PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

隠しごと

子どもの頃、サンタさんの存在をどれほど信じていたのか
もう忘れてしまったのだけれど、
ある年のクリスマスイブに枕元にプレゼントをそっと置く人影を感じて
サンタさんってもしかして…と思ったのは覚えています。

スズもサンタさんの存在について
あれこれ思うところがある年頃になったようです。
街をスクーターで飛ばすサンタ(俗にいうピザサンタ)を見ては
やっぱりサンタなんていな(ry と小声でぶつぶつつぶやく。
もうそういう認識でもいいのでは…と私は思うのですが、
夫は10歳になる前くらいは…という考えで、
この週末もちょいちょいとイブに向けての細工をしたりしているのでした。
サンタはどこにいるのか…とスズに問われると、
サンタはフィンランドという寒くて遠い国にいると私は答えています。
( ・д・)アッ……そ、それがピザサンタを見たときにおかしいと思う要因なのかしら…。

DPP_30913-1_1_1.jpg 
DPP_30831-1.jpg
ページェントを見に行った日の夜、 そんなスズの前に
デコトラに乗ったサンタクロースが現れました。
DPP_30826-1.jpg 
母K子にサンタさんが車に乗って来るから見てなさい! と言われ、
最初は嘘だろとぷつぶつ言っていたのですが、
中のサンタさんを見て、あっ本物だ^^! と喜ぶスズ。
DPP_30875_1.jpg 
定禅寺通りを流すサンタさん。カメラを構えていてその姿を偶然とらえた一枚。
フィンランドのサンタさんは、私のイメージでは青い瞳なのですが
むう、瞳の色が…この国でよく見覚えのある色なのであった。
しかも、肌の色艶非常によし。ヤング…あ、いえいえ雪国の人だからでしょう。
------------------------------------------
  DPP_30886-1.jpg 
  歩いていると、裸の少年の前に行きあたりました。

背伸びをして、掌でそっと大事を覆い隠すスズ。
そんなふざけ方はいくない、や…やめなさい(*´3`)b と注意したのですが

DPP_30894-1.jpg 
ええと、彼はいたって大真面目でした。
今日はたくさんの女の人が歩いているから、
この人も恥ずかしいだろう、見られないようにという理由だそうです。
お母さん、見ないで行って! とのことですが、
お母さん、もう動揺するお年頃でもないような…。
----------------------------------
   DPP_30912-1.jpg
   今、メディアテークではこのような催しやっているんだ~と横に見ながら

DPP_30926-1.jpg DPP_30934-1.jpg 
DPP_30948-1.jpg DPP_30949-1.jpg 
定禅寺通りを歩ききって、西公園へ。
機関車や、ひろしまドリミネーションとのコラボ企画だというオブジェを見てから 
DPP_30951-1.jpg  
もとの場所へ引き返しました。
DPP_30964_2.jpg 
こちら、ばーちゃん&孫カップルですが、
ロマンチックな輝きのもと、多くの愛の言葉が囁かれていたのではないかと思います。
DPP_30973.jpg DPP_30970.jpg
ちょっと早いですが^^; メリークリスマス! 仙台のサンタの瞳はすばり黒!

    バナー4  バナー178
    人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 10:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

サンタ

大事なところを隠すのは
イイ心がけです。
異性のではありませんから。。。
かわいいね。


息子の小学校最後のサンタさんへのお願いは
父親の命でした。
だから、ボクは何もいらないと。。。

それ以来、なぜか那須高原から
サンタの手紙が届くようになっています。

誕生日の前に悲しいことを毎年思い出すのは
かわいそうな十字架だと思います。
だから
はやく結婚してほしいとおもいます。
できればだけど。。。

| ソフィマリア | 2010/12/19 19:34 | URL | ≫ EDIT

ソフィマリア様

お母さん、恥ずかしがってるから早く行って! というものの
ここは車が多数往来する道路を挟んでの遊歩道なので
別の意味で恥ずかしいわいと思いました(笑)

息子さんの願い、切ないですね。
ちょうど今ぐらいの季節でしたものね。
私の主人も早くに父親を亡くしていますから、
主人を見ていて、そのとき父親に抱いていた愛情はずっと
永劫に変わらないのだなぁと思います。
いつか、息子さんが結婚するときがきたら、奥様にお父様のことを語られるのでしょうね。
ソフィマリアさんは寂しくなってしまうとも思いますけれど、
よいお嬢様がお嫁さんに来てくれるといいですね。
おっとその前にわが身を振り返れと(笑)

那須高原のサンタさんから素敵な便りが届きますように。

| ムーコ | 2010/12/20 14:11 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1173-eba75704

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT