PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゴンちゃん覚え書き-1

今日はゴンちゃんのお話です。2回続けてになるかな?
少しずつゴンちゃんのいろいろな面がわかってきました。
話がたまってどこから書いていいかわからない^^;
話があちこちに飛びそうですが…気付いたことを覚え書きの意味で残したいと思います。

IMG_1383-1.jpg 
これは家に来てまもない頃。
私の腰につながれています。腰から犬。ワイルド。穴からのむちお肉もワイルド。

室内での生活は恐らくはじめてだろうということで
少し様子を見ていたのですが、なかなかゴンちゃん野性的でして
テーブルの上にまでごく普通にのぼっていきます。
カリカリはあまり好きではないようなのですが、人間の食べ物は大好きらしい。

初日は室内を探索しながらのマーキングもあって

  DPP_41276-1.jpg
  室内では厳しいのかしらと思ったけれど
  初日の数回だけでした。

フリーにして、猫と共存できるかというと
猫の動きに慣れるまではかなり厳しいのではないかと今の段階では思います。
ちゅっとご挨拶はできるのですが

  ゴンちゃんの特技は
  DPP_47281-1.jpg
  なんです。いや、もうほんとにお上手。
  虫たちよ、ゴンちゃんのそばに迂闊に近づくな! というくらいのものです。

動くものに対しての反応があるので
ねこーずが激しく動くと(ex.猫のウンコハイ)、
追いかけようと体が反応してしまう。

日本犬の気質を持っていると、年齢を経てから
新しいことを受け入れるのは難しかったり、
時間がかかったりすると病院の先生から聞きました。
ゴンちゃんは人間とのアイコンタクトは二重丸。
どうなるか先は見えないところがあるけれど
聞く耳を持っている犬だと思えるし、
ケージから小梅と猫の関係を見てもらうなど少しずつ慣れてもらうのがいいだろうと。

仲がよいという状態にならないまでも
ねこーず、ゴンちゃん互いに怖い思い、不快な思いをすることがないように
焦らずじっくりと、私が注意していかなければいけないことだと思います。

DPP_47770-1.jpg DPP_47777-1.jpg
人間の子どもはOK!
ですが、ゴンちゃんは抱きあげられるのがうんと嫌い。
診察台にあげるときは、何人ががりかで押さえてかなり苦戦すると聞き、
普段の人間に対する穏やかさからは想像がつかなかったのですが、
実際に先生たちが抱きあげるのを見たら、これがなかなかなかなか。
明らかに恐怖心からのガウガウ。
抱かれるということに慣れていないのか、
何か抱きあげられたときに怖い思いをしたことがあるのか、
トラウマ的な雰囲気を感じるし、すぐに直るというのは難しいようにも思います。
普段、これくらいの犬を抱き上げるということはあまりないので、
接するときに一番注意が必要なのはスズかなと。

病院でもどんなことをゴンちゃんが嫌がるか、怖いと感じるかを
スズも一緒に見て勉強して、よく心得たように思いますが、
しばらくは私も一緒にいて、こちらも互いに怖い思いをしないようにしたいと思います。

************************
IMG_1425-1.jpg 
ねこーずのお昼寝時間帯はゴンちゃんも小梅と遊びつつお部屋でまったり。
小さいカメラで写したものです。

震災のとき、大きいカメラの上にプリンターが落ちてきて
近めの距離を取るレンズが壊れてしまって
レンズを買えば 解決ではなかろうか 
こんな風に写ってしまうんです。
今はすべてを望遠レンズで撮っています。狭い部屋でも皆から離れて望遠で!
距離が近いと望遠が使えないので、
ゴンちゃんの写真は小さいカメラでの写真が多くなると思います。

DPP_47763-1.jpg 

    右上に夫のパンツが入った…

DPP_47787-1.jpg 
でも、待てがだんだん上手になってきて、望遠レンズでこんな可愛いお顔も撮れました。
お風呂に入って、男ぶりも一段とあがったのです。
ということで、次回はお風呂覚え書きも^^


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
     ありがとうございます。よろしくお願いします。 

| 犬関連 | 10:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゴンちゃん、まだまだ室内に慣れていないのかもしれませんが、表情をみるとすごく嬉しそうに見えます。
ねこーずとも上手くいくといいなぁ
顔が、なんとなくどことなく、竜太くんを思い出させる気がするんですがきのせいでしょうか

| keia11 | 2011/10/24 19:44 | URL | ≫ EDIT

keia11様

keiaさん、おはようございますi-1

嬉しそうと言ってもらえるとほっとします(笑)
あ…お返事が長くなる予感がしてきたぞ。

飼い主さんを探す手掛かりとして
先生がゴンちゃんの首輪とリードをつないでいた金具も
福島から持ち帰っていたので、私がそのまま頂戴しました。
リードをちぎって逃げてきたのだろうと。

だからたぶん外で飼われていたのだろうなと思います。
室内での生活に慣れなくてかえって負担になるようなら、
ウッドデッキを改良して外でとも思わずでもなかったのですが
ゴンちゃん、フィラリア陽性で心臓に今負担がかかっている状態なので
(次の日記で少し詳しく残しますね。)
まずはちゃんと治療してからと。
でも、いざ室内に入れてみると、
小梅と一緒というのが何よりうれしく安心できるみたいで、
できればこのまま小梅と同じ空間で過ごさせてやりたいと思っています。
はっ! 小梅を外で…? って違うか(笑)

昨日は、夫は泊まりで山形出張(はっ! これ要らん情報?)だったのですが
出かける前に、ほんとに竜ちゃんによく似てると撫で撫でしていました。
なんかね、そのことがちょっと嬉しいみたいです。
先生から頂戴した金具は竜ちゃんのところに供えました。

| ムーコ | 2011/10/25 09:50 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1378-5f3a87d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT