2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ぼくのねこ日記

DPP_0067_20140331152040cae.jpg 
卒業式の日にいただいたカランコエの花。
固く閉じていた蕾もほころんできました。
DPP_0202_20140331154003cf9.jpg 
卒業の日、支援学級の5年生のお友達からハンカチをいただきました。
ハンカチの布団にくるまれて、手作りふなっしーが!
○君が一生懸命作ってくれたんだなぁと思うとうれしいなっしー!!
DPP_0224_201403311658518cb.jpg 
学級のみんなが折ってくれた千羽鶴ならぬ100匹ねこちゃんもいただきました。
DPP_0206_201403311552347cf.jpg 
担任の先生からは一冊のファイルをいただきました。
中身はスズの 『ねこ日記』 です。
スズはいろいろなところに短文のねこ日記を書き付けていたのですが、
なぜか学級日誌にもねこ日記を書いていて(←なぜなんだ 笑)
それをスズが猫型の紙に書き直したものをプレゼントしてくださったのです。

DSCF5647.jpg 
↑ 真生が家に来た日の夜です。
はじめて猫と触れ合った小学校1年生のスズ。
今思えば、このとき真生にはシラミがいたのよね。触れ合わせちゃった…ハハハ。

真生がやってきた日以来、スズの成長は猫とともにありました。
といってもよいくらいの猫好きになってしまいました。
抜粋ですが、スズのねこ日記を写真とともにご紹介したいと思います^^

【ネコは、ダンボールに入ることがあります。
 自分の家が出来たように入ります。ただし、しばらくすると飽きて出てきます。】
DPP_0022_20140331160708651.jpg 

【ネコの鈴は目の色に合わせて作ると楽しいです。
  ネコの目の色は緑と黄色が多いです。】
DPP_0115_20140331160829c06.jpg 

【野良ネコと会ったときはこう思っています。「素敵な出会い」と思っています。】
DPP_0165.jpg 

【ねこは寝ているときとかに、ねっこり (にっこり) して寝ます。
  かわいい寝顔はねこらしいです。】
DPP_0228_20140331161630659.jpg 

【ネコはお風呂を見学します。
  ネコはお風呂に入れないけど見学はできます。】
DPP_0070_20140331162001acf.jpg 

【ネコは自分がよく使う休憩場をとられるとケンカが起こります。
  自分の巣がとられると思ってケンカをします。】

DPP_0031_20140331162402018.jpg 

【子ネコはネコのお母さんのおっぱいを吸います。
  でもお母さんネコがいない時は、犬のおっぱいを吸うこともあります。】
DPP_0467.jpg 

【外のネコは夜になるとハンターになります。ねらった獲物は逃がしません。
  ただし、軽い獲物しかねらわないと思います。】
DPP_0229_20140331162807ae3.jpg 

【ネコは甘えすぎると人をかみます。耳や髪などをかみます。
  たまに野生の血が騒ぎ始めます。】
DPP_0040_20140331163412ba7.jpg 

【ネコはイスとかに頭をぶつけて自分のにおいを付けます。
  自分の目印に役立っています。】
DPP_0106_20140331163813abb.jpg 

【サザエさんにはネコのタマがいます。メスネコと仲がいいです。
 電話中にタマがサザエをひっかいて悲鳴をあげて警察がきたことがあります。】
………画像なしです 笑

【犬は寒さに負けない子もいます。犬は風の子です。】
DPP_0215_20140331164440c43.jpg 

【ネコがグーグー言うと離れられません。このままネコに触り続けられます。
 離れてもネコのかわいい顔や鳴き声からは離れられません。】
DPP_0030_2014033116480757a.jpg 

DPP_0265_20140331165020614.jpg 
ネコは人が去るとさびしくなります。
心の声は 「帰ってきて 寂しいニャ」 と思っていると思います。

ネコは頭も小さく脳も小さいです。
脳みそが少ししかなくて、ご飯を食べたり、寝たり、遊ぶことしかできませんが
ネコも自分の頭で動いています。
ネコは自分から飼い主の元にきます。
脳みそは少ないけど、大きな事ができるのです。

【おしまい^^】
DPP_0212_201403311700040df.jpg

| 猫関連 | 17:42 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いを届ける

18日、スズが小学校を卒業しました。
DPP_0072_2014032217391581b.jpg 

DPP_0018_201403221740050fa.jpg 
支援学級に入ると、
黒板に谷川俊太郎さんの 『卒業式』 の詩。
扉を開けて、この詩を見たときにはこみ上げてくるものがありました。
DPP_0020_20140322174732e87.jpg 
下級生の友達が色塗りをしてくれたおめでとうの言葉。
名前のところは隠してありますが、
多色使いでそれはそれはきれいに塗ってありました。
かわいくて楽しい支援学級のみんな、ありがとう!

入学の日、同じこの教室で
入学を祝ってくす玉を割りました。
入学から卒業までの6年。
日数に換算すると 「2190日」 なのだそうです。
本当なのかしら
スズの卒業に寄せての作文のタイトルになっていました。
**********

 【ぼくの2190日】

 平成20年4月、ぼくの学校生活が始まりました。
 その時の先生は藤本先生でした。「ふじ山」をよく歌っていました。
 先生が自分の名前を覚えてほしかったので、歌っていたのだと思います。
 ○○学級には友達が4人いました。
 校外学習で松島やコロナに行ったことが思い出です。

 小学校での、大きな出来事のひとつは泉ヶ岳に行ったことです。
 山登りは本当につらかったです。
 山登りを助けてくれた方は熊谷さんでした。
 熊谷さんは「もうすぐだよ。」と何回も声をかけてはげましてくれました。
 だんだん元気になりました。
 頂上についた時、ぼくは「諦めずにがんばってよかった…。」と思いました。

 心に残ったこともあります。
 それは修学旅行で福島会津に行ったことです。
 その中でとても緊張したことは、夕食後の「スタンツ」でした。
 舞台に立ったぼくをみんなが見ることや、
 グループの友達と合わせられるか、かなり心配しました。
 でも周りの6年生が普通にセリフや動きを教えてくれました。ほっとしました。

 4月から中学生です。
 ぼくは中学校がどんなところなのか想像がつきません。
 だけど小学校よりは厳しくなりそうです。
 気楽に休けいをしているばかりでは成長しないと考えています。
 これから運動や勉強を少しずつがんばります。

**********
支援学級に関わってくださった3人の先生からも
卒業に寄せての言葉をいただきました。
そのうちの主担任の先生からの文を紹介させてください。

 【正直と親切】

 スズ君、卒業おめでとう!!
 これまでのがんばりに拍手を送るとともに
 これからの中学校生活がすばらしいものになることを願っています。

 いつもまじめに学習に取り組む姿は、
 まわりの友達のよい手本となりました。
 そして、いつもにこにこおだやかな気もちで、だれにでもやさしくする姿は
 先生もまねをしなければいけないところです。

 〝正直と親切〟は、スズ君の目には見えない宝です。
 中学生になり、その宝をさらにみがいてくださいね。お元気で。

*********
小学校6年間で、スズは本当によき師に恵まれました。
低学年のときの男性の担任の先生は、
いつもスズを笑わせ、
ときに強い緊張状態に陥ることのあるスズの心をほぐしてくださいました。
4年生から担当してくださった今の女性の先生は、
スズ曰く厳しい面もあるというのですが(笑)、
スズが一人で行動することを積極的に推奨して、
学級のまとめ役としての信頼をスズに置いてくださいました。
先生から信頼されているという思いが、
上級生としてがんばりたいというスズの意欲につながったと思います。

ただ、
この小学校、学年の一員としてスズに居場所があったかといえば、ない…と。
少なくとも私にはそう感じられるようなことがここ最近重なってしまいました。
これから通う中学校の保護者説明会の通達も、
いつまでにどこで中学校の制服を作ればいいのかという通達も
我が家にだけ届いていないことを知って、
結局、中学校近くの文具店のおばさんが
これからどうすればいいのか全部教えてくれました。
おばさんはとても優しかったけれど、とても惨めな気持ちになってしまいました。
単なる事務上の手続きの誤り。悪意はない。
小梅はいつも深く考えたら負けって態度だったじゃない…。
けれども、その小梅が亡くなった直後のことで、気分がずっと晴れないままでした。
全て同じといかないことは理解しているけれども、
必要な通達は出してほしいと学校の上の方にお願いしました。
けれど、卒業式当日すらも、どこまでも居場所ねぇな…と感じる出来事があって。

これから入学する中学校の支援学級の情緒クラスもスズは一人です。
上級生もいないので、先生とマンツーマン^^;
一人で支援学級に在籍することで生じる出来事、これからもあるだろうと思います。
こういった出来事に直面したときに、
行動の面でも、気持ちの面でも
保護者としてどのように対峙していくのか覚悟しなければと思います。
もうほんとにすぐ鬱々としてしまって。あ~あ! しっかり自分!

**********
最後にもうひとつ、
スズの担任の先生が卒業生全員にあてた言葉を紹介させてください。

 ~卒業おめでとう。
 新たな生活をスタートさせるみなさんに、はなむけの言葉をおくります。

 それはあなたの周囲にいる「弱い立場にいる人」に関心をもってほしい、
 あなたの思いをもってほしいということです。

 人はだれでも強みと弱みをもっています。
 (得意、不得意といってもよいです。)
 だから、あなたの強みで周囲の人の弱みを補うのです。
 そのような互いの働きで、あなたを含む集団の生活を向上させることができるのです。
 「思いを届ける」、それがみなさんに願うことです。

卒業生に向けられた言葉ですが、何度も読みました。

私はいつもスズの優しい気持ちに助けられていると感じます。
注意されるのが苦手なショマが傷つかないように
さりげなく手助けしてくれているのも知っています。
細やかな気遣いができる子なのに、
同世代のいわゆる健常の子とはどうしてうまく関われないのだろう…。
おしいな。本当におしいな。
こんな気持ちがずっと自分の心にくすぶっていて。
「うまく関われない」、こここそが障害由来のものであるとわかっているのに。
いきいきと楽しそうに過ごすショマを見て、
ショマの人生はとても充実していると素直に思えるのに、
スズに対しては、ときおりもどかしさを感じる自分が嫌だなと思います。

障害があってもよいと思う私と
こんな障害がなかったらと思う私と、兄と弟の間で思いが揺れる。
このことに関しては今は答えが出ないというか、
一生自分なりの答えが見つからないかも^^;

弱い自分に、母としての強みがあるというなら、
ショマ、スズ、ふたりとも大好きでかわいいという思い、
ふたりに向き合って成長を見届けたいという気持ち。

まだまだ続く育児、この気持ちは忘れずに
ふたりに届けていきたいと、そう思います。

| 自閉症関連 | 20:12 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

後輩へ伝えたいこと

今週、支援学級のお友達が
6年生を送る会を開いてくれました。

私は先生からのお便りを通して
その様子を知るのみですが、
みんなが作ってくれたメダルを首から下げて
友達みんなと笑顔で写真に納まっていました。

友達の転出で
今年度途中から6年生はスズ一人となり、
そのころから一層、
6年生として学級のお手本になれるようにという気持ちが
随所に見受けられるようになってきたと思います。

小学校1年生で学級に入学したとき、
高学年の先輩の落ち着きがまぶしく感じられたものですが
今そのときの先輩と同じ立場にいるのだなぁとしみじみ思います。
立派に行動できているかはひとまず置いておいて。ヨイショ。

スズからはいただいたメダルのお礼に
1年生から5年生のみんなにそれぞれメッセージを伝えたそうです。

 「今まで学級を盛り上げてくれてありがとう。
 ぼくがいなくても、みんなで学級を盛り上げてください。」

 「自己中心的な考えはやめましょう。」

 「5年生は、リーダーとしてみんなのお世話をがんばってください。
 ぼくも中学校で頑張ります。」

お、おぅ! なかなかの上から…いや先輩らしさが滴り落ちるメッセージ。

これからの学級は5年生の子に託すんだという気持ちもとても強く、
5年生のお友達とはずっと一緒に机を並べてきた仲間でもありますから
最近は、卒業が寂しいなとポツリポツリと漏らすことが多くなってきました。

もうひとつ、ちょっといいこと言っているじゃない? と思ったメッセージ。

 「苦手なことや嫌いなことから、逃げないでください。
 逃げると幸せも逃げてしまいます。」

うんうん、確かにそうだね。
スズ自身も苦手なことがたくさんあって
まだまだ自信がないなと思うこと、できれば避けて通りたいこと、たくさんあると思うけれど
学校生活を通して身につけたほのかな自信や達成感もまたあって、
それを言葉にしてみんなに伝えたかったのかなとも思えます。

今日は先日の市場でみんなで稼いだお金をもって
ショッピングセンターで食事を楽しむ日。
先ほど、楽しかった! と言って帰ってきました。

みんなで最後に出かける日。
スズは楽しみで楽しみで、昨夜もなかなか寝られないと言っていました。
朝になって、浮かれすぎていて慣用句の宿題を忘れていたことが発覚!

 ああ~どうしよう。先生になんて言おう

と困り果てていましたので、
正直に校外学習のことが気になりすぎて忘れていたと先生に言いなさいと。
苦手から逃げちゃだめなんでしょう。くくく…と母の心の中はにやにやしてしまいました。
自分に返ってくる怖い言葉でもあります。

| 自閉症関連 | 16:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かわいいはすごいこと

【一心不乱に毛づくろいする昨日のめーちゃん】
IMG_20140312_163022.jpg 

【なぁに?】
IMG_20140312_162915.jpg 
なぁにって、もう~~♪♪
めんちょこりんのちょんりんちゃん(←訳:とってもかわいい子)だから
ずっと見ていたのよ~ 

という、めごばかから始まりまして
違う話題に移ります。

今日、夫が東京出張に行きました。
新幹線に乗って

パニック障害により行くことが困難になった美容院や歯医者。
年月を重ねて、行けるようになったり、また元通りになったりも繰り返しながら、
少しずつ美容院や歯医者は克服。
最も克服が難しいところだったのが新幹線乗車。
2006年にパニック障害を発症して、
新幹線にまったく乗車できなくなってから、今日の乗車は7年ぶりです。

以前、一度電車で出張先に出向いたはよいけれど
帰りの電車にどうしても乗ることができなくなったこともありました。
レンタカーをこちらから手配しようとしたものの
夜9時を過ぎて、どこのお店も閉まっている。
そのときに、その地方に住む同じ会社の方が
仙台まで夫を車に乗せて送ってくださったことがありました。

高速道路で思わぬ車の故障に見舞われたときは
会社の後輩の方が深夜に岩手県まで車を走らせて
夫とショマスズを乗せて仙台まで戻ってきてくださいました。

一番症状がひどかったころは
休職も考えましたが、それも簡単にはいかないのが会社勤め人。
新幹線に乗れなくなってから、出張の機会は何度かありましたが、
すべて自家用車で行けるところになっていました。
2度ほど大阪出張 という話がありましたが、
会社の人の多くが行く出張で、バスチャーターだったのでなんとか乗り切り。
けれども、まったく遠方への出張の話がなかったわけではないと思うのです。
事情を知っているごく身近な方が配慮してくれたのではないかと思います。

今回、東京出張の話をいただき、
夫もやってみると前向きにがんばりました。
何度か仙台の地下鉄で練習もしてみて、
ショマスズも改札で待ちながら父親を応援

絶対に克服はできるとそう信じて、
でも長い時間がかかるだろうということもわかっていて、
たくさんの人にご迷惑や心配をおかけしながら
少しずつの歩みではありますが前進することができました。
ゆっくりのんびり克服していこうとはいうものの、
夫もままならないことに強い焦りもあっただろうし、よく頑張ったと思います。

今日も新幹線に乗るずいぶん前から
手の汗がすごい、だとか、お腹が痛いなどなど
次々とメッセージが私のもとにラインを通じて届いていました。

それは予想していたことなので(笑)、
愛姫が「めーちゃん」という人間からの呼びかけに対して
「め~」と可愛らしくお返事をする動画を朝に撮影して送っておいたのです

夫はめーちゃんのお返事に常にめろめろめろう。
めーちゃん動画を見れば不安も和らぐはずと。
妻からのメッセージ動画が届いてもおっかないだけでしょうし…アアン。

結果、かわいいはすごいこと! ということがわかりました。
め~動画を見て不安も薄らいだようです。
無事東京に着き、晴れやかな声で電話がありました。

【めご、今日は寒くて一日ダサい毛布IN】
IMG_20140313_155538.jpg
かわいい猫自体は大きな仕事を成しえたことに気づかず。
ああん、可愛いに気づいていないところがまた可愛いのよね~めろめろめろう

| 猫関連 | 19:42 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鎮魂の日

今日の仙台は青い空が広がる晴れ。
晴れているけれど、
強い風が遠くの雪雲から雪を連れてくるようで
時折風にのった雪が青い空から舞い降りてくる一日でした。

今日で東日本大震災から3年。

ショマは 『鎮魂の日』 のため学校がお休みでした。

制服のネクタイを買うために、
ショマとふたりで午後から街へ。

IMG_20140311_155950_201403111708012ba.jpg 
勾当台公園で、ボランティアの方から黄色いハンカチをいただきました。
災害発生時に安否確認をスムーズに行うための黄色いハンカチだそうです。
玄関先などに黄色いハンカチを掲げて周囲に無事を知らせる。
このハンカチで外部から安否確認がすぐにできれば、
次の安否確認の場所へ迅速に移ることができる。
こういった趣旨のハンカチのようです。
災害備蓄品に詰めようと思います。

公園やアーケード街の何箇所かに献花台が設置され、
鎮魂のための音楽が多くの演奏家によって奏でられていました。
IMG_20140311_141241_20140311171620d6f.jpg
足をとめて、『You raise me up』 に耳を傾けて
14時46分を迎えました。

鐘がなり
目を閉じると、アーケード街を歩く人の気配がすうっとなくなり
静かな時間が訪れました。

震災から3年、それは節目の年ということなのか
メディアでも震災について取り上げられる機会が
ここ数日でぐんと増えました。

3年という歳月が節目という意味合いだけでなく、
ひと区切りということにならなければいいなと
ぼんやりと気持ちに浮かんできていたけれど
街を歩く人-年配の方、震災後に生まれたであろう赤ちゃんを連れた方、
年若い方、私と同世代の方
それぞれに鎮魂の歌に耳を傾け、祈りを捧げる姿に
そこに込められたお一人お一人の思いを知ることはできないけれど
この日、この時間はこの街に暮らす人にとって
ずっと特別なものであり続けるのだろうと思いました。

IMG_20140311_060617.jpg 
今朝のゴンちゃん。
今日は少し長くお散歩しようね、と朝の5時20分からお散歩スタート。

散歩から帰宅して
起きてきた夫に、
今日はゴンちゃんに長めの散歩プレゼントしたのと言うとキョトンとしていました。

一瞬ゴンがどこから来た犬なのかわからなくなってた、
もう家の犬だと思っているからと言われました。

テレビに映し出された福島の地図を見て
ゴンちゃんはこのあたりに住んでいたのかな、といろいろ想像もするけれど。
ゴンちゃんはもちろん何も言わないし。
でも、散歩に行って、奥さんボク満足♪という顔を見ることができると
ささやかだけれど穏やかな暮らしを守ってあげたいなぁと思うのです。

| 未分類 | 17:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほっこりほろり

スズの小学校卒業の日が迫ってきました。

今年度に入ってから
行事をこなすたびに、これが小学校生活最後の○○…と思ってきました。
今年度も残すところわずかとなり、
いよいよ実感が伴って、これが最後の…と思うことが増えてきました。

【小学校生活最後の 『私たちの作品展』 出品】
DPP_0164_20140306180736eee.jpg 
…とupしそびれていた写真を載せてみる。
優秀賞をいただきました。やったね!
あれ? もしかしたら出品した児童全員いただけるのだったかしら
6年出し続けているのに覚えていないなんて

************
先日は小学校生活最後となる参観日がありました。
DPP_0012_201403061926014ed.jpg 
教室にはスズ卒業までのカウントダウンカレンダー。
一日ごとに友達や先生からのメッセージが書き込まれています^^

授業内容は 『○○(←学級の名前)市場を開こう!』 でした。
学級で製作した作品やクッキーを教室内で
本物のお金を使って売買する、というものです。
お客は私たち保護者。
DPP_0003_20140306193026f8b.jpg 
スズはカレンダー販売担当。

訪れたお客様にお子様の名前を聞き、
お子様が製作したカレンダーを選びながら300円で売っておりました。

【売り子さんにどのようなカレンダーか見せてもらいました。】
DPP_0008_20140306193301d9e.jpg 
なかなか素敵じゃないですか~
よし買った!

そのほか、
IMG_20140226_073405.jpg
スズ製作、ゆるキャラプラ板。
沢さんに見てもらったら、『むすび丸~♪』(←宮城県のゆるキャラ)と言われましたが
右上は 彦根市の 『ひこにゃん』 かと。
うちの息子に宮城愛が足りずすみません。

さらに、子どもたち製作の絵本がセットになった 『ほっこり絵本セット』 も買いました。
【この絵本を読むと気分がほっこりしますよ♪】 が商品の宣伝文句。
IMG_20140226_094524.jpg IMG_20140226_094715.jpg
 これはボクが生まれる前のようすだった。
 →のように日にちがたてばタマゴとなりおなかからでる。
 たぶんたまごから出たら人生のはじまりだった。
IMG_20140226_095026.jpg IMG_20140226_095218.jpg 
 やっとたまごからかえったボク。
 生まれたばかりのかんじがしないのはなぜなのか

 種類はちがうが生きていれば (まあいいや!)
  と思った。
 動物なので学校はないが、友だちがたくさんいてボクはしあわせだ。
 この世に生まれてよかったと思う。 
IMG_20140306_195433_20140306201032df2.jpg 
この生き物は何!?
誰と種類が違うの!? これもしかして左馬介!?
思わず作者を質問攻めにしてしまう読者の私。
作者によると特に深い意味はないそうです。
ああん、ほっこりというより神秘の絵本だわ 

こうして、いくつかの商品の売買で
お客様とのやりとりを楽しみ、勉強しながら授業は終了。
IMG_20140306_181453.jpg 
後日、売り上げ票を作ってもうけを計算してきました。

じゃーん、みんなで使えるもうけでーす。 
来週は支援学級みんなで校外学習に行きます。
小学校生活最後の学級での校外学習ですね^^
卒業前に思い出に残る活動を、という先生のはからいで
スズの好きなでショッピングセンターに行くことになり、
市場でのもうけはこの校外学習で使うそうです。

スズも今から楽しみにしています。
その校外学習が終わればすぐに卒業式。
スズは学級が大好きだったから寂しくなるね。

そして、これも小学生として最後のお手紙になるのかな。
小学校にいる6年の間に
スズからはたくさん手紙をもらいました。
スズから手紙をもらうのがいつも楽しみでした。
IMG_20140306_141248.jpg 
お母さん、ここでほっこり…というか、(゚ーÅ) ホロリッコリ

| 自閉症関連 | 20:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鴨・鴨・ガチョウ、そしてラブ

週末たまに子どもたちを温水プールに連れていきます。
先週の土曜日も支度をしてプールまで連れ出したのですが
なんと、プール改修のためしばらくお休みとのこと。

子どもたちがガッカリしてしまったので、
急遽行き先を変えて、水鳥のいる公園へ。

白鳥を見るにはもう遅いかもしれないよ~と言うと、
それでもいい、鴨ちゃんが見たい! とスズ。

DPP_0031_201403041720056ee.jpg 
白鳥はやはり奥のほうに2羽ほどいただけで
ほとんどが鴨ちゃんと思われる群れ。

それでもスズは大興奮で、
今日はプールが休みでよかった というほど。
そ、そんなにLOVE鴨!?

よくスズが言っているのですが、
キジトラの猫と鴨が似ていて好きなのだそうです。
DPP_0074_2014030417232518d.jpg 
特にこうして鴨ちゃんが羽根を休めている姿と
キジトラ猫が香箱を組んでいる姿はそっくりで、
湖の中にキジトラ猫が浮かんでいてもわからないんじゃないかって言うんです。

【果たしてそうでしょうか?―検証】
DPP_0088_20140304172634c41.jpg 
うーん。微妙。

餌など持たずに手ぶらで来てしまった私たちの前に
パンの神様が降臨しました。
DPP_0073_201403041734536b9.jpg 
大きな袋にパンを入れてやってきたおじさんが
ショマスズに、これをあげたらいいよ~とたくさんパンを分けてくれました^^
パンの神様ありがとうございます!

よく鳥たちにパンをあげているおじさんなのでしょう。
DPP_0045_201403041736576a3.jpg 
慣れたもので高所にいる鳥たちも空中でパンをキャッチ。
おじさんとの見事なコンビネーションを見せてくれました。

DPP_0017_20140304173846424.jpg 
それまで子どもは見慣れているんだよ~とばかりに
クールなたたずまいを見せていたガチョウと思われる鳥が
パンを手にした途端急いでやってきました。
DPP_0113_20140304174040bd2.jpg 
追い詰められるショマ。

自宅で毛がふさふさの動物と暮らしながら、
今さら言うのもアレですが、
毛がついた生き物に対してショマはどちらかというとビビりなんだろうと。
ガチョウに近寄られてちょっとビクビクしながらパンをあげていました。
これからも動物と暮らしたいので
毛がついた生き物に対してビビりという事実について
母は気づいていないこととします。モフモフ。

反面スズはもっともっとパンを持ってまた来たいと。
近いうちにまた遊びに行くことになりそうです^^

【土曜日一番の萌え】
DPP_0098.jpg 
パンを口の端につけたまませわしなく動き回るガチョウでした^^

**********
鳥と関係のない話もいいですか。
昨日、生まれてはじめてペットお散歩のアルバイトをしたんです。
DPP_0208_201403041748510a8.jpg
アルバイトとはいえ、守秘義務がありますので
大きな声では言えませんが、飼い主さんがぎっくり腰になったそうで。うふ。
依頼主のワンちゃんはゴゴ君とクーコちゃんでした。
時給10円で承ったのですが、アルバイト料は散歩後の生八ッ橋でした。
クーコちゃんとは一緒に山をボフボフ歩いて楽しかったのですが、
ゴゴ君はおばさんにさらわれると思うのか、自宅方面を振り返ってばかり。
歩いてくれないと商売あがったりよ~。

| 未分類 | 17:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |