2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お弾き初め

年度末っていそがしい…気がする(自分比)。

間があいてしまいましたが、
日曜日のお弾き初め、スズ、がんばりました。
DPP_0018_20130228173411.jpg 
DPP_0136.jpg
今回4曲弾くことになり、
プログラム1番から3番までスズの演奏が続き、
集中力が切れないかと心配しましたが、がんばったと思います。
練習より本番が好きみたいです。母さんはその逆です

今回は 『雪の雫』 『山の上』 『岩間とぢし』 『秋の日』 を弾きました。

『秋の日』 は去年の地域の秋のお祭りで弾く予定で練習したのですが
別の 『三段の調べ』 を弾くことになって、発表する機会がなかった曲です。
『秋の日』というだけあって、冬に向かっていこうとする季節の 寂しげな風情もある美しい曲。

7分近くある長い曲で、最後に少しミスがあったけれど
ずいぶん集中して弾いていて、練習時から聞いていた母胸熱
先生も最後のほうは感極まってしまったと感想を教えてくれました。
練習時に先生、苦労されているだろうから…グス。
少し長いけれど親ばか動画です。
[広告] VPS


当日はパパと、熱烈なショマの応援はもちろん、
沢さんご夫婦もわざわざ応援にきてくださり、本人は嬉しかったようです^^
全て終わって、皆さんとのお茶会の席で感想を述べ、
スズは、「間違いもあったけれど、間違ってもがんばって先に進もうと思ってやった。
よくできたと思う。」のような感想を言い、
パパが言いたかったことも伝わっていたのかなと感じました。

青森のおばあちゃんには、
「自慢に聞こえたらごめん、4曲よく弾けた。」と電話で伝え、
お教室の人たちに優しく褒めていただいたこともあり、天狗になっていました。
でも、天狗になる機会などそう多くはないもの、
よくできたと思うときには自分で自分をたくさん褒めるのはいいことと思います^^

スズと私の合奏は、ええ、「スズにすまねぇ」 という気持ちで終えました。
けっこう練習したので、緊張しなければいける! と思っていたんです。
でも家から持っていったきららさんのお琴ではない琴で弾くことになりまして、
私の命のシールが、命のシールがないお琴だったんです。
(※命のシールとは、8の弦の脇に貼った、弦の位置がわかる目印である。)

急いで、きららさんのお琴よりシールを剥がして
私が弾くことになったお琴にちょんとのっけておきました。これで安心。
序盤、おお、あんまり緊張してない 最後までがんばる と思ったのも束の間、
シールがぽろりと落ちましてねぇ。落ちましてねぇ…。
そこからは焦っちゃってなにがなんだか。
いい加減、シールなしで安心できるようになろう! と固く誓いました。
でも、来年もシールが シールが と騒いでいる気がします。

スズと私の演奏はショマが写真に撮ってくれました。
DPP_0049_20130228175643.jpg 
DPP_0052_20130228175710.jpg 
いいんだショーちゃん、私は添え物だから。ああ、腕だけでも。グス。

| 和楽器 | 18:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今でしょ

この一週間、夫がリフレッシュ休暇を取っていました。
仕事の都合もあって、家族皆の都合に合わせての休暇とはいかないので
私と子どもたちは通常営業。
昼間、夫とどこかに出かけるわけでもなく、
空いた時間に最近夫婦で好きになった韓国の俳優さんのドラマを見て、
韓国に(脳内で)旅行したということにすればいい と納得しあう
安上がりな休暇を送っておりました。

この休暇を利用し、火曜日にはスズのお琴の練習見学に付き合ってもらいました。
明日24日、内輪の会ではありますがお弾き初めがあります。
今年は参加者が少なく、スズは三曲を弾く予定。

でしたが、私も一曲だけ先生のお三味線に合わせて弾く予定がありまして、
私一人ではとても緊張してしまうことが昨年の経験でわかったので
スズ先生に、お母さんと一緒にもう一曲だけ弾いて! となんとか頼み込み、
スズは四曲弾くことになりました。
一緒に弾く条件はスズの好きなから揚げを大量に作ることです。
おかず決定権を持っていてよかった

スズと私で弾くのは 『岩間とぢし』 という曲です。

    岩間とぢし 氷も今朝は 解けそめて

                苔の下水 道もとむらむ


という新古今集に収められた西行の和歌にあわせての曲で、
立春を迎え、日増しに春の兆しが見えてくる今の季節らしい曲だと思います。

短い曲ですが、母さん、家でもがんばって練習しております!
DPP_0001_20130223152403.jpg 
DPP_0014_20130223152428.jpg 
ふ、ねこきょうだいたちよ。驚くなかれ。
DPP_0011_20130223152512.jpg 
という状態までにはもちろんならず
ねこきょうだいを驚かせるどころか、
自分の音楽的センスのなさに毎度自分が驚いています…。

でも、練習って大切 と実感できる瞬間もあって、
スズにも家でもう少しでいいから練習してもらいたいなぁと思ってしまうわけです。

お琴の演奏にも少しずつ慣れてきたスズ。
難しい曲はもちろんまだ弾けませんが、ステップアップしていくなかで
新しく習う曲はなんとなく初見で弾いてしまいます。
弾けちゃったらそれでいいやという感じがありありとしていて
家での練習は適当に流している風なのがもどかしいというか、
音の表現などにも気を配って弾けたらよくなるのになぁ…と。

そういう私の気持ちを日ごろから夫に打ち明けておいての
夫の練習見学でした。

夫は子どもたちに厳しく言う役割を担っているので
スズは練習を見学に来られてキンチョーでございます。
なんで、先生の前で超リラックスで 、身内の前で超キンチョーなんだっ
いつもと全く練習態度が違うと先生とコソコソ言ってしまいました。

1時間半ばかりの練習を終えて
いくつかミスがあったので、ミスは嫌だ…と嘆いていたスズ。
でも、その後特に家での練習に身を入れるわけではなく、
夫から雷が落ちました。

自分の若かりしとき、柔道を真剣にやっていたころ、
試合が近いというと一生懸命練習したこと、
10のミスがあったら、それを9にでも8にでも減らしたい、 そう思うなら練習しかないんだと。
ミスは嫌だと言いながら、練習もしない、では
熱心に教えてくださる先生に対して失礼だと。

ノーミスで演奏することこそ素晴らしいことと思うスズには、
練習して努力をする過程が大事、本番でのミスはあってもしかたがないという
論理を受け入れるのは難しいかもしれません。
練習したって、本番でミスがあったら意味ないよと思うかもしれません。
けれど、真剣に夫の話を聞いていたので
少しずつでも私たちの思いが届いていけばいいなと思います。

夫も真剣にスズに諭してくれました。
まぁちょっと話長いわ…とただ聞いている側の私は思ったりもして ヒドス。
あと、ひとつ気になったこと。

 発表会まであとわずかなんだよ。
 毎日毎日、何時間も練習しろと言っているわけじゃない。
 次の発表するときにミスはしたくないんでしょ。

というような内容の話が続き、

 じゃ、いつやるの?     

  ―今でしょ。


という言葉で〆たとき、
パパちゃん、話題のこのフレーズ言ってみたかったんだなぁと知りました。

| 和楽器 | 15:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫について考える日

DPP_0203_20130222070312.jpg 
今まで、箱に入るのは左馬介の専売特許といってもよい状態でしたが、
DPP_0225.jpg 
新たな箱好き猫がいることが判明しました。

DPP_0251.jpg   
DPP_0258_20130222070501.jpg 

箱をめぐって男同士の争いが勃発することもあります。
[広告] VPS 

DPP_0211_20130222070611.jpg 

袋も取り出してみましょう。
DPP_0005_20130222071503.jpg 
DPP_0017_20130222070910.jpg 
DPP_0074.jpg 
DPP_0030_20130222070949.jpg 

DPP_0066_20130222071744.jpg 
DPP_0044_20130222071808.jpg 

DPP_0087.jpg 
DPP_0088_20130222070717.jpg 
DPP_0090_20130222070704.jpg

| 兄さん・ミルク | 07:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビューティアップセミナー

ブログも長らく続けていますが、
一向に記事が増える気配がないカテゴリー、それは美容カテゴリー。
今までの記事数、1って。燦然と輝くその「1」の話はムダ毛の話でした。

今回、数年ぶりに美容カテゴリーを使います

先月下旬、ショマの学校の小中学部PTA企画の
「ビューティアップセミナー」に参加してまいりました。

PTA企画というと、支援学校ということもあり
成年後見人制度の勉強会であったり、施設見学会であったり
子どもたちの将来に役立つ企画が中心となることが多いです。
が、今回は 【保護者にもリフレッシュの機会を!】 の
趣旨で開催されたビューティアップセミナー。
学部長さんたちのなんという企画力。ウットリ。

会場はショマの学校の視聴覚室。
資生堂の美容部員さんたちをお招きしてのセミナーです。
DPP_0097_20130218150003.jpg 
DPP_0102.jpg 
会場に到着すると、すでに参加者分のメイク道具が用意されていて
見ているだけでウキウキしてきます。まだ乙女だわ~。

当日はノーメイクか、薄いメイクで来てほしいという指示がありました。
集まったお母さんどうしで、「○○さんだよね?」 と本人確認。大事なことです。

今回は、きれいなベース作りの勉強と、
おてもやんにならないように、今風にチークを入れる勉強です。
時間がきて、大きめの鏡を自分の前に立ててセミナースタート!
この日はお天気がよくて、光が燦燦と降り注いで
鏡を前にすると、あっ○○がこんなことになってる! みたいな
乙女が口にできないような事態が曝け出されまして、
鏡を前にしているだけで気持ちが萎えてきてしまいます

けれども、美容部員さんの目を背けたくなる気持ちに負けず
まず鏡で自分の顔を見つめること! の言葉に励まされてがんばります。
それにしても、○○が○○なことになっていて…
明るい場所で見るというのは大切なことなんですね。はぁ…。

コットンに染み込ませた化粧水をゆっくり肌に馴染ませ、
続けて美容液、乳液も馴染ませていきます。
最初はみんなで遠慮がちに化粧品を使っていたのですが
美容部員さんたちの、今日はタダですから惜しまず使って! の言葉に後押しされ
だんだんと遠慮がなくなってまいります。タダ、なんという魔法の言葉。

最後にコットンでできる簡易パックを施し、
みんなで、いつもより肌がやわらかーい を実感しました。
普段、ショマをバス停に送るために化粧はするのですが
間に合わない、うぉぉぉぉぉぉーってな勢いでの化粧ですし、
化粧水が馴染んでいるのかどうかもわからない状態で
とりあえず眉を描くとこまで持ちこめれば人間らしくなる、くらいの気持ちなもので…
みんな私と同じ…ではないかもしれないけれど、
朝慌ただしく出かけるのはきっと同じ、
自分のためにはなかなか時間がとれないよね~とおっしゃる方もいて、
時間をかけてケアするというのは大事だよねウンウンとうなずきあいました。

肌の調子を整え、続けて下地を塗り塗り。
これがスグレものの下地らしく、このころには遠慮なくたっぷり使っていたもので
下地だけで白い、小梅太夫だ!の声も聞こえてきました。
笑ってはいられない、私も小梅太夫。チックショーー。
ちょっとつけすぎてしまった下地を無理やり馴染ませて小梅太夫解消に努めます。
タダでも適量を保つ。勉強になりました。

さらに、この時点でまだ未発売だったマキアージュのファンデーションを塗り、
新商品のチークを上手に今風に入れる勉強を。
チークを入れるとなんだかな…になることが今まで多かったのですが
適量が簡単に出るというチークで、顔色がよくなった! 気がしました。

これいいな~と思って、セミナーが終わった後にすぐに購入したのが
資生堂のファンデーションブラシ。
柔らかな質感のブラシで、きれいに伸びるぅ。
DPP_0163.jpg 
DPP_0160_20130218150134.jpg 
頬の上にファンデーションをおいて均等に伸ばせるし、
小鼻周りもきれいにカバーできるぅ。
気になるクマ・シミは最初にコンシーラーでカバーしておいて
さらに上からブラシでトントンと叩きながらファンデーションと馴染ませると。
卒業式前にはチークも買っちゃおうかなぁなんて考えています。

ですが、奥さん。
DPP_0169.jpg 
シミ?
DPP_0169_20130218145946.jpg 
と気になっても、
DPP_0172.jpg 
DPP_0177.jpg 
このブラシはフサフサして、猫の気を引く仕様にもなっており
猫にあてようとするとパンチをくらいますので、人間のみにしてください。

| 美容 | 15:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯛ン

昨日はバレンタインデー。
ショマスズは、近所の女の子からチョコをいただきました。
女の子のお母さんが気を利かせてくれてのことなんですけれど^^
毎年忘れずに届けてくれて、その気持ちがありがたいし、
ショマスズもとても喜んでいました。

このバレンタイン週間、
夫は連休明けての火曜~金曜までの夜がすべて飲み会。
私にとってはおかず手抜き週間でございます。ワーパチパチパチ。

バレンタインを控えているということで飲み屋さんから
バレンタイン用のプレゼントを頂戴して帰ってくるわけです。

ある日は「最中」を頂戴して帰ってきました。

 なんでバレンタインに最中なんだろうね

不思議にも思いながら、
翌日に包みを開いてみると
DPP_0033.jpg
きれいな箱にテンションもあがります。
兵庫県の藤江屋分大さんの最中でした^^

さらに玉手箱を開いてみると…
DPP_0040_20130215064012.jpg 
最中に意味があるのではなく、鯛であることに意味があるんだ! と気づいた次第です。

***
DPP_0034_20130215064207.jpg 
かわいらしい鯛、見ているだけで嬉しくなるような愛らしい姿ですが、
すでにショマと私のお腹の中で泳いでおります!

| 料理・食べ物 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熟女ペア、病院へ

IMG_8879.jpg 

IMG_8858.jpg 
IMG_8878.jpg
頭の上がぽこっと腫れているなぁと思ったら、腫れがみるみる大きくなりました。
さらに自分で引っ掻いてしまい流血。

イボかな、ちょっと嫌な場所だなとも思ったのですが、
別に思い当たる節もあって、先生に話してみました。
細胞検査の結果、傷がついたことによる炎症であることがわかりました。
軟膏の塗布でしばらく様子を見ることに。
何か悪いできものではなくて、
痛がっている小梅には申し訳ないけれどちょっとホッとしました。


それにしても…いったい、うちのコメちゃんに傷をつけたやつぁ誰だ!





【たぶん、身内のこの方です。】
IMG_8866_1.jpg 
真生が小梅のことをポカッとやることは滅多にないのですが、
先日、真生のムシの居所が悪かったのか頭をポカッとやってしまったんです。
IMG_8863_1.jpg 
珍しく小梅もギャッと声をあげたので、
傷がないか確かめたのですが、そのときは傷を発見できず。
でも、毛の深くに傷があって化膿してしまったんですね。
IMG_8877.jpg 
いや、飼い主の勝手な言い分です、ハイ。
一日2回、軟膏を塗り塗りしてあげたいと思います。

で、なんで真生がいるかというと、
疑わしいから下手人を連れてきた! ではなくて
昨夜から目かショボショボしておりまして。風邪のようです。
インターフェロンを打ってもらいました。

家では点眼に努めたいと思います^^

努めたいと思うのですが、点眼するときポカッされなきゃいいなとも思います(笑)

| 犬関連 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛の連鎖

朝から、他人様にとってはどうでもいい情報をあげます。
腰痛に免じてお許しください。
DPP_0100_20130213054714.jpg 

我が家の二大熟女。

小梅と
DPP_0241_20130213054815.jpg 
真生。
DPP_0232.jpg 

DPP_0064.jpg 
ともに、私のことを好いてくれて (きゃっ
甘えに来てくれるので、熟女どうし一緒にいる時間がかぶります。

DPP_0038_20130213054641.jpg 
真生の愛情表現。
お尻をぷりと突き出し、さぁ匂いをかいで!とアピールしてきます。

DPP_0032_20130213054627.jpg 
一緒にいる時間がかぶるため、
匂いをかがせる相手を間違えているようなのですが、

DPP_0066.jpg 
その後、小梅から私にちゅっをいただくと、
小梅の口周りから真生のお尻の香りがします。 

愛って遠回りしても届くものなんですねヽ(・∀・)ノ♪

…えーと、腰痛に免じてお許し(ry

| 犬関連 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彼と私のテレパシー

年明けくらいから腰痛に悩まされております。
もともと腰痛持ちではあったのですが、
今回は痛みが長引いて、腰は体の要とはよくいったもので
今はずいぶんよくなってきているものの
2月始めくらいは何をするにも億劫だという日が続いておりました。
年明けにすってんころりん転んだのがよくなかったか…。
いや、ゴンちゃんの豪華別荘建築のせいかもしれん…。

申し訳ないけれど、
日ごろの濃いお付き合いのよしみで
痛みのひどい日は簡単な散歩で、小梅からは許しをもらうこともできるのですが…
DPP_0100_20130212060617.jpg 

DPP_0134.jpg  
毎日毎日、こんなにも散歩を楽しみにしている男に
どうして散歩簡略化を伝えられましょうか。

【ある日の穴掘り】
DPP_0412.jpg 

【祝日のオレの痕跡残し】
DPP_0039_20130212061302.jpg 
DPP_0050.jpg 
オレの痕跡を見るたびに、いつの日にか
自らの体で「ゴン」と地面に書いてくれないかなと願うものです。

【祝日にナンパ】
DPP_0058.jpg
「オレ、犬なんだぜ!」感丸出しのゴンちゃんの散歩。
単に一緒に歩くぶんにはそんなに痛みを感じないのですが
かがむとき、つまり、●を拾うときがきつく、
ゴンちゃんに向けて 1段、2段ばかり高いところに●をしてくれないか と
テレパシーを送っておりました。

友達のSちゃんには、その願いが通じるのは難しいのではないかと言われ
DPP_0430_20130212084137.jpg 
家族からのこういった意見もごもっともなところですが、
ゴンちゃんと暮らしはじめてはや1年以上が経過、
なんとなくテレパシーが通じたのではないか? と思うくらい
公園の塀の上だとか、小高い雪山の上だとかで●をしてくれることもあったのです。

たとえ、
ゴンちん、なんだってこんなところに●するんだよという
元からの要素が大きいにせよ、
送ったテレパシーを受け止めてもらえる、
―これがともに暮らす者同士の信頼の証といえるのではないでしょうか。

さて、余談ですが、
散歩の途中でたまにゴンちゃんとコンビニに立ち寄ります。
DPP_0019_20130212060753.jpg 
こんな風に待っているんですよ^^
買い物時間が3分を越えると、寂しがって騒ぎ出すので注意が必要です。

待っている間に、犬が好きそうな方や店員さんに声をかけられて
嬉しそうにしているときもあります。
誰かがかわいがってくれたら自己紹介するんだよ~と
待たせる前にゴンちゃんに言い聞かせます。
DPP_0022_20130212060731.jpg 

ついでに、せっかくだから
DPP_0024_20130212060719.jpg 
って言い添えてもいいんだよ~とテレパシーを送ります。

DPP_0030_20130212060701.jpg 
というゴン側からのテレパシーは却下。

| 犬関連 | 09:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秘密の…

節分も終わり、バレンタインデーも近づいてきたこの頃、
高校時代からの友人から、ショマスズにチョコレートをいただきました。
荷物をあけてびっくり。チョコレート盛りだくさん。

DPP_0458.jpg 
DPP_0475.jpg DPP_0468.jpg
ハートをモチーフにしたカラフルな包装♪
バレンタインデーを前にして、おいしくちびちびといただいております^^(なぜか大人も…)

バレンタインデーを一週間後に控えて
早々になぜこの話題かというと、
数日前にショマからバレンタインデーに関する秘密を授けられたからです。

本来、秘密というものは…
DPP_0203_20130207060955.jpg 
DPP_0199_20130207061014.jpg 

DPP_0211.jpg 
※「しかへる」とは津軽弁で「教える」の意。

人には知られないようにするものですが、
ここで何度かお伝えしているように
ショマの秘密はいつだってまことにおおっぴらなもので
彼に国家機密を預けたら、国がえらいことになる…と
余計な心配をしてしまうほどであります。

今回の秘密は、
「お母さんに手作りバレンタインチョコをあげる」 でした。
これは秘密です とていねいに念押しされてしまいました。
だから、ええ、秘密と違うじゃんと突っ込みたくもなるけれど、秘密なんです。

放課後ケア施設で作ったチョコをどうやら私とパパにくれるらしい…という
細かなところまで知ってしまったのですが
チョコを携えて月曜日にケア施設から帰ってきたので
たった今、サプライズを知ったかのように喜ぶという大人の演技力が求められます(笑)

DPP_0483_20130207061209.jpg 
DPP_0492.jpg 
かわいらしくラッピングされて
DPP_0509_20130207061118.jpg 
手作りトリュフが3個♪

DPP_0505.jpg 
昨日の夜、パパがナッツをまぶしたトリュフを
私が抹茶をまぶしたトリュフをいただきました。
ちょっと固かったけれど、ほろ苦くおいしかったです^^

そして、このサプライズのこわいところは
プレゼントするといった本人が甘いものが大好きで
私とパパが食べているのを見て、本人が非常~に残念そうな表情を浮かべるところです。
いつ、誰が、何個食べるのかという本人からの問いかけのプレッシャーに負けて
1個は作った本人に召し上がっていただきました。…ふぅ(笑)

| 自閉症関連 | 08:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春から高校生♪

先月24日、高等部入学者選考合格発表がありました。

合格者発表は授業が終わったあとの午後3時から。
教室で発表を待つ子どもたちとともに、保護者の私たちも発表を待ちました。

DPP_0105_1.jpg 
母は、教室前に飾られた合格祈願絵馬を見たり、

DPP_0099_1.jpg
高校合格へかける意気込みが感じられる書き初めを見たりしながら
発表を待ちます。

DPP_0107.jpg 
ショマは時間があるので、その日の分の宿題をして待ちました。
空き時間があるから宿題…。
いったい、どこの誰に似てそんなくそまじめなんだ。私ではないと思います!
この日は、文の中から「どうして?」という理由を探す問題。がんばっておりました。

いよいよ発表の午後3時。
結果が貼り出される学校の昇降口にはたくさんの人が。
ショマは最初、「すぐに番号を見つける!」 と張り切っていたのですが
騒然とした雰囲気に飲み込まれたか、なかなか掲示板のもとへたどり着けず
顔がひきつって、涙目になってきました。
それでも、なんとか番号を見つけることができました。

「入学者選考(面接)→一週間ほどの間があって→合格発表」 という流れを
しっかり理解できていたかというと、難しかったようなのですが、
番号があったから、春から高等部 ということはわかっているので
先生たちに祝福され嬉しそうにしていました。

事前に 「胴上げしても大丈夫か」 と先生に質問を受けていたので
どうぞ高く放り投げてやってくださいと答えての
DPP_0148_1.jpg 
胴上げ初体験
このような機会はもうそんなにないと思うので、先生たちに感謝です^^

帰りの駐車場にて…
DPP_0190.jpg 
母の命により、夏靴のまま雪中に放り出されるショマ。

【バンザーイ!】
DPP_0184.jpg 
横断幕作ってくればよかった~私のばかばかんと後悔。

*********
春からショマも高校生です

ショマの2人のおばあちゃんにも喜びの合格発表。

茨城のお義母さんからは、

 おめでとう。よかったね。本当によかった。
 写真も見ました。大きくなって、ここまでよく頑張りましたね。
 まだまだこれから大変だと思いますけれど、今は本当におめでとう。


という温かい言葉をいただきました。

青森の母からは、

 ショーちゃんおめでとう。よかったね。
 後でお祝いあげるからお母さんに絶対使われないようにね


というトメトメしい言葉をいただきました。コワイよー。

| 自閉症関連 | 16:55 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |