2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「駿」の字とともに

今日はショマの学校の体育祭です。
ショマ1 
今年のショマの書き初め。
走ることが好きなショマが、今年もたくさん走れるようにと
先生が選んでくれた「駿」の字です^^

毎日の朝マラソンで4kmの距離を継続して走り、
今日の体育祭に向けても練習をがんばってきました。

「駿」の字にちなんで、走ることに関して
ずっと書きそびれていたことを残しておきたいと思います。
********
ショマ1 
昨年、高等部ではじめて迎えた体育祭。
ショマ2 
ショマは100m徒競走で3位でした。
といっても、学年で3位ではありません。
徒競走は事前にタイムを計って、そのタイム順にグループを組んで走ります。
昨年はタイムが伸びず、走る順番は中くらいのグループ。
グループを組んだ中での3位で
走り終わったときは泣きそうなショマでした。
また来年がんばろうと励ましたけれど、
高等部から入学してきたお友達みんなが驚異的な速さで
たぶんこれからは悔しさいっぱいのことが増えるだろうなと思いました。

そして、なんとなく参加してみようかと
学校の体育祭のあとに、障害者スポーツ大会・陸上の部に参加しました。
ショマ2 
100m・200mの部に参加。
学校のグラウンドでは、スペースの関係で100mの直線を取ることができず
カーブを使って100mを走っているということなので、
まず母コーチによってまっすぐ走ることを教えられるという状況。
200mは体力が続かず惨敗でしたが、
100mはこれまた驚異的な速さの高等支援学校の生徒さんたちにひっぱられて
15秒くらいまで記録を伸ばすことができました。
ショマ1 
この障害者スポーツ大会を契機に
もう少し記録は伸ばせるのではないかと思うようになりました。
そのためには、母コーチ・スズコーチでは頼りないので、
以前中学部の先生に体力づくりのためにもと勧められていた
スペシャルオリンピックスに参加してみることにしました。

知的障害のある6歳以上の人なら
誰でも参加できるというスペシャルオリンピックス(以下SO)。
水泳・卓球など様々なスポーツプログラムがありますが、
ショマは陸上短距離を中心としたプログラムに参加しました。

新しいことに飛び込む勇気が母のほうになかなかないのですが
コーチや、周りの保護者の方もみんな親切にしてくださって、
陸上プログラムが開催される9月・10月の毎週末、
本当に楽しく参加できました。

準備運動からはじまって、スタートの確認、記録をとって、
11月の大会に備えて仙台大学の広いグラウンドで調整も。

コーチに教えていただければきっと早くなるという目論見はちょっと外れて
教えてもらえば教えてもらうほど
どうしたらそんな動きになるんだ的な場面もありました。
自分ではコーチの言う通りに動けているつもりなのだと思いますが、
考えれば考えるほど、体の動きがうまく連動していかないようでした。

それでも周囲の友達にも刺激を受けて、
何より、ショマ君は本当に走るのが好きねと
コーチの皆さんが嬉しそうに指導してくださったこと。
貴重な2ヶ月間を過ごすことができました。

ショマ8 
ショマ2
2ヶ月間の練習の成果を披露する11月の大会。
ショマは100m・リレー・立ち幅跳びに出場。

【がんばるよ~♪】
ショマ7 
初めての大会参加ということで、選手宣誓までさせていただきました^^

【SOのユニフォームを着て】
ショマ3 

ショマ6 
100mで参加者の中で2位を獲得できました。
リレーもバトンに不安があったのですが、競い合っての2位。
大きな自信につながったと思います。
何より本当にショマが楽しそうで^^
走る機会を得ることができたのが嬉しい。
今年も9月から陸上プログラムに参加の予定です。

******
さてさて、今日の体育祭。
今年は徒競走のタイムも伸びて
最終グループに残ることができました。
学年で1番早いお友達にはまだ勝てたことがないそうです。
学年対抗リレーでは2走目を走ります。

残念な結果に終わったら泣くだろうから
どう励まそうかとすでに考えている私もいるのですが(笑)、
まずは力いっぱい応援してきたいと思います!

| 自閉症関連 | 08:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バスに乗っての青葉まつり

5月17日・18日は仙台青葉まつり。

NHKで大河ドラマ「独眼竜政宗」が再放送され、
「愛姫(めごひめ)」熱が高まっている今(我が家だけ調べ)、
めーな1 
伊達家ゆかりの祭りを見ておかねばなるまいな!と
ショマスズを伴って昨日の本祭りを見てきました。

        青葉祭り2 
青葉祭り7  
吹く風も爽やかな5月。
定禅寺通りにすえられた伊達門のもと、
にぎやかにあでやかに、青葉まつり盛り上がっていました。

         青葉祭り3
青葉祭り1 
政宗公兜山鉾。
中に愛姫様が乗っていらっしゃるそうなのですが、見逃しちゃった~。
うちの愛姫嬢もいつかいつかこの中に。
……絶対ないですな。

青葉祭り9 
大鯛山鉾。
青葉祭り6 
雅山鉾。こちらにも美しい姫様方が乗っていらっしゃいました。
いつか私もこの中に…愛姫よりもっとないわ。

青葉祭り10 
囃子山鉾。これまた可愛らしいお稚児さんが中に^^
青葉祭り12 
シャボン玉を吹きながらの巡行。青葉に映えて幻想的でした。

青葉祭り14 
政宗公の長男・秀宗公は、伊予宇和島藩の初代藩主。
歴史的にもつながりの深い宇和島市からやってきた牛鬼です。
迫力の演舞で沿道が沸き、観客の心わしづかみでした。

青葉祭り8 
そして、すずめ踊り。

仙台のすずめ踊りは、慶長8年(1603)、仙台城移徒式(新築移転の儀式)の宴席で、
泉州・堺(現在の大阪府堺市)から釆ていた石工たちが、
即興で披露した踊りにはじまるといわれています。

西国らしい小気味よいテンボ、躍動感あふれる身振り、
伊達家の家紋が「竹に雀」であったこと、
はね踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたことから
「すずめ踊り」と名付けられ、長く伝えられることとなりました。

青葉まつりのホームページから由来の一部をお借りしました。
扇子を広げて舞い踊る姿は本当にかわいらしいすずめのよう。
小さい子も、赤ちゃんを背負ったお父さんも、障害のある方も楽しそうに踊っていて、
そばで見ていたショマもちょっと体が動いていて
お祭りってやっぱりいいものだなぁと思いました^^

*********
すずめ踊りをフィナーレまで見て
3人でバスに乗り帰宅~。

お祭りと少し話変わりまして。
昨日は夫も仕事で、
車を停める場所を見つけるのも大変だろうとバスに乗って出かけました。

ショマも学校まで市営バスを使って通学するようになり
この夏を過ぎたあたりで1年が経ちます。

バスに乗るのも慣れたかなと見たい気持ちもあっての昨日のバス乗車。

結果、ちょっと気になることが…。

学校から帰ってきた後、
「今日は前の席に乗れませんでしたよ。」と残念そうに言う日がたまにあって
一番前の席に座ることをマイルールにしていそうだと少し気にはなっていたのです。

昨日も行きのバスの中で
最初は3人で入り口付近に立っていたのが
ショマだけちょっとずつちょっとずつ前に移動しているんです。

そして一番前の座席が空いた瞬間、さっと周囲の人を押しのけるように座ってしまった。
周囲にご年配の方がたくさんいたにもかかわらず…。

本人としてはマイルールが達成できたわけですから
満足感・達成感でいっぱいだったと思います。
でも周囲の人をまったく考えていない行動で、見ていてうーん…でした。

年配の方がいたら譲る、なぜ譲るのかを理由を含めて理解するのは
ショマの知力ではとても難しい。
周囲の状況を見て、考えて柔軟に動くというのもとても難しいことはわかります。
そこに自ら設定した決め事があればなおさら。

けれども少し話をしてみました。
周囲に青森のおじいちゃん、おばあちゃんのような方がいたら
ショマは座らずにいてみようかということを。

「今日は譲らず(僕は)バツでした」とショマはガッカリ。
うーん、「バツ」っていうわけではないんだな。
足腰丈夫なショマは座らずともいいんじゃない! と言ってしまえば、
ショマの場合は、「若い人はバスでは座りません。」と
強固なお約束事になってしまうのが目に見えているので、そう言いきることもできず。

結局はたまに親も付き添って様子を見て
いろいろな場面で考えてみる機会を作らせることなんだろうなと思いました。
毎日学校にくっついていくわけにもいきませんから、
スズにも助けてもらいながら、
バスでのお出かけも増やしていこうと思います。

私が口で言うとセンテンスが長すぎるのか
(書き言葉も長いけど、話し言葉もまとめるのが下手…)
ショマにこうしたほうがいいよとスズ先生が言ったり見せてくれるほうが
ずっとショマに伝わりやすい気がします。
はぁ~センテンス短く伝える、も今さらですが意識していこ!

| 自閉症関連 | 17:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズの中学校生活

今日、スズは中学校の校外学習で山形へ。

【荷物準備中のお約束・ぼくも行く】
さーくん1  
朝早くから出かけて、さっき戻ってきました。

午前は山寺登山、昼食に山形名物・芋煮をいただく、お土産を買う、
午後は陶芸体験と一日山形満喫コース。
長丁場なので心配しましたが、とっっても楽しかったとのこと。よかった…。

山寺立石寺で一句、

 ムシの声 山にはロマンが いっぱいだ

だそうです。5-8-4音、ちょとおしい。
どんなロマンを感じてきたのでしょうか、大のムシ嫌いなのに(笑)

***********
中学校に入学して一ヶ月ちょっとが経ちました。
のんびりペースの子ですから、
最初は学校内で制服からジャージに着替え、
教室を移動するだけでいっぱいいっぱい。
小学校のときよりも普通学級の生徒さんとの交流もぐんと増えて
緊張や不安、疲れがこちらにも伝わってきました。
けれども、よい担任の先生に恵まれて
今はとても楽しく通っているなという印象です。

参観日もあり、6月にある各中学校支援学級対抗の卓球大会に向けて
みんなで練習している様子を見ました。

いわゆる情緒クラスはスズ一人なのですが、
病気のために別のカリキュラムで授業に参加しているお友達もいるので
合同で卓球練習をがんばっていました。

卓球そのものより、こぼれた球を網ですくう球ひろいのほうが楽しいようで
オレンジ色の球を、イクラがいっぱい取れると
いきいきと網ですくっていましたが

卓球ができるとは思っていなかったので
球を打ち返す様子を見ることができたのが、わたくしとても嬉しくて
ラケット買ってあげようかしら…などすぐ思ってしまうのであります。
…でも卓球台をどうしましょうか。

*******
参観後は担任の先生と懇談。

今年度ショマの学校で役員を務めさせていただいているのですが
一緒に役員の仕事をしているほかのお母さんたちのお子様が
スズの今の担任の先生に、
中学校時代に担任してもらっていたことがわかりました。
それも2名も。なんたる偶然。

○○先生すごくいいよ~とは聞いていて
お母さんたちの評判って本当に参考になるので、
それを聞いただけで安心みたいな

女性担任のN先生といたしましょう。
ご自宅で猫を飼っていらっしゃって、それだけでスズも話が弾む。
写真をプリントしてはさんでくださったり。
スズも先生に左馬介の写真をプリントして渡したりしています。

学級通信も多いときで週2~3枚、
A4用紙にびっしりと書いて出してくださるので
今学校でこんな活動を頑張っているんだ、
この活動は苦手で苦戦しているんだということが
こと細かにわかって本当にありがたいのです。
体育の交流授業での剣道には苦戦、
菜園活動は収穫の日を楽しみにお世話をがんばっていることなどなど。

ちーこ1 
教室の窓に貼られていた先生が作った切り絵。ほぼ猫でした(笑)
あまりに素晴らしいので、写真撮らせてくださいとお願いしたものです。
スズが先生に師事してこんな切り絵ができるようになったらどうしようと夢も膨らみます。

【今はこれくらいの腕のスズ弟子ですが…
ちーこ3
手先の訓練もかねて
作業の時間にはこうした切り絵やモザイクアートの制作に取り組んでいるそうです。

そして、先生も嬉しい誤算でしたねとおっしゃっていたのが
スズが部活動に入ったことです。

総合文化部という制作を中心とした部活動です。
所属する女の子たちは調理や手芸もしているのかな。

見学に行ってみて先輩がとても面白くて優しかったそうで
先生に入ってみる?と尋ねられて、入りたーい!と大きな声で答えたそうです。
同世代の子とかかわることが少なかったので
先輩が優しくしてくれて本当に心から嬉しかったのだと思います。

【見学の日に先輩に教えられて作ったという紙粘土スライム】
ちーこ2 
でも、私には総合文化部に入りたいとはなかなか言い出せなかったようです。
部活に入るなら、まあ運動部はまずないだろうから
吹奏楽部がいいんじゃない?と考えて、それとなく言っていた私に遠慮していた模様。
入部届けを出す1日くらい前に、総合文化部に入りたいんだ…と
申し訳なさそう~におずおずと伝えてきて、
もう~親の希望を押し付けてばかりではいけないんだな~と本当に反省。

先輩が優しくてよかったね、と言うと安心してにっこりのスズでした。

お琴のお稽古日は早帰りですし、
長時間の活動はかえって負担になるかもということで
6時までの活動のところを5時までにさせていただいたりと
配慮していただきながらの部活動です。
割と人数も多い部活のようで緊張する場面もあるかと思いますが
行く末を見守っていきたいなと思います。

さてさて、夕食の時間だ。
今日はスズが山形で買ってきた「たけのこ」のお惣菜も一品加えたいと思います

| 自閉症関連 | 18:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マジックで刻む

ゴンちゃん2 
少し前の写真ですが、遊びに来てくれた沢さんと出迎えたゴンちゃん。

よく家に来てくれる沢さんのことをすっかり覚えて
撫でてくれるまで期待で体がぶるぶるぶると震えだすゴンちゃんであります。

よく来てくれるネコ宅配便のお兄さんの声も覚えて
お兄さんの声を聞いても期待でぶるぶるぶると震えるゴンちゃん。
だがしかし、うちの犬が期待で震えていますのでどうぞあがって
なんてことになったら大変、大変よ! と妄想も膨らむというものです。

ゴンちゃん1 
けれども~体を寄せすぎると
ゴンちゃん3 
耳ぺったんこになる、恐怖と期待が隣り合わせの難しい男なのであるw

ゴンちゃん5 
さて、この難しくもかわいい男、
青森の母K子からも高評価を得ております。

曰く、福島ちゃんはおとなしくてとってもいい子

【えへへ♪】
ゴンちゃん4
「ゴンちゃん」と本名を呼ばずに「福島ちゃん」と呼ぶあたりに、
そのかわいらしさに完敗したわけではない!
名前を呼んでなるものか! というK子の妙なプライドもうかがえますが
話しぶりからして、かなりめろっているものと推測されます。

なんだかんだ言っても
うちのK子は犬が好きだよなぁと思います。

今回帰省して発見したのですが
竜太1 
正直可愛いかと問われれば微妙な置物が実家に増えていました。

多分、ラブだ! と思って買ったのでしょうが、ちょっとグレートデン風というか…。
でもK子がラブだ! ラブ大好き! と思って買ったのならいいの。

だって、
竜太2 
マジックで 「竜太」って名前付いてたし! 付いてたし!


うちの母、割と何にでも名前や日付を買った物にマジックで書くのです。
調味料とかトイレットペーパーをもらうこともあって、
ひっくり返すと、買った店名や日付が黒々と書いてある。

大事に捨てずに取っておいた品が
なんでも鑑定団で高額な値がついたらどうしようと夢見ているような母ですが
マジックで何か書いてある時点でアウトだと思います。

で、「竜太君」をひっくり返してみたら…
小梅1 
ここまでして書かなければいけないものなのか…。

日付なんだろう…って一瞬わからなかったけど、
命日じゃないかよ~~律儀に入れなくていいよ~orz

という北国の犬好きおばあさんの話でした。

| 犬関連 | 17:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

~脳味噌が満たされるまでの記録


実家の父の趣味、山野草。
写真を撮ったら?と勧められたので 撮ってきました。
自慢の山野草を誰かに披露したいようだったので
ここでのせてみました(笑)

昨日青森から仙台に戻ってきました。
帰省の残り話、少しお付き合いください

昨日の朝は早起きをして
夫と2人で青森の市場へ。
「のっけ丼」朝食を楽しもうと。


 
どんぶりにご飯を入れて
市場内の各店舗をまわって好きな具材をのっけてのっけて
自分好みの丼にします。

私達は食券を30枚購入。3000円分です。
ご飯なら食券1枚、鮑なら食券2枚、ウニなら食券3枚という具合で
手持ちの食券とにらめっこしながら、
何をどれくらいのせるか考えながら
市場内を行ったりきたり。


出来上がったのっけ丼・私バージョン。

串に刺さっているのは生タコ。
真ん中の黄色いのはヤリイカの卵です。

のっけ丼・夫バージョン。

ホタルイカの沖漬け、ヒラメなどなど。
丼だけで1人1400円分。お味噌汁がふたつで200円。トータル3000円。
うまいこと使いきったわ

連休中ということもあって
早朝にもかかわらず
市場内は丼を手に移動する人でいっぱい。
座って食べるところを見つけるのが大変なくらいでした。

小さい頃から行き慣れている市場ですが、 のっけ丼体験は初です。
観光振興のために始めた試みだと思いますが、
あれやこれやと迷いながら具材を選ぶのが楽しく
ショマだけでも連れてくればよかったと後悔。
スズの食べられるお刺身が限られているので
今回はショマにも我慢してもらって
母K子にお願いしてそっと家を出てきたのです。

ショマは、「お母さんだけまぐろ丼ずるいですね~」と言って起きてきたと。
内緒で出かけたはずなのになぜ知ってる

*****

左は青森の定番「源たれ」。
焼き肉のタレですが、万能調味料として長く県民に愛されているタレです。
源たれがない家が青森に存在するのだろうか。
仙台でも入手は可能ですが値段が他県仕様なもので
地元でたくさん購入じゃ。

右上は春の味、アザミです。
下北のおじさんが取ってきて持たせてくれました。
昨日の夜お浸しにしていただきました。
トゲがあるので、初めて食べたスズには衝撃の食感だったようです(笑)。

右下は亡くなった祖母の帯。
いろいろ写真がごちゃまぜですみません

今回、青森市内の着物リサイクルショップに行きました。
スズに合う着物や袴があれば買おうかなと思っていたのに
……私が自分の着物を買ってしまってすみませんみたいな。

夏のお琴発表会、ゆかた会で着てもいいかな~と。
お琴の演奏で出られるかどうかわかりません
現在練習中でございます。
いいの、受け付けでも。いや、むしろ受け付けだけをしたい。

という話を下北のおばさんにしたらば、
亡くなった祖母の着物持っていって~と
そりゃあもうたくさんの着物を 持たせてくれました。

残念ながら、小柄だった祖母の着物は
袖が短くて私にはサイズは合わなかったのですが、帯なら十分に使えそう。
さらにおじさんの男物の着物や袴もいただきました。

たくさんのお土産を車に積んで仙台へ。

待ちかねていたか左馬介。

愛姫は帰ってきた瞬間から
至って普通通りで、
2日間お世話してくれた沢さんからも
キャットタワーで寝ていて動かなかったよ~と報告を受けていました。
意外に肝の座っためごらしいというか。

左馬介と真生は私達が帰ってきても
どうも落ち着かない様子。
スズに対してもよそよそしい態度。
スズは、さま君は脳味噌がちいちゃいから
僕のことも忘れてしまうんだねとしょんぼり。

失敬だな。

今朝は左馬介も落ち着いて
スズにべったり甘えていました。
ちいちゃい脳味噌がスズのことでいっぱいになった模様。

ということで左馬介に失礼発言を繰り返して終わります

| 未分類 | 11:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青い海公園


夕方に青森市内に戻り、
閉店前の駆け込み状態で
観光物産館アスパムへお土産を買いに行きました。


お菓子などを買い、
自分用にはこぎん刺しのがま口。
お琴の爪入れにしようとスズとお揃いです。


今日はアスパム前でイベントがあり
ねぶたも出陣!
八犬伝がテーマのねぶたのよう。


後ろ側。鯉でっかいわぁ。
ねぶたを見るとテンションがあがります


帰る前に裏手の青い海公園をショマと散歩。
写真右手に見えるのは
かつて函館-青森間を運航していた青函連絡船です。

私はすっかり忘れているのですが、
夫がいうことには
ここでショマを迷子にさせてしまったことがあるそうなのです。
2人で声をあげて探し回って
とんでもないところで見つかったと。

そんなことがあったような。
うーん、詳細を思い出せない。


そんな話を聞いたからか
ショマとここを歩いていたら
少し目が潤んだ。
詳細を忘れているのに(笑)

ショマ本人は
どんなところでもトレーニングになります
言いながら公園をダッシュしてました


夕食は大間のマグロの中落ち~♪
ウマウマ~
明日は仙台に戻ります。おやすみなさい。

| 未分類 | 23:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またね下北。


下北のおじさん、おばさん、
いとこたちと久しぶりに会いました。
ダックスフントのダックは
竜太と同世代。長生きさんです


ウニ丼は食べられなかったけれど、
町でおすすめのエビフライをご馳走になりました。
ぷりっぷりの美味なり


しょっぱいおつゆに
あんこ入りの柔らかいお餅を入れていただく
下北の郷土料理「けいらん」です。
お餅を温かく、おつゆを冷たくするそうです。
要らん情報ですがK子の大好物です。

おじさん宅でワイワイ楽しみ、
ウニ丼リベンジを誓いながらお別れ。




ワイナリーに寄って
沢シッターにお土産購入。

帰りは私が青森まで運転。
と思っていたのが、
うっかりワインの試飲をしすぎて、
現在、ゆでタコのような顔で助手席です。

| 未分類 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海沿いを走る


海を近くに見ながら走ります。
下北を走る道で一番好きな道。

| 未分類 | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほたて観音


上北郡横浜町の有名豆腐店です。
朝から大混雑
豆腐ドーナツや田楽を買ってすでにお腹いっぱい。 


津軽海峡を一望できる展望台付きの休憩所に立ち寄りました。

【ほたて観音】


ホタテの台座に立っているのよ



ご利益がありますように。
…どんなご利益があるかしら。


ほたて観音の前で
横浜町名産の菜の花を使ったアイスクリームをいただく。

しかし、海風が冷たすぎてアイスクリームどころではない2人。

| 未分類 | 10:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウニ丼ウニ丼!

おはようございます。


たくさん歩いて
珍しくご飯への意欲も湧いていたゴンちゃんです。


******
葵さん、ココタマさんコメントありがとうございました
返信少しお待ちくださいね。


津軽海峡の沿岸を走って
下北に向かっています。

下北に行く目的は~

下北半島にあります
佐井村でウニ丼を食べること~

食べること~

でしたが、

今日はたまたま
たまったま漁協がお休みで
食べられないことがわかったのである。

写真はついこの間
佐井村でウニ丼を食べたK子からもらったもの。

ショマがまだ赤ちゃんのときに
一度佐井村でウニ丼をいただいたことがあって、
その美味しさに悶えたものです。

今日は無念のウニ丼ですが、
海がキラキラ輝いてドライブ日和。
下北の春、堪能してきまーす

| 未分類 | 09:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弘前城でーす。


到着ゴンちゃん( ´∀`)と
今日のお昼の青森の定番煮干し出汁ラーメン。




ショマを連れて弘前城に来ました。
スズは、K子によって温泉に連れ去られ別行動です。

ソメイヨシノはもう散っています。
名残りの垂れ桜と、
見頃を迎えている八重桜。

せっかく来たのでゆっくりしたかったけれど、
残念、どしゃ降りになってしまいました。
今、青森市内に戻る車中です。
ショマは疲れたのか
後ろでぐっすり寝ています

| 未分類 | 15:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴンちゃん、頑張っております。



最初震えていましたが、
すぐに落ち着きました。

青森まであと120㎞!
がんばれゴンちゃん!

ねこーずはお留守番です。
2日間、沢シッターがお世話をしにきてくれるのです。
ありがとう沢シッター

| 未分類 | 09:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手山でーす。

青森に向かって走っております。
岩手山SAで休憩でーす。

| 未分類 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |