2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

幻想的ライト

年度末が近づいてきて、気忙しい。気忙しいけど動きは鈍い。なんとかしなきゃ…。

今日は午後から今年度最後のスズの参観日があります。
今月はひと足先にショマの参観日もありました。
参観日の様子はまた日を改めますが、
参観日の日に、今年度のまとめとして作った作品を見せてもらいました。

去年はキャンドルホルダーでした。
DPP_35950-1.jpg 
思えば、このキャンドルホルダーを持ち帰ってきてすぐに震災が発生して、
このキャンドルで部屋に灯りを灯したのでした。
あれから本当にそろそろ一年なのだなぁ。

 IMG_5726-1.jpg
今年の作品は和紙で作った張り子のライトです^^
廊下にお友達の作品も並べられていて、
ショマは原色の和紙も織り交ぜて作っていましたが、
淡い色で統一してあるライトもあったりとそれぞれを見比べるのも楽しかったです。
学校では暗幕を張って、たくさんのライトを並べて点灯式をして、
それはそれは綺麗だったと先生が教えてくれました^^

ショマはとにかくこのライトをスズに見せたいと、
この日持って帰りたいと希望していたのですが、
ほかに作った作品も合わせて、後日家に持ち帰ってきました。
バスを降りるとき、壊さないようそうっと持っているのがわかって
自分が作ったものへの思い入れ、
スズに早く見せたいというはやる気持ちがよくわかりました。

IMG_6181-1.jpg IMG_6182-1.jpg
コンセント式ではなくて、中にLEDライトを据え置くようになっています。
上から和紙のカバーをかぶせると。
色が様々に変化するライトなので、これが本当に幻想的で綺麗

DPP_0020-1.jpg 
 
  
    DPP_0022-1.jpg  
家に持ち帰ってきた日は、友達の沢さんが遊びに来てくれていたので
沢さんに見せて褒めてもらって大満足。
さらに夜になってライトをつけてスズと布団に入るのを楽しみにしていました。
お布団のところに置いていいですか^^ と何度も訊ねてきました。

なぜ弟と寝るためにそのようなムーディな雰囲気を求める(笑)と
おかしくもあったけれど、
学校での点灯式を終えて
自分で上手にできたなぁ、綺麗だなぁという気持ちがあったのかもしれません。
2階で点灯して、すぐにスズがすごく綺麗と教えに来てくれました。
もうショマは大満足。

2人が寝入ったころ、夜にもう一度覗きに行くと窓のところに置いてあって
部屋をほんのりと照らしていました。微笑ましい光景でありました。
翌日からもライトを置いて寝たいという要望があったのですが
儚げな作りでもあるし、
翌朝起きたら形が崩れてがっかりなんてことももしかしたらあるかもしれません。

【何をするか予測できない】
DPP_0038-1.jpg 

【筆頭主】
DPP_0049-1.jpg 

DPP_0081_20120228121751.jpg 
目の届く竜ちゃんのそばに置いておくことで納得してくれました。
ショマが作ったもので照らされれば、竜ちゃんも喜ぶことでしょう^^  


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連 | 12:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガーンとなって隠れる

16曲目が終わった瞬間に、シャキーンとショマは立ち上がり
夫に連れられて家に戻ってしまいましたが、
私とスズはその場に残ってお茶会に参加しました。

IMG_5877.jpg 
持ち寄ったものをいただきながら、発表会の反省会。
おいなりさんや炊き込みご飯は先生の手作りです^^

普段、私たちが通っている教室でときおり顔を合わせる方もいれば、
別のところですでに教室を開いていらっしゃる方、
さらにその方のもとで習っていらっしゃる方も参加というように
一門の会ということになるのでしょう。

スズと私は全員の方と顔を合わせるのは去年の夏のお寺での発表会以来ですが
皆さん、初心者の私たちを温かく迎え入れてくれます。
発表会の感想を聞かれて、
えー猫の話がしたいのにというスズには??のところもあったとは思うのですが^^;
私が演奏のときひどく緊張していたので
そのことについて、最初はねほんとにそうよ~と労ってくださったり、
震災の話題になったり、
塩麹を使ったお漬物がおいしくて、レシピを教えてもらったりも。
家で早速作った〰♪ だが、うちの麹君たちの活きがあまりよくないのは気のせいだろか…。

次に皆さんと顔を合わせることができるのは夏に行われる『ゆかた会』。
そのときまで、またたくさん練習して成果を発表しましょうということでお茶会もお開き。
ゆかた会かぁ…スズは何を着せようかしら。私、また買っちゃおうかしらん
いや、浴衣の心配よりもっと心を寄せるところがあるのではないだろうか。
せめて、シールなしで弦がわかるようになろう
 
*****************
会場として借りている場所は公共の施設ですので
しっかり後片付けをして帰らなければなりません。
洗い物をしたり、掃除機をかけたり。
お琴や三味線をケースに入れて、車に積み込むために一階に運んで運んで。
私はちょっとはちょっとは若くて体力もあるほうだし、
後片付けで頑張らずいつ頑張る。

スズは会場内をあちこち動き回っているし、
もう長時間で飽きてしまっただろうから、家に戻っていてもいいよと言いました。
大方の後片付けを終えて、
あとは遠方からいらしている皆さんが車にお琴を積み込むのみだったので
私も挨拶をして家に戻りました。

あ~疲れたよ~ただいま~♪と家に戻るとスズがいない。
あの~スズ帰ってきた? とリビングにいた夫に訊ねると、一度も戻ってきていないと言う。
ええーー会場にいなかったよ 会場の隣の公園で遊んでいるのかしら
でも帰り道、公園にも誰もいなかったような

どうして靴を確認してこなかったんだと夫に叱られ、
だってだってお琴が立てかけてあって靴を見ることに気づかなかったよぅ
私が言い訳してる間に、
行き違いになったらいけないから留守番してろと言われ
夫がそのまま外に出て探しに行きました。

5分ほどで大泣きしているスズを伴って夫が戻ってきました。
閉まった会場のエレベーターの向こうで泣きながら立っていて
まだ残っていた方が鍵を持ってきて開けてくれたとのこと。

なんて不注意なんだと夫に叱られながら、
だってだってずっといなかったからもう帰ったと思ってとわーわー揉めていたら
スズがもうやめて! 僕が悪かったんだどさらに大きな声をあげてワーと泣いてしまいました。

その後、しゃくりあげながら会場内で隠れていた理由を教えてくれました。
私に戻っていいよと言われた後に会場内を歩いていたら
中学生や高校生の女の子が後片付けをしていて、
その様子を見て、周囲の方たちが、
さすが女の子ね、女の子っていいわねと言っているのを耳にして、
スズ曰く、
「ガーンとなって、男のボクはいらないのかとショックを受けて
涙が出てきて、心を落ち着けようと別の部屋の座布団を入れる押入れに隠れた」
のだそう。
そして、お母さんが探してくれると思っていたのに探してくれなくて、
お母さんが探してくれるのを待っているうちに会場が閉まってしまったと。
スズごめん、探すどころか、閉まったそのときにはお母さん家にいたわ…。

夫も私と一緒にスズが泣きながら一生懸命理由を話すのを聞いてました。
甲斐甲斐しく働く女の子っていいねって
本当に素直にそう思う気持ちからわりと私も言ってしまうことだし、
思わず夫と2人で、すごい被害妄想だと話してしまったのですが
こういった心の動き方をするとはまさか思ってもいなくて。
そこがまだまだスズのことをわかっていない甘さなのでしょう。

周囲の人が女の子たちをほめていても
だからといってスズが悪いと言っていたわけではないんだということ、
また、お母さんがお手伝いせずに戻っていいよと言ったのも悪かったねと話しました。
次のゆかた会のときは
簡単なお手伝いでもいいから、できることを探してやってみようと提案しました。

先生は会場に残ったスズが泣いていたという話を
後で鍵をあけてくれた方から聞いたのでしょう。
トラウマにならなければいいけれどと心配してメールをくださって
ご心配をかけてしまって申し訳なかったです。

あと、心を落ち着ける場所を探したというのは
そのときスズが自分で選択した最善の選択だったのかもしれませんが、
隠れるときはお母さんにお話して、頼むから!! とお願いしました。
以前はこういった出来事があっても、かたくなに理由を話してくれないところもありました。
こうして、理由を一生懸命伝えてくれるようになって
ある出来事からどんな風に思ったのか、
私にも少しずつその一端がわかるようになったというのはありがたいことなのですが
ああ~母さん、スズの気持ちの汲み取りまだまだと感じた出来事でした。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 和楽器 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ発表会

発表会の開始は13時からで、
会場は秋と同じく地域のコミュニティセンターでした。
調弦をしながら、スズは2曲通して練習させたいと先生がおっしゃるので
きららさんのお琴を持って11時30分に会場入りしました。 

【準備万端~♪】
IMG_5964-1.jpg 
このように、8の弦にシールをペタッとして出かけました。
なぜシールを貼るのかと申しますと、
8の弦を起点にして、弦の位置をわかりやすくするためです。
はい、母用の目印シールです。
手の感覚で弦を見なくても弾けるようになるといいのですが、私にはまだ無理。
焦ったらますますわからなくなるだろうし、
せめてシールを貼っておけば安心できるだろうという算段です。

ところがいざ会場で調弦すると、
スズはこちらのお琴を使うように調弦するけれど、
私は先生が持っていらした違うお琴(もちろんシールなし)を使うという。
音の高低でより曲に合った調弦をしたお琴をそれぞれ使うということなのでしょう。
ああっどうしよう

シールのことですでに心粟立ちながらも、
先生たちの練習や、スズの練習を聴いて13時になるのを待ちます。
私は皆さんのお邪魔にならぬよう、楽譜を見ながらエアお琴をはじめてしました。

13時近くになって、
友人のSちゃんとお嬢さんのKちゃんが来てくれました。
長い時間になると子どもには黙って聴いているのも大変なことですが
貴重な休日の日曜にわざわざ足を運んでくれて嬉しかったです。
ショマも夫に伴われてやってきました。
全部で16曲の演奏のうち、
スズが前半のプログラム3番「勝つた亀の子」、私が6番「君のめぐみ」、
休憩をはさんで、後半はスズが11番「祭花」、12番で私もう一曲「さくら変奏曲」。
内輪での発表会ということでスズはずいぶんリラックスしているようでした。
母はそのリラックスをちょっとでいいから分けておくれ…という気分。

[広告] VPS
最後の最後で、「ミスった!」と声をあげるスズ。
言わなきゃいいのに、なぜにわざわざ言う

一曲はさんで、いよいよ自分の番が。
シールをはがして、演奏前に自分の使うお琴に貼っておきました。
シールも貼ったし、シールも貼ったし…大丈夫大丈夫。
先生の三味線の音をよく聴いて心を落ち着けて。
私はほかの方の演奏を聴くときに前列のほうに座っていたのですが、
その空いた席にショマが移動してきて、前のめりになってこちらを見ていました。
お母さんだ というように目をカッと見開いているので
ものすごい期待と愛を今一身に受けている感があるけれど
その期待が今は今は…嬉しいけど重い

お目汚し失礼します 
最初、あ…いい感じでいけるかもと思ったんです。
このままこのままいこうと思った瞬間に手が震えてきて、もう震えがとまらん〰らん〰
後半はもう自分が何をしているんだがわからないほど頭真っ白。ミス連発。
すくい爪もできていたんだかどうだか。
爪を飛ばすほど弦に爪が当たっていなかったような。
もうグダグダだと思っているうちに終了。ほんと恥ずかしかったです。

バンクーバーオリンピックのときに浅田真央ちゃんも言ってらっしゃった。
このままいけば高い得点が出るかもと思った瞬間にミスが出たと。
そうか気の緩みというのは怖いものなのだ。←同列で語るな。

夫からも手の震えが曲が進むにつれすごいことになっていたぞと言われる。
普通、弾いているうちに心落ち着くんじゃないの?と言われるも
普通がわからない、はじめてだもの。

前半1時間の演奏が終わって休憩。
Sちゃんもお兄ちゃんを旦那様に預けて来てくれたのでここでさよなら。
すごい緊張だったね!スズ君は余裕だったけどと言われてやっぱり恥ずかしい。
ショマにも長い時間で疲れたでしょう、パパとおうちに戻っていてもいいよと言ったけれど
16曲目まで静かに聴きますという答え。
私とショマのやりとりを聞いていた教室の方に、
お兄ちゃんが前のめりで聴いていて、
お母さんの演奏に緊張していたみたいと言われました。
緊張というより、お母さんだ 応援しようという気合に近いものだと思うのですが
スズのお琴のこともいつも応援してくれるし、
ショマの一生懸命な応援の気持ちに応えられるよう練習を続けたいと思いました。
でも、スケジュールきっちり守りぶりがここ最近ますます際立ってきて、
16曲目が終わった瞬間にシャキーンと立って帰ります! と。
やっぱり長い時間聴くのって大変なのね

[広告] VPS
スズ後半の『祭花』。
演奏の出来うんぬんとより、とにかく落ち着いて座ってられないのが目立ったような。
尻がかゆいのか…。
そして、最後、わーっと盛り上がって、ビタッとお琴の音を止めるのが
この曲の聴きどころで、ラストがスズも最も気に入っていたところだと思うのですが
その最後の最後でスズがまさかの爪ポロリ落ち。もったいなかったーー!

スズに続いて私、「さくら変奏曲」を弾いたのですが
こちらは少しちゃんと音楽になっていたような気がいたします。
なんとか曲になって安心しました。

最後、16曲目はお琴の6人、三味線2人での「六段」の演奏でした。
三味線の弾き手のうちの1人は習い始めのときに教室で会ったウクライナのスーさん。
楽譜も見せてもらったのだけれど、難解で何が何やら。すごすぎるスーさん。
お琴の演奏者2人は高校生のお嬢さんです。
手の動きも滑らかで本当に弾く姿が美しい。
スズも続けていたらあんな風に弾けるようになるのかしら。
まだお尻ばかり触っているので想像がつかないけれど、
美しい弾き姿というのも身につけてくれたらいいなぁと思うのでありました。

[広告] VPS


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 和楽器 | 20:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すくい爪刑事

発表会当日の話の前に、前置き的な話をば^^

2月のお弾き初めで、お母さんも弾きましょうという話を先生から頂戴したのは
11月の発表会を終えた後のころでした。
先生、どうしてそんな無茶をおっしゃるか。

私はたとえ人前で弾くことになったとしても数年は先であろう…
スズは次のお弾き初めまた頑張ろう! と
余裕のよっちゃんで構えていたのは何だったのか。

先生、私はムリポ…と心で訴えかけてみても
スズ君と合奏がいいわ 曲は何にしよう とにっこにこしている先生を前に
どうして口頭で、先生無茶はいけません! と言えるでしょうか。言えますまい。

宮城道雄小曲集の中から何曲か弾いてみて曲を選ぶことになりました。
スズはすでに、『祭花』 は決めて練習していたので
小曲集の中からもう一曲、 『勝つた亀の子』 という曲を弾くことになりました。
童話うさぎとかめさんを題材にした曲です。

【勝つた亀の子・楽譜】  
IMG_6030-1_20120222115914.jpg 

   【勝つた亀の子】

   一、 向ふのお山へ 着くまでは 少しも休まず登つて行つて
      とうとう兎に勝ちました
      勝つた亀の子 万々歳。

   二、 相手を遅いとあなどつて 途中でうつかり寝てゐるうちに
      とうとう子亀に負けました
      負けた兎のはづかしさ。

という歌を、スズの琴に合わせて先生が歌ってくれることに。
私は 『祭花』 という曲がとても好きで聞いているとうっとりしてしまうのですが
スズはこちらの 『勝つた亀の子』 の曲のほうが気に入った様子でした。
自分で大きな声で ♪まーけーた兎のはーづかしさー!♪ と歌いつつ弾くこと度々。
兎が負けてしまうところが痛快らしい。
母の中に湧き上がる、うちの息子は底意地が悪いのかしら疑惑。

そして、もう一曲、スズと母とが合奏する曲を決めることになったのですが
間違えてしまったときの頼みの綱、スズ先生が私とは弾きたくないといふ。

なんで!? どうしてそんなこと言うのさ!? と寂しく思うのですが
お母さんと弾くなんて恥ずかしいよぅ。親子ってばれるじゃないか…とのこと。
スズももうすぐ小学5年生。そういった気持ちが芽生えてもおかしくない年頃ですし。
じゃあなぜ家ではぺたこぺたこくっついてんだ (σ´Д`)σ YO! という思いは飲み込み、
スズの気持ちを尊重することにしました。
ちなみにスズのはーづかしさー♪をよそに、
私たちが親子であることは皆さん知っていると思うのであります。

先生も考えてくださって、スズが弾かないので
先生の三味線に合わせて弾くことに。余計緊張する…_| ̄|○ il||li
宮城道雄小曲集の中から 『君のめぐみ』 という曲を弾くことになりました。

【君のめぐみ・楽譜】
IMG_5592-1.jpg 

  【君のめぐみ】

  のどけき春の あささめに 萌え出でぬ 草もなし

  君のめぐみは あめのごと 民のさかえ 草のごとし  

 
スズが弾く『祭花』は6分超で、『勝つた亀の子』が3分超ほど。
『君のめぐみ』は1分半くらいかという長さの曲ですが、
その1分半、ひとつも間違えずに弾くとなると、なんとゴールの遠きことかと。

ここで少し、楽譜の詳細を見ていただきたいのです。
IMG_6029-1.jpg 
「巾スヽ巾」、「七スヽ八」 にある「ス」の文字。
「七スヽ八」であれば、七をまず弾いて、すくい爪で戻って七を弾く(七ス)、
七ス2回で八を弾く、と。

【七を弾いて】 
IMG_5989-3.jpg  
琴の弦を親指で弾くときには、弦の前に爪をあてて前にはじきます。

【今度はすくい爪で七~】 
IMG_5991-3.jpg  
前にはじいて~、
今度は弦の前から爪の裏側ではじく~のがすくい爪(だと思います、たぶん)。

私、年明けに覚えたんです、すくい爪。
超ド級初心者の私も、すくい爪によって一歩前進した気分
なのですが、慣れない動きに
不器用にわたわたしていると爪が外れてぽろりと落ちるんです。

『君のめぐみ』という曲にはすくい爪をするところが何度か出てくるので
みゆこお姉さんたちに、すくい爪をすると爪が抜けて飛ぶよ…とこぼしていたら
納言子さんには爪飛ばしのムーコ!とやんやされて、
スケバン刑事みたいでカッコイイかもと思ったりもする。

DPP_0001-1_20120222132833.jpg 
でもいや! 本番で刑事にはなりたくない! と思いながら練習を続けてきました。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

120222_101833_06.jpg 120222_101928_04.jpg
すくい爪のおまおは昼間は動きが鈍い。
※読み返してみたら画像の中のすくい爪の説明を
 思いきり間違えていたようです。(ごめんなさい)、画像差し替えました。

| 和楽器 | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小休止

スズが最も演奏を聴いてもらいたいのは 
左馬介だそうです。 

DPP_0045-1.jpg 

ゴンちゃん、おばさんはちょい疲れたんだ… 

DPP_0053-1_20120220133851.jpg 
DPP_0046-1.jpg 
****************
お琴の演奏以外のことでひと悶着あったりした
(スズが会場内で隠れていたのを私が気付かずそのまま閉館、のち救出)のですが
発表会自体は無事に終えることができました。
ショマが長い時間応援してくれて嬉しかったです。

今まで人前での発表のときは、頑張れ! 全力を尽くせ! などスズに言ってきたけれど
普段通りにやるということはなんと難しいのかと
自分でやってみて実感しました。ああ…。 手が震えるし。
でも、スズには自分のことは棚にあげて言ってしまうと思うけど(笑) 
写真を整理したりしながら、少しずつ発表会の様子をお伝えできたらなと思います。

発表会の前に替えのお琴カバーを作りました。
きららさんからお琴を頂戴したとき、
きららさんご自身か、きららさんのお母様の手作りなのか綺麗なカバーがかけてありました。
私はなんらスズのために何かを作ったことがなかったので挑戦してみようかなと^^

DPP_0030-1.jpg 
母K子が趣味の掛け軸作りのために集めている古着の帯で作りました。
なかなか仕上がらないので、使わないなら返せ! とK子にせっつかれる。コワイヨー。

 DPP_0128-1_20120220135406.jpg
裏地を付けたあたりで満足して燃えつきそうになった…。
採寸も何もせず、お琴に合わせながら作ったので
上下の止め紐が緩かったりで、あとで作り直さねばならないところもチラホラ。
何より大変だったのが帯の下にズサーッと滑り込んだり、
待ち針やアイロンと闘う真生おっかぁを制御することでした。闘う真生、コワイヨー。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

   DPP_0119-1.jpg 
   今晩からちゃんとするさ…。

| 和楽器 | 14:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緊張で…

【2月某日ーお琴の発表会に向けて(珍しく)真面目に練習するスズの図】
IMG_5567-1.jpg 
今日はお琴の発表会です^^
教室内や、中学校のお琴部の生徒さんとの内輪向けの会で、
御弾き初めということになります。

今月はスズの風邪が長引いて、お稽古に行けない週もあったのですが
今週、先生が追い込みをかけてくれたので
どうにかなりそうだなぁと思っています。

どうにかならないのは私だ…。
はじめて家族と先生以外の人の前でお琴を弾きます。
弾くのはとてもとても短い曲ですが、緊張でほとんど眠れんかった…orz

[広告] VPS


今日、スズは2曲弾きます。
そのうちの一曲が『祭花』です^^


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      目の下どす黒く、いってまいります!

| 和楽器 | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり愛の狩人

先日、ゴンちゃんを連れて
フィラリアの薬をもらいに動物病院へ行きました。
家に来てから毎日飲んでいます。

ゴンちゃん、冬毛が充実したというのもあるけれど
ふっくらした気がして
薬の量が合っているか不安だったので体重も計ってもらおうかな~と。
病院の先生やスタッフの方がゴンちゃんを連れていくと喜んでくださるし^^

IMG_5680-1.jpg 
いつものように念入りに念入りに、さらに念には念を入れて(笑)、臭いを嗅いで散歩。

IMG_5687-1.jpg 
臭いを嗅いでいたら、通りかかったおじさんにいい子いい子されました。
震災時に避難所として身を寄せていたセンターの管理人の方で
とても優しいおじさんです。
震災のときは、集まっていた子どもたちが
お腹を空かせていないか心配りされていらっしゃいました。
名前はなんというのー? ゴンですぅ。おじさんのとこの弟の家の犬はゴン太だー。
やりとりの中で、おじさんの弟さん宅の犬の情報を得ました!
ゴン太君、君は素敵なおじさんを持ったな!

ゴンちゃんがおとなしいとびっくりされていました。
ええ、本当におとなしい愛想よしおちゃんなんですよ、ゴンちゃんは^^

【一生懸命、柔らかタッチを繰り返していたゴンちゃんである】
IMG_5691-1.jpg 
おじさんとお別れしてさらに歩いて病院へ。

IMG_5698-1.jpg 
ゴンちゃん、たまには上を向いて歩こうぞ。お写真にお顔がうつるように…(´Д⊂ヽ

病院に到着して、ドアをすこうし開けて中を覗くと、
ゴンちゃん! とスタッフさんから声があがるのが聞こえてきました。
スタッフさんたちから、元気そうね! お手ちょーだい! と声をかけられながら待っていると
先生もゴンちゃんのそばにいらしてくれて

IMG_5705-1.jpg 
IMG_5706-1.jpg 
ゴンちゃんにたいそう怖がられていました(笑)

ゴン、もう~忘れたのか~^^; とちょと先生は残念そう。
やっぱり抱っこがね~抱っこされた記憶で怖いと思ってしまうのでしょうね。
私もまだ抱き上げたことがないのです。
散歩に行くときは、嬉しくて嬉しくてハウスからバビュン と出てきて、
(その様子は我が家ではゴンちゃんロケットと呼ばれています。)
喜びのあまり抱きついてきて、9割方抱っこされてるわ…と思うのですが、
気付いたら自分から抱っこ状態になっているのと、
こちらから抱き上げられるのはまた違うでしょうし。

今は無理に抱っこする必要もないので焦る必要もないけれど
日々、ゴンちゃんと仲良くなれてる~という確かな実感があるので
いつか安心して身を任せてくれる日がきたらいいなと思うのであります。

ずいぶんと怖がってしまったこともあり、
この日の体重測定はなしになりました。
冬毛がもふっとしただけで体重の大きな変動はないだろうとのこと。

待合室にいた別のワンちゃんを連れていた方も
ゴンちゃんに興味がありそうな様子でしたので、
先生がゴンちゃんのこれまでのことを説明してくれました。

何歳くらいなのかしらね~。
抱っこはどうして苦手なのかしら~、
お手はここに来たときにはもう出来ていたのよ~など
皆でゴンちゃんを語る会を開催しているうちに
ゴンちゃんもかなりリラックスしてきました

で、リラックスしてきたら、鼻をキュインキュイン鳴らして
待合室で一緒だったワンちゃんに、そばにおそばに侍らせてください! と求愛を始める。
待合室に響く切ない声。
ゴンちゃんから求愛を受けたのは綺麗な18歳の女の子。
ゴンちゃんは年齢差もなんのそのだな~。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

【恋する気持ちの切り替えは素早く!】
IMG_5710-1.jpg

| 犬関連 | 03:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

〆はシロちゃん

IMG_5493-1.jpg   
衣服が濡れるのを極端に嫌うスズの足元は
自らのセレクトで長靴のことが多いこの季節。

先日、ボクってけっこうお洒落には気を遣っているというスズの言葉を聞き、
以来足元を見るとちょと笑ってしまいそうになる母です。
ブーツでも買ってあげようかしらん…と写真を見て改めて思う。

IMG_5503-1.jpg 
三聖堂からてくてくと歩いていくと、大きなお地蔵様がいらっしゃいました。

IMG_5515-1.jpg 
このお地蔵様は何かしら。
IMG_5511-1.jpg 
IMG_5504-1.jpg 
こういった説明の立札があると、
ショマはすべて声に出して一生懸命読んで教えてくれるのですが
(声が大きいのでけっこう目立つのである 笑)
難しい漢字も、自分流に自分が知っている文字に当てはめて読むので
最後の「~有志によって造営された。」のあたりが、
「~有田(ありた)によって営業(えいぎょう)された。」になっていました

IMG_5525-1.jpg 
この参道をてくてく歩いて、駐車場まで。
参道の入り口には観光案内所があり、

IMG_5529-1.jpg 
IMG_5530-1.jpg
そこには看板猫のシロちゃん(男の子)がいました。
もともと野良猫だったそうなのですが、
今は観光案内所のガイドさんたちにお世話をされているとのこと。
案内所の前に小さな猫ベッドが置いてありました^^
ごろんごろんしながら愛嬌をふりまき、何ともガイド(?)上手。
震災のとき津波は瑞巌寺の参道まで押し寄せたそうなので
シロちゃんはどうやって難を逃れたのかしらと思いました。
とにもかくにも、無事でよかったなぁ。

IMG_5532-1.jpg 
観光案内所の周りを行ったりきたり。
猫好きと思われる皆さんがその姿に こんな風になっておられました。

IMG_5535-1.jpg 
このような素敵看板猫ちゃんがいるとはまったく知らずに出かけたので
シロちゃんに会えてとってもラッキーな気分。
シロちゃんのご飯募金箱があったので、お礼にチャリン。
おやつ代くらいにはなったかな~。

シロちゃんをいい子いい子して家路に着きました。
瑞巌寺の特別公開もやっぱり見に行きたいし、シロちゃんにもまた会いたい

でもまたシロちゃんに会えたら、
シロちゃん撫で撫ででその場から動けなくなりそうな。にゃおん


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 猫関連 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅の伝説

間があいてしまいましたが、松島の続きを^^  と思ったら
途中で全部消滅したのですよ…カツ丼の呪いかーー。

かき祭りでかきを美味しくいただいた後、
駐車場までの道のり、瑞巌寺(伊達家の菩提寺)周辺をぐるぐると散策して戻りました。 

【瑞巌寺ぐるぐる】
IMG_5520-1.jpg
思えば松島を何度も訪れていながら瑞巌寺には来たことがなかった。
ところが瑞巌寺は現在、平成の大修理中という。
ならば今回は見なくてもいいかな~と本当にただ周辺をぐるぐるしただけです。

夫は仕事の関係で、修理中でも足を踏み入れる機会があるかもしれないとのこと。
あらっ、それはよい体験ができそうねと優しい気持ちで思っていたのですが
後で調べたら、平成の大修理は平成30年までかかるというではないですか
私はそれまでまたなならんのか。なんだよ、夫が憎い。

修理中といっても、修理中だけ公開される場所もあるそうです。
IMG_5500-1.jpg 
伊達政宗公の正室愛姫様の御霊屋もそのひとつ。
これだけでも見てくればよかったかなぁと後悔。特別公開だけに後悔…ゴホゴホ。
消えた分、2回も書いたよ…特別公開だけに後悔というしょーもないフレーズを。

IMG_5482-1.jpg 
瑞巌寺そばにある三聖堂という小さな祠です。 
堂内正面中央に聖観世音菩薩、左に達磨大師、
右に菅原道真を安置したことから三聖堂というのだそうです。

IMG_5483-1_20120216185144.jpg  
三聖堂のそばには、瑞巌寺の尼僧・紅蓮尼に関するお話の立札がありました。

 昔、三聖堂の近くに蜂谷掃部という長者がおりました。
  掃部夫婦は子宝に恵まれなかったため、
 お堂の観音さまに祈っていたところ一子もうけることができました。
 小太郎と名付けられたこの子は、賢く容姿が美しかったので、観音さまの申し子だと評判でした。
   ある年小太郎はお堂の近くに2本の梅を植えました。 (「軒端の梅」と呼ばれる。)

 小太郎が15歳の春、父・掃部は四国三十三観音巡礼の旅に出ます。
 その道中で出羽象潟(秋田県にかほ市)の商人と親しい間柄となり、
 別れを惜しんだ2人は、これからも親戚として付き合いを続けたいと
 商人の娘・谷と小太郎の結婚の契りを交わします。
 谷もまた、商人夫妻が観音様に願をかけた末に生まれた娘というのです。

 しかし、掃部が旅を終えて松島へ戻ると、小太郎は病がもとですでに亡くなっていました。
 これを知る由もない象潟では、約束どおり娘を松島へ嫁がせてきました。
 娘を哀れんだ掃部は象潟へ帰るように勧めますが、娘は「一度嫁いだ身なのだから」と、
 娘として松島に残って父母に孝養を尽くし、
 父母亡き後は髪をおろし、尼となり、名を紅蓮と改め、
 一度も会うことのなかった夫・小太郎の供養に生涯を捧げます。

 軒端の梅が盛りのころ、紅蓮尼は一度も会うことのなかった夫を思い、

  植え置きし花の主ははかなきに軒端の梅は咲かずともあれ

 と恨みの歌を詠んだところ、次の年梅は全く咲かなかったといいます。
 このことにたいそう驚いた紅蓮尼が

  咲けかしな今は主とながむべし軒端の梅のあらんかぎりは

 と詠むと、翌年から再び梅は花を咲かせたという伝説が残っているそうです。

これから梅の盛りを迎えます。
多くの人が訪れて小太郎と紅蓮尼の悲恋だけれども、
美しい話に思いを馳せるのかもしれません。
紅蓮尼が作って村の人にふるまったという「こうれん煎餅」は松島の銘菓。
純白の優しい舌触りのお煎餅です^^

IMG_5484.jpg 
小太郎と紅蓮尼のご縁で松島と象潟は今でも夫婦町なのだそうです。

ああ、続きがあるのですがちょと疲れてしまいました。
どうも紅蓮尼の話を書いていると消えてしまう。なぜどうして。
(小)梅には尽くしているつもりなのに

あと一回分けますね。

 

      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 未分類 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作りチョコ

通常更新に戻りたいのですが、今日も熱で2人寝込んでいます
…松島の残りはいつ。
よくなってはぶり返し、よくなってはぶり返し…。
いいかげん、病院の天使さんにも、また…と思われているような。
今週末までにはみんな全快になるといいなぁ。

松島のことは一旦忘れて、昨日のバレンタイン

ショマスズには例年通り、青森のおばあちゃんからチョコが届きました。
丁寧に、チョコはショマとスズに食べさせてくださいね! と強調してある手紙が
同封されていたので、早速開けてショマスズの母がつまんでやりました。

120212_073028_08.jpg 
おばあちゃんへ。

ボクにチョコをありがとう。
残念ながら猫なのでチョコは食べられません。
だから人間のお母さんが食べました。左馬介。

と写メを送ったら、
ヽ(`Д´)ノ 親は食うな! と怒っておりました。ふはは。

****************
さて、おばあちゃんからはこうしてチョコは届くものの、
身内からだけというのはやはり寂しいものなのですかね。
スズがまた、

 
ボクは友達いないから、チョコはもらえないんだよ

と言います。
こういう風に、にっこりしつつも自虐的に言うのを聞くのは辛い。
すごく沈み込んで自虐的に言われても辛いとは思いますが。

学校だからね、チョコを持ってきていいのかどうかもわからないよ~と
お茶を濁してごまかす。

そして夜。

8時ごろ、家のチャイムが鳴ってドアを開けると近所の女の子が立っていました。
これ、ショマ君とスズ君にと差し出されるチョコ。
うわぁ うわぁ ほんとにほんとにありがとね! とお礼を言って
スズに伝えると大喜び。

120214_210844.jpg 
ひと目で手作りチョコとわかるので、
やっぱり手作りって嬉しい といっちょまえのことを言っておりました。
DSで写真にも撮っていたので本当にうれしかったんだなぁと。

小さいころから仲良くしている女の子でもう中学生の子です。
たぶんお母さんの心遣いなんだろうなぁとはわかっているのですが
それもとても嬉しくて。
お気遣い本当にありがとうね、とっても喜んでいました。とお母さんにもメールを送信。

お返しを選ぶのが楽しみです


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連 | 17:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先週のラッキー丼

【性質の悪い風邪には! ♪早めのめごちゃん♪】
120212_132729.jpg 120212_132744.jpg
思いきりうつってしまいました…(ヽ´ω`) 
子どもたちは回復して学校に行きました。 
風邪の話ばかりですみません。次回から通常営業だ!

風邪をうつされてみて思うのは、
なぜこんな状態で学校に行きたいと思うのかショーちん…ということです。

でも食欲が衰えないのは一緒でこれからカツ丼作ります。
カツ丼が食べられる…治ってるのかも…


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

【たなくじ】
120206_065943.jpg 
教育テレビの話で恐縮ですが、「0655」で先週引き当てたたなくじ。
先週食べときゃよかった。

| 未分類 | 17:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボクが看病

昨日はスズを連れて
年末にショマのインフルエンザでお世話になった病院に行きました。
やはり看護師さんが優しくて行き届いていて、天使ではあるまいか! と思う。
看護師という職業は大変な重労働と思いますが
笑顔を絶やさず応対してもらえるとそれだけで気持ちが上向きになります。

**************
昨日は熱が高かったこともあり、スズはお粥を食べて薬を飲んで
静かに眠り続けていました。
普段、家の中ではスズが一番よく喋り、ちょこまかと動いているので
スズが静かだと家の中までぐっと静かになってしまい寂しい気がします。

私たちが寂しいのはもちろんですが、最も寂しさを滲ませていたのが
IMG_5327-2.jpg 
メロスとセリヌンティウスかというほどに、スズと熱い友情で結ばれている左馬介。
ベッドのそばをうろうろしては、スズが起きてくるのを待っているようです。
左馬介、お前はいいヤツだなぁとスズ母を感嘆させるのであります。

IMG_5253-1.jpg 
IMG_5234-1.jpg 
こんな風に、スズがかけているベッドの毛布をちゅちゅしたり、

DPP_47390-1.jpg 
DPP_47404-1.jpg 
ベッド脇のカーテンレール上を行ったり来たりして
看病としては、ええ猫ですから、天使の看護師さんのようにはいきませんが

いきませんが…

【今朝の様子】
IMG_5715-2.jpg 
まだまだ油断はできませんが、37度台前半まで熱が下がりました^^
夜はだし巻卵が食べたいそうです。ありがとう、スズの友達!


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 猫関連 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呼び出し

松島のお話がちょっぴり残っているのですが、その前にひとつ。

***************
昨日、ショマの学校のPTA会議がありました。
午前9時30分からのスタート。
年明けはじめての会合でありましたが、
年度末に向かってPTAの仕事も大詰め。

ちゃんとせねばならんな! と珍しく気を引き締めて出かけ、気を引き締めたわりには、
スズの「書写」の教科書などがPTAの書類に紛れ込んでいて、
自分のことながらワケワカラン 

遅まきながら年始のご挨拶を皆さんと和やかに交わし、
会議スタート10分くらいのところでポケットに入れていた携帯が鳴りました。

やべっ マナーモードにしていなかった
普段ほとんど誰からもかかってくることもなく、シン…と静まっている携帯ですので
どうせパパだろう(もしくはK子)と思ってガチャ切りしようと思ったら、
あら! 着信元がショマの学校! なんずらなんずら!?

ちょっと席を外して電話に出ると、相手はショマの担任の先生です。
お母さん、お出かけ中? と訊ねられ、
ええ今まさに、先生と1階と2階でお話してるわ とおもふ。

ええ今ちょうど学校に…ということを話すと、
ショマが発熱したことを告げられる。…またか 最近多い。
場所柄、熱のある子どもをそのまま置いておくわけにもいきませんし、
会議は途中退席して保健室に迎えに行くことに。会議出席時間約20分。ははは

保健室に迎えに行くと、ベッドでショマが寝ていたのですが、私を見ると
もう、なぜお前がここにいるオーラを漂わせて怒りぷんぷんムード。
目が合いにくいのは普段からとはいえ、
なんというのでしょう、目の端にもに入らないフリというか、空気のように扱われる母。
最近静かに怒りを溜めるということを覚えて、
日ごろ温和なだけに怖くて母さんプルプルしてしまいます。

目は涙で潤んでいましたが、先生にも元気になったらまたおいでと説得され、
私とは、なにか美味しいものでも買って帰ろうと約束して帰宅。

車内ではずーっと無言。
前を見据えて、なぜお前と帰らねばならぬオーラ噴出。コワイコワイ。

帰宅して、再度熱を測って7度6分でした。
今日と明日はゆっくり休みましょうと話したところで涙がぶわーっと溢れます。
OH~! 堰を切ったようにという言葉はこういうときに使うのねと思わず見入る母。
そして、出た言葉が

 しろはなまめ(白花豆)コロッケが食べたい! 今すぐ食べたい食べたい!

でした。OH~! 今日のお給食はしろはなまめコロッケかいな。
ごめん、それは手間がかかりそうなので、お母さん作らんから! と布団に押し込む。
私、具合悪いときの対応に慣れつつあるわ

***************
その後、会議に出席していたSちゃんからお見舞いの電話が。
お給食前だったから連れ帰るの大変だったでしょうというSちゃんの労いの言葉に
まぁにゃ。しろはなまめコロッケは無理だわ。豆ないし…なんて答えつつ、
私の代わりに私の代わりに! 
小梅ちゃん(の毛)が席に残ってたよ~と教えてもらいました。はずかし。

IMG_5661-1.jpg 

      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

ショマは熱も下がって元気になりました。
私はゴンちゃんと病院へ。その場で今度はスズの学校から呼び出しが。スズ発熱
インフルエンザの検査は陰性だったのですが、ちょっと怪しいな~という感じです。

| 自閉症関連 | 02:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前進松島

かき祭りの会場では、盲導犬協会の広報犬2頭がやってきて活動のPR。
晴れてはいたものの、寒いなか活動のPRを頑張っていました。
IMG_5478-1.jpg 
広報犬のヘレンちゃん。
手を伸ばすとぺろぺろとしてくれるのですが、なめるのは広報犬でもいけないのかな。
トレーナーの方にNO~と優しく制されておりました。
働くって大変だ。
小梅なら勤務時間中に1000回NOされるかも…と思いました
*****************
松島といえば海。
ショマがクルーザー(どこで覚えたのかしら)を見たいというので会場に面した海へ。

DPP_0080-1.jpg 
すっかり荷物持ちだ…。海に向かっててくてく。

DPP_0099-1.jpg 

DPP_0110-1.jpg 

DPP_0108-1.jpg 
海は静かに凪いでいて、大小の船が行き交い、
船の軌跡を残す水面が日差しを浴びて輝いていました。

これからの復興を象徴する言葉として、
松島町では「前進松島」という言葉が掲げられているようです。
町の至るところで、この言葉を目にしました。

以下、観光パンフレットからの抜粋です。

 前進松島 感謝とともに~3.11からの復興ドキュメント~

 3月11日、東北地方を襲ったM9.0の「東日本大震災」は、
 太平洋沿岸各地に未曾有の被害をもたらしました。
 松島町も、遊覧船をはじめ、店舗・施設など被害をこうむりましたが、
 松島湾の島々に助けられ、壊滅的な状態にまでは至りませんでした。

 震災直後から「松島」の復旧にご尽力・ご支援をいただいた皆様に感謝を申し上げます。
 今「松島」は、一日も早い“東北の復興”を目指し歩みを進めています。
 どうぞ、皆様、東北・みやぎ・松島にお越しください。

【DSで撮影した海の様子をふたりで確認】
DPP_0087-1.jpg 
ここから広がる海であの日に何が起こったのか
ショマが正確に知っているのかどうか定かではないけれど、
海が見たいと何度も言っていたので、もしかしてうっすらとはわかっているのかなとも思いました。

 今日はとても海がきれいだ。

とショマが笑って満足そうに言うのを見て、
また何度でも松島を訪れたいと思った日でした。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

【なまはげも撮影。泣ぐ子はうづっていねがぁ。】
DPP_0076-1.jpg

| 未分類 | 06:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かき祭り

日曜日、松島復興かき祭りに出かけました。
こういうイベントは下調べが大事。

なになに。
買ったカキをその場で焼いて食べられるとな!
しかし、U字側溝を利用した無料コンロは朝早くに行って確保しなければならないと。
軍手や、カキの殻を剥く器具、焼いて食べられるものは家から持参すればよいと。

下調べ ですが、出かけるスタートが遅いという残念な我が家。
松島到着はかき祭りスタートの午前9時。
すでに車の混雑もはじまっていて、車すら停められないかも な状況でしたが
なんとか駐車場確保。ヤッタヤッタ!

【いざ、会場に向けてシュッパーツ!】
IMG_5427-1.jpg 
無料コンロの前はすでにたくさんの人。
うむ、無念。持参したウィンナーや殻剥き器具が悲しい。
ま、でも会場に入れただけでも恩の字。
たくさんのお店が出ているので、お店で買って冬の味覚カキを楽しむことにします。

IMG_5443-1.jpg 
カキのチャウダーから。
IMG_5444-1.jpg 
収益金は先の震災で打撃を受けたかき養殖再生のために寄付されるそうです。

120207_104355.jpg 
300円で、チャウダーのほかに広島のかき醤油がセット。
収益があがるのかしら…。

今回のかき祭りは、地元では例年通りのカキの個数を確保できず、
日本三景の地、宮島(広島産)・天橋立(京都舞鶴産)のカキの提供を受けているそうです。
光のページェントもそうでしたし、
こういった大きなイベントを例年通りに楽しんでもらおうという
全国からの温かな支援、ありがたいことです。

IMG_5453.jpg 
うーん磯の香り~♪

IMG_5432-1.jpg 
なまはげだ! なまはげがいます!
うちの小さな子と一緒に写真を とお願いしました。
で、私がカメラを持って立った側がちょうど逆光になっていまして、

 それだばさ、逆光になるからこっちの方がいいよ。 

と言いながら適切な場所へ導いてくれる優しきなまはげ。

 けっこう、なまはげ気ぃ遣うのよ。

とのことでした。やばい。惚れる(笑)。

【なまはげの気遣いのもとにハイポーズ】
IMG_5446-2.jpg 

【カキフライ】
IMG_5451-1.jpg 

【スープがおいしい焼きガキ】
IMG_5455-1.jpg 
かき飯やかき汁も楽しみまして(なんぼ食べるんだ)
家で食べる殻付きかき2㎏も買いました^^
さらに無料焼きがきコーナーにも並ぶという。
殻付きかきが2㎏1000円ですから、無料コンロが確保できたら
その場で安価で楽しめるだろうなぁと思いました。
(有料コンロもあるのですが、カキ付きとは言え、ちいとお高い。)
今度行く機会があったら下調べも万全に、
スタートも早く をなんとか実践したいと思います。

さて、かきかきかき言いながらも
ショマは大好きですが、スズはかきを食べることができません。
はじっこのひらひらしたところは食べられるのですが
ぷっくりしたカキの旨味が詰まっているといえるところは、
あの中の黒い部分がどうにも苦手らしく。
私も小さいころはかきが苦手だったので、やはり大人の味なのかなぁ。

して、帰宅後の日記。

 今日は松島でイベントをやっていました。
 ボクはカキは苦手です。
 松島の住人っていつも何を食べているのだろう。楽しかったです。


毎日、カキだけを食べ続けているわけではないと思うぞw

少し続けます^^


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

    120207_104451.jpg
宮島と天橋立から、観光大使の綺麗な女性がいらして観光PR。
お土産も入っているから持っていってね♪とパンフを手渡してくれました。
太っ腹。ご飯よそい放題だ

| 料理・食べ物 | 12:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

加湿器稼働係

  110222_155928-1.jpg  
昨日は久しぶりにみちのく杜の湖畔公園で開催される
「かまくらまつり」に行こうかと計画していたのですが
スズが金曜日の夕方から風邪気味。

熱がぐーんとあがったりということはなかったのですが
鼻声で辛そうな様子があったので
雪と戯れるのは無理だろうと家で様子見することにしました。

喉もつらいというので、
1階と2階の加湿器をガンガン稼働させよう! ということに。

とはいうものの、すぐ水を補給するのを忘れてしまう私
加湿器の稼働係にショマを任命しよう!と夫から提案がありました。

加湿器に水を入れるとけっこうな重量になりますし、
ショマにその役をお願いするのはかわいそうだよと私は反対したのですが
でも、お母さんが少し楽できるよという更なる夫の言葉。
 それは主婦にとって素敵な響き
すぐさま、ショマに加湿器稼働係をお願いすることとなりました。

 【現在、2階の布団敷き係にも任命されているショマです。】
 120205_001212-1.jpg
布団もとても丁寧に敷いてくれるので助かっています。
加湿器稼働係の仕事も覚えてくれれば楽に あ、いや、家がしっとりとなります。

まずは1階の加湿器で手順を覚えてもらって
次に2階の加湿器の水を補給して設置。

 120205_001227-1.jpg
やはり、容器が水の重量で重さが増すので
はめ込むのに少し苦戦していましたが、完了。

夫から事前にスズが風邪気味だから加湿してあげてと言われて
その言葉を胸に、
これが終わったらよくなるぞ と言いながら頑張るショマの姿に母の胸も温かくなる。

2階の加湿器の設置が終わって
すでに布団に入っていたスズに向かって

 早く元気になれよ

と声をかけていたので、
ああ本当に優しいお兄さんになったなぁとさらにほろり。

*******************
しかし、「元気になれよ」 じゃなくて 「元気になってね」でしょ と
布団の中から低くつぶやくスズ。
お前は! その上から目線は何じゃ!
お前はお兄ちゃんの優しさがわからんか! と風邪なのに叱られるスズでした


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      かまくらまつりは今日も断念したのですが、松島に行ってきました

| 自閉症関連 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メゴ ( ´∀`)人(´∀` ) バカ

夫と私はめごばかなので、
愛姫がとても可愛い顔をしているときに
お互いに、今めーちゃんが可愛い顔してる! と報告しあうことにしています。

IMG_4571-1.jpg 
実際に可愛い顔をしている瞬間を逃がして、
うっ。あまり可愛くない顔になってるかも…というときであっても、ええ、いいのです。
報告しあい、( ´∀`)人(´∀` )ホントニ カワイイヨネー と喜び合うことで
めーちゃんは私たちにとって可愛い孫娘っ子という共通認識が深まるというものです。

 【ある日の夕食後のくつろぎタイム】
 IMG_4822-1.jpg

IMG_4844-1.jpg 
IMG_4841-1.jpg 
イヤーン ( ´∀`)人(´∀` ) 可愛い顔で見てるぅ。ドキドキするぅ。と喜びあい。

【ちなみに】
IMG_4870-1.jpg 
IMG_4887-1.jpg 

【めーちゃんと呼ぶと、か細く「めー」と鳴く】
IMG_4637-1.jpg 
キイタキイタ? ( ´∀`)人(´∀` ) メーッ ダッテ!!!

というように、夫婦でかわいいめごかわいいめごかわいいめぇ…と言い続けているうちに
ふたりで日本語について考えてみたのです。
もう 「かわいい」 という日本語は、「かわめぇ」 に変遷してもいい頃じゃない? のかと。
ふ…。アホ夫婦。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      

| 猫関連 | 11:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼と福の神

今日は節分。
最近はお正月三が日を過ぎると、
すぐに恵方巻きの広告を見かけるようになってきましたね。
すっかり節分に行うこととして定着した感のある恵方巻き丸かじり。

【節分の日のケーキとオードブルは何にしようか?】
IMG_5314-1.jpg 
オイ
恵方巻きは定着してるけど、ケーキとオードブルは買わんぞ

スーパーに行くたびに、スズが持ち帰る恵方巻きとケーキのチラシがたまるこの頃。
毎年太巻きを作っていたけれど、
恵方巻きのチラシを見つめる子どものために、今年は予約して買うことにしました^^
これからお琴の稽古の後に食べると楽しみにしています。

IMG_5370.jpg 
茨城のおばあちゃんからは毎年、節分に合わせてピーナツが届きます。
IMG_5357-1.jpg 
茨城県、水川商店さんのピーナツ。
外にも撒ける殻つきの落花生のほかに柿の種や、
ココアピーナツ・いちごピーナツなどの変わり種も。
水川商店さんの黒砂糖ピーナツが私はお気に入りです^^

IMG_5374-1.jpg 
鬼の候補としては、私のほかに白いお母さんもおりますが、
それこそピーナツをぶつけたら殻ごと食べてしまうだろう…。

ショマも今日は学校から鬼の面を持ち帰ってきました。
鬼のお面がなかったのでありがたい。

  120203_153158.jpg
私も装着してみたのですが、鬼が小顔すぎて顎がはみ出る。
ショマは顔長族なもので、アゴ勇風鬼になってしまた。

そしてスズは鬼ではなく、学校で「福の神」の絵を描いたそうです。
「えびすさん」の顔をまずは徹底研究。
おにぎり型の顔に笑っている目が優しく下がっている。
ずきんと大きな耳も特徴的です、とクラス便りに書いてあります。
全体の様子がわかったら、一気に描き上げたとのこと。

【これで一年福を招く。ふぉっふぉっ。】
120203_153404-1.jpg 
金髪。ファンキーでカワユス


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんでも口に入れてはいけない

IMG_5111-1.jpg 
一緒にお琴の先生のところに行って届けてもらいたいものがある。

 IMG_5134-1.jpg
 一行の空白期間を経て任務完了w

届けてもらったのはスズのお琴の爪。
まだ新しいというのにボロボロになってしまって
先生のお宅に職人さんがいらっしゃるというので修繕してもらいました。

IMG_5389-2_20120202183601.jpg 
ミッフィーちゃんにつけてもらう風にしようと思ったのですが、足リングになってしまた…。

血のにじむような練習でボロボロになったのならカッコエエのですが
残念ながらそうではなく。
演奏中に爪が外れないようにするには、
少し指を舐めてから爪を嵌めるといいのですが、
付け心地を気にするスズはことあるごとに指を舐めて爪を付け直して
爪の付け根も噛むので
柔らかな皮の部分がボロボロになるというわけです。

母の爪の付け根は硬いエナメルです。
スズは硬いのは嫌だろうと思って皮にしたというに。
エナメルにすればよかったかな~とちょびっと後悔する母です。

後日、写真のように綺麗に修繕されて戻ってきて、
スズも

 今度からは大事に使うことにするよ

と言っていましたが。さあどうだか…。

幼いころからはずいぶん改善されたとはいえ、
なんでも噛んでしまうことが多くて。
鉛筆の外側などもボロボロです。

鉛筆は鉛が毒になるから絶対噛まない! と教えているけれど
勉強しながらつい外側を咥えてしまうようです。
鉛筆だけは根気よく教えていかなければ。

なんでもかんでも口には入れない!

もう一回言う!

お前のためにも!

なんでもかんでも口に入れない!

IMG_5177-1.jpg 
スズとともに 「わたし」 もだ!

※状況を説明しますと
 母が灯油を入れている間に、テーブルの上からチーズの袋が降りてきて
  チーズの神のご宣託のままにひと袋あけて食べてしまったという。

IMG_5381-1.jpg 
ウサギのンコみたいなほろりとしたンコを数日出し続けたコメちゃんです。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

IMG_5180-2.jpg 
帰宅したら灯油より先に、神に落とされる前にチーズを冷蔵庫に入れましょう。

| 犬関連 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |