2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第6回ちびちゃんず成長記録・15

明日、11月29日(日)はアニパル仙台での子猫譲渡会。

我が家でお預かりしていた4匹の子猫ちゃんのうち、
キジ1号ちゃん  
キジ2号ちゃん 
今回参加するのは、キジ1号ちゃん(上)とキジ2号ちゃん(下)の美人姉妹。

茶トラ君1 
事後報告になってしまいましたが、
茶トラ君は私の知人の紹介でご縁がつながり、25日(水)に巣立ちました。
すでに自分の家として馴染んで、楽しく遊んでいるとのこと^^

【茶トラ君出発前のきょうだい喧嘩】 
ちびきょうだい 
【ひしと抱き合い仲直り】
ちびきょうだい1 
ちびきょうだい2 
キジ姉妹も寂しくなるだろう…と思ったけれど
どうやら茶トラ君がいなくなったことに気づいていない気が
気づいていないらしい…というのもなんだか寂しいわ

灰白ちびちゃん1 
そして、灰白のおちびちゃんも私の知人のお宅に行く予定であります。
灰白ちびちゃん2 
予定は決まっているものの、こちらのちびちゃん、
コクシジウムが出たりと、食欲のわりに体重が伸び悩んでおりまして、
もう700~800gくらいになってもよいくらいなのに、まだ500gを少し超えたところ。
動きもまだまだ赤ちゃんぽさが抜けず、トイレも安定していません。

駆虫の処置もして、体重が増える兆しが感じられるので
しっかり育ってから送り出すことになると思います。
灰白ちびちゃん3 
灰白ちびちゃん4 
ぐぉぉ~しかしこの赤ちゃんぽさがまた

ここにきて、お知り合いの方に譲渡が増えましたねとアニパルのスタッフさん。

というのも、「はんちょうちゃん」のご縁がどこかでつながらないかと
「はんちょうちゃん」を知る友人たちが、いろいろな人に声をかけてくれたから。
「はんちょうちゃん」のご縁はつながったので、ほかの子たちへのご縁となっているのです。
はんちょうちゃんの置き土産のご縁ですね
友人たちの協力に感謝感謝♪

*********
おちびさるちゃん 
さて、ずっしりと立派な小猿にと育ってきたキジ姉妹。
ほんと元気いっぱい。

特にキジ2号ちゃんは、やはりなかなかのいたずらっ子になる予感。
川浜イチのワルちび 
私と夫、昭和世代の夫婦に「川浜」と呼ばれております。古いネタで申し訳ありません…

キジ1号ちゃん3 
元気が良すぎる姉妹のHP用写真の撮影に苦戦する私。
キジ1号ちゃん2 
カメラを向けるとずんずんずん♪と近寄ってくるし、

キジ2号ちゃん2 
縁起よろしく招いているが顔見えず。
キジ2号ちゃん 
目線欲しさのあまり、上でじゃらしすぎた撮影例。 

キジちゃん姉妹 
結局こちらの写真を採用していただきました。
うーん、実物はもっともっととんでもなくかわいいんだけどなぁ

寒さが厳しく、明日の譲渡会は来場者が少ないのではと危惧しているのですが
多くの方に実物の可愛らしさに触れていただければなぁと思います。

| ミルクボランティア | 10:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

継続は力なり

久々にお琴の話題を。

夏にはゆかた会での演奏もあったのに
すっかり書きそびれて、今はもう秋。

昨日は地域のお祭りで演奏発表がありました。
またまた隣の中学校の筝曲部の生徒さんとの合同演奏でした。

時間になってカメラの試し撮りをして
「カードが入っていません」と画面表示されたときのショックよ…。

というわけで
ちーこ 
夫がスマホで撮った一枚で。

今回は 『ラン らん RUN』 という曲。
躍動感のある若者が演奏するにふさわしい曲だと思います。

同じ教室で一緒に習っている女の子が
今回は「十七絃(じゅうしちげん)」という絃が17本ある琴で演奏に参加していました。

「十七絃」は絃が太く、
力もなければ音を出すのも大変そうに見えます。
低音で「十七絃」が入ると曲全体がとても重厚になるような気がするのです。

いいなぁ。かっこいいなぁ。
スズも将来は「十七絃」弾けるようにがんばったら?
男の子で力もあるんだからさ~とすすめたところ、

「力だけで弾けると思ってんの?」とクールなお答え。
はぁ、ごもっとも。

いずれの目標の話なんだからそんなに冷たくあしらわずともさぁ。ブツブツ。 

まぁそれでもひとつのことを続けてくれているだけでも嬉しいものです。 

琴は女の子が弾くものという思いもあってか、
琴を弾いていることを同級生たちにあまり知られたくないという心を覗かせることもあります。
私としては、そんなこと気にするのか、面倒くさいわぁと正直思っちゃうのですが
とても人目を気にする子なので、いろいろと思うところがあるようです。

また成長期のせいか正座がきつくて
長く座っているのが大変になってきたと漏らすことも。

なんだかんだ言いながら続けられているのは
お琴の先生のことが大好きということもあるでしょうし、
演奏会の本番が楽しいし、達成感があるのだと思います。

昨日の演奏を聴いて
あくまで親の目ですが 継続は力なりで上手くなったなぁと思いました。
弦の真ん中寄りを弾いてしまうくせがあったのですが、
その癖もずいぶんなくなっているというか。

5分以上の曲なので一部抜粋ですが演奏動画です。
[広告] VPS

昨日は演奏のあとに司会のおじさんが
 

 「男の子も一人いましたね。
  男の子でお琴を続けるというのはなかなか大変だと思います。
  がんばってほしいですね。」

というようなことをおっしゃってくださった。
それを聞いていたのかな~。
演奏の後に、「僕、ちょっと自信がついた。」と小さな声で教えてくれました。

12月初旬には同じ曲で少し大きなホールで演奏会があります。
来年の春は子どもの邦楽コンサートではじめて
主旋律ではない二琴を弾くことに挑戦すると聞きました。
来年の夏にはいよいよ「六段」に挑戦の予定。

せめて中学校3年間は続けてほしいと思っているので
継続は力なりを励みにしてもらいたいなと思っています。

けれど、私が今年の夏のゆかた会をもってもうお琴お休みしているんです。
奴は私が言っても説得力ないと思っているに違いない…。

******
スズが習っているお琴教室のブログ
「仙楽会・かすみ会・京楽会のブロク」のリンクを横に貼っております。

京都・東京・仙台の先生・会員さんが交代で綴るという形式。
体験教室のご案内なども随時掲載されるようなので
ぜひご覧になってみてください

| 和楽器 | 19:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛情ワッフル

昨日はショマの学校の製品販売会でした。

ショマ1
今年、ショマは製菓班に所属。

衛生面における規定からか、
販売会でお菓子の販売はなく試食品の提供です。

ご来場いただく多くの方に
工房で作ったお菓子を試食していただきたいと作業実習もがんばってきました。

どんな風にお客様に試食を勧めたらよいのか、
家でも呼びかけの練習をしていました。

普段から声が大きすぎるところがあるので、
優しく声がけするようにたぶん先生から指導があったのだと思います。

「〝どうぞ試食してみてください〟って優しく言うよ」 と練習。

優しすぎて、「~ください」 のところが今度はそよぐ風のようなかそけき囁きに…

ほどよい加減っていうのがほんにショマには難しいのであります

********
製菓班の販売はないものの、
ほかの工房の作品を購入するのは年に一度のお楽しみ。
今年もしっかり列に並んで買ってきました

1月 
5月 6月
7月 11月
やっぱりこれは外せない。
紙工芸班による2016年度カレンダー

お世話になっている友へ年末の贈り物にするのが恒例になっていたのですが、
今年からは購入数量制限があり、一人2冊までに。
うーん残念。人気商品だものなぁ。

メッセージカード 
友人にはこのメッセージカードを贈ることにしましょう。
私の汚い字で書き込んだらせっかくのカードが台なしになるので、白紙で出そう…

木箱1 
こちらは木工班製作の木箱。
会場でも多肉植物の鉢とともに飾られていて
とても可愛らしかったので真似っこ。

でも、我が家ではどうせそのうち
耳かきやら爪きりやら、薬やらが木箱の中へと投げ込まれる予感がするので…
木箱2 
潔く消毒薬を入れておいた。
消毒薬でも可愛いからいいの。

*****
高等部になり工房に所属して作業に励んできた3年間。

1年目は紙工芸班、2年目は木工班、3年目は製菓班。
親の目から見てもショマは決して器用ではないけれど、
先生の指導を受けて、友達の助けを借りて
技術的なことのほかに、報告の必要性や集中して丁寧に作業に取り組むことなど
就労に必要なことを学んできたと思います。

親はショマからの自信たっぷりな「出来てます」自己申告を聞くばかりなので
作業の実態が見えにくいところがありますが、
まだまだ至らない点も多かろうと推測できます。

就労への期待はショマのなかで膨らむばかりですが、
卒業までの残りわずかな期間も
先生の指導をしっかり耳に入れて作業に臨んでほしいものです。

ワッフル 
さて、試食品として持ち帰った製菓班のお菓子。
試食品は一人ひとつまでと決まっています。
ショマはワッフル担当というのでワッフルをお持ち帰り。

無料でいただいておいて
こんなことを言うのはあれなのですが、ワッフル小さめなんですね。
フィナンシェやマドレーヌは大きくて、食べ応えありそうなのに。
材料費の関係なのかしら…

意地汚いと思われる方もいらっしゃるでしょうが、
ショマがパパにも食べてほしいと強く強く言うので、
♪めおとで仲良くはんぶんこ♪ だったんです。ますますちいちゃくなるワッフルワッフル。

正直、味がよくわからないうちにお腹の中へ行ってしまったワッフルさん。
愛情はきっとお腹に入ったはず!
そのようにお友達のみゆこさんが教えてくれました。
なるほど!! そうか!!

みゆこ先生の言葉に納得しつつも
パパに分けるふりして一人で食べればよかったという意地汚い後悔が消えない。

| 自閉症関連 | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第6回ちびちゃんず成長記録・14

家の中がとても静かです。

はんちょうちゃん、素晴らしいご縁に恵まれ、
16日に自分の家へと巣立っていきました。

*********
アキちゃん 
猫の話をしつつ、いきなりワンちゃん^^;
犬のボランティアさんの飼い犬の秋田犬のアキちゃん。
盲目ですが、ふわっふわのふわっふわで穏やかで会うたびむぎゅってしまいます。
もともとは保護犬だったそうで、
保護犬の啓蒙活動のための写真撮影に参加していました。
迷い犬ちゃん 
迷い犬として収容された女の子。
明るくて遊んでもらうのが楽しくて楽しくてという様子。まだとっても若い子のようです。
間違いなく飼い犬さんだったと思うのでお迎えがあるとよいのですが…。

と、犬と遊んでいたのは
先方さんがお見合い時間にまだいらしていなかったから。

今までちょっとタイミングが合わなかったりで
ご縁を逃すことの多かったはんちょうちゃんなので
もしかして、このままいらっしゃらなかったらどうしようと一瞬焦る預かり。

でもなんのことはない、
アニパルは広域譲渡も実施しており、
はんちょうちゃんのお見合い相手のご家族はわざわざ山形から来てくれたのでした。
思ったより時間がかかってしまったと。
ああん、はんちょうちゃんのためにわざわざ2時間もかけて

到着されてすぐにはんちょうちゃんを抱っこしていただき、
今までの様子などこちらから伝えたところ、
もう即決という感じで、「この子をいただいていってもいいですか?」のお言葉。

ご縁を逃しているうちに少しばかり大きくなってしまって…という話にも、
これくらい育っていると安心できますと。
ううっううっなんてありがたい

子猫から育てた経験もおありとのことで、
少しくらいのお転婆さんもウェルカムと。
ううっううっ、たぶん予想を超えるお転婆なんですが…めちゃくちゃよい子なんです

はんちょうちゃん1 
お母様に抱っこされて初めての家族写真です。

個人情報なのであまりはっきりと書けないのですが、
ご家族の状況がうちと同じところがあって。
我が家の家族状況から、お察しいただければと(笑)
うちもなんです~とお母様と別のと話で盛り上がり、こんなご縁があるんですねと。

優しいお父さんお母さんに息子さん。
山形には猫が飼いたいとく望んでいたお嬢様も待っているそうです。
待った甲斐があったというご縁だと感じています。

*******
長くいた子なので振り返りをさせてください^^
はんちょうちゃん2 
半長毛女の子ちゃん 
我が家でお預かりしたのが8月19日。
はんちょうちゃん4  
とても怖がりな4きょうだいでしたが、
部屋の探検を一番に始めて、環境に最初に馴染んだのがはんちょうちゃん。
ほかのきょうだいたちは、はんちょうちゃんの後をついて慣れていったという様子でした。
はんちょうちゃん3 
はんちょうちゃん6 
薄荷のことが大好きでいつも一緒。
最初は親子のようだったのが、最近では姉妹のようになって
どデカイ物音がするところに白黒コンビあり!の有様でした。
そんなわけで今静かすぎる(笑)

はんちょうちゃん5 
HP掲載用の写真撮影。
はんちょうちゃん7 
シャムちゃんと。あ~可愛らしいなぁ

はんちょうちゃん8 
もはや何がなんだかわからん集団写真。
はんちょうちゃん9 
譲渡会に出る機会も多かったけれど、
こうしてケージに入れられるのはうんと嫌だったみたいです。

はんちょうちゃん2 
お見合い前日の夜。
はんちょうちゃん3 
決まるといいねと声をかけながらのパチリでした。
おめでとう、はんちょうちゃん。やっと可愛いお名前をつけてもらえるね。

*******
ぱっちゃん 
お見合いに行く前の薄荷。

やっぱり寂しくなってしまったようでずいぶん探していました。
寂しくなると薄荷は赤ちゃん返りをしたようになるのでわかりやすいです。

ブログを書いている今も抱っこ…と来てくれたものの
運動神経が相変わらずなので、私のひざに登れず
それでもなんとか私の手首に爪をひっかけてよじ登ろうと…
大出血なのですが…ぱっちゃんどうしてくれよう

ぱっちゃん2 
けれども、新たなべったりちゃんも現れているので
あと少し薄荷の忙しい日も続きそうです。

| ミルクボランティア | 13:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第6回ちびちゃんず成長記録・13

お食事中 
ちびちゃん4匹の食事風景。

灰白ちゃん3 
一番のちびちゃんの灰白ちゃん。
灰白ちゃん4 
食べることが大好きでフードに顔を突っ込んだまま眠ってしまうこともしばしば。
人間の赤ちゃんでもこういうことありますね^^
灰白ちゃん2 
灰白ちゃん1 
最初のころの写真は離乳食で顔が汚れているものばかりでしたが、
食べるのも上手になって、ふわふわのかわい子ちゃんになってきました。
遊びに来てくれた友人の腕の中でおもてなしのちびちゃんです。

キジ1号ちゃんと茶トラ君 
こちらもすくすく。子猫らしいやんちゃな遊びが増えてきました。
キジ2号ちゃん1 
額にポイント。キジちゃん2号。
キジ1号ちゃん1 
おとなしめのキジちゃん1号。
おとなしく感じるものの、人間にあれこれ話しかけてきて
うんうん^^ なになに? と聞くばかりですが、もうかわいくて(笑)

メッツマンション1 
最近人気のダンボールマンション。
メッツマンション2 
屋根部分に漬け物石が…

茶トラ君1 
寝て起きて遊んでを繰り返して
猛スピードで大きくなるのは寂しい気もするけれど
健やかな寝顔を見るのは幸せなひとときです。

はんちょうちゃん1 
こちらは、加湿器が不思議すぎて何度も見に来ているはんちょうちゃん。
はんちょうちゃん2 
飲んだ気しないだろうと思うのですが、
はじめて見るもの触れるものに
何らかのアクションを起こすことに意味がある!のだと思われます。

この間はお風呂に行ったスズについていって
そのまま湯船に飛び込んでびしょ濡れで戻ってきました。
びっくりしたよ~
まさか飛び込むと思わずに、お風呂だよとスズが湯船を見せたのでしょう。
湯船見せるの禁止!ときつく言っておきました。

はんちょうちゃん3 
お転婆盛りのはんちょうちゃん。
明日、お見合いの予定です。

決まるかどうかはわからないけれど…、
決まってほしいと強く願いすぎると、決まらなかったらやっぱりがっかり感はあるので
決まるも決まらないもその子のご縁と
穏やかに凪いだ波のような静かな心でお見合いに臨みたいと思います。
でも、決まって~と、どうしてもいきり立ってしまうのよねぃ

[広告] VPS
最後にアニパル子猫たちの動画です。

| ミルクボランティア | 10:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の陸上大会を終えて

初夏には長距離プログラム、秋からは短距離プログラムとショマが参加してきた
スペシャルオリンピックス(SO)の陸上プログラム。

11月1日にプログラムの締めくくりとなる大会がありました。
SO6_20151113150659cbb.jpg 
SO3_20151113150701629.jpg
今年は大和町総合運動公園という場所での大会開催。

はじめて行った競技場でしたが、
色づき始めた周囲の木々の様子も美しく
秋の清涼な空気の中で楽しく競技を見てまいりました。

SO5_20151113151101656.jpg 
さすが運動公園内にある銅像だけあってすごい運動神経です 
スカートがぺらりしないかだけ心配。

毎年この最後の大会は
宮城県内のある中学校1年生の皆さんが参加して
一緒に競技をしたり、応援に参加してくれます。
そして、大会開会式のときにいつも工夫を凝らしたダンスなど見せてくれるのです。
過去の大会ではフナッシーが来てくれたこともあって…
SO2_2015111315220714a.jpg 
今年はダンソン! フィーザキー! を見せてくれました。
いやぁ、この馬の中の子ダンスにキレがあったわぁ ニーブラ。

中学1年生の生徒さんたちにいくつかグループを組んでもらって
たとえばショマスズ家には、このグループと割り当てられて
昼食も一緒にいただきます。

普通の状況でもまったく知らない家族と昼食をともにするって
何を話したらいいかなど中学生の子には戸惑いもあるのではと思います。
まして障害のある人と近しく接する機会も少ないでしょうし。
なんだか申し訳ない気持ちすらするのですが、
みんなかわいらしく明るい子たちで、女の子もいいなぁと思いながら
昼食も楽しく一緒にいただきました。

SO7.jpg 
キリッ あれ、髪がカツラみたいだ…

それはよいとして…
今年は長距離プログラムにも参加したので1500m、
そのほかに100m走、
100mリレー、400mリレー、パン食い競争に出場したショマ。

100mはどこからどこまで走ればいいか見通しがつく競技。
400mからはそうもいかなくなるので不安なところで…。
1500mはゆっくりでもいいから、
学校の朝マラソンで走るペースでと話して送り出しました。

最初の競技1500mは6分7秒で走りきりました。
5分台はいけるんじゃね?と思いましたが、
いやいや欲張りはいけない。まずは走りきれてよかった

100m走は最後のグループで
SOの仲間と、中学1年生の子と3人同着でタイムも同じだったとか。
とってもよい走りでしたが、タイムは13秒56だったかな、
13秒の壁をなかなか超えられないのが残念と思うけれども
板のように体が硬く、ストレッチをさせても板を折って畳んでいるような感覚なので
これでよく走るわと別の意味で感心するくらいのものなので
よく頑張っていると思います。

SO8_20151113150657d96.jpg 
100m・400mリレーは午後の部で。
400mは遅く、SOの仲間は中距離が得意な子が多いので
リレー競技となるとうちで遅くなっちゃうとドキドキしてしまうのですが、
昨年よりはペース配分もできてきたように思います。
何事もやってみることで少しずつの歩みではあるものの、
見通しが持てるようになるのだなと感じました。

今年の中学生の子たちは速くて速くて
SOグループと中学生対抗のリレーも大盛り上がりでしたが、
100mリレーも中学生に一歩及ばずだったのではと思います。
コーナーで応援していたのではっきり結果を知らないという

風が少し冷たい一日でしたが、
青空のもと大会を終え、今年の陸上プログラムも終了。

あっ、23日の夜に打ち上げがあるんだった!
私たちが参加して初めて大人は飲み放題つき
今大会の直前に、夫がショマに頑張れと少々お高い栄養ドリンクを飲ませていて
効くんかいな!と思ったけれど、23日の夜は私もウコンを飲んで大会に臨みます。
飲み放題という大会に!

********
SO1_20151113151104b9c.jpg 
中学部3年生の担任の先生からの勧めで
高校1年生から参加してみた陸上プログラム。

ショマが走ることの楽しさをより味わっているように見える嬉しさはもちろん、
一緒に頑張ろうと励ましあえる仲間にも出会えて
勧めてくれた先生に感謝しています。

来年も長距離プログラムからの参加を予定しています。
が、来年は就労する予定、予定はあるので
今のように学校で毎日運動する機会というものは失われてしまいます。

朝毎日4km走っていたものが、それがなくなるわけですから、
はい長距離プログラム始まりました~と来年ぽんと参加させるのは
危険ではないかとも思います。

就労してから運動させる機会がなくなるというのは
よく聞く困りごとのひとつ。

夫はゴンちゃんの散歩のときに一緒に走ったら?というものの
気楽に言うでない。私が倒れる。

通所の帰り道、
バスの乗り換え先からなら3kmくらいだし、
最初私が自転車なりなんなりでついて練習すれば
ジョギングで帰ってくることも可能ではとも考えているのですが、
うーん、不測の事態が起こったときに怖いし、
働いた後の体力の残り具合も見てからでないとなんとも…。

そのほか、公共機関の体育館に併設されている
スポーツジムの利用なども検討しています。

せっかく培ってきた体力、若いうちはなんとか保てるように考えていきたいです。

| 自閉症関連 | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第6回ちびちゃんず成長記録・12

おぅ、日にちがあいてしまった
というわけで、写真いっばいでお伝えします。

くろまめちゃん1 
今回の黒白ちびちゃんずのうち、
一番最初に里親様が決まった黒白ちびちゃんの近況をいただきました。

ちびちゃん1 
この子ですね^^
とっっても優しそうなご夫婦のもとへ巣立っていったちびちゃん。
やんちゃ盛りだそうですが、旦那様をめろんめろんにさせているとか。
とても可愛かったんです。めろんめろんになられるのも納得

黒白ちゃんの姉妹の「はんちょうちゃん」は先週金曜日の譲渡会でも
残念ながらご縁がつながらず。
白黒ちゃん3 
HPの写真も変えたほうがいいかなと撮影会
可愛いと思うのだけどどうかな。
はんちょうちゃん 
普段はいつも薄荷と一緒。白黒シンクロ。
薄荷がいないと鳴いて探すので、
私が抱っこして、薄荷のところへ連れていくという。
やっぱりお母さんじゃないと駄目ね…と孫の扱いに手を焼く祖母状態のような

薄荷と引き離すのは可哀想なくらいですが
とても元気で可愛い娘っこですから、
長い目で考えればもっと幸せになれる環境があるのではと思います。
明日も譲渡会。可愛いアピール、がんばってきます

キジガールズ 
3匹きょうだいも大きくなってきました。
こちらはキジガールズ。
キジ1号ちゃんに、キジ2号ちゃん。2号ちゃんの額にポイントがあり見分けがつきやすいです。

キジ1号ちゃん1 
キジちゃん1号2 
こちらはキジ1号ちゃん。2号ちゃんに比べて少し目と目の間が離れているんだな。

キジ2号ちゃん2 
キジ2号ちゃん 
こちらキジ2号ちゃん。なかなかのきかん坊、いや、きかん嬢?でございます
 
キジガールズ2 
キジガールズ3 
薄荷も手を焼くきかん気ぶりですが、がっちりホールドで可愛がられております。

茶トラ君 
茶トラ君2 
一方こちらは3きょうだいの黒一点。茶トラ君。
茶トラはおっとりしかいないのかしら…
今まで見てきた茶トラ系の子たちはおっとりしている子ばっかりで。
この子もぽーっとしています。
すでに1階で遊んでいるのですが、ゴンちゃんのサークルにぽとっと落ちて
ゴンちゃんのフードをのんびりと食べていたりするのでびっっくりします。
上から降ってきた生き物にご飯を食べられているゴンちゃんが一番びっくりしていると思う。

3きょうだい、先週は血便が出ていました。
離乳はミルク→ペーストフード→少し粒の大きいウェットフード→カリカリと
だいたいこのように段階を踏んでいくのですが、
フードを次の段階に切り替えるときにお腹の調子を崩すことが多いです。

血便というとびっくりしてしまうのですが、
元気もあって食欲は衰えないので命にかかわる状況とはちょっと違うかなと。
「たれこ」のときのように、腸管自体の機能が失われてしまったときとは
やっぱり便の匂いも猫の様子もまったく異なるように思います。

素人判断は危険ですから、
ちょっとでもおかしいなと思ったら必ずアニパルの先生に診ていただいていますが、
経験を積んで体調不良にも落ち着いて対処できるようになっていきたいなと思います。
ひと山越えて、体重もぐんと増えてきました。

ちびちゃん1 
そして、灰白のちびちゃん。
小さい同士でも、お互いに関心があるんですね。
まだ別々の部屋にいたときのご対面の様子です。
おちびちゃん1 
まだ写真があまり撮れていないので今日はこれだけ。
今ペーストフードを食べて、ミルクを補助的に飲んでいるという状態です。
ケージの中の小さいおトイレは自分で使えるようになりました。
まだ足元が覚束ない状態ですが、来週くらいにはしっかりしてくるかなと思います

********
本当に写真が多い
最後にもうひとつ話題を。

11月3日、仙台市の匂当台公園で「青葉区民祭り」が開催されました。
毎年11月3日に開催される青葉区民のための大きなお祭り。

アニパルも動物の飼い方についての啓発ブースを設けるとのことだったので、
私たちはボランティアとしてバザーや募金のお手伝いに行ってきました。

手術のためのバザー 

スタンプーさん 
募金への呼びかけを行ってくれた
ボラさんの飼い犬スタンプーさん。お名前聞くの忘れた
ショマスズ1 
我が家からはゴンちゃんは参加しておりませんが、
この2人に手伝ってもらいました。

意外なことにって言ったら失礼なんだけど
この2人、けっこう頑張ってくれました。

ショマスズ2
募金していただいた方には猫のクリアファイルを差し上げていて、
このクリアファイルがなかなかの人気なんですね。
クリアファイルを渡すことをもっと宣伝すればいいと上に掲げてくれたり、
目立つように猫の看板を持ったり、
最初恥ずかしいと言っていたスズが工夫しつつ、声をあげてくれてありがたかったです。

募金していただいた方に、「ありがとうございます。猫も喜んでいます。」と
自分で考えた御礼も述べていて、
公私混同風味ではありますが、とてもよい経験になったのではないかと思います。

ただ集中力が長くは続かないので
2時間ほどお手伝いをして、お昼過ぎには2人で街中へと消えていきました。

またお願いしてもいい?とスズに聞いたら、
カンベンカンベン と答えが返ってきました。

でもまた頼んじゃう 

| ミルクボランティア | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |