2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず⑱

 譲渡会 
白シャー兄弟、はじめての譲渡会参加が10月13日。
その際、 白兄弟を見初めてくださる方がいらっしゃいました。

正直、この時点でシャー太郎・シャー次郎ともに顔もそっくり、
性格的にも大きな違いはないという時期で
太郎と次郎どちらにするか迷われていた里親希望者様。

ご家族と相談されたのち、改めてお見合いをしました。
少し茶色の強いほうがいいということで、シャー次郎の家族になってくださいました。

シャー次郎 
里親様に抱っこされて^^
今年はなかなか里親様が決まらない子も多いなか、
最初の参加でご縁を感じてくださる方がいたというのは本当に幸運なことでした。

*******
シャー太郎2 
シャー太郎先生。
キリッとしたクールな顔立ちながら寄り目気味なのがチャームポイント。

シャー太郎 
シャー太郎とはほんの少し昔のこと、すっかり人間大好きになって
「お前はデレ太郎だな (o`・ω・)σ))Д`;) 」とおばさんに突っ込まれながら
大きくなりました。

ふわふわちゃん3 
そして、衝撃のベッドシーン。ふわふわちゃん。
いやぁ、ふわふわちゃん、もうやんちゃでやんちゃで。

月齢的にやんちゃ盛りを迎えているので、やんちゃなのは当たり前。
けれど、何頭かお預かりしてみると
「やんちゃ」「おてんば」を超えた「無鉄砲」な子猫というのが存在すると
確かに感じるのであります。

いつまでも名前を出して申し訳ないのですが、
以前にお預かりした「はんちょうちゃん」、今年お預かりした「おサビ」。
二大無鉄砲の名前に、さらにふわふわちゃんも加えて三大無鉄砲としたい。
そんな思いが強まっていた近頃でしたが、
ふわふわちゃん、先週の金曜日の譲渡会で里親様が決定いたしました。

それも、シャー太郎と一緒に !

ふわふわちゃん4 

【27日の譲渡会の様子です】
IMG_20171027_103744_456.jpg 

IMG_20171027_113346_420.jpg 

IMG_20171027_114234_543.jpg 
茶色君はまだ譲渡対象ではないので付き添い参加です。

ここのところ金曜譲渡会の来場者も減少していて、
「まぁ今日も決まらないかな~」てな気持ちで参加してしまいまして、
カメラを持っていくのも忘れた…オラのバカバカ !

最初は一匹でということでふわふわちゃんのみを希望していらしたのですが、
一緒にいらしていたお嬢さんがシャー太郎も一緒がいいと言ってくださって、
二匹一緒での譲渡となりました。

ふわふわちゃんとシャー太郎、兄弟ではないけれど
同じアルミ食器で飯を食った同期の桜、とっても仲良しです。

もうね、心配なのがふわふわちゃんがとんでもないことやらかすのでは…と。
玄米の袋に入って掘り起こしてみたり、お風呂に入ってみたり、
譲渡会参加の朝は洗面台でぷりぷりっと粗相をば…
いろんなことを好奇心いっぱいでやってくれたふわふわちゃんでしたが、
いるだけで家の中が楽しくなる、そんな子です。

心配もあるけれど、甘えん坊になったシャー太郎のお兄さんとして
このまま天真爛漫、元気いっぱいに大きくなっていってほしいと思います。

無鉄砲さんがいなくなると家の中が途端に寂しくなります。
おめでたいことなんだけれど、本当に寂しいなぁと

*******
茶色君 
そして可愛い可愛い茶色君。

茶色君2 
茶色君も我が家から明日移動になります。

茶色君1 
これは今日の様子。710gになりました。

茶色君3 
大きくなってきたものの、
大きくなったからそれで譲渡とはいかない子だろうということで
少し安定したら病院を受診する方向でアニパルと調整を進めてきました。

今回はアニパル所属の獣医さんのお宅に移動して
そこからアニパルに委託された病院を受診することになりました。

離れがたい。成長を見守りたい。
けれども、医療的処置が必要かどうか判断いただくのが
茶色君にとって最も大切なことだと思います。

兄弟のシャー太郎や、ふわふわちゃんがいなくなって寂しくなったのか、
おばさんやおじさんにかなりべったりになって
元気になってきた茶色君を見ては涙ぐむおじさんは特に寂しいかもしれません。

明日、アニパルに茶色君を送り届けるので
今晩はうんと別れを惜しみたいと思っています。

| ミルクボランティア | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きを全身で表現する

 【少しでも近づきたくて】
 さーくん1

 【ぎゅっとしてほしくて】
 さーくん2

 【でも最近いつも訪れる別離のとき…左馬介の心境代弁】
 さーくん3

久しぶりの我が家猫。

上の写真は夏休み中のものですが、
週末だけ家に戻る生活が始まったスズに対して
左馬介は会うたびにこんな感じ

しかもこの全身で好きを表現するを
スズ在宅中の間、何度も何度も何度も繰り返しております。
私といるときは寝てばかり…足の先だけでも好きを表現してほしいわ

でもいいの。

 まお3 
 真生がいるから。 

 まお2
この写真、真生が家にやってきて10年目に入る今年6月に撮ったもの。

猫に対してはコワモテアウトレイジなところがある真生ですが、
抱っこ大好きべったべたな一面が愛らしいんですよ
というところをお伝えしたいと撮った一枚。

けれども私の肩から肌着がちらりしておりまして出しあぐねておりました。
数か月経て、おばちゃんの肌着は誰も気にしないのではないかと気づき、
今日公開に至る。

真生ちゃん、健康状態も安定して、充実の熟女時代を過ごしていると思われます。
少し遅くなりましたが10年目の真生もよろしくお願いいたします。

*******
茶色君の近況を少し。
兄弟のシャー太郎・シャー次郎は1㎏を超え、
シャー次郎は先日ひと足先に我が家を巣立っていきました。
そのことはまた後日^^

茶色君 
茶色君はいまだ400g台です。

茶色君2 
けれどもうんちの状態は安定してきて、毎日少しずつですが体重は増えています。
補助的に流動食のカロリーエースを飲ませていますが、
ふやかしたカリカリも自力でずいぶん食べられるようになってきました。

情緒、猫の場合も情緒というのか定かではないけれど、、
少し情緒面でも遅れがあるかなと感じていますが
まず体力をつけることを目標に育てていきたいと思います。

| 猫関連 | 17:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず⑰

9月29日、30日と譲渡会に参加予定だったキジちゃん、
参加前に私の友人の紹介で里親様が決定しました。

猫を飼いたいという方がいると連絡をいただいたのが、先週火曜日くらいのことで、
キジちゃんとふわふわちゃんを写真で紹介いたしました。

キジちゃんをぜひにと希望してくださり、
その後木曜日にお見合い、金曜日の夜に譲渡と慌ただしい形で

譲渡会が迫っていたもので、
こちらが決定をせかすような形になったにもかかわらず、
お見合いにもすぐに応じてくださり、感謝感謝です。

キジちゃん1 
キジちゃん2 
キジちゃん3 
猫を飼ったことがあり、小学生の男の子もいらっしゃるご家族とのご縁。
驚くべき甘えっ子ぶりで、それ故に手がかかるところもあったけれど、
たくさん遊びたいお子様がいるご家庭というのは
キジちゃんにとってはぴったりな環境ではないかと思います

すぐに環境にも慣れて、自分の寝床も決めて楽しく遊んでいるようです。
人間大好きのキジちゃん、息子さんとともに元気に大きくなってね。

*******
ふわふわちゃん5 
さて、一匹での譲渡会参加となったふわふわちゃん。
金曜日は決まらなかったけれど、土曜日の譲渡会では決まるかも…

ゴンちゃんとお別れしておこうね、の土曜日の朝。

しかし、土曜日の譲渡会でも決まりませんでした

ふわふわちゃん2 
ケージから抜け出してひと休みひと休み。
ふわふわちゃん1 
眠くなったさ。
ふわふわちゃん3 
寝たさ。

ご縁あればすぐに起きますので、引き続き金曜譲渡会でお待ちしております。

******
シャー太郎・シャー次郎、順調に大きくなっています。
首輪をつけていたシャー太郎もすっかり慣れて
怖がってどこかに隠れる心配もなくなったので、今は首輪を外しています。
柔らかい首輪とはいえ、たすき掛けになることもあって
幼いうちは危ないんですよね。

いずれ見分けはつくさ…と思っていたけれど、この2匹かなりのそっくり太郎。

「より麿(まろ)っぽいのがシャー太郎」
「麿(まろ)臭薄めがシャー次郎」、
私が獲得した見分け方法をふまえて写真をご覧ください。

シャー太郎 
シャー次郎2 
上がシャー太郎、下がシャー次郎。
シャー太郎は「うしろの百太郎」に似ているかも…と今気づいた

茶色君 
茶色君は一進一退です。
食べた分は少し増えるけれど、便として出るとがくんと体重が落ちる。
栄養として吸収されている分がわずかなのか、体重は400gにも届かず、
まず500g到達を目指しているのですが
その目標が果てしなく遠く感じてしまいます。

発育不全の子は、母猫の初乳をうまく飲めなかったとか、
何らかの弱いところがあり、身体の機能がうまく働いていないことが推測されます。
ただその「何か」を乗り越えるにも体力がなければ…。
体重が増えてくれば、その後の発達は問題なくという事例もたくさんありますし。

補液をしながら、流動食を食べという毎日ですが、
まず少しずつでも体重を増やすことを考えてお世話していきたいと思います。

茶色君2 
譲渡会の合間にも補液をしてもらいました。

 茶色君3  
 茶色君、一緒にがんばろう

| ミルクボランティア | 17:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |