2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

まずは見学から

年度末にさしかかり、
来年度、ショマが高等部3年生になってから行くことになる
作業実習施設の希望を提出する時期となりました。
いくつかの施設での実習を経て、
高等部卒業後どこで就労するのかを決めていくことになります。

支援学校生活も長いので
施設の見学はかなり行っているつもりでしたが、
いざ! と実習先を決める段になると、
意外に知らないところがまだあったり、新しい施設が増えていたり
見たことはあっても過去とは事業形態が変わっている施設があったりで
もっとこまめに動いておけばよかったかしら…と後悔しているものであります。

いいの。今年度はちょこちょこ見学しているし! と自分を甘く慰めたところで
見学してきた施設をいくつかご紹介したいと思います。
ただの食レポになる予感よ。

********
施設見学12 
こちらは宮城県庁18階にある障害者雇用施設のレストラン。
学校のPTA行事・施設見学会の下見ではじめて来てみました。
県庁内にあるレストランなので、
地産地消 にこだわり、宮城県産の食材が豊富に使われているランチです。

この日は 『スペインランチ』 だったかな。
伊達政宗の家臣、
遣欧使節団を率いてヨーロッパへ渡航した支倉常長にちなんだ限定ランチ。
写真に納まりきれていないのですが、確か料理6品くらいで1200円だったかな、
この品数でこのお値段ならお得~♪とみんなでわいわいと盛り上がりました。
施設見学3 
県庁18階なので仙台市内を一望。母K子を熱狂させる三越も見えます。
障害者の方はホールで働いている方が多く、制服がカコイイ
何より県庁内にあるって将来も安泰っぽいわ。
交通の便もいいし、この制服を着てキリッと働くショマを想像してみるも、
利用客も多いこのレストラン、ランチタイムにはかなりてきぱきとした動きが必要になりそう。
皆さん、オーダーもしっかり取っていらっしゃる。
一瞬いい夢見させてもらったけれど、うむ…ショマには難しいか…と思いました。

施設見学 
後日、参観日の代休で休みだったスズと再びこのレストランへ。
クリスマスランチをいただきました。
施設見学2 
仙台牛のステーキです。
ショマが働くのは難しいと思われますが
街に出かけたときにはすぐ立ち寄れる場所にあるので
来仙した母K子を連れて行ったりと、何度か食べに行っています。
あれ…やっぱり食レポになってる。

*******
施設見学13 
こちらも学校の施設見学行事ではじめて見学した施設。
施設見学10 
幼稚園や高齢者の方のお宅への弁当宅配、
お菓子の製造販売が主たる業務のようで
一日に作るお弁当の数が多いときで1000単位に届くこともあるとか。びっくり。
皆さん、やはりテキパキと働いていらして、
何より食べ物を扱う施設ですから衛生管理には十分気を配っている様子。
就労時間内はとにかく集中して作業することが求められる施設かなと感じました。
施設見学5 
こちらにも後日、来年度入試のために学校が休みだったショマとランチに行きました。
この日は見学ではなく、ただランチを食べに来ただけなのですが
めちゃめちゃ緊張しているショマです。
施設見学6 
ショマはオムライス。
食べ終えた後はほっとしたのか、急に口数が多くなりました。
マナーを守って食べられたので、ここで働けますね! と自信を深めていましたが、
いやいやいや食事マナーだけの問題ではないのだよぅ。
施設見学7 
私はあんかけそばを。
このあんかけそば、甘めのあんにおろし生姜をたっぷりかけていただくのですがおいしくて。
くせになりそう。また食べに行きたい。

こちらの施設は我が家からは遠いところにあります。
我が家から徒歩圏内にある施設は軒並み空きがなく、
それでもポコッと空きが出ることもあるので、
あきらめずに実習を入れてみては…とも進路の先生からアドバイスをいただいています。
けれど、そのような一か八か賭けのようになるのも怖いなという思いもあって
公共交通機関で練習してみて通えるようならば
こちらに限らずとも遠い場所にある施設も選択肢に入れたほうがいいだろうと考えています。

********
施設見学8 
最後に、ついこの間ショマも伴って見学に行ったお菓子専門店。
とっても小さな施設とは聞いていたのですが、本当に作業場は小さくて。
けれどもその分、支援員さんの目がよく届くのではという印象でした。

お菓子も本格的なものと思い、
働いたとしてどの程度できることが求められるのか尋ねましたら、
技術習得が第一目標ではなく、いかに安定して継続して仕事ができるかが大事なので
何かひとつでも得意な事、できることがあればそれで十分と答えをいただきました。
トータルで作業にかかわっている方もいるし、計量が得意な方、
洗い物ならプロフェッショナル、作るのが苦手でも販売で成果を出せる方もいる、様々とのこと。

1時間ほどいろいろな質問にお答えいただいて、
こちらは実習先の希望にしたいなぁという思いを強くしました。
やっぱり実際に見て、疑問に直接答えていただくのは大事ですね。
ただ…昼食はないので弁当持参になるんですね。
うっ…毎日ずっと弁当作るのか…と思ってしまった母であります。

*******
先月は学校で
就労したお子様を持つ先輩お母さんの話をおうかがいする機会がありました。

先輩お母さんの多くが実際に子どもを連れて見学してみることで
子どもの様子から、この施設がよいのではないかとピンとくるものがあるとおっしゃられる。
本当にそうなのかしら。ドキドキ。
ショマはとにかく無口でいれば採用してもらえる、働けると思っている節があり、
今のところ、見学に行くと喋らずじっとしているだけなのですが

また、就労はしてみたけれど、
子どもが安定せずに別の施設に移られたという先輩お母さんのお話もうかがいました。
そのような事態は誰にでも起こりうること。
私も不安のひとつでもあったので、
学校卒業後の就職活動についての手続きなど具体的に聞いてきました。

ショマにはB型就労施設を希望していますが、
B型就労施設とひと口に言っても、
就労時間いっぱいに作業スケジュールが入っている施設もありますし、
集中力が途切れないように、余暇活動時間を多めに確保している施設もあります。
ショマは自由時間が与えられると
何をしていいかわからず逆に不安定になってしまうように思うので
きっちり作業がある施設がいいだろうと親は考えていますが…
親の予想に反してということは往々にしてあるわけで。

実習希望先を決めるまで、時間は限られていて
今の段階でどこまで見極められるか不安もありますが
まずは見学頑張りたいと思います。
今日もショマは施設見学のために公欠、一緒に見学に行ってきます

| 自閉症関連 | 06:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寿


皆様へのご報告が遅くなってしまいましたが

私たち、

結婚しました!

********
いやいや、もう少し先かなぁと思っていたら
薄荷の発情が始まってしまいまして
以来ゴンちゃんにべったりです。

ゴンちゃんはゴンちゃんで
男の本懐を遂げようと熱心に頑張っております…。

なんなんだ…。

詳細はまた

| 猫関連 | 20:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素敵なお客様・2

福山雅治さんの歌、 『ALL My Loving』 を歌いながら
踊りまくっている金城武さんのアイドル時代の動画があります。
今回のライブで、福山さんがその歌を歌ってくれたので
帰りの車中で、Sさんがスマホで金城君動画のほうを流してくれました。

福山さんの歌の余韻に浸るべきところを
踊りまくる金城君で上書きしてよいのでしょうか、Sさん。

さて、間が空きましたが、べるちゃん来仙記の続きです

*******
前回、べるちゃんとみゆこさんが仙台にいらしてくれたときは
仙台市内を見てもらいましたので、今回は沢さんの運転で松島へ。

松島1 
松島に着いて、すぐに遊覧船のチケット購入。
松島19 
乗船前にべるちゃんとショマでパチリ。
すっかりべるこさん大好きになったショマ、
今回は母イラストによる顔になっておりますが、この絵以上によい笑顔です。
一方のスズはお年ごろなんですね、照れくささからかわざとはしゃいだり、
写真を一緒にといっても写らずに逃げたり、変顔をしたりでした
松島5 
あいにくの曇り空で島がきれいに見えなかったのが残念。
船の上からかっぱえびせんを差し出して
それをウミネコにかっさらわれるのが面白い松島での乗船体験。
けれども、ウミネコへの餌付けは糞害から松を守るためにここ数年で中止に。
楽しみが減ってしまったのは残念ですが、景観を守るためには大事なことですものね。
松島6 
ショマスズはずっとデッキの上。寒くないのでしょうか。
母さんは暖かい客室の中でうとうと船を漕いでしまいました。
乗船したうえでさらに船を漕ぐ! キャッおもてなしする側なのに!
松島4 
1時間弱、遊覧船で松島の景観を楽しみ、
船を降りるとそろそろ昼食の時間。
ショマが時間にうるさいので、瑞巌寺のそばのお茶屋で昼食を。

松島8 
べるちゃん、ショマ、私が頼んだのは穴子天丼。
遊覧船の中で松島は穴子が美味しいという説明を聞いて
ショマは絶対穴子を食べると決めていたようです。
同じものをべるちゃんが頼んだことで、
穴子天丼仲間!とこの辺りからショマのテンションが

テンションがあがってくるとお喋りの声も大きくなるし、
何回も何回も同じことを繰り返して話したり、
また話の脈絡がわかりにくく、唐突に社会人になった後の話などが始まったり、
声が低く大人の男性の発声なのに
発音が普通とは異なるのでまぁ目立ってしまうわけです。

私やスズや沢さん(←親戚同然なので入れてしまうw)は
その状態には慣れているけれど
べるちゃんも何度も同じ話に笑顔で受け答えしてくれて、女神かと思いました。
松島20 
ショマは手が綺麗、手タレになれるよとべるちゃんに褒めていただきました。
えへへ。嬉しい。アトリックスのCMに使っていただけないかしら…。

ショマにとっては穴子天丼をべるこさんといただいたがこの松島観光のハイライト。
家に帰宅してからも、「べるこさんと穴子天丼食べた」 と100回位話していたので
翌日、担任の先生はこの話を50回、
放課後ケアのスタッフさんも50回は聞いたのではと推測されます。

昼食後は瑞巌寺の参道を散策。
松島7 
観光案内所のシロちゃん。私達は会うのは3回目かな。
はじめて見たときより年齢を重ねた感はありますが、ご健在なのが嬉しい。
これからもよく寝て元気でいてね。
松島11 

べるちゃん 
図々しくも 「デート風の一枚」 と表現させていただきます!
ショマ、彼女の美しさに今日は杉の木がざわめいてるよ!
松島13 
松島湾で獲れた鰻を供養する鰻塚。
穴子の供養もきっと含むんだろうねぇと話していたところ、
ショマが嬉しそうに穴子さん美味しかったですと鰻塚に報告していました。 
ちょっとずれている気がしますが、穴子さん美味しい恵みをありがとうございます。

 
瑞巌寺を出てお土産やさんのある通りを散策。
松島18 
こちらは美味しいお煎餅や様々なデザインの手ぬぐいが買えるお店。
松島10 
かまぼこやさんで、撮影用かまぼこを持ってパチリ。
べるちゃん、むーこ! むーこだよ! と反応してくださってありがとうございます。
むう(こ)と一筆入れさせていただきました。
松島21 
笹かまバージョンもございます。
不思議とこのかまぼこを持った方はみんな笑顔に。
これひとつ家庭にあれば笑顔溢れる、と思うのですが、かなり重いかまぼこ達です…。
松島14 
お店の中で笹かまぼこの手焼き体験。
松島15 
私もはじめての手焼き体験です。
かざしているとぷくーっと膨らんでくるんですね。
膨らみ方もみなそれぞれに違って。
私の焼いたかまぼこの膨らみ方がなんか変だった…大人の話になるので自粛。

松島22 
最後に松島さかな市場へ。
穴子丼も美味しかったけれど、ここで新鮮なお寿司を食べるのもよかったかも。
子どもたちが焼きガキを食べたいというのでカキを焼いてもらいました。
後半は食べてばっかり

五大堂や、ガラス美術館などなどこの日だけではまわりきれないところもあり、
まだまだ一緒という気持ちになりますが
べるちゃんは17時台の新幹線で東京に戻る予定。
松島23 
スズはずっと照れくさかったのか、べるちゃんが何か話しかけてもふざけたり
私達が 「ワルちーこ」 と呼ぶ状態だったのですが、
お別れのときにはすっと手を差し出してべるちゃんと握手。
べるちゃんが東京に戻ってからはLINEで何やらお喋りをするのが楽しいようです。
ショマはべるちゃんとハグハグをして仙台駅でのお別れとなりました。
大人のハグをしましたとショマはにっこり。

べるちゃんがジャカルタに戻る日も近づいてきました。
東京、仙台と離れていて、またさらに距離が伸びるわけで
同じ空の下にいると思っていても、距離が壮大になりすぎるとやはり寂しい気がします。

でもロンドン時代にこのブログを見つけてくれて
そこから仲良くなって、異国から素敵なお便りを子どもたちに送ってくれて
長きに渡って子どもたちの成長を見守ってきてくれたべるちゃん。
次に会うときは、ショマも働いているかな、
スズも少しは大人びているかな、と想像したりして。

成長した姿をお見せできる日をまた心待ちにして、
べるちゃん、また会おうね!!!

| 未分類 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hotel de Fukuyamaがツアー名だそうです。

ゴンゴンさん、べるちゃんコメントありがとうございました

べるちゃん来仙記の前にひとつ。

お友達のSさんのお誘いを受けて
福山雅治さんのライブに来ております。





いやはやすごい人です。
たった1人の男性に対してこの集客力!

雪がちらつく中、お手洗いに並び思います。
TKC、そろそろ仕事して!


マヨネーズいただいちゃった
何年間も冷蔵庫に保存してしまいそう…

もうすぐ開演です。
楽しみたいと思いま~す

| 未分類 | 16:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素敵なお客様・1

2月7日、8日と大切な友人が仙台に遊びに来てくれました。

そのお友達とはこのブログを通して知り合ったBelleさん(以下べるちゃん)

もともとご実家でラブラドールと暮らしていたべるちゃん。
ご主人のロンドン駐在の折に、ラブラドールブログを探して
ここで竜太と小梅を見つけてくださったというご縁であります。

ロンドンから震災の年に東京に戻ってこられ、
昨年の夏からはご主人の海外赴任によりインドネシアはジャカルタへ。

今回、ジャカルタから日本へ、一時帰国の忙しい日程の合間をぬって
仙台訪問をしてくださったというわけです。

今は様々な便利なツールがありますから、
毎日のようにあれやこれやとまるで隣にいるかのようにお喋りを楽しんでいるのですが
それでもわざわざ会いたいといって遠くまで来てくれる
このありがたさ、嬉しさといったらもうもう! 
それではべるちゃん来仙日記スタートです

*******
東京からの新幹線が仙台に着いたのが2月7日の午後3時ころ。
ショマスズを伴って仙台駅へ。

仙台駅のエスカレーターを颯爽と降りてくるべるちゃん。
よくいらしてくれました!

ホテルまでの荷物持ちにとショマスズを伴ってきたのですが
騒いでばかりでほとんど役に立たないのであった…。

しかも! ホテルに着いたら、ホテルなど無縁の坊ちゃんたち、
素敵ホテル 
おい、興奮したり、くつろいだり、お手洗いまで使ったり
どうしてキミ達が旅行者気分なんだ!

無事チェックインも終え、狭いうえに汚い我が家にお迎えする前に白鳥の湖へ。
白鳥の湖2 
夕暮れが迫ってくると鳥たちはおネムになってしまうもので急いでここへ。
数は少なめだったけれど、起きて待っていてくれた子達よ。ありがとう!
白鳥の湖3 
白鳥の湖1 
某航空会社でCAをされていたべるちゃん。
すらりとスタイルのよい白鳥たちすらも、べるちゃんの美しさにざわめいているように感じます。
少なくとも、私が白鳥ならざわめきます。ザワ…ザワ…

パンを鳥達にあげて気分もほぐれてきたところで我が家へ。
接待パッカ 
ニュー接待部長パッカさん。
接待パッカ3 
接待パッカ2 
べるちゃんをがぶがぶしたり、シンクに飛び込んだり、ダンボールにズサーッしたり
やりたい放題のニュー接待部長。
子猫の悪の魅力を撒き散らしていましたが、
写真で見るより小さいかわいい~とべるちゃんに可愛がられご満悦。飼い主がご満悦。
接待さーにゃ 
こちらも必ず会える! 左馬介。

この日はなんと幻の猫・真生がべるちゃんの前に姿を現しました。
何を思ったか1階にドスドス降りてきた真生。
お客様がいらしていることに気づかなかったらしく、
べるちゃんが差し伸べてくれた手の匂いをかいだところ、急に焦って隠れてしまいました。

幻の猫に会えたからきっといいことあるよ、べるちゃん! と言ってはみたものの、
果たして本当によいことがあるかどうかは…真生、頼む! 

クリスピークリームドーナツ 
東京から甘いもの好きのショマのために
クリスピークリームドーナツを持ってきてくださいました。
仙台未上陸のクリスピークリームドーナツ
べるちゃんがいらっしゃるうちから、ドーナツに群がる3人の男たち。
あっという間に箱から姿が消えました

べるちゃんお土産2
そのほかにもたくさんたくさんのお土産が!
コーヒーにチョコレート、ナシゴレンの素に、
油で揚げるとぶわぁっって膨らむ、何て言うんでしょうね? ぶわぁ煎餅?

辛いもの大好きと言ったら、買ってきてくださったのが
下段の 〝Bon Cabe〟というインドネシアの唐辛子スパイス。
赤が辛さレベル10、黒が辛さレベル15。
どれくらい辛いの大丈夫?と聞かれたので、
尻から火を噴いても大丈夫とお答えしたところ、辛さレベル15もいただいてしまいました。

これは辛いもの好きにはたまらん一品です。
食べてみて食べられないほど辛いわけではないのですが、
体がぽっぽっぽっと温まって、気持ちよく汗が出ます。
最初はパスタに使ってみましたが、もつ鍋にラーメンにとかけまくっております。
べるちゃんお土産1 
ellipsのヘアトリートメントに、
左下はインドネシアのかごバッグ。

わざわざかごバッグ販売会に出向いて
右のような写真を現地から私にも送って見せてくれながら
べるちゃんが選んでくれたものです。

あのとき、大きさはこれくらいで、色はこういうので~と
私が図々しくお願いしたバッグが手元に。
書いてみると本当に図々しいわ…
べるちゃん、たくさんのお土産ありがとうございました!

**********
夜からはお楽しみの飲み会。
仕事を終えた沢さんとも合流です。

今回とっても残念だったのが
もうひと方、大事な友人のみゆこさんが来られなかったこと。
計画の段階では、「韓国料理をみんなで食べに行こう! In 仙台」だったのです。
けれども、みゆこさんはどうしても外せないご用事ができてしまい見送ることに。

せめて…と韓国料理店に向かう車中で
みゆこさんにテレビ電話。
みゆこさんとお話できてよかったとショマも喜んでおりました。

べるちゃんとぷよぷよ 
お邪魔したのは仙台駅東口の韓国家庭料理・扶餘(プヨ)。
乾杯の沢パンダさんとべる象さんです。

海鮮パジョンが美味しい! 外はカリカリ、中はふわっと柔らかです。
参鶏湯にトッポッキ、韓国のり巻きのキンパ、すべて美味しく
一品一品がすごいボリューム! 
韓国焼酎チャミスルを飲みながらゆっくりお話を。

食後にいただいたキャンディーが美味しくて
でも日本では食べたことのないお味なので、お店の人に聞いたところ、
「おこげ飴」という米から作った飴だとのこと。

「この飴が美味しいって言ってくれた人にはたくさんあげるヨ~。」と
お店の人がいっぱいの飴ちゃんをぎゅっと手の中に詰めてくれて
なんともほっこりした気持ちでお店を後にしました。

いつかべるちゃんの案内で
みんなで韓国旅行に行こう! という計画もあるので今回はその壮行会というところでしょうか。
壮行会から実際の旅行までかな~り間が空きそうではありますが
その日を楽しみに時々はこうして国内で会えたら嬉しいな。

べるちゃんとモヒート
場所を代えてしっとりと(笑)

現在インドネシアで、インドネシア語の習得に日々努力されているべるちゃん。
これからインドネシア語の授業だよ~、今単語の宿題やってるよ~などなど
普段のお喋りの合間からもその努力が伝わってくるのです。
実際にべるちゃんが書き込んだ単語帳を見せてもらって、
異国の地で日々怠ることなく勉強しているんだなぁと。
改めて尊敬のまなざしで見てしまいます。綺麗なのでウットリしながらも(笑)

インドネシア語を覚えて
たとえば東京でのオリンピックのときにボランティアとして生かせたら…と
インドネシア語を習い始めたときに目標を教えてくれたべるちゃん。
夢で終わることなく、うんうん、きっと実現するように思うよ。
幻の猫・真生もきっとよいことあるよ~って現れたのさ。そうさ~。

次回、べるちゃん来仙日記2回目です

| 未分類 | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とうもろこしさんの家

雪椿 
今年は雪が少ないなぁと思っていたら
先週末けっこうな雪が積もりました。

よし! ゴンちゃん散歩に行こう!

ゴンちん 
ゴンちん2 
ゴンちん3 
雪が降ったらゴンちゃんに豪邸プレゼントが最近のお約束だったのですが
豪邸建設も腰にこたえる年ごろの私。
ゴンちん4 
公園に誰かか豪邸を作っているはずとあてにしてきたものの朝早すぎたみたい…。
そこには真っ白な世界が広がるばかり。

ゴンちん5 
仕方ない。帰ろう。
家に戻って豪邸建設だ!

ゴンちん6 
豪邸完成~。毎年天井が低い豪邸完成~。
干し芋のおやつを豪邸のすみっこでいただくゴンちゃん。
ゴンちん10 
ゴンちん9 
見てください。とっても嬉しそうにしております。


しかしゴンちゃんは知らないのだ。


ゴンちん11 
写真撮影お手伝いのために、パジャマのまま外に引きずりだされたスズによって

ゴンちん8 

ゴンちん7 
表札が書き換えられ
ゴンちん12 
コン邸になっていたり
ゴンちん13 
コーン邸になっているということを…。

| 犬関連 | 10:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |