PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

過保護

ショマが生まれて、1年以上が過ぎ、
 “療育” という言葉も、無論その言葉の意味も知らなかったころ。

後にして思えば、あのときが “療育” の始まりだったんだと言えるような
親子の集まりに出かける機会を区役所の方が設けてくださいました。
いやだな~行きたくないな~。
本当にしぶしぶしぶしぶと出かけました。

回を重ねるうち、ショマの動きも成長とともに激しくなってきたこともあって、
ショマの状態はちょっとした遅れという私の認識ともしかしてズレてる?
そう気が付きました。いやだなと言っている場合ではないのかも…と。

自分の思うように育児が進まない。ストレスも溜まる。
療育の場で最後に行われる
情報交換や、こんなことが大変で悩みどころという打ち明け話。
お母さんやおばあちゃん達と車座になって
順番に話す機会が増えて、
皆と言葉を交わすのが息抜きのできる楽しい時間になっていました。
少し構えちゃうところもあるけれど、あんまりドキドキしなくなったぞ^^

夫にも子どもが生まれてから大変なこともあったけど
君は雰囲気が少し変わったな~と言われます。
ただ、夫は私に対してはかなり過保護なほうだと思います。
ノロケではありません
会社で緊張しすぎて顔が引きつっていた私を知っているので
外に出なくていいようにと内職を見つけてきてくれました。
家のことで必要な手続きで、見知らぬ人に電話連絡が必要なときなども
可能な限り自ら引き受けてくれます。

PTAの書類作りで少し行き詰ってしまったとき、
なんかこうまともに出来ることが少ないな~と私が弱音を吐くと、
君は子猫にミルクをあげるのが上手じゃないか! と褒めてもくれました。
…嬉しいけどそれだけかい、みたいな(笑) 人生で2回しか経験ないし。

気持ちを楽にして過ごせるように
身近な人からサポートを受けるのは本当にありがたいことです。
でも、少しずつ克服もできてきているのだから
苦手だな~と思えることにも挑戦できるように考えていくことが
自分には必要なんだとも思っています。

*****************************
同じことがスズに、また、スズに対する私自身の接し方にも言えると
ずっと気になっていました。

繰り返しここで書いてきたことだと思いますが、
スズは小さい頃の私に似ているなぁと感じることがよくあります。

ショマスズともに “失敗すること” を恐れる面があります。
ただ2人それぞれに失敗の後は違っていて、
ショマの場合はなかなか自分の失敗を認められないところがあるけれど、
一度納得してしまえば、よし次はこうしよう! と前向き。
スズの場合は失敗したよ…とすぐに認め、
その後、前向きに気持ちを持っていくことが難しいときがある。

自分に似ている分、
自分ならこんなときどう声をかけてほしいかと想像しながらかかわり、
ちょっと甘すぎるかな、間違っていたかな…と後で考えてしまうことも。
スズの気持ちを守っているつもりでいながらも、
本当は小さいころの自分の気持ちを守ってしまっているような、そんな感覚です。

ひとりで外に出すというのもすごく怖い。
ひとりで散歩に行ってみたいなぁ^^ と昨年あたりから言うようになりました。
えっ、スズひとりで散歩なんてそんなそんな何を言う。
事故というのももちろん怖いけど、
私の知らないところで誰かにひどいことでも言われたら、
私が心えぐられて泣くわ みたいな。
簡単に言ってしまえば超のつく過保護状態です。

スズは、リトミック教室に保育所入所前に通っていたことがあります。
教室の先生にも発達障害の疑いがあることをお話したのですが
どうもうまく伝わらない。男の子の言葉が遅いのは仕方ないですよ^^と。
男の子だからという理由だけではないんだけど…と思いながら1年間。
勝手にあちこち行ってしまい、進行が中断、
明らかに教室の和を乱す状態だ。見てられない
私の説明する気力と根気のなさ、
その場にいるいたたまれなさに負けて1年間で辞める。

一昨年の 「とっておきの音楽祭」 の後、
いくつか音楽サークルを探したけれど、
スズがそんなに行きたくないなぁと言うので、
そうだよね、知らない場所行くのってちょっと怖いよねと私が解釈。

****************************
今回の面談で、
担任の先生から習い事もいいかもしれませんと提案があったとき、
先生、私、スズを外に出すのが恐ろしいです。
何かあったらどうしようと思うと…過保護なのはわかっています。と正直に伝えました。

先生は、そうですよね、親はそうですよ^^ と微笑まれて
ただこれから中学、さらに高校と進路を考えるとき、
仙台駅を越えて一人で通学ということもあるかもしれません、
もし高等養護学校も視野に入れるなら、そこは寄宿舎制ですし、
一人で行動する機会を
少しずつ増やしていっていいと思います、
それに自分で考えて行動する力はもう蓄えていると思いますよ^^と続けられました。

細かい事情はご存知ないだろうけど
先生は大まかに私とスズとの関係を察して、
私の背中を押しているのだ、そう思いました。

背中を押されているのなら、
先生の私たち親子を思う気持ちが背中にひしひしと感じられる熱いうちに。

習い事って何があるだろう。
家の近くなら剣道か、お習字、音楽教室。
スズに何か習い事したくない? と聞くと、え~別にぃ^^ との答え。
そうか、別にか。
じゃやめ…いやいやいや、通ったら楽しいということもあるかもしれないのだ。

同じ子ども会で音楽教室に通っていらっしゃる親子さんがいた!
これまたすごく緊張したけれど、
そのお母さんに教室について訊ねて教えてもらいました。

 音を出して感じるってすごくいい思うよ~^^
 先生もとってもいい先生だから、電話してみたら?

と親切に電話番号まで教えてくださいました。
電話番号のメモを冷蔵庫に貼って考えること2日。
電話できるかしら。突然まったく知らない方に。久々の強烈緊張状態かも
見学だけでもお願いしてみよう。
支援学級に在籍していることは始めに話そう。
それでお断りされたら別のご縁を探そう。

思いきって電話をしてみて、
私、かなりの勢いでメモしたことをまくし立てたのだと思います。
教室の先生の声の雰囲気から、かなり面喰っているのを感じました。

 あの…どちらから、ここをお知りになったのかしら?

と問われ、冷や汗が出ました。
お教室から家も近所ですし、電話番号はそちらにご在籍の○○さんからですと答えると
あっそうだったんですね! と電話の向こうの声の印象が少しソフトに。

 まずは楽器に実際に触ってもらいましょうよ。
 それでどんなものか確かめてもらうといいかもしれないですね。

と言ってくださり、見学の日も設定してくれました。

見学できるんだ…
電話を終えても高ぶった緊張は収まらず、
経緯を知らないみゆこさんや納言子さん、Belleさんにいきなり
緊張した緊張したんだよっとメールを送りつけ、
しかも返事が来るまでPCの画面に貼り着いて待っている状態で、
皆さん、あのときは緊張を鎮めてくださって本当にありがとうございました。

電話から2日後。見学の日が来ました。
先生には連絡帳で、放課後に音楽教室に見学に行くことを伝えました。

 “今日、音楽教室なんだ…” とポツリ。
 結構楽しみにしているようです^^

というお返事とともに、いつものかけ算などのプリント宿題のほかに

  110615_221122.jpg 

動物が楽器を弾く様子が描いてある迷路のプリントが2枚。
その心遣いにほろり母さん。 
今度は温かな思いに背中を押されて見学に行ってきました。
長くてごめんなさい。続きます。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。

スズが音楽教室に行くって言ったから楽器の迷路を選んでくれたんだねと話しかけたら、
えっお母さんが動物好きだからだと思うよ^^ とスズ。
先生が私をそこまで思ってくださるなんて、、って違うだろうw

| 和楽器 | 21:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです~

コメントは久しぶりですが、
毎日楽しみに読んでいます。

さて、何を隠そう
私自身も子供たちに対して過保護です。
長男の小さい頃は今よりもさらに過保護でした。

もともと不安の強い子なので、
親が不安に思いながら
無理に一人で行動させることはないと思っていました。
トラブルに巻き込まれて、
臆病になってしまうのも怖かったし。

それが、
学校でや、親と一緒にいろいろな経験を重ねることによって
親も子も自信をつけることができたんです。
もちろん一人で交通機関を利用できるようにと
一緒に出かけたときも
案内の矢印を見ることを教え、
子どもが先で私は後ろについて歩くようにしていました。
切符も自分で買わせるようにしていました。

そのほか何でも
「親がやって見せる」→「親が見守りながら本人にやらせる」
を繰り返すと、
できることは確実に増えていきます。

23歳の長男は今は一人で会社に行きますし、
会社帰りに
ネットで探したお店に買い物に寄ってくることもあります。
友達と映画やカラオケにも行きます。

焦ることはないですよ。
ムーコさん親子のペースでゆっくりね。



| にゃんずママ | 2011/06/25 11:56 | URL |

『昔の自分に声をかけてあげたい気持ち』が私にもあり、興味深く読ませていただいてます。
ムーコさんの突然の症状に原因はあったのでしょうか。
(コメント欄で聞いていいものか。
スルーしてください(^-^;)
極度の緊張にたえて、行動するなんて母は強しです。

| Keia11 | 2011/06/26 05:19 | URL |

にゃんずママ様

にゃんずママさん、おはようございますi-1

コメントありがとうございました。
焦ることはないですよという
にゃんずママさんの言葉にすごくすごくほっとします。

親も子も経験を重ねて自信をつけること、それが本当に大切なんだな~と改めて思います。
支援学校でも先輩のお母さんに話を伺う機会がありますが
けっこうスケールの大きな失敗談を交えつつの話で
聞いている私たちがひぇーっi-202と。
それでもひとつのことが出来るようになるまで
繰り返し繰り返し根気よく、ですものね。同じ親として頭が下がります。
だめだ…と一度思うと私もすぐあきらめてしまいがちになるのですが
また次があると切り替える心も鍛えていかなければ…。

長男さんの余暇の過ごし方素敵ですね!
ほんとうに素敵だ~i-178
スズの夢はいつか自分一人で犬の散歩が出来るようになることなのだそうです。
うちの場合、小梅の散歩最初のスタートダッシュも直さねば(笑)

| ムーコ | 2011/06/26 07:08 | URL |

Keia11様

Keiaさん、おはようございますi-1

いえいえ何でも聞いてくたせさいませi-178
…と言いながら、これだ! という原因はよくわからないのですi-229
突然にあれっ…という感じで。
本文にも、朗読そこそこ出来たのに…と書きましたけど、
これなら割とうまくできるという自信も多少あっただけに
人前で失敗したら嫌だなぁという
プレッシャーや緊張感は持っていたのかもしれせん。
人間の心の動き方って複雑ですね(笑)

今は人前に立ってスピーチするような機会も少ないので
リラックスして過ごしていますけれど
まったく知らない人への電話ってなぜか緊張するのです。
顔が見えないというのが大きいのかしら。
いえ、でもコメント欄でお話するのはまったく平気だし。
やっぱり人の心は複雑だi-179

昨日今日と仙台は涼しいです。山形も少しは気温下がったでしょうか。
サスケ君の体調管理大変かと思いますが、
Keiaさん自身も体調気遣ってお過ごしくださいね!

| ムーコ | 2011/06/26 07:23 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1288-4f75f63d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT