2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

作業班の所属希望

ショマが高等部に進み、およそ2週間が経ちました。

元気に学校に通っています^^

先日、高等部ではじめての授業参観がありました。
ショマのクラスで中学部から一緒だったお友達は数人で、
クラスの大部分が地域の中学校などから進学してきたお友達。

足元を見ると、新しいお友達はみな上靴がひもで結ぶタイプで
レベル高いっっとひそかにおののいてしまった母です

会話についていけるのかしらん…と不安に思いましたが、
和やかにみんなと話をしたり、ゲームをしたりしていたのでホッとしました。

クラスに絵の上手なお友達がいて似顔絵を描いてもらったようで
教室に貼ってありました。

【息子をハートでくりぬいてみました。】
IMG_9062.jpg 
ショマを知っている人ならばみなそっくりと言うだろうというほどに似ています。
最初遠くから絵を見たのに一発でわかりました。鼻で。
母さん、ショマの鼻を見ると「ぜんちないぐの鼻」という言葉が浮かぶでやんす。

*********
高等部では、それぞれが作業班に所属して学習を進めることになります。
所属する作業班を決めるにあたり、作業オリエンテーションがあり、
16日~18日の3日間、各工房での作業体験がありました。

これから1年間所属する作業班が決まるわけですから、母としてもドキドキ。

農作業班、陶芸班、木工班、製菓班、紙工芸班、手芸班。
私はショマは農作業班が向いていると思っていました。
なぜなら…草取りが上手だからという理由だけです。

どのような作業なら取り組めるのか
家の中の様子だけでは正直見当もつかないところなので
本人の希望と実際の作業の様子とで先生に考えてもらい、あとはお任せしようと。

DPP_0273.jpg
こちらは紙工芸班で作ってきた作品。

DPP_0244.jpg 
作業工程を記したプリントに、
DPP_0247_20130423180355.jpg 
持ち帰ってきた作品。こちらは…

DPP_0251_20130423180502.jpg 
木工班で製作した鉛筆立てになっております
*********
こうして3日間の作業体験を終え、
授業参観の日に、ショマが所属することになるであろう班、
第3希望までが記されたプリントをいただきました。
決定はまだですが、第3希望までの案をふまえて所属班が決まり、
5月の連休明けに本格的に作業学習がスタートということになるのだと思います。

ショマの第2希望は紙工芸班、第3希望は手芸班。
私、ちょっと意外でした。
手工芸に向かう根気はあるほうと思うのですが、なにしろ不器用なので

そして、第1希望は

長らくブログを読んでくださっている方には簡単に予想がつくかもしれません。

第1希望は製菓班でした。

本人が強く希望しているようで、願いが叶うといいなとも思うけれど
1年生のうちは希望通りになるともいかないようです。
まだ1年目、どこの班であっても
まず年間を通しての作業学習がどんなものか見通しがつけばいいのかな、と。

しかし…製菓班で作業した日は、

 お菓子は食べちゃいけないんだよねぇ

 食べちゃったら売れないんだよねぃ

と何回か確認されました。

ショーちん、根本がわかっていないのでは…
何が心配って、そこが心配な母です。

| 自閉症関連 | 18:26 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒チョーク

DPP_0096_20130418223056.jpg 
ゴンちゃんの首輪を新しくしました。
DPP_0091_20130418223144.jpg  
200円の首輪に…。

DPP_0102_20130418223319.jpg 
ゴンちゃん、愛の重さはお金でははかれ…るときもあるかもしれないが、
基本、はかれないものであってほしいとおばさんは願っている。
そして、200円の首輪はゴンちゃんだけではない。

DPP_0036_20130418223550.jpg 
DPP_0065_20130418223615.jpg 
こちらのごきょうだいの首輪も200円。

商品入れ替えのためのワゴンセールが好きです。

おそらく鬼気迫る表情で山積みになっている商品を底から掘り起こし、
これなら! という品を見つけるまでのおばちゃんの長時間にわたる努力、
そこを評価していただきたいと思うものです。

DPP_0225_20130418224933.jpg 
DPP_0218.jpg 
DPP_0230_20130418225027.jpg 
しかし、おばちゃんの努力及ばず200円でもナシの子もいたり、

DPP_0021_20130418225240.jpg 
DPP_0160_20130418225157.jpg 
DPP_0174_20130418225140.jpg 
200円であるうえに、味も素っ気もない実用を重んじての黒チョークの女の子もいる。

しかしな、小梅クン!
DPP_14670-2.jpg 

DPP_0272.jpg 
竜ちゃんとオソローだ!

*******
母さんの味も素っ気もないセンスのせいで、はからずも竜太と小梅お揃いに。
小梅の黒チョーク姿を見て
竜ちゃんも黒チョークだったな、懐かしいなぁと思い出にひたってしまいました^^

| 犬関連 | 23:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

格闘家たち

赤コーナーより入場~


DPP_0088_20130414142149.jpg 


続いて青コーナーより入場~


DPP_0129.jpg 


というわけで、兄さんとミルクの新しい名前です^^


兄さん改め 【ボブ】 です。
DPP_0343_20130414142622.jpg 
ミルク改め 【ミルコ】 です。
DPP_0194_20130414142723.jpg 
ボブ&ミルコのお母さんとお父さん、
ご夫婦ともに格闘技ファンでいらっしゃるということで、
兄さんたちが家に来るときにはすでに名前はお決めになっていたようです。

「ノゲイラ」 と 「ヒョードル」 にしようかと迷ってもいたとのことですが
呼びやすさから、ボブとミルコに。
ミルクは音がそんなに変わらないからという配慮もしてくださってのミルコ♪
ありがたいなぁ…。・゚・(ノ∀`)・゚・。

笑ってはいけないと思いながらも、
メールで名前を見たときには、命名センスににやり。

うちの夫にも早く教えたいと思い、洋風の名前だよ~とヒントを与えたら、
兄さんはボブ? と当てられてしまった!!!
なんでだ! 実はすごいカンの持ち主なのか!? と思ったけれど
洋風の名前=ホブ or トム、という英語の教科書からの影響かしら
でも、兄さんはボブになる運命だったんだとも思わずにいられない出来事でした。

お名前を教えてもらったのは、4月に入ってまもないころで、
そのときはボブがときどき日向ぼっこしたり、
外を歩く猫さんに窓越しに挨拶する程度でまだ引きこもりとのことでした。
ミルコのほうは、手からおやつを食べたりしています、とあり、
こちらはよいほうに私の予想が外れて嬉しかったのですが…ボブ兄さん…orz

ボブの好きなおやつやおもちゃは何か熱心にリサーチしてくれる
お母さんの努力もあり、なんと一昨日のメールで
ボブに触れるようになりましたの報告が!! ボブゥ~ボブゥ~

まだゴロゴロ喉を鳴らしてはくれませんが…とあったので、
音では聞こえないけれど、喉に指を当てれば喉の振動が伝わってくると思うので
触られるのに慣れてきたころにやってみてくださいと伝えました。
体にあわない控えめなぷるぷる振動は兄さんの萌えポイントですから。

今までたぶん写真を撮るのも控えて
怖がらせないようにしてくださったと思うのですが、
一昨日、自分たちの家でくつろぐ2匹の写真もいただきました!

DCIM0065_convert_20130414142418.jpg
おぅ! 写真アップしながら、おばちゃん涙出てきたぜぃ(笑)

よいご家族に恵まれて、
ゆっくり家族になれたらいいというお母さんからいただいた最初の言葉が
実現しつつあるなぁと思います^^ 

************
兄さんたちが自分たちの家に移動し、
真生は兄さんたちを探しているんだとスズは言っていました。

【人間の母さんの仕事を監督中の真生】
DPP_0087_20130414145530.jpg 
真生は頭のよい子なので テヘ♪ ジマーン♪ 異変には気づいていると思うし、
確かに、なんだかんだでいつも2匹を追いかけていたので
寂しくなったかもしれないと思います。


紫コーナーよりの入場~


DPP_0282.jpg 

DPP_0284_20130414150203.jpg

ただ、対戦相手がいなくなって物足りない感じが大きいのでは…とも
格闘家の真生と暮らす飼い主は予想しております。

| 兄さん・ミルク | 15:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入学式

前回の日記に、
入学のお祝いとしじゅうのお祝いのお言葉ありがとうございました^^

8日、母が着物を着られて嬉しい式、ショマの入学式を終えました。
DPP_0002_20130411174338.jpg 
学校に着いてすぐに親と離れて、ショマは高等部の新しいクラスへ。
その後、新担任の先生に付き添われての入場となりました。

DPP_0010_20130411174535.jpg 
中学3年生のときの担任の先生からやんやの声援を受けて
自ら手を叩いて、笑顔での入場です。
小中高と一緒の学校だと、それまでお世話になった先生達にも
引き続き成長を見守っていただけるのがよいところだなぁと思います。

式では新一年生全員の名前が読み上げられ、返事をしながら起立。
ぶっつけ本番でしたが、卒業式の練習で覚えたことも残っていたか
元気に返事をしていました。

高等部になると一気に在籍人数が倍ほどに増え、クラス数も倍です。
ここ数年で教室は足りなくなり、
高等部では増設されたプレハブ校舎で学ぶことになります。

式が終わったあと、
同じ学校でも今まで滅多に足を踏み入れたことのないプレハブ校舎へ移動。
DPP_0025.jpg 
高等部入学前に受けた教育相談でも、入学者選考でも、
プレハブ校舎で申し訳ないというようなことを先生方に言われました。
が、ショマ本人はどこであっても、新しい教室で新しい友達に囲まれての
新生活スタートに胸弾ませているようで、
新生活が始まってこの数日、学校で何があったか一生懸命教えてくれています^^

DPP_0027_20130411175951.jpg 
写真撮影のため、再び体育館へ移動。
制服は、3月に卒業された先輩からお下がりをいただきました。
とても状態のよい制服でびっくり。
ですが、ショマにはまだ大きくて残念ながら着用できず。
今までの制服は、写真のように少し小さいしで。
ショーちん、もう少し大きくなってくれ。 
ネクタイはえんじ色から紺色を基調にしたもの変わりました。

そして、
DPP_0044_20130411180508.jpg
僕の母さん…ではなく、母友達のSちゃんと。
小学校1年生のときからずっとショマのことを見てもらって、
ショマのことを熟知していますので、もうひとりのお母さんのようなものです。
春らしい着物を着たSちゃんのかわいいこと。
「うちの嫁でーす!」 と(旦那様に代わって)紹介してまわりたいくらい。

DPP_0035_20130411181041.jpg 
こっちが本物でぃす。

DPP_0032_20130411181604.jpg 
Sちゃんご家族と。Sちゃんの旦那様に撮っていただきました。
うちの夫も来てはいたのですが、
決算のことで式典中も次々会社から電話が入るもので、
途中退席してもらいましたですよ

【直立不動の息子と】
DPP_0085_20130411182003.jpg   

【入学を喜ぶ母の集い】
DPP_0072.jpg 
*********
ここより、母が着物を着られて嬉しい日の話。
130408_090202_20130411182537.jpg  
美容室のお姉さんに撮っていただきました。
この日は美容室の定休日にもかかわらず、
仲良しの美容師さんが早朝から髪のセット・着付けともにやってくださいました。

髪の毛はどうセットしようかとなり、
「しっとり系」にしましょうか、
じゃ、お胸の小さいかたせ梨乃さん風で! (あくまで風ね、風)と
やりとりしながら、きれいに盛っていただきました。

後から美容室にやってきたSさんに、
中に何詰めてるの? と問われましたが全て地毛です 驚異の毛量なもので。

DPP_0126_20130411183824.jpg 
春らしい色合いのお着物でいいなと思うものはほどんど貸し出し中。
今回お借りしたお着物は色合いは地味だけれど、模様の感じがとても好みで
お店の方が伊達衿などで春らしい色を合わせてくださったので満足満足♪
帯も自分の好みで選ぶことができ、
下着から草履、バッグまで必要なものすべて貸してくださるので便利~♪
けれども、お借りしているものと思うと緊張もしてしまい、
無事にお着物さんが京都までお帰りになったと連絡がくるまではヒヤヒヤでした(笑)

こうして久しぶりのお着物でウキウキして臨んだ式でしたが、
この日はとにかく猛烈としかいいようのない風が吹き荒れ、
さらに式が始まった午後の早い時間がピークときたもんだ。
せっかくきれいに髪を整えてもらったのに
髪飾りは落ち、頭の中身も多少飛び出したのがなんとも残念でした。

悪い意味で驚異の写真うつりを誇る私、
綺麗なお着物を着たこの日、ひそかに意気込んでいることがありました。
絶対、目は半開きにならないように写真に写る! と。

縁起でもない話なのですが、
自分にもしものことがあったとき、
残っている写真が目が半開きばかりでは、
写真を選ぶ人も困るだろうと、すごく気になっているんです。

そして…カメラに残った写真を見て悟りました。
着物であっても、意気込んでも、私の驚異の半開き率は変わらんのだと

| 自閉症関連 | 19:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しじゅうです。

あっという間に明日はショマの高等部入学式です。

年度末、年度始めは誰にとっても慌しいものだと思いますが
私も、子ども会や地区会、ショマの学校の役員の仕事が重なり、
春休み中はこつこつと資料を作っていました。

その間、子どもたちは2人で部屋で遊んでいて
外出は食材の買出しくらいだったので、暇な春休みだったと思います。
ときどき、スズに
「お母さんに週刊文春と週刊新潮買ってきてけろ。」とお遣いをお願いし、
小学生にどんなお遣いじゃ と思いながらも、
ちゃんと買ってきてくれるので助かりました。

明日の入学式は午後から。
今までの式は午前スタートが多かったので、母も洋装ばかりでしたが
明日は着物を着ていくことにしました。

実家にある訪問着を着ようと思ったのですが、
20代のときに着て以来、久しぶりに表に出てきた濃緑の訪問着、
実家のK子ちゃんや父から、
丹前みたい、これはない、誰が選んだの(←選んだのはK子ちゃんです。)等々、
猛批判を浴びたので、ネットで訪問着をレンタルすることにしました。
これを選ぶのが楽しいのなんの。

【はるばる京都から来てくれました。帯さんです。】
DPP_0123_20130407141450.jpg 
はっっ。
ショマの入学を喜ぶ日ではなく、
すっかり着物久しぶりで嬉しいの私の楽しみになっているわ。イカンイカン

**********
自分の話ばかりで申し訳ありません。
先日、誕生日を迎えて、ついに 「しじゅう」 になりました。
明日、入学式を迎えるショマが15歳。
自分がそのころの年に遡ろうとしますと、25年も遡上していかなければならないなんて

ふだん年齢を意識して過ごすことはないけれど
同世代のタレントさんを見かけたりすると
私とこの人、どちらが長生きするのかな…とふと考えたりして、
少しずつ人生の後半期に向かってるんだなと実感することがあります。

障害がある子どもが生まれるとは思ってもいないことでしたし、
動物が好きだったとはいえ、
ここまでたくさんの動物に囲まれるとは予想もしていなかったことです。
思ってもいないことがあるけれど、だからこそ楽しいのかな。
60歳くらいになったら、40のときも遠い昔くらいの感覚なのかも。
一日一日を歩めることに感謝して過ごしたいものです。

今年も友人からプレゼントをいただいてしまいました。

DPP_0036.jpg 
納言子さんから可愛い猫ちゃんのネックレス。
青いリボンをつけた猫ちゃんがパールを抱いています。
かわいくてかわいくて、毎日つけています。

DPP_0112_20130407144111.jpg 
博多のお菓子に、マカロン、
DPP_0118_20130407144155.jpg 
色鮮やかななショッピングバッグも。
ほかにもお楽しみ箱のようにいろいろなものを。納言子さんありがとうございました。
DPP_0008_20130407144357.jpg 
ビー玉で遊ぶのが大好きな愛姫。
大きなパールを見て興奮。事件が起こらないようにせねば…。

DPP_0069_20130407144541.jpg 
美しいリボンに包まれた箱に入っているのは、
DPP_0087_20130407144630.jpg 
薔薇のチョコレート。
ついに私にもしじゅうにして、「ブラウンの薔薇の人」が現れました。
Belle社長、ありがとうございました。
今度お会いできたら、Belle社長の前で紅天女の台詞を述べてみようと思います!

DPP_0065_20130407145153.jpg 
珊瑚のブレスレットはみゆこさんから。
3月生まれのBelleちゃんとお揃いだそうです。
3月の誕生石なら、ピンクの珊瑚もかわいいよねと私が言ったのを
覚えていてくださったのだと思います。
みゆこさん、今いろいろ忙しくていらっしゃるのにありがとうございました。
またまたお会いできたら、珊瑚のブレスをつけて
アンニュイなポーズをとった大人の女の私を見てもらいたいと思っています。
DPP_0050_20130407145539.jpg 
こちらも事件が起こらないように隠しておかねば…。

DPP_0103.jpg 
こちらは夫から。
5本くらい赤・白のワインとスパークリングワインが届きました。
あと、チーズ専門店で買ってきたというチーズ。
明らかに! 明らかに! 今夫が飲みたい物と食べ物だ! と気づいていますが
ありがたく頂戴しました。そして半分以上は夫のお腹の中に…。
チーズがね、納豆くさいんですよ。もう強烈。
納豆納豆言いながら食べましたが、おいしいの。納豆チーズ恐るべし。

********
子どもからお祝いしてもらおうなんて思ってもいないのですが
スズがすごく気にしてくれて。

お母さんの欲しいもの教えてと聞いてきました。
何もいらないよ~と言ったのに、遠慮は無用なんだと。
その気持ちがありがたいからいらないよと押し問答の末、
 「週刊文春と新潮を買おうと思う。」 と心を決めたようでした。

いや 正直、1週間に2冊、計4冊は要らないんだ

もう、しじゅうの大人の配慮ができるはずの私ですから、
気持ちがとっても嬉しい旨を再度伝えて、本当の気持ちはそっと隠しておきました。


| 未分類 | 15:05 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリニカさん

DPP_0182_20130406091847.jpg 
クリニカさんがいつもと違う姿で発見されたのは3月某日早朝のことである。



クリニカさんっ! いったい夜の間に何があったというのですか!



DPP_0177_20130406092118.jpg 

こんなことをするのは、
私の経験から語らせてもらえば、ラブラドールの雄の子犬。
DPP_6224.jpg 
しかし、まことに残念ながら該当犬は今現在はいない。

**************
クリニカさんと最後に接触したのは、この家のお父さんであるという。

夜間、台所の上に放置されたクリニカさん。

台所にはある程度の高さがあることから、
再度クリニカさんに接触した者は、台所の上に伸び上がって接触を試みたと考えられる。
つまり、ある程度上背のある者。

そして、クリニカさんの口元には白い毛が付着していた。
DNA鑑定のできる資金があったなら…貧乏警察であることが悔しい。

唯一残された証拠 「白い毛」 をもとに、白い毛を持つ者に事情聴取を始める。

DPP_0186_20130406093847.jpg 

DPP_0182_20130406094021.jpg 
DPP_0184_20130406094109.jpg 

DPP_0068.jpg 

******************
DPP_0178.jpg 
口元をもごもごさせながら無実を訴える姿に、
何かにおう! と私のカンが働くが、
アリバイがある以上、むやみにしょっぴくことはできない。







事件は迷宮入りである。無念。







DPP_0192_20130406094843.jpg 
そして、再び事件は起きた。

クリニカさん1号の後任として着任したクリニカさん2号が、
翌日の早朝、いつもと違う姿で発見されたのである。

いったい、いったい! 犯人は誰なんだ!

事件の起きた朝、その家のお母さんが寝ていた布団は
クリニカさんから流れ出たにゅるにゅるで白く染まっていたという。

証拠不十分で犯人逮捕には至っていない。

が、事件の起きた家では
クリニカさんとはどうにも相性が悪いということで、
今度はデンターさんに着任してもらったと聞いた。

そして、小梅に届かない高いところに置いて! という指示が流されているとかいないとか。

| 犬関連 | 10:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かわゆいアート

今日、4月2日は世界自閉症啓発デー。
東京タワーが青くライトアップされるそうですね。
雨が強くなりそうなのが残念

自閉症の人たちをはじめとする生きづらさを感じる人たちと
音楽やアートを通じてともに活動する
女優の東ちずるさんの取り組みが、朝刊の広告に掲載されていました。
自閉症の方が描いたという絵も添えられて。

先日は朝のNHKのニュースでも
障害のある方のアート作品が紹介されていて、
注目を集める分野になりつつあるのだなぁと実感しました。

年度末、我が家の子どもたちも
24年度に作成した作品を持ち帰ってきました。
今日は作品の紹介をさせてください

DPP_0216_20130402174950.jpg 
こちらは前にもブログに載せたのですが、スズ全身像。
家にやってきました。でっかい

DPP_0228_20130402175125.jpg 
こちらもでっかい スズの先生はでっかい作品を作るのが好きな気がします。
節分にあわせてスズが描いた鬼。
支援学級みんなでそれぞれが鬼の絵を描き、
「わたしたちの作品展」に出展しました。
何か賞をいただいたような…なんとうろ覚え。
教育委員会のある市役所廊下に貼り出されるため、
鬼が教育委員会に出張していたのは覚えております

もしかして、さかさまにしたら
怖い鬼の絵が笑うおじさんに変化する…というトリックアートになっているのかしら。

DPP_0230_20130402175603.jpg
えーと、さかさまにしたら、普通に口が上にきただけであることを報告させてください。

DPP_0233_20130402175833.jpg 
こちらは4月始まりのスズ制作カレンダー。文字部分はパソコンで。
DPP_0236.jpg 
DPP_0234.jpg 
墨絵の鬼さんとはまた違う愛らしい感じで、わたくし、気に入っています
少し NHKの 「どーもくん」 風ですね
DPP_0241_20130402180732.jpg 
昨年度は家庭科で巾着作りにも挑戦しました。はじめてのミシン。
DPP_0251_20130402180826.jpg 
縫い目がガタついている気がしますが、裁縫については人のことは言えない

***********
ショマもいくつか作品を持って帰ってきました。
ショマが絵を描くようになったのはごく最近のこと。
小学校高学年くらいまでは線のなぐり書きくらいでした。

DPP_0254_20130402181101.jpg 
これは中学部2年生のときに描いた自画像。
一瞬、木みたいと思ってしまった正直者は私です。
目の位置がかなり上で、
自画像を描いてもらって、目の位置がずれている場合は
物の見え方、認知が通常と異なるというお話を先生から聞いた気がします。
うろ覚えで…、でもなるほどな~と思ったのは覚えています。

昨年度は修学旅行で行ったディズニーランドの思い出を描きました。
DPP_0256.jpg 

DPP_0258_20130402181727.jpg 
DPP_0263.jpg 
右上あたりがたぶんミッキーではないかと。
先生がおっしゃるには、うまく描けた! と本人チョー自信マンマンらしいので
ショマ画伯が楽しんで描いておられるのが一番なのだと思います

そして、卒業制作の作品。 
ティッシュケースです。
DPP_0194.jpg 
冬の情景を表現。
けっこうデザインが細かくて、先生も指導に苦労したのではと思います。
というのも、
IMG_8890.jpg 
3学期の参観日で、卒業制作の初日を見せてもらったとき、
柔らかい粘土を型ぬきするだけで四苦八苦しているショマを見たからです。
最初は粘土が薄すぎたり、厚すぎたり。
IMG_8894.jpg 
母さん、モスグリーンのコートに合わせて、手を緑にしてお手伝い。
やってみると楽しくて、このまま学校に通ってすべて手伝いてぇ! という気分でしたが
作品の完成を楽しみに帰ってきました。
DPP_0209.jpg 
四隅に雪だるまさんがいて、かわいらしくできていると思います♪

ですが、ショマのお友達の作品を見て
あまりのかわいらしさに羨ましさがわきました。
お母様の許可を得て、撮影してまいりました。
ご覧ください。

【 どーもくん風じゃないぞ。 どーもくんだ! 】
IMG_8972.jpg 
かわゆすぎる

| 自閉症関連 | 18:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |