PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

執着が小梅を変える

5811d9b2.jpg 
うたた寝によし、

87ae9851.jpg 
休日に子どもと犬の中心に据えるもよし、

6828f5dc.jpg 
団欒の合間に引っ張りっこの道具として使うもよし、
そして家庭訪問時には先生へのおもてなしにも使える、我が家の通称『犬布団』。
各方面に人気の高い犬布団ですが、私の母K子には非常に受けが悪い布団でもあります。
かわいい孫が汚い布団にくるまれるのが我慢ならないようです。過保護~(ノ∀`)
母が仙台に来た後は、犬布団は忽然と姿を消しています。
子どもたちの要望を受けて探しますと、
きれいに折り畳まれてクローゼットに収納されています。
この布団は使いなさんな、というK子の妖気が布団から匂い立ってくるよう。
えいや呪詛返し。さっさと布団を元の場所に戻します。

確かに長い年月を私たちとともに暮らしてきた犬布団は薄汚れ
匂いもなかなか、犬布団という名にふさわしく発酵、熟成されてきたように思います。
一応洗濯はしていますが、この長年の使用によって染み付いたしょっぱいような
どこか懐かしい匂いも人気の秘密かしら…なんて。
夫は犬くさいと布団の使用をたまに嫌がることもあります。この匂いがいいのにな!
この犬布団に最も執着を見せているのが小梅です。
相変わらず布への執着がすさまじく、一度スイッチが入ってしまうと
犬布団をしゃぶり続けます。
893521f1.jpg 
私たちはこの状態を 『小梅のおしゃぶ』 と称しています。
おしゃぶに夢中になりすぎると、飲み込みの危険があるので
恍惚とした表情を浮かべた時点で犬布団は没収になります。

【飼い主に甘えるよりも、おしゃぶなの。】
2039a1aa.jpg 

5413a92f.jpg 
スズとの引っ張りっこにおいて、別のおもちゃでは手加減を見せる小梅。
人間に対して優しい面も持ち合わせている女の子です。
でも、執着の強い犬布団没収時には違います。

edd679d9.jpg 
下の絨毯が歪むほどに力を入れて、取られてなるものかと踏ん張っています。
執着は犬の性格も変えてしまうものなのですね。

59ee2d41.jpg 
そして、そして顔もブサイコになってる!!と驚いた春の昼下がりでした。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児
よろしくお願いします。

| 犬関連 | 16:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

犬布団に私も包まりたい・・・
なんて魅惑的な犬布団。

スズ君、誕生日おめでとうござます。
肉えもんケーキ、素敵です。。

| keia | 2009/01/29 13:25 | URL |

コメちゃま…そのお顔は、おかしすぎます!
気合はいとっる…

| 納言子 | 2009/01/29 13:25 | URL |

いつも楽しく読ませて頂いております。14歳自閉男子の母です。一人っ子なので愛犬欲しい~と、思いつつ、もう5年が過ぎようとしておりまして、世話や躾、責任が伴うので、自信がなく踏み切れましぇん。でも、大型犬がとても良いと医師にも進められていまして、スズ君家はとっても良い家庭だなーと。来年中学を卒業したら、才能を(なくても)伸ばすべく色々チャレンジするので、高校行きません。卒業したら散歩も出来るし・・・迷っています。

| ヒロママ | 2009/01/29 13:26 | URL |

keia様
keiaさん、ありがとう。
全国発送もしているとのこと。
竜&小梅ケーキが実現して可愛らしかったら
サスケケーキも発送してみようかな~。

ところで今朝の地震は山形も揺れましたか。
私は地震の瞬間を、犬布団にくるまれて迎えてしまいました。
朝4時半に地震で起き、それから眠れず
犬布団にくるまれ今日は昼寝してしまいました。
というように大活躍の布団です。

| ムーコ | 2009/01/29 13:26 | URL |

納言子様
今日も夫は送別会、昨日も送別会、さらにその前日も送別会、そして明日も。
家で静かに待っている私の横にワンコ2頭。
竜は優しいお顔で寄り添い、
また小梅はおしゃぶを始めましたので没収いたしました!!

| ムーコ | 2009/01/29 13:27 | URL |

ヒロママ様
ヒロママさんはじめまして。
先輩お母様でいらっしゃいますね。
コメントいただきうれしく思います^^

やはり犬を飼うことで心配なのは世話ができるかというところですよね。
長男が小さな頃は、散歩の時間の調整が大変で
竜にはかわいそうなことをしたこともあったと思います。
でもずっと一緒にいてよかったなと思います。
自閉症の持つ特性からか、我が家の子、特に長男の場合
積極的に関わっていくという感じではないんですね。
でも、もう子どもたちにとっても犬がいるのが普通、自然なことになっています。
犬にとっても障害の有無というのはあずかり知らぬところですから
子どもたちに対して遠慮もないですし。

その家、その家の事情がありますから
犬っていいですよ~飼ってみては?と簡単には言えないのですが
ヒロママさんご家族の事情が許すなら
検討の価値は十分にあるのでは…と思います^^

| ムーコ | 2009/01/29 13:27 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/130-9492cef2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT