2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず⑫

またまた間が空いてしまってすみません

7月末、サビちゃんにお見合いの話がありました。
金曜譲渡会に合わせてお見合いを設定し、おサビを連れていったのですが、
おサビは残念ながらご縁がつながらず、
付き添いで予防接種に来ていたハスキー兄弟のご縁がつながりました。

ちびちゃんず2 
ちびちゃんず1
そろそろHPに載せる写真撮っておこうと思って撮った写真です。
掲載する間もなく決まった~ かわいいものねぇ^^

最初、里親様はグレーちゃんだけを希望されていたのですが、
この子たちは2匹のほうがよいだろうという判断での
私とアニパル職員さんとで、2匹で2匹で という
決してぐいぐい押し付けたつもりはないんですけれど
圧力いやお勧めで、2匹一緒に引き受けてくださいました。

互いが互いを必要としている様子がかなり強い子たちだったので
ずっと2匹一緒でいられること、本当にありがたいことだと思います。

この日は残念ながらご縁がつながらなかったサビちゃん、
そして、茶トラ小ちゃんもお盆中におうちが決まったので
そのことについては次回の日記でお知らせしますね

*******
ハスキー兄弟のおうちが思ったより早く決まったので
そのまま4匹お預かりしてきました。

ちびちゃんず3 
左が「薄シャムちゃん」、右が「白ちゃん」。男の子です。

ちびちゃんず5 
長毛のミケちゃん、女の子です。

ちびちゃんず13 
シャムちゃん。「眉なし」とも呼ばれている(笑)男の子です。

この4匹ちゃんは本当は6兄弟。
他の哺乳ボランティアさんと、4匹・2匹で分けてのお預かりです。

他のボラさん宅に預けられたのは、眉なしシャムちゃんとそっくりの子が1匹。
ほかに茶トラの男の子が1匹。

これだけシャムの血が出ているのに、茶トラとミケが混ざる猫の不思議。

ちびちゃんず6 
茶トラ小ちゃんが上手にお世話してくれたこともあって
4匹ともに家にすぐに馴染みました。

ちびちゃんず7 
ゴンちゃんにもすぐ慣れたねぇ。

*******
ちびちゃんず9 
シャムちゃん兄弟の体調が比較的安定しておりましたので、
8月4日からキジ兄弟を3匹お預かり。

実は1匹、キジの女の子が17日の夜中に亡くなってしまいました。
お腹の調子がずっと安定せず、吐き戻しもあり、
ずっと補液でがんばってくれたのですが、上向いたと思うと、元に戻るのくり返しで。
腸の機能が失われていたのだろうと思います。
体調がすぐれないなか、
たった2週間ほど家にいただけなのに、よく甘えてくれてとてもとても可愛い子でした。

ちびちゃんず11 
おサビに甘えて。

ちびちゃんず10 
奥が亡くなった女の子。手前が男の子です。

ちびちゃんず12 
もう1匹はキジ白長毛の男の子です。

男の子たちもお腹はなかなか安定せず補液に。
先週末からようやく食欲が出てきて、体重も増えているものの
まだお腹がゆるい状態なので、油断せず 見ていきたいと思います。

ちびちゃんず4 
ちびちゃんず3 
体重が少し増えて、今日はこんなお顔です。

ちびちゃんず2 
ちびちゃんず1 
ちびちゃんず5 
ちびちゃんず6 
こちらは今日のシャム兄弟。
みんな目つきが鋭すぎるわ 目つきは鋭いけれど愉快な仲良し兄弟です。
今週金曜日の譲渡会に参加予定です^^ 

| ミルクボランティア | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グループホーム入居

前回の更新が7月27日で、今日が8月6日。

その間およそ1週ちょっとで、巣立っていった猫ちゃんがいて、
新規でお預かりさせていただいた猫ちゃんがいて、
ちびちゃんず7 
我が家のキジトラーズ&薄荷も合わせて13匹もいるという状態なのですが、
今日は猫ちゃんの話題ではなく
ショマのグループホーム入居についてです。

*******
7月29日に用意した荷物をホームに運び込み、
8月1日の夜からショマのグループホームでの生活が始まりました。
ショマ1 
6畳ほどの部屋にクローゼット、エアコンがついた一人部屋です。
必要最低限の荷物を持っての入居。洋服も夏物だけ。
大量の荷物はまだ自分で整理できないと思うので
生活に慣れてきたら足していくつもりです。

果たして入居させるタイミングなのかどうかとても迷いました。
まだ20歳前ですし…。
では、30歳ならいいのか、40歳なら…60歳なら…?
ショマ60歳なら、母さん84歳  はタイミングとして遅いのがわかるくらいで
適期がいつなのかはもう全くわかんない状態(笑)

わかんない状態のなか、入所を決めるきっかけのひとつになったのは
勉強会などで聞いた「年齢を重ねるごとに変化を受け入れにくくなる」という話。

グループホームは現在通っている施設に近くて
通所までの時間が短くなるということも入所決定のポイント。
我が家から施設までは遠く、ショマはがんばって通っているのですが、
通勤時間が長くなればなるほど事故への不安も高くなります。
そして早朝に出かけ、夕方6時ごろに戻る現在の生活は
ショマは疲れたとは言わないけれど、
どうにも疲れがたまっているなぁと私たちにもわかるものでした。

ショマ本人はグループホーム入居の話が出た時点で、
入りたいな~行きたいな~という気持ちでいましたので、
チャレンジさせてみてもいいかな…くらいの心持ちで決めてしまいました
チャレンジしてみて難しかったら、
まだ時間があるんだもん、また考えればいいかと。
うちって何か決めるときいつもこんな感じだ

ショマ3 
朝食・夕食はホームで用意してくれるけれど
洗濯(洗う~干す~畳む~タンスにしまうまで)は
自分でできるようにしておいたほうがいいよね ということで
ホームで使う洗濯かごや物干しハンガーを使って
ショマの分だけの洗濯を自分で練習練習。

グループホームでしっかり暮らすんだとやる気に満ちていましたので
がんばって練習していました。

*******
そして、いよいよ入居の日である8月1日。
がんばるんだよ~と朝に告げると
「一人で生きていきますね」とにっこり。

グループホームについての説明会などで耳にするのか、
入居が決まってから、「お母さんはいなくなるんですよね~」みたいなことを
笑顔で言うことが多くなったのであります。
いずれはいなくなるけれど、まだこの世にいさせて

元気な独立宣言がありましたが
いやいやまだそこまでは望んでいないので、まず慣れてくれと(笑)

当面は、週末はこちらで過ごし、
月曜の夜から金曜の朝まではグループホームにいるというスタイルになります。

ホームに着いたかなという1日の夕方は
父も母もスズもみんなでやきもき。

けれども、今はラインという素晴らしい通信手段があり、
口頭でのやりとりではまだ 「???」 というところがあって
私たちに混乱をもたらすショマですが、
言葉が目に見えるラインでのやりとりはかなりスムーズ。
ホーム初日の様子を知ることができました。
ラインを考えてくれた方に賞賛を送りたい。賞賛だけで申し訳ないけれど。

ショマ2 

トンカツをいただいたことは絶対に伝えたい様子でした(笑) 
洗濯もなんとかできたんだ~とホッ

1日~4日までホームで過ごし、4日の夜こちらに戻ってきました。
朝起きる時間も、夕方ホームに戻る時間も
こちらにいるよりはずっと時間的に余裕があるようで
お風呂の掃除や、洗い物のお手伝いをしながら
余暇の時間はテレビを見ながらのんびり過ごしているようです。

ただ話をすることも好きな子で、
その日何があったか、明日は何をがんばるかを家族に言いたい子なので
すぐに伝えられない寂しさがあるのか、
こちらにかけてくる電話の回数が増えました。

パパが飲みに行っている間にも電話がかなりかかってきたようなので
電話はお母さんにと限定したほうがよさそうです。

すぐに話せる相手がいないのは彼には寂しいかも。
それでも向こうでスタッフさんとも仲良くしているとのことなので
週末にはたくさんの話を聞いてあげられればと思っています。

明日からはまたホームに戻っての生活。
始まったばかりでうまくいくのかどうかもこれからですが、
ショマの言うとおり、いつかくるその日を迎えるまでに
たくさんのことを経験し、学んでほしいと思います。

| 自閉症関連 | 11:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |