PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小さなお豆ちゃん

実際の式が始まる前に、私たち保護者にも式次第の説明がありました。
子どもたちが入場する前に、式で歌う歌の練習もしました。
この歌がね、泣かせるのです。

             ~よろこびの歌~

 ♪おかあさんたち みてみて 今日は うれしいうれしい そつえんしき
  こんなにおおきくなりました もうすぐ いちねんせい

  ほんとに こんなにおおきくなって 入園したころ おもいだす
  ちいさかった あなたが もうすぐ いちねんせい
             
               ~中略~
  
  さあ 喜びの笑顔を みせて お祝いの言葉を贈ります
  おめでとう ほんとに うれしい日です
  さあ 大きく 大きく あるきはじめてください♪   


この歌を子どもたち、保護者、先生とかけあいの形で歌っていくのですが
練習の段階でこみあげてくるものがありました。
子どもと保護者が一緒に壇上にあがって、子は保育証書、
保護者はアルバムを受け取るという段取りも確認しました。
門出を祝う花が飾りつけられたホールでいよいよ式が始まります。
_49678f2d90a12.jpg 
私もかなり緊張していました。泣き崩れてしまったらどうしよう…。
が、入場してきたスズはそれ以上にカチンコチンです。
保育所での練習の段階で、スズの緊張がすごいと先生から聞いてはいましたが、
三年間の保育所生活で緊張がピークに達する瞬間が卒園式だったなんて。

_49678f2f413d9.jpg 
足をぴっちり閉じてちゃんとしなきゃ…というスズの気合いが感じられます。
が、緊張を解こうとして空中に字を書く仕草が出ると、
床から手でも出て引っ張られているかのように足がズルズルと開いていってしまうのです。
足が開いた、閉じよう、字も書かなきゃ、開いた、緊張しすぎてまばたきも多くなっちゃう…。
見ているこっちが緊張してきました…。
そして、スズは4月生まれ。名簿が一番なのです。
証書を受け取るのも一番最初。トップパッター。
スズ君とお母さん最初ですけど、
お兄ちゃんの卒園式も経験しているから大丈夫ですよね?と
先生にも念押しされていたのです。
出番が一番最初ということに対しても、スズが重圧を感じていると教えられていました。
私がフォローしなければ。

結果。てへ、お母さん大失敗。
スズと壇上にあがって、スズが証書、私が卒園アルバムを受け取ったら
スズが「○○小学校へ行きます!」と大きな声でみんなの前で言うという段取りでした。
が、壇上にあがったスズちゃん、猛スピードで空中に字を書き出しました。
かつて見たことのないほどの勢いに乗って、すばやく字を書くスズを見て
私もあっけに取られてしまいました。
少々汚い言葉使いますね、スズ、すげーはぇぇぇよ!と。
スズがここまで緊張しているのははじめて見たかも。
とりあえず証書とアルバムを受け取ることはできたので、
スズの手を引いて壇を下りることにしました。
が、お母さん、お母さん、お母さん…と所長先生が小声で私を引き止めるのです。
手がかかる子がいなくなるのは、
ある意味寂しいかもしれませんが引き止めないでください…。
スズが先生に促されたのか 「○○小学校に行きます!」 と隣で言うのを聞いてはじめて
私が段取りをすっかり無視していたことを理解しました。
いやぁ、一番打者って緊張するものですね。

最初に味噌をつけてしまいましたが、その後は滞りなく式は進みました。
子どもから保護者に花を渡すという感動的なシーンもありました。
近くで見ていたら、子がお母さんになにごとか囁いて花を渡しているんです。
その言葉を聞いて涙するお母さん。じ~~~ん。
スズも何か言ってくれるかしら。大好きとか言われたら抱きしめちゃうかも…。
この頃には緊張が解けてきたのか、いや、緊張から心を別の所に飛ばしていたのか。
いきなり、母の目の前でくるりとジャンプスピンをキメたスズから花を渡されました。
スーパーマリオの技です。ああ…卒園式にマリオから花をもらってしもた。

泣き崩れるどころか、緊張しているスズに気を取られたのと
最後の最後まで行事に緊張するのはスズらしいなとおかしくもあり、涙こぼれず。
それでも三人の先生たちの涙を見たときには、
ショマ、スズとお世話になった保育所ともこれでお別れなんだなと
寂しい気持ちになってしまいました。
泣いたり、笑ったり、走って逃げる子を追いかけたり。
うれしい涙もあれば、どうしてウチの子はこうなんだろうと情けなさで
涙がこぼれた日もあったなあ。
なにかがひとつできて笑った日もあれば、
苦笑いでごまかすことしかできないときもあったなぁ。

ショマはこの保育所で多くのことを学びました。
通っているときは目に見えなかったけれど、この保育所で学んだことは
今、彼の中で芽吹き、少しずつですが蔓を伸ばしているように思います。
スズもまた、今は目には見えないけれど、
私たちが笑ったり泣いたりした時間に無駄なことはなかったと、
全てのことが成長につながっていたんだなと実感するような日が来ればいいなと願います。

_49678f30cba0f.jpg 
スズの卒園式の日に、夫の職場の方からいただいた植物が芽吹きました。
メッセージビーンというもので、種皮を破ったときに
【ありがとう】という文字が出てきました。
私たち夫婦は、まん丸顔でプリとしたスズを小さなお豆ちゃんと形容することがあるので
今日という日に芽が出るなんて素敵だねと話していました。
関わって支えてくれた人にありがとうの思いを込めて…。
ゆっくりゆっくり成長していけばいい。

_49678f3263d3e.jpg 
ところがですね、豆って成長が早いですね~。
これは昨日の写真ですが、今日になったらもう別蔓が伸びてきました。
ゆっくり成長していけばいいという結びを裏切るお豆ちゃんです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/143-d4235ccd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT