜太と呼んでいるので
「つい」にしてはずいぶん回数が多いなぁw
そんなに竜太が好きだったとはかわいい奴めw とそばで聞いている娘は思う。

    DPP_30987-1.jpg

    DPP_30253-1.jpg

    DPP_29475-1.jpg

でも、性別も種族をも超えて
猫三匹をすべて竜太と呼ぶのはどうなのよ、と。

ついにねこーずの名前を覚えるのはやめて、
(今までは親・娘・息子と呼んでいました。)
竜太に統一することにしたようです。
 

     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
        ありがとうございます。よろしくお願いします。
     母が言うことには、竜太ジュニアとという意味を込めているとか。
     竜太の子どもじゃないし(笑)

| 犬関連 | 11:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リュタタ社長のお勧めグルメ

IMG_0422-1.jpg 
どーんとらーめん画像から^^  こってり汐らーめん♪

「まるは呂具。」の沢さんと遊ぶとき、お昼を挟んでということも多々あり、
ふたりで二度ほど訪れたラーメン屋さん、
IMG_0441-1.jpg 
店名は 「とうふ屋らーめん」 といい、
障害者就労移行支援施設になっています。
運営している 「バンビの杜」 さんのHPによりますと、
一般就労を希望する障がい者に対して期限内の支援計画に基づき、
就労するにあたっての知識や能力の向上、
職場体験を通じて、個々の適性にあった職場への就労と定着を図る支援を行う、という
位置づけのお店のようです。
IMG_0433-1_20101214031457.jpg IMG_0436-1.jpg 
こんなポーズでいいかな? トマトラーメンを前にポーズをキメてくれる沢さん。
助かります。
IMG_0425-1.jpg 
こちらのお店のうれしいところは、最初からご飯&ゆで卵をつけてくれるところ。
最初にご飯をつけるかどうか店員さんが訊ねてくれます。
もちろんライス大盛りで♪ と頼むと、
お姉さん(きゃw)、だ、大丈夫ですか!? など
若いお兄さん店員の方が心配してくれるのも嬉しいものです。
もう~そんなに心配されたら食が進んじゃう! ライスおかわり! (実話) という寸法です。
ラーメンの前に広がる副菜も食べ放題。
IMG_0437-1.jpg 
そして、こちらのお店の特色はアツアツ釜揚げ豆腐の食べ放題。

この写真を撮ったのはずいぶん前です。
こちらのお店がオープンしたとき、周囲の人から行ったよ! 美味しかった!という
評判を聞いていたので、食べに行くのを楽しみにしていました。
小さなお店ですが、昼どきには席がいっぱいになるくらいの混雑。
この近所には、私もよく行く激安ラーメンチェーン店があるので
経営は厳しいかしら…と勝手に危惧していましたが、
繁盛を続けているように見えます。

接客、レジ応対、正直に言えば、
てきぱき! てきぱき! と滑らかにいかない場合もあるようです。
それでも、そういったときに支援員の方の助けを受けて
その場面で適切に応対してみようという姿勢や、
その対応をゆっくり待つというお客さん側との距離感がええな~と思いました。
一昨日から、らーめん大好きこいKさん、じゃなかった、
母K子が仙台に来ているので、今日のお昼あたりに
こちらのお店で娘の私が豪勢におごってみようかと計画しています。
K子さん、たくさんお食べなさい。
ご飯・副菜、ゆで卵、お豆腐。600円ほどのお値段でこの豪勢さ!
-----------------------------
DPP_5410-1.jpg 
今度はカレーどーん。
DPP_5573-1.jpg 
こちらは 仙台市の社会福祉法人 「わらしべ舎」さん経営の
カレーショップ 「桜蔵(さくら)」 さんのカレー。
私の家から桜蔵さんの店舗は少し遠いので、まだ行ったことはありませんが、
沢さんがお昼にレトルトのカレーを持って遊びに来てくれました。
もう約一年も前の話です…。 

DPP_5530-2.jpg DPP_5538-1.jpg 
DPP_5495-2.jpg
沢さんに手眼鏡をかけてあげているスズの顔の肉がたっぷんたっぷんだったり、
ソフィマリアさんからいただいた魚釣りゲームで大盛り上がりだったあの日。
なぜか載せそびれてしまい、カレーの話とはいえ熟成させすぎたかと…。

カレーの話に戻りまして、
レトルトといえば、カレーマ●シェあたりでも高級だわ! と思う私には
ひとつ600円という桜蔵さんのカレーは強気な価格設定とも思えますが、
骨付きチキンが丸ごと入っているという豪華な一品。
よ~く煮込まれていて、チキンは骨からほろりと離れます。
仙台の作業所の製品としてかなり知られているといってもよいのではと思います。
生協でも売られていて、気軽に買えるのもうれしいところ。
沢さんが、贈答用にしても喜ばれるよ^^ と教えてくれました。
このカレーをいただいている間、
どれほど魅惑的な香りに部屋が包まれていたのかというと

DPP_5425-1.jpg 
DPP_5414-1.jpg 
小梅を踏みつぶす勢いで、カレーカレー☆ちきんちきん!

DPP_5557-1.jpg 
スパイシーすぎますと、犬という生物という特性上、口にすることはできませんが
香りを嗅ぐ様子だけでもおいしさが伝わるかな? 
リュタタ社長、お勧めの一品です^^


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
        ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 04:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作業所見学

ショマの学校の小・中・高等部PTA合同企画で
先日、作業所の見学に行ってまいりました。
ショマも中等部になり、作業実習が始まりました。
学校を卒業した方たちが作業所でどのように働いているのか、実際に目で見て、
ショマの成人後の生活をイメージだけでもつかめればと母も思うようになるこの頃。

見学コースは五つほどに分かれ、
ひとつのコースに付き、二箇所の作業所や授産施設を見学します。
今回、私は小規模作業所の「すまいる作業所」さんと、
福祉作業所としては大きな規模だろうと思われる「ワークつるがや」さんを
見学するコースを選びました。

作業所までスクールバスで向かいます。
友達のSさんと福山雅治さんの物真似をしながら
(※余談ですが、春にSさんにくっ付いて福山さんのライブに行く予定なので
  福山さん情報を予習しています。)
バスに揺られること数十分ですまいる作業所さんに到着。

私が予想していたよりも小さな施設でアットホームな雰囲気。
豆腐や、おからドーナツの製作・販売を行っています。
配達に出かける人、豆腐を作る人、おからドーナツの形を作る人などに分かれて
作業を行っているそうです。
工程表も目で見てわかりやすくなっていて、
職員さんが毎日書くという作業日報もぶ厚いもので
働く方皆さんへの目配りが感じられました。

とても評判がよいという厚揚げや、おからドーナツを買いました。
ドーナツはサータアンダギータイプの固めのドーナツがとっても美味しかった^^
見学者がいるということで、いつもと違う雰囲気ですから
働いている方は気持ちが落ち着かないところもあったと思います。
ちらっとこちら側を見て気にする方、笑顔で声をかけてくれる方、
反応はそれぞれでしたが、作業の手をとめることなく
豆腐作りのために使った器具などの洗浄を行っていました。
---------------------------------
場所を移動して、「ワークつるがや」さんへ。
大きい、綺麗~近代的な施設~! というのが第一印象。
生活介護支援(ワークつるがやさんに通所して活動や自立支援を受ける)を受ける方、
就労継続支援(ワークつるがやさんで製品の作成や仕事を行う)を受ける方、とに
分かれているそうで、定員はおよそ80名くらいでした。
大きな施設ですので、希望的観測もあって
もっと大勢の人が通所していらっしゃると思っていました。
一般企業でも80名ほどの方が働いていればかなりの規模なのに
思わず、ショマが将来入れる枠があったらいいなぁ…と思ってしまい…。
すまいる作業所さんも、ワークつるがやさんも定員は満たしているとのこと。
働く場所が欲しい、家以外で活動する場所が欲しいという思いは同じですものね^^

今回訪れたふたつの場所どちらにも年配の方が働いていらっしゃいました。
中には70歳を超える方もいらして、
就労を飛び越えて、ショマスズの老後というのものも考えてしまいました。

ワークつるがやさんではグループホームの経営も行っていて
グループホームに入所している方たちの暮らしも教えてもらいました。
以前はどうしても親のほうが子どもが心配で
グループホームに入れることに踏み切れない場合が多かったそうですが、
いざ親元を離れると、子どもは親の心配をよそにのびのびと暮らしているとのこと。
最近はすぐ定員いっぱいになるそうです。

私はショマが親元を離れられる年になったら
家から離れてもらいたいという希望があります。
暮らせる場所があれば…という前提がありますけれど^^;
夫のほうがどちらかというと、ずっと手元に置きたいという希望があるのですが
私たちがいなくなった後を考えたら、
支援を受けながら暮らしていけるんだというのを
彼がまだ年若いうちにこの目で確かめておいたほうが安心ではないか! という私の主張のもと
夫も考えを改めつつあります。

また元に戻りますが、暮らせる場所があればという前提があっての話で
グループホームを建てるにも、リフォームするにも
消防法に基づいて作らねばならず、費用の面で大変だとか。
私たちが持っている財産らしい財産は今暮らしている家くらいしかないので
スズの成長によるところありますが、持っていても管理が大変なら
手放して福祉に使ってもらうのもいいかも…なんて話を夫とすることもあります。
でもリフォームにうん千万。ひとまず今の家のローンが終わってから考えます。先長い…。

ワークつるがやさんでは
木工製品、よしず、堆肥などの製作を行っています。
箱を作ったり、タオルを畳んだりという作業を行っている方もいらっしゃいました。
101211_100802.jpg 
これは以前に買ったワークつるがやさんの製品。
タオルかけで、キッチンで使っています。
タオルをかけるところが犬バージョンは骨、猫バージョンは魚。
犬猫好きならニヤリ☆となる工夫^^
101211_101018.jpg 
こちらは…コメちゃん…見えない。
101211_101038.jpg 
以前にも紹介しましたが、ねこーすたー。
木工品は犬と猫のデザインが中心の和小物で、
新作こないかなーとわたくし、ひそかに楽しみにしている製品です。

今回の見学はなんとうれしい昼食付き。
ワークつるがやさん経営の喫茶「なご味」さんで
101118_121253.jpg 
季節のおうどんをいただきました。美味しい。お世辞でなくうまー^^
うどんは手打ち、マイタケたっぷり、つくねは軟骨入りでコリコリ食感。
お握りにデザートもついて、奥様、なんと良心価格の600円。

最後はおいしいレポートになってしまいましたが、
また食べたいな、手打ちうどん。と思いを馳せるお昼どき。
思わず夫にうどん打ってくれ! とお願いてしまった…。

     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
        ありがとうございます。よろしくお願いします。
     次回もちょっと関連しての話です^^

| 自閉症関連 | 12:08 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ええ、めごばかですとも。

昨日の続きみたいな内容になってしまうのですが…

101209_223647_08.jpg 

101209_223453_04.jpg 
お布団の中のめごはいつもの二割増しかわゆい…
なんという、めごばか更新。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
        ありがとうございます。よろしくお願いします。

違うこと書くつもりだったのですが、飲みに行く夫を街まで送ってくるです!
ちょっとめんどくさいです!

| 猫関連 | 17:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小梅との夜

竜がいなくなって、小梅と猫の距離がぐっと近くなったと感じています。
今まで竜が小梅を独占状態で、ほとんどべったりだったので
物理的に距離が近くなるというのは当たり前といえば当たり前なのですが、
遊び相手としてもっと親しくなろうよ! と小梅から猫たちへの
さらなる歩み寄りがよく見られるようになったというか。

DPP_27361-1_1.jpg 
コングは小梅の宝物。宝物を渡すことで、互いの距離はきっとぐっとぐっと近く…。

DPP_27381-1.jpg DPP_27399-1.jpg 
DPP_27458-1.jpg 
おい、左馬介。
おまいは小梅の気持ちってものを思いやれんのか! ってくらいに、
コングをぐいぐいと持ちこむ小梅は邪魔にされてしまうこともありますが

DPP_27413-1_1.jpg 
愛姫とは相性がいいのか、ふたりセットでいることも多くなりました。

   【ある日の小梅と愛姫】
   DPP_28130-1.jpg
   
   【ある日の小梅と愛姫・あごの下から猫の手が生える】
   101031_151328_07.jpg
   小梅は小梅で、愛姫にどっしりのらないで寝るなど
   細かな配慮がほしいところでもありますが…^^;

   DPP_30175-1.jpg 
   真生にゃからはいわゆるコッペパンチをくらうこともありますが
   DPP_30172-1.jpg 
   真生が最初に家に来たころを思えば、関係は飛躍的に進化。
   朝は真生から小梅に鼻チューしています。(その直後にコッペパンチはなぜ…) 

DPP_28186-1.jpg 
そ、そうだよね~どう見ても真生のが強いわ。
--------------------------------
少しずついろいろなことが変わりつつあり、
これがその後を生きるということなのかしらん…と思います。
あれだけべったり遊んでいたパートナーがいなくなって
私たち人間や、ねこーずもいるとはいえ、
やっぱり小梅は寂しいのかな…そう思うと、可哀想だなぁという気持ちも湧いてきます。

前は夜遅くなったら、竜とともに小梅もケージで寝かせていたのですが
今は私と布団で寝るようになりました。
小梅と左馬介が布団の上、愛姫が布団の中、真生は少し離れて猫ベッドの中という風です。
DPP_30233-1.jpg 

    DPP_30240-1.jpg
まあ、なんだかんだで一番寂しいのは私じゃないかという気も^^;
夜にむくっと起きて、小梅たちが寝ているのを見て気持ちが落ち着くというか。

ただ、こう…ひとつ問題があって。
小梅は寝ぼけるとガッガッガッガッと大変な勢いで穴掘りをするんですね。
地球の裏に行きたいのか、くらいの勢いで掘っているという意識は
寝ぼけているので、本犬(小梅)にはほとんどないんだと思います。

で、古い羽毛布団で羽毛を覆う生地が弱っていたという事情もあるのですが
ついに羽毛布団がカバーの中で裂けて、ええ、エライ目に遭いました。

【雪かな? いいえ、羽毛です】
DPP_30264-1.jpg 
掃除中、舞い散る羽毛を見つめるねこきょうだい。

【体に残骸をつける左馬介】
DPP_30267_1.jpg 
まだ新しい布団は買わないで粘るぞ! 布団の補修は終わりました!
これからも小梅と仲良く眠りたいと思います。でもまた裂けるだろうな…。


      バナー4  バナー178
       人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
        ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 犬関連 | 18:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竜と小梅

昨日、学校でスズがお守りを作ったと言って、お守りを見せてくれた。
図書室で作ったという状況、そしてそのお守りだという現物を見るに
「お守り」ではなく「しおり」ではないかと思う。
いや、思うではなく、しおりに間違いなし。

「しおり」って本に挟んで使うんだよと教えると、
わかってるって! という答え。
本当にわかっているのかどうか、いまひとつはっきりしないのだけれど、
スズが言うことには、この 「しおり」 はお墓参りに使うのに適しているそうなのだ。

 最適であるが故、
 101207_161625.jpg
 自ら竜ちゃんの前に飾ってくれた。

最近、ようやくスズは自分から竜の話をしてくれるようになった。
今ごろ竜ちゃん何してるかしら…と自分でつぶやいて、
どこかでたくさんお喋りをする練習をしているかも…と自分で答えていた。
竜が喋るようになったら、めしまだ? ばかり言いそうな気もして
それはそれで恐ろしい気もしないでもないけれど、
竜のお友達のサスケ君は、
竜がいるらしいてんごくにはおいしいものがたくさんあるかも…と予想していたから
そんなお喋りはしないかもしれない。
きっとおいしいものを食べているんだと、サスケ君が言うならきっとそうに違いない。

あれから昼間がとても静かになった。
小梅はいつもそばにいてくれる。
小梅は竜がいなくなったことをどう思っているのか、わからない。
なにかが違うとは感じているように思うけれど、本当のことは小梅にしかわからない。
小梅には感謝している。
小梅がいなかったら、元気を戻すのに時間がかかったと思う。
感謝していると同時に申し訳なくも思う。
私が小梅から元気をもらったように、小梅を元気にさせることができているのかと。

昼間、内職のためにパソコンに向かっているときはしん…としていて、
すぐそばには小梅がいて
そのときどきで起きている猫のなかのだれかが現れる。
とても静かなのに、はっとして振り向いてしまうことがある。
振り向いても、小梅がすやすやと寝ていて変わらず静かな部屋。
それでも、コムズカシイことは考えずに、
突然振り返りたくなったときには竜ちゃんが来ているんだと思うことにした。
それでいいと思う。

9月に入ってからはあまり写真が撮れずに
竜と小梅のツーショットらしいツーショットは携帯のカメラで撮ったものになってしまった。
それが写真の出来というか、小梅の表情に多少の心残りを残すものになった。

100910_042444_09_20101207211756.jpg 
100910_042443_04.jpg 
100910_042443_01.jpg 
ツーショットのときはなぜか小梅がぼやけるという、
今まで幾度か披露してきた写りもさることながら、小梅の微妙な表情も踏襲。 
最後のツーショットまでこんななんて…。

でも竜と小梅らしいなぁと、にやっともしてしまう。


    バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     ちょっと続けます^^ 

| 犬関連 | 21:26 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さかったしょーちゃんが…

DPP_30450-1.jpg 
めおとの共同作業、ご飯四合分の手まり寿司。作りすぎ…。
DPP_30483-1.jpg 
誕生日パーティに来てくれたSさん家族のKちゃんと
スズがケーキの飾り付け。
DPP_30502-1.jpg 
13本のろうそくを前に
DPP_30505-1.jpg 
ショマ曰く、みんなが来てくれて今日は最高の一日^^
DPP_30519-1.jpg 
ああ、でかぷっちん。でかぷっちん。語呂がいいよね、でかぷっちん。
--------------------------------
お姑さんからも毎年お祝いとカードが届きます。
スズが焼きもちを焼かないようにスズにもカードを添えてくれてありがたいことです。

青森の母K子からもお祝いを受け取り、
そのほかに昨日はショマにメッセージが届きました。

 しょーちゃん、おたんじょう日おめでとう。
 こんなに小さかったのに、もう中学生ですね。
 かぜをひかないで、がんばってね。

               おばあちゃんより

幼いころからショマをひたすらに可愛がってくれたふたりのおばあちゃんに、
これからもショマの歩みを伝えられれば、何よりの恩返しになるかなと
そんな風に思う誕生日でした。

ただ…K子ちゃん、メッセージに写真を添えてくれるときは
FAXじゃなく、パソコンで送るのがお勧めだよ! と思います。

 【こんなに小さかったのに…写真】
 小さかったショマ_1
 黒い…。


    バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。 

| 自閉症関連 | 22:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青森新幹線開通ヽ(´▽`)ノ

青森新幹線が今日開業しましたヽ(´▽`)ノ
青森-東京が一本の新幹線のレールで結ばれました。

私の幼いころは東京は遥かに遠い夢の街で、
上野動物園にパンダを見に行きたいなぁぁとお願いしても、
東京は遠い…とひと言で却下されてしまうような、そんな場所でした。
中には新幹線など無駄だという人もいるかもしれませんが、
長らく新幹線が全線開通する、開通すると言われ続けて数十年、
新幹線開業の今日という日は
県民の悲願が達成したと日と言ってもいいのではと思います。

大都会ではもちろんないけれど、
魅力溢れた風土ですので、新幹線開業によって多くの人が
気軽に訪れる場所になってくれるといいなと願っています。

自分でもびっくりするほど、新幹線開業に興奮している(笑)
漏れ出てくる郷土愛で、青森の素敵ポイントをいろいろアピールしたいところですが
まずは青森の美味しいものを、
私が推薦するミス青森に紹介してもらいたいと思います。

  DPP_30392-1.jpg

  【ウマーウマーな味噌カレー牛乳ラーメン】
  DPP_30409-1.jpg
  ※ミス青森、テレビで「ぽちたま」を視聴中で
    商品紹介の集中力を欠いた状態であることをお詫びいたします。

  【青森ラーメンベーシック、煮干しのスープ】
  DPP_30385-1.jpg
美味しいものの紹介がカップラーメンでごめんなさい。
手元に青森の味を紹介するものが、これと母K子の手づくりニシン漬けしかなくて
ラーメンは夫が、青森を思い出して昼に食べなよ!と妻に推奨しているものです。

味噌カレー牛乳ラーメンはお勧めです。
青森にたくさんお店を展開しているので、機会があったらぜひ^^
私も小さいころから食べているラーメンですが、
北海道発祥のラーメンだと思っていました。はっは、なんといういい加減な郷土愛。
----------------------------------
さて、わたくしごとですが、
新幹線開通の今日、青森生まれのショマが13歳になりました。
開通の日と誕生日が重なったのは感慨深いと盛り上がっています(夫婦のみで)。

今週に入ってから、

 (ショ) そういえば、12月4日は誰の誕生日だっけ?

 (私)  ショマ。

というやりとりが何度も何度も繰り返され、
そういえば…という気づきがショマに一体一日に何度訪れるのか!? という様でした。
12月4日は自分の誕生日とわかっているんだけれども、
私に聞いて、答えてもらうことで安心するんですね^^

今日はいつものアイスケーキのほかに、
プッチンプリンを食べたいと自分でプリンを選んで買いました。
   
  【プッチンプリン、でかバージョン】

   DPP_30439-1.jpg
  左馬介も大きさに恐れをなして、目を逸らしているに違いありません。

DPP_30449-1.jpg 
私たち夫婦はショマの年を竜太を基準に考えていました。
今、竜太が13歳だから、ショマはいっこ下の12歳というように^^; 
今日から、竜太が生きた歳月をショマが少しずつまたいでいくことになり、
来年には竜太の年を越えてしまいます。
ショマの年を基準に、竜太が亡くなって…と数えていくことになるのかもしれません。
今日という日に、竜太がいないのは寂しいけれど、
けれど、楽しくお祝いすれば竜ちゃんも喜んでくれるかなと思います^^


    バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。 

| 料理・食べ物 | 12:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

科学館が好きだから

今日は2回更新^^
DPP_28539-1.jpg DPP_28518-1.jpg 
DPP_28538-1.jpg    
理工系展示室は近未来的な構造物がいっぱい。
駆け足で見てしまったのでうろ覚えですが、音の伝導などの実験ができたと思います。
スズには、こういった実際に触れて実験できる装置が楽しいようです。

DPP_28532.jpg DPP_28527-1.jpg
理工系展示室のいたるところに立っていた元素の柱。

DPP_28535-1.jpg DPP_28529-1.jpg
DPP_28544-1.jpg 
元素って。おお! 習ったけれどずいぶんと忘れている!
ひとつひとつ、この柱をじっくり見ていけば記憶が(わずかなら)蘇りそうです。
ラジウムは小さいころにキュリー夫人の伝記で知った物質です。
研究室の中でラジウムが青白く光り、
キュリー夫妻の静かな歓喜の描写があったなぁとおぼろげに思い出しました。

DPP_28507-1.jpg 
前回、スズパフュームを製造してくれた装置。
容器をセットして、
DPP_28513-1.jpg 
ボタンを押すと
DPP_28523_1.jpg 
扉の内部に容器が導かれていって、パフューム完成。
ラベンダーかジャスミンの香りを選ぶことができ、
香りを強くしたり、弱くしたりブレンドもできるようです。
今回も5本も作ってプレゼントしてくれました^^

【地震体験装置グラリ】
DPP_28588.jpg 
近いうちに発生すると言われている宮城県沖地震の揺れを体感できる装置です。
体験してみる! と最初はスズも乗り込んでいたのですが…
DPP_28589.jpg 
途中で怖くなって降りてスイッチ押し係になる。
DPP_28598.jpg 
スイッチを押した後、揺れるのを見るのも怖いと逃げ出す。
体験装置の意味が…。

支援学級では教科としては勉強していませんが、
スズは理科や社会の勉強にも意欲を示しています。
家庭でできることには限りがあるかもしれないけれど、
学びたいという意欲は大事にしてあげたいと思います。
こうして実験装置などでわくわく目を輝かせているのを見ると尚更^^
ただ、社会はテキストに沿って教えることも可能なのですが、
理科はなかなか難しい。

小学三年生では豆電球と乾電池をつないで
電気をつける実験などがあるようですが、
テキストを見ても、このつなぎ方って何? と私がすっかり忘れているという。
スズは勉強は私に聞いてもだめだ…と見切りをつけはじめている風が…。
子どもの学びたい意欲に親がついていけてないと感じるものの
乾電池実験ならなんとかできそうです。
実験は子どもにはすごく楽しいことだし、
実際に自分の目で確かめることができれば理解も深まる。
夫婦で協力、ときに分業しながら
スズの興味の世界を広げていけたらいいなと思っています。

けれども、さっきも算数を教えようとしたら、
パパちゃんに聞くから、お母さんは休んでいて^^ と言われてしまう。
分業どころか、母さん完全休業。
休んでいて^^ という私を傷つけないための配慮が嬉しくもあり物哀しくもあり。
---------------------------
体験装置から逃げたあたりで、スズも学校に戻る時間になりました。
私は科学館でスズと別れました。
再び、学校へ迎えに行ってスズと合流。

   今日は楽しかったね~♪

   うん、また行きたい行きたい! 

前とは違って私も科学館の楽しさを体験して、帰りの車の中で話も弾みます。
ショマも一緒にまた行くから! (開館の日も間違えないようにするから!) と約束。
スズはよほど科学館が好きなのでしょう。

   じゃ今からまたいこ!!

と誘われました。さすがに一日に2度はないわ~。
即効で約束破りの母さんになってしまいました。


    バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。 

| 自閉症関連 | 23:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自然史系展示

DPP_28579-1.jpg 
お昼を挟んで、科学館四階の自然史・理工系展示室に移動しました。
 
    DPP_28584-1.jpg

DPP_28626-1.jpg 
象の骨標本。↑この骨標本は仙台市八木山動物園で暮らしていた
アフリカゾウのダン君の骨標本。
キバが折れずに完全な形で残っている貴重な標本なのだそうです。

   DPP_28477-1.jpg
自然史系展示室では、植物標本、昆虫標本、鉱物標本、動物剥製の展示が中心。

DPP_28449-1.jpg DPP_28487-1.jpg
DPP_28490-1.jpg DPP_28488-1.jpg
DPP_28582-1.jpg 
語彙が貧弱で申し訳ないのですが、標本空間は幻想的。うっとり。

DPP_28475-1.jpg DPP_28482-1.jpg  
DPP_28481-1.jpg 
なんて美しいんだ…と魅せられてしまったキノコ標本。
DPP_28484-1.jpg 
前にショマが公園から持ち帰ろうとしていたきのこだ! など思い出すのも楽しいものです。
キノコ標本、家にもあったらいいなぁと思うけれども、
たくさんの標本がずらりと並び、
館内のライトで照らし出されているからこその美しさなのかもしれません。
我が家にぽつねんとキノコ標本がひとつあるところを想像すると…うん、微妙だ。

DPP_28599-1.jpg  
標本ゾーン一角で、ひとつの森を示すような展示になっています。
ガラスの下は、私たちが普段踏みしめている土の下の様子。
上に立って、覗きこむことができます。
モグラやネズミの剥製が中に入っています。
昔、昔、土を掘ったらモグラが出てきたことがあって少し怖かったと
そばにいた先生にお話したら、
昔、生徒が手にモグラをぶら下げてきたことがあったなぁともっと怖い話で返されました。   
噛みついて離れなくなって、先生が助けたそうです。

  【ハマボウフウの根の様子】
  DPP_28557-1.jpg  
  海でよく見かけるハマボウフウ。
  根を長く地中深く張って水を吸い上げているのですね。
  ああ、我が家に生息するスギナの根の透視図も見てみたい。
  毎年、繁茂するあの子たちの根は地下でどんな風になっているのか―。
  スギナとの闘いは終わることはないと知るだけだろうな…。

【だだいま回転中~】
DPP_28493-1.jpg   DPP_28492-1.jpg
自然史系展示で異彩を放っていたのが、昆虫の頭部標本。
サイズは大きく、細部まで精巧に作られているうえに、
360度どの角度からでもじっくりご覧くださいとばかりにくるくる回転中です。
誰もがかわいい~♪という生き物ではなくて、昆虫頭部をセレクトするところに
科学館の方の探究心を見たような気がしました。

私、自然史展示ゾーンで長らく足を止めてしまい、スズがまったく写っていないという。

    バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。 

スズは理工系展示室へ。すみません、もう一回^^;

| 自閉症関連 | 18:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不思議がいっぱい科学館

科学館は私にとってはじめて行く場所だったので
最初はスズたちを探すのに難儀してしまいましたが、
館内をうろうろして数分、

【近未来的な乗り物に乗るスズを発見】
DPP_28335-2.jpg  
お母さんも来たらいいのにな~と言ってくれていたので、
スズ! と呼ぶと、来たの、とにやにやしていました。
さらに、スズや学級のお友達のそばによく見知った顔が!
DPP_28315-1_1.jpg 
昨年度まで担任だった先生です。
まさか引率の先生が少ないと聞いて出張!? いえ、もちろんそんなことはなく、
たまたま先生が受け持っている支援学級の校外学習の日程と重なったとのこと。
久しぶりに会うので、スズもきゃっきゃっとはしゃいでいました。
はしゃいではしゃいで、

【こんにちは、タコスズです。】
DPP_28317-1_1.jpg 
…タコ顔にされる。普段はタコ顔よりは愛らしい顔です、とつい断ってしまう。
--------------------------
最初にスズ達がいた科学館2~3階は
実際に自分の体を使って科学の不思議を体感して楽しめるスペースのようです。
みんな次々と場所を移動して実験をしたり、展示物のボタンを押したりしていました。
DPP_28405-1.jpg 
今年の夏は宮城県にも竜巻注意報がよく出されました。
ウン十年、生きてきてもそんな注意報聞いたことなかったわ! でしたが、
日本も気候が変わりつつありますものね。
今後はよく耳にする注意報になってくるのかもしれません。
こちらは竜巻がどういう風に発生するのかを見せてくれる装置。
ボタンを押して待つこと数秒で、水蒸気が発生して

    DPP_28408-1.jpg
    みるみるうちにトルネード。
    発生の仕組みはごめんなさい、よくわからなかったものの、
    すごいなぁとスズとボタンを何度も押してしまいました。
------------------------------------------
DPP_28398-1.jpg 
こちらはプラズマボール。…だがプラズマって一体何だろう。
DPP_28448-1.jpg 
でもとても綺麗だし、科学!っぽいのでスズにも立ってもらう。私、一体何をしに…。
----------------------------------

   DPP_28357-1_1_1.jpg
   シャボン玉の中に入ってみたい―
   そんなファンタジックな夢も科学館は叶えてくれるようです。
   装置の上からぶら下がっている紐を引くと、
   下からシャボン液があがってきて、紐を引く人間を丸ごと包んでくれるのです。
   DPP_28354-1.jpg
   この装置、子どもたちからの人気がかなりあったように感じられました。
   子どもたちの夢と期待に応えるべく、
   大量のシャボン液を作るのは大変なことだろうと、そんな風に思うものです。
-------------------------------------------
DPP_28425_1.jpg 
スズがドライヤーをあてている先には、

   DPP_28431-1.jpg 
   金属でできたお花があります。
   通常では、蕾は閉じた状態ですが、
   ドライヤーの熱でパッと花が開くんです。

DPP_28423-1.jpg 
自らの身だしなみを整えるのもお忘れなく…。
スズは花を開かせたいというより、これがやりたかっただけだと思われます!
-------------------------
ここでは写真を載せきれないほどにさまざまな装置を体験していました。
触って遊べる装置だけでなく、
エレベーターもスケルトン仕様になっていて、構造がわかるようになっていたり、
館内の時計が水時計だったりと、さすが科学館! という仕掛けが施されていました。

  【ガラスの水時計】
  DPP_28455.jpg
  しかし、またしても読み方はわからないのであった…。

DPP_28344-1.jpg 
さまざまな料理の食品模型。
写真はステーキですが、蟹含むシーフード山盛りの料理や寿司もありました。
スズが気に入ってしばらく座っていて、
こんな料理が食べたい! という欲望が全身から滲んでくるようでした。
ただ科学とのつながりがいまひとつ分からない装置ではありました―。

じっと見つめていると、突然食品がボンッと上に飛び出すんです。
卵がボンッ! 寿司がボンッ! ステーキがボンッ!
これなんで飛び出すのかわかる? と科学館来訪の先輩スズに聞いても
なぜ食品が飛び出してくるのかはわからないとのこと。
これは食べたいものへの念が伝わるか? 実験装置ということにしたいと思います。


    バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。 

次回はしっとり大人ムードの自然史系展示室と理工系展示室に移動いたします^^

| 自閉症関連 | 13:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |