PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お宝披露!

家族揃っての連休初日だというのに、夫が飲みに行ってしまいました。
それはいいのですが
青森から持参したジーパンを履いて街に出ていったんです。
私の母が洗濯をして持たせてくれたジーパン。
夫の衣服は私の母がせっせと洗濯してくれます。
いつも洗濯してくれてありがたい話ではありますが、
ジーパンにはアイロンかけなくていいよ! と思いました。
中央縦に線が入ったジーパンはじめて見たな! と一瞬我が家の話題をさらいました。
---------------------------------------
昔の人は物を捨てないという話を
ここのコメント欄にて少しお話させていただいたのですが
私の母も物は捨てられない人で、きれいに整理整頓して取ってあります。
捨ててもいいんじゃないの~と娘たちは勧めているにもかかわらず
いつか価値が出るかもしれない…と母は申すわけです。

私が小学校六年生のときに買った人形に価値が出る日がくるのだろうか…。
こういった昔の物でも取っておけば価値が出るかもしれない、
家の中に自分たちが価値を知らないだけのお宝が眠っているかもしれないと
母世代に夢を見せてしまうのは
『なんでも鑑定団』 というテレビ番組が強く影響しているのでは…と
私は推察するわけです。

土曜日、日曜日の昼下がりにこの番組が
再放送されていたりするので、ごろごろしながら私も見ることがあります。
見始めると面白いですよね。
高額のお宝が出るとおおおーっと興奮するし、
安い掛け軸が出たりするとちょっとほくそ笑んでみたりもして
自分の底意地の悪さを再確認できる番組です。

どんなものに価値が出るか-
番組を見ての独自学習ですが-
陶器であれば箱があって、箱書が残されている。
古い時代のものである。希少価値である。
いい仕事をしていることはもちろん大事、といったところでしょうか。

今日は時が経ったらひょっとして価値が出るかもしれないという
我が家のお宝を披露してみたいと思います! 

DPP_13002-1.jpg 
箱書はあります。

DPP_12990-1.jpg 
このお宝の蓋を開けた日にたまたま家に遊びに来ていた犬フレンド・ゴゴ君。
テーブルの上にお宝が置いてあります。
いい仕事をしていなければ、ここまでの視線は集められないのでは…と思います。
では、いよいよ蓋を開けたときの写真をご覧ください。

DPP_12999-1.jpg 
中身は陶器です。ふちの模様、印刷?? いやいやまさか。たぶんちがう…

DPP_12992-1.jpg 
DPP_12994-1.jpg 
吉野家111周年記念どんぶり。希少価値はまあ、ある…のではないかと思いたい。

うちの夫が私の代わりにポイントカードのポイント収集、
キャンペーン抽選応募等にマメ男なもので
その努力がどんぶりの形となって還元されてきました。
応募した夫は吉野家からの丼進呈を心の底から喜んでいるのですが
私としては、箱に入っていて場所を取る、ひとつだけあってもなんか寂しい、
できれば青森の母に箱に入ったまま贈呈したい…という感想を持っていて
この家での置き場所がまったく決まらないまま今に至ります。


     バナー146  バナー145
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。
     でも当たったことは誰かに伝えたくて、連休に挟みこんでみました\^▽^/

DPP_13004.jpg 
おう! 載せるの忘れてました。箱書きです。力強い文字だぎゅ♪

| 未分類 | 21:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いやほんとーに

こんばんはー。

 おぉ吉野家の丼!!
 これが噂の!!立派な箱つきですね。確かにこれは貰えたら嬉しいかも(笑)これでお店で、牛丼が食べたい。
 ちょっと優越感に浸れるかも。

 私は、今日も、大掃除でした(笑)
 何せ昔の人はほんとーに物を溜め込むので、掃除が大変です。今回は、母親の『服』なんですが…。
 引き出し三段分、プラスチックの衣類ケース2個分、を本日ごみ袋へ。それでもまだ、箪笥の中に…あぁ恐ろしい…。
 埃まみれになるため、マスクをしての掃除でした。
 洋服にはプレミアつかないしなぁー。マリリンモンローの衣装レベルなら別でしょうけれど。
 そんな母のきっと価値が出るという品は、実は『掛け軸』です(笑)一番怪しい品だと心の底から思っています。
 

| Y's | 2010/05/01 23:22 | URL | ≫ EDIT

期待しました。

ものすごく由緒ある有田焼なのだなと期待しました。
でも、プレミアものですね。

ウチの母再放送いっぱい見てます。
「あれがいえになったらなぁ」と悔しそうに時々つぶやいています。
先日、兄から博物館に
かつて自分の家にあった
石油ストーブとジューサーミキサーがあったと
写メールが届きました。
あぁ、昭和。

| ソフィマリア | 2010/05/02 14:23 | URL | ≫ EDIT

Y's様

Y'sさん、こんばんは~♪

この丼持っていったら一杯無料になるとかあるの? と
聞いたらそれはないそうです(笑)
夫が向こうで食べる機会が多くて
食べながら葉書をせっせと書きこんでいたのでしょう。
青森に吉野家が出来たのって比較的最近で
仙台に来るまで私は食べたことがなかったんです。
店舗デビューもまだ果たしておらず、いつか…と思っています。

お洋服の片づけお疲れ様でした。
うちは何が多いのかな。ありとあらゆるものが多い気がする。。
人形に、東北地方の家に多いと思うのですが居並ぶこけし。
さらに、小学生のときに近所に油絵の上手な方がいらして
私たち姉妹それぞれの肖像画を描いてくれたんです。
上手、お上手なんです。
かなり立派な額に入れてくれて大きくて。
ただ、よく美術室に貼ってある麗子像そっくりで
嫁入りするときに持っていけと言われたのですが置いてきました。
まだ大事に取ってあるそうです。いつか引き取ってこの家に飾る日がくるんだと…。

お母様の掛け軸、もしかしたらもしかして価値のあるものが眠っているかもしれませんよ~。
うちも掛け軸多いのですが、全部母が表装したものだというi-241

| ムーコ | 2010/05/02 20:31 | URL |

期待させてごめんなさい。ソフィマリア様

す、すみません。
この家の隅から隅までひっくり返しても
価値のありそうなものは出てこないと思われますi-241

あの番組は特に私たちの母世代の心をつかんでますよね。
長く物と暮らしてきた人ほど、物に愛着があるでしょうし
家にもこんな物がある、と期待感を持って見ることができるからなのでしょうね。
でも、私も日曜日の昼ごろごろしていることが多いので
けっこうな確率で再放送を見ております…。

博物館にあったものなら
かなりデザイン性の高いストーブとミキサーだったのではないですか。
石油ストーブは、特に子供の小さいうちは安全面を考えると、
今のストーブの性能は素晴らしいですけれど
目で見て暖かそうなのは昔のストーブですよね。
私が最初に入った小学校は石炭ストーブを使用していて
校庭に石炭置き場があって、石炭当番なるものがありました。
懐かしいなぁ。黒い石炭ストーブ暖かかったです。
石炭当番は石炭を教室に運んで、その日一日、火の管理をするんです。
なんか今書くと、昭和の最初のころの話みたいにすっごい感じます。

昔のストーブはやかんでお湯沸かせるし、
干し芋焼けるのもよきところですi-236

| ムーコ | 2010/05/02 20:44 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1032-f81e4d40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT