2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

発作

記録の意味も兼ねてブログに残しておこうと思います。

IMG_20131129_091233.jpg 
※ムスッとしているように見えますが、
 喉を鳴らしてとってもご機嫌な真生です

震災の少し前に痙攣発作が起きて以来、
真生は一度も発作が起きておらずとても調子がよいです。
年を越して少し経てば、3年発作が起きていないことになります。
いいぞいいぞと思っていたのですが、
木曜日に日付が変わるころ小梅に痙攣発作が起きてしまいました。

意識なし、失禁あり、痙攣の時間は1分を超えるくらいだったと思います。
夜中の3時にもう一度同様の痙攣発作。
病院に行く直前の朝8時20分に同様の痙攣発作。

痙攣発作を起こす要因として
内分泌系の代謝異常、何かを口にしたことによる中毒、
心臓からくるものなどが考えられ、
これらの要因がなければ癲癇や、脳の中の腫瘍を疑うとのことで
検査をしていただきました。

血液検査はまったく異常なし。眼振もなしです。
中毒も今は散歩を控えているので考えられず、
心臓も聴診器で聴くかぎりは心雑音なし、不整脈なしでしたが
心エコーを撮った結果、拡張型心筋症の疑いが強くなりました。

私もエコーを見せてもらいましたが、
心臓の収縮力が弱いのがわかりました。
収縮力が弱いと血液が全身に行き渡りにくくなります。

体のどこかに血栓ができ、脳に飛んだのではないかというのが先生の見立てで
人間でいう脳梗塞のような状態ですかと尋ねると
そうだということでした。

甲状腺の異常でも痙攣発作は起こりうるのですが、
急激に太ったりという見てわかる甲状腺異常に伴う変化がないので
今回はホルモンバランスのチェックは行わず、
まず心臓の薬と、血栓を溶かす薬を飲んで様子を見ることになりました。

今、脚の痛み止めを飲んでいて、
心臓というのは不思議なものでどこかに痛みがあるとき拍動は強くなり、
痛みがない状態ではリラックスして、拍動がゆっくりになる、
拍動がよりゆっくりになったことで
今回の痙攣発作が引き起こされたことも考えられるので
脚の痛み止めは一旦中止し、サプリだけを継続することにしました。

******
帰宅し、すぐに薬を飲ませましたが、
ようやく寝入った12時15分ごろにまた痙攣発作。

眠りに落ちて、その眠りが深くなるころに発作が起きるので
寝かせるのが怖いという感じにもなってきます。
午後に少しだけ出かける用事があったので、小梅も連れていきました。
痙攣そのものより、痙攣によって頭を打ったりするのが怖くて。

発作のあとはけろっとしているのですが
やはりいつもと違うと自分で感じるのか、
2階には来ないといういつも守れる約束も昨日はどうしても守れず
ぴったりくっついてきて離れませんでした。

一日疲れたと思いますが、
ようやく夕方からぐっすり眠ってくれ、
今の時間まで発作は起きておらず、ひとまずホッとしています。
今は左馬介と並んで静かに寝ています。
IMG_20131128_191108.jpg 
こんなことを言うと大げさなと思われてしまうかもしれないけれど、
小梅は私たちの暮らしを明るく照らしてくれる光のような子です。
私は素晴らしいパートーナーに恵まれたと思わない日はありません。
小さな子たちを安心してお預かりできるのも、
小梅が縁あって家に来てくれる子たちの心をほぐしてくれるという
絶対の信頼があるからです。

小梅の穏やかな暮らしを一日でも長く守れますように。

| 犬関連 | 10:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぺこちゃん(追記あり)

IMG_20131118_113624.jpg IMG_20131118_113645.jpg
このように動物病院で里親様募集をかけられている
子猫のぺこちゃん(仮名・女の子)、昨日からお預かりしました^^

すでに数件、お問い合わせがある状態ということで
お預かりしないほうがいいのかなと思いましたが、
遊びたい盛りで病院のケージの中で暇を持て余しているそうなので(笑)、
期間はどれほどかわかりませんが、ひとまずお預かりです。

DPP_0070_20131126095014721.jpg 
かかかかかかか、かわいくないですか
DPP_0051_201311260957409b3.jpg 
募集の写真より少し大きくなっています。
生後3ヶ月少し前というところでしょうか。
DPP_0060_20131126095845f63.jpg
見えにくいですが頭の上にちょっとだけ黒い毛があります。

*******
交通事故により片目になった子をもしかしたらお預かりするかも…と
事前にスズに話しましたら、
「ぼく、怖い」と返してきました。

その言葉を聞いて母としてはがっかりもしたけれど、
片目の猫を見たこともない子ですし、
自分の持っている概念と異なる外見の子について想像が膨らみ、
知らなければ怖いと思うのも正直なところなのだろうと思いました。

実際に見てみたら1分ほどで、全然怖くない となって
昨日は一緒にたくさん遊んでくれました。

猫じゃらしなどで遊んでみると
遠近のつかみ方で若干困難があるだろうなとは思いますが、
自分でしっかり感覚をつかんで動ける子だと思います。
今日も朝から元気に遊んでいます。
とにかく命が助かってよかった。おまわりさん、ありがとう!

DPP_0112_20131126100836fcb.jpg 
かなりのお転婆ちゃんと聞いていましたが、
前任者がなかなか、なかなかのツワモノでありましたので
DPP_0057_20131126101206b53.jpg 
とっても非常に大変おとなしく感じます(笑)
前任者のインパクトが強くてケージを振り返って思わず
私も夫もスズも「ぺこちゃん」ではなく「てんこ」と呼んでしまうのですが、
ショマは「不二家で人気のぺこちゃんですね」と
名前がスイーツ関連であることに喜びを感じているようです。

DPP_0143_201311261020165a9.jpg 
DPP_0171_2013112610231253d.jpg 
DPP_0155_20131126102344535.jpg 
DPP_0167_201311261024166c6.jpg 

DPP_0007_20131126102459aee.jpg 
小梅とは、
出合い頭に遭遇するとまだびっくりしてしまう様子もありますが
くっついているとゴロゴロゴログーグー喉を鳴らして甘えていて、
さらに猫がいるのが嬉しいようで、左馬介に絡まって遊んでいます。

DPP_0103_2013112610294936d.jpg 
ゴン先生は緊張中です。しばらく緊張は続くかと(笑)

というわけで、ぺこちゃんをよろしくお願いします

が、今日の夕方、
病院に問い合わせがあった方とのお見合い予定であります。
ぺこちゃん、おうち決まるかな~

****************
【追記でーす^^】
先ほど、お見合いしてきまして里親様が決まってもうそちらへ移動しました^^
滞在時間1日(笑)

1度問い合わせをいただいて、
再度実物を見たいとのご意向を受けてのお見合いでした。
外国人の奥様で明るい明るい。
かわいい~かわいい~ とめろめろのご様子で
かわいいですよね~と盛り上がりました。
ぺこちゃん、たくさんたくさん愛情を注いでもらって大きくなることと思います。

帰宅して、ゴンちゃんに、キャリーに何か入ってるだろワンワンと責められ、
空っぽ空っぽなのよ~と中を見せても、なかなか信じてくれません。
疑り深い男め(笑)

| 子猫のぺこちゃん | 10:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

後期就業体験実習

前期の就業体験実習に続いて、
10月下旬、後期の就業体験実習がありました。

後期も2週間、午前・午後を通して
自分が所属する作業班で作業に取り組むことになります。

体験実習の中の一日が参観日にあてられていたので、
母さん、ショマの実習の様子を見てまいりました。

後期の実習は11月22日に行われる
製品販売会に向けて、作品制作のラストスパートという様子で、
ショマも懸命に作業に取り組んでいました。

IMG_20131024_102201.jpg 
主に花の型抜きをして、真ん中に花弁をつける作業をしていました。
糊で花弁をつける作業はけっこう細かい作業でしたが、
糊のつけ方などを工夫して作業の能率もあがってきたとのこと。
IMG_20131024_101840.jpg 
花びら用の紙を切る作業も。おお~道具がちゃんと使えてるぅ

DPP_0162.jpg 
DPP_0159_20131119091924da9.jpg 
これらは作業実習簿に添えて戻ってきた作品の見本。
ちょっと汚れがついたりしたものを見本として持ち帰ってきます。
下の紙の黒い部分はザラザラとしたエンボス加工になっていて、
エンボス加工を施すための粉をつける作業なども担当したようです。

IMG_20131024_101516.jpg 

IMG_20131024_100816.jpg 
作業部屋に置いてある紙すき作業の道具です。
たくさんの作業をみんなで分担しながら作品ができあがっていきます。

IMG_20131024_095810.jpg 
こうして出来上がった作品の一部はカレンダーになります。
これらは完成前の見本品。
12枚綴りのようで、
販売会までにカレンダーはおよそ80部作ると黒板に書いてありました。

80部、来場者を考えると手に入れるのはなかなかの狭き門。
でもがんばる。並びます

高等部に入ってはじめて迎える販売会。
またまたショマは楽しみにして、
たくさん買ってね♪ と家庭内でも売り子さんとして宣伝も忘れていません。

子どもの作った作品が買える。
なんかちょー嬉しいわくわくの日になりそうです^^

| 自閉症関連 | 09:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだまだまだーー!

金曜日の夜から小梅の動きがおかしく、座りたがらない、
排便をするにも痛みがあるのか便も出きらない感じでした。

夜は布団の上で私と寝たのですが、
眠るための体勢が決まらす、よく眠れていないようでした。
明け方には夫の寝ている2階に現れ、
夫の顔をぺろぺろ舐めて起こしたそうで、
夫に伴われて1階に降りてきました。

小梅は無茶な降り方で階段を下ってくるので
2階への出入りは禁止しています。
でも、どこか楽に眠れる場所はないかと徘徊して2階に行ったのだと思います。

土曜日はスズの発表会。
発表を終えて、教室に戻ってきたスズにねぎらいの言葉をかけると
スズも心得ていて、小梅の病院に行って! とすぐさま言ってくれたので
スズの学級の発表だけを見て病院へ

もともと股関節の窪みが浅い子なのですが、
軟骨がすり減ってきて、骨と骨とがぶつかりあうような形になっており、
ここのところの急激な寒さで痛みが出たのだろうということでした。
レントゲン検査の結果、脊髄の一本に突起ができる
脊髄変形も起こしていることがわかりました。

この日診ていただいた女医さんに、
「小梅ちゃんもおばあちゃんですからねぇ」「もうおばあちゃんですから」と
何度か言われて、
なにおぅぅ!と思うものの(笑)、もうおばあちゃんなのは事実ですものね。しゅん…。

痛み止めの薬をしばらく続けて、
これからは毎日グルコサミンを飲んで関節のサポートを続けていくことになります。
激しい運動もこれからは禁止とのことで
日に1回、軽く散歩をするだけくらいの運動制限だそうです。

竜ちゃんが健脚の持ち主だったので、
小梅は股関節が弱いとはいえ、まだ9歳、
あまりにも老いがくるのが早いよ…という気がしてしまいます。

けれど老いを恐れてなるものか。
痛みなく、穏やかに過ごせることができるように
暖かな部屋でこの冬を一緒に越していきたいと思います! 
小梅、まだまだ! おばあちゃんでもまだまだイケてるし!
ゴンちゃんにモテてるし! でもゴンちゃんに乗っかられるのは絶対禁止だけどね!

DPP_0085_201311181808391c0.jpg 
今は痛みも抑えているのでにっこり。
うんちもしっかり出てすっきりの小梅です^^

*********
この日、病院に行ってですね。
また病院で保護された可愛い子猫を見て(見せられて)しまいまして。ゴホゴホ。

今日は真生のワクチンで病院だったので
先生と打ち合わせしまして、子猫ちゃんにワクチンを打ってから、
今週末くらいからお預かりするかもしれません。

交通事故に遭ったという通報を受けて、おまわりさんが助けて
病院に届けた子猫さんなのだそうです。
事故で頭蓋骨陥没の怪我を負ったものの見事生還の子猫ちゃん。
ただ、事故のときに眼球が破裂したため片目の子猫ちゃんです。

でもめんこくてめんこくて
片目であることは
そんなに(個人的にはまったくと言いたい)ハンデにはならないのではと
私は思っているのですがどういうものでしょうか。…と問われても困りますよね

幸い、何人かの方がすでに実物の子猫ちゃんと会ったり、
写真を撮って知り合いの方に送る~などという話になっていはいるそうなので
今週末までに里親様が決まれば預かりはなしです。

預かりの予約(笑)ということで~とまとまったのでした。
それにしても、かわいい猫ちゃんであった。めろん

| 犬関連 | 18:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緊張を乗り越えて

昨日はスズの学習発表会でした。

小学校最後の学習発表会、
在籍する支援学級のみんなで劇を演じることに。

「忍たま乱太郎」の設定を
支援学級のみんなに置き換えて演じる劇です。

小学校最後ということもあり、
先生がスズにたくさんの見せ場を用意してくださって
ストーリー展開もスズ君の台詞や動きが頼り!のようなことを
先生から言われていた模様。

そして、スズ緊張。
発表会の2週間くらい前から
緊張で眠れない…という日が多くなってきて
真夜中に私の布団にもぐりこんでくることが2日ほど続きました。

6年生になって、ママンの布団に入るのはまずいと自分で思ったか(笑)
その2日の後は、枕元に熊のぬいぐるみを置いて寝ていました。
相思相愛の左馬介もスズの強烈な寝相が嫌なのか
一緒には寝てくれないので、寂しくないように熊を置いたようです。

学習発表会にくわえて、
24日には地域のお祭りでお琴演奏の発表があります。
15日の夕方、お琴の稽古があり、
そのときに緊張がピークに達したのか
うまくできないかもしれない、みんなに迷惑をかけるかもしれない…と
お琴の先生と私の前でわーっと突っ伏して泣いてしまいました。

お琴の先生にはご迷惑をおかけしてしまったのですが
こらえていた気持ちを吐き出せたことで少しすっきりしたようです。

*******
そして迎えた昨日。
DPP_0034_20131117080522126.jpg 

  DPP_0062_2013111708055722d.jpg

  DPP_0059_201311170806244f5.jpg
歌もあり、踊りもあり、ストーリー展開もちゃんとわかりました~。
温かい拍手をたくさんいただいて、大成功といっていいのではと思います^^

適度な緊張は子どもを成長させるといいます、と
担任の先生が眠れない日々を過ごすスズを連絡帳を通して励ましてくださいました。
その言葉の通りだったのではと思います。

緊張に打ち勝って演じてくれて、お母さんも嬉しいよ~。
今年はじめて発表会に出た学級の新1年生のお子様の
お母さんとおばあさまがハンカチで流れる涙を拭っていらして、その姿にもらい泣き。

今日はこれからお琴の合奏練習。
緊張の日はまだ少し続きますがあとひとふんばり。
実はお琴の発表、私も出る予定(予定ね、予定)でありまして、
スズの緊張が今までより実感とともによくわかる気持ちがする母なのです。
ああーーー今日から熊と寝るか。

| 自閉症関連 | 08:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

てんのすけ・2

楽天イーグルスが優勝して
夫が興奮し、喜びに沸き、
DPP_0026_20131112154647ee3.jpg 
楽天スーパーセールで夫が買った蟹が届き、
DPP_0124_20131112154742049.jpg 
DPP_0136_2013111215481096e.jpg 
ねこきょうだい用の首輪が届き、
DPP_0053_20131112154853560.jpg 
仕事するときに着てね♪ と気が利いて、着る毛布が届き、
むしろ着る毛布を着ると仕事どころかまったく動かなくなっている今日この頃です。

今後、スルメ10枚セットと牡蠣が届く予定です。
楽天が優勝しても我が家の家計に変化無しなのに恐ろしい…。

********
今日はてんちゃんの動画からです^^
[広告] VPS

左馬介が着る毛布に吸い付いてチュッチュとしているのを見ながら、
てんちゃんはおっぱいなき世界で元気にしているかなぁという話になります。
DPP_0035_20131112161228450.jpg  
DPP_0056_20131112155534efb.jpg 
DPP_0075_201311121556049c0.jpg 
朝起きたら
DPP_0149_20131112161017e88.jpg 
ゴンちゃんと遊んで(からかって?) 
小梅のおっぱいを吸って
DPP_0202_20131112161120be9.jpg 
人間のおばさんの内職監督もしてくれました。

おっぱいを吸って満足すると
小梅のことを遊び相手にして噛み噛みしはじめ、
その遊びが激しくなってくると、
スズが小梅を噛んじゃだめよ~^^と言いながら2階に連れていき遊んでくれました。
私たちは、てんこの2階輸出と呼んでおりました(笑)

輸出先の2階にはだいたい子ども2名と左馬介が常駐。
主にてんのすけと遊んでいたのはスズですが、
ショマは絡みつくてんちゃんに戸惑い、うわーーと裏声をあげながらも
てんちゃんと遊んであげたのだ という自負があったようで
てんちゃんが里親様宅に巣立っていったあとも、
「てんちゃん、ショマとスズが遊んであげてありがとうだねぇ^^」と猛アピール(笑)

DPP_0084.jpg 
DPP_0080_20131112164620652.jpg 
ショマのパーカーの紐で遊ぶてんちゃんです。

てんちゃんが巣立っていった翌週の月曜日、
いつも見ている朝の番組 「0655」 の 「おれ、ねこ」 のコーナーに
てんちゃんそっくりの男の子が出演。

私と夫とで、てんこが大人になったらこんな風になるねぇと盛り上がっていたら
ショマは、その子がてんちゃんだとすっかりかん違いしたようで、
飼い主さんと戯れる白と黒の猫さんの映像を見て
「てんちゃん、かわいがられて大きくなったね」と喜んでいました。

てんちゃんはその子と違うのだけれど(笑)、
心臓に疾患がありそうなこと、さらに腰椎欠損のことも
すべて受け入れて迎えてくださった里親様です。
きっと大きな幸せをつかんでくれること間違いなしだと思います。
てんちゃんが暮らすことになる町には設備の整った病院があるそうで
てんちゃんを保護したこちらの病院の先生も理想的な環境とおっしゃっていました。

DPP_0103_201311121720225bf.jpg 
DPP_0071_2013111216574055f.jpg 
先生は最初に、
天涯孤独のてんちゃんに里親様が見つかるまで
病院ではなく普通の家庭で育ってほしいと我が家に託してくださいました。

小梅もいてゴンちゃんもいて、
ちょっと迫力のある猫もいるけれど猫の仲間もいて、人間の子どももいて
短い間でしたが、そのメンバーのなかの小さな末っ子のようなてんちゃんでした。
赤ちゃんだから犬と触れ合わせるのは難しくはないだろうと思っていたけれど
こんなに小梅を慕うとは思っていませんでした。

仮のお母さんだったけれど、
お母さんの温かさ、てんちゃんに届けられたかな。天涯孤独ではないよね。
そう思うだけで私も嬉しくて、でも、てんちゃんがいなくて寂しいは寂しいので(笑)
私が小梅のくぼみに顔を埋めて温かさをいただいております。

*******
【病院でのお別れ時は目が点気味のてんちゃんでありました。】
DPP_0142.jpg

| 子猫のてんのすけ | 17:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

てんのすけ・1

さて、てんちゃん。

最初に見たときは、里親様が決まらないかも…と思ったんです。

てんちゃんをお預かりする直前に
同じく病院で保護された姫ちゃんを見ていただけに。

【Yさん宅で幸せに暮らす現在の姫ちゃんです。】
2013102222550000.jpg 

子猫らしいほわほわとした姫ちゃんと違って、
てんちゃんは、体のところどころ禿げていて、体も細くて頼りなさげ。
言葉で表すならパヤパヤ?
子猫らしいというより、毛が生え揃う前のひな鳥のような風情。
DPP_0472.jpg 
DPP_0423_20131102170717f20.jpg 
DPP_0393.jpg 

【見学にくる親子猫たち】
DPP_0491.jpg 
DPP_0508.jpg 
てんちゃんは人間に捨てられたのではなく、
道端に倒れていた状況から
お母さん猫に、その弱さから置いていかれたのではないかというのが
動物病院の先生の見立てでした。

真相はわからないけれど
お母さんがいなくなって本当に寂しかったのだと思います。
DPP_0346.jpg 
DPP_0342.jpg 
DPP_0343_2013110217174034f.jpg 

        DPP_0339_201311021727324cb.jpg  
DPP_0336_20131102173800830.jpg
てんちゃんがいる間、
小梅は本当に母さんのようでした^^
今回、最もがんばってくれたのが小梅。感謝しています。
…食べ物を目にすると赤ちゃんを置いていく母さんでしたが

成長につれて、毛が生え揃ってきて
細身の子になるのではないかという最初の予想に反して
手足は太く、がっちりとした体つきになってきました。

背中は真っ黒と思っていたのが
新たに白いふんわりとした毛が生えてきたりで、
見た目の雰囲気が様々に変化する子でした。

DPP_0090_201311021728492f4.jpg 
最初は鼻の頭がピンクと黒色半々だったのが
DPP_0121_20131102173042e54.jpg 
我が家を巣立つ直前には
黒色が抜けてほぼピンク色に。

この黒と白のちびちゃんに
目が点ゆえ 「てんのすけ」 と名づけられた病院の先生からは
目が点じゃなくなってきた! と言われ、
てんちゃんに会いに来てくれた沢さんからは、
美猫になっている! と言われ

里親様を見つけるのは厳しいかも…と最初に思ってしまった私も
甘えん坊な様子、愛嬌のある顔に
何をしているのを見てもめろめろぅの毎日でした。
行動がダイナミックすぎて
私に怒られることもしばしばのてんちゃんでしたが…。
冷蔵庫を開けて、その中に飛び込んできた子は
てんちゃんがはじめてでした。

写真が多くなってしまったので次回に続けますね^^

| 子猫のてんのすけ | 17:47 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

額にEの男

てんちゃんの写真の整理がまだできていないので、
てんちゃん思い出更新の前にひとつ、
ゴンちゃんからです^^

******
DPP_0519.jpg 
ゴンちゃんは額に 「M」 の刻印を備えているのですが、

実は、

名前が 「ゴンーGon」 であるがゆえに

DPP_0516.jpg 
「G」 の刻印も刻んでいるのではないかと、
ええ、ついこの間、ゴンちゃんの飼い主がゴンちゃんの額を見て思いつきました。

でも、この10月末から、

DPP_0528.jpg 

しばらくの間は(願わくは明日まで)、

 DPP_0541.jpg
額に 「E」 を刻む男ということでどうぞよろしくお願いいたします。

*********
野球の試合中、
みんながサークルの周りで飛び跳ねて応援するので、
本当はちょっと脅えているゴンちゃんです^^;

| 犬関連 | 20:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |