PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

以前のこと~まごころ・1

結婚すれば増えるもの、家族。
結婚によって夫の生まれ育った家庭を知り、その家族の一員となりました。
夫は早くに父親を事故で亡くしており、
父親亡き後、大黒柱となって家庭を支えてきたのが夫の母、
私にとっての姑となります。

児童相談所でショマには障害があると認定され、
その結果を姑にも電話で伝えたと思うのですが、
どういう風に伝えたのかをまったく覚えておらず、
だから、姑がどの程度までショマの状態を理解して、
そのとき私にどんな言葉をかけてくれたのかもよくわからないのです。

その後発達障害に関する資料を大量にコピーして姑に送りました。
専門用語の多い資料で、
今思うと、自閉症の子どものことをまず理解しようとするための資料としては
とても難しい内容でした。
該当する子どもが目の前にいる私が読んでもさっぱりわからねぇ状態でしたが、
姑は熱心に読み込んでいたようです。

******************
まもなく私に2人目の赤ちゃんが生まれることになりました。

予定日は春4月で、
ちょうどショマが母子通園施設を卒園して、
保育所に入所することになっていた春でした。

青森の実家に戻って出産していては、保育所に連れていくのが遅くなってしまう。
生んで動けるようになったらすぐに、
私がショマを保育所に連れていく態勢にしたいと思っていました。
その態勢に持っていくには仙台で出産だ! 

出産の手伝いに来てくれるのは私の母K子です。
ところが、ところがですね、出産目前・予定日目前に、母青森に泣きながら帰る、です。
夫と―夫といっても、私の夫―と大喧嘩したのです。

原因は些細なことだったと思うのですが、夫と母が談笑中に
突然夫の目の色がキラリと変わり、母に対しキレたのです。
キレておし黙って2階に駆け上っていじけるとか、
かわいらしいものならよかったのですが…。
YOU、腹が立っても年長者を怒鳴りつけるのはイクないな!という有様になったのでした。
母、はじめて男の人(しかも娘婿)に怒鳴られた。そして、傷ついた。
少女のように大泣きして、そのまま荷物をまとめて青森に帰ってしまいました。
 
待って待って~もう赤ちゃん出てくるところなんですけど~。


     バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^
      過去記事ほぼそのままでごめんなさい<(_ _)> 

| 自閉症関連~以前のこと | 04:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT