PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

謝らないで…

昨夜、遅くに夫が帰ってきました。
部屋に入って第一声が、「くさい」でした。

【鼻を突くのはあの日の私の残り香】
0179d3e9.jpg 
今日は当然飲みに行くのかなと思ったら、家でゆっくりご飯を食べるのだそうです。
久しぶりにがっつり支度しなきゃ…ということで今日は手短に。

先日、こんなことがありました。
スズがパジャマに着替えてくつろぎのひとときを迎えていた夜のことです。

【イメージ図】
8518cd32.jpg 
スズがおもむろにパジャマのズボンを脱いで、
下はブリーフ一丁になって立っていました。
なぜ突然脱ぐ…。
私を遠巻きに見ながら、スズはモジモジしていました。
お母さん、変なことになってごめんなさい…。変なことになってごめんなさい…。
可愛らしい声で呟きながらブリーフ姿でモジモジしているので
まさか粗相したのかしら…と思ったのです。

スズは叱られるということに対して過敏です。
いつも人の顔色をうががっているような節があり、
そこまで厳しくしているつもりはないのに、もっとリラックスしてほしいなぁと思います。
ショマは、厳しい口調を私が使うと
お母さん、叱らないでーん♪と非常にノリが軽いです。
こちらも、叱られるようなことはしないでねーん♪くらいで終わり。
一方スズは、「叱られた」という事実がしばらく尾を引くので
感情的にはならないように、責めるような口調は使わない…等、
私も一応気を遣ってはいるつもりなのです。
仮に粗相だとして、そんなことで叱ることができるでしょうか。
まして、スズと同じような年頃まで、おねしょが続いていた私にスズを叱る権利なぞ。

大丈夫、叱ったりしないから見せてごらん?
スズが、パジャマのズボンを持って申し訳なさそうにそばにきました。
ん、濡れたりはしてないみたいなんだけど…。

!!!!

【空間が寂しいので花を飾りました。】
8c690297.jpg 
穴が開いとりました…。
お母さんこそ、お母さんこそ! いつもショマのお下がりばかり着せてごめん…。
長年の使用に耐え切れず、何かのはずみで裂けてしまったのでしょう。
謝らなくていいんだよ…。切なくさせないで。ブリーフ姿のスズをそっと抱きしめました。
新しいパジャマ買います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/112-146223e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT