PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桜の木

ショマスズブラザーズと生活をともにするようになってから
いつも心に蘇ってくるエッセイがあります。詩人の大岡信氏の『言葉の力』という文章です。
要約して掲載とも思いましたが、
私の要約では大事なところを伝えられない気がするので、その文章を掲載しますね。
中学生の教科書に載っている文章なので、
読んだことあるよ~という方も多くいるかもしれません。

 人はよく美しい言葉、正しい言葉について語る。しかし、私たちが用いる言葉のどれをとってみても、単独にそれだけで美しいと決まっている言葉、正しいと決まっている言葉はない。ある人があるとき発した言葉がどんなに美しかったとしても、別の人がそれを用いたとき同じように美しいとは限らない。それは、言葉というものの本質が、口先だけのもの、語彙だけのものだはなくて、それを発している人間全体の世界をいやおうなしに背負ってしまうところにあるからである。人間全体が、ささやかな言葉の一つ一つに反映してしまうからである。

 京都の嵯峨に住む染織家志村ふくみさんの仕事場で話していたおり、志村さんがなんとも美しい桜色に染まった糸で織った着物を見せてくれた。そのピンクは淡いようでいて、しかも燃えるような強さを内に秘め、はなやかで、しかも深く落ち着いている色だった。その美しさは目と心を吸い込むように感じられた。

 「この色は何から取り出したんですか」
 「桜からです」

と志村さんは答えた。素人の気安さで、私はすぐに桜の花びらを煮詰めて色を取り出したものだろうと思った。実際はこれは桜の皮から取り出した色なのだった。あの黒っぽいごつごつした桜の皮からこの美しいピンクの色が取れるのだという。志村さんは続いてこう教えてくれた。この桜色は一年中どの季節でもとれるわけではない。桜の花が咲く直前のころ、山の桜の皮をもらってきて染めると、こんな上気したような、えもいわれぬ色が取り出せるのだ、と。

 私はその話を聞いて、体が一瞬ゆらぐような不思議な感じにおそわれた。春先、間もなく花となって咲き出でようとしている桜の木が、花びらだけでなく、木全体で懸命になって最上のピンクの色になろうとしている姿が、私の脳裡にゆらめいたからである。花びらのピンクは幹のピンクであり、樹皮のピンクであり、樹液のピンクであった。桜は全身で春のピンクに色づいていて、花びらはいわばそれらのピンクが、ほんの尖端だけ姿を出したものにすぎなかった。

 考えてみればこれはまさにそのとおりで、木全体の一刻も休むことのない活動の精髄が、春という時節に桜の花びらという一つの現象になるにすぎないのだった。しかしわれわれの限られた視野の中では、桜の花びらに現れ出たピンクしか見えない。たまたま志村さんのような人がそれを樹木全身の色として見せてくれると、はっと驚く。

 このようにみてくれば、これは言葉の世界での出来事と同じことではないかという気がする。言葉の一語一語は桜の花びら一枚一枚だといっていい。一見したところぜんぜん別の色をしているが、しかし、本当は全身でその花びらの色を生み出している大きな幹、それを、その一語一語の花びらが背後に背負っているのである。そういうことを念頭におきながら、言葉というものを考える必要があるのではなかろうか。そういう態度をもって言葉の中で生きていこうとするとき、一語一語のささやかな言葉の、ささやかさそのものの大きな意味が実感されてくるのではなかろうか。美しい言葉、正しい言葉というものも、そのときはじめて私たちの身近なものになるだろう。
            
              (光村図書出版『国語2』より 大岡信 『言葉の力』)


昨日、いつものようにショマを迎えに行ったのですが
顔を歪めながらバスのステップを降りてきました。
珍しいな~と思いながら、どうした? と声をかけるとしくしくしくと泣き出しました。
どうしたのと尋ねることしかできないので、もう一度問いかけると
ボク、くやしかったの。と言いました。
実際にこの「悔しい」という言葉が、ショマの気持ちにピタリと沿って、
それが言葉となって流れ出てきているものなのかはわかりません。
怒っているとか、悲しいとか、ほかの感情の動きも付随しているのかもしれません。
その言葉を出すに至った理由は、十分に言葉を尽くして伝えられない子どもです。
またね、直前の出来事に対して泣いているのかどうかもわからない子です。
ショマにとって悲しかった過去の出来事がフラッシュバックのように蘇って泣いているな、
と思うこともよくあります。
そうか、何か悔しいことがあったんだね…としか言ってあげられないもどかしさよ、ああん。 
言葉と涙の背後にあるものはこちらがあれこれ推測するしかなくて。

そういう意味では不完全な言葉ではあって
この文章になぞらえていえば、完璧な桜の花を咲かせているとは言えないのかもしれない。
スズはショマより言葉で伝える力はあるけれど、
その表面に振り回されてしまっているなぁと思うこともしばしばです。
この子たちが絞り出した言葉、また言葉に限らず行動でも、
その背後にあるものを推測する作業、
いわば幹を支える作業は私が生きている限りは続けていかなければいけないのでしょう。
その作業が一生に渡ると考えると気が遠くなってぶっ倒れそうになる~。
けれども、蓄えてきた力でショマやスズが伝えてくれるものは不完全でも尊いと思う。
この子は一生喋らないかもしれないと思っていたときは、
まず心の土台を育てましょうと励まされたものです。
心を育てるとか簡単に言うな~! と反発も覚えたものですが
この子たちの幹には私が思っているよりも強い力と美しい色が蓄えられているのかもしれない。
そう信じたいです。
すっごく見えにくいんですけどね^^;

季節外れの話題になってしまいますが、
家の近所に、ほんのわずかしか花を咲かせない桜の木があって
その木を見ると、先の文章が思い出されて、そして、ああショマスズみたいと毎年思います。
ポツリポツリと花をつける桜の木、
切られてしまわなければいいなと毎年願いながら愛でています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 12:02 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして。私は水口と申します。
こちらのブログは初めて拝見しましたが、私自身もダウン症の娘と共に生活しております。
私は障がいを持った方向けの商品を扱ったネットショップを開店しましたので、よろしければ一度ごらんください。

| lotusママ | 2009/01/31 22:47 | URL |

初めまして・・です。いつも、読み逃げしてました、ごめんなさい。涙したり、大きくうなずいたり、クスクス笑ったりしながら、こちらのブログを愛読しています。今日のような、あぁそうだ、その通りだと思える言葉が綴られているから、ムーコさんが好きなんです(はっ!突然の告白!!ごめんなさい~自分でもびっくり・・)うちの子どもは、自閉症ではありませんが、トゥレット障害という、重症チックの病気で、中高を養護学校で過ごしました。アスペルガーを併発しているので、こちらのお子さんと同じような事が、毎日いろいろと起こります。他の家と我が家とでは、時間の流れ方が違うんだわ~うちの一日は48時間くらいかしら・・などと思ってきましたが、まぁ 穏やかに48時間が過ぎる日ばかりではもちろん無く、嵐のような48時間もあるわけで・・正直辛いなぁと落ち込む日も多いのですが、若いムーコさんのように、親が毎日を楽しんだり子どものゆっくりの歩みを喜ぶ余裕をもたなくちゃな~と思います。これからも、こっそり読み逃げしちゃいますけど、いいですよね?   うちは猫を飼ってます。癒されます~(*^。^*)

| エルム | 2009/01/31 22:48 | URL |

ムーコさんの文章は、心に響きます。どうしてなのかなあ、きっと私が心の奥底の、自分自身でも解明できない事柄を、ムーコさんが表現してくれたり、いろんな道しるべをたててくれるからかな。
文才がなくて、ごめんなさい。私は、上手に表現できないのですが。
つたない言葉であっても、そこに、思いやりや優しさを感じる事が多くなりました。このところ、嵐のような毎日で、少々、気持ちが荒れていますが、そんな中でも、ほっと心和む瞬間です。
心穏やかに、今のたいせつな時期、心の土台を作っていきたいです。とにかく、今の雨嵐の時期を、しっかり乗り切らなければ(笑)

| minori | 2009/01/31 22:49 | URL |

ぽつりと発せられる言葉って、書いてしまえば短いけれど、その言葉の向こうにあるものってすごく大きいんでしょうね。
寡黙だからといって何もなかったわけではないし、百も千も言葉を並べても、言い表せず届かない悔しさや哀しさもあると思うし。


お久しぶりですムーコさん。
うちの光学式マウスちゃんが怪しげな動きをしていた為にコメントを書いても消える…という事態に陥っておりました。
このたびガチャピンマウスという、うり子が200円クレーンで釣ってきたこれまた怪しげなマウスに替えたので、久々にコメントさせて頂きマウス…ぁ(´д`;)

>いわば幹を支える作業は私が生きている限りは続けていかなければいけないのでしょう。
名言ですね!子に限らず、老いた親や伴侶に対しても同じ作業が求められるかもしれません。
1日24時間同じ長さの時間を過ごしても、人によって様々な時が流れていくように、たったひとつの言葉にも沢山の意味と思いがあるんですものね。


「淡いようでいて、しかも燃えるような強さを内に秘め、はなやかで、しかも深く落ち着いている色」
こんな色の人間にいつかなりたいものです。

| みゆこ | 2009/01/31 22:50 | URL |

桜の幹からピンク色を絞り出すように、本人の体全体からあふれ出る
「思い」のメッセージを受け取る。
怒られそうだけれど言っちゃおう。
これぞ障がい児者と付き合う時の、喜びと楽しさなのだ。
もちろん、家族は楽しいことばかりじゃないとは思うけど。
一生かかってやる宿題だね。
母は大変だあ。

お、お、今日はカテゴリーばっちりじゃあないですか。

| 沢 丸芭 | 2009/01/31 22:51 | URL |

こんにちは。
ホントに久しぶりに仕事以外の用事でパソコンに向かいました。
ダメだ、ムーコさん、アタイ、やっぱりあなたが好き!(これでは変態ですね)
うまくコメントできないんだけど、ムーコさんのおっしゃりたいことが、心の中に直接届いた感じ。
思わず泣けてきてしまった・・・。
私の周りの生徒達も、きっとこうして先端のごく一部を見せてくれてるんだろうな。見えるものだけでなく、幹も、根も含めて、その子の全てとして受け止めていきたいって思いました。
近頃、何をやってもダメダメな私だったけど、頑張ろうって気持ちになれました!ありがとう、ムーコさん!

| cranberry | 2009/01/31 22:51 | URL |

lotusママ様
はじめまして、サイト拝見しました。
いろいろなものがあるのですね。
学校で見て、欲しいと思っていたディスコボールも…。
子どもは喜ぶんですよね。
紹介ありがとうございました^^

| ムーコ | 2009/01/31 22:52 | URL |

エルム様
エルムさん、はじめまして。
読んでいただいていたということで、うれしく思います。
告白も…告白、大好物です。好きと言われて嫌な気持ちには絶対なりませぬ。
時間の流れ方ですが、なんかこう少なくとも、
この子たちが現れる前の自分の感じていた時間の流れ方
とは違うのかもしれないと思います。
大変なときはやたら長く感じるし、そうでもないときはゆるやかに流れるような。
ゆったり流れる日が多ければ喜ばしいのですが
ゆったりしすぎて今日はショマの朝バスに乗り遅れてしまいました。
チビスズよ、時間考えてトイレ入ってくれと。
長いよ、と(笑)

エルムさんは猫ちゃんと一緒の生活なのですか。いいにゃー。
猫さんはまだ飼ったことがないので、その日に備えて(えっ?)
猫ブログチェックチェックの毎日です。
ぜひ、今後も安心して読み逃げを…(失礼)。
たまに気が向いたときにでも猫ちゃんの話などでも教えてくださいね^^

| ムーコ | 2009/01/31 22:53 | URL |

minori様
これは大岡先生の文章がね、素晴らしくて。
いいのかこんなに引用してみたいな(笑)
一応私たちのように自在に言葉を操れる人間にあてられている文章なのかもしれないけれど
私はショマスズブラザーズを思い浮かべてしまうんですよね。

実はうちも最近ショマの調子がいまひとつで。
はっきりわかる形ではないけれど、サインは出してるなと思うんですね。
ショマは出来事の記憶を再現して見せてくれるので。
ただ不調の原因を推測ばかりで言っていても、周りを傷つける事態にもなりかねないし
彼の様子も見て、冷静に対処せねば、と。
幹を支えるというくだりは、自分への決意も込めてというところかな~。
お互い乗り切っていきまっしょい。

| ムーコ | 2009/01/31 22:53 | URL |

みゆこ様
みゆこさん、お久しぶりです。
恐らくマウスが駄々こねてるんだろうなと思っておりました。
うちもマウスの動き怪しいです。
うり子ちゃん、私にはムックマウスを釣ってきてください。
みゆこさんとはご無沙汰でしたが、その間も 
青の風邪は大丈夫か。武。
等のメッセージが私にどこからか届くので元気に過ごしていましタケシ。

言葉の向こうにあるものって
この子たちと暮らすまでは思い至ることはなかったですね。
生まれたら普通に喋るものだと思っていましたし…。
現実には言葉が少ない、ない、子もいるわけで、
ショマのお友達にも言葉が少ない子もいます。
エルムさんのお返事でも触れたのですが、
今日バスに乗り遅れまして、車でブイーンと学校まで送っていったわけです。
そこで、ショマの友達と遠くから目が合ってにっこりしてくれて。
ああ、わかってるんだよねとか、通じ合えるような
そういう瞬間はたとえようもないものです。

「淡いようでいて、しかも燃えるような強さを内に秘め、はなやかで、しかも深く落ち着いている色」
みゆこさんはそういう女性の域ですよ。
ああ、でもお顔立ちだけでいったら、淡くはないかな。
派手やかな、今よりほんの、ほんの少し若いころは泣かされた男性も多いことでしょう。

| ムーコ | 2009/01/31 22:53 | URL |

沢 丸芭様
たまにカテゴリーに合ってる日もあるということで(笑)、オイ。
沢さんはね、そういう喜びと楽しさを知り尽くしているんだよね。
だから、私もうちの子どもの話を嬉々として語ってしまうのよ。
すごい喜んでくれるんだもん。
今日は養護学校の親睦会だったのだけど
これくらいになるとみんな子どものネタで盛り上がるけど
自分のときを思い出しても、幼児期の母の集まりとなるとこうはいかないよね。
幼児のときって療育はあるけれど、親と子が離れてひと息つける時間は少ないしさ、
もっとこの時代の母サポートは手厚くてもいいんじゃないかと思うムーコ。
あっ、コメントもカテゴリーに合ってる!!

| ムーコ | 2009/01/31 22:54 | URL |

cranberry様
ご無沙汰してました~けどブログのほうはいつも覗いていましたよん♪
アタイもcranberryさん好きよ!
ちょっとここで、宣伝、おさかな倶楽部のお魚もおいしくて大好きよ!
なかなか行けなくて申し訳ないです…。

cranberryさんは先生の立場だから、
言葉はよいのが見つからないのですが、教育の理念に加えて、
高いスキルも保護者からは望まれますよね。
ちょっとうちもショマがいつもとほんのり違うなという状態が続いていまして
先週、担任の先生ひとりと面談のときにお話したのです。
先生も感じていらしたのか、過去の日誌を見返して原因を探ってくれていて。
うれしいですよね、そういう風に私が言わずとも
子どものことが伝わっていて
背後を探っていこうとしてくれていたというのがね。
きっと、cranberryさんもそういう先生であると思うから私は好きなんですよ。

| ムーコ | 2009/01/31 22:54 | URL |

はっきりとは覚えていないけれど
読んだ覚えがあって、
子どもに自慢げに話したことがあります。
木の皮から色を出すんだぞ・・・と。
ムーコさんは、言葉の中にこの桜色のような色んなのエッセンスを織り込める人なんだぁと思います。

こんなお母さんでショマくんもスズくんも幸せだよ。

| ソフィマリア | 2009/01/31 22:55 | URL |

ソフィマリア様
ソフィマリアさんとは、前にも教科書に載っている文章の話をしましたよね。
教科書掲載の文章はやっぱりいいのが多いな~と。
教科書オタクみたいだ。
いまだに世界史の図版も買ったりするのです…。
わかりやすくていいんですよ~~♪

同じく教科書掲載の吉野弘さんの『虹の足』という詩も好きです。
『言葉の力』と『虹の足』はショマスズと暮らすようになって
これはいいな好きだな~と思った二編です。
ソフィマリアさんの息子さんも来年、再来年あたりに
巡りあう文章かもしれませんよね。
ああ、木の皮から色を出すんだぞ・・・ってお母さん言ってたな~って。なんかいいわん

| ムーコ | 2009/01/31 22:55 | URL |

おぉ、思い出しました。さくままも教科書で読みましたよ。
ほぉ~って思いながら授業を受けていた記憶があります。
桜色。昔はそれほどでもなかったのですが、今ではだーいすきな色ですよ。

| さくまま | 2009/01/31 22:56 | URL |

さくまま様
さくままさんも読んだことあるですかー。
今も教科書に載っているようだし、
教科書の内容は大きくは変わっていないのかもしれませんね。
と、当然のようにさくままさんを同世代扱い。

桜色は今のさくままさんの大好きな色。そして愛犬の名はさくら。
ちゃんとつながっているんだものね、素敵。うふ。
ちなみにうちの愛犬の名はコーウメ。なんとなく、つながってる?

| ムーコ | 2009/01/31 22:56 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/100-787c067b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT