PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お銀ふたたび

我が家が誇るセクシーくのいちに再び密命がくだった!

  DPP_47845-1.jpg
  今回もたぶん風呂には入らなくてもいい。小学生の劇だから。

  DPP_47847-1.jpg
  その素敵バッグのくのいちモデルさんになってほしかったのだ!

*******************
明日はスズの学習発表会。
「忍たま乱太郎」を題材にした忍者学園劇に支援学級の皆で挑戦します。

素敵バッグはお団子を入れるものとして、保護者に製作依頼のあったもの。
母さんは夜なべの苦しい年頃に差しかかっているので、早朝にダーッと縫いました。
ただ四角く縫うだけなはずなのに
製作者自らが手に取ってみると、下手くそがわかるってどういうことでしょうか。
いいんだ、団子が入りゃいいんだ…。

*************************
スズが入学してから、支援学級だけで学習発表会に参加するのははじめて。
今までは、在籍する学年の交流クラスに出かけて、
交流クラスの練習に参加してきました。

今年、支援学級全体としての存在感も出したいという先生の意向で
支援学級だけの劇の時間が設けられました。
支援学級ではこのような子どもが在籍していますよと知ってもらうよい機会といえど、
交流級に行く機会もほとんどないことなので、
母としては、交流級の発表にも参加できたらなぁと
当初はちょぴっと残念に思う気持ちもありました。

支援学級の5、6年生は交流級の発表にも参加しているというし、
スズも交流級の発表にも参加させてもらおうかしら…とも思っていました。

交流級の4年生は楽器演奏の発表ということもあって
楽器ならスズも参加できるかなとか、
楽器ならできるぞ…というところ見せられるかなとか。
でも、「楽器ならできるぞ」 を見てもらいたいのは、
スズの意向は関係なく、親の見栄の部分という気がしてきて^^;

お琴の発表の練習もあり、
支援級での練習もあり、交流級でもとなると、
スズにも無理がかかって煮詰まっちゃうだろうとお願いするのはやめました。
そして後で気付いたのですが4年生の交流級の発表はリコーダー演奏でした。
楽器が出来る云々の前に、スズはリコーダー吹いたことなかった
そうかー小学生にリコーダーなるものの存在を忘れてました。
そのぶん琴ロッカーでがんばろう!

********************
支援学級での発表となると、人数もそう多くありませんし、
今までの交流級の劇より、台詞や動きも多いはずです。

練習を始めたときは恥ずかしがって^^
もういやだ~恥ずかしいと言っていました。
人からどう見られているかをとても気にするところがあって、
みんなに笑われるじゃないかと不安に思っているところもあったようです。

水曜日の全体発表で、なかなかウケがよかったみたいなのです。
お母さん、子どもたちが温かい目で見てくれたのと小さい声で
照れくさそうに教えてくれました。
小さなことでも自信につながる一日だったのだと思います。

さらに先ほど、
明日はふざけたことばかりやるけど見てね! と言いにきて
にやっとしておりました^^

どんな学園ドタバタ劇になるのでしょう。
スズの口ぶりかにらすると笑って見てほしいのでしょうけど
なんだか泣いてしまいそうな気が(笑)


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
     ありがとうございます。よろしくお願いします。 

| 自閉症関連 | 16:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1386-6edb145a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT