PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スズの先生

今日はお琴の話です^^

新しい年があけて、スズは火曜日に今年はじめてのお稽古がありました。
私は今日が今年初のお稽古です。

スズの付き添いで、一緒にお琴をはじめてみたものの
びっくりするくらい上達しないんだな…_| ̄|○ il||li

 img001_convert_20120112140111.jpg
これは今、スズが練習している 『祭花ー糸遊び一番』 という曲。
うーん、わたくし、もうこの譜面読めません…。
私の方が家でも一生懸命練習しているのにっ。

年末に小梅・ゴンちゃんお散歩会を沢さんと開催し、
IMG_3559.jpg 

IMG_3565-1.jpg 
その後、我が家にてお琴をかき鳴らす会という優美な遊びをいたしました。
沢さんは初お琴なのですが、音楽の素養のある人は
はじめてでも違うものだなぁと痛感しました。

【音合わせをしているところ】 
IMG_3569-1_20120112152604.jpg  
私がチューナーで音合わせをするのも四苦八苦してるっちゅうに
耳だけでやすやすと。いいなー。

上達のスピードは遅々としていて、リズムがまったく取れないのも悩みですが
この年で楽器に触れてみて、一曲を通して弾けたりすると
達成感もありますし、何よりとても楽しいです^^
がんばるぞー楽しむぞーと思う一年の始まりであります。

さて、私のお稽古の曜日は本来は金曜日。
スズが火曜日・金曜日ですが、先生のご都合に合わせてお稽古の日が動くことも。

今日も明日のお稽古の予定を繰り上げることになりました。
そのことで、昨日お琴の先生から電話を頂戴しました。
お稽古の予定が変わることを教えてもらってから、
先生が、「今日スズ君学校に行けたかしら?」 と心配そうにおっしゃいます。

前回の話と重なるのですが、
火曜日のお稽古のときに学校であったことを先生に話しているうちに
こらえきれずに泣いてしまったとのこと。

スズから火曜日のお稽古のとき先生の前で泣いたという話は聞いていたのです。
またお稽古が厳しいとか言って泣いたんだろな~-y( ´Д`)。oO○ と軽く考えていた私。
学校であったことを積極的に人に話すほうではないと思っていたので驚いてしまいました。

前回の話の件は、スズがどうしようと思い込みすぎていたところもあって
昨日帰宅していたころには、一件落着だよ~ と晴れやかな顔でしたので
お琴の先生にも、先生のところでも泣いたとは聞いていたのですが…、
そのことについてはもう大丈夫そうですと伝えました。

 まあよかった。
 お母さんにはなんでも話しているのね!

と先生が安心したようにおっしゃっていたけれども。
それはこちらが言いたいような。先生になんでも話していたんだな~と。

あの子は信頼できる人に巡り会ったんだなぁ。


      バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

     【譜面スキャン時】
     120112_132851_04.jpg
     キミもスキャンされたいか。そーか。

| 和楽器 | 15:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お琴の譜ってこんなでしたっけ?
私も大昔(10代の後半です、笑)習っていましたが、もうすっかりと忘れてしまいました。

私の先生は目のご不自由なお年寄りでしたので生徒は譜を目の前に置く事は置きますが出来るだけ見ないで弾く様にと教えられ(先生が口で数字を言って手で拍子を取って下さる)、その時はお琴は難しいとずっと思っていたのですが~。

ある事情でお琴のお稽古を辞めた後、その代わりにと小唄とお三味線のお稽古を始めたら、元芸者さんだったお師匠さんは一切譜を使う事を禁止して全部口移し、その上お琴は13本ある糸がお三味線となると3本だけ、調子を合わせる事の何と難しい事か・・・ 結局3年半で諦めました。

スズ君は信頼出来る良い先生に巡り会えましたね、そして音楽はどんなジャンルでも必ず人の心に響くものだと思いますのでお琴のお稽古が長く続く事を陰ながら祈っています。
(あっ、ムーコさんのお稽古も出来るだけ長くねっ!?)

| やぎ | 2012/01/12 23:46 | URL | ≫ EDIT

素晴らしい!

ムーコさん、こんばんは。

 信頼できる先生に会えるということは、本当に素晴らしいことです!!
 私は、事情があり人一倍長く学生生活を送ったほうなのですが、良い先生
だったと思えるのは、小学校で一人、中学で一人、高校で一人、です。
 大学は、申し訳ないけれど学者としては素晴らしくても、教育者としては
何だかなぁ、と。
(叙勲もらっていてもね・・・)
 良い先生の条件は、やっぱり何よりも先入観なく人の話を聞いてくれて、
かつ戒めもしてくれるような方であったような気がします。
 そういう先生方に叱咤激励されて、生徒は成長するのだと、つくづく思います。
 30数年生きてきて、三人、という数字が多いのか少ないのかは謎ですが・・・。
 生徒さんと信頼関係を築けるかどうかは、先生の器量次第だなぁ、とも今では
思います。
 習い事していると余計にそう思います。
 自分で継続できたり、止めたりすることが出来る分だけ、良い先生と出会える
事が、一番だと思うのです。
 

| Y's | 2012/01/13 00:41 | URL | ≫ EDIT

やぎ様

やぎさん、こんにちはi-179

やぎさんもお琴を習っていらしたなんて。
最近は習いたいって人がいないのよi-229とスズの先生はおっしゃっていましたが
私の亡き祖母をはじめ、その妹たちが習っていたようで(確実にやぎさんとは大きく年齢が異なりますが)
スズが習い始めたことで
そのおばあちゃんたちが娘時代を思い出す!と大興奮しております。
お師匠様に礼を尽くしているのか!?と心配もいただいてまして、
スズの練習態度はあまり礼は尽くしてないかも…と思います。

三味線やお琴、古来演奏してきた方の身体的特徴を鑑みると
こういった楽器は口伝えに伝承されてきたというのが本来の姿なのでしょうか。
スズの先生も横で、拍と数字のリズム?を横で取りながら教えてくださいます。
シャンテンシャンテンシャンツーテン、などなんですね。
譜面の△のところは、ヨイで。
コロリンテン がひそかに可愛いリズムだと思っています(笑)

三味線と胡弓は本当に難しいようですね。
演奏会では胡弓の人気が高いとのことなのですが。
私はそちらは習わないと思うので
お琴をええ、がんばります。
初心者で難しいのは、お琴の弦と譜面を交互に見てしまうことらしく、
私が今まさにその状態。弦を追えば、楽譜でどこを弾いているのか見失う。
お琴部の生徒さんやスズを見ても、手の感覚で弦の位置をつかんでいるんですね。
私、そこまでいくのどれくらいかかるんだろと。
ああーー。がんばります(笑)

| ムーコ | 2012/01/13 17:08 | URL |

Y's様

Y'sさん、こんにちはi-179

>良い先生の条件は、やっぱり何よりも先入観なく人の話を聞いてくれて、
>かつ戒めもしてくれるような方であったような気がします。

なるほどなるほどと思い、いただいたコメントを読んでおりました。
スズの先生は、なぜかショマとも仲がよくて。
はじめて会った瞬間からもう仲良しだったのです。
ショマの声の調子とか喋り方とか、それが偏見とかというのではなくてね、
やはり慣れるまでは驚く方も多いと思うのですが、
構えなく懐に入っていける才覚というか、
ご自身ではたぶん意識していらっしゃらないと思うけどすごいな~と思います。

私はどうだろ、よい先生にたくさん会いましたが
その後々まで振り返ってみればずっと支えになった、という師は一人であったように思います。
ショマもスズも幸いよいご縁に恵まれることが多くて、
特に習い事の場合、Y'sさんのおっしゃる通り、
継続するかどうかは自分の選択次第ですものね、
信頼できる先生に会えたことは本当に大きいと思います。
スズには先生も貴重な時間を使っているということを覚えておこうとそれだけはよく伝えています。

昨日は、先生にお茶を点てていただきました。
年始にはお茶を点ててふるまうそうで、
スズは初回にもいただいたのに、昨日もご馳走になってしまって。
今日はボクもやってみます! と、泡だて器と思ってるなという母の突っ込みを受けながら
茶せんをしゃかしゃかまわして頑張っていました。
お茶のいただき方も教えてもらったりとよい刺激になっているようです。
ただ、昨日はお稽古が終わったらお茶お茶…とそこを目標にして頑張っていたのかなんとも(笑)

| ムーコ | 2012/01/13 17:35 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1431-128e851f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT