2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

てんちゃん

IMG_20131021_153025.jpg 

てんちゃん、
自分の家族が決まり、昨日我が家から巣立っていきました。

病院を通して10月上旬には話が進んでいたのですが
遠方に住んでいる方でもあり、受け渡しの日だけが決まらずにいました。

昨日急遽と連絡をいただき、
連絡をいただいてから30分たらずでのお別れとなり
あっという間の出来事で
いつも飛び跳ねていた姿が見えなくなり、
空のケージを見て寂しさがこみ上げてくることもあり
ちょっと気が抜けてしまいました。

楽天は負けちゃうしなぁ(笑) 今日は勝つぞー!!

残っている写真があるのでまた改めて日記に残したいと思います。
まずはご報告まで^^
てんちゃんを見守ってくださった皆さん、ありがとうございました。

| 子猫のてんのすけ | 07:31 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝8時15分コーナーの再現

IMG_20131019_142434.jpg 

【まだまだ…】
IMG_20131019_125021.jpg 

【あまちゃんですが…】
IMG_20131019_123648.jpg 
→ここから、イノッチへバトンタッチ。

********
まめぶ食べたことないから食べてみたいなぁ~とつぶやいたら、
家に届いたのだじぇ…。
今日食べるじぇ。

| 子猫のてんのすけ | 08:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

辞書とネコで言葉の世界を広げる

秋休みも終わり、子どもたちも今日から学校スタート。
2学期が始まりました。

今日は1学期に行われた
スズの参観日の授業の様子などをお伝えしたいと思います。

DPP_0210.jpg 
この日のテーマは【プリンを作ろう】。
プリン作りを通して、「単位」とは何ぞやを学習するねらいのようです。

最初にプリンの材料は何かという質問に
子どもたちから答えが寄せられました。
スズは牛乳・卵という答え。
おお まるで家で母さんが作ってくれているかのようだ! 作ったことないのに
DPP_0216_2013101717340801a.jpg 
授業では簡単に作れる懐かしのプリンエル使用です^^

自分たちで作る前に
まず先生が家で作ってきたという型に入ったプリンを見せてくれました。
食べた~い♪という声があがり、
先生がみんなの前で型からプリンを抜いてくれたところ…ところ…
DPP_0206_201310171737468c1.jpg 
なんということでしょう。
型を抜いて現れたのは、べっちょりがっかりプリン

高学年を代表してスズが味見をしました。
味は悪くないよ~というスズの言葉に、先生もスズ君ありがとう
このあたりは、スズも心得ていて
先生とひと芝居うつというかそんな感じです^^
低学年のお子さんもいる授業ですから、事前に少し打ち合わせをしているようです。
高学年として信頼しているよという姿勢を先生がいつも見せてくださって
スズもなんとか期待に応えようとしている様子に私もほっこりします。

DPP_0208_20131017174713f79.jpg 
さて、この先生が作ってくれたプリンに対して
子どもたちからは黒板に書かれているように
とけてる、がっかり、ざんねん、ダメージw、たべたくないなどの
なかなかに辛辣な意見が寄せられました。

どうやら先生は牛乳の分量を誤ってしまったようですw
その後、箱に明記されている正しい分量をもとに
学級全員のプリンをきれいにおいしく作るには
どれくらいの牛乳が必要なのかみんなで考え、
実際のプリン作りは翌日のお楽しみというところで参観の授業はおしまいです。

スズに聞いたら、翌日おいしいプリンができたそうです。
その後、スズにはプリンエルブームが訪れ、
IMG_20131016_130415.jpg 
秋休み中に、名づけて 【ゼロプリン】 を作ってくれました。
今日はゼリエースでゼリーを作ってくれました。
同じ型で作ったので今晩のデザートは 【ゼロゼリー】 になりそうです。

**********
1学期終了時にスズから 「お母さんへ」 という手紙をもらいました。
DPP_0273_20131017175927b4f.jpg 

 お母さんへ
 今日一がっきが終わりました。
 一がっきで楽しかったことは、
 修学旅行で福島に行ったことです。
 福島で赤ベコの絵づけや、ハンバーグを食べたことや、
 ざぜんで精神を鍛えたり、ホバークラフトにのってスリルを味わいました。
 二がっきはかなり成長したお兄さんになりたいです。
 がんばりますので応援よろしくおねがいします。

こんなに長い作文が書けるようになったんだなぁ…。
文章のつながりで少し添削したいところがあるのですが(笑)
うるせぇことは言いますまい。
スズが1年生のときに書いた作文のことを懐かしく思い出しました。

1年生のとき、スズの短いはじめての作文を読んで涙が出ました。
今、6年生になり、
まだまだ本人にしてみれば相手に自分の思いが伝わらずもどかしいと
思うところもあるだろうと、それは承知のうえですが、
話し言葉・書き言葉ともに表現の幅がずいぶん広がったと感じています。

今年度の支援学級の学習目標は、
「言葉を使ってかかわりを持ちながら学びあおう」。
教師や友達の話をよく聞き、
「言葉」から想像したり考えたりする学習に継続して取り組んだそうです。

学級全体では、朝の会でなぞなぞやクイズに取り組んだり、
週明けには一人ひとりが「お休みのこと」を発表し、
友達からの質問に答えるようにしたそうです。

スズ個人の学習として取り組んできたのは
辞書で言葉の意味を引くということ。
DPP_0001_2013101718213029a.jpg 
ノートにたくんさの付箋が貼ってあり、調べた言葉が書いてあります。
家でもわからない言葉は、母に聞くのではなく金田一先生に聞け! とばかりに
よく辞書を引いて調べるようになりました。
新しく知った言葉は使ってみたいという意欲もわくようで、
そんな言い回しよく知っていたね! とこちらが驚くこともあって、
新しい言葉の世界を開く、
自分の内に留まっている気持ちが言葉で表されていると気づくことがある、
辞書ってそんな発見がある
楽しい読み物なんだなと改めて私のほうが気づかされたようにも思います。

この言葉ノートを開いて読んでいると、
調べた言葉で短文を作っているのです。
たとえ間違っていても、最初はどんどん使ってみてこその言葉。
この短文を読みふけってしまうのですが、

【今朝の登校前、ランドセルの上でいちゃつくふたり】
DPP_0238_201310171830150d1.jpg 

【天地がひっくりかえる】
 ネコに、においの強い物をかがせると、
 天地がひっくりかえったようなさわぎかたをする。

【せき立てられる】
 のらネコは、人間が近づくと
 せき立てられるように逃げる。

【たちどころに】
ネコにえさをあげたら、たちどころになくなった。

【わざわい】
 ネコが高いところからおりられなくなった。
 これは災いだ。

【うとましく】
 ネコはスプレーをうとましく思っている。

【スズの短文の8割はネコで構成されている。】
DPP_0265.jpg 
ということに母さんは気づきました(笑)

| 自閉症関連 | 18:39 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハロウィンシリーズ

なんで秋休みなんてあるんだ!
これからちびっこたちのお昼ご飯を作るのでいくつか簡単に^^;

IMG_20131015_091127_20131015105716537.jpg 
アイロンビーズ好きなショマが放課後ケア施設で作ってきた作品。

ケア施設から帰宅してすぐに見せてくれ、
かわいい~とほめると本人もご満悦の様子。
通学用リュックに自らつけていました。

10月も日にちが過ぎていき、
IMG_20131015_091222.jpg 
リュックにつけるの多すぎね?

スタッフさんに使ってね~と言われたのを
たぶん律儀に守っていると思われます(笑)
12月がきたらクリスマスシリーズもここに増えていくのだろうか…。

********
この連休はそのケア施設でバザーが行われたので
ショマスズを伴って買い物に行ってきました。

ショマ君が作った商品を見てくださーいとスタッフさんに言われて
どうしてその商品を買わずにいられますでしょうか。
IMG_20131015_090942.jpg 
猫キャンドル。
IMG_20131015_091038.jpg 
三毛キャンドル。

犬キャンドルもあったのですが、
ほかに欲しいものもあり、猫のみにした母。

ショマが作ったなら犬も買っとけよ!! とショマ父に怒られました。
両親相手にいい商売をする息子です。

********
【おまけ】
IMG_20131015_105902.jpg 
こちらはスズ制作の2013年カレンダー。
机まわりに貼って使っていて、季節感に心和むのですが
10月のかぼちゃだけはジェイソンマスクだ…と見るたびに思ってしまう

| 自閉症関連 | 11:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

喜ぶ顔が見たいから

DPP_0032_201310141020339f4.jpg 
最近出番が少ないですが、めーちゃんが可愛らしすぎて
(飼い主達が)つらいことには変わりありません。

ある猫ブログさんにお邪魔したら、
猫の年齢を人間の年齢に換算するブログパーツがあったんです。
愛姫、人間の年齢にして50歳と出てきて、
「私、めーちゃん。夢見る50歳」 と人間のアテレコに多少の変化が生じましたが
めーちゃんが可愛らしいことには一点の曇りもありません。

DPP_0039_201310141025447bd.jpg  
めーちゃんが一声、「め~」と発すれば
夫が「ご飯でちゅか~~」とさっと動くことにも変わりありません。

DPP_0009_2013101410312613c.jpg 
腰の重い人間を動かすには猫を鳴かせろ。
そんな諺があるのではと夫を見ていると錯覚します。
DPP_0046_20131014103250d32.jpg 
夫は、「僕はめーちゃんの下僕でけっこう」 と嬉々として言います。

DPP_0062_20131014103458b2c.jpg 
見返りなんてなくったっていいんだ。
めーちゃんが喜んでくれれば、それが喜びと男下僕は言います。 

DPP_0021_201310141034090cc.jpg 

DPP_0070.jpg 
お風呂をわかして、めーちゃんが満足するまで
見守らなければならないのは時間がもったいない…と思うのは
女下僕として修行が足らないと思いますが、
「めーちゃんが喜ぶ顔が見たいから」
その一念で今日もお風呂がわくまでご一緒することになりそうです。

***********
DPP_0111.jpg 
最近はこちらの方もお風呂場に現れ、
DPP_0124_20131014104126d36.jpg 
めーちゃんと違うのは、人間が入浴する姿までを
お風呂の床に居座って濡れながら見続けることでございます。
シャワーを思いきり出せないんですけど。喜ぶ顔喜ぶ顔…。

| 猫関連 | 10:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行き違い記念日

今日10月11日はゴンちゃんと家族になった記念日。
2年が経ちました^^
&金城武さんの40歳の誕生日。
おめでとう! 40歳まだまだ若い! と私しじゅう、自分を慰める。

ゴンちゃんと暮らして丸2年ですが、
もっと長く一緒にいた感じがしています。

DPP_0040_20131011200607b99.jpg 
本犬(ゴンちゃんの)意図しないところで
DPP_0062.jpg 
子守りをさせられたり、
ゴンちゃんにも苦労があることと思いますが、
怖いこと苦手なことも受け入れながら
ゴンちゃんにとってはまだまだ新しい環境であろう
我が家に馴染んでいく姿を見るにつけ、
ゴンちゃんを愛おしく思う気持ちが増してきます。

1年、また1年とみんなで仲良く暮らそうね^^

***********
今日はせっかくの記念日なのに、朝のうちは雨
ゴンちゃんが最も楽しみにしている散歩が短いものでした。

一学期修了で早帰りのショマ(今年度から2学期制になりました。)を
途中まで迎えに行きながら、散歩のやり直しです。

【川沿いで待つのです。】
IMG_20131011_123312.jpg 

【お、今通り過ぎたバスかな~?】
IMG_20131011_123925.jpg 

【奥さん、坊ちゃん、遅いですな…】
IMG_20131011_124125.jpg 
というわけで、奥さん、
ショマ坊ちゃんの帰りのバスの時間を間違えて
行き違いになっており、ショマは家の前で待っていました。

行き違いかも! と気づいて、家にそそくさと戻り
昼の散歩も短めになってしまって。
ゴンちゃん、記念日なのにごめん~~~

| 犬関連 | 20:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドレミ琴

9月、ショマの学校で秋まつりがあり、
ステージ発表でスズが先生と一緒にお琴を演奏しました。

小学部のあるショマの学校なら
子どもにも親しみやすい曲がいいだろうと
『ジブリメドレー』 と 『ドラえもん』、
そのほかに秋らしい曲として 以前に習った『秋の日』 を
先生が選曲してくれました。

8月にゆかた会が終わってから秋まつりまで
日にちがあまりなく、集中して練習しました。

ジブリとドラえもん2曲ともに普段慣れているお琴の音階とは違って
ドレミ音階で弾く曲です。

ドレミ音階の曲をお琴で弾くのはスズははじめてなのですが
ドレミなら聞きなれているし、弾きやすいんじゃないかしララララ~
先生と母、ともに楽観視していたのですが
いざ初見で弾いてもらって、 となりました。
びっくりするくらい苦戦。

普段、新しい曲を習うとき、
親の贔屓目もあるけれど、初見でだいたい弾けて
(初見で弾いたときが一番いいくらいというのがアレですが
スズ自身も新しい曲を習う日が
お稽古のなかで最も楽しいときのようだったのに。

音階は違うといっても、
お琴に立ててある柱を動かして音を変えてあるだけで
楽譜自体の読み方が異なるわけではないのになぜなんだろうと。

やっぱり聞きなれている曲だけに
ミスをすれば、あっ! とすぐにわかるし、
滑らかに弾かなければ曲としてもなんだか不自然に聞こえるなど、
いつもと勝手が違うというところだったのかなと思います。

それに、今回弾くドラえもんの曲が
母世代はよく知っている  
♪ 空を自由に飛びたいな~はーいタケコプター ♪
けれども、2013年現在のオープニングの曲はそれとは異なります。

そういったことも気になって、

 「みんなの前で弾いて、こんなのドラえもんの曲じゃねえって
  言われるかも…

とぶつぶつぶつ呟きながら練習していました。
被害妄想的なところがとても強い子なので
こうしたことを想像すると、とめどなく不安になってしまうところがあります。

はーいタケコプター♪ は幅広い世代が知っている曲と
先生と私とで励ましても内心の不安は消えないようでした。

シブリメドレーは 「ポニョ」と「ルージュの伝言」が
スズには難しくてメドレーから外し、
「もののけ姫」 「千と千尋の神隠しより~いつも何度でも」、
「となりのトトロより~さんぽ」の3曲を弾くことに。

直前まで練習を見ていて
大丈夫かしら…と私はとても不安だったのですが、
先生が追い込みで週3回にまでお稽古日を増やして練習を見てくれました。

*********
そして迎えた秋まつり当日。

春に参加団体名を報告するよう秋まつり実行委員さんよりお願いされ、
最初は渋く 「仙楽会」 と登録したのですが、
おまつりに出るには名称がかたすぎるということで、
「秋の琴音(ことおと)~ふたりアンサンブル」 として登録しなおし。
母は参加団体名を考えすぎて、春の段階で燃え尽きております。

DPP_0082.jpg 
DPP_0076_20131008183044b65.jpg 
プログラムの最初は和太鼓の演奏です。
学校近くの地域で活動している団体さんで、
ショマの学校の保護者のお母さんも勇ましく太鼓を叩いています。
魅せる太鼓なんですね。
子どもたちがはっぴを着て、位置をくるくる変えながら
太鼓を叩く様は本当にかっこよかったです。

以前スズもこの団体さんに参加できないかなぁと思って、
スズの意思確認をしたら太鼓の大きい音は無理!と…orz
さらに、夏休みにあるドラム教室の体験に参加させてみたのですが
ドラムを叩くのは面白いけど、スタジオ内の大きい音は無理!と…orz
太鼓に関しては、太鼓の達人部一本のみになりそうです。

太鼓のあとにダンスのステージが続き、先生とスズの出番は3番目。
いつもお琴の演奏を応援してくれるお兄ちゃん(ショマ)のために
がんばって弾きますというアナウンスがあり(台本・母)、登場です。

DPP_0105_20131008184310701.jpg 
DPP_0133_201310081851241e5.jpg 
私は舞台袖で見ていましたが、
写真を見ると応援の兄さんはドまん前で鑑賞していたようです。

本番大好きのスズの手が震えているのをはじめてみました。
1曲目の秋の日が終わり、やっぱりジブリに入ったところで。
最後がドラえもんです。
ドラえもんに入るころには、やはり不安が強くなってきたのか
表情も険しくなってきて。弾ききれるか心配でしたがなんとか終了。

ドラえもんでは一緒に歌ってくれたお子さんもいて、
見ていた私としては、よすよす! という気持ちでしたが、
演奏が終わって戻ってきたスズは失敗ばかりだったと意気消沈。
こんなのドラえもんじゃないという声が聞こえた気がする…と。
えーーーーー幻聴だと思います!

[広告] VPS


演奏終了直後は泣き出さんばかりでしたが、
知っているお母さんも多いショマの学校で
すれ違いに声をかけていただいたり、ほめていただいたりで
すぐにご機嫌になりました。けっこう単純でよかった(笑)
何よりショマが喜んでいたのでそれが嬉しかったようです。

演奏としてはちょっと微妙な感じではありましたが
苦手な曲を短期間でたくさん練習して
舞台に臨んだこともよい経験になったのではと思います。

先生もドレミ音階が苦手とわかって参考になったと。
現在は、秋の地域でのお祭りに向けて
よく慣れているお琴の音階に戻ってのお稽古で本人もホッとしているようです(笑)

≫ Read More

| 和楽器 | 19:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さまちゃんをめぐる葛藤

最近ますますスズと左馬介の
らぶらぶらぶっぷりがすごいと感じます。

猫は焼きもちをやかないと聞いたことがあるのですが
果たして本当にそうなのでしょうか。

スズと左馬介の蜜月ぶりは
てんちゃんが来たこととも無縁ではないと感じています。

スズはてんちゃんのこともかわいくてしかたなくて
よーく面倒を見てくれるのですが
左馬介はそれが面白くないのではないかと。

スズもそのあたりはよーく心得ていて
まず左馬介を第一に考えて双方の面倒を見ています。

「スズのいるところに左馬介あり」といった様子で
そうなりますと、必然、左馬介が私といる時間が少なくなってさびすぃ

大人気ないと言われてもいい。
「あまちゃん」のオープニングテーマが流れるとき
♪ちゃらっちゃっちゃっちゃっ ちゃっちゃっ さまちゃん♪ と
ひっそりひとりで替え歌を歌っていたほど、さまちゃん大好きなのに。

もっと人間のおばさんに甘えてよ!! 私のこともかまってよ!!
IMG_20131002_163137.jpg
って思っていて、その願いが叶うときが

IMG_20131002_163334.jpg 
たまたま少し仕事が忙しくて
とってもとってもその机の中の資料がほしい…
ちょっとよけてほしい…という今日のひとときであったことに
大変な悔しさを感じました。

もっとそばにいて…、いやよけて…というおばさんの葛藤を
お読みいただきありがとうございます。

| 猫関連 | 18:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |