2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

以前のこと~兄弟・6

スズのために次の一歩を踏み出せる。
固く胸に誓う決意はあるものの、
ますます動きが激しくなってきたショマとスズふたりを伴っての
外出は大変で、やはり毎日疲れていました。
家から保育所まで距離はわずかなのに、
その送迎がなぜこんなに大変なんだ…。

ショマとスズ両方向から行きたい方向へ
それぞれが私の腕を引っ張るので、
お母さん、やじろべえみたいになっているよと形容されたこともありました。
当時の私たち3人が連れだって歩く姿に対する
これ以上うまい形容はないと思います。

スズが少し成長し、ショマが保育所年長の頃の話です。
3人で買い物に行ったスーパーで、
スズがカートを前へと転がして見知らぬおじさんにぶつけてしまったことがありました。

やめなさいって言ったのにわざと転がしてぶつけた。
今までの外出でもスズが注意を聞かないことは何度もあったのに、
その日はイライライライライラ。
今日はよその人に怪我をさせてしまう危険だってあった。

怒っているおじさんに、私は何度も頭を下げたのに
幼児のスズは反省の色もない。
イラつきや、怒りがお腹の底から噴き出して体中に充満してくるのを感じ、
私は無言になっていました。

家に帰ったらスズを怒ってやろう。
どう怒ってやろうか。お母さんは怒っているということが伝わるように。
最初の一声は何にしようか。
頬を張ってやろうか。
―そんなことを思い、家までの道のりを無言で運転していた私は
とても恐ろしい顔をしていたと思います。

家に着き、
スズを車から引きずり降ろして、玄関前にまで服をつかんで引っ張っていき、
さっきの何! と声を荒げて、スズの体をこづいたときに
ショマが車から転げるようにして飛び出してきて、泣きながらスズに覆いかぶさりました。
私の剣幕に驚いて泣くスズと、
スズの小さな体に両手を広げて被さって泣くショマ。
何よ。何なのよ。どうしてそっちをかばうのよ。悪いのはスズなのに。

自分そのものが憤怒という感情の塊になってしまったような感覚。
怒りというものは本当にエネルギーを消費するもののようです。
ショマが止めに入ったことで、怒りの矛を収めるしかなくなり、
泣いている2人を抱えてよろよろと家の中へ入り、
感情にまかせてスズに怒りをぶつけて
自分の憂さを晴らそうとしていたことが情けなくなって
私も玄関の中で声をあげて泣きました。

このときのことはよく覚えていて、
あの玄関先でのショマの行動を思うと目頭がじわと熱くなります。
パニックなどの混乱に置かれての感情の爆発ではなく、
他者のためにショマが自分の思いを激しく表現したのはこの時が初めてだったからです。
その他者がスズでした。

スズに対しては、いまだに私も口うるさく注意してしまいますが
感情にまかせて自分のイラつきや怒りを激しくぶつけたのは
これが最後だと思います。(※あまり激しくないのはあるよ…オイ

このときのことをカウンセラーの先生に打ち明けたましたら、
先生が静かに怒っていらっしゃいまくして、それが恐ろしかったのと(笑)、
先生の指導と、スズとの毎日の中で、感情をぶつけるような叱り方は
まったく効果的ではないとわかったこともさることながら、
ちょっとしたことでスズを泣かせると、
強力な援軍の兄が現れて、泣く人数が増えて収拾がつなかなくなるからです。
弟を大泣きさせたらエラいことになるぞ、と。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

【お願い】
秋田県大仙市で猫白血病の治療のために輸血を必要としている猫さんがいるそうです。
お友達のみゃこさんのブログ(「しろさば!」)で知りました。
献血ということで猫の体の負担になることでもありますし、
自分たちができないのに、お願いを載せるのは心苦しいことですが、
たとえわずかでも多くの方に知っていただければ、
白血病の猫さんが助かる可能性も広がるかもしれないと思いました。
秋田県大仙市近郊で献血可能な猫さん、献血にご理解のあるご家族がいらっしゃいましたら、
いぬ・ねこネットワーク秋田さんまでご連絡お願いいたします。

| 自閉症関連~以前のこと | 15:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぷるるん☆きららん

私が今のスズよりもう少し小さいころ、
母が定期購読していた『今日の料理』のテキストを見るのが好きでした。

当時の家庭ではあまり見かけることがになかったような
ハイカラな料理(私…何時代の人間)が載っていて
どんな味がするんだろうと想像するのが楽しかった。
テキストを定期購読していた母の手によって、
それらの料理が再現されることは残念ながらなかったけれどもw

その中の数ページはお菓子作りの頁なのですが、
それを見るときのわくわく感といったらまた!
夏は氷菓などのさっぱりデザートの作り方が載るのですが
夏のテキストの定番といえばゼリーもそのひとつ。
ゼリーの中に、さらにダイスカットされたゼリーが入っていたり、
ゼリーが色とりどりの層になっていたり、
これはどうやって作るんだろうと不思議に思いながら
食べる宝石のような姿にどきどきしたものです。

そんなそんな子どもの頃の懐かしく楽しい思い出が蘇るようなゼリーが
ついについに我が家にやってきました。
DPP_0268-1_20120530045838.jpg 

福島県にある「ゼリーのイエ」さんのゼリー詰め合わせです^^
DPP_0261-1.jpg 
先週の金曜日から土曜日にかけて一泊で福島出張だった夫。
ゼリーのイエさんの近くに行くなら買ってきてほしいなぁぁとつぶやいたのを聞き逃さず
お土産に買ってきてくれました。

スズの運動会の最中に、ゼリー買ったよというメールを夫から受け取り
思わず、きゃーーー と返信してしまいました。(ハートはゼリーさんたちに向けて。)

DPP_0293-2.jpg 
DPP_0348-1.jpg DPP_0301-1.jpg
DPP_0340-1.jpg DPP_0355-1.jpg
DPP_0357-1.jpg 
はーーー

まずこの目で、このぷるるん☆きららんを見てうっとりしたいという夢があったんですけれど
(いつもネット販売には乗り遅れる)
夢が叶って、ずっとにこにこしてしまうくらい機嫌がよくなってしまいました。
そして、いただいてもモチロン美味しい!
ぷるんぷるんの弾力。でも硬いというわけではなく、
口に含むとむちっと跳ねかえってくるような舌触りが楽しいです。

食事のあと、1個を4等分して、すべての種類をみんなで食べられるようにしたのですが、
次は何の味かな~と予想しながら食べて大変盛り上がり、
最後のミルクゼリー(中はチョコレートムース)を食べた後は
この2日間のデザートタイムは本当に楽しかったよ としみじみと寂しくなったくらいです。
また出張で近くに行ったら買ってくれるという夫の言葉を信じて、
ゼリーさんたちとの再会を待ちたいと思います。
  
 きれいだけど、いただきます

きれいだけど食べちゃいましょうという
ショマのにこにこ顔から発せられる言葉が
まさにこのゼリーを楽しむにふさわしい感じがしました^^


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      ゼリー効果で2日間だけ優しかったと夫に言われる妻です。

| 料理・食べ物 | 05:56 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

よさこいをポカンとして見る

【よさこい鳴子】
DPP_0091-1_20120529114727.jpg 
自分で好きな色に塗りました。スズにしては珍しく渋めの配色。

DPP_0122-1_20120529115048.jpg 

       DPP_0158-1.jpg

【疲れた…(らしい)】
DPP_0173-1.jpg   

【退場~】
DPP_0176-2.jpg 
よさこいソーラン節、スズの踊りっぷりがどんなだったかというと
よく踊れていて、私はポカーンとしてしまいました。 

というのも、踊りはかなり苦手とするところではないかと思っていたので…。

運動会の数日前に衣装のすそ上げをお願いされました。
かっこよくしてね と言いながら衣装を渡してきたので、
踊れないのにコスプレっぽいことが好きなんだ…躍れたら楽しいだろうに と
思ったり、

よさこい早くやりたい と言うのも聞いて、
リズムをとるのは好きなのだろう、踊れないのに(←強固な思い込み) と
思ったりして、
せめて当日はリズムを取る楽しさだけでも感じてもらえたらと
そんな風に思っていたので、楽しそうに踊っているスズを見てポカーンでした。

私がポカンとしていた横で、
支援クラスで親しくしているお母さんが
立派に踊っているんだもの、感激したよ~と涙を流していてくれました。ありがとう

**********
運動会5年目にして、
この競技に早く出たいなど楽しみにしているのをはじめて見ました。
私は出来ないものとすっかり思い込んでいたけれど
リズムを鳴子で取るという得意な動きが入っていることに加えて
スズにしてみれば、みんなと同じように出来るぞという自信が
楽しみにつながつたのかもしれません。

ショマやスズのような子を育てていると、
何かができるようなペースはゆっくりでいいし、
必ずしもできなくてもいいんだよ~という気持ちをゆったりと持つことも大事と思うのですが、
「みんなと同じようにできる」ということもまた、
成長の上では自信につながることでもあるんだな~と、
その自信を認めてあげたいなと改めて気づいたよさこいソーランでのスズの踊りでした。

よさこいソーランは来年も踊るので
来年はポカンとせず、ちゃんと目に焼き付けたいと思います(笑)


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連 | 12:23 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

超息子弁当を持って

日ごろ、「倶楽部武」から「韓流部」へ
一部部員が流出して困っていると嘆いているわたくしですが、
実は………ごくり、K-popがけっこう好き。ポッ。
俳優じゃなくて音楽だからいいんだもん。…誰に言い訳してるんだろう。

気分が になるからいいわ~と漏らしていましたら、
みゆこさんのお嬢さんのうりこちゃんが、
韓国の人気グループ 「Super Junior」の
気分がアゲアゲになる楽曲セレクションを作って送ってくれました。
Super Junior の曲は聴いたことがなくて、
どこから聴けばいいかな~と迷っているところだったので大変助かりました^^

  【眠いあなたも目が覚める…はずセレクション】
  120527_062701.jpg 
Super Junior を聴きながら、気分を にして
ちらし寿司をで混ぜて、おいなりさんにで詰めて
仕上がったSuper Junior つまり、超息子、

 【超息子弁当】
 おおざっぱなおかずで恥ずかすぃ…
から揚げ・ポテト・卵焼きは絶対入れてね! というリクエストのもと
仕上がった超息子弁当をショマと2人で携えて

IMG_7206-1.jpg 
向かった先は

DPP_0005-1.jpg 
スズの運動会。
ショマスズふたりの運動会の日程が重ならなかった今年、
ショマもはじめてのスズの運動会観戦です。
いつもショマの運動会観戦担当で、ショマと同じくスズの運動会を観たことのない夫は
福島出張で今年も観戦できなかったのが残念でした。

ショマは、スズが1等になれるよう頑張って応援する! と張りきっていたけれど、
スズは走るのは苦手なので、1等プレッシャーはかけないでおくれみたいな。

【徒競走】
DPP_0032-2.jpg 
努力賞、それは一番遅くとも頑張りを認めるためにある名前なのである。
(あまり頑張っていなかった気もするけど)

【ドジョウすくい】
DPP_0186-1_20120527073522.jpg 
DPP_0196-1.jpg 
DPP_0206-1.jpg 
小学生4~6年の児童の希望者による自由参加のこの競技。
人気競技なだけに、ドジョウも大変だ…と毎年思うものです。

そして、
高学年になった生徒によるプログラムのひとつ、
スズはできるのかしら…と昨年の運動会のときから
母がひそかに心配し続けてきたもの。

 【よさこいソーラン節】
 DPP_0049-1_20120527075034.jpg
私たちの時代はせいぜいジェンカだったのに…と見るたび思う。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      続きます^^

    120526_110814.jpg
  頑張って応援してくれたので、近くのコンビニで途中アイス休憩♪

| 自閉症関連 | 07:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~兄弟・5

紹介を受けて、新たにスズを診てくれることになった先生は、
実際に診て思うところがあったのか、
早めに児童相談所に行ったほうがよいかもしれないねと言われました。

発達障害の子どもを2人育てている近所の友人のお母さんは、

 「2人目も…だよね~? こっちへおいでよ~。」

仲間だねという親しみを込めて話しかけてきます。
気の置けない間柄であることもあって

 「いや、そっちへは行かない。
  専門の先生からも発達障害じゃないって言われてるし!」

親しみを突っぱねるように友人の言葉に頑なに反論はしていたけれど、
スズの成長の様子を間近に見ている人には
やっぱり発達障害があるように見えるんだと思いました。

最も身近で見ている私が疑問を感じながらも、
普通の子を産みたかった、2人目もなんて認めたくないという気持ちから、
ひとりの専門家の言葉に一縷の希望を託していたところもありました。

認めたくはなかったけれど、私はもはや発達障害を知らない人間ではない。
ショマのときは知らないことからくる不安が大きかったけれど、
スズの場合は知っているからこそ、わかっているからこそ生じる疑問。
私の気持ちを優先させて、
発達障害じゃないと放置していたら取り返しがつかないかもしれない。
療育は早いほうがいいと知っているじゃないか。

発達相談所の門を叩き、
やはりスズにも発達障害があると告げられた時は、
ショックよりも疑問が氷解した、
文字通り心にずっと抱いてきた疑念が溶けていくとともに
2人目も発達障害の子は嫌だという気持ちも一緒に流されていくように感じました。

カウンセラーの先生がスズの状態を診ながら、
私たち家族が日常をどのように過ごすとよいのかを
微に入り細を穿ち導いてくれてこともあり、
私にしては珍しく前向きな気持ちになれました。
これで私の気持ちは切り離して、
スズのために次の一歩へ進める、そう思いました。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連~以前のこと | 20:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~兄弟・4

スズの場合は専門家の方でも意見が分かれるところで、
母親の私が対自閉症の子の育児しか知らないために、
弟のスズもその影響を受けている可能性があること、
発達障害ではないという指摘を、
当時ショマを診てくださっていた先生から受けました。

発達障害ではない子に対する接し方、育児も学びましょうと
母子カウンセラーの先生を紹介されました。

スズの行動は先天性のものから生じるのではなく、修正できる可能性もあるのか。
育児の不手際を指摘されたようで駄目な母親なんだなぁと自分に対する失望もあり、
でも障害でないならという安堵もあり、
だけれどもどうにも腑に落ちない部分も大きい。
実に複雑な心境でした。

スズが私とショマとの関係から影響を受けているとして、
目に見える形で発達障害の特徴まで現れるものなのだろうか。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      短くてすみません胃腸炎になってしまって体調不良でした。
      さっき卵粥を食べました。明日には全快だー! と思って左馬介を見たら
      思いきり風邪目でした。ここのところの温度変化がなー。
      皆様もご自愛くださいませ。

| 自閉症関連~以前のこと | 16:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日食による変化を観察

各地で金環日食が見られるという今日。すごい盛り上がりでしたね^^

仙台では部分日食なうえに、
日食グラスを入手しそびれてしまった私たち。
コンビニで見かけたときに買っておけばよかった

せめて、日食の日にしかできないことをと思い、
動物たちがいつもと違う行動を取るという噂でしたので
我が家の動物たちをしっかり観察することにしました!

DPP_0026.jpg 
部屋が暗くなってきました! 空を見上げる左馬介。
日食によって辺りが暗くなるという現象をしっかり体験したのもはじめてのような気がします。
なんとなく不穏な感じがして、昔の人が日食は不吉としてきたのがわかるような。

そして! そして!
DPP_0053-1_20120521105258.jpg 
薄暗いなか、カーテンレールの上を歩き回る左馬介。

DPP_0044-1.jpg 

これは日食に触発された行動なのですか?
DPP_0073-1.jpg 
                                             だよね~ヽ(´ー`)ノ

***********
そして! そして!
平日にまさかのめごばか更新 
気持ち的にはカリカリちょーだい♪と思われます。   
日食でも、めーちゃんの可愛らしさにはまるで変化なしです! ヨカッターーヽ(´ー`)ノ

※小梅とゴンちゃん、おっかぁにも変化なしでしたが、
 朝の部屋は散らかりすぎてて、低い位置にいる子たちの写真が撮れないのであります!


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
     日食グラスがない子どもは危険だから、
     学校には遅刻していったほうがいいかもとスズから提案が。そんなバカな。

| 猫関連 | 11:12 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弟に捧ぐ

   DPP_0095-1_20120520171432.jpg 
5月らしく新緑が目に眩しい一日、好天のもと運動会無事終了!

【徒競走の一等賞は弟に捧げます!】 
DPP_0113-1.jpg 
体調を持ち直したスズが見に来たことで、元気100倍。
スズから声援を受けての一等獲得。スズはショマに感心したよ~^^とにこにこしていました。
 
DPP_0209-1.jpg 
オリンピックイヤーらしい競技^^
2人一組でフラフープを運び、文字を完成させる競技です。

DPP_0071-1.jpg
卵の空パックを敷き詰めて。
車いすで上を通り過ぎたときに、音の変化や振動の違いを感じるための工夫のようです。
全てをご紹介できないのは残念ですが、
久しぶりに見た支援学校の運動会、楽しんで帰ってきました。
中学生活最後の運動会、みんなで楽しむことができてよい思い出になりました。

IMG_7153-1.jpg 
最後は全員でのフォークダンス。
最初は踊るの恥ずかしいともじもじしていたスズでしたが…、

IMG_7171-1.jpg 
いざ始まるとけっこうノリノリでありました(笑)

ショマが頑張ったからお昼はレストランにでも行ったらどうかな? とスズから提案が。

便乗犯…

      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      レストランはなしで、ショマに今年のお初メロンを買いました。

| 自閉症関連 | 17:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運動会前日

先日、ショマの学校でスギナと格闘してまいりました!
 120509_095451.jpg
正確には、ショマの学校の奉仕活動に参加して
学校の雑草を抜いてまいりました! です。

スギナを見ると、おのれ出おったな! とやっつける気持ちが湧いてはくるのですが
土中の根っこを見ると毎度のことながら戦意喪失。
学校のスギナの根が我が家の庭まで続いているといったって信じられる。

120509_101747.jpg 120509_102647.jpg 
120509_104708.jpg 120509_104733.jpg
小さなスミレの花やツツジが咲く様子を見たり、
なぜかピーマン(プラスチック)が置いてあるのを見たりしつつ、
自分に割り当てられた花壇の中の雑草を抜くこと小一時間。

 120509_101510.jpg
土中にはまだスギナの根がいっぱいと思うと敗北感がこみあげてくるものの
表面上はなんとか綺麗にすることができたのではないかと思います。

この奉仕活動、
 【今日、ショマの学校で運動会があるのよ~♪】
 120518_151236.jpg 
運動会前に、学校を綺麗に整えようという目的のもとで行われました。

【赤勝て、白勝てってね。今日は燃えるの!】 
  タオルは納言子さんから今冶のお土産です♪
昨年は震災があり運動会は中止でしたし、
スズが小学校に入学以来、運動会の日程がショマの学校と重なってしまい
私はショマの運動会を見にいくことができませんでした。
今年度は重ならなかったので、久しぶりの運動会観戦ですヽ(・∀・ )ノ

ショマは私が見にくることよりも
スズが応援に来てくれることをそれはそれは楽しみにしていて
弟のために1位を取りたいと先生にも教えていたようです。

頑張れショーちん!

というものの、スズが軽い発熱ありという体調不良で
昨日は学校を休んでおりました。
本当にスズは応援に来てくれるのかと一気に不安になってしまったショマ。
スズは明日は治るのか…とことあるごとに訊ねられて困ったよ…。

ここはひとつ、頑張れスズ! 体調不良吹き飛ばせ! と応援したいと思います。

 

      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      たぶん今日は大丈夫じゃないかなあと思うのだけど…。

| 自閉症関連 | 04:46 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~兄弟・3

出たとこ勝負とはいえ、自分にだって健常の子が生まれる可能性がある。
たくさんのたくさんの子どもが生まれているこの世界、
私たちのもとにやってくるのはそのうちのひとり。
確率でいったら、健常の子を授かる可能性だってまだ高いんだ。

妊娠当初は自分自身の体に対する期待もありました。
そして、生後一年目くらいまでに
スズは普通かも。普通なんじゃないの? といっそう期待が高まるのも感じました。

よく人の真似もするし、指差しがある。

マザーズホーム卒園後の話になります。
マザーズホーム卒園児と保護者で作る会、いわばOB会のような団体があり、
月一回程度の会合を開催し、情報交換を重ねています。

スズが1歳を迎えたくらいのころ、
ショマの保育所での保育時間も長くなってきて、
ようやくその会に参加することができました。
お茶を飲みながらの会合だったのですが、
急須で湯呑みにお茶を注いで差し出すという一連の動作の真似をスズが上手にして、
わー上手上手♪と周囲の皆さんをどっと沸かせたことがありました。

ショーちゃんのお母さん、弟ちゃんは心配いらないね^^ と
マザーズホームで同じ時間を過ごしたお母さんたちが
自分のことのように喜んでくれるのがありがたく、
何より、この発達障害について知識のある友人たちから
心配いらないと言ってもらえたことに
この子の発達については心配いらないかもしれないと
わずかに安心する気持ちも芽生えていました。

でも、でも…。
一年を過ぎたあたりから気にかかるところが増えてきました。
ショマほどでないにしても動きが激しいような気がする。
スズが最初にはっきりと口にした言葉は、
動きを押さえ付ける私に対しての 「助けて~~。」でした。
それも郵便局の中で。やめて誤解受けるから。
言葉を喋ってはいるけれど、
明確な最初の言葉が「ママ」でも「パパ」でもなく、
「助けて」というのは何かおかしくはないだろうか?

ショマには出ていなかった発達障害の特徴も現れていました。
つま先立ちで歩くのです。
スズが一人目の子どもで、ショマを育てていなかったら
気付かなかった特徴かもしれません。
マザーズホームで発達障害のいろいろな特徴を知り、
つま先立ちをするのは感覚統合ができていない可能性があるからだと知っていました。

つま先立ちで歩くからといって
必ずしも発達障害があるとは限らない。
成長段階の一時的なものかもしれない。
そう思うのに、背中に触れる洋服のタグを大泣きして嫌がる、
ショマより強い感覚過敏があるのではないかと薄々感じていました。

そして、
やはりこの子も目が合いにくいと感じる―。
向かいあったときに感じる、
とても近くにいるのに、近づきあっている感じがとうしてもしない、
このもやもやとした不安をすでに私は知っていました。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連~以前のこと | 18:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~兄弟・2

自閉症の子が家族にひとりいるのは大変な苦しみだと思っていたので、
また同じことを繰り返し、
ふたりになる可能性があるのは本当に恐ろしかった。

健常者として生まれてきたきょうだいだったとして、
その子の人生にショマの人生まで背負わせてしまうことにはならないか。
障害のあるきょうだいがいるのが負担だった、
自分は親に手をかけてもらえないと感じたなど
障害者をきょうだいに持つ方の話を本で目にすることもありました。

そうだよね。
障害者のきょうだいとして生きることだけがその人の人生じゃないもの。
負担はかけられないよね。
そう思うものの、それも親が元気でいられるうちの話。
自分がこの世を去るときに何か言葉を発することができるなら、
ショマをよろしくね、頼みますねときょうだいに託してしまうだろうとも思うのです。

*********
子どもは欲しいけれど障害のある子をまた生むのは怖い。
健常者として生まれてもその子に負担をかけそうで嫌だ。
これらのことを自分の悩みとして、
ろうあ者の姉がいる友人に伝えたことがありました。

彼女は私の煮え切らない態度にイライラしたのでしょう。
また障害者の姉がいる立場として伝えたいこともあったのでしょう。

 障害のある子どもがうまれるかどうかなんてまだ誰にもわからないし、
 私は姉を負担に思ったことはない。
 きょうだいの絆は親との絆より強いことだってある!

怒気を孕んだような強い口調で友人に言われ、
ねぇ障害のあるきょうだいがいるって嫌だったんじゃない? と
誘導するかのような話し方をした自分の態度を反省しました。

私は本当はせめてもう1人子どもが欲しくて欲しくて、
でも障害のある子が生まれたら怖いし、
もしそれが現実になったら自分が大変になるのがわかっていたから
子どもをあきらめるための理由として、
そして、あきらめたことを後になって悔やんだときの理由として
「悩んでいるならやめたほうがいいかもしれないね」という
実際に障害者のきょうだいがいる彼女の言質が欲しかったのだと思います。
こうして思い返してみると、ずるい、ひどい人間だと思う。
彼女とお姉さんが仲睦まじく暮らしているのも知っていたのに。 

きょうだいの絆は親との絆よりも強いことがある、
友人のこの言葉は逆に思いきって
もう1人子どもを生むにあたって自分の支えとなりました。
友人の言葉を生むための理由としたということは同じなのですが、
「理由」ではなく、生むという自らの決断の「後押しと支え」だったのだと思いたいです。

乱暴な言い方かもしれないけれど、
障害のある子が生まれるかどうかは誰にもわからない、出たとこ勝負。
その子にとって負担かどうかなんて生んだ後に考えよう。

その後、まもなくふたりめを授かり、次男のスズが生まれました。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連~以前のこと | 05:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~兄弟・1

次男のスズの名前をつけるとき、
私たち夫婦はショマも発音できる音であることを前提に考えました。

字画や漢字の持つ意味よりまず音。
将来、弟に対してショマがどのような反応を示すのかはわからない。
でも名前くらいは呼べるようになってほしい。

スズが生まれたときに3歳半ほどだったショマが
発音できる音は限られていて、
コマーシャルの中の言葉や歌だけを
なんとかそれらしく真似て、かすかに口にすることができました。

*********
きょうだいの出産、そして名付けの前の段階で
夫婦で決めなければならないことがありました。

根本的な事柄、ショマのほかにもう1人か2人、
子どもを設けていいのかどうかということ。

結婚したばかりの頃は、家族は多いほうが賑やかで楽しいから、
たくさん子どもが欲しいねと話していた私たち夫婦。
でもショマの障害がわかったことで、
すぐにでもきょうだいが欲しいという意気込みに似た気持ちはしぼみ、
きょうだいの問題についてなかなか答えが出ませんでした。

ただでさえ手のかかる子ども。
ショマ一人に目をかけてじっくりと向き合うべきか、
いや、きょうだいがいれば刺激が与えられ、
新たな成長が期待できるのではないか…。
いやいや、そもそもショマに刺激を与える目的のために
命を生み出すというのが違うような…などなど考えるとキリがなくなってくるんです。
そもそも人ってなんのために子ども産むんだべ…のような
壮大なテーマに行き着きそうなくらい悩みがぐるぐるまわって終わることがない。

ショマの今後についても頭にはありましたが、
悩みは様々なところを巡るような気がしていても、
結局、私が一番恐れて、気にかかっていたのは
『また自閉症の子が生まれたらどうしよう』、だったのです。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連~以前のこと | 16:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謙遜しない親子

 カリカリ待ち
 DPP_0128-1_20120512171249.jpg

DPP_0122-1.jpg 
カリカリ待ちシンクロ
DPP_0120-1.jpg 

DPP_0134-1.jpg 
カリカリのことはちょっと忘れて
DPP_0147-1.jpg 
スズに可愛がられるねこきょうだい。

連休前に家庭訪問で
スズの担任の先生が我が家にいらっしゃいました。

昨年も動物の紹介に時間を費やしたような気がしているのですが
今年も訪問時間の半分くらいは動物紹介だったような

スズ日記に毎日登場する左馬介。
可愛いお顔しているのね~♪と先生に言っていただけて大満足のスズ。

 可愛いでしょう

とすかさずスズが返し、

 ええ、きょうだい2匹とも可愛い顔しているんですよ~

私が畳みかけると。
ねこきょうだいの愛らしさに親子ともども謙遜知らず。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 猫関連 | 17:53 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

It's Show Time

DPP_0028-1.jpg 

        DPP_0061-1_20120510171129.jpg

今日は小梅のショータイムにようこそ。
DPP_0053-1_20120510171223.jpg 

DPP_0035-1.jpg 

   IMG_7017-1.jpg  

DPP_0098-1.jpg 
スリッパ見せびらかしまShow  & スリッパかじりまShow の後に…

120508_100022.jpg 120508_111550-1.jpg  
DPP_0069-1.jpg 
***********
連休後半に、仙台の親戚の不幸があり、
青森から父と母がやってきました。
私たちが仙台に越してきて以来、
お世話になった親戚のおじいちゃんでしたので、
大往生といってよいお年であったとは思うのですが、やはり寂しい気持ちがいたします。

父母も長めの滞在となり、
不幸があったというのに喜んでいいものかとは思うけれど
ショマもスズもおばあちゃんに甘えることができて嬉しそうにしていました。

さて、小梅のショーの続きは
多少生々しい感じになっておりますので、続きを読むで^^


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

≫ Read More

| 犬関連 | 17:56 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~脱走・3

ショマと離れたい。
危険がわからないならいっそ手を離せば私は楽になる。
可愛い、守りたいという気持ちを注いでもはね返ってくることもない。
私とショマをつないでいるものは 『私は親である』 という責任の重みだけ。

こちらから一方的に結んだ糸なのだから、
糸をたわませて、場合によっては切ってしまうことだって簡単なんだ。
どうにもならないところまできたら、
糸をぱつりと切ってしまえばいい。
この生活の主導権を握っているのは私だ。

主導権を握っているのは私…のはずだったのに、
ショマはいとも簡単に躊躇なく私からすり抜けていってしまった。

そして見つけてくださった男性と代わって
私がぎゅうぎゅうと抱いているのに、やはり身をよじり続けるショマ。
その態度にいっそうの失望を覚えてもよいはずなのに、
湧き上がってくるのは無事に見つかったという安堵感でした。

手を離したって楽にはならない。
たった2年と半年の間でも一緒に暮らしてきたこの子を失うことのほうが
この先きっと何十倍もつらいんだ。

*****************
今でも、この脱走の目的は何だったのだろうと考えるのですが、
目指していた場所はやはりスーパーだったのだろうと思います。

あのスーパーに行けば、イチゴ、林檎、大根、ピーマンに会える。
大好きな果物や野菜、ただそれだけを思い浮かべて道を進んでいったのでしょうか。
母親といるよりも果物と野菜。
私は青果に負けた母親。

けれど、ショマが物には名前があるとつかみ始めたとっかかりになったのは
恐らく青果の存在があったからで、
私も今や大根やイチゴに感謝しています。

そして今なら大根に対する思いよりは
母への思いが上回っているかなと多少の自信があります。
イチゴはちょと怪しい。ショマはイチゴが好きすぎる(笑)


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連~以前のこと | 14:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~脱走・2

公園に行った? のか…?

いや、これまでの様子から考えても
ショマが家から飛び出してまで公園で遊びたがっているとは到底思えない。

ただ闇雲に探してもだめだ。
目的を、そこに行きたいとショマが強く思う場所の見当をつけなければ。

思い当たるのは鳩のマークのスーパー、ヨークベニマル!
食材盛りだくさんだもの!

携帯電話で夫には反対方向を車で探すように、
そして、ひと周りして見つけることができなかったら警察に届けるよう頼みました。

走って。走って。
ヨークベニマルに行くには、大きい道路を横断しなければならない。
あそこまで辿り着いていたらもうオシマイだ…。
考えたくないような恐ろしい光景が頭をよぎります。

そして、大きな道路へとつながる階段を下りたときに、
見ず知らずの中年の男性がショマを抱きかかえているのが見えました。
抱きかかえるというよりは、押さえつけているのが…。
ショマは男性の腕の中で、体をよじって暴れていました。
傍らには、ショマをなだめるように中年の女性が付き添っていました。

 「ウチの子です!」

それだけ言うのが精一杯で、
男性からショマを奪うようにして抱いてしまいました。

男性と女性はご夫婦とのことでした。
たまたまご実家に遊びに来ていたときに、
裸足でパジャマを着た子がふらふらと歩きまわっているので
これはおかしいなと思って、保護してくださったのだそうです。

状況を私に説明してくださっているのに、
また、保護してくださったのに
確実にショマは質問に答えるでもなし、そして大暴れをするという状態で
面食らってしまっただろうご夫婦に、
ろくに返事もお礼もすることもできず、ただ涙だけがだらだらと流れてきました。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連~以前のこと | 09:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以前のこと~脱走・1

ショマと離れてひとりになりたいという
欲望がどんどん強くなってきたころ、
本当に私たち夫婦は家に置いていかれてしまいました。

ショマ、家から脱走。

土曜日の早朝でした。
ひどいアレルギー症状が出ていた竜太のシャンプーをしようと
準備を進め、さあお風呂だというときに
ショマが起きてきてしまったのです。

あちゃー。

寝ぼけまなこの夫を無理やり起こし、
ショマを見ていてくれるようお願いしました。
シャンプーの所要時間は45分くらい。

竜太とともに風呂から出てくると、
夫がソファの上ですやすやと気持ちよさそうに眠っています。

開け放たれたサッシ。
風に揺れるカーテン。

あ、あ、あ…ショマがいない。
リビングのどこにもいない。いないぃぃぃ。

**************
夫とて週末にようやくやってきた休日。
疲れていたのでしょう。
でも一体何をしているの。
そして私も目を離してしまった。油断してた。

夫を叩き起こし、
私はサンダルをつっかけて外に飛び出し、
自分が出しうる力を出しきって近所を走り回ってショマを探しました。
このとき、スズがお腹にいたのですが、
赤ちゃんはあきらめなければいけないかもと
一瞬覚悟を決めたくらいに全速で走ったと思います。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連~以前のこと | 14:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワイルドだろ~をたくさん聞くお休み

テレビをつけてその音を聞きつつ、
パソコンに向かって仕事をしていました。
この連休中に

【ワイルドだぜぇ】
120501_104040_03.jpg 

【ワイルドだろ~】
120501_121256_01.jpg 
という、スギちゃんの声をなんぼ聞いたかわかりません。
お忙しいのねスギちゃん。
スギちゃんの可愛い声を聞きすぎて
気がつけばワイルドだろ~と心でつぶやく自分がいます。
※写真はワイルドにはなんの関係もないぜぃ。

昨日の午後にようやく、
ショマスズたちを少し遠くのショッピングモールに連れていくことができました。
でも、今年はこれくらいのお出かけしかできないような気がして申し訳ないな~と思います。
PTAの書類作りもまだ残っていて
このまま、出来ませんでした! と爽やかに会議当日の朝を迎えてしまうのでは…
いや、そんなワイルドは許されないわけで。ワタス頑張る!

*******************
私が内職をしている間、
夫がショマスズたちをコンビニなどに気分転換のために連れ出してくれ助かっています。
そのときに、普段できないような話をスズと夫とですることもあるようで
スズは、ショマが心配なので
将来は自分が引き取ろうと思っていると夫に打ち明けたようです。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚スズよ。

小さいながらも
お兄ちゃんのことを心配していろいろ考えているのだなぁと思いました。
どちらかというと、私も夫もスズの将来を心配しているのだけど^^;

パパもお母さんも長生きできるようにするから
まだ将来のことは心配しなくても大丈夫よと夫からスズに教えてくれたそうです。

今はとにかく頑張って勉強するように! とも言い添えられた模様。
スズ、余計なこと言ってしまったと思っただろうな…。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

                          めご、ここから飛ぶから!
120501_102903_01.jpg 120501_103058_04.jpg
めごちゃん、ワイルドだぜ~。

| 自閉症関連 | 14:27 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |