2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

太志

今日は日記をもうひとつ

私が近隣でこれまでに関わった兄さん系統の猫たち、
もう一匹いるんですね。

 【僕です。茶トラです。】
 太志3  
3月に庭で保護して
現在、育児班として大車輪の活躍を見せている茶トラです。

知り合いで里親さんになってくれる方はいないかなぁと細々としたツテを頼り、
里親さんは見つからないまま早半年以上。

夏が過ぎ、そろそろ名前を考えようかと。
灰白ちゃんと茶トラ、それぞれに名前を考えておりました。

ご飯を食べるのが大好きで、現在7㎏台の茶トラ。
当初「まんぷくさん(仮名)」と呼ぶ家族もいましたので、
ふくよかだし、おめでたい感じで「福(ふく)」はどうかなぁと。
「福帽子」はたまたま動物フェスタで買ったのであります

しかし、「福」という名前を考えた!と家族に披露する機会を逃し、
いつのまにか夫が「太志(ふとし)」と呼び出しはじめ、
スズも「ふとし可愛いね」と呼びはじめ、
ショマまで「ふとちゃん」と呼びはじめ…

そんな身体的特徴をストレートに名前にしてはいけない!と
私は抵抗していたのでありますが、
気づけば皆につられて、「ふとし」と呼んでいるという有様。

******
太志はとてもとても優しい子で、
けれども、とてもとても気の弱い子です。

まお4 
我が家には絶対的な帝王の「真生」という存在がありまして、

まお5 
真生以下の者たちが 
なにやらカチャカチャともめたり、仲良くしたりして過ごしています。

帝王は
自分以外の存在に対して、格別優しくもせず、
かといって、しつこく追い詰めたり冷たくしたりはしない猫です。
常に自分一番(笑)
どんな猫に対しても、それが子猫であっても成猫であっても
一貫して態度が変わらないのがすごいなぁといつも思います。

太志1 
よい距離感でお付き合いしている真生・薄荷・太志。

太志1 
しかしながら、我が家での暮らしは
気の弱い太志には思わぬ気苦労をかける日々になりました。

太志2 
私のスイートなめーちゃんは太志のことが嫌い。

めーなちゃん

太志3 
いつもいつも太志を見張っているめーちゃん。

太志4 
いつもいつも太志を叩きにくるめーちゃん。
私のスイートなめーちゃんが怖い顔で太志をぶち、
常に姉・愛姫の味方である左馬介までも
「めーちゃんが嫌なら…」という様子で、はさみ討ちにしたり…

*****
めーなちゃん 
 
 めーなちゃん

もともと愛姫はほかの猫を苦手としているのですが、
子猫はなんとか大丈夫なのです。
灰白ちゃんは愛姫を慕っていましたし、仲良くできていました。

でも太志は成猫の雄ということで、何か気に障るんでしょうね。
相性ばかりは仕方のないところもあり、
攻撃される太志を守る形になってしまうのが
愛姫には申し訳ないのですが、
人間の私たちが、ねこきょうだいと太志の衝突を避けるようにしてきました。

太志も人間に馴れてきて
抱っこをされたり、ブラシをかけてもらうのが大好きになりました。
ブラシをかけてくれと、「やれ!」というように
のそのそと近づいてきて、体をぴったりと寄せてくるので
ブラシは「やれブラシ」と呼ばれるように…。

灰白ちゃんが亡くなった後、
猫の暮らす環境について改めて考えまして、
太志が人間が好きになってくれたからこそ、
よりリラックスして過ごせる環境を探したほうがいいのではと夫とも話し合いました。

太志がかわいくて、先延ばしにしてしまったところもあるのですが
ネットで募集をかければ、とっても良い子だもの、
もしかして里親さんが見つかるかもしれないねと。

*****
そして、太志に素敵な里親さんが決まりました。

デコ白ちゃんの里親さんに名乗りをあげてくださったIさん宅に
今晩、デコ白ちゃんと一緒に行く予定です。

お琴教室でわいわいとミニ譲渡会を開いた日、
Iさんに子猫を実際に見ていただきました。

その時、沢さんが「太志はどうかなぁ」と提案してくれて。
子猫譲渡のつもりでおりましたので、
太志を提案とは私はまったく考えておらず

Iさんに写真だけでもと…太志の写真を見ていただくと、
とっても可愛い!と言ってくださいました。

もともとは成猫をと考えていたとのこと。
そして、以前にご実家で飼っていた猫も太志のように大きな猫だったと。

実際の太志を、その後我が家で
旦那様とともに見ていただきました。

愛姫と太志の相性については、我が家で解決するべき問題で
子猫2匹の譲渡でもまったくかまいませんから とお話させていただいたのですが、
後日いただいたIさんからの返事は
「ふとちゃんとデコ白ちゃんでお願いします」というものでした。

ゆ、ゆ、夢じゃないかしら! と。

太志 

太志2 
太志は先にも書きましたが、
本当に優しい子で、大きな体で子猫たちを傷つけないように
よく気を付けて動いているような子です。

Iさんご夫妻にお会いしてみて
優しいご夫婦のもとでのびのびと暮らすことができたら
太志はどんなにか幸せだろうかと思いました。

DPP_0201_20161031172134d9d.jpg 
しかもデコ白ちゃんと一緒に

近隣で増えて困っているという気持ちはあるのだけれど、
私はこの兄さん一族の猫がとても好きで…。

存在感たっぷりの太志がいなくなるのは寂しいけれど
とてもうれしいご縁。
そろそろお渡しの時間。

また報告しますね。
太志、キャリーに入ってくれるかだけが心配

| 太志 | 17:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

捕獲のお手伝いをする

10月に入る少し前だったか、
我が家の近くで猫の捕獲を計画しているとアニパルから電話がありました。

猫の捕獲については私は経験も浅く
まだ勉強中のところではありますが、
捕獲器を仕掛けたり、様子を見に行くくらいの手伝いはできるだろうと。

何より、我が家周辺の猫の多さは悩ましいものでしたので
捕獲と手術で、増えていく猫の数を食い止めることができればと。

いよいよ苦情がきたのかなぁと思っていましたが、
猫が増えている場所の近隣の方たちで
手術のためのお金を出し合い、捕獲に臨むことになったという経緯でした。

******
アニパルのほかのボランティアさんと待ち合わせをして現場へ。
我が家から数分歩いた先の路地が現場でした。

その路地は行き止まりになっているため、交通量が比較的少なく
飼い主がいない猫たちが暮らすには都合がよいようでした。

アニパルへの捕獲の依頼者の女性が計画して
少しずつ手術も進めてきたようですが、まだ増えているので
近隣からのカンパで、雌猫だけでも手術を進めてなんとかひと区切りにしたいと。

なんかね~急に話し言葉になっちゃぃますが
こんな風に地域の現状を憂いて、
コツコツと行動している方がいらしたということに感動しちゃって。

そして現場で出会った雄猫さんがこちら↓
ゴロン太君
こ・れ・は(笑)!

笑っている場合ではないのですが、
この系統の風貌はほんとによく知ってるわ

彼は雄猫ということで、今回の捕獲対象ではありません。
いわゆる野良猫ですが、よく人馴れしていて、
すぐにゴロンと転がってお腹を見せてくれることから
「ゴロン太」という名前をつけてもらって、
近隣の方からご飯をもらって暮らしているようです。
初対面の私にも「ごろんた」してくれました。

兄さん帝国 
今まで私が関わった我が家周辺で見つかった猫たち。

思えば、我が家の庭に最初に現れたのは「チャム」でした。
小学生たちが助けてくれたちび猫ちゃんも、風ちゃんも、ミルクも兄さんも、
出どころはある一軒の家ではないかとにらんでいた私。

今回の依頼者の女性にうかがったところ、
やはり私が長い間疑っていた家がこの系統の猫の出どころでした。

しかし、その家にはすでに住んでいる人はいなく、廃屋のような状況。
つまりは猫だけが残されて近隣で増えていったということらしいのです。

依頼者の女性はこの系統の猫たちを「ゴロン太帝国の猫」と呼んでいました。
私は「兄さん一族」と呼んでいる(笑)
ほんとにね、増えて増えて春が来るたびにまたいる~ってねと
そして、この一族はみんな性格がいいのよねぇと、
依頼者の方とも話が弾むというものです。

捕獲器 
捕獲器を何台仕掛けたかな。
近隣の方の了解もすでに得ているということで
数か所に分けて、かなりの台数を設置しました。

今回は雌猫とその子ども猫たちを捕獲するという目標。

しかし捕獲というのは大変なものですね。
捕獲対象ではない猫で、
すでに手術を終えている猫や、
近隣の方も見たことがないという猫も捕獲器にかかってしまう。

雄ならリリースしてもよいのですが、
雄か雌かわからない猫はまた放すわけにもいかないので
病院に搬送して手術をしてもらって、後にリリースのようになるわけです。
近隣の方の捕獲対象でない猫は、
アニパルのボランティアが集めた募金で手術費用を負担させていただきました。

捕獲対象の子は、あと一匹子猫がつかまらないということで
捕獲器は数台現場に残していますが、
しばらく姿を見せないとのことなので、
もしかして移動してしまったのかなとも思っています。

******
今回の捕獲の現場では
近隣の方の協力があって、お金までカンパで募ってくださっているので
ボランティアとして出向くと
お手間かけさせてすみませんみたいな感じで労ってくださるのです。
いやいや、ほんとにお礼を言いたいのはこちらなのに…みたいな。
苦情があって出向く現場とはまったく様子が違うのでしょうね。

アニパルに返却するために捕獲器も回収して
そのときに依頼者の女性にも
アニパルのボランティアとしてではなく、
地域に住む人間としてお礼を言いました。

捕獲器に知らない猫がかかったように
ひと区切りと思っても、また増えてくるかもしれません。

「ゴロン太帝国の猫たち」の生息範囲は
今回教えてもらったことで、なんとなく把握できたのですが、
DPP_0092.jpg 
まだ別系統のグループがいると思うんだな…。
ゴロン太帝国の縄張りとは別に2系統くらい縄張りがあると思うんだな。
薄荷はどこのグループからきたかわからないんだな。

これで終わりではないかもしれないけれど
依頼者の女性、その近隣の方と知り合うことができて
増えていると嘆くばかりではだめなんだと改めて思いました。

お金が絡むことでもあり、
勝手に増えたものを、なぜ手術をしたりしなければならない、
手間をかけなければならないという意見は必ずあると思います。

けれど、ただ邪魔な存在として排除する、見ないふりをするではなく、
「地域の環境にかかわる問題」として
町内会で率先して猫問題に取り組む地域もあります。
仙台ではまだわずかですが…。

アニパルのボランティア仲間でも、
町内会の広報に一枚チラシを挟むだけでも…とボランティア会議で計画するのですが
猫問題への周知すら難しいという壁に当たることも多いのです。

少しずつでも前進を! がんばろう。

もうひとつ関連して続きます。

| ミルクボランティア | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年度預かりちびちゃんず⑱

ちびちゃんず4 

先週のちびちゃんず。
虫下しの苦いお薬を飲み、
ちびちゃんず5 
泡を吹く。
頑張って苦い薬を飲む子たちを笑ってはいけないのだけど
この泡を吹く姿、いつも可愛いなぁと思ってしまいます。
ちびちゃんず6 
苦くて泣いている…のではなく、
キジちゃんと女の子ちゃんは風邪をひいてしまっての涙目です。
今の時期の風邪はかなりしつこいとのこと、
キジちゃんもちょっと長引いています。

*******
ちびちゃんず1 
我が家の生活にもだいぶ慣れてきて
そうなると気になるのはゴンちゃんの存在。
ちびちゃんず2 
ゴンちゃん邸に侵入する薄荷をドキドキと見つめています。
この後はゴンちゃんがいやらしくなるので子どもは見てはいけませんぬ。

女の子ちゃん2 
こちら女の子ちゃん。
やっぱり人間大好きで、人が座るとお膝は私のものってなものです。
かわいらしいパートナーになってくれる猫ちゃんだと思います。
女の子ちゃん1 
女の子ちゃん2
このお顔可愛いのでHP用に提供したいところなのですが…後ろが(笑)

気が弱い子ちゃん2 
こちら茶トラ君。
気が弱いので、我が家では「気が弱い子ちゃん」と呼ばれています。
でもとっても甘え上手になったんだよね。
きょうだいの中では一番の甘えん坊かも。
 
 気が弱い子ちゃん 

気が弱い子ちゃん 
お母さんが恋しくてたまらないのか
茶トラや薄荷や、ほかのきょうだいのお乳をまさぐっています。
チュッチュッと吸われてまんざらでもなさそうなキジちゃん(笑) 

 キジちゃん1
続いてキジちゃん。
好奇心旺盛でよく遊び、子猫らしい子猫だなぁと思います。
風邪が長引いていて、目の調子がいまひとつ。

キジちゃん3 
茶トラに甘えて。
キジちゃん2 
※つぶされているように見えるかもしれませんが甘えているのです!

今日は金曜譲渡会。
参加のつもりでいるのですが、キジちゃんと女の子ちゃんが風邪気味、
そしてもう少し体重もほしいなぁというところなので
開始前に獣医さんに状態を診てもらって
譲渡可能かどうか判断いただくということになると思います。

******
最後にデコ白ちゃん。
デコ白ちゃん1 
デコ白ちゃんはひと足先に里親様が決まりました。
スズが通うお琴教室の生徒さんのお宅に行くことになりました。

友人の沢さんがお琴教室のお稽古に行った日、
お琴教室に猫を飼いたい方がいらっしゃるんだけど、お見合いできるかな?と
携帯に電話がかかってきました。

お見合いはできるけれど、部屋が猛烈に散らかっているので
できれば先生のお宅で…とお願いして、
急遽、教室でのお見合い会開催となりました。

お見合いの様子は先生がブログに書いてくれました

家から出て、別の場所にくるとまたそれぞれの性格がはっきりと出るというか
見ていて面白かったです。

女の子ちゃんはやはり人のところへ、
気が弱い子ちゃんは新しい場所でおそるおそる動くという様子でした。
キジちゃんとデコ白ちゃんは先生のお宅を探検探検!
特にキジちゃんは高価な楽器もあるので控えめにして~くらいの探検ぶり。
ええ、私が掃除さえ怠らなければ自宅で済んだものを。

引っ越しを機に猫を飼いたいという里親希望のIさん。
ご実家ではたくさんの猫に囲まれて暮らしていたそうです。
旦那様と相談の結果、旦那様もお見合いしたいとのこと。

後日、きちんと掃除をして(笑)
Iさんご夫婦を我が家にお迎えして改めてのお見合い。

奥様のIさんも旦那様もほんわかしていて、仲がよくて
大人のご夫婦に微笑ましいというのも失礼かしらとも思うけれど
なんて可愛らしいご夫婦なんだと
うちの夫も同席していて、後で同じ感想を述べていました。

4匹のうち、どの子にするのかこの日は決められず。
でも、私が同じ立場でも決められないと思う(笑)
ゆっくりご検討いただいて、
最終的に家族の一員にと決められたのがデコ白ちゃんです。

デコ白ちゃん1 
気が弱くても、やんちゃでも全然かまわないのだけど
デコ白ちゃんはバランスがとれているというのかな、
特別に警戒心が強いわけでもないし、暴れはっちゃくというタイプでもなく
男の子の子猫にしては落ち着いていて、大人びている面もあるので
とても飼いやすい猫だと思います
デコ白ちゃん2 
デコ白ちゃんの幸せは約束されたと確信。
よいご縁に恵まれて本当によかった!………後ろが(笑)

関連して少し続きます

| ミルクボランティア | 05:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無花果ふたたび

この季節、あちらこちらで秋のお祭りが開催されていますね。

ちょうどコメントをいただいたのですが、
明日はショマの母校で「秋祭り」があります。
ショマが働く施設も「秋祭り」に出店して、お菓子やお弁当を販売します。
私も明日はショマの付き添いで販売のお手伝い。

作業所は販売でいろいろな場所に出店することが多く、
親も販売の手伝いに駆け付けることがあります。

ショマは春に入所したばかりなので、私もまだ販売初心者。
親の手伝いもあって大変ねと言われることが多いのですが
かき氷を作ったり、焼きそばを詰めたりするのも
学園祭気分で楽しくもあり←だめだろ(笑)
何より売れるのが面白くて。
明日も頑張ってお手伝いしようと思います

*********
出店が週末にあると、代休がポコッと月曜日に入ったりします。
今週の月曜、ショマは代休。

家でふたりでダラダラしようかなと思っていたところ、
秋保温泉に行かない?とお誘いがありました。

急な話だしどうしようかなと迷ったものの、
秋保はショマも大好きだし…

【この夏も秋保で楽しむショマスズ】
秋保2 
真夏のブルーベリー狩り。

遘倶ソ・_convert_20161021191623 
ブルーベリー狩りの後はドットーレでピザランチ♪

遘倶ソ・_convert_20161021192757 
ショマスズをお風呂に送り出して~その間、母は甘味をいただく。
帰りは産直市場で竜太と小梅にお花のお土産。

載せそびれていた夏の写真を載せてみる

やっぱり秋保はいいわ。秋保に行こう。
いいや、洗濯は後回しにするわ。
バタバタと準備をして秋保温泉のホテル瑞鳳に向かいました。

*******
今回の誘いの主は母子通園施設でご一緒したおばあちゃん。
「無花果」を煮るのが大変上手なおばあちゃんです。

今日はショマもお休みでと伝えたら、ぜひにぜひに…と喜んでくれました。
おばあちゃん、もうひとり母子通園施設時代のお友達のお母さん、
ショマと私、4人での久しぶりの再会となりました。

私、ホテルの日帰り温泉を利用するのははじめてでして、
温泉に浸かった皆さんが大広間で思い思いにご飯を食べている姿に衝撃が…。
こんな風に楽しむものなのかと。

秋保4 
お風呂に浸かって、
ばぁちゃんが持ってきてくれたお弁当をいただいて、
ショマも皆さんに倣ってお昼寝を(笑)
けっこうしっかり寝ていました

母子通園施設時代からはだいたい15年くらい経つのかな。

脚の調子はいまひとつとのことで、椅子を使っていたけれど
ばあちゃんはまだまだ元気な様子、
ほんと変わりなくてそれが嬉しい。

ショマと同じ年のばぁちゃんの双子のお孫さんは、
一人は東京へ、一人は海外へ行ったとのこと。
とても寂しいようで、でももういないものと思う!と強がっていました(笑)

持参した手作りの食べ物をショマがおいしいおいしい!と食べるのを
こうして喜んでもらいたくて生きてると
顔をほころばせて見ていました

いつどうなるかわからない年になったから、また会ってねと。
そんなこと言わないでよ~と返事をしたけれど、、
いつどうなるかわからないというのは
長年生きてきた人から漏れ出る率直な思いなんだろうなとも感じて
少し寂しくなってしまった。

遘倶ソ・_convert_20161021191703 
お風呂もばぁちゃんにおごってもらっちゃって
お土産にお手製のお料理をたくさんいただきました。
菊の花の甘酢漬けに、無花果の甘露煮に、カツオ梅に、梅ペーストに…いっぱい。
無花果の甘露煮は変わらずとてもおいしい。
ばぁちゃんの味に憧れて家でも作ってきたけれど、今年は煮なくていいわぁ

帰りはまたまた産直市場に寄り、
マコモダケなどスーパーで手に入れにくい野菜を買い、
灰白ちゃんにお花のお土産を。
お花は早速ちびちゃんたちのおもちゃになっていましたが…

ショマとゆっくり出かけるのも久しぶりだな~楽しかった
けれど、学校から帰宅した温泉好きなスズがムッとしておりました。怖いわ

| 自閉症関連 | 20:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年度預かりちびちゃんず⑰

前回の記事では灰白ちゃんに
温かなコメントをお寄せいただきありがとうございました。

灰白ちゃんが旅立ってから、秋の気配も深まり
季節の移り変わりがより寂しさを連れてくるような気がしています。

小さな子が亡くなるのは本当につらい。
この寂しさや、
思い出しては胸がキュッとなるような痛みは消えないのではと思います。

でも、これからは灰白ちゃんが楽しそうに我が家で暮らしていた姿を
いつも思い出していきたいと思います。
あんなに可愛らしかったんだもの。
愛らしかった姿を忘れないように。

**********
今お預かりしているちびちゃんたちの様子の報告が
すっかり遅れてしまいました^^;

9月27日から4匹お預かりしまして、
離乳の段階でお腹が緩くなったりはあったものの、
一番小さかった295gの子も500g近くまで大きくなりました。

茶トラが3匹、キジトラが一匹です。
写真をたくさん載せて紹介したいと思います。

【キジちゃん】
キジちゃん1 
キジちゃん3 
キジというより、サバトラって呼ぶのかな。男の子です。
最初お預かりするとき、みんなぽーっとしている子たちと聞いていたのですが
帰りの車の中で、一匹だけかなり力強く鳴いていたので
なかなかのきかん坊じゃないかと思いました。
明るく元気者ですが、人に対しても本気噛みが出ちゃうタイプ。
きょうだいとのじゃれあいで、加減を勉強中の身でございます。

【女の子ちゃん】
女の子ちゃん 
あ、今日季節柄ダサい毛布いっぱい出てきます。

こちら、茶トラの女の子です。
茶トラの女の子は珍しいと言われていますが、
私も全身茶トラの女の子を見るのははじめてです。色が濃い目の茶トラです。

この子がですね、とっても人が大好き。
ひと目会ったその日から…じゃないですが、
お預かりして家に着いた瞬間から、ヨチヨチどこでも付いてきて。
ぐいぐい、ぐいぐいくるので、 
思わず「ぐいぐい来るね」と話しかけてしまったくらい。

鳥のヒナ現象なのだろうか。
最近はきょうだいと一緒にいる時間も増えてきましたが、
人と一緒にいるのが好きな子なのだと思います。
(子猫から見たら)巨人のおばさんに踏まれそうになる危険を冒しながら、
どこでも付いてきて、ほんとかわいいです。
今も膝の上に抱っこしております。

【デコ白ちゃん】
デコ白ちゃん 
こちらデコ白ちゃん。男の子です。
アニパルの職員さんが、デコ白ちゃんと呼んでいたので
我が家でもそのまま「デコ白ちゃん」呼びです。
ほかの茶トラきょうだいより、おでこ白めという見分け方によるデコ白命名。
この子は、体の模様にアメショの柄が強く出ているので
見分けは容易だったにもかかわらず、デコ白。

この子はおっとりぽわわんです。
夫にとても慣れていて、夫もこの子が可愛いらしい。
私にはえこひいきを作るなと言っておいてよぅ…

【茶トラちゃん】
茶トラ君 
薄い茶色に綺麗な縞模様の男の子です。

茶トラ君2 
この子は怖がりなので、
できれば2匹でもらっていただけるといいなぁなんて勝手に思っております。
ここ最近はあとを付いてきてくれるようになりましたが、
昼寝すると、「安心」がリセットされるのか
昼寝から起きてきたときに、何この巨人!とシャーされておりました。

気が弱いからかな、おっとりしたデコ白ちゃんが好きなようで
一緒にいることが多いです。

ちびちゃんず2 
左がデコ白ちゃん、手前が女の子ちゃん、奥がキジちゃん。
元気に遊ぶ姿や、

キジちゃん2 
しどけない寝姿を見せてくれ

ちびちゃんず1 
集団団子になるなど、大変かわいい子たちです。

女の子ちゃん2 
デコ白ちゃん3 
デコ白ちゃん2 
女の子ちゃん5 
女の子ちゃん4 
女の子ちゃん3 
今回、育児班班長のぱっちゃんの育児スイッチが入らず
もっぱら茶トラ(太)いや、茶トラ(大)ががんばっております。

キジちゃん4 
キジちゃん5 
ばっちゃんも気が抜けたのか…と思ったら
この数日で急にお世話しだしました。
キジちゃんはぱっちゃんがお気に入りっぽいです。

ちびちゃんず3 
最後にダサい毛布とダサいジャージと子猫のコラボを。
ウォーターベッドと間違われているんだ!と妻にひどい言葉を投げられつつ
子猫に囲まれて、至福のひとときの夫。
人間大好きの女の子ちゃんは少しでも近くに、茶トラ君は奥で控えめに。
性格出てるなぁ

| ミルクボランティア | 18:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |