PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シンシンと赤ちゃん

スズはニュースを見るのが好きで
夜遅くのニュースは録画して見ていることもあります。

自分が暮らす世の中の動きを知ることはとてもよいこと。
できれば映像だけでなく、活字媒体も読んで情報を理解できたらいいなという
親の願いも込めて、先月から 『朝日小学生新聞』 の購読を始めました。

 120712_054633_06.jpg

小学生新聞とはいえ、内容はかなりのの充実ぶりで
たとえばシリア情勢であったり、大人の私もよく知らないことについての
解説が詳しく載っていることもあります。
スズには難しいかしらん…と思うところもあり、ですが
購読以来、毎日届くのを楽しみにしているようです。

******************
気になる記事は切り取ってノートに貼っておくといいよと
私から進言していたところ、
スズによるはじめての切り抜きは、パンダのシンシンと赤ちゃんの写真でした。

 120712_055016.jpg

 120712_054229.jpg

「スクスク育ってね」、この見出しをとても気に入って
テレビで赤ちゃんのニュースを見ると、ニュースに合わせて口にしていました。

昨日はこの切り抜きを学校の連絡帳に入れて持っていき、
先生にもパンダの赤ちゃんについて話したのでしょう。
連絡帳には、切り抜きをもとにして、みんなの前で発表をしたとありました。

パンダの赤ちゃんが死んでしまったという悲報を聞き、
赤ちゃんが大きくなったら見に行こうかとスズと約束したこと、
シンシンがお母さんらしく、赤ちゃんを胸に抱いた写真を見て
とてもとても幸せな気持ちになったこと、
赤ちゃんの命の長さはとても短いものでしたが、
こんな地方の一家庭にまで、笑顔を運んでくれた存在であったことを思い、
じわじわと涙が出てきてしまいました。

**********
朝にはずんで切り抜きを持っていったスズになんと言おう…。

でも話さないわけにもいかず、
パンダの赤ちゃんが…と切り出したところで
なんとなく察するものがあったのか、
それ以上は言わないで! とぴしゃりと止められてしまいました。
スズに伝えることで、私が泣くと思ったようです。
こういった命に関する話、特に死については、
竜太が亡くなって以来とても過敏になっているように思います。

 120712_055201.jpg
切り抜きを使って発表をしたときに
赤ちゃんがわかるように印をつけたのか、
ペンで赤ちゃんのところを丸く囲んであって、
それを見たらなんとも言えない気持ちに…。

もうその切り抜きは見たくない…とスズはすっかり沈んでしまいました。
見たらつらくなるという気持ちはよくわかるのだけど
けれど、それでは赤ちゃんがかわいそうだよ。
一週間でもすごく頑張って生きていたんだよと言うと
少し気持ちに変化があったのか、見たくないとは言わなくなりました。
シンシンが元気でいるらしいことにはほっとしているようです。
死は悲しく、受け止めるのはつらいことだけれど、
生の輝きということにいつか目を向けてもらいたいなと思うのです。

***********
生まれたての猫を育てたときの
たった2度の自分の乏しい経験から思うことですが、
小さな生き物を育てるのは、育っていく喜びがあるのはもちろんなのですが
何かあったらどうしよう、次に見たときに息をしていなかったらどうしようという
恐怖が常につきまとっていました。
命というのは強くもあるけれど、儚くもあるのだから、そう心に命じていたように思います。
動物園の飼育員の方の心痛はいかばかりか。

お母さんのシンシンと赤ちゃんと
赤ちゃんを無事に育てようと奮闘したであろう
動物園のスタッフの方に対してありがとうという気持ちです。


     バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ
      いつも応援ありがとうございます^^

| 自閉症関連 | 06:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

びぇーん

おばちゃん、朝から号泣。
スズくん、自分で心を落ち着けることが出来たの、えらいね。
大変だったろうし、わからないところでまだキズが残っているのかもしれないけど、お琴とか、ほかのことで気持ちが上向きになりますように。

このニュースは、大人でも本当に心が痛みましたね。

| 納言子 | 2012/07/12 08:43 | URL | ≫ EDIT

納言子様

納言子さん、おはようございますi-273

昨日の学校の朝の会では、先生が話題にしたら
もうやめてーとなってしまったみたいです。
家では赤ちゃんかわいかったと話題にはしているんだけど、
こういう悲しい出来事が起こることもあるのが
想像もつかなかったのだろうなぁと思います。

スクラップ自体には、何やら楽しさを見出したようで
昨日はセラピードッグについて、切り貼りして
記事のまとめ書きをして、私たちに褒められて嬉しそうでしたi-179
被災した犬たちで、飼い主さんと離れ離れになっている子たちを
セラピードッグとして訓練する動きが広がっているんですって。
小学生新聞、面白い♪

| ムーコ | 2012/07/13 04:32 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1566-1744da71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT