2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いつかきっと

【下北から届いたホタテと遭遇】
ホタテと対決パッカ
【五目なますを作るスズを応援】
パッカのお手伝い2 
暮れは子猫も忙しいようです。

*********
今年も今日で終わり。
もうすぐ新しい1年が始まります。
めーな3 
今年は小梅のことがあり、
この1年が過ぎてゆくのはとても長く感じられました。

年の終わりにこんなことを言うのはどうかと思いますが、
あの日からずっと心にもやがかかっているような感覚でいます。
めーな4
それでも
楽しいことはなかったのか?
心から笑える日はなかったのか?

決してそんなことはありません。

家族や身近な友人、
少ない更新数にもかかわらずここを訪れて言葉をかけてくださる方、
ゴンちゃんをはじめ、真生、愛姫、左馬介、
ポランティアを通して関わった大切な命、そして薄荷。
めーな2 
今年もみなさんに助けられていると感じた1年でした。
1年ありがとうございました。心からの感謝を送ります。

悲しみは悲しみとしてずっと心に残っても
一日一日歩んでいけば、悲しみの角はとれて
優しく楽しかった思い出が柔らかく顔を出してくれる日もくるだろうと。

めーな1 
月10回めごばか更新は難しいと思われますが、
更新の際にはお立ち寄りいただけると嬉しく思います^^

どうぞよいお年をお迎えください。

| 未分類 | 08:32 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村田町の蕎麦祭り

今年も残すところ2日ですって。

大掃除ですが、汚れがよく落ちるというプリン状石鹸を
大量に作ったところですでに満足してしまいました。
よしとしよう。いや、よくない。

おせちも頼んではいるのですが
昨年の様子から一日できれいさっぱりなくなることがわかりました。
今日は少しだけお正月料理らしいものを補助的に作ろうと思います。

明日のお昼は年越し蕎麦を食べて、と。
蕎麦の話題で書きそびれていたことがあったので今日の日記にしちゃう!
よし、つながった

**********
11月、宮城県柴田郡村田町の新そば祭りに行ってまいりました。
村田町は蔵の町として有名な場所。
村田1 

         村田9
日本人はみんな蕎麦が大好きだから早く並ばねば!と
朝早くに出かけて並びました。
その意気込みで一番乗り。
一番は一番で少し恥ずかしいものですが
待っている間、村田町の方がたくさん話しかけてくれて
その優しさ温かさに感激の時間となりました。

蕎麦祭りが始まるころには長蛇の列。
村田10 
新蕎麦の緑色が美しい
村田4 
村田16
このお蕎麦を古民家の中でいただきました。
十割蕎麦です。蕎麦つゆも美味しかった~♪
この蕎麦粉は…蕎麦つゆは…とあれこれ予測しながら食べる私たちですが
鋭敏な舌ではないので予測はまるで当たっていないかも

村田2 
お蕎麦をいただいた後は蔵が並ぶ道を散策。
こちらは古くから続く雑貨やさんだそうです。
村田5 
懐かしい雰囲気漂う店内。
2階はこの家の蔵に残った品々を展示する記念館のようになっていました。
村田3 
昭和の教科書に見入るスズ。
どうわかりそう?と聞くと、わからないと…。ああ…時代を超えて学問は難しい。

村田11 
村田町には愛らしい接客隊がいらっしゃる。
村田のかわいこちゃん 
村田14  

村田17 
風情ある町並みを楽しみながら
蕎麦粉や南蛮漬け、特産の大根、お団子などなどをお土産に
帰ってから村田町の蕎麦粉で夫が蕎麦を打ってくれました。
水の配合などが蕎麦粉によっても違うようで苦戦。
打ち手にとっては納得の仕上がりではなかったようですが、みんなで美味しくいただきました。

村田7 
帰りは村田町の白鳥神社へ。
村田8  
樹齢1000年を超える巨木群で有名な神社とのことです。
村田6 
神社の前を流れる川を前にはしゃぐスズ。
とにかくショマにぺたこぺたこくっつきます。なんなのだ。

最近はスズも
「美味しい」と感じる食物の幅が広がって
以前は苦手だったお蕎麦も好んでたくさん食べられるようになりました。

明日は1kg蕎麦を打つ予定です。
それでもすぐなくなってしまうんだなぁ。
半分は母さんが食べているのでは…という噂もちらほら。
明日も今年最後のお蕎麦たくさんいただきまーす^^ 

| 料理・食べ物 | 09:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニャパネットより

ご無沙汰になってしまいましたが、
黒白子猫の黒子ちゃん元気にしております。
パッカ1 

パッカ5 
          パッカ4
          新聞紙と対決したり、

パッカ4
スズのお股に挟まったり、
パッカ6 
おじさんに抱かれて、おじさんの心を喜びで震わせたり、
パッカ2 
左馬介と寝たり、
パッカ4 
寝顔が面白かったり、と毎日お忙しいようです。

パッカ 
最近は我が家の猫たちには存在が忘れられていたいちごベッド がお気に入りです。
まお2 
よくこうして真生と並んで過ごしています。
まるで師匠と弟子のような真生と黒子。
ときには
パッカ5 
真生様にこうしてぶらさがって移動したり、
真生様の顔の皮が伸びるほど噛み付いていたりして、周囲の者をびびらせます。
なんという恐れ知らず。猛者! 勇者!

パッカ2 
彼女も左馬介同様、小さな箱に入るのが大好き。
箱やビニール袋、バッグに入っていることがあってびっくりします。
パッカ3 
おや?

何か封筒が入っています。

パッカ6 
こ、これは…まさか…
リュタタ店長 
10月24日の納品以来、
「受領いたしました。」の届けをニャパネットにすることを長らく決めかねていたのですが、 
このたび、黒子ちゃんを我が家の一員に迎え入れることに決めました。

まだ様子見の段階ではあるのですが、どうもこの子には喘息の気がありそうで
悪化した場合には定期的な投薬が必要となってくることがわかりました。
そういった理由もあるにはありますが、
何より初日から家に馴染んでしまって離れがたくもあり、
家族みんなで相談して決めました。
ショマだけはクリスマスプレゼントは猫じゃないのがいいと
正直に意見を述べていましたが多数決よ!

パッカ3 
名前は薄荷。スースー爽やかハッカから。
呼び名は呼びやすくパッカでございます。
薄荷をどうぞよろしくお願いいたします^^

| 猫関連 | 05:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

父母へ引き継ぎ

クリスマス 
今年のクリスマスも終わりました。

子どもたちにとってはクリスマスは楽しく大切なイベント。
今までこのクリスマスをめぐっていろいろなことがありました。
過去記事 クリスマス1クリスマス2。

しかし次男のスズも中学1年生。
ここらで、サンタクロースの仕事は父さん・母さんに引き継ぎしてもらって
忙しいサンタさんには小さな子どもたちのもとへ行っていただくという話をしても
よい頃だろうと夫婦で話し合いました。

夫は子どもには夢をもってもらいたいということで
最初はその話をスズにすることは嫌がっておりました。

けれども!

サンタに夢を持っている子どもが
なぜ父母に直でプレゼントのオーダーをしてくるのだ!
なぜアマゾンや楽天からの荷物を待っているのか!という私の説得により納得。

*******
クリスマスイブ、まずスズにその話をしたところ、
バツが悪そうに、実は少し前から…むにゃむにゃと。
この時からサンタさんって実は…むにゃむにゃと。
サンタさんについて自分が感じていたことを話してくれました。

でもショマには言わないで!と。ショマはサンタさんを待っているんだ!
ショマはいつもぐっすり寝ているから大丈夫!と。

…了解。

クリスマスの朝、枕元に届いたサンタさんからの贈り物を喜ぶショマの姿がありました。

一方のスズはプレゼントが気になって
結局朝の4時に一回起きてきました。
長年の習慣ってなかなか変わらないものなのね

| 自閉症関連 | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小学1年と中学1年のペイント絵画

早いもので明日学校に行けばショマスズも冬休み突入。

夏休みが明けて以降、特にスズは
学級で作ったキャンドルの販売、球技大会への参加、
職場見学として作業所やスーパーに出かけたりと盛り沢山の内容をこなしてきました。

【学校で販売したキャンドル】
スズ作品7 
販売の体験や、職場見学はスズにとっても大いに刺激となったようです。

小学校のときとは違い、普通学級の生徒さんとの交流の時間も増えました。
先日は体育でのバスケットボールの授業を参観してきました。
小学生のときは交流といえばびくびくしていましたし、
バスケットボール、それは高度な運動神経が必要とされる競技、
運動が苦手なスズにはハードルが高いわ…と母はハラハラ。

けれども、動きは俊敏でないながらも
…鈍いとは可哀相で言えないっ←言ってるようなもの?
笑顔も見え、得点力をあげるための作戦会議にも参加して、
同じチームの子達に名前も呼んでもらいながら
作戦を立てている様子に心から安堵しました。

先生からフォローを受けて、
おそらく周囲の生徒さんも気遣ってくれて交流が成立しているのだと思います。
参観日のあと、バスケットボールって難しいけど面白いんだと
スズが教えてくれたことが印象に残っています。

**********
参観日のあとは、入学してから制作した作品を見てきました。
スズ作品3 
切り絵のクリスマスリース。
スズ作品5 
校外学習で出かけた山形で作ってきたスープカップ。
本当はカフェオレを飲むカップを作りたかったのにスープカップになってしまったと。
難しくて先生にたくさん手伝ってもらった、
左の持ち手は指が入りにくい、小さくてスープは入らない…などなど
否定的な言葉をスズに並べられたスープカップ。
作るのは楽しかった、次はもっとうまく作りたいというスズの言葉にも期待して。
そして、食器棚に入れにくい…と。あっ、私までひどいことを言ってしまった。

スズ作品6 
これは何を表現しているのでしょう。パックマンかしら…。
指先を使う細かい作業はスズは苦手。
ハサミを使ったり、糊で小さな紙を貼ったりしながら指先の訓練となるよう
様々な作品作りに取り組んでいるようです。

スズ作品4 
ついにうちの息子の芸術が爆発してしまったと母が感じた作品。

名画塗り絵でした^^;
シャガールの『私と村』にパステルで着色したもの。
色を選ぶのが難しかったとのことですが、
綺麗に色が出ていたねとほめました。

そして、
スズ作品1 
スズ作品2 
レオ・レオニの絵本の絵をパソコンのペイント機能で再現したもの。

このペイント絵画は夏前に先生からコピーをいただき、
「あの頃」に比べて上手くなったな~と感動したもので
大事に保存してあります。

【あの頃のペイント絵画 『芋』】
スズ芋 
2008年スズ小学校1年生当時のペイント作品。
懐かしい懐かしいペイント作品の思い出です。

| 自閉症関連 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

打ち上げ会の夜

13日(土)の夜、スペシャルオリンピックス陸上プログラムの
打ち上げ会がありました。

スズも連れていくこともできるのですが、
たまにはショマと2人でのお出かけもいいかなと
今回は夫に預けて、ショマと2人いそいそと街へ。

ショマ5 
17時からのスタートにもかかわらず、
道に迷い、時間に厳しいショマを焦らせながらなんとか会場の中華料理店に到着。
ショマ6 
美味しい料理に、大人は少しお酒をいただきながら、
今年の陸上プログラムの感想を述べたり、
11月に福岡で行われた全国大会に出場されたアスリートの方の感想をうかがったり、
全国大会開会式に出席されたケネディ駐日大使や有森祐子さんの写真を見ては
わいわいと盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。

福岡での全国大会、ありがたいことにショマもお誘いいただいていたのですが、
修学旅行が終わったばかりで、母の家計脳内電卓でのアバウトな計算の結果、
全国大会に出たら、白米におかずは塩状態になることが予想されましたので
今回は辞退させていただきました。なんという貧しい理由だ…。

全国大会に出ると、子どもにも自信になるし、
ひとまわり成長するので4年後の全国大会はぜひ!とお話をいただきました。
4年後の大会は広島だそうです。また遠いわ…広島貯金しておかなければ。

宮城陸上プログラムのメインコーチは女性の方で、
いつも母のように温かくアスリートの皆を見守ってくださっています。
ショマ君は本当に走るのが好きねといつも言ってくださって、
同年代の良きライバルにも恵まれているから
ぜひ長く続けてほしいとこの日の夜も声をかけてくれました。

コーチの期待に応えて、来年もがんばる!とショマにも言ってもらいたかったけれど
なんと、来年の打ち上げ会はどこでやりますか?という
先の予定をコーチに尋ねておった。
ショマは来年は焼肉がいいそうです。なぜ幹事さんになっているんだ

来年もまた楽しくがんばりましょう~!とエールを交わしてお開きに。

*******
ショマ4 
せっかくなので2人で地下鉄に乗って光のページェントを見に行きました。
ショマ3 
ショマ1 
ショマ2 
ページェントも毎年のことですが、
行きかう人たちがみんな寒さが厳しくとも笑顔で楽しそうで
やっぱり見に来るとウキウキした気持ちになります。
コーヒーショップに立ち寄ってショマとコーヒーを飲み、スイーツを食べしばしのんびり。

…するつもりだったのですが、
ショマは次の予定が気になっちゃって気になっちゃって、 
コーヒーを飲みながら予定の確認ばっかりしていたような気が
そんなに先のことばかり気にしていたら疲れちゃうじゃん!と母は思うけれども、
先の見通しがあることが、ショマの安心の源なんだもんねぇと
2人きりで動いてみて改めて認識させられる夜。

コーヒーショップで立てた計画通りに
2人で市バスに乗って、バス停からは坂道を上って、母はぜいぜいしながら帰ってきました。
公共交通機関を使って移動できるというのがショマの自信につながっているようで
パパに迎えに来てもらおうよ~という私の誘いは一蹴されました。
2人でのお出かけには体力も必要ということがわかった夜です。

| 自閉症関連 | 19:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2次・ちびちゃんず成長記録・6

たちこ1 
先週12月4日(木)のアニパルでの譲渡会での様子です。
たちこ2 
もうケージ内でちんまりしているのは無理。いろいろなものに興味が広がってきました。

この日は残念ながらたちことたれ蔵のご縁はつながらず。

けれども、帰り道にお見合い希望者さんがいらっしゃるとアニパルより連絡が。
5日(金)の午後にお見合いをさせていただき、
なんとなんと2匹一緒での譲渡が決まりました

同じ環境下で密着していれば、きょうだい仲がよいのは当たり前といえばそうなのですが
たちことたれ蔵は何をするのもどこに行くのも一緒で
この仲の良さは兄さんとミルク級だと感じていました。

難しいかもしれないけれど
できればきょうだい一緒のご縁を…とひそかに願っていたのでただただ嬉しいです。

朗らかなお母さん、優しそうなお父さん、まだとっても小さなお嬢さん。
先住猫さんが2匹いる環境だそうで
小さなお嬢さんがたちことたれ蔵を上手に抱っこしてくれて、おばちゃん驚き。
「猫マスターはこうして作られる」を生で見る思いでした。

********
4日の夜、なんとなく明日お別れかなと思って撮った写真です。
譲渡会で疲れているところをお邪魔してパチリ。
たれ蔵1 
たちこ3 
たれ蔵2 
たちこはもう眠くて眠くて。たれ蔵は眠いのを我慢しています。

たちこ4 
たちこ、起きたのね~。
たちこ5 
せっかく寝付いたたれ蔵を起こす(笑)
たれ蔵3 
このたれ蔵かわいい~ のに、ソファの破れが貧乏くさいったら…orz
たちこ6 
譲渡会場でたくさん食べてきてお腹ぽんぽこりんたちこでした。
まだまだ小さいからね。たくさん食べて大きく育つんだよ~。
6匹きょうだいのなかで残ったたちことたれ蔵。
元気に大きく育って幸せにね。

********
新しいご家族が決まれば
別れはもう本当にあっという間です。
頭を撫でて、元気でねと声をかけるくらいのものです。
寂しさはあるけれど、帰り道は寂しさより何より
たちことたれ蔵が良縁に恵まれたことの喜びでいっぱいでした。

たれこにもそんな縁をつないであげたかった。
苦しさからあげたのだろう乾いたようなアッアッという口呼吸の音、
これまで猫とかかわってきてかいだことのないような便の匂い、
やせ細って顔が三角になって目がつりあがってきて…

何匹かの動物をこれまで見送ってきて、
なんとなくだけれど、もうこの世には戻ってこない「間際」というものがあるように思います。
たれこにもその間際は何度か訪れているように見えました。
そして、何度かそこから戻ってきてくれた。
結果、命をつないであげることはできなかったけれど
私は彼女の頑張りを忘れることはないと思います。

たれこを拙ブログの家族紹介のページに加えました。
お時間の許すときにでも目を通していただければ幸いに思います。

********
現在、アニパルにいる子猫も里親様が続々と決まっていて、
譲渡対象の子猫はいなくなりそうだとのこと。
これはとても喜ばしいこと。
譲渡対象の成猫はまだいるので、
子猫が決まったら成猫譲渡に力を注ぎたいとアニパルの職員さんがおっしゃっていました。

春くらいにはまた忙しくなるとのことなので
まだまだ未熟なボランティアですが継続してお手伝いするつもりです。
今回も温かな応援ありがとうございました。

| ミルクボランティア | 20:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

17歳の地図

17歳1  
昨日でショマが17歳になりました。

盗んだバイクで走り出す世代の15歳から
17歳の地図を描く年になった…と尾崎歌で年齢を考える世代の母です。

またまたいつもの如く
誕生日がくるのを心待ちにしていて、
誕生日が終わったら学校のみんなに
「マリオカート8のプレゼントをもらって、お母さんが豪華な料理を作って
大きなケーキを食べた」と報告すると予告しておりました。

なんというプレッシャーのかかる未来日記

ばらちらし 
豪華な食事…にプレッシャーを感じて結局バラちらしに。
豪華な食事に前の日の残り物のナメタカレイの煮付けも含まれているっていう。
まおさーもん 
写真を撮っていたら、真生様が駆けつけてくれたので
別盛りのサーモンでお祝いしてもらいました。
いきなり左にピントが合ってびびったわ。

今日はこれから療育手帳の更新手続きのために
発達相談支援センターにショマを伴って発達検査を受けてきます。
学校で簡単な検査は毎年受けていますが
支援センターで検査を受けるのは5年ぶりくらい…かな。忘れちゃった

今、平均してたぶん5~6歳くらいの年齢相当の発達だと思います。
もちろんアンバランスな発達を遂げるのが特徴ですから
1~3歳の分野もあるでしょうし、幾分突出している数値もあると思います。
けれども平均値としてはこれ以上、
上に伸びていくことはないだろうというのが母の見立てです。

ここまでの年齢に達したら
上に数値を伸ばすより、今できていることのバリエーションを広げていく、
横への広がりを持たせていくというイメージでおります。
求めすぎず、けれど、あきらめないみたいな。

いわゆる普通の17歳の心模様と、ショマの心模様はまったく違うでしょう。
けれども、彼の中にある自尊心はいつも感じているし、
その自尊心を大事にしながら、
間違いやできないことを恐れずに挑戦してもらうという方向に導けるように
サポートしたいと思っています。

また1年、ショマが歩く心の地図の助けができますように。

| 自閉症関連 | 08:19 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2次・ちびちゃんず成長記録5

久しぶりの成長記録です。写真たくさんです^^;
譲渡会① 
こちらは11月20日の譲渡会での様子。
譲渡会② 
こちらは11月27日の譲渡会での様子です。
少し大きくなっているのがおわかり…にくいな。
今月中旬には推定月齢3ヶ月になるにしてはやはり小さめではあります。
が、あふれる食欲で元気いっぱいです。

まおちゅー2 
真生との遭遇。
たちこ① 
かつおぶしの入っていた箱に入り浸る真生を観察たちこ。
たちこ① 
たれ蔵② 
たれ蔵① 
たちことたれ蔵は本当に仲良し。
仲良しなのはよいことですが、ケージ生活が長かったせいか
きょうだい互いを頼ることで事足りてしまい、もう少しだけ人馴れしてほしいかなというところも。

お世話係は思うのです。
寝食をともにすることで互いの距離はぐんぐん縮まると。
ちびちゃんず③ 
夜は抱っこして寝ることに。
これをやるとですね、人に馴れるというか、
「布団を提供してくれる人を好きになる」風でもあるのですが、ぐんと馴れる気がします。
人の顔を見ただけで怖がらず近づいてきて、ぐーぐー喉を鳴らすようになってきました。
ちびちゃんず④ 
おはよう~まだ眠いねぇ。

*********
パッカ⑤ 
一方、こちらは黒子ちゃん。下にはゴンちゃんがおります。
パッカ① 
うーん、ものすごい既視感。
てんこ① 
既視感の正体。

パッカ④ 
黒子ちゃんは天真爛漫。
どこに行ってもかわいい家族の一員になることと思います。
そろそろどうするか決めねば…でっかくなってきた。

キジトラーズともゴンちゃんともたれ蔵・たちことも遊びたーい♪の子で
月齢はそんなに変わらないはずのたれ蔵・たちことは体格差がありすぎるし、
加減を知らないお年ごろなのでキジトラーズにもうるさがられるしで、
遊びにも制限を加えねばならず、少しかわいそうな感じではあります。
パッカ② 
そして、最近1階でのフリー生活を解禁したばかりなので
ゴンちゃんが黒子ちゃんをとても嫌がっておられる…。
たれ蔵1 
初日からご近所だったたれ蔵たちが、
ちびちゃんず① 
上に登ってプロレスをしていても怒らないのに、黒子が同じことをすると落ち着かない。
ゴンちゃんはご近所のよしみに厚い男なのだ!
パッカ① 
ちびちゃんず② 
たちこ・たれ蔵ではなく黒子の動きが気になって気になってしかたがない。
ゴンちゃん 
しかし、ゴンちゃんは気づいていないのだ。
黒子に気を取られているすきに、頭をタッチされたり、鼻を触られたり、しっぽワサワサされたり
たちこ・たれ蔵に好き放題されていることを…。
ご近所のよしみに厚い男、それがゴン。

黒子ちゃんの動きにもまもなく慣れてくれることと思います。

| ミルクボランティア | 19:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |