2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

素敵レギンス

DPP_0090.jpg 

DPP_0096.jpg 
(*´ェ`*)ポッ
自分で文字入れしておいて、思わず照れてしまった。美少年の問いかけに(笑)

130126_005519_02.jpg 
先日の兄さん近況報告の後、
ついに兄さん、お布団に入ってきてくれました!
滞在時間2秒くらいでしたけど
その後、小梅と一緒にしばらく添い寝してくれまして、おばちゃん感激

兄さんが環境と人にどんどん慣れてきているぶん、
まだ慣れてきたとはいえないミルクがかわいそうにも思えるのですが
人がいないときには、家の中を探索しているのではないかなと思います。
帰宅するとソファに座っていることがあって、
目が合うとはっっっとされます。
こちらとしては、おくつろぎのところ帰ってきてすみませんでしたみたいな(笑)
かなり緊張してしまうようですが、
体も撫でさせてくれ、差し出した手をなめてくれたりもするので
ゆっくりでも人間との距離も必ず縮まると思っています。

今でも一番リラックスできるのは兄さんといるとき。
DPP_0086_20130129175414.jpg 
兄さんとなにやら揉めながらも
DPP_0088_20130129175427.jpg 
喉をぐーぐー鳴らしながら大変喜んでいるようですので、この子は美少年のMです。

DPP_0131.jpg 
DPP_0123.jpg 
父さんかも、弟さんかもしれないけどな。
DPP_0118_20130129175752.jpg 
私たちが 「旧茶トラの巣」 と呼んでいる我が家の周辺の空き家やアパートで
いつも兄さんの後を追いかけて
秋の日差しが落ちる落ち葉の上でふたり寄り添って眠っていたっけね。
空き家を通りかかるたびにそのことを思い出してしんみり

…しているばかりと思ったら大間違いだっ!
今日は皆さんにミルクの体の秘密を見ていただきましょう。
DPP_0026_20130129181203.jpg 
そもそも君は、
DPP_0039.jpg 
茶トラなのか
DPP_0037_20130129175317.jpg 
まだらーなのかはっきりしないところがあるが
DPP_0076.jpg 
DPP_0126.jpg 
肉球までも、ピンクなんだか茶色なんだかはっきりしないじゃないか。

そしてな、ミルクが歩くたびに
人間のおじさんとおばさんが笑っているのはなぜだと思う?
DPP_0013_20130129175342.jpg 
DPP_0078.jpg 
美少年の顔に、その素敵レギンスを履いているからだぞ。
一部、兄さんと同じ模様を施しているところに勝手に兄弟愛を感じている私たちです。

**********
DPP_0228_20130129181940.jpg 
ちなみに、くつろいでいるときの兄さんの美脚のおかしさも捨てがたいものがあります。

| 兄さん・ミルク | 18:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

箱入り娘と仲良くなりたい。

DSCF8206.jpg 
うちの愛姫は箱入りで育ったもので
DPP_0230.jpg 
同じ箱の中で育った左馬介以外は苦手なようです。

DPP_0297_20130125124234.jpg 
それでも、まったく関心がないというわけではなく
後ろからそーっっと近づいて偵察。
DPP_0301.jpg 
相手が気づいたらだな、シャーーーッといってやればいいのです。
ミルクはとんだとばっちりです

偵察してシャーーーの動画です。
[広告] VPS


DPP_0408.jpg 
DPP_0340.jpg 
しかし、兄さんだけでなくミルク含め、この茶トラ兄弟、
他猫に対して大変フレンドリーなのではないかと思います。
シャーされても無邪気に遊びに誘う。
この「押していけ」の姿勢は頑なな愛姫の心をも次第に溶かして

DPP_0376.jpg 
…いくのは、ちいと時間がかかりそうです
今朝も愛姫の入っている箱に一緒に入ろうとした兄さん、シャーーーされておりました。

********
DPP_0196.jpg 
この際、
DPP_0159_20130125125820.jpg 
娘ではなく、母さんでもよいではないか。
でも、母さん、武芸道場主だしな~。うまくいかないものです

| 兄さん・ミルク | 13:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キミとチュウ

茶トラ兄弟の話題を^^ まずは兄さんから。

兄さん、家の中での生活に慣れ、
茶トラの巣を拠点としながらも活動範囲がかなり広がりました。
DPP_0032.jpg 
思いがけないところにいたりして…。
DPP_0264.jpg 
抱っこもOK。お腹の毛をモフモフさせてくれたり、爪きりや耳掃除もさせてくれます。

DPP_0145.jpg  
うちのおっかぁが闘い好きで、だんだんと武芸道場の主のようになっているのですが
DPP_0277.jpg 
通りすがりにおっかぁにポカッと叩かれながらも
応戦したりせず、おっかぁパンチをうまく受け流しているようです。そう思いたい。

最近見ていて思うのは、兄さんは愛姫と仲良くなりたいのでは? ということ。
DPP_0015_20130123052634.jpg 
DPP_0017_20130123052616.jpg 
1階にいるときは愛姫のそばに行きたがっているように思えます。
スズのランドセルに座って下から愛姫を見つめる兄さんです。

DPP_0004.jpg 
DPP_0006_20130123054944.jpg 
DPP_0009_20130123055011.jpg 
そして…チュウ。はじめてのチュウ。キミとチュウ。
DPP_0010_20130123055058.jpg 
チュウ写真は昨年の12月初旬のもの。けっこう前ですね^^;

このまま、フタリの距離は急速に縮まり…だとよかったのですが
猫の世界、人間が思うようにはなかなかいかないようです。
写真が多くなってしまったので、兄さん編2回に分けます^^

| 兄さん・ミルク | 05:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動物写真館

先日、映画を見に行った帰りに
あれ、使いまわし? 
修理の終わったカメラを受け取りに行きました。

少しお金を貯めて、今よりちょっとだけよいカメラにしようかな、
それとも使い勝手のよさそうなミラーレスにしようかな、など迷ってもいたけれど
一向にたまる気配もないようです。アアンッ。
 
修理が終わって、以前のように近い距離からでも撮影できるようになりひと安心。

【近い距離から艶やかリップと鼻】
DPP_0379.jpg 

【猫ニキビが出来て不機嫌なお嬢さん】
DPP_0311.jpg 

【場所を譲れとプレッシャーをかける黒いたぬき】
DPP_0252.jpg 

【混みあってます。】
DPP_0359.jpg 

【茶トラの巣住人】
DPP_0110_20130119161842.jpg 
DPP_0407.jpg 

【わが家一番の美形と夫婦の間でだけ名高い左馬介】
DPP_0147.jpg 
でも写真に撮るとそうは見えないんだよな。ブツブツ。独り言です。

【ダサい毛布と私】
DPP_0241.jpg 

【宝物と私】
DPP_0465.jpg 

【愛欲の館】
DPP_0182.jpg 
DPP_0154_20130119163325.jpg 
カメラが直っても、撮る内容には変化ナシでありますっ (`・ω・´)ゞ

| 犬関連 | 16:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入学者選考を終えて

「ほっぺの皮が剥けてるから、化粧水つけよう。」 という私の言葉に、
「化けの皮ですか」 とショマが返してきて、
思わずふいてしまったのが一昨日の朝。

剥がれるような化けの皮をかぶっているとは思えないショマですが、
いつもより緊張の面持ちで、面接に臨みました。

細かに質疑応答の内容を記すのは差し障りがあると思うので、これだけ。
好きなことは何ですかの問いにショマが答えるまで、ずいぶん間があったので
母さんドキドキ。

「お試しか! です

とか、

「黄金伝説です

と答えるのではないかと…。
それも本当のことなのでいいのですが(笑)
しばらく考えて学校生活に関係のある内容で答えてくれました。ホッ。

長いセンテンスの質問になると
やはり ??? になるようで、質問の内容に答えが合っていないこともありました。
私もなんとなく通じているだろうと家でやりとりしてしまうのですが
実際には通じておらず、
ショマがこちらの言葉を受け流していることもあるのだろうなと
普段の生活についても考えさせられました。

それでもなんとか終えることができ、
本人も24日の合格発表を楽しみにしているようです。

********
11時半には入学者選考を終えることができたので
てくてくと駐車場まで歩き、お楽しみのランチへ。
IMG_8837.jpg 
本人は朝にカフェに行きたいような乙女らしいことを言っていたのですが、

緊張がとけて、お腹ぺこぺこの母の「ほかは考えられない今日の一択」、
IMG_8848.jpg 
焼肉。

食べ盛りと思うのか
「今日試験だったのね~がんばったね~」と店員さんが優しく声をかけながら
大盛りライスや冷麺やチゲ鍋を全部ショマに差し出してくれるのですが、
それは全て年中食べ盛りのわたくしのものです。

入学者選考のことをふたりで振り返りながら楽しい昼食になりました。
カフェ希望だったショマは最後にデザート。

家に帰って、化けの皮の薄い正直者のショマさん、
スズに 「お母さんと焼肉に行った」 とそれはもう正直に伝えてくれて
スズを涙目にさせておりました。
なだめるのにひと仕事よ。

| 自閉症関連 | 18:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

将来の夢に向けて

昨年末、ショマは職業体験を行いました。
いろいろな仕事を体験しながら、
働くときに大切なことを考える(見つける)ことが学習のねらいのようです。

2学期最後の参観日にこの学習の様子を見てきました。
体験学習は窓ふきやパソコン作業などいくつかの項目に分かれていて
私が見学したのは、タオルたたみと、喫茶店の店員に挑戦というもの。

タオルたたみでは指示通りにタオルをたたみ、
ひと通りの作業を終えるたびごとに、「終わりました。」の報告をして、
次の作業に移るということができていたので、
報告の大切さという事前学習の成果も出ていたかなと思います^^

喫茶店の店員さんになってみる、では、
教室を喫茶店にして、私たち保護者が客になりきり
美味しいコーヒーをいただいてきました。
IMG_7465.jpg 
不慣れな手つきながらも、コーヒーをカップに注ぎ、
IMG_7470.jpg 
出す向きや、お客への声かけにも注意して運んできてくれました。
IMG_7474.jpg 
ドライマンゴーの入ったチョコレートが添えられています。
ショマにコーヒーを入れてもらうのははじめての経験で、
お客というより母親として一連の作業を見てしまうので
なんとなく照れくさくもありましたが、嬉しいものでした^^

ただ、ショマ店員の、「お母さんは美味しいと言ってくれるのか!?」という
期待と不安に満ちた視線に射抜かれながら座っていましたので
この店員さん、客を見つめすぎ…と思いました(笑)

こうした作業学習の一環として、
子どもたちに将来の夢を先生たちが尋ねていたのでしょう。
みんなの将来の夢が写真付きで廊下に張り出されていました。
料理人、保育士さんなどなどがあり、
男の子では 『嵐』 もあり、ほほえましく思っていたのですが
わが子の将来の夢を見て愕然。


IMG_7480.jpg 
ショーちん。アンタ、どこのポジションに入ろうっていうのよ…。

*******
さてさて、このグループに入れるかどうかは未知数すぎますが、
明日、ショマは高等部の入学者選考に臨みます。
たぶん身体測定など諸々の検査があり、
その後に私も同伴で面接になります。

面接の練習も学校でしているのですが
答えるときの語尾が「~かなぁ。」のようになるので
はっきりと「~です。」と答えるよう指導をいただいたようです。
緊張するとショマは質問に対してオウム返しになるので
私としてはそこが心配なのですが^^; 
当日、その場面にならないと事の成り行きはなんともいえませんにゃ。

今日は高等部の先輩お母さんと電話でお話する機会があって
「頑張ってきてね!」と応援もいただいて、私も緊張してきました。
ちゃんとしたお母さんに見えるようにワンピースを買ったと伝えると
そこ!? と笑われてしまいましたが…。
この学校で今まで培ってきたこと、同じ場所で将来を考えていきたいこと、
親としてこの学校に在籍させていただきたいという気持ちを
素直に伝えられたらと思います。

終わったら、ショマと2人でお疲れ様ランチをする予定です。
がんばってきまーす^^ヾ

| 自閉症関連 | 17:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここも私の別荘

DPP_0012_20130115140234.jpg 
DPP_0009_20130115140200.jpg 
私の雪かき素敵 

いや、ウットリしている場合じゃない。 
あいつとの年末の約束を早くも果たすときがきたようだ。
DPP_0006_20130115140652.jpg 

DPP_0035_20130115141236.jpg 
DPP_0015_20130115162310.jpg
去年より大きな別荘を作るという約束をな!
去年より高さを出し、開口部を広く設け、漢字も使ってみました。

去年の記事に飛んだら、別荘の広告がたくさんついていて
申し訳ない気持ちになりましたそれはそうと、さあ! 入ってくれたまえ!
DPP_0013.jpg 
ああっ
DPP_0017_20130115161001.jpg 
DPP_0017_20130115161039.jpg 
表札か。名前がなかったから表札を作っているのだね

DPP_0018_20130115161150.jpg 
ああっ
DPP_0019_20130115161223.jpg 
井戸を。別荘を訪ねてきてくれたお客様に珈琲を出すために井戸を掘っているのだね

*******
DPP_0030_20130115161028.jpg 
本当のところは、こんなところだろうよ…。

一夜明けて
DPP_0113.jpg 
別荘に客がやってきた。
DPP_0118.jpg 
表札を書き換えておりました

       ~本宅にて~
       130115_101415_01.jpg  
130115_103912.jpg 130115_105052.jpg
寒い日はドラマを見ながら寝るにかぎるそうです。

| 犬関連 | 16:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃さんのしあわせ

DPP_0569.jpg 
先週、『桃(タオ)さんのしあわせ』 という映画を見に行きました。

映画プロデューサーのロジャーと
ロジャーの属する梁家に代々仕える家政婦の桃さんとの物語。
ある日、桃さんは脳梗塞に倒れ、介護付き老人ホームへ。
梁家の人々はロジャーを残し、米国へ移住しているため、
ロジャーが仕事の合間に老人ホームに住まう桃さんを訪ねる日々。 

その日々を淡々と静かに描いた映画でした。
ホームの中の人間模様、ホームに入居する老親とその子らの事情、
こういった事情を描くときに多少の起伏はあるのですが、
ロジャーと桃さんの心の触れ合いが映画の軸で、
淡々と物語が進み、静かに終幕を迎えました。

ロジャーと桃さんのやりとりが温かい。
これは家政婦と雇用主という距離感があってのこととも思えるのだけれど
身寄りのない桃さん、
60年も仕えてきたのだから、そこまで控えめでなくっても…というくらい
家政婦としての分を保って、
ロジャーもその人となりを尊重してこその関係なのかもしれません。

ロジャーの職業が映画プロデューサーなので
サモ・ハン・キンポーやツイ・ハークなどなど、多くの方が映画人として
出演されており、おおっ! こんなところでという驚きもある映画でした。
主役のアンディ・ラウといえば香港映画界の大スター、
かっこいいアンディ・ラウがあたりまえという印象があるのですが、
この映画では柔らかな優しさをまとっていたように思います。
スターといえど老いていくのだな…という感慨のようなものもあって
ちょっと寂しい気持ちもするのだけれど…。

実話をもとにした話であり、製作・原作のロジャー・リーの体験をもとにしています。
ロジャー・リーは『レッド・クリフ』の財務管理を担当した方、と武情報を挟んでみる。
TKCよ、カメオ出演してもいいのだぞ…と思いましたが、どこにもおりませんでした

私も今年には40代に突入するので、(気持ちは若いんだけどねっ
そろそろ親の今後についてどうするかという話がいつ出てきてもおかしくありません。
母K子も昨年より心臓の調子が悪くて、何度か発作を起こしているので
おいでよ~と気軽にいえる感じでもなくなってきました。
身近な人の老いにどう向き合っていくのか、
その人の家庭の事情、親子の関係、様々な要因で変わってくるものと思いますが
いつか来るその日、を考えさせられる映画だったと思います。

でもね、でもね、K子ちゃん、三越には日帰りでまだ来るんですよ~。
三越の吸引力たるやすごいわ~。この話、映画とは関係ないよね~

| 趣味・嗜好・TKC | 12:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年の動物園

年明けに動物園に行ってきました。
大好きな動物園、はりきっていきましょう! と言いたいところ。
しかし、寒いのであった

IMG_8494.jpg 
お出迎えしてくれた蛇男さんにも雪うっすら巻き付く。

IMG_8501.jpg 
通路をのぼりきれば、そこにはカバがいるはずなのだけれど…
IMG_8505.jpg 
サバンナ風、でも雪景色が広がっているだけなのであった。
今日は日が悪かったかなぁ…と思ったのですが、
IMG_8527.jpg 
ようやく象を見ることができました♪ 
でも、体表面積が大きいうえに、薄着?なので 象さん寒そうで…
 
冷える冷えると言いながら順路を進んでいくと
売店のおばさま達から無料でコーヒーとココアのプレゼントがありました。
温まっていって! のひと言とともに差し出されるコーヒーにひと心地

スズの、とても優しいサービスですね の言葉に
あら~~と湧くおばさま達。
うんうん、感謝の気持ちを伝えてくれて母も嬉しく思うよ。

IMG_8553.jpg 
ここ数年の動物園訪問で、活動しているところをなかなか見られないライオン夫妻。
この日もすやすやと眠っておりました

IMG_8564.jpg 
そして、久しぶりのスマトラトラのバユとケアヒ。 
IMG_8576.jpg 
こちらは雄のケアヒ。
相性がとてもよいというバユとケアヒには、昨年赤ちゃんが生まれましたが、
3頭のうち1頭は死産、残りの2頭も亡くなってしまいました。
IMG_8571.jpg 
ケアヒ、お父さんになったんだと胸躍るニュースでしたので
残念ではありますが、
スズにつられて見るうちにすっかりケアヒファンになった私、
機会あらばケアヒに会いに行き、末永く応援したいと思います。

この日もスズとケアヒの様子をしばらく一緒に眺めていました。
そんなにトラが好きなら、トラと少年が漂流する映画(ライフ・オブ・パイ)を
お母さんと一緒に見にいこうよ! とスズを誘ったのですが、
行かないよ とあっさり断られてしまいました。
なぜなんだ、ちびちゃん…。

IMG_8594.jpg 
白くて四つ足なら、この子たちにはみな小梅なのでしょうか。
IMG_8617.jpg 
こんなに近距離で見たのはじめてかも。
IMG_8605.jpg 
肉球ぷにぷに~なんていうレベルの大きさじゃないぞ。
アクリル板で隔てているとはいえ、見ているほうもちょっと緊張~。

しかし、直接対決のときがやってきた!
IMG_8590.jpg 

IMG_8584.jpg 
毎度、このコーナーでスズとホッキョクグマの相撲を見ることになるのですが
クマ関がぴくりとも動いたのをいまで見たことがありません。

IMG_8496.jpg 
ウサギを見ると、ついついマモちゃんに似た子に目がいきます。
マモちゃんはほんとに可愛いウサギだったねぃと夫としんみり。

昨年、スズが学習発表会後、発表をがんばったご褒美的な活動として
支援学級で八木山動物園に行きました。
ウサギのえさやり体験時に、
「○○小学校の○○学級の皆さん、学習発表会頑張りましたね。」と
飼育員の方に声をかけられたそうです。

飼育員の方は、別の学年のお子様のお父様でいらして、
学習発表会での支援学級の劇を見てくださっていたとのこと、
子どもたちに、おじさんからということで餌をプレゼントしてくれたそうです。

支援学級の先生にとってもサプライズな出来事だったようで、
もちろん私も、どこのどなたか存じませんが
わざわざ声をかけてくださったこと、ありがたい気持ちがしました。
この動物園に、どこのどなたか存じないけれど、
その飼育員の方がいらっしゃるんだと思いながら歩く日でした。
しかし、お父さんが動物園の飼育員。うらやましいことこのうえなし。

爬虫類館では今年の主役へびを見て、
外では見られず、心残りだったカバ舎に立ち寄りました。
IMG_8677.jpg 
IMG_8675.jpg 
これは外に出たくない気持ちがわかるわ(笑)

************
IMG_8697 (2) 
帰りは竹駒神社で初詣。
IMG_8724.jpg 
ショマスズは大吉。私は中吉。夫は…なんだったけかな
よい一年になりますように

| 自閉症関連 | 18:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

書き初め

IMG_8782.jpg 
スズの冬休みの宿題、書き初め。

新年らしく、堂々たる字で書いておくれ!とそばで母は応援するけれど
IMG_8764.jpg
ちっちゃ

IMG_8771.jpg  
IMG_8768.jpg 
もっと大きく書こうよ! まず見本を写してみようよ! などと、
応援のつもりでそばにいたのが、ついつい口うるさくなってしまって、
書き終えるころにはスズの顔に疲労の色。

********
IMG_8736.jpg 
兄さん、ちょっとお邪魔しますよ。

IMG_8823.jpg 
しかし、失敗半紙にウン10年ぶりに自ら書いてみて思うのだ。

IMG_8821.jpg 
私に習字の指導は無理だ…。

| 自閉症関連 | 06:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます。

正月三が日も過ぎ、
夫の仕事も始まり正月気分でもいられない…というところで、
あけましておめでとうございます。遅いわ。

大晦日の昼に夫作の年越しそばを食べ、
夜は紅白歌合戦を見て、新年を迎えました。
IMG_8267.jpg 
毎年、夜にいつもよりちょっっとだけ豪華な年越し料理を食べ、
その後に年越しそばをいただくのですが
早く用意しないともう新年がきちゃう なんかお腹いっぱい などとわーわーしておりました。
昼に年越しそば食べればいいんだ ということに
遅まきながら気づいた2012年の暮れでした。

新年の最初の挨拶は小梅に。だって、いつだって隣にいるんだもの
朝起きての新年の挨拶も小梅に。だって、私を枕にして寝ているんだもの
というわけで、小梅と一緒に初日の出を見にいきました。
IMG_8274.jpg 
公園で滑って派手に転びました。
IMG_8273.jpg 
新年からなんという…orz

IMG_8283.jpg 
見慣れた朝の美しい風景。
今年も小梅とゴンちゃんと元気に散歩ができますように。
IMG_8292.jpg 
IMG_8301.jpg 
見事な初日の出
残像が目に残りすぎて、小梅の顔が太陽そのものに見えました。

IMG_8405.jpg 
続いてゴンちゃんも。
今まで一度も初夢というものを見たことがないのですが
ゴンちゃんの見事な富士額を毎日撫でているので毎日が初夢なんだ、きっと。
初日の出をゴンちゃんの額から出したいくらい素敵富士の持ち主です(笑)

IMG_8436.jpg 
今年も納言子さんから頂戴した豪華蒲鉾を新年の食卓に。
下は青豆と数の子です。
宮城では青ばた豆と数の子をお出汁に浸して食べるので作ってみました。
スズがこの料理にはまって、もっと食べたいというので、
正月も終わりというのに、今、青ばた豆を戻して、数の子の塩抜きをしています。
これから数の子の筋とり。大変だわ…。
IMG_8456.jpg 
おせちは昨年と同じく、夫の仕事でお付き合いのあるスーパーのもの。
そろそろ自分で作らないとおせち作りが面倒になってしまう…と思うものの
やっぱりおせちが用意されていると楽ができていいです^^;

家族で食卓を囲んで、新年のお祝いをしました。

************
12月31日の日記へのコメントで

 子供の成長は嬉しくもあり喜びでもあり、
 その反面新たな心配事もありで、
 親であるこちらのほうも 随分成長させられます。

という言葉をすももっちさんからいただきました。すももっちさん、ありがとう^^
育児を通しての自分の成長といえるものかどうかわからないけれど
ショマやスズと過ごすことで、自分についても様々考えることが多くなりました。

伝えたい気持ちを表現するのに、巧みには言葉を使えない子たちです。
巧みではないけれど、それでも一生懸命。
それに対して、言葉という手段を持つ自分は
自分の気持ちのままに相手を刺すような言葉を持って接していないか、
対ショマスズだけではなく、
関わる人たちに対して振り返って考えることが、
若いころに比べて少しできるようになってきたかなと思っています。

ここを訪れてくださる方も、ほとんどは知らない方ばかり。
ですが、ちょっっとでも楽しい気持ちを持っていただけるように願いながら
今年も日記を続けていきたいと思います。
2013年もどうぞよろしくお願いいたします。

| 未分類 | 17:12 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |