PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新しい先生

先週の金曜日、ショマの参観日がありました。
参観から、PTA総会、学年懇談、学級懇談と朝から午後までの日程を終え、
クラスのお友達や担任の先生との 顔合わせができました。
笑いあり、しんみりありの学級懇談を通して
これは楽しいクラスになりそうだという素敵予感が溢れる一日。

クラスのお友達も代わり、担任の先生が3人ともに代わった今年度。
この後の話をわかりやすくするために
ちょこっと担任の先生の説明を。

 A先生→昨年隣のクラスを担当していらした女性の先生。
      すでにショマとはかなりの仲良し。
      ちゃきちゃき。江戸っ子かなと思うほどに。

 B先生→別の学校からいらっしゃった女性の先生。

 C先生→新任の男性の先生。ぴちぴち。は~ぴっちぴち。

新任の先生に担当してもらうのは久方ぶり。
以前なら (かなり図々しくも) 私と同世代♪ と思っていたのが、
もう同世代とはとっても言えなくなってしまった。
いや、やる気を溢れさせつつ、初々しいという若人を見るのはよいものです。
あ。この一文書いたらすっごい老けた気分。。

*****************************
少し時間を遡ります。
おっかぁににゅー首輪を買いに行った日。
DPP_37805-1.jpg 
ショップに行くとき、ショマの支援学校の前を車で通りました。
土曜日でしたので学校は休みなわけですが
学校の前を通ったことでショマは嬉しそうに、○○支援学校! と口にして喜んでいました。
そして、

 今日は○○支援学校休みだな。
 B先生に会えなくて残念だな。寂しいな。
 B先生に月曜日会えるな。

繰り返し繰り返しこのように言うのです。
ショマの口から名前が出たことで、
ああB先生のことがすごく好きなんだな~と理解しました。

その日家に帰ってからも学校を見たことで刺激されたか、
月曜日はB先生に会える、
B先生に好きだって言う^^ と繰り返し繰り返し、私の側に来ては囁くわけです。
おう、ショーちゃん押しが強いな! 最初はそんな風に私も答えていたのですが
次第に言葉のニュアンスが、
「B先生に好きだって言う」 が 「B先生もショマが好きだって言ってくれる」 に
変化してきまして、ただ押しが強いというより、
好意にはもっと大きな好意で返してくれなB先生! 風になってきた…と感じました。

夜にはお茶碗拭きのお手伝いをしてくれました。
こちらがお願いした仕事はばか丁寧にやってくれるというよい点を発揮して、
もう水滴残ってないよ…状態になっても、きゅっきゅっと拭いてくれました。
頑張った! と言うと、
B先生に茶碗拭いたって言うよ^^ B先生褒めてくれるよ^^ とにこにこ。 
茶碗拭きを頑張ったという達成感、
さらにB先生に教えて、褒めてもらいたいという新たな目的。
非常に機嫌よく一日を終えました。

翌週、月曜日、
学校の前を通ったけれどB先生に会えなくて残念だったこと、
お茶碗拭きを頑張ったのでB先生に教えたいとはりきっていたこと、
その事実を伝え、B先生のことが今ショマの中でキテる! 状態のようです、
と私から連絡帳で伝えました。 続きます^^


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1262-caef4fd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT