PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

星に願いを

今年の七夕まつりは鎮魂と復興がテーマです。
全国から寄せられたたくさんの短冊や折り鶴を見ることができました。

【長崎から】                  【沖縄から】
DPP_43375-1.jpg DPP_43376-1.jpg

DPP_43451-1.jpg 
金賞を取った七夕飾りのひとつ、地元の蒲鉾店「鐘崎」さんの飾りです。

      DPP_43457-1.jpg
      七夕飾りの中にさらに小さな七夕飾り。

DPP_43467-1.jpg 

DPP_43476-1.jpg 
DPP_43487-1.jpg 

      DPP_43480-1.jpg   

      DPP_43485-1_20110810051313.jpg 

仙台市内の小中学校の児童が折った鶴、8万羽です。
この一画は混み合っていて全体像がまったく撮れていないのですが^^;
圧巻の飾りでした。  
スズが折った鶴もどこかにあるはず。
鶴を折るのはとても難しかったと言っていました。

DPP_43326-1.jpg 

     DPP_43403-1.jpg

あの日、地面が割れてしまうかもしれないと思う揺れの中で
恐怖で動けなくなったスズに覆いかぶさって
落ちてくる商品や倒れてくる棚を見上げて、
地獄だ、地獄が始まるとそう思いました。

避難所に身を移して、
私たちのそばに認知症と思われるおじいさんを連れて
ひと組のご家族がやってきました。
布団を敷いておじいさんを寝かせようとしていましたが、
いつもと違う状況でおじいさんが落ち着かないのか声をあげるのを
ご家族の方が必死でなだめていました。
若いお嫁さんと思われる方がごめんなさいと私に謝ってきて…。
どうかお気になさらず、足を伸ばして休んでくださいと声がけしたものの
その方は膝を折って小さく体をたたんで座り、ひと晩を明かしていました。
緊急地震速報がラジオから鳴り響く中、
その方は頭を下げて、顔もあげず、
今何が起こっているのかまったく状況がつかめていないにもかかわらず
その姿に絶望を見た気がしました。

翌朝、避難所に新聞の号外が配られ、
津波が押し寄せ、街が燃えている気仙沼の写真を見ました。
実家はもうないな…と避難所に誘ってくれた友人が漏らすのを聞きました。

あの日から明日で5ヶ月。
市内は平静を取り戻したかにも見え、
いや日常を取り戻そうとしなければという思いに後押しされて動き出しているような。

東北では本が売れている、そう聞きました。
実際、書店に行くと震災関連のコーナーは人が溢れていて
次々と本を手に取っている様子が見られます。
情報が遮断されて、何が起きているのかその時知ることができなかった、
震災当初は、自分たちに何が起きたのか知りたい、検証したい、
今は、私たちがどこに向かうのか
なかなか見いだせない答えを知りたい。私にはそのように感じられます。

新聞や雑誌に目を通して、
遺された人たちの想いをひとつひとつ辿りたいと思っても
悲しいことに限界があって、私が知ることのできるのはほんの一部。
少し距離の離れた被災地の方の想いを知ることはおろか、
あの日避難所に集まった近隣の人たちが今何を思い、
暮らしているのかも知ることすらできていないのだから。
なんという無力感。

来る日も来る日も無力感に襲われつつも、
全国から寄せられた短冊や鶴、小中学生が折った鶴に希望を見出す。
あの日を忘れない。
厳しい現実を前にしては甘すぎる言葉なのかもしれないけれど、
星への願いが東北の地に降り注ぐことを切に願う七夕まつりの一日。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。  

| 未分類 | 06:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さまざまな風評被害、
人それぞれ、いろんな意見がある、と思っていても
心には怒りにも似た気持ちが湧いてくる。

それはいかんだろ、
京の七夕、なんて連携してるくせに。
と、京都市にメールしちゃったよ。
匿名で。

さて。
七夕まつり。
画像に、涙が出そうになりました。
七夕かざり。小さな千羽鶴の結晶が
どうか明日につながますよーに。

| lotta | 2011/08/10 16:43 | URL | ≫ EDIT

lotta様

lottaさん、おはようございますi-1

送り火の件が発案されてまもなく
ツイッターで議論が白熱していて、
納得のいく形で決めるには議論は必要かとも思いますが
当事者の保存会の方や陸前高田の方は
最初の段階で議論の輪からすでに置いていかれているような、
私はそういう印象も受けました。

すっきりとしない過程になってしまいましたが
送り火の日には西日本の多くの方が祈ってくださると思います。
個人的には東海テレビの件が…あの一件はいやだなぁ。

祇園祭の駒形提灯も見ました!
残念ながら雷がごろごろ鳴りだして帰宅途中に目にしただけだったのですが
勾当台公園でお囃子が披露されて盛り上がったようですね^^
博多どんたくも参加とのことでしたが見つけられず。
あかねこさんをガッカリさせてしまうi-201

避難所に暮らしていらっしゃる方が折った鶴もありましたし、
アメリカ、フランス、ドイツ、ロンドン、アルゼンチン、ベトナム、香港、カナダなどなど、
七夕協賛会に宛てに送られてきた短冊だけでも2万枚以上だと
タウン誌で読みました。
小中学生の鶴については、ある小学校の校長先生が

「飾りを見上げた小中学生が『力を合わせれば大きなことも成し遂げられる』という
 希望を感じてくれればうれしい」

と話されていました。
心に残る七夕になりました。

| ムーコ | 2011/08/11 05:54 | URL |

レスのレス

東海テレビも、もちろん速攻、メールで抗議しました。
五山は市民みんなが正しい知識があるわけではないし
いろんな意見があってしかるべき、だと思うけど、
あれは問題外です。
マスコミにかかわる人間が
風評を煽るとは、おもしがって遊ぶとは何事だ、と思う。
笑いをはきちがえているテレビ番組も多いしね。

あー、ごめん。千羽鶴はいいなあ。
ひとつひとつの折に、心がこめられている。


| lotta | 2011/08/11 11:50 | URL | ≫ EDIT

暑い日が続いてますね。人間の皆さんも動物の皆さんも元気にしてますでしょうか??

仙台の七夕、さすが美しい!!いつか本場で見たいです!
東北の夏の祭りを全部巡ってみたいところですが、秋田県在住ながら竿灯さえ生でみたことがない私です・・・
秋田市以外に住んでいるとなかなか(汗)

今年の東北の祭りは、どれも感慨深いと思います。
いつもの賑やか!楽しい!というだけでなく。
あの地震が起きて、東北の夏の祭は今年は無理なのかな・・・と思うこともありました。
だからでしょうか、各地のお祭りのニュースを見る度、じわっと涙が。
きっと、たくさんの人を勇気づけた、たくさんの人の気持ちがこもった、今年の東北の夏祭りだと思います。

ムーコさんのおかげで、謎だった仙台の七夕飾りの中身が分かりました!
丸の部分はカゴみたいになってるんですね~!
ムーコさんご一家の七夕飾りがどうなったか気になるところですっ。

| みゃこ | 2011/08/11 22:28 | URL |

lotta様

lottaさん、おはようございますi-1

止めた方もいたみたいですが
リハーサルの段階で使われていたというのがなんとも…。
操作ミスだけで表に出たのか、それもどうなのかわからないですけれど
お天道様は私たち人間のしていることを見ていらっしゃるのだなぁとそう思いました。

昨日は鎮魂の花火の音が聞こえました。
アメリカニュージャージー州の方たちは
99%の方が一度も折り紙を折った経験がないにもかかわらず
1000羽の鶴を折って七夕まつりに届けてくれたそうですよ^^

| ムーコ | 2011/08/12 08:46 | URL |

みゃこ様

みゃこさん、おはようございますi-1
真生が少し夏バテ気味で、
特別に昨日は玄関の涼しい場所でほぼ一日過ごしてもらいました。
厳しい暑さも東北ではあともう少しと思うので乗り切ってほしいと思います。
みゃこさんから教えていただいたHP楽しみに見ています。
更新されていましたねi-179 

同じ東北でも全部の祭りを見て回るのはなかなか難しいですよね。
だからこその六魂祭の混雑なのかと@@
私も竿灯は見たことがないのです。
六魂祭で見ようと思って勇んで行ったのに…。

どこの土地の人にとっても夏祭りは大事な行事だと思いますが
東北の人間の祭りにかけるエネルギーってすごいなと思います。
今年は開催できるのか…誰もがそう考えていたというか、
当初は祭りのことを考える余裕もなかったように思いますが、
この年だからこそ開催したいという思いが結実したのですよね。
七夕まつり、美しかったです。

ちびちびと七夕飾り作っておりますi-229
お盆中には竜ちゃんの上に飾りたい、と考えているのですが
そのうち竜ちゃんの一年までにとハードルが下がりそうな。
今年は家庭でも七夕飾りを作ろうという
呼びかけがいつもの年より盛んで、材料がたくさん売られていました。
作ろうかなどうしようかな~と迷っているうちに
みるみる丸かごが減ってきてしまいましたi-201
丸の下の仕組みもなかなか面白いんですよi-179
過程を写真でお見せしたいところですが、作業台が汚すぎるのであった…。

| ムーコ | 2011/08/12 09:16 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1320-fd57e451

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT