PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ひとつになろう

スズからの発表会の招待状には

 剣でようかいをやっつけます。あとハチマキをしています。

とありました。

【妖怪とはこやつか!】
DPP_48417-1.jpg 
先生が絵を描くのが得意なのか、妙にアーティスティックな妖怪なのであった。
今回は、アート妖怪とともに、写真も一部アート表現でお送りします^^

   DPP_48391-1.jpg  
   オープニング。
   ドキドキしている顔ながら舞台の上から私とショマを見つけて
   にっこりして手を振ってきて、口をパクパクさせて何か話しかけてきました。
   長い付き合い、口の動きから察するに、
   明らかに左馬介について何かしゃべっているのがわかりました。

忍者の修行をしている 「○○学園」 の生徒たち。
今日は1学期末のテストの日。
忍者としてのトレーニングをするけわしい山に出かけます。
おまけに山の中には妖怪が出るとか。
さて、生徒たちは、テストに合格できるでしょうか。

…というのがストーリー。
忍者の修行は普段の体育の授業で行っていると思われる
平均台のぼりや、マット運動で表現していました。
忍たま乱太郎のテーマ曲に合わせて修行する子どもたち。
音楽に合わせて、会場からは温かな拍手が沸き起こり、
簡単に崩壊する涙腺を所持するわたくし、この時点でキテしまいました。

DPP_48449_1.jpg 
みんな応援しているぞ!
母製作素敵バッグ(紐が長すぎたようで短くなっていました) に詰めた
団子をぶっつけて妖怪をやっつけるんだ!

   DPP_48468-1_1.jpg
   妖怪おばばの先生大活躍!

の間に…あれれ?
DPP_48474-1.jpg 
あらあら…
DPP_48492-1.jpg 
舞台の上でスズは袋をかぶって泣いていました。
律儀にもさっと顔を出して、私に手を振ってきたので泣いているのがわかりました。

DPP_48503-1.jpg 
またしてもアート妖怪が出てきて
DPP_48505-1.jpg 
えいえいと剣でやっつけ出したあたりから涙も晴れて
(力で発散してよいのかしらん

   DPP_48526_1.jpg

DPP_48542-1.jpg 
DPP_48556-1.jpg 
力を合わせて妖怪をやっつけ、
「ひとつになろう いっしょに手をつなごう」 の文字を掲げたところでフィナーレ。

「ひとつになろう」は震災後に掲げられているスローガンです。
今年の宮城県の学校の発表会の多くは震災復興を掲げたものになっていることでしょう。
まずは例年通りに発表会が開催され、楽しめたことに感謝しなければと思います。

*************
やはり、舞台の上で泣いてしまったことをスズはすごく気にしていて
ごめんね…と謝ってきました。
いいんだよ、最後がんばって鬼もやっつけたじゃないのと声をかけても
慰めてくれなくてもいいんだショボーンでした^^;

何か悲しくなっちゃったかな? とそれとなく聞いてみたら、
うん…とまたショボーン。
これ以上は聞かないでという風に、
サマ君が見に来てくれなかったから^^; と笑ってごまかしていました。

いくらなんでも左馬介が舞台を見に来れないのはスズもわかっているはずで、
私とは長い付き合いであるにもかかわらず、
辛かったこと悲しかったことを打ち明けることをスズが躊躇しているのを見るたびに
母親としての力不足を痛感します。
楽しいことは比較的なんでも話してくれるように思えるのに。
こちらはスズの悲しく思うこと、辛く思うことを受け止める腹づもりであるということを
時間がかかっても知ってほしいなぁ…。

スズが打ち明けてくれないので
はっきりとこれが理由だ! とはわからないけれど
本番の舞台ということで、スズだけでなく友達の多くが緊張していて、
いつもと違うみんなの様子に圧倒されたところがあるかなと思っています。

私なぞ、ああ泣いちゃった とあわあわしちゃうのですが、
集団の中でいろいろな感情に揉まれて、
その感情に自分が向き合って、どう対処するかを知ってこその成長があるというのが
妖怪おばば、いえ 先生の教育方針であるらしいので
そういう意味では、様々な感情に揺さぶられつつも
最後のほうで立て直しもできていたので、一歩進んだと思っていいのかもしれません。

数人の学級の中でも、集団生活においては
友達との楽しい時間もあれば、ときに軋轢もあって。
ひとつになろうというのは震災のことだけでなく、
今年着任された先生の学級の子どもたちへの想いも込められたものなのだと思いました。


     バナー4  バナー178
     人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
     ありがとうございます。よろしくお願いします。 

| 自閉症関連 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1388-76594eeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT