PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パーティの夜

50周年記念式典とパーティ、無事に終了しました。
受付の仕事もなんとかこなすことができ、
夜のパーティでは楽しい時間を過ごしました。

パーティの会場が、いわゆる結婚式場のような場所でして
生粋の宮城県人ではないわたくし、
仙台のこのような場所に招かれる機会もほとんどないまま10ウン年。
会場を見渡すだけで興奮してしまいました。

モダンインテリアというよりは~
IMG_1477-1.jpg 
IMG_1501-1.jpg 
IMG_1481-1.jpg 
キラキラを使えるところにはキラキラを、な
とても豪華なのですけれど、どことなく昭和風の懐かしさも覚えるのである。

この懐かしさは…
『ガラスの仮面』 最新47巻の船上パーティ風だからだ!

誰もいないけど… 
船の上じゃないけど… 
なぜソファで寝てしまう。社長! 

IMG_1482-1.jpg 
などなど、ガラかめ風の妄想を繰り広げるにはもってこいなわけなのですが

IMG_1469-1.jpg 
この熊にだけは何をあてはめて妄想すればよいのかわからなかった…。

*******************
飲んで食べて、
退職なされたり異動なされた懐かしい先生と会い、
毎年、ストリートジャズフェスティバルに出場されているという
先生たちのバンド演奏に聴き入り本当に楽しい時間でした。

なかでも、50年の歩みを綴った写真でのスライドショーと
数十年前に校長をなさっていたという先生の話は心にぐっと沁みました。

よくこのような創立当時の写真があったものだなぁと感じ入るスライドショー。
ショマの学校は、現在では生徒・教職員数ともに多く
支援学校の中ではマンモス校と呼ばれる学校に入ると思うのですが
創立当時の写真を見たら、
教職員数はぱっと見て目で確認できるくらいの人数でした。
昭和36年から現在までの間の数々の写真。
一緒に座っていたお母さんたちの間で
力士訪問! 運動会だぁ~~、
写真がカラーになった! 私が生まれた年! などの声があがります^^

かつての校長先生のお話には
感動しちゃったよ…の声が。もちろん私も。
ただ、ただですね、
当時養護学校で教職員をしていると、周囲からはこんな風に言われたという話が
あまりにぶっちゃけ、いえ赤裸々すぎて、
ここでそのままを記してしまうのは、今の時代ではなかなか難しいかと(笑)
今の時代は…と言えるのが本当にありがたいことなんですね。
当時はこんな風に言われたものだという話が、
障害児教育に対する認識へのかつての真実のなのだと思います。
今は50周年ということでこんなに盛大に祝うことができる、
温かなものに包まれているというお話で締めくくっていらっしゃいました。

50周年記念誌も配られ、開いて読んでみますと
校外学習で外部に子どもたちを連れていった際、
差別的な扱いを受けたこともあったとも回想していらっしゃる先生もいました。

また、恥ずかしながら記念誌を読んではじめて知ったのですが
養護学校の義務制が施行されたのは昭和54年のことなのですね。
 
 障害の重い子どもたちは、これまで就学猶予や免除などの措置が取られてきた。
 しかし、昭和54年度~養護学校の義務制が施行されたことから就学できるようになり、
 学校に通学できない児童・生徒に対しては、訪問教育が行われることになった。

とあります。
昭和54年というと私が小学校に入学した年です。
私の父も母も当然のように娘の小学校入学を迎えていたことと思いますし、
たぶん(たぶんね、笑)入学を喜んでくれた年だと思います。
その同じ年にようやくすべての障害児に教育を受ける機会が与えられた。

ショマが小学校に入学する年度を控えるころ、
学ぶ場所を選ぶことには苦労したけれども、学ぶ場所がないとは思っていませんでした。
入学して8年、学校生活を楽しく送り、
校外学習にも元気に出かけて楽しんで帰ってきます。
私自身、この学校でショマを学ばせることがてきてよかったと思っていますし、
周囲の人に対して支援学校に通っていると話すこともなんら恥じることでもありません。
今、私がこうして周囲の人に誇りをもって話すことができるのも
困難の道を切り拓いてきた教職員と保護者の方の努力があったからこそかもしれません。

次は何周年かしら…100周年なら、もう90歳近いわ。子どもは60歳超えてるし!
今日受付したことも忘れているかもしれないから
できれば70周年くらいに一回パーティしてほしいわ…
などと一緒に受付をしたお母さんと冗談を言い合い。
次の10年、20年、その先に障害児教育はどのような形に変貌しているでしょうか。

私は保護者なので専門の学校教育という形で携わることはないけれど
学校での様子を少しずつですが、
支援学校はこのようなところと紹介できたらと思います^^

*************************
ビールを飲み、ハイボールを飲み、焼酎を飲み、ワインを飲み、飲んだ飲んだで、
パ-ティ会場を後にして、Sちゃんとカフェでひと休みして帰宅。
スズが待ってたよ~と玄関で出迎えてくれました。
ショマからはお母さん、パーティお疲れ様! と労いの言葉が♥
酔っ払って帰って来て何がお疲れ様なもんか!! と怒る母K子をかわして
ワンピースを脱ぎ脱ぎ。

ふらふらしていて、床に落ちていた文房具の書類綴じのリングを踏む。
血がぴゅーって。血がぴゅゅーーーって足の裏から噴き出した夜。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
       ありがとうございます。よろしくお願いします。
      酔ったとき散らかった部屋に入ってはいけない。

| 自閉症関連 | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1372-cafa102e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT