PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地下鉄

旬のおさかな試食会の会場、福祉プラザまでは
地下鉄を利用するということで、朝が来るのを楽しみに待っていたスズ。
試食会は午前10時からでした。
スズは非常に寝起きが悪く、優しく揺さぶって起こしただけで
いわれのない暴言を吐かれることもあるのですが、この日はスッと起きてきました。

地下鉄の利用ははじめてではないのですが
利用する回数が少ないので、見るもの聞くものすべてが新鮮な様子です。
切符も買ってみたい!というので切符も買ってもらいました。
自動改札も自分で切符を入れて通ってみたい!というので挑戦させました。
改札を抜け、そのまま切符をとらずにスタスタ歩いていってしまったので
スズ、切符取って、切符、切符、きっぷーーー!と母さんでっかい声で叫んだので
自動改札の通り方はなんとか覚えてくれたのではないかなと思います。
電車が来るまでは、白い線の後ろで待っててと教えて電車を待ちます。
電車を待つ位置に小さな足型が書いてあります。
そこに足をぴったり載せて待つと教えるとわかりやすいかな…とも思ったのですが
その方法を教えたら、何が何でも足を合わせて待たなくてはならぬ、とも覚えそうなので
今回はやめておきました。

電車がやってきました。福祉プラザは五橋(いつつばし)という駅とつながっています。
乗り込んでみると、さほど混んではいないものの、座席は空いていない状態です。
乗り込んだ先が優先席近くだったので、スズと手をつないで立っていることにしました。
それなのに、優先席に座っていた初老のご婦人方が
ヨイショヨイショと席を詰めてくださって、
こっちにいらっしゃいと手招きしてくれるではありませんか。ホロリ。
お礼を言って、座席に座らせてもらいます。
せめてスズを抱いて、ちんまりと座っていようと思ったのですが
隣に座らせても大丈夫よ、と言う
隣の白髪混じりの眼鏡をかけた女性の優しい言葉に甘えて
スズと私、二人並んで座ってしまいました。ちっともちんまりじゃないです。

スズはショマのように人様から見たら意味不明なことを大声で話すことはないので
(ちなみにショマとの地下鉄ぶらり旅の模様はコチラ
一見して障害があるとはわからないと思います。
超落ち着きのない子、あるいは見て気になったことはなんでも口に出す子
(この辺は兄と共通)くらいにしか、思われないと思います。
もちろん「くらいにしか」思われないからラッキーだね♪ ということでもなく。
母としてはスズが足をバタバタさせたりすると隣の人にぶつかりやしないかと焦りますし
あのお兄さんドコモ携帯○△×使ってるぅと、指を差して口に出されたときには
お兄さんの個人情報に触れることを大きな声で言うのはやめなはれ…とヒヤヒヤします。
興奮を抑えるのは難しいところはあるけれど
経験を通して公共の場での振る舞い方も学んでくれたらなと思うわけです。
でも地下鉄旅、まずまず順調で、スズは隣の女性に話しかけられて
自分の年を言ったりと遠足気分のような楽しげな様子でした。

電車は仙台駅に到着しました。
目的地五橋は仙台駅の次になります。
仙台駅は仙台の拠点ですから、たくさんの人が降り、
急に電車内はガランとしてしまいました。
私たちが座っていた優先席に残されたのは、ずっと隣に座っていた初老の女性だけ。
席が空いたなと思ったそのとき、それまでスズと話をしていた女性が
すっと席を立って、向かい側の座席に移られました。
あっ、やっぱり足もバタバタしてたし、お喋りも止まらなかったしうるさく感じていたのかな…。
たぶん、私はそのときバツの悪い顔をしていたのだと思います。
女性と視線が合いました。私に目配せをするような視線。
口角があがって穏やかに微笑んで、私たちを見ています。
視線を落とすと、女性の手は向かい側に座っていた男性の手をぎゅっと握っていました。
男性の年齢のころは私と同じくらい、そして恐らく知的障がいがある…。
次の駅までに向かうたったひと駅の間、わずかな時間ですが、
男性の母親であるだろう女性の手から視線をはずすことができませんでした。

今日で終わる予定でした。いつものことですが、またたどり着きませんでした…。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 19:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして、いつも楽しく読ませて頂いております^-^
今回の初老の女性のお話、泣いてしまいました・・・
うちにもおそらくスズくんと同じ障害を持つ息子(今春年長です。)がおります。
障害がわかったのが昨年の夏頃なのでまだまだ気持ちが不安定なのでしょうか、こんなちょっとした事にも
心を動かされてしまいます。
なんだか暗い感じになってしまってごめんなさい。
いつもはムーコさんの話術にわっはっはと笑わせてもらったり、今回の電車でのスズくんの様子もそうそう家の子もまったく一緒と途中までは楽しく読ませてもらっていたのですよ^-^
これからも楽しみにしていますね^-^

| yuu | 2009/01/31 23:23 | URL |

スズ君地下鉄初めてじゃないのですね。
私のデビューに比べるとなんと早いことか・・・
自動改札を始めて通ったときのドキドキ感を思い出します。

女性の、あたたかい雰囲気が伝わってきます。
気持ちが優しくなります。
父の手をとって歩いたときのことをなぜか思い出しました。

| keia | 2009/01/31 23:23 | URL |

yuu様
yuuさん、はじめまして。
いつも読んでもらって、さらにコメントも。
うれしいです♪ありがとうございます。

>なんだか暗い感じになってしまってごめんなさい。
いえいえ、とんでもない。
なんか先輩風をぴゅうと吹かせるようで、申し訳ないのですが
私も長男のことがわかって、
かなり長い間不安定が服を着て歩いているようなものでした。
いまだにすぐ泣くし^^
なにが悲しいのかわからないまま、涙が溢れてしまうこともありますよね。
よかったら、またぜひ遊びに来てくださいね。
愚痴でも、楽しかったことでも聞かせてもらえたら嬉しいです!

| ムーコ | 2009/01/31 23:24 | URL |

keia様
keiaさんの地下鉄デビューはいつなのかしら。
田舎者の私は…ふっふっふっ、いつだと思います?
今のスズと同じくらいの年でした。
ええ、札幌で。都会にはこんな夢のような乗り物があるのかと驚きました。
写真まで撮っちゃったよ~(照)
ちなみに、今はさすがに違うと思いますが
青森では、「電車」というと都会人ぶってると揶揄されるので
「汽車」と言わねばならぬ土地でした。

お父様の手は温かかでしたか?
お逢いしたこともないけれど、おふたりの背中が見えるような気がします。

| ムーコ | 2009/01/31 23:25 | URL |

ああ、そうだったのか・・・(涙)

幼い頃、テレビを見ながら
あーー。どうして今日はココまでなんだろう!
また「つづく」になってしまった・・・といつも思っていました。
ムーコさんの文章はそんな気持ちを思い出させてくれます(笑)

つづくのおっけー。
楽しみに待ってます♪

| ふーたまま | 2009/01/31 23:25 | URL |

ふーたまま様
楽しみにしてもらってるなんて、ありがとうございます!
書きたいな~でも仕事がピチピチ詰まってね、ふっ。
と忙しいふりをしてみる。
実は母K子がやってくるのでダスキンかけてる途中でした。
もういいや。無駄な努力。

| ムーコ | 2009/01/31 23:26 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/147-a3316bdd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT